« 7月4日/絶不調なのは台風のせいにしておこう | トップページ | 7月6日/そして、プチ残念会へ »

2017年7月 6日 (木曜日)

7月5日/仕事して、テニス

 6時30分頃起床。

 雨あがり~曇り。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはダブルソフトのトーストにゆで卵、牛乳、コーヒー。

 仕事開始。徳間新作の第1章の前半、相方に「こんな感じ」と送ったら、チェックが入ったので、そこを中心に手を入れる。これで完全に作品世界に溶け込めて、進むはず。

 全部やってからランチ、と思ったが、その前に腹が減った。

 家でスパゲティでもと思ったが、それじゃあ夜まで保たないと思い直して、近くの店でハンバーガーでもと外出。

 しかし定休日なのを忘れていた。

 それではと、もう1軒のご近所の店でランチ。今日はハンバーグと海鮮フライだった。それぞれ超ミニサイズだが野菜がたっぷりで大きなお椀の豚汁が出てきた。美味い。

 帰宅して、仕事再開。

 ほどなく終了。

 で、その先を書き進めようとしたが……眠い!

 今日はきちんと寝足りてるはずなんだが……。

 延ばし延ばしにしていた、難病にかかって足利の施設に入っている旧友Oの見舞いをしなければ、とその仲介をしている草加市役所の担当者に電話する。彼の場合、入所している施設にダイレクトに連絡をしてはいけない状態で、面会する場合は市役所の「生活支援課」を通さなければならないという面倒な事になっているが、通常の病人の状態とはかなり違うので、仕方がないことだろう。

 担当者は、調整して折り返すと。

 ワイドショーは、山陰と九州の豪雨。最近の大雨は、豪雨が長時間続く傾向にある感じ。「線状降水帯」という専門用語も2015年ごろから定着してきた。「滝のような豪雨」は続いても半日だったのが、今は数日続く場合がある。これじゃあ堪らない。日本の気候は大きく変わってしまったと思わざるを得ないのだろう。

 Facebookで、山田太一の小説の、というか、大林宣彦が映画化して、その映画を盲愛している「異人たちとの夏」がラジオドラマになるらしい、と知り、同じくこの作品を愛好する方とやり取り。

 この作品の主人公と同じ年頃に母親を亡くしていることもあって、おれはこの作品にかなり同化している。しかし……この作品に登場する浅草の、なんともいえない不思議な感じは驚異的だ。しかも、浅草が持つイメージを巧みに利用しているから、本当に巧妙だ。山田太一の小説の力はもちろんだけど、大林宣彦の演出力は本当に見事だ。夜更けの、人がいないのに明るく照らされている浅草の、あの幻想的な空気を見事にフィルムに定着させている。これは撮影の阪本善尚さんの腕なくしては無理だっただろうけど。

 異界への入口・浅草。主人公は、ふと入った浅草演芸場の後ろの席にいた男に声をかけられるが、その男は、とっくの昔に死んだはずの実の父親だった……。

 この映画の片岡鶴太郎は、素晴らしい。いなせで喧嘩っ早いがサッパリした好人物。秋吉久美子の母親がまた妙に色っぽくてねえ。

 主人公が、死んだはずの両親が住む浅草の木賃アパートに入り浸ってしまう気持ちは痛いほど判る。

 そして、浅草のすき焼き屋(外観は「今半別館」店内のセットは「米久」がモデル)での、永久の別れ。自分を責める主人公にかける両親の言葉がなんとも優しくて、もう、何度見ても、思い出すだけで号泣してしまう。

「お前を、自慢に思ってるよ」

 なんて、親に一番言われたい言葉じゃないか!

 映画としては、この後のひとくだりが本当のクライマックスなのだが、どうしても蛇足に感じてしまう。それほど、「親子の情愛」の部分が出色の出来で、しかも、松竹映画の伝統の力もあって、なんとも素晴らしい。(Wikipediaのこの作品のあらすじが実にヘタクソで腹立たしい)

 この作品と、アンソニー・ホプキンスが超能力者に扮した「アトランティスのこころ」(キング原作)と並んで、おれにとっては、もう、宝物のような映画なのだ。

 17時を過ぎて、草加市役所から電話。どうも旧友Oの状態はひどくて、面会できる状態ではないらしい。ならばなおのこと、今のうちに会っておかなければならない。このタイミングで連絡を取ったのは、「虫の知らせ」だった可能性もある。

 担当者は、再度、施設と連絡を取ると言ってくれたが……。

 支度をしてテニスへ。

 右足の状態は、少し前がピークで、だんだんマシになってきた。今日はテーピングなしでやってみる。

 先週、ガットの張り替えをお願いしたラケットでやるが、コーチから「こういう新製品がありますよ」と新しいラケットの試用を勧められる。買わせようってんだな?だけどガットを張り替えたから、まだ当分買わないもんね。

 首尾は、まあまあ。レッスンはまあまあで、試合でもカラダは反応したけどボレーがアウトしたりして、勝てず。

 プールで泳ぎ、入念にストレッチして、風呂。

 帰路、ナニを食おうか熟慮して、イトーヨーカドーのフードコートへ。

 「はなまるうどん」を覗いたら、「牛とじ丼」のセットがはじまったので、「温玉ぶっかけの小」に、この「牛とじ丼」、ちくわの磯辺揚げとイモ天を付ける。

 美味い。しかし食い過ぎた。夜は少なめにしようと思っているのに。しかしまあテニスをやったからな……。

 Facebookで知ったのだが、近所でベトナム居酒屋をやっているN氏が、某新人賞に応募して一次を通過したので「お祝いに行きますよ」と言いつつ行けていなかった。二次も通過するだろうと思っていたのだが……どうもそれは叶わなかったようだ。今夜は満腹状態なので、「明日顔を出します」と、帰宅して書き込む。

 

 それとは別に、長年親しくさせて戴いている方から思いがけないメールを貰い、その返事を書いたり。

 ニュースでは、九州の豪雨はますますひどくなって、これまでに経験したことがないような状態になっていると、「特別警報」が発令されたまま。道路が川になって、濁流が住宅街を呑み込む衝撃的な映像が流れる。

 0時10分、就寝。

今朝の体重:89.50キロ

本日の摂取カロリー:2429kcal

本日の消費カロリー:147kcal/5045歩+30kcal(自転車)+702kcal(テニス)+132kcal(プール)

« 7月4日/絶不調なのは台風のせいにしておこう | トップページ | 7月6日/そして、プチ残念会へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/65499673

この記事へのトラックバック一覧です: 7月5日/仕事して、テニス:

« 7月4日/絶不調なのは台風のせいにしておこう | トップページ | 7月6日/そして、プチ残念会へ »

安達瑶の本

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト