« 10月6日/新刊「暗黒調書」挨拶廻り2日目 | トップページ | 10月8日/船橋でガースーに遭遇して極めて不快 »

2017年10月 8日 (日曜日)

10月7日/新刊「暗黒調書」書店挨拶廻り最終日

 7時過ぎ起床。

 雨~曇り~晴れ。

 ノーベル文学賞ではさっそくコメントを出した首相官邸というか政府だが、反核運動でノーベル平和賞を取ったNGOに対しては無反応。期待した河野太郎はすっかりアベカラーに染まってしまった感じで、失望のひと言。ま、外相という重要閣僚だから「閣内不一致」は出来ないとはいえ。だったら河野太郎は閣僚になって欲しくなかった……いや、この人の本質が露呈したというべきなのか?

 朝のモロモロを済ませて、今日は新刊「暗黒調書」の書店廻りの最終日。成田空港~千葉方面を回る。

 寒い。室温は24度。予報では今日は寒いらしい。暖房を入れる。今期初暖房。

 雨が止むのを待って、11時過ぎに出発。

 JR北千住駅で時間が空いたので、プラットフォームにある立ち食いソバ屋で「舞茸天そば」とおにぎりを食べる。舞茸天そばは美味かった。

 日暮里経由の京成線で成田空港へ。

 この辺が暑いのかもしれないが、空気がムワッとして、気持ち悪い暑さ。湿気が多いのだろう。今日は寒いんじゃなかったっけ?

 少し早いけど、第2ターミナルの「CAFE & DINING N's COURT」でヒルメシ。ここのステーキは2000円もするのでハンバーグとエビフライのプレートに。

 そのあと、第1ターミナルも回って、成田空港を離れる。

 乗り換えを利用して駅構内の書店さんを廻り、船橋。

 こちらでは「暗黒調書」と並んで前作「悪徳探偵 忖度したいの」も並べてくれている。有り難いことだ。

Img_3299

Img_3297

 電車の車内では、おれのようにジャケットを脱いで半袖姿のヒトもチラホラいるが、大半は長袖でかなり暑そうな格好をしている。車内の空調は冷房が入ってるぞ。デブだから暑がりなのは自覚しているけど、こんなに体感温度って違うものか?

 人形町では毎回道に迷う。日比谷線の人形町駅の地上出口に立つと、今どこにいるのか毎回判らなくなるのだ。全然学習しない。

 書店に挨拶したついでに、人形町で夕食でも、と思ったが、疲れが溜まっているのか。腹が減らない。

 北千住に戻って、東武北千住駅構内の東武ブックスを回って、3日間の営業活動は終了。もっと回ったほうがいいように思える書店さんも幾つかあるけど……今回は配本のせいか、いつもの「お得意様の書店さん」に配本されていないケースがままあった。行ったけど本がないのも哀しいので、これで終了。

 しかし、書店に本がなければ、そもそも売れないぞ。

 駅構内のおにぎり屋で、シャケ・ワサビ海苔・明太子のおにぎりと、出汁巻き玉子とあんかけ豆腐団子のおかずを買って、帰宅。

 18時30分から放送の「青空レストラン」に間に合った。山梨のバルサミコ酢。バルサミコ酢って、どう使っていいのか判らなくて放置して傷めてしまったけど、お酢の代わりにいろんな料理に使っていいのね。ケチャップと合わせたソースを作るのは応用範囲が広そうだ。

 19時のニュースの間に風呂に入る。

 サッパリしたところで、買ってきたおにぎりを食いながら、「ブラタモリ」を見る。今回は「黒部ダム」。

 おれは以前、「ざ・だぶる」の取材で関西電力が主催する「黒部発電所見学ツアー」に参加したので、山の中をくり抜いて作った巨大発電所とか、戦前に多くの犠牲者を出しながら作った「高熱隧道」(吉村昭の名著がある)や黒1~黒3までの各発電所を見学して、その凄さを知っている。

 それと、やっぱりダムは環境を損なう。黒4ダムが出来て、黒部川の流量は激減。それは当然、生態系にも大きな影響を与える。

 おれは素朴な疑問として「川の水が減った影響」について関電の広報担当者に質問したら凄く嫌な顔をされたが。

 それと、川が運ぶ栄養分を豊富に含んだ「砂や泥」がダムに溜まってヘドロと化す。海に流れ込んでいれば富山湾の魚を育てる栄養分になるのに、ダムの底でヘドロになってしまう。

 近年、ダムにヘドロが溜まりすぎてダムの貯水量が減ってきたので、ヘドロを流したら流域で悪臭が発生し、富山湾も濁ってしまって大変なことになってしまった。

 こういうのは少しずつ流れるからいいのであって、一気に流してしまうとねえ。しかもヘドロになっているものを。

 こういうの、自然の循環を上手に取り込んで、上手くやれないものかと思う。

 で、「のぼせもん」。

 前回はそうでもなかったが、今回の「シャボン玉ホリデー」のコントの再現、「ラストダンスは私と」が途中で「柔」に変わって植木等がダンサーを次々に投げ飛ばしていくのに影響を受けた女性ダンサーも男性ダンサーを投げ飛ばす、というギャグが不発。どうも画面サイズとか間が悪い。この演出家(毎回同じではないのだろうけど)、やっぱりコントの演出はヘタクソすぎる。これは昔の映像が残ってるんだから、オリジナルをもっと研究して学んでくれよ!

 それと……細かいことだけど、映画の撮影現場の場面で、どうして当時使っていた、「映画のカメラの典型的」なミッチェルNC(日本でコピーした「土井ミッチェル」「精機ミッチェル」もあった)を使わないのかなあ?そのほうが気分も出るのに。映画会社の倉庫に眠ってるだろうに。NHKだって保有してるんじゃないのか?

Rimg0030_r

 ドラマではアリのBLを使っていたけど、あれはシンクロ撮影用だからフィルムを駆動するガラガラ音はしないのよ。

 ドラマとしては岡本喜八の傑作「殺人狂時代」がお蔵入りするという事件がそのまま取り上げられたり、小松政夫の悲恋が描かれたり、なかなかいいのに……。

 そのあとの「逆転人生」も見た。いきなり40億の借金を背負うって、凄すぎるけど、おれでも「相続放棄」とか「自己破産」とか知ってるし、現実にそういうことになったら、借金から逃げる方策を死ぬほど考えるけど……。

 相続したものには借金以外の不動産もあったのでそれを処分して借金は半分の20億になったとはいえ……やっぱり20億も巨額すぎる。しかし居酒屋って当たればデカいのね。ワタミのあの男があんなにデカい態度をとるのが判る気がする。

 妻の稼ぎで遊んでいた男が一家を皆殺しにしてアパートに火をつけた事件、男は妻に別れ話を切り出されていたと。こんな男、棄てられて当然だと思うけど、反省しないで殺しちゃうんだからねえ。頭のネジが狂うとこういうことになるんだねえ……。

 ラスベガスの大量虐殺事件の犯人は資産家だと言われているが、「実はもうカネがなかったんじゃないか。だからヤケになって」という相方の説にナルホドと思った。

 スポーツニュースを少し見て、23時過ぎに就寝。

今朝の体重:88.40キロ

本日の摂取カロリー:2409kcal

本日の消費カロリー:280kcal/8137歩+37kcal(自転車)

« 10月6日/新刊「暗黒調書」挨拶廻り2日目 | トップページ | 10月8日/船橋でガースーに遭遇して極めて不快 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/65888700

この記事へのトラックバック一覧です: 10月7日/新刊「暗黒調書」書店挨拶廻り最終日:

« 10月6日/新刊「暗黒調書」挨拶廻り2日目 | トップページ | 10月8日/船橋でガースーに遭遇して極めて不快 »

安達瑶の本

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト