« 9月8日/ゲラ拝大会 | トップページ | 9月10日/最後の夏の日は部屋でごろごろ »

2017年9月10日 (日曜日)

9月9日/いろんなことで凹む

 7時過ぎ起床。

 晴れ。今日は暑くなりそう。

 朝風呂に入ってから、洗濯をしつつ、朝のモロモロを済ませる。

 今朝もゲラが届くはずだが、9時30分になっても来ない。

 その間に家でアサメシを食えばいいのだが、今朝は何故か吉野家の朝食を食べたい気分。

 待ってても来ないかもしれないので、洗濯物を干して、外出。

 

 吉野家で「しらすおろし明太子の朝食」を食べる。しらすおろしに生卵、そして明太子。メニューの写真には、ごはんにしらすおろしを載せて生卵をトッピングしてあるが、この場合、大根おろしが邪魔するのでは?

 結論としては、これは家で食えるし、ご飯が足りない。お代わりしたくなる。すればいいんだけど。

 吉野家でアサメシを食べるなら、やっぱりハムエッグ系がいいなと思いつつ帰宅。

 宅配ボックスにゲラが届いていた。

 「プロローグ」「「第7章(最終章)」「エピローグ」の「素ゲラ」。校閲の入ったものは11日の午後に受けとることになっている。

 「プロローグ」を短くしてくださいとメモがついている。台割りの関係なんだろうか。

 その旨を相方に伝えたが……。

 ここで、おれの「思い違い・勘違い」があったことが露見。というか発覚。

 思い違いとか勘違いは、そのこと自体を指摘されると、その時は思ってもいないことだから、咄嗟に正しい理解が出来なくて、相方を怒らせてしまった。

 それに伴うゲラの修正に関して、徳間担当I氏にメールする。

 その後、どうしてそうなったのか記憶を辿っていくと……完全な思い違いというか勘違いの記憶が定着していたというか、この件は解決済みと誤って認識していた事が判明した。

 こういう事は過去にもある。

 だいたいは、スケジュールが押せ押せで、余裕がまったくない時に起きて、だいたいは「処理済みだったはずのこと」が「そうではなかった」と指摘されて気づく。もしくは大切な事を完全に失念してしまっていた場合もある。

 これはもう、いろいろ処理することが多すぎて、おれのキャパシティを越えてしまったのが原因だろう。懸命に処理している過程で、ポロッとこぼれ落ちてしまう。いや、これはいいわけになってしまうが。

 若い頃はそんな事はなく、老化したせい……と思い返すと、いやいや、助監督時代だって大事な事を完全に忘れていて撮影現場(それもロケ)で気づいて蒼くなった事が何度もあったし……。

 ギリギリでやっていて、こういう「事故」を起こしてしまうと、自分の能力の限界の低さに凹んでしまう。

 これを防ぐには、ギリギリの状況にならないように仕事をすればいいのだが……。今回は、〆切との戦いだった。いや……〆切との戦いは毎回のことだ。そのたびに、次は余裕あるスケジュールでやらなければ、と思うのだが……。

 今朝まではノーテンキに、中距離電車にでも乗って、「駅弁乗り鉄」でもするかな、立ち食いそばでも食ってくるかなとか思っていたのだが、今日は、何が起きるか判らなくなって、自宅待機しているべきだと判断。

 まあ、疲れも全然取れていないし……。

 ネットに植木等の回顧記事があって、小林信彦と萩本欽一の対談本「二人の笑タイム」が紹介されていた。もちろんこの本は出てすぐに買って読んでいるが、本棚から取り出して、再読。

 エノケンからタモリまで、小林さんが自分の目で見たあれこれを欽ちゃんに話す。「九ちゃん!」の台本執筆(チームでやっていた)の現場に超売れっ子でスケジュールがまるで取れない欽ちゃんがひょっこり顔を出して笑いにうるさい面々を笑い転げさせて風のように去って行った、のと同じ事を、デビュー間もないタモリが欽ちゃんとパジャマ党にやって、同じように風のように去って行った話がとても印象的。

 

 昼は、買ってあった「日清の担々麺」を食べるが、これ、辛いだけで味に奥行きがない。エースコックの方が美味い感じ。

 NHKの番組で「うどんの味は東西、どこで変わるのか」を検証していた。おれが以前やった時(東海道線普通列車で京都まで)は、たしか豊橋でネギが白ネギから青ネギに代わったが、お汁の味は米原で決定的に変わるらしい。豊橋から醤油が薄口系に変わったり、徐々に変化しているが、鰹だしなのは変わらず。しかし米原で昆布だしに変わると。おれがやった時はダシの味の変化まで判らなかった。

 午後も、「二人の笑タイム」を再読。

 夕方、上記のNHKの番組でうどんを食べまくっていたので、うどんが食いたくなって、北千住ルミネのフードコートの「はなまるうどん」へ。

 かけうどんの中に、ちくわの磯辺揚げ、イモ天と茄子天、それにおにぎり1個。

 うどんは「小」にすべきだった。量が多い。

 食べていると、以前のテニス仲間のIさんご夫婦とバッタリ。いやあもう、一緒にテニスをやることもなくなってしまったけれど……。

 帰宅して、「人生の楽園」を見るが、またしてもリタイア夫婦のカフェ。そして「青空レストラン」は阿蘇の「赤牛」。

 大自然の中で放牧されている牛は、毛並みが良くてとても可愛い。牛も、とても幸せそうだ。しかし……この番組では、この牛を食べるのだ……。

 こういう場合、牛さんや豚さんの可愛さをあんまり描くと、「それを食うんかい!」ということになって、とても複雑な気持ちになってしまう。おれは肉食を止めて菜食主義者になる勇気はないし……。牛肉は好きだし……。

 実際、大きなブロック肉を串刺しにして焼き上げる豪快なBBQは美味そうだし、ステーキだって見るからに絶品そうだし、スープもハンバーグもすべて美味そうなんだけど……肉を焼いてる匂いが飛んでいって、放牧されている牛も嗅いでるとしたら……。

 そんなことを考えると、モーレツに複雑な気分。

 19時のニュースを見て、「ブラタモリ」は高野山。高野山って、巨大な金剛峯寺と、その周辺施設(宿坊とか)があるだけかと思ったら、最盛期には2000を越えるお寺がある「町」だった!

 行った事がなかったとは言え、まったく予想とは違っていた。

 その後、「のぼせもん」第2回。

 「シャボン玉ホリデー」収録風景で、スタジオのモニターが白黒だったのが気になる(第1回の放送からカラーだった)し、クレージーキャッツがせっかく演奏するのに、彼らのテーマ曲「クレージー・ラグ」じゃなかったのが残念。しかし、青島幸男が登場したし、奥村チヨまで出てきたぞ!

 山本耕史は、声だけ聞いてると、かなり植木さんに似せているが、特別あの高笑いを強調するわけではなく、「ふだんの植木さん」をシリアスに演じているのだが、それがいい。

 泣きました。

 続いて「NHKスペシャル」を見る。今後日本を襲うかもしれないスーパー台風や、過去の予測データが当てにならない気候の変化、豪雨の予報の精度を上げるためのさまざまな試みなど。


 TBS「新情報7デイズ」で、北朝鮮が「電磁パルス攻撃」をすると言った事に対して、「電磁パルス攻撃」について解説していた。
 この「電磁パルス攻撃」は1983年の映画「ザ・デイ・アフター」で克明に描写されていたが、コンピューター関係が一瞬にして機能停止・破壊されてしまうので、中性子爆弾と並んで恐ろしい。これをやられると、今の生活が完全に破壊される。
 これは、通常の核爆弾を高高度で爆発させると起きると思っていたのだが、それ用に特化したものにする必要があるのか?そうだとしたら、北朝鮮がその技術を手に入れていないことを望むが……普通の核爆弾が炸裂すると、電磁パルス攻撃も同時に起きるんじゃなかったっけ?

 

 フジの「27時間テレビ」の奈良県はどうして地味なのか、というコーナーを少し見て、0時前に就寝。

 iPhoneで寝る前にメールを確認すると、徳間I氏から午前中に送ったメールの返事が来ていた。お願いした件は「なんとかする」ということで、各章副題の件で返信して、就寝。

今朝の体重:88.15キロ

本日の摂取カロリー:2375kcal

本日の消費カロリー:52kcal/1601歩+89kcal(自転車)

« 9月8日/ゲラ拝大会 | トップページ | 9月10日/最後の夏の日は部屋でごろごろ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/65772682

この記事へのトラックバック一覧です: 9月9日/いろんなことで凹む:

« 9月8日/ゲラ拝大会 | トップページ | 9月10日/最後の夏の日は部屋でごろごろ »

安達瑶の本

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト