« 10月7日/新刊「暗黒調書」書店挨拶廻り最終日 | トップページ | 10月9日/プロット直して「マリアンヌ」を見た »

2017年10月 9日 (月曜日)

10月8日/船橋でガースーに遭遇して極めて不快

 7時過ぎ起床。

 曇り~晴れ。

 朝のモロモロを済ませる。

 さて、今日はどうしようか。ケジメをつけて、新刊「暗黒調書」の書店廻りは終了して、光文社文庫の新作プロットを完成させようか、それとも気になっている書店さんには行って、後顧の憂いをなくしておくべきか。

 いやしかし……それをやり始めたらキリがない。日本中の書店さんは回れないんだし。

 今日は晴れてくるが明日は崩れるとの予報なので、洗濯機を3回回し、タオルケットを含む大量の洗濯をして、干す。物干しのスペースが足りないので、先に干したTシャツが乾いているので、それを取り込んで代わりにタオルケットを干したり。

 家事をしていると11時を過ぎた。

 ブランチは、ダブルソフトのトーストを2枚にスクランブル・エッグにベーコン。このベーコン、ホテルのブッフェで出るような「カリカリ焼き」にしてみようと、グリルを低温にしてじっくり火を通したのだが、カリカリにならない。かと言って高温で焼くとダメ。どうしたものかのう。

 調べてみたら、電子レンジを使って簡単にできるらしい。レンジだったのか!盲点だった!総合的な作り方の解説サイト(←リンク)を見つけた。今度やってみよう。

 と……便意を催したくーたんがウロウロしていると思ったら、ベッドの足元でやり始めた。便秘になる方が怖いから叱らなかったが、ベッド廻りでウンコをするのは止めて欲しいなあ。キッチンの隅っこなら黙認してきたけど。

 まあ、くーたんも考えた末の行動なのだ。キッチンでおれがいろいろやっていたから、くーたんなりに「邪魔にならないように」場所を選んだんだろうけど……。

 処理をしながら「ここでは止めてね」と何度もお願いする。

 そのあと、くーたんがずっと気を引くように鳴いていたが無視していると、拗ねてしまった。猫はいろいろデリケートじゃのう。

 テレビをつけると日本記者クラブでの「党首討論」をやっていて、志位さんがアベに「臨時国会の冒頭解散は許されない」と激しく詰め寄ったが、アベはのらりくらりとアタマの悪い言い訳をし始めたので不快になってテレビを切った。しかしみておけばよかったと後悔。あとからのニュースでは、このくだりはどこも放送してくれなかったから。しかしアベの顔にも声にも出来れば触れたくないのだ。嫌悪感の塊。ユリコはまだそこまで行っていない。アベとほぼ同じ嫌悪感を感じるのは「日本のこころ」代表のあのオッサン。

 14時を回り、NHK-FM「きらクラ!」の時間。録音ソフトは自動的に起動して録音を開始したが……。

 昨日お邪魔した船橋の書店さんに、「闇猫・冴子」シリーズ3作そろい踏みのPOPを渡していなかった(ここに来るまでに手持ちを使ってしまった)。せっかくきちんとPOPを使ってくれてよくしてくれる書店さんなのに、と思うと、やっぱりもう一度行って手渡ししておこう。

 ということで、外出。

 京成線で船橋へ。

 途中、中国人のグループが乗ってきたが、彼らがうるさい。大きな声で捲し立てる。ここは上海の往来じゃないんだぞ!と言いたいけど言えない。席では立っている人が多いのに席の間隔を開けてゆったり座っている中国人母子(バアさんとおばさん)も。

 まあ、留学生とか高学歴な中国人は電車の中で大声で話さないし、席も詰めて座るし、日本人社会のマナーに反しないから、「だから中国人は」とは言わない。

 京成船橋で下車して、書店さんへ。文庫売り場のU氏がレジにいたので直接手渡せた。

 ミッション・コンプリート。

 せっかく船橋まで来たんだから、京成船橋とJR船橋を繋ぐビルの地下にある肉と魚を出す店で遅いヒルメシを食うか、と駅前通りを歩き出すと……。

 聞き覚えのある声が響いてきた。どうも自民党の誰かの街頭演説らしい。ここんとこ千葉方面を極秘に攻めているアベではない。もっとマトモな、彼ら的には論理的でキチッとした事を喋っているのは……。

 後ろを歩いていた若者が「ノボリに『カン』って書いてあるけど」

「菅直人が来てるんじゃねえの?」

 と言ってたが、菅は菅でも内閣官房長官のガースーだ!

 横断歩道を渡って駅前広場に近づくと、警備がスゴイ。私服の公安がびっしりいる。まさに厳戒態勢。

 歩いている時から聞こえていた演説の内容は、自民党的には理路整然としているが、その中身は、反論したくてムズムズすることばかり。それを我慢していたら気持ちが悪くなってきて吐き気がマジでしてきた。

 ガースーは、「民主党政権時代に日米関係はズタズタになった」と言うけれど、そりゃアメリカの言いなりにならずに日本の主張、特に安全保障関係の、沖縄の基地問題を正面切って持ち出せば、アメリカだって身構える。それは当然。だけど、アメリカと常に「ニコニコな友好状態」にある国なんて、ない。「特別な関係」にある英国だって時にはアメリカとぶつかるし、ドイツとはけっこう緊張関係にある。フランスは「アメリカに追従しない」のがほとんど国是だからけっこう緊張関係にある。日本みたいに、アメリカに尻尾を振っているのが「正常な状態」だと思っている国は、ない。その日本だって、過去にはアメリカ様とかなりの緊張関係に陥ったことは何度もある。それも自民党政権の時に。主として貿易摩擦だが。繊維、自動車、電子機器……橋本龍太郎とアメリカ通商代表が激しくやり合って、アメリカ側から送られた刀の先を自分の喉元に突き付けた橋本龍太郎のパフォーマンスは有名だ。

 大統領と仲よくしてアメリカの言うことを聞いていれば、そりゃ「安定した友好関係」だろうよ。だから日本はアメリカの言いなりなんじゃないか。

 日本は西側(もうこの感覚も古いか)なんだから、アメリカと友好関係にあり同盟関係にある。その上でお互いの主張が違う問題ではぶつかる。時には緊張関係になる。それが普通のあり方。

 なのにガースーは……。

 こういう事を書くと、バカに「極左」認定されてしまうんだろうな。最近この言葉を覚えたバカ(素人から評論家まで)が、自分より左の考え方を持つ人物をすべて「極左」認定しているが、実に滑稽。お前ら、「極左」の意味を知ってるのか?

 そんなこんなで非常に不愉快になったまま、地下の店に逃げ込む。幸いここならガースーの声は届かない。

 いろいろ考えた末に、「海鮮揚げ物盛り合わせ定食」にグラスビールを頼む。

 久々のビールで、二口飲んだだけで酔っぱらい、エビフライにカニクリームコロッケに牡蠣フライにイカフライを食べた時点で、胃もたれしてきて、もう食えない。おれとしたことが、最後のメンチカツを残してしまった。まあ、量が多かったんだけど。

 これも、あのガースーの演説のせいだ。

  店を出ると、幸い、ガースーは去っていたようだ。

 京成線で帰る。

 千住大橋のポンテポルタの「ライフ」でトイレットペーパーやキッチンペーパーなどを買って、17時ごろに帰宅。

 「笑点」を見て、「車あるんですけど…」を見ようとしたら特番で休み。その次の「一から住」も特番で休み。

 特番なんか見たくない!いつもの番組をやってくれ!

 「バンキシャ」で観光列車の裏側を探るというので見ていたら、要するに、新造車両ではなく中古車両を改造して、ということ。台車以外はほとんど新造だよね。しかし、高級列車にはあんまり乗りたくない。飛び抜けてチケットが高いし、要するに車中でメシを食うだけでしょ?

 ゆったりして高級感を味わうなら、船の方がずっといい。列車はやっぱり狭いよ。

 タオルケットを仕舞い、毛布も仕舞って、夏布団を出す。毛布では朝方寒いので。だけど寝る時は夏布団じゃ暑いのよね。

 「鉄腕ダッシュ」を見ていたら相方から電話が入り、しばし話す。

 

 電話のあと、熱い御茶を淹れて「ライフ」で買ってきた海苔巻を食う。これが夕食。

 そのあと風呂に入り、ゴミ出しをして、「行列の出来る法律相談所SP」を見る。片岡安祐美や鷲尾春果の怒りは当然だと思うなあ。

 23時30分、就寝。

今朝の体重:88.70キロ

本日の摂取カロリー:2478kcal

本日の消費カロリー:89kcal/2620歩+27kcal(自転車)

« 10月7日/新刊「暗黒調書」書店挨拶廻り最終日 | トップページ | 10月9日/プロット直して「マリアンヌ」を見た »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/65892966

この記事へのトラックバック一覧です: 10月8日/船橋でガースーに遭遇して極めて不快:

« 10月7日/新刊「暗黒調書」書店挨拶廻り最終日 | トップページ | 10月9日/プロット直して「マリアンヌ」を見た »

安達瑶の本

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト