« 7月29日/「第4章」の構成を練る | トップページ | 7月31日/やることやって疲労困憊 »

2017年7月31日 (月曜日)

7月30日/倒木でロマンスカー運休も、万難を排して片瀬西浜へ

 6時起床。

 曇り。

 今日は8時6分の北千住発片瀬江ノ島行きの「臨時メトロ81号」で今期初の江ノ島に行く。

 朝のモロモロを手早く済ませて、昨夜ほとんどを書いておいた日記もアップして、準備万端。何気なくテレビをつけて6時55分のNHK「関東地方のニュース」を見たら……。

 倒木で小田急線が止まっていると。

 なんやて!

 よりによって!

 まあ、昨日の夜、神奈川方面は大雨だったからなあ……。

 小田急のサイトを見ると、たしかに電車は止まっていて、ロマンスカーは当面運休。

 東京メトロ北千住駅に確認の電話をしてみると、千代田線の乗り入れはストップしていて臨時メトロ81号の運休も変わらない。

 相方に急遽連絡して、仕切り直し。10時に集合して、上野廻りで行くことにする。

 時間が空いてしまった。

 早起きして腹が減ったので、ダブルソフトのトーストとコーンフレークを食べる。

 ぼんやりテレビを観て、本当に久々にNHK「小さな旅」を見る。秋田県にかほ市。200年前の地震で「秋田の松島」と呼ばれていた海に浮かぶ島々が隆起して、今は田んぼが広がる中に「九十九島」が点在する絶景。ところどころに湧き水があって、その光景は本当に夢のような美しさ。いやあ、こんな美しい場所があったなんて、全然知らなかった!

 少しウトウトして、9時30分頃、出発。

 10時に駅で相方と待ち合わせて、上野へ。

 上野で駅弁を探すのは面倒なので、日暮里で購入。

 10時40分頃の熱海行きに乗る。グリーン車はほぼ満席だが、なんとか席を確保して、駅弁を広げる。

 シャケののり弁だが、美味い!お米は山形の「つや姫」で、すべてが美味しい。この弁当は大当たりだ。

 お天気は思わしくない。予報では3:2で曇り。晴れの予報を出していたところも途中で「曇り」に変わったし……。

 しかし波の具合は、おれの予想としては最高なはず。房総半島・三浦半島・伊豆半島に阻まれて大きな波は入ってこないが、南方に台風がいるから、強い波を送ってくれるはずだ。

 明日もあまり変わらないコンディションで、天気は明日の方がいいのだが、相方の都合が悪い。

 以前なら、日曜日に江ノ島、なんてとんでもない事だったが……今は空いている。人出は10年前の1/3以下かも。

 まあ、おれたちにとっては混まない方が有り難いのだが。

 お昼前に片瀬江ノ島に到着。やっぱり曇り空だと、海の華やいだ気分は盛りあがらないねえ……。

Img_3179

 今年も、片瀬西浜の一番端にある「ニュー鈴屋」に入る。

 着替えて、日焼け止めを塗り、準備体操をして、海へ。

 水温は26度。少し冷たい。外気温は27度。濡れると少し寒い感じ。

Img_3180

 しかし!

 波のコンディションはとてもいい。片瀬西浜のこのエリアでは最高の部類だろう。サーフィンには物足りないだろうが、フィンなしボーダーにとっては、最高!

 休憩を挟みつつ14時過ぎまでやる。

 海の家に戻って、ヒルメシ。カレーライスを食べる。

 しばし休んで、再び海へ。

 食った分からだが重くなって宜しくないか、と思ったが、すぐに勘は戻って、乗れた。

 とは言え……。

 砂浜で昼寝する方が気持ちがいい。

 幸い、曇っているから日光が痛くないし、一度海から上がると、また入ると水が冷たいのだ。

 相方が海に入っている間、昼寝。

 トンボが凄く飛んでいる。去年はこんなにトンボはいなかったなあ。カラスが楽しそうにビーチをぴょんぴょん跳びはねているが……荷物の中の食い物を狙っている。

 カラスも、あの鳴き声がもう少し可愛ければ愛されそうなんだけどねえ。仕草は結構可愛いし。

Img_3181

Img_3182

 16時20分、海から上がる。

 シャワーを浴びて、ボードを洗う。

 17時に海水浴場の営業は終了。これよりフリーになるので、サーファーが海水浴エリアに進出。

Img_3183

 我々は、「J’s」でハンバーガーを食う。ここは美味い。

 セットでビールを頼む。デザートはソフトクリーム。

 帰りは、いつもは小田急で相模大野まで行き、急行とか快速とか速いヤツに乗り換えて代々木上原まで行って千代田線に乗り換えるのだが、今回は中央林間から田園都市線に乗ってみた。ずーっと以前(半蔵門線全通当初)にこのルートを採ったら、エラく時間がかかったのだが、乗り換えアプリで調べると、代々木上原廻りとあまり差はないことが判明。歩く距離と乗り換え回数、そして確実に座れるかどうかが肝心。

 中央林間では乗り換えに少々歩いたが、始発だから絶対に座れる。問題は、押上止まりが多いこと。

 錦糸町まで順調に進み、ここで押上以北に行くのに乗り換えて、無事帰宅。

 くーたんの機嫌をとり、風呂に入り、ボードやグッズを丹念に洗う。シューズやボードから、砂が無限に出て来る。

 帰りの車中で空腹を覚えたのだが、風呂上がりに「カットスイカ」を食べると収まった。汗も引いたし。

 ゴミ出しで外に出ると、ムワッとしてはいるけれど、気温も下がったようだ。

 録画した「車あるんですけど…?」を見る。この番組は、いろんな風景マニアというか特異な場所オタクが続々出て来るので凄く面白い。最近知ったのだが、見逃した回が惜しい。で、今回は「崖」がテーマ。崖を求めて房総に行くというので、てっきり「おせんころがし」が出て来ると思ったら……鵜原理想郷が登場。ここは行ったことあるけど、下の方まで下りなかったので……こんな美しい入江があるとは知らなかった。

 この番組は、いろんなマニアやオタクのおかげで、知られざる絶景を知る事が出来て、素晴らしい。

 23時39分、爆沈。

今朝の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:3217kcal

本日の消費カロリー:214kcal/6502歩+50kcal(自転車)+810kcal(海)

« 7月29日/「第4章」の構成を練る | トップページ | 7月31日/やることやって疲労困憊 »

コメント

真善美の探究【真善美育維】

【真理と自然観】

《真理》
結論から言って, 真偽は人様々ではない。これは誰一人抗うことの出来ない真理によって保たれる。
“ある時, 何の脈絡もなく私は次のように友人に尋ねた。歪みなき真理は何処にあるのかと。すると友人は, 何の躊躇もなく私の背後を指差したのである。”
私の背後には『空』があった。空とは雲が浮かぶ空ではないし, 単純にからっぽという意味でもない。私という意識, 世界という感覚そのものの原因のことである。この時, 我々は『空・から』という言葉によって人様々な真偽を超えた歪みなき真実を把握したのである。


我々の世界は質感。
また質感の変化からその裏側に真の形があることを理解した。そして我々はこの世界の何処にも居ない。この世界・感覚・魂(志向性の作用した然としてある意識)の納められた躰, この意識の裏側の機構こそが我々の真の姿であると気付いたのである。


《志向性》
目的は何らかの経験により得た感覚を何らかの手段をもって再び具現すること。感覚的目的地と経路, それを具現する手段を合わせた感覚の再具現という方向。志向性とは或感覚を具現する場合の方向付けとなる原因・因子が具現する能力と可能性を与える機構, 手段によって, 再具現可能性という方向性を得たものである。
『意識中の対象の変化によって複数の志向性が観測されるということは, 表象下に複数の因子が存在するということである。』
『因子は経験により蓄積され, 記憶の記録機構の確立された時点を起源として意識に影響を及ぼして来た。(志向性の作用)』
我々の志向は再具現の機構としての躰に対応し, 再具現可能性を持つことが可能な場合にのみこれを因子と呼ぶ。躰に対応しなくなった志向は機構の変化とともに廃れた因子である。志向が躰に対応している場合でもその具現の条件となる感覚的対象がない場合これを生じない。但し意識を介さず機構(思考の「考, 判断」に関する部分)に直接作用する物が存在する可能性がある。


《思考》
『思考は表象である思と判断機構の象である考(理性)の部分により象造られている。』
思考〔分解〕→思(表象), 考(判断機能)
『考えていても表面にそれが現れるとは限らない。→思考の領域は考の領域に含まれている。思考<考』
『言葉は思考の領域に対応しなければ意味がない。→言葉で表すことが出来るのは思考可能な領域のみである。』
考, 判断(理性)の機能によって複数の中から具現可能な志向が選択される。


《生命観》
『感覚器官があり連続して意識があるだけでは生命であるとは言えない。』
『再具現性を与える機構としての己と具現を方向付ける志向としての自。この双方の発展こそ生命の本質である。』

生命は過去の意識の有り様を何らかの形(物)として保存する記録機構を持ち, これにより生じた創造因を具現する手段としての肉体・機構を同時に持つ。
生命は志向性・再具現可能性を持つ存在である。意識の有り様が記録され具現する繰り返しの中で新しいものに志向が代わり, その志向が作用して具現機構としての肉体に変化を生じる。この為, 廃れる志向が生じる。

*己と自の発展
己は具現機構としての躰。自は記録としてある因子・志向。
己と自の発展とは, 躰(機構)と志向の相互発展である。志向性が作用した然としてある意識から新しい志向が生み出され, その志向が具現機構である肉体に作用して意識に影響を及ぼす。生命は然の理に屈する存在ではなくその志向により肉体を変化させ, 然としてある意識, 世界を変革する存在である。
『志向(作用)→肉体・機構』


然の理・然性
自己, 志向性を除く諸法則。志向性を加えて自然法則になる。
然の理・然性(第1法則)
然性→志向性(第2法則)


【世界創造の真実】
世界が存在するという認識があるとき, 認識している主体として自分の存在を認識する。だから自我は客体認識の反射作用としてある。これは逆ではない。しかし人々はしばしばこれを逆に錯覚する。すなわち自分がまずあってそれが世界を認識しているのだと。なおかつ自身が存在しているという認識についてそれを懐疑することはなく無条件に肯定する。これは神と人に共通する倒錯でもある。それゆえ彼らは永遠に惑う存在, 決して全知足りえぬ存在と呼ばれる。
しかし実際には自分は世界の切り離し難い一部分としてある。だから本来これを別々のものとみなすことはありえない。いや, そもそも認識するべき主体としての自分と, 認識されるべき客体としての世界が区分されていないのに, 何者がいかなる世界を認識しうるだろう?
言葉は名前をつけることで世界を便宜的に区分し, 分節することができる。あれは空, それは山, これは自分。しかして空というものはない。空と名付けられた特徴の類似した集合がある。山というものはない。山と名付けられた類似した特徴の集合がある。自分というものはない。自分と名付けられ, 名付けられたそれに自身が存在するという錯覚が生じるだけのことである。
これらはすべて同じものが言葉によって切り離され分節されることで互いを別別のものとみなしうる認識の状態に置かれているだけのことである。
例えて言えば, それは鏡に自らの姿を写した者が鏡に写った鏡像を世界という存在だと信じこむに等しい。それゆえ言葉は, 自我と世界の境界を仮初に立て分ける鏡に例えられる。そして鏡を通じて世界を認識している我々が, その世界が私たちの生命そのものの象であるという理解に至ることは難い。鏡を見つめる自身と鏡の中の象が別々のものではなく, 同じものなのだという認識に至ることはほとんど起きない。なぜなら私たちは鏡の存在に自覚なくただ目の前にある象を見つめる者だからである。
そのように私たちは, 言葉の存在に無自覚なのである。言葉によって名付けられた何かに自身とは別の存在性を錯覚し続け, その錯覚に基づいて自我を盲信し続ける。だから言葉によって名前を付けられるものは全て存在しているはずだと考える。
愛, 善, 白, 憎しみ, 悪, 黒。そんなものはどこにも存在していない。神, 霊, 悪魔, 人。そのような名称に対応する実在はない。それらはただ言葉としてだけあるもの, 言葉によって仮初に存在を錯覚しうるだけのもの。私たちの認識表象作用の上でのみ存在を語りうるものでしかない。
私たちの認識は, 本来唯一不二の存在である世界に対しこうした言葉の上で無限の区別分割を行い, 逆に存在しないものに名称を与えることで存在しているとされるものとの境界を打ち壊し, よって完全に倒錯した世界観を創り上げる。これこそが神の世界創造の真実である。
しかし真実は, 根源的無知に伴う妄想ゆえに生じている, 完全に誤てる認識であるに過ぎない。だから万物の創造者に対してはこう言ってやるだけで十分である。
「お前が世界を創造したのなら, 何者がお前を創造した?」
同様に同じ根源的無知を抱える人間, すなわち自分自身に向かってこのように問わねばならない。
「お前が世界を認識出来るというなら, 何者がお前を認識しているのか?」
神が誰によっても創られていないのなら, 世界もまた神に拠って創られたものではなく, 互いに創られたものでないなら, これは別のものではなく同じものであり, 各々の存在性は虚妄であるに違いない。
あなたを認識している何者かの実在を証明できないなら, あなたが世界を認識しているという証明も出来ず, 互いに認識が正しいということを証明できないなら, 互いの区分は不毛であり虚妄であり, つまり別のものではなく同じものなのであり, であるならいかなる認識にも根源的真実はなく, ただ世界の一切が分かちがたく不二なのであろうという推論のみをなしうる。


【真善美】
真は空(真の形・物)と質(不可分の質, 側面・性質), 然性(第1法則)と志向性(第2法則)の理解により齎される。真理と自然を理解することにより言葉を通じて様々なものの存在可能性を理解し, その様々な原因との関わりの中で積極的に新たな志向性を獲得してゆく生命の在り方。真の在り方であり, 自己の発展とその理解。

善は社会性である。直生命(個別性), 対生命(人間性), 従生命(組織性)により構成される。三命其々には欠点がある。直にはぶつかり合う対立。対には干渉のし難さから来る閉塞。従には自分の世を存続しようとする為の硬直化。これら三命が同時に認識上に有ることにより互いが欠点を補う。
△→対・人間性→(尊重)→直・個別性→(牽引)→従・組織性→(進展)→△(前に戻る)
千差万別。命あるゆえの傷みを理解し各々の在り方を尊重して独悪を克服し, 尊重から来る自己の閉塞を理解して組織(なすべき方向)に従いこれを克服する。個は組織の頂点に驕り執着することはなく状況によっては退き, 適した人間に委せて硬直化を克服する。生命理想を貫徹する生命の在り方。

美は活活とした生命の在り方。
『認識するべき主体としての自分と, 認識されるべき客体としての世界が区分されていないのに, 何者がいかなる世界を認識しうるだろう? 』
予知の悪魔(完全な認識をもった生命)を否定して認識の曖昧さを認め, それを物事が決定する一要素と捉えることで志向の自由の幅を広げる。予知の悪魔に囚われて自分の願望を諦めることはなく認識と相互作用してこれを成し遂げようとする生命の在り方。


《抑止力, 育維》
【育】とは或技能に於て仲間を自分たちと同じ程度にまで育成する, またはその技能的な程度の差を縮める為の決まり等を作り集団に於て一体感を持たせること。育はたんなる技能的な生育ではなく万人が優秀劣等という概念, 価値を乗り越え, また技能の差を克服し, 個人の社会参加による多面的共感を通じて人間的対等を認め合うこと。すなわち愛育である。

【維】とは生存維持。優れた個の犠牲が組織の発展に必要だからといっても, その人が生を繋いで行かなければ社会の体制自体が維持できない。移籍や移民ではその集団のもつ固有の理念が守られないからである。組織に於て使用価値のある個を酷使し生を磨り減らすのではなく人の生存という価値を尊重しまたその機会を与えなければならない。

真善美は生命哲学を基盤とした個人の進化と生産性の向上を目的としたが, 育と維はその最大の矛盾たる弱者を救済することを最高の目的とする。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/65602721

この記事へのトラックバック一覧です: 7月30日/倒木でロマンスカー運休も、万難を排して片瀬西浜へ:

« 7月29日/「第4章」の構成を練る | トップページ | 7月31日/やることやって疲労困憊 »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト