« 10月1日/熊に怯えつつ志賀高原散策〜帰京 | トップページ | 10月3日/POP作って発送準備 »

2017年10月 3日 (火曜日)

10月2日/物情騒然の中、粛々とPOPを準備

 くーたんに起こされて、6時過ぎ起床。

 曇り。

 寝ている間に洗った洗濯物を干す。思ったより大量の洗濯物だった。こんなに一度にきちんと洗えたのかな?

 干していると、志賀高原旅行に穿いていったチノパンの股がスレていて穴が開いているのを発見。う。知らずに穿いていた。

 朝のモロモロを済ませて、2日分の日記を書いてアップ。

 Facebookはきちんとリンクしてくれないのが腹立たしい。

 アサメシは、「山の駅」で買ってきたチーズ入りのパンをスライスしてトーストしたもの。軽くてチーズの風味が利いて、美味しい。こういうものは現地で食べると美味しいけど自宅で食べると全然、という場合が多いけど、これは美味い。

 高校の後輩Aから荷物が届いた。中身はテルミン。かなり以前にキットを買ったら組み立て説明書が全部英語で図解ナシ。おれの手に負えないとしばらく放置していたのをAに渡して組み立ててもらった。飽きるまで使ってイイよという約束。もう飽きたようだから送り返してくれとこの前お願いしたのだ。

 しかしきちんと鳴らすには、付属のものではないACアダプターを買わなければならない。

 ということで、そのまま。

 志賀高原の熊の出没状況を調べる。今年の7月に、志賀高原の、まさにおれたちが散策したかった場所で渓流釣りの人が熊に襲われて重傷を負っている。それと、昨日、志賀高原ではないがキノコ狩りで山に入った老夫婦が車を残したまま行方不明になっている。熊ではなく足を滑らせて転落したのかもしれないが……。

 しかし、閉鎖されていた「せせらぎコース」は本当に美しいところだったようだ。歩けたところは湿原がドーンと広がっていて単調だったが、閉鎖された場所は森の中を縫うように進んで清流や池もある素晴らしいところだったようだ。

 もう歩けないのだろうか?

 なんだか、物凄く惜しい気がする。

 有料ガイドツアーもあるし、ガイドさんを雇うことも出来る。ズブの素人が装備もなしで歩くより、プロのガイドがいたほうが、熊の気配とか判るだろうし、熊に遭遇した時の正しい対処も出来るだろう。

 熊が多い年は、9月が出没のピークらしい。そうでない年は8月。であるならば、6月とか7月なら熊に出くわすこともない?いや、上記の例を考えると、そうでもないか。

 とにかく、プロのガイドさんと一緒に行動するべきだなあ。

 なんか、逃がした魚が本当に惜しい感じ。

 そうこうしていると昼になってしまった。

 最近、炒飯とかラーメンとかカレーとか、高級ではないB級のものが食べたくて仕方がない。それぞれ高級なものではなく、そのへんにあるけど美味しいヤツが食いたい。

 ということで、外出。

 アメ横まで行って、また「珍々軒」でチャーハンを食おうかと思ったが、わざわざ電車に乗っていく気にもなれず、北千住西口の「カンフー・キッチン」でパイコー麺。以前は「濃厚パイコー麺」を食べたが、今回は「醤油味」で。中太麺にして失敗。パイコー麺は細麺が合う感じ。

 そのまま帰宅。

 今日は10月2日。そろそろPOPを作って東京以外の書店さんに発送する準備をしなければ。

 POPは今夜作るが、それ以外の準備をする。

 発送リストを整備して宛名ラベルにプリント。挨拶状も書いてプリント。

 5日から回る書店さんのリストを作成。それと献本リストも作成して徳間担当I氏に送る。

 午後に、光文社T氏と新作について電話で打ち合わせ。

 いろんなプランの長短を話したが、結論は出ず。もう少し考えてみることにする。ここが肝心なので、曖昧に書き出すと、あとから大変なことになるので。

 そんなあれこれをしただけで、疲れてしまった。

 モーレツに眠い。

 ウトウトしながら夕方のニュースを見る。

 ラスベガスでのマシンガン乱射、これはひどすぎる。ホテルの32階から乱射って……死者は50人からもっと増えるだろうと。あまりにもひどい事件で、絶句。 

 枝野さんが新党「立憲民主党」を設立。よかった。これで選挙難民にならなくて済んだ。

 結局、ユリコ新党に行ったのは民進党の保守系と選挙に受かるなら主義主張なんかどうでもいいと思った連中。

 だけどねえ、これで「反アベ」は票が割れてしまう。

 前原は騙されたのか、バカだからユリコの真意を察知出来なかったのか、判っているけどこの選択しかなかったのか?

 まあ、ユリコにしてみれば、「まとまらない民進党」を丸抱えする気は「さらさらない」のだろう。それは判る。判るけど……このタイミングでこのやり方はあまりにもマズかった。

 もしくは、ユリコは前原にきっちり言っておいたのに、前原が民進党の両院議員総会で本当の事を言えなくて曖昧なことを言って誤魔化してしまったのか?

 どっちにしても、前原の政治生命はこれで終わった。前から「如何なものか」と思っていた人物だったけど……。

 そして、ユリコはますます恐ろしい存在になってきたなあ。もしかすると頭の悪いアベの方がまだマシだったりして……そうは思いたくないんだけど。

 そのアベは、物凄く複雑な表情で街頭演説に立っている。選挙なんだからウソでも笑えばいいのに、借金取りに追われた中小企業の社長みたいな深刻な顔で「おれに注目が集まらないのはケシカラン!」みたいなことを言っていた。相変わらずバカだねえ。

 めいめい食事を済ませておこうと相方からメッセージが来たので、食事に出る。

 夕食は、「すた丼」で、「すた丼の炒飯」と餃子3つ。100円割引券を出したらよく判らない理由で使えなかった。期限切れだった?

 コンビニでバタピーを買って帰宅。

 ほどなく相方来訪。

 T氏との電話の内容をかいつまんで伝え、POP作成開始。

 と言っても、おれはまったく頭が働かないので、宛名ラベルを封筒に貼る作業に没頭。地方発送分96枚。

 そのあと、挨拶状を折って入れる。内職だね。

 相方のPOP文案が出来上がったので、相方にも手伝って貰って、終了。明日はこれにプリントしたPOPを入れて封をすれば発送出来る。

 バタピーを食べながらやる。

 相方が買ってきた「オイコス」も食べる。このギリシア・ヨーグルトは美味しいね。

 ああ、実業之日本社の「悪徳探偵4」のプランも送らなければならないのだが……今は手一杯。第1話のプランは固まっているので、取りあえずそれで動き出そうか。

 相方帰り、「報道ステーション」を見る。

 ユリコは、枝野さんの「立憲民主党」を潰しにかかっていると。ひどい話だ。そんなにリベラルが嫌いなのか。ユリコが首相になったら思想弾圧を始めるんじゃないのか?選挙妨害もやったりして……戦前回帰だ。

 選挙だから綺麗事では済まないのは判るが、「反アベ」が大義なら、むしろ立憲民主党と協定を結んで、食い合わない棲み分けを図るべきではないのか?なのに刺客を送るなんて、言語道断。

 共産党以外は潰す気か?

 ますますユリコが危険極まりない人物に思えてきた。

 細野はデクノボー以外のなにものでもないねえ。バカだねえ。

 風呂に入る。

 風呂上がり、汗が引くまでテレビを観る。録画した「のぼせもん」第5回。このドラマの主人公は、小松政夫。その小松政夫の初デート。植木さんやハナさんが寄ってたかって彼の初デートを成功させようとしてくれる。これが泣かせる。人情だねえ。植木さんの心遣いも泣けるけど、ハナさんの「お前は植木屋の付き人だが、クレージーのリーダーはおれだからな!」とよく判らない理屈で軍資金をサラッとくれる。この辺が有り難いじゃないの。ハナさんらしい感じだし、このサラッとした感じが、凄くいい。

 そのあと、「車あるんですけど……」も見る。この番組は隠れた名作だと思うよ。今回は、以前ヒッチハイクしてお世話になった、その「恩返し」で、ヒッチハイクして貰う旅。ヒッチハイカーを探して乗って貰う。この試みは面白い。

 車椅子の、実はその筋では有名な人物を乗せて、「どうして車椅子で日本中をヒッチハイクしているか」というかなり重い話をサラッと聞いて、函館の夜景を堪能。

 素晴らしい回だった。

 くーたんが妙に甘えて、おれの足を枕に寝る。こういうのを見るともう、心から可愛いし、愛しているよ、と思う。

 0時37分、就寝。

今朝の体重:88.75キロ

本日の摂取カロリー:2083kcal

本日の消費カロリー:27kcal/838歩+87kcal(自転車)

« 10月1日/熊に怯えつつ志賀高原散策〜帰京 | トップページ | 10月3日/POP作って発送準備 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/65868141

この記事へのトラックバック一覧です: 10月2日/物情騒然の中、粛々とPOPを準備:

« 10月1日/熊に怯えつつ志賀高原散策〜帰京 | トップページ | 10月3日/POP作って発送準備 »

安達瑶の本

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト