« 10月2日/物情騒然の中、粛々とPOPを準備 | トップページ | 新刊「闇猫・冴子/暗黒調書」本日発売! »

2017年10月 4日 (水曜日)

10月3日/POP作って発送準備

 7時過ぎ起床。

 曇り~晴れ。

 朝のモロモロを済ませて、POPのプリントを開始。アサメシ前に相方分のPOPをプリントして、と思ったら、そのままメシを食うのを忘れて作業に没頭してしまった。

 プリントしている間におれの分のPOPを書いたり、シリーズ3作並び分のPOPを作ったり。

 EPSONのハガキプリンター、8月の「悪徳探偵/忖度したいの」の書店巡りが終わってから修理に出して、今回が修理後初めての使用。ハガキの紙送りが出来なくなったので、その修理をしたのだが、完全に直ったわけではない。時々詰まるので、プリンターの横で監視していないといけない。

 一段落したところで、空腹を感じた。もうお昼前。

 「あひるご飯」というかブランチにする。

 コンビーフ入り卵焼きにご飯、インスタント味噌汁に野沢菜のお漬け物、海苔。

 作業再開。

 プリント出来た分から発送準備。封筒に入れていく。いやもうこれは完全な内職。しかし外注したら相当な費用がかかるんだろうなあ。

 この一連の作業を、NHK-FM「きらクラ!」を聴きながらやる。今回はふかわがお休みで代打でN響の首席ホルン奏者の方がゲストMC。とても美声。

 聴き終えてから、アマゾンで買ったブラームスの「弦楽六十奏曲第1番第2番」を聴く。メニューインたちソロ奏者が集まっての1963~1964年の録音。悪名高いOkazaki氏のリマスターだけど、とてもいい感じに聴けた。演奏も素晴らしいと思う。

 休憩して、というか、プリンターが安定して動き始めたので、録画した「タモリ倶楽部」を見る。船底塗料について。マニアックだねえ。

 プリント済みのPOPが溜まったので、テレビを観ながら封筒に入れる作業。録画した「一から住」とかを見ながら。

 17時ごろ、作業終了。ただプリントして封筒に入れる内職的単純作業なのに、妙に疲れた。

 プリンターも100枚を超した段階で紙送りに支障が出始めた。やっぱり業務用じゃないから作りがヤワなんだよねえ。これはもう騙し騙し使うしかないねえ。

 東京以外の書店さんに郵送する分の準備は完了。

 「5時に夢中!」を見る。「呼びつけをして距離を縮めてみる」実験が面白かった。メイク室でふかわが上田まりえに「まりえはさあ」と呼びつけで話しかけると、上田まりえは目を剥いて本当に驚いた顔になって凍り付いてしまったのがメチャメチャ面白かった。

 ご飯を炊いて自炊するのが急に面倒になったので、メシに出る。

 ずっとカレーが食いたいと思っているのだ。インドカレーとかレストランの英国風カレーじゃない、フツーのカレーが食べたい。しかし、富士そばのカレーはなあ。松屋のカレーも違うし。吉野家?ファミレス?

 考えた末に「ゴーゴーカレー」に行く。ここのカレーだってフツーのカレーじゃないけど。

 カツカレーの並盛りにラッキョを追加。しかしテーブルにある福神漬けがあれば満足だった。

 食べて、帰宅。

 ユリコ新党の「第一次公認」発表。民進党の重鎮が無所属で出る選挙区には対抗馬を立てないが、枝野さんの新党「立憲民主党」が出る選挙区には対抗馬を立てる。ユリコは「立憲なんとか党」と揶揄する呼び方をするし……ユリコとその仲間(民進党から逃げた連中)たちは、そんなにリベラルが嫌いなのか。なんだか夜遅くの駅のプラットフォームにあるゲロを見たような気分。

 ユリコは「反アベ」ではなく「反リベラル」なんだね。

 維新のヤクザ顔のマツイは自民党との連立を口にしたし、ユリコ新党も自民党と連立する気じゃないのか?まあその場合はアベは退陣するんだろうけど。

 そして、どうしても許せないのは、前原が「今の事態は想定内」と言ったこと(←リンク)。

『民進党の前原誠司代表は3日、枝野幸男元官房長官が立憲民主党を旗揚げし、結果的に民進党が希望の党と立憲民主党に分裂したことについて「全てが想定内だ。政権交代可能な状況をつくらないといけない。自分の判断は正しかったと思っている」と強調した。民進党本部で記者団に語った。

 前原氏は「枝野氏とは24年間、全て同じ党で過ごしてきた。初めて別れることになり、残念だ」とも述べた。

 希望の党が第1次公認候補を発表したことに関しては「大変良かった。しっかり二大政党制の一翼として、自公に対峙(たいじ)できる陣容を整えたい」と語った』

 って、なんだこれ。前原が負け惜しみで言ったのではなく「本当に意図して行った」ことなら、前原はウソをついたのだし、仲間を裏切ったことになる。このクソ野郎の本質が露わになったことでもあるけど。

 前原は民主党が与党だった頃から「コイツが足を引っ張っている」という気がしていたのだ。で、今回の「野党第1党が新党に進んで飲み込まれる」強烈な奇策を繰り出した時、「この男にしては凄いことをやり過ぎ」だと思った。本当はユリコに口説かれたんじゃないか?

 この奇策を発表した時、どうせなら真田パパのように「大博打の始まりじゃあ!」くらいのハッタリを利かせて欲しかった。

 しかし、この前原は、身内を裏切って斬り捨てることが「想定内」だったというのだから、かなり酷い。それだけリベラルを嫌っていたのだろう。そこまで「第二保守党」を作りたかったのなら、もっと早い段階で分裂すれば良かったんじゃないのか?いや、そのタイミングを計って、ユリコ新党という格好の獲物が出現したから食いついた、というわけか?しかし逆に飲み込まれてしまって、前原は「策士策に溺れる」を地でいったわけだ。

 ほとほと、このクソ野郎には愛想が尽きた。って、ハナから愛想はなかったんだけど。旧民主党の保守派ってみんな、胡散臭かったもんなあ。モナ男も含めて。しかしモナ男はリベラルみたいな顔をしたりしてカメレオンだったね。今はデクノボーだけど。

 ラスベガスのマシンガン乱射の大量殺戮事件、犯人には「悪魔が取り憑いた」のだろうか?ギャンブル好きな金持ちだったオッサンが突如、マシンガンキラーに変貌したのは何故だ?

 とにかく、こんな形で殺されたり傷つけられたりした人たちには心から哀悼の意を捧げる。知り合いや身内が巻き込まれたら、と思うと、本当に心からの怒りと哀しみに震えてしまう。

 カタルーニャの住民投票を妨害したスペイン政府のやり方はひどすぎる。これはもう、完全な弾圧で、警察を使って投票所を閉鎖させたり運動家に暴行したり捕まえたりするのは、西欧だと思えない暴挙だ。

 それだけスペイン政府はカタルーニャの分離独立を認めない硬い意志があるわけだけど……スコットランド独立運動にも影響を与えるだろうし、北部イタリア独立問題もあるぞ。

 どこも「豊かな地域」が「貧しい地域」を切り捨てたい意識もあるわけで……。

 博多の私立高校の例の事件、教師を暴行して警察に逮捕された生徒の親が「将来ある生徒を逮捕するとは思わなかった」って。この親にしてこの子あり。親がダメだとこうなるという典型じゃないの?まあ、自主退学したんだけど。しかしこの暴行を撮影してSNSにアップした生徒は「面白いから」アップしたんだろうし、この場に居合わせて笑っていた生徒もいた。彼らはどうなの?ほとんど同罪じゃないの?

 世の中、いろいろ腹立たしいことばかりで、嫌になるねえホント。腹が立つので夜中だというのにバタピーやハッピーターンを食ってしまった。


 ニュースを見たくないので、録画した「72時間」を見る。有楽町の交通会館に店開きしている「カッコイイ靴磨き集団」。主眼は、そこに集まるお客さんたち。

 靴は……高いモノは凄く高いし、身だしなみは足元から、と言われるけど、高い靴は買えないし、買っても履いていくところがないし。しかし、これを見ると、良い靴が欲しくなってきた。歩くとコツコツといい足音がする靴がいいなあ。

 風呂に入って、0時過ぎ就寝。

 消灯したら、くーたんがさかんに鳴くので、なにかやったかと思ったら、何もなし。寝るな、遊べ、と言うことだったのか?

今朝の体重:88.85キロ

本日の摂取カロリー:2258kcal

本日の消費カロリー:4kcal/150歩+55kcal(自転車)

« 10月2日/物情騒然の中、粛々とPOPを準備 | トップページ | 新刊「闇猫・冴子/暗黒調書」本日発売! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/65871998

この記事へのトラックバック一覧です: 10月3日/POP作って発送準備:

« 10月2日/物情騒然の中、粛々とPOPを準備 | トップページ | 新刊「闇猫・冴子/暗黒調書」本日発売! »

安達瑶の本

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト