« 6月29日/カイロ、お水取り、そして……常磐線車内で突然の | トップページ | 7月1日/仕事は進んだが、秋葉原で空振り(増補) »

2017年7月 1日 (土曜日)

6月30日/いろいろ歯車噛み合わず隔靴掻痒

 6時過ぎ起床。

 寝不足だが、朝方トイレに立つと、二度寝出来ない。

 雨。

 朝のモロモロを済ませる。

 最近のくーたんは、「食」に目覚めて、たくさん食べるようになった。以前はウェットフードを半分くらい残していたのに、今はほぼ完食。朝は8時に出すが、まだ早いのに、ニャアニャアと催促。「もう少ししたらね」と8時まで出さない。

 昨日の常磐線での件、続報がないか朝刊とネットを調べるが、何もない。何もないと言うことは、命に別状なかったと解釈すべきか。しかしあの「発作」はなんだったんだろう……?

 いろいろ考えて、「てんかん」で調べてみると、発作を起こす時に叫ぶ場合もあるらしい。大学時代の友人Yが発作を起こした時は黙って倒れたので、そういうものだと思い込んでいたのだ。

 アサメシは、ダブルソフトのバタートーストにゆで卵、ハム&マヨネーズ、ミルクコーヒー。

 仕事開始。いろいろ具体的な事が見えてきたので、細部の描写が出来るようになると、いろいろと膨らんできて書き易くなってきた……のだが、まだ一部で歯車が噛み合わない感じがあって、それがじつにまったく隔靴掻痒。たぶんこれは、我慢して書いているうちに血の巡りがよくなって、突然、貫通するパターン。

 ここは我慢して粘らねば。

 相方と電話でしばらく話す。

 お昼を過ぎて、現金もないので、外出。

 お金を下ろして、千住警察署に近い駐輪場そばに最近開店した「ぶらっトリア」というお店でランチ。韓国豚料理のお店のお隣。以前は整骨院だったところ。

Img_3119

 改装中に何ができるんだろうと気になっていたが、どうもイタメシのお店らしいと思っていたら、「鮮魚料理」を売り物にするお店だった。

 ランチは「アジフライ」と「漬け丼」だったが、迷わずアジフライにする。1000円。近くの店のアジフライランチは650円とか850円だから少々高い。

 しかし……その値打ちはあった。

Img_3118

 骨を全部抜いてあって、食べやすいし、ホクホク。お店は醤油で食べることを推奨しているが、まずはレモンを搾っただけで。

 美味い。

 次に、塩で食べてみる。

 美味い。
 残った1本は醤油で食べる。

 実に美味い。

 付け合わせの小鉢も美味い。写真には映っていないが、粗めの大根おろしとワサビのようなモノがとびきり新鮮で、美味い。この正体はなんだろう?鮮烈な味。

 大和芋のとろろも美味いし、大根煮にトウモロコシのソースがかかったものも美味しい。

 ご飯をお代わりする。ここは味噌汁とご飯はお代わりできる。

 料理屋が出すランチのような、上品な味。大変結構。

 アジの骨の素揚げも、パリパリと香ばしくて、美味い。

 夜来て、いろんなものを食べるのもいいなあ。

 北千住も、新しい店が続々と出来ている。いいお店は続いて欲しい。

 miniピアゴで買い物をして、帰宅。

 で。

 食品を冷蔵庫に入れる時に、ふとくーたんのお皿を見たら……既に完食。よく食べるねえと思って、もっとよく見たら……それは「夜ご飯のお皿」だった。ウチは朝と夜でお皿を換えている。

 今朝、朝ご飯を出すのを完全に忘れていたのだ。にゃあにゃあ鳴かれて「まだ8時じゃないよ~」と言っているウチに、8時を過ぎ9時を過ぎ……忘れてしまったのだ。

 慌ててご飯を用意して、くーたんに謝る。頭を下げて謝罪する。稲田防衛相みたいに言い訳せずに、「同じ事は二度と起こしません」ときっちり謝る。猫って、こういうところキッチリ見てるんだよねえ。きちんとお願いすると聞いてくれるし。ただひとつだけ聞いてくれないことがあるけど。

 リンゴを丸かじりして、仕事再開。

 相変わらず隔靴掻痒状態……だが、眠い。睡魔に襲われて、負けた。

 ソファで寝ていると、くーたんがやって来て、おれが下に敷いている毛布に潜り込もうとするので、ソファも明け渡す。

 ベッドで昼寝すればよかったのだが、なんだか本格的な昼寝をするのに心理的な抵抗がある。

 「帰ってきたヒトラー」の続きを見る。「ヒトラー~最期の12日間」のパロディもあったりするが、やっぱりマジメなんだよなあ。ドイツ人のコメディって、笑いのツボがかなり違う感じがする。かつての大御所ルビッチやワイルダー(オーストリア人だけど)は艶笑系だし……。
 しかしドイツが今抱えている問題をぐいぐい見せる。日本と同じく少子化が進んで「こんな国で子供を産みたいと思わない」とか言わせているし……日本から見ればドイツは経済が好調で、東ドイツを丸呑みするという大変革を乗り切った凄い国、のように見えるけど、やっぱり大量の移民問題はとても深刻。日本の方がお気楽なのかもしれない。というか、「蘇った戦前の化け物」みたいなのが既に首相として暴れているし……。

 しかし見続けるのもなかなか辛い映画なので、また途中で止める。

 「5時に夢中!」3000回記念を見る。特別ゲストに、何故かさだまさし。「関白宣言」の替え歌で「AD反乱宣言」が歌われる。製作費がないからってADに変なことさせるな!とか、なかなか切実な内容だった。で、大川プロデューサーは担当番組のヒットで「局長」になったらしい。

 ご飯を炊く。「早炊きモード」にしようと思ったが、少量なので「少量モード」にしたらたくさん炊くのと同じ時間がかかってしまった。

 レトルトのハンバーグと残ったキャベツの千切りで。キャベツの千切りが傷んでしまう前に食べてしまおうと言うことで。

 食後、なんだかボンヤリしてしまって、風呂に入るでもなくテレビを見るでもなく……録画した「笑ってコラえて」の残りを見たが。

 栄華を誇ったアベ政権も、末期に入ったようだ。東京都議選で負ければ、今まで応援団だったマスコミはすでに「手の平返し」をはじめてるし、それがいっそう加速してワイドショーも政権批判一色になって雪崩状態になり、支持率は低下して経済界から批判の声が遠慮なく上がり始め、党内からも様子見だった連中の批判の声が高くなり、無理矢理憲法改正とか大きな事をやろうとして失敗して政権は早晩崩壊する……。

 この見立ては、甘いですかね?

 今まで味方だったマスコミの離反に、二階幹事長が恨み節。文句は読売新聞に言いなさい。

 3月に起きた栃木の雪崩事故。引率のリーダー教師の、というか、合宿の体制がグダグダで「事故は起きない」前提で特に安全性を確認する事もなく、毎年の惰性で漫然とやっていたことがハッキリしてきた。記者会見で妙に自信たっぷりに話していたあのリーダーの姿を思い出す。しかしこの問題を「組織の問題」としてしまうと責任が拡散してしまう。組織を動かすのはリーダーなんだから、多くの命を預かるリーダーはその重責を感じて動かなければならない。組織がダメでもリーダーがしっかりしていれば最後の安全装置になるはずなのに。

 体調もなんだかスッキリしないので、今日は諦めて、23時23分、就寝。

今朝の体重:89.35キロ(順調に減るはずなのに、何故だ!)

本日の摂取カロリー:1705kcal

本日の消費カロリー:39kcal/1226歩+27kcal(自転車)

« 6月29日/カイロ、お水取り、そして……常磐線車内で突然の | トップページ | 7月1日/仕事は進んだが、秋葉原で空振り(増補) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/65478904

この記事へのトラックバック一覧です: 6月30日/いろいろ歯車噛み合わず隔靴掻痒:

« 6月29日/カイロ、お水取り、そして……常磐線車内で突然の | トップページ | 7月1日/仕事は進んだが、秋葉原で空振り(増補) »

安達瑶の本

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト