« 7月14日/仕事して「後妻業の女」を見た | トップページ | 7月16日/旧友の見舞いに足利へ »

2017年7月16日 (日曜日)

7月15日/漏水再び……

 7時過ぎ起床。

 快晴。もう完全に真夏。

 漏水は起きないようなので、結構な量のタオルを洗う。

 その間、朝のモロモロを済ませる。

 洗濯が終わったが、漏水は発生しない。じゃあ、2日間にわたったあの漏水はなんだったのだろう?

 と思ったら、やっぱり漏水発生。漏れているのは排水の配管(普通は床の下にあるが、ウチの場合はあとから足したもので床の上を壁に沿って設置されているが、これが設計ミスで高低差が逆になっていて流れにくいことになっているのが、伏線)からのようだ。しかし量はさほどではない。

 雑巾やこれまでに使ったタオルは洗って干してしまったので、新たなタオルで吸水。

 なんだかんだでお昼間。

 近くの鰻屋がランチに安いうな丼弁当を売っている。今日はこれを食うか!

 ということで買いに行くと、今日はお休み。まあ土曜日だし、お休みの可能性は考えていた。

 それでは、と「食べたいもの第2位」だったラーメンを食いに北千住西口へ。

 「カンフーキッチン」のパーコー麺か、「翔竜」の翔竜麺にしようと思ったが、「翔竜」の大盛券を忘れてきた。

 しかし「カンフーキッチン」はまだ営業前。では、と「翔竜」へ。

 翔竜麺と海苔、そしてサービスの半ライスを頼む。店内はほぼ満席。

 今回も大盛券をくれないので、中国人の店員さんに「半ライスを貰うと大盛券はくれないんですか?」と聞くと、「あ、忘れてました!」と。これで前回からの疑問は解消。実に小さいことですけどね。

 食べ終わって店を出て、コンビニに寄ったら、もう汗だく。

 帰宅してシャワーを浴びる。

 仕事開始。昨日の続き。

 買ってきたポテチを食べながら書き進めるが、進み方は良くない。

 いろいろ書きたいことが多くて会話が続くが、これでいいのだろうかと思う。

 mixiを見ると、新潮社に送られてきた原稿が凄くて宣伝コピーを広く募集する、という記事があった。各社に新人賞が揃った昨今、持ち込み原稿はすべて新人賞に回されて、忙しい編集者は持ち込み原稿を読んでくれない、と聞いていたし、実際に編集者もそう言っていたのだが……世の中には例外はある。幸運にも持ち込み原稿が読まれて偶然にも読んだ編集者と感性が一致してとんとん拍子に出版されて大ヒット、という奇跡のような展開だってある。とは言え……。なんだかこういう宣伝の作戦じゃないのかと疑ってしまうおれ。

 夕方、疲れてしまって、仕事を中断。

 録画した「タモリ倶楽部」を見る。外国の早口言葉。声優さんで「ソ連オタク」が登場。ロシアオタクはいてもソ連オタクって珍しい。だったら世の中には「中国共産党オタク」もいそうだな。

 「青空レストラン」は、日本一の清流として急に有名になった、高知の仁淀川の水を使ったマッシュルームの料理。ガーリックバターで炒めるのは美味そうだよねえ。

 それを見てからおれも夕食。昼間ラーメンを食べてしまったので、夜は軽くご飯に目玉焼き、明太子、ちりめんじゃこにしば漬け、海苔、インスタント味噌汁。

 テレ東「出川哲朗の充電させてもらえませんか?初夏の“能登半島縦断”155キロ!絶景棚田!」を途中から見る。出川はもう完全に「国民的アイドル」になったねえ。

 しかし、地元の「社長」という偉そうなクソジジイが出川と上島竜平の頭をいきなり叩いて「いつも馬鹿やってるヤツ」と言い放った。今でも地方にはこういう勘違い馬鹿ジジイは多数棲息しているのだろう。さすがに二人はその場では「イヤイヤ社長、ビックリした!」とおどけていたが、そのあと上島竜平が「おれはさあ、ふれあいは好きよ。だけどさ、さっきのアレは、ふれあいじゃないよね」とムッとしていた。そりゃ当然だ。見ているこっちも腹が立ったもの。地元じゃ威張って周囲から持ち上げられてるんだろうけど、こういうクソジジイは(以下略)。

 まあ、酒が入っていたのかもしれないし、放送を見て(能登では流れていないか)親戚中から責められて今ごろ反省しているかもしれないが。ま、あのクソジジイは国民の敵になったのは確かだ。テレ東もカットしないでよく流したな。スタッフもムカついたのだろう。

 しかし、能登半島は素晴らしいねえ。また行きたい。

 「アド街ック天国」は国分寺。この辺は縁がないし、ヒッピー文化の名残があるといわれても……この辺、ほんと、おれが東京に出てきた頃はまだまだ田舎だったんだよねえ。

 もう仕事をする元気はないが、思いついた事をメモにする。だらだら続きそうだった場面も途中で切って、次の場面に繰り越すことでテンポも出るだろう。

 そういうことをやって、さあ寝ようかなと思ったら……テレ朝で、漫才コンビが俳優コンビにネタを提供して俳優コンビが披露する「笑いの舞台に俳優参戦 真剣ネタ対決!笑×演」をチラッと見たらムチャクチャ面白いので最後まで見てしまった。このシリーズは毎回面白いのだ。

 ロッチと加藤諒& 神保悟志、ハライチと奥菜恵&堀内敬子、 古坂大魔王と山西惇&釈由美子、アンガールズと野村将希&渡辺裕之、ナイツと永井大&甲本雅裕。

 どれも完成度が高くてネタに意外性もあって実に面白かった。

 特に斬新でユニークで独創的だったのがハライチと奥菜恵&堀内敬子の「ウシネコ」。地獄のピエロというキャラはどこから生まれたのか、実に不思議。それに、一時は激痩せして美貌が失せてしまった奥菜恵がもとの美しさを蘇らせて、やっぱりこのヒトは美女だなあと思ったし。

 ロッチのチームは「高校のラグビー部のシゴキネタ」。これはまあ順当な出来。

 古坂大魔王のチームは「売れないベテラン芸人がデパートの屋上でやる営業」ネタ。これ、やり終わったあと釈由美子が泣き出してしまった。「歌いたくなかった!放送しないで欲しい!」って。だけどネタの完成度はとても高かったし面白かったなあ。

 アンガールズのチームはマッチョ派の二人を使った「渡辺さんが遅刻してきたのをネチネチいびる野村さん」ネタで、これも二人の大オーバーな大熱演で面白かった。

 ネタとして最高の完成度で、もう一度見たくなったのは、ナイツのチーム。新しく始まる番宣として出てきた二人、特に甲本さんはガチガチに緊張していたが、昔「東京サンシャインボーイズ」時代に笑いのある芝居はたくさんやっていたのに……。包丁が胸に刺さっているのに「風邪気味で……」と内科医に診て貰おうとする男。コントとしては最高に面白い。

 オーソドックスな笑いだと、ナイツのネタが最高だった。しかし、前代未聞の破壊力があったハライチのネタには敵わなかった。「ピ〜エロピエロ、地獄のピエロ」のフレーズは耳に焼き付いてしまったし。

 漏水の状態を確認して、0時過ぎ、就寝。今夜もエアコンは回しっぱなしで寝る。

今朝の体重:88.15キロ

本日の摂取カロリー:1878kcal

本日の消費カロリー:14kcal/460歩+50kcal(自転車)

« 7月14日/仕事して「後妻業の女」を見た | トップページ | 7月16日/旧友の見舞いに足利へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/65540521

この記事へのトラックバック一覧です: 7月15日/漏水再び……:

« 7月14日/仕事して「後妻業の女」を見た | トップページ | 7月16日/旧友の見舞いに足利へ »

安達瑶の本

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト