« 9月30日/志賀高原散策&お水取り | トップページ | 10月2日/物情騒然の中、粛々とPOPを準備 »

2017年10月 2日 (月曜日)

10月1日/熊に怯えつつ志賀高原散策〜帰京

 5時過ぎに目が覚めて、布団の中でiPhoneを見たりしてとろとろ。

 部屋には暖房を入れて寝たので、ぬくぬく。

 6時過ぎに風呂に行く。

 大浴場のお湯は素晴らしい。露天風呂は源泉掛け流しらしい。微かに硫黄が混じって、硫黄泉の香りが。

 渓谷を眺めながらの入浴は最高の気分。しかも、他に誰もいない、貸し切り状態。この温泉は好きだ。10月過ぎには新しい源泉からの白濁泉になるらしい。(写真は「じゃらん」から)

Y341520209

 部屋に戻って相方が交代でお風呂へ。

 おれは昨日分の日記を書き、今日のバス便を調べたり。

 「一ノ瀬寮」バス停付近に車を駐めてバスで「高天原」バス停まで移動して、「一ノ瀬寮」まで木道を歩く。そのバスの時間を調べる。

 これ、iPhoneやiPadだと調べにくいが、MacBook Airだと長野電鉄バスの時刻表を便利に調べられるのが有り難い。

 相方が風呂から戻り、8時30分の朝食タイムになったので、食堂へ。

 そばがき、ムツの干物、とろろご飯、味噌汁に美味しいお漬け物などなどの、これまた美味しい朝食。

 部屋に戻ってチェックアウトの支度。というか、おれはもう出来ているので、相方を待つ。

 今日の散策ルート、標高の高いところまでバスで行って歩いて下ってきたいのだが、どっちが標高が高いのか、よく判らない。それによってバスの使い方が変わってくるし、バス停付近に駐車場があるのかどうか不安。

 

 こういう事は宿の人に聞くのが一番!

 ということで、チェックアウトの時に若女将に伺ったら……。

 志賀高原には熊が出る!しかも、我々が歩こうと思っていた「せせらぎコース」は熊が出たので一部閉鎖されていると。

 昨日「琵琶池」周遊の遊歩道で見たものは、やっぱり「熊よけ」だった。

 観光協会としては、熊が出ることを広報して客が減るのを恐れて、「一部工事中」とか言い換えているが、実は、熊が出るのだと。

 キノコ採りとかで熊に襲われる事故の報道を見て「そんな山の中に行くからだ」と冷ややかに思っていたが、現実はそうではなくて、熊がどんどん出てきて人を恐れなくなっている。鈴とかでは逃げないかもしれない。

 観光に来て熊に襲われるのは嫌だし……人間が熊の生息地に足を踏み入れているわけだから、熊にしてみれば人間が悪いってことになるだろう。

 

 ドライブをメインにして、車を駐めて、そのへんをチョコチョコ歩く事に変更。

 寒さ対策とか長時間歩き対策でかなり重装備にしたのだが、ほぼ無駄になった。だけどまあ、事前のリサーチでは判らなかったし……しかも、物凄いドピーカンで、暑いぞ!少なくともまったく寒くない。

 10時にチェックアウト。

 「志賀山温泉渓谷の湯」は、とてもいい宿だと思う。温泉がいいし、食事も美味しいし、館内もキレイだ。是非また来たいけど……トレッキングが出来ないとなると……。

Img_3278

Img_3280

 宿の目の前にはゲレンデがあるが、おれはスキーをしないのでねえ……。

 志賀高原には山ほどホテルがあるけど、ほとんどが「夏期休業」で、閉まっている。通年営業するには、魅力的な温泉や料理を出せないとお客は来ないんだろうなあ。というか、スキー客を収容するには、それなりの数のホテルは必要だし……。

 取りあえず、奥志賀にある「プリンスホテル」へ向かう。レンタカーを借りておいて、よかった。結果として、車がないととても不便だった。ホンダの軽は、頑張って走ってくれるし。けっこうキツい坂道が多いのでLモードを多用。その分ガソリンも食っているけど仕方がない。

 丸池や琵琶池の近くにある「一沼」がとても美しくて写真を撮る人たちがたくさんいたので、寄ってみる。

 フランス絵画の印象派が描くような、美しい風景。カメラマンもいっぱい。風景写真のコンテストを開催中らしい。

 実に美しい。

Img_3282

Img_3283

 で、「一ノ瀬」にやってきたら……。

Img_3285

 木立の中を縫うように伸びている遊歩道は閉鎖されている。

 極めて残念。しかも、無謀な観光客が入ってしまわないように、木道を撤去している。

 残念だが仕方がない。

 その反対方向、「高天原」方向に伸びる遊歩道は、閉鎖されていない。湿地帯を歩くカタチになって、木立もないので趣に乏しいが、歩く。

Img_3287

Img_3288

 10分ほど歩くと、「高天原」到着。大きなゲレンデとホテルがあり、「おそば」「営業中」の看板が。

 お蕎麦を食べたくなって、入る。

 せっかくなので、地元で採れたのであろう、野菜を使った天ぷらの「天ざる」を食べる。相方は温かい「天そば」。

 天ぷらは、抹茶塩が添えてあって美味しかった。

 そば自体は……よく判らない。

 車道を歩いて元の地点に戻る。

 思惑が完全に外れてしまった。歩いている観光客は多いから、危険な場所はごく一部なのかもしれないが……。

 まあここは慎重を期して、離脱。

 「日本一のロープウェイ」が売り物の、竜王ロープウェイに行くことにする。しかしここは、何が日本一なのだ?

 どうもロープウェイのゴンドラが日本でいちばん大きいらしい。

 そして、雲海を望めると。イメージではこんな感じ。

Sora

 しかし今日のようなドピーカンだと、雲海はないだろうねえ。

 Vの字を描いて、一度「中野市」に出てから竜王というか北志賀に向かう。

 一大観光スポットのはずなのに、ロープウェイに至る道は凄く狭い。本当にあるのか?と思っていたら、ところどころに「こっち」という標識がある。

 それを信じてクルマを進めると……ありました!

 ロープウェイのゴンドラは路線バスくらい、イヤそれ以上の客を乗せられる。まあ、デカいゴンドラにあんまり意味はないと思うけど……。

 山頂に着いても、雲海はない。というか、山並みを見渡していると、雲海のことは完全に忘れていた。

 山頂の店で何かを食べることもなく、14時のロープウェイで降りる。

Img_3291

Img_3293

 山頂にこんな看板が。ここにも熊が出るのだろうか?

 この後、「りんごの湯」という立ち寄り温泉に行こうと思ったが、なんだか所要時間がかかりそうなので、まっすぐ長野市に帰ることにする。車を返す前にガソリンを入れなきゃいけないし、駐車場が駅から離れてるし。

 真っ直ぐのルートなら有料道路を使って速く行けたはずだが、カーナビの指示に従っていると、細い裏道をえんえん走らされた。渋滞を避けたルートらしいが、こんな生活道路、走りたくない。路地から子供が飛び出してきそうで、怖いのだ。

 16時の返却時間を過ぎそうなので、その旨を連絡しておいたのだが、ガソリンスタンドを見つけてセルフ給油をして(前の車が物凄くモタモタしていたのを見て学習した)、すぐ近くにあるはずの返却場所駐車場になかなかたどり着けず、同じ場所を2度ほど周回して、16時ジャストに到着!

 バジェットレンタカーの係の人がいたので、その場で返す。

 その係の人の話では、長野市の駅前で熊が歩いているのを発見されたこともあったとか。

 長野市は大都会なのに、熊が出て来るとは……。

 人間を恐れなくなっているというのは本当なのだろう。

 で。

 帰りのバスは18時30分。

 2時間以上時間がある。

 駅ビルに行ってトイレを使い、重い荷物をコインロッカーに放り込み、駅ビルのカフェに入る。

 ソファ席を占拠して、2時間。モーレツにカレーが食いたかったのだが、この店にあるのはハンバーガーとパンケーキ。カレーのようなオッサンの食い物はない。

 ベーコンエッグのパンケーキを食べるが、全部食べきれなかったので、相方にお裾分け。

 クルマに乗りっぱなしで、さほど歩かなかったのだが、久々の運転、それもクネクネした山道をガンガン走ったので、疲れてしまった。

 仕事の話をする絶好のチャンスだったのだが、お互い疲れてしまって、ボンヤリ。

 交互に席を離れてバスの中で食べる弁当を買いに行ったり。

 18時少し前にカフェを出て、コインロッカーから荷物を出して、西武/長鉄バスの乗り場のある「ホテルサンルート」へ。

 しかし道を間違えて、大回りをしてしまった。駅前の道を真っ直ぐ行けばあったのに。

 それでも18時ちょっと過ぎ。18時30分までが長い長い。

 待合室は暑くて長居したくないから、出たり入ったり。

 ようやく5分前にバスが来て、荷物室に荷物を入れたが……席が判らない。ネットで予約する時、3列のバスなので、窓際とその隣を取ったはずなのに、何故か真ん中の席の前と後ろだった。

 そのせいか、まるで落ち着かない。窓際じゃないとダメなんだなあ。しかも、隣のオッサン(おれも立派なオッサンだけど)がずーっとゴソゴソして落ち着きがない。荷物を探って何かを取り出したり仕舞ったり、何かを取り出して食ったり、別のモノを探して食ったり。静かになったと思ったら、寝ていた。

 真ん中の席だと空調の風が来なくてしばらく暑かった。とにかく、落ち着かない。寝ようと思っても妙に眠れないし。

 2箇所の休憩ごとに、長野駅で買った稲荷寿司や軍艦巻きの寿司を食べたり、iPhoneでネットニュースを見たり。

 追い詰められた枝野たちリベラルが、新党結成!

 ユリコの「さらさらない」発言は、アベの「こんな人たち」と並ぶ大失言だと思うぞ。ユリコは「言葉の問題」と意に介さないフリをしているが、利口なユリコだから、内心ではかなり気にしているはず。こういう「風」って、ちょっとしたことで風向きは変わるし。

 しかしまあ、アベは倒したいけどユリコもイヤだ。ウンコかゲロかどっちかを選べと言われてるようにしか思えない。

 相方は「アベはさんざん悪いことをしたけどユリコはまだ悪いことをしてない」と言うけど……。悪いことはしていないかもしれないけど、築地やオリンピックの件では、先延ばしみたいな印象しかないんだけどなあ。

 22時過ぎに、定刻より早く、池袋東口到着。バスの旅は疲れる。これはトシのせいだろうか?

 JR池袋駅まで歩いて、日暮里経由で、帰宅。

 くーたんは出迎えてくれて、逃げるそぶりをしてわざとおれに掴まって、抱っこされると力が抜けてフニャフニャに。

 27度に設定して出発したのだが、部屋の中は暑い!晴天だったから部屋の中はかなり暑くなってしまったかも。でも26度に設定すると寒い可能性もあったからなあ。

 でも、猫は寒いより暑い方がいいから、これでいいか。くーたんは元気そうだから、これでよかったのだろう。

 さあこれで9月の「大吉方月間」は終了したので、仕事に集中しなければ!

 くーたんにご飯を出したり機嫌をとったりして、風呂に入る。

 硫黄泉は好きだけど、マッチ棒みたいな匂いは好きではない。だけど、この臭いはキツいから、しばらく残るんだろうな。

 ゴミ出しをして、留守録のタイマー録音をした「きらクラ!」録音ファイルを確認すると……録音出来ていない!ファイルはあるが、無音。なんだよこれ。mp3で記録すれば録れたはずなのに、タイマーだとダメなのか。

 まったく使い物にならないソフトだ!いっこうに改善されないし。

 明日の再放送を手動で録音しよう……。

 0時45分、就寝。

今朝の体重:計れず

本日の摂取カロリー:2555kcal

本日の消費カロリー:370kcal/9647歩+29kcal(自転車)

« 9月30日/志賀高原散策&お水取り | トップページ | 10月2日/物情騒然の中、粛々とPOPを準備 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/65863620

この記事へのトラックバック一覧です: 10月1日/熊に怯えつつ志賀高原散策〜帰京:

« 9月30日/志賀高原散策&お水取り | トップページ | 10月2日/物情騒然の中、粛々とPOPを準備 »

安達瑶の本

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト