« 6月16日/新刊書店廻り3日目 | トップページ | 6月18日/事実上の休養日 »

2017年6月18日 (日曜日)

6月17日/右膝に鍼打って、新刊書店廻り最終日

 6時30分起床。

 晴れ。

 洗濯物を干し、ジーンズなどを洗うためにもう1回洗濯機を回す。

 朝のモロモロを済ませて、もう1度干しに行く。

 10時にカイロの予約を入れてあるので、外出。

 右膝に施術して貰う。かなり痛い。

 今日は、大嫌いな鍼も打って貰う。嫌いだが、これで痛みが軽減するなら避ける理由はない。

 鍼は「ずーん」と来たり「ぴきっ」となったりするのが嫌なのだ。今回も「ぴきっ」と来たけど瞬間的だったので、まあなんとかなった。

 膝廻りに入念にテーピングして貰い、湿布も貰う。

 施術後は驚くほどラクになった。

 一度帰宅して、再度外出。

 書店廻りで、1店だけ残っていたお店に行き、ついでに東武北千住駅構内の駅ナカ書店も廻る。
Img_3100

 所用で外出中の相方も数軒回っている。

 で、本当に、東京周辺に関しては、すべて完了。

 帰宅して、ウチの近所に開店したハンバーガーやホットサンドを出すお店に行ってみる。特に開店告知のチラシもなく、宣伝しないのかな?と思うほどひっそりと開店。店頭に花輪もないが、スタイリッシュなお店を志向しているようだから……。

 ハンバーガーを食べる。バンズの焼き加減もいいし、パティも美味い。

 北千住にはハンバーガーの美味い店が増えてきたなあ。わざわざ他所に食べに行くこともない。「クアアイナ」は別として。

 部屋に戻って、大阪での書店廻りの「図上演習」をやる。前回行った時は、なんばと梅田の地下街迷路(大阪人も「ダンジョン」と呼んでいる)にハマッてしまって今自分がどこにいるのか判らなくなる恐怖を味わった。iPhoneのマップもウソを表示したし。それは、事前の準備をしていなかったから。過去数回、大阪での書店廻りをやっているので油断した。しかし東京のように頻繁に行っているわけではないので、ちょっと順番が狂ったりすると、たちまちワケが判らなくなってしまう。

 ということで、訪問予定の書店さんの住所を、地図上にマークしていく。意外な分布を発見。

 時間がないので、コースから外れる書店さんにはPOPを郵送しよう。

 時間読みをしてみると、なんとか帰りの新幹線に間に合う時間に終了できるようだ。昼飯も夕食も駅弁で済ますことになるけど。

 あ~せっかく大阪に行くのに、お好み焼きも金龍ラーメンも食えないぞ!交通費をケチったのが原因なんだけど。

 そうこうしていると、外出先から北千住に戻ってきた相方から電話。

 ウチの近所の、昼を食べた店にまた行くことにする。

 おれはフィッシュバーガーを食べた。これも美味い。

 いろいろ話し込んで、物足りなくなってきたのでアップルパイも追加で食べる。

 食後、ウチで、録画した三谷幸喜の舞台「エノケソ一代記」を見る。三谷幸喜が古川ロッパに扮してエノケンのニセモノ「エノケソ」の市川猿之助と共演する。エノケソの妻は吉田羊、座付き作者は浅野和之。各地で「エノケンじゃなかったのか!騙された!」と悔しがる興行主(や関係者)を山中崇。
News_header_enokeso_logo_2

 猿之助は、ムチャクチャ達者なんだけど(突然踊り出したりするところのキレ味は、さすが歌舞伎役者!)、かなり硬い感じ。というか、かなり立派。もっとくだけて「ドサ回りのニセモノ芸人」っぽく下世話な感じがあった方がよかったんじゃないか?軽演劇の軽さというか通俗というか……。蜷川演出のシェークスピア「じゃじゃ馬慣らし」の時の方がのびのびと動いて弾けていた感じがするんだけど。

 脇役はその点、心得たもので、柔軟で緩急自在。何役も兼ねる山中崇がいい。

 そして……この芝居は、三谷幸喜がかっ攫っていった感じ。古川ロッパに見た目も似ているし、アドリブも放り込んで自由自在にやっている(ようにしか見えない!)。えらそうにエノケソを説教するが、実はこれもロッパを騙るニセモノだったというオチがつくけど、「東京サンシャインボーイズ」時代は一橋壮太郎の名前で舞台に立っていたし、その後もいろんなドラマに役者として出ているから、作家の余芸ではない。というか、三谷さん登場の場面が一番笑えた。

 この芝居は、喜劇のようで、実は、シリアスな話。もっと笑わせて笑い飛ばすのかと思ったら、かなりの場面で「ニセモノとしての葛藤」が描かれる。エノケンに憧れてコメディアンになるのではなくエノケンそのものになろうとした男の悲喜劇と悲哀。

 三谷さんは作家として成長を続けて、「人間の生きる哀しみ」を描こうとしているような気がする。大河の「真田丸」にもそれは感じたし、未見だが最近の舞台にもそれを感じる。

 しみじみと、三谷幸喜と同じ時代に生きている幸福を感じる。

 三谷さんの本領は、何と言っても、舞台ですよ。テレビや映画では失敗作もあるけど(映画に関してはあんまり感心しない)、舞台で失敗作はあるのか?「東京サンシャインボーイズ」の学生演劇だった初期を除いて。

 相方帰り、おれは録画した「孤独のグルメ」を見る。

 浜金谷のアジフライ。いや~~~~~これは、食いたい!しかしこのお店、しばらくは大忙しだろうな。それを見越して「予約のみ」となってるし。大原の豚肉料理屋さんも今も忙しいらしいし。大原って東京からはかなり遠いぞ!

 アジフライもいいけど、美味いなめろうが食いたいねえ!

 右膝のテーピングを剥がして、風呂。

 そのあと、「タモリ倶楽部」を見る。相撲部屋に住み着いた猫の写真集が4社から相次いで出た顛末を探る企画。そのうち3社の編集者は顔を出してネタにされていたのに、河出書房新社だけ欠席。どうして出てこないの?シャレが判らない編集者だなあ。会社から出るなといわれたのかな?

 1時前に就寝。

 テーピングのおかげか、右膝の痛みはほぼ消えた。驚異的!しかし剥がしたから、この後どうなることか。

 消灯した暗闇の中で、くーたんがバタバタやっていたが、放置して、寝る。

今朝の体重:89.55キロ

本日の摂取カロリー:1926kcal

本日の消費カロリー:147kcal/3934歩+49kcal(自転車)

« 6月16日/新刊書店廻り3日目 | トップページ | 6月18日/事実上の休養日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/65425809

この記事へのトラックバック一覧です: 6月17日/右膝に鍼打って、新刊書店廻り最終日:

« 6月16日/新刊書店廻り3日目 | トップページ | 6月18日/事実上の休養日 »

安達瑶の本

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト