« 10月8日/船橋でガースーに遭遇して極めて不快 | トップページ | 10月10日/仕事して、夜は徳間「暗黒調書」の打ち上げでホルモン焼き三昧 »

2017年10月10日 (火曜日)

10月9日/プロット直して「マリアンヌ」を見た

 7時過ぎ起床。

 起きる前にベッドでiPhoneを見ていると、目がダメ。午後になるまでボンヤリしてしまう。判っちゃいるけど、ついつい見てしまう。

 晴れ。

 今年は夏は雨続きで、夏が終わったらこんな晴天になる。まあ、秋晴れだけど、暑くなりそう。

 せっかくなのでバスタオルなどを洗濯する。

 それと並行して、朝のモロモロを済ませる。

 ガースーの動静を調べて、昨日本当に船橋で街頭演説をしたのかウラを取りたかったが、アベ以外の動静は出てこなかった。でも、「菅」のノボリはあったり、あの声とあの内容だからガースーに間違いないだろう。

 洗濯出来たので、干す。

 アサメシは、ダブルソフトのトーストにスクランブルエッグ。それと、カリカリベーコンに挑戦してみる。

 ベーコンをキッチンペーパーで挟んで電子レンジで1分。裏返して1分30秒。

 出来上がったモノは、期待したモノとは大きく違う。香ばしくもないし。やっぱり火を使わないと。オーブントースターでもいいかも。しかしレンジはダメだ。

 やっと録音に成功した「きらクラ!」を聴きながら、10日分溜まった新聞に目を通す。

 斜め読みだが分量が多いので、1週間分読むと、ヘトヘト。

 デスクに戻って続きを聴きながらメールを書いたり整理したりしていると、2時間が過ぎた。

 仕事開始。

 光文社文庫新作のプロットを書き直す。相方と担当T氏の意見も取り入れる。

 今夜、相方と打ち合わせをするので、その叩き台が出来た。

 しかし……ノラない。休みボケか。

 カツを入れるために、久々に「シン・ゴジラ」を見る。

 今の状況は、「日本を荒らすゴジラみたいな政治家」がオール怪獣総進撃みたいな感じで暴れている。どうしてもそう感じてしまって、見ていて泣けてくる。比喩表現ではなくて、マジに情けなくて涙が出てしまう。

 そして……何度聞いても伊福部昭の「宇宙大戦争マーチ」は凄い。トランペットがヨレヨレなんだけど、悲壮感が漂って、しかもふしぎな高揚感もあって、決死の大決戦に向かう人たちの心情がそのまんま表現されている感じがして……凄い。それは、この録音でなければ出せない何かがあるのだ。同じメロディが繰り返されて高揚していくのはラヴェルの「ボレロ」も同様だが、狂ったように連打されるピアノが白熱していて凄まじい。

 やっぱりこの録音のみが表現しているものがあるのだなあ。

 仕事に戻る。

 プロットの大きな直しは出来なかったが、登場人物のキャラ設定は前進した。

 15時過ぎに、遅いヒルメシを食べに出る。

 迷った末に、吉野家で牛丼並。

 帰宅して夕方のニュースを見たり、ネットでニュースを見たり。

 6月に東名高速で起きた事故、福岡在住のクソバカ男が発狂して自分を注意した夫婦の車を追いかけ回して追い越し車線で停止させて夫婦の夫の胸ぐらを掴んでいたらトラックが追突して夫婦は死亡、車内にいた姉妹は重傷。こんなクソキチガイ男は重罪に処するべきだ。逃げればよかったとか言うことを書くヤツもいるけど、こんなキチガイにロックオンされたら、どこまでも執念深くついてくるぞ。「激突!」のあのトラックみたいに。なんせコイツは真性のキチガイだから。じゃなければ追い越し車線で停めたりしない。

 最近、こんなキチガイ・ドライバーが増えているらしい。それを知ると、高速道路を走るのが怖くなる……。

 と、外出して書店廻りも済ませた相方から電話。

 モスバーガーに急行。

 期間限定の「秩父わらじカツバーガー」を食べつつ、打ち合わせ。書いたものをiPadに入れて、相方に読んで貰う。

 そのあとウチに移動して、wowowで録った映画「マリアンヌ」を見る。レジスタンスで一緒に戦ったマリアンヌと結婚したカナダの軍人。しかし彼女にはスパイの嫌疑が……。

 監督はゼメキスだから、二転三転の波瀾万丈の物語が展開されるのかと思ったら……実にストレートな作りで、ドンデン返しとか、そういうケレンのあるプロットではなかった。

 しかしねえ……夫が妻に疑心暗鬼になって、その気持ちが深まって混乱するとか、妻の怪しげな行動とか、妻がスパイだったと割れてから、その状況を利用してひっくり返すとか、そういう話を期待するし、おれがならそういう話を必死になって考えるなあ。

 夫婦愛を歌いあげた、という方向にもっていくなら、もっといろいろやれただろうし……。

 映画としては非常にキッチリ作られていて、その意味ではゼメキスの円熟というか巨匠風の風格ある演出は楽しめたし、ブラッド・ピットもマリオン・コティヤールもいいし、アラン・シルヴェストリの音楽もいいんだけど……。

 すべてが正攻法で、正攻法なまま、オーソドックスのど真ん中を愚直に突き進んだ映画、という感じがして……。

 これが1950年代の映画なら、そのまま見たんだけど、今は2017年だからねえ。

 ゼメキスだからと、妙な期待を勝手にしたおれが悪いのかもしれないけど。作家は成長するんだから、ゼメキスだって、いつまでも「バック・トゥ・ザ・フューチャー」みたいなタッチを期待されても迷惑だろうし……。

 相方はしごく満足していたけれど。

 相方帰り、風呂に入り、23時のニュースを見たりして(TBSでえんえんと党首討論をやっていたが、アベと小池を対決させようというのがミエミエでシラケた)、0時就寝。

今朝の体重:89.00キロ

本日の摂取カロリー:2616kcal

本日の消費カロリー:21kcal/575歩+64kcal(自転車)

« 10月8日/船橋でガースーに遭遇して極めて不快 | トップページ | 10月10日/仕事して、夜は徳間「暗黒調書」の打ち上げでホルモン焼き三昧 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/65898917

この記事へのトラックバック一覧です: 10月9日/プロット直して「マリアンヌ」を見た:

« 10月8日/船橋でガースーに遭遇して極めて不快 | トップページ | 10月10日/仕事して、夜は徳間「暗黒調書」の打ち上げでホルモン焼き三昧 »

安達瑶の本

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト