« 2017年5月21日 - 2017年5月27日 | トップページ | 2017年6月4日 - 2017年6月10日 »

2017年5月28日 - 2017年6月3日

2017年6月 3日 (土曜日)

6月2日/鳴呼、愛機iMacが死の淵に

 8時起床。

 快晴。洗濯物を干す。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシは、ご飯、目玉焼き、ハム&マヨネーズに少し残っていた明太子。

 仕事を開始するが、なかなかスイッチが入らず。昨日、午後にスイッチが入って結構やれたので、油断したか。

 エクレアを食って、なんとか進める。

 遅めのヒルメシは、あまり腹が減らず、イングリッシュマフィンにバターとマーマレード、それにアイスコーヒー。

 なんとかスイッチが入って、バリバリ進み始めたときに……好事魔多しと言うべきか……思いがけないことが起きた。

 愛機iMacが、何をするにも動作が極めて遅くなってきたのだ。漢字変換すると風車みたいなのがくるくる回る。

 ちょっとそれが度を過ぎて重いので、再起動をかけるが、好転せず。普通は再起動すればよくなるのに。

 ここんとこやっていなかった「セーフモード」で再起動してみるが、その再起動に至るまでが超スローモー。まるで反応が遅い。しかも、ソフトが悪さをして支障が出ていても、「セーフモード」ならばだいたいにおいて普通の反応を示すが、今回は「セーフモード」でも極めて重い。

 これじゃ仕事にならない!

 ここはiMacの復旧を優先させた方がいい。

 TechToolProをなんとか起動させるが、本格的にメンテするには起動ディスク以外から起動させた方がいい。

 この再起動にもエラく時間がかかる。

 やっとこさ起動させてメンテすると、ハード的に問題は見つからなかったし、ソフト的にも問題はない。

 じゃあ、どうして?

 しかしこの状態は、内蔵HDDに問題があるような症状なんだけど……。

 滅多に使わないが、「アップル・ハードウェア・テスト」をやってみる。これも再起動にエラく時間がかかる。

 結果は、問題ナシ。

 iPadでいろいろ調べると、「システム管理コントローラ」に問題がありそう。これを解決するには電源を落としてコンセントを抜いて15秒待ち、接続し直して5秒して起動させる。

 しかし……それでも症状は同じ。というか、どんどん悪化していく。

 マックは人間臭い、と以前はよく言われた。人間みたいに機嫌を損ねると。おれもその経験は山ほど積んでいるが、OSXになってからは改心したようにまっとうになった。気分屋的なところがなくなった。しかし……。

 今のiMacは、脳梗塞をやってその後遺症で日常生活に支障を来してしまった人のような感じ。というか、認知症になってしまったというか……。

 その感じが、とても恐ろしくて、iMacが可哀想で……。

 iMacが機械に思えなくて、人間的に、気の毒になってしまった。

 なんとか救えないか、治療できないか。

 これはもう、OSの再インストールしかない。それでダメだったら……おれの手には負えない。

 で、「OS復元モード」で再起動させようとしたが、それが全然出来ない。

 症状はどんどん悪化するばかり。

 この間、書きかけの原稿ファイルを吸い出して、iPadで引き継いで仕事をしながら、iMacのメンテをしていたのだが、iPadで長文は書けない。外部キーボードを使っても、細かな編集がし難いので、どうにも使い勝手が悪すぎる。慣れた人なら問題ないのかもしれないが、おれにはダメだ。プロットや章割りのようなメモ程度のものなら書けるが、相方の下書きを編集したり推敲したりしながら書き進めるのは、無理。

 もっと早い段階で決断していれば、AppleStoreかヨドバシかに新しいMacを買いに行けたのだが……もう夜。

 原稿は進まないし、iMacは悪化するばかりで、泣きたい気分。

 今住んでいる部屋に越してきて買い換えて、喜びも悲しみもともに分け合ってきた、戦友のようなiMacが病魔に倒れて、どんどん悪くなっていく。親友のおれには為す術もない。

 なんだか頭が半分もがれてしまったような悲しみと恐怖を感じて、食欲もなく、体温も下がってエアコンの冷気が寒い。

 気がつくと、もう22時。さすがに腹も減って、引き出しにあったレトルトカレーを温めて、NHK「ツバキ文具店」を見ながら食べたが、美味くないし、最終回の「ツバキ文具店」も頭に入ってこない。まあ、録画したからあとから見直そう。

 iPadで仕事をするのは諦めて、息も絶え絶え状態のiMacを経由して書きかけの原稿をUSBメモリーに移して、快楽亭の録音専用にしか使っていない、古い古い、今やヴィンテージのPowerBookG4を起動させて、書く。

 この方が細かな編集が出来るので、仕事はなんとか進んだが……。

 もう、iMacは絶望的だ。明日、新しいMacを買いに行くしかない。しかし、iMacに入っているあれこれは無事なのだろうか?バックアップは取ってあるし、進行中のファイルは吸い出してあるとは言え……。

 不安で不安で堪らない。それと、こんな形でiMacとお別れになるという悲しみもあるし。

 ずっとiMacに貼り付いていたので、猫のくーたんが執拗に鳴き続ける。少しは相手をしろと言っているのが判る。それは判るんだけど……今は瀕死のiMacと、仕事のことで頭がいっぱい。

 悲しげに鳴いてふて寝してしまったくーたんも可哀想なんだけど。

 iMacはもう諦めて電源を落とし、ヴィンテージのPowerBookG4を駆使して2時近くまで仕事をして、深夜にゴミ出し。

 近年感じたことのない「不安」に苛まれてしまった。しかし、なんだろうね、この感情は。おれにとって、iMacは仕事の道具というかパソコン以上の「頼れるヤツ」だったのだ。

 現実的に考えねば。

 新しいMacは、以前から欲しかったノートにするか。iMacは修理に出すから、タイプの違うMacの方が使い勝手がいいだろう。しかし、iMacは修理が利かないかもしれない。その場合は新しいノートをメインマシンとして使うしかない……。

 しかしノートは高いんだよなあ。ノートとして使う場合を考えると小さい方が便利だし……。すべての条件を満たすMacは存在しない……。

 今夜はもう止めよう、と2時直前に就寝。

 あれほどアツくて寝苦しかったのに、今夜はエアコンを切って寝た。

今朝の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:1330kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

2017年6月 2日 (金曜日)

6月1日/夕方にやっと仕事のスイッチが入って……

 まずはじめに。

 週刊新潮6月8日号は、ただいま発売中です!

 文春砲との対決をはじめ、いろんな記事が目白押しですが、安達の「黒い報告書」も掲載されております。是非、お読みください。

1955_l

 8時起床。

 寒いと思ったらキッチンのエアコンが回りっぱなしだった。タイマーで切ったはずなのに……。よく見たら、タイマーの「入り時間」を設定していたのでした。

 曇り。予報では雨だが、上がった感じで、以後、足立区千住方面では降雨なし。都心ではピンポイント豪雨があったようだけど。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはコーンフレークにダブルソフトのバタートースト、ハムエッグ、コーヒー。

 仕事を開始するが、昨日頑張ったのとテニスの疲れが出て、なかなか集中出来ない。

 Facebookで杉江松恋さんと「小林信彦はスゴイ!」という書き込み対話をしばらくしてしまったせいもある。

 思えば……子供の頃から映画好きで8ミリも回していたけど、思春期以降の「心の師匠」は小林さんだった。強い影響を受けてヒッチコックとワイルダーと日活アクションを追いかけたし、作品も大好きになった。

 そしてもちろん、小林さんの小説の大ファンにもなった。「オヨヨ」シリーズから「唐獅子」シリーズ、そして純文学まで、ほとんど全部読んだ。

 創作と評論を両立させるのはなかなか難しいと思うが、小林さんはそれを成し遂げた希有な人だと思っている。

 氏がキネ旬に連載したエッセイが「われわれはなぜ映画館にいるのか」(晶文社)という単行本になって、特に熟読した。この本は本当に素晴らしい名著で、氏の手掛けた映画に関する優れた分析や評論がこれでもかと収録されていて、一篇の無駄もない。

 キネ旬連載の「架空シネマテーク」も素晴らしいが、昔書いた「活劇の発想」という文章は、特に素晴らしい。映画「ナバロンの要塞」を分析しているのだが、構造から解き明かして演出の機微にまで言及する。その明解で鋭い文章は、映画評論の極めて優れたお手本だ。

 この分析は実践的にもとても勉強になるもので、傑作アクション映画の面白さの神髄を解き明かしている。

 小林さんの映画に関する文章は、映画への愛に満ちていて、鋭く、明解で、読んでいてとても気持ちがいい。クソみたいな屁理屈は使わない。自分勝手な解釈をしない。平易な表現で本質をズバリと突く。その凄さ。

 だから……晩年になっての衰えが、悲しい。お年だから無理もないのだが。

 日本に優れた喜劇を!と叫び続けてきた小林さんだから、優れた喜劇を作り続けている三谷幸喜を高く評価していると思ったら、そうでもない。むしろ無視している時期が長かった。

 これは、三谷幸喜の作品に対する評価ではなく、三谷幸喜がフジテレビの企画でビリー・ワイルダーに会いに行った「サイテーの出来のひどい番組」に腹を立てたのではないか?と勝手に想像している。神様ワイルダーに会えるというのに、あのグダグダぶりはなんだ!見ているおれもその余りのグダグダぶりに腹が立ったのだから、小林さんは激怒したのではないか?

 その後、優れた舞台を作り続けている三谷幸喜への感情は和らいだように見えるが……。

 そんなことをあれこれ考えてしまった。

 祥伝社担当O氏に、献本リストを送る。今回は少し整理した。

 

 新刊書店廻り、今回は安達的には「上下巻同時刊行」というエポックメイキングな超大作なので、大阪にも行こうか、と考えている。売り上げも大阪は好調だし。

 一泊すると次の仕事に差し障りが出るので、日帰り。朝一のジェットスターで関空に入り、ミナミとキタ、天王寺などを回って、新大阪から新幹線で帰ってくる。

 前回は雨に降られて難波と梅田で道に迷ってさんざんな目に遭ってしまった。やっと到達した書店さんが閉店していたりして。

 しかし、大阪が有り難いのはキタとミナミでかなりまとまっているところ。効率よく回れる。

 「新・悪漢刑事/洋上の饗宴」は勝負作だから、出来ることはなんでもやっておこう。

 今日は6月1日。1日と15日はお稲荷さんにお参りに行くことにしているので、外出。

 お酒をお供えして、立ち食いの天ぷらそばとオニギリを食って、買い物をして、帰宅。

 夕方になって、やっと疲れが癒えはじめ、仕事をするパワーも出てきた。

 

 「5時に夢中!」を見てから、仕事を本格的にスタートさせる。

 そうなると、メシが面倒くさい。出前でもとろうかと思ったが、スーパーでアジフライとコロッケを買ってきたのを思いだした。

 ご飯を炊くが、炊きあがるまで仕事。

 夕食は、卵かけご飯にアジフライ、コロッケにキャベツの千切り、具だくさんのインスタント味噌汁、キュウリの漬け物にきんぴらゴボウ。

 食後、録画した「笑ってコラえて」の後半を見る。

 

 仕事再開。

 42枚までOKにして、相方に送る。いつもは73枚がリミットでそれに収まるように書いているのだが、最終回は文庫書き下ろしなので枚数制限がない。42枚まで来て、まだ「序」なので、どれくらいにまで膨らむか……。

 「報道ステーション」で、前川前文科省事務次官の単独インタビューを放送していた。これを聞く限り、前川さんはとてもまっとうな人物で、その考え方も正しいとしか思えない。
 印象に残ったのは「私の座右の銘は『面従腹背』なんです」という言葉。官僚なら、そういうことになるのか。
 そのあとに流れたアベ首相がニッポン放送の番組で喋った内容は、噴飯物。自分に刃向かうモノは「抵抗勢力」なんですと。ガキがワガママを言ってそれを叱る親を「抵抗勢力」と言ってるのと同じ。この男の幼稚さがますます浮き彫りになった。
 アメリカの大統領と日本の首相。これが目下、ナントカ(自主規制)の双璧なのは間違いない。

 風呂に入る。

 テレビをまたつけると「報道ステーション」のスポーツコーナー。楽天の則本が日本新記録。7試合連続の二桁奪三振でチームも首位をキープ。今年の楽天、どうしちゃったの?

 「アメトーク」の「じゃない方芸人」の相方の立て方にプロの根性を見た。さりげなく引く、その技がプロだ。そして、コンビ愛。

 0時57分、就寝。

 今夜は暑くて目が覚めてしばらく眠れない、ということはなく、熟睡。

今朝の体重:89.75キロ

本日の摂取カロリー:2985kcal

本日の消費カロリー:28kcal/815歩+55kcal(自転車)

2017年6月 1日 (木曜日)

5月31日/やっとスイッチが入って仕事ノリノリ。そしてテニスして内輪のお疲れ会

 丑三つ時にすごく暑さを感じるのは何故?

 扇風機を回して、二度寝して、8時前起床。

 寝ている間に洗濯したものを干し、朝のモロモロを済ませる。

 吉野家が朝の定食メニューをガラッと変えてしまって失望していたのだが、好きだったハムエッグ定食がやっと復活。

 気になっていたので食べに行く。

 せっかくなのでWハムエッグ定食にしてみるが、Wなのは目玉焼きだけ。ハムは増量されない。

 松屋のソーセージエッグ定食の方がコスパはいいのだが、朝からソーセージというのは、ちと重い。ハムエッグが理想。これにお新香を付ければいいのかな。

 俺の行った店は朝の時間帯、「ワンマンオペレーション」で、食材の配達があったり持ち帰りの注文が入ったり、店内の注文をこなしたり代金を受け取ったり、大変そう。

 帰宅して、仕事開始。

 今日も進まないとヤバイな、と思ったら、あにはからんや、突然スイッチが入って、グイグイ進むじゃないの。

 というか、相方の下書きがかなり書き込まれているので、適度に整形するだけでいい感じ。いやしかし、もっとギャグを放り込めたり整理出来たりする余地はあるはず。

 と。

 祥伝社のS編集長から電話。再校のあとの「青焼き」いや、今は「白焼き」か、とにかくその段階なのだが、2箇所疑問点があると。行数は変えられないので、単純カットではなく違う言葉で埋めて、なんとか解決。

 遅めのヒルメシは、コンビニで買ったお握りセットとエースコックの担々麺。この担々麺はカップ麺のくせに本格的な担々麺が味わえる。

 仕事再開。

 16時過ぎまでやる。35枚。予定の半分を超えたが、まだ「ざっとやった」段階。

 冷房病っぽいので汗をかかねば。

 ということで、仕事のスイッチが入って波に乗ってはいるが、テニスへ。

 レッスンはまあまあ。しかしボレーからスマッシュ、がうまく打てない。どうしても横向きになれないので力があるボールが打てない。課題は判ってるんだけどなあ……。

 試合はまあまあ。しかし最初は入っていたサーブがだんだん入らなくなってきた……。

 今夜はプールは省略して、風呂。露天風呂でテニス仲間のM氏に「しまなみ海道自転車走破」について聞く。我々も行きたいのだが、全行程を自転車で走り抜ける自信がなくなっていたのだ。話を聞くと、自転車で走りたくなってきた。

 メシを食わず、北千住へ戻る。

 「鶴亀飯店」の半額チケットが使える最終日なので、相方と行く約束をしているのだ。脱稿お疲れもやっていないし。

 相方より早く20時42分に店に入る。

 で、10分後に相方到着。ビールとウーロン茶で乾杯。

 鶏皮のピリ辛炒め、ポークのガーリック焼き、海老チリ、春巻、棒餃子、レバニラ炒めをシェアして、おれは半ライスにお汁。もう1品食べたような気がするが、忘れた。

 いろいろ喋って、2時間ほど。

 帰宅したら「報道ステーション」はスポーツコーナーになっていた。しかし今年の楽天は強いなあ!マー君のようなスーパースターが抜けた代わりを埋めて余りある選手層。凄い。阪神も勝って、めでたい。錦織も勝ったし。

 録画してあった「笑ってコラえて!」を見る。「月曜から夜ふかし」とか、町の面白い素人さんを丹念に拾う番組が一番面白いなあ。拾い方といじり方がうまいからなんだけど。他局の場合、妙に上から目線だったり下手に出過ぎたりしていまいちダメなのだ。この手の番組は、目下、日テレとテレ東の独壇場。テレ東の方が人生の断片を見せて、ちょっとまじめな感じだけど。

 「1年間帰れませんの旅」の途中まで見て、0時46分、就寝。

今朝の体重:89.75キロ

本日の摂取カロリー:3155kcal

本日の消費カロリー:153kcal/4037歩+65kcal(自転車)+702kcal(テニス)

2017年5月31日 (水曜日)

5月30日/まあ、そんなに急には疲れは取れないよねえ

 7時40分ごろ起床。

 快晴。暑くなりそうだけど風は爽やかで、今日も気持ちのいい天気。

 朝のモロモロを済ませて、デスク周りの整理。「新・悪漢刑事/洋上の饗宴」の参考資料を整理して、集めた資料は保存して参考文献は本棚へ。本棚も本が溢れてきて収納不能になってきた。また思い切って整理するかな……。

 アサメシはダブルソフトのバタートーストにイングリッシュマフィンをバターとマーマレードで。ゆで卵とハム&マヨネーズ、コーヒー。

 アマゾンで買ったバターケースと「ふわふわバターナイフ」を使ってみる。バターナイフにギザギザがついていて硬いバターを細くこそげ取る感じ。細くなったバターはトーストしたパンの熱で溶けやすいはず……。

 理屈はそうだけど、実際は、そうでもない。これなら昔の給食に出てきた小分けしたバターの方が溶けやすい感じ。しかしまあ、買ってしまったから使い続けよう。手の熱が効率よく伝わってバターを溶かすバターナイフの方がいいかも。

 仕事開始。「悪徳探偵シーズン3」の最終回。相方から詳細な下書きが来ていて、おれはそれを整理加筆すればいいのだが……。

 なかなか頭に入ってこない。打ち合わせして、事前にメモも読んでいるのに、やっぱり自分で発想したものではないので、「取り込む」には時間がかかる。

 それと……やっぱり疲れがどうしても残っている。

 脱稿したら疲れは吹き飛んで元気百倍になったのは昔の話。という感じ……。というか、最近は前作も前々作も、終盤の追い込みで相当根を詰めてシンドイ思いをしたからなあ……。

 それでもMacに向かっていればスイッチが入って進むだろう。

 そう思ってMacに向かい続けるが……何度もオチる。

 〆切は6月1日だが、相方に戻すことを考えると、時間が足りない。実業之日本社担当のF氏に、週明けまで時間の猶予を戴くお願いをする。

 「家売るオンナ」に登場した「鄙びた海辺の町」は三浦市の金田漁港周辺らしい。この辺は観光地ではないから、昔のままという感じで、とても魅力がある。バスもあるんだろうけど、車で訪れてみたい。反対側は湘南だけど、東京湾側もいいねえ。

 グーグルのストリートビューを見て、旅行気分に浸って気分転換を図るが……不発。

 相方と夕食を食べようと思ったが、まだ加筆したいとのことで、今夜も流れる。

 それもあって、昼はウチで食べる用意をしてあったが、外に出て、「てんや」で海老野菜天丼とミニ盛りそばのセット。天ぷらは、おれには「てんや」で充分大満足。

 帰宅して、録画した「月曜から夜ふかし」を見る。この番組はシニアと田舎者を容赦なくイジるねえ。イジられる方もそれを楽しんでいるからいいんだけど。

 ワイドショーもチラッと見る。

 小池都知事はどういう思惑で「豊洲ちょっと待った!」をやったのか判らないが、明らかに泥沼に入ってしまったんじゃないの?環境安全的には築地も豊洲もヤバイのなら、新しい豊洲の方がいろいろ対策も取れるんじゃないの?というか……作ってしまったんだから、今さら豊洲移転は止めま~すって事は無理じゃないの?

 オリンピックも泥沼になってきた感じだし……ドロドロだらけの印象は、都議会選挙に大きなマイナス……あ、この「悪い印象」は、反小池の勢力がマスコミを使って作り上げている?

 ま、有権者としては、無駄な金を使うことなく、すっぱり解決して欲しいだけ。

 「相棒」の再放送、最近のものだが、とてもよかった。貧困な生活の中で我が子を失って常軌を逸したシングルマザーを安達祐実が好演。泣けた。ただ、ドラマとしては終盤がドタバタして急ぎ過ぎた感じがしたのはもったいなかった。「警察内部に誘拐犯に通じている者がいる」ネタは、2時間スペシャルでじっくりやる価値があったんじゃないか?

 が、この秀作を見て、元気が出てきた。

 「5時に夢中!」も見る。岩下尚史がとても正しいと思うのは、「お作法講座」で決して「一つの作法」を押しつけないこと。この世には作法にも諸説あって流儀によって違うことを知っているから、決して押しつけない。そして、そういう作法の根拠も示す。

 世の中にいろいろある作法の本は、ある一つの作法を示して、それが何流でどういう根拠でそうなっているのかまるで書いていないものが多い。書いてる当人も知らないのだろうが。そんな作法書に価値はない。

 大いに笑って、なんとか気分転換と精神的疲れも解れてきた感じ。

 というか、暑くなってエアコンをつけて、冷房病になったような気もする。冷房病は汗をかけば治る。

 腹が減ったのでメシを食う。また外に出ようかと思ったが、冷蔵庫にある「豚の生姜焼きのレトルト」を温め、キャベツの千切りとご飯、インスタント味噌汁に明太子、漬け物で。

 食後、テレビを観る。テレ朝の「日本テッパン遺産 天海祐希&梅沢も絶賛!全国の笑える素人大賞!!」。子供に大受けの爆笑プラネタリウム解説者とか、ゆるキャラの「まるでやる気のなさが逆に大ウケ」の紹介者(市の職員)とか。日本酒の蔵元のウケる案内を友近が伝授のコーナーは、さすが友近。客をイジって乗せてしまう芸はやっぱり素人には真似が出来ない極意。

 千葉の野田市のローカル観光バスのバスガイドを横澤夏子が。こっちも芸人として苦労してきた分、ツボが判ってるよねえ。

 プロの凄さがよく判る。

 仕事再開。

 このパターンだと、夜にスイッチが入って快進撃!という展開じゃないの?

 ……と思ったが、やっと10枚。まあ、アタマの部分だから……。 

 風呂に入って、たっぷり汗をかくと、いくぶんスッキリした感じ。

 23時からのニュースで、休みがほとんどない職場で「辞める選択が頭から消える」事について伝えていた。

 低予算映画の現場は、労働条件としてはひどいもので、劣悪といっていい。映画造りは楽しいとは言え、すべてにおいて楽しいとは言えない。それでもなんとかやっていたのは……やっぱり、映画が好きだったから、映画の現場が好きだったから、以外の何者でもなかったのだろう。そこまで入れ込んでいない場合、睡眠時間がほとんどなくてストレスが溜まりまくりで弱音を吐けない環境だと、参ってしまうのは必定。

 

 取手市の「いじめ自殺」調査について、教育委員会は文科省の指導を受けて言い分を180度変更して謝罪。保身に走っていた連中は、文科省に睨まれるのはもっと怖いのだろう。腐った連中だ。

 0時22分、就寝。

 エアコンを回しているが、暑い。扇風機も回すが、暑い。風を直接当てるのはよくないけど……キッチンのエアコンも回せば一挙に涼しくなるのは判っているが、真夏でもないのに、と思う。

 夜中に何度か起きて扇風機の向きを変えたりして、とにかく寝る。

今朝の体重:89.50キロ

本日の摂取カロリー:2403kcal

本日の消費カロリー:15kcal/515歩+43kcal(自転車)

2017年5月30日 (火曜日)

5月29日/上下巻の再校を渡して、完全に手が離れた!

 7時起床。

 快晴。

 朝のモロモロを済ませて、朝風呂。

 アサメシはイングリッシュマフィンにハム&マヨネーズ。

 本日は上下巻のゲラ再校を編集部に持参する。

 少し早めに家を出るが、結局、予定していた10時1分の半蔵門線に乗って、神保町へ。

 担当O氏とゲラを挟んで最終チェック。「書き足しすぎてもバランスを欠くし、かと言って少し書き足りない気もする」箇所は、現状でパス。

 表記の統一なども確認して、再校、完全終了。

 「脱稿とは再校が終了した時点のことである」と某先輩作家は言ったが、これで正真正銘の脱稿。

 約半年、この作品と格闘していたが、これで完全に手が離れたかと思うと、名残惜しくもある。しかし、ゲラって、やればやるほど手を入れたくなってしまって……際限が無くなる。

 今日は気温は高いが、風はとても爽やかで気持ちがいい。外を歩き回りたくなるような、素晴らしい天気。

 以前から食ってやろうと思っていた、大阪発祥の「インデアンカレー」。この支店が丸の内のTOKIAビルにある。これを今日のランチにするぞ!と思い定めていたが……。

 祥伝社のすぐ近くにある「神田天丼家」のゴマ油の香りに負けて、フラフラと入店。

 海老天丼にしようか迷うが、初めてなので普通の天丼、それにお新香を付ける。

Img_3021

 美味い。これで700円。「てんや」の天丼も美味いけど、ここの天丼も美味い。

 ただ、これだけだとちょっと寂しい。

 この際、「完全脱稿」のお祝いに、Wランチと行くか!

 少々、井ノ頭五郎な気分になって、東京駅へ向かう。

 御茶ノ水まで歩こうかと思ったが、すぐに挫折して、大手町経由で丸ノ内線の東京駅へ。

 

 丸ビルに出る。新しくなった丸ビルって、足を踏み入れたことがなかった。そして、「KITTE」ビルにもはじめて入り、「TOKIA」ビルもはじめて。東京の新名所をまるで知らないおれ。

 「TOKIA」地下にある「インデアンカレー」の前には既に行列が。しかし回転が早いので、すぐに順番が来て、先払いして席へ。(写真を撮れる雰囲気ではなかったので、これは「食べログ」の公式写真から)

Photo_indian_curry_large

 想像していたのとは違う味。なるほどこれは独特。ちょっとした酸味が辛さに変わって、美味い。これはハマる味。

 隣の若い兄ちゃんサラリーマンが大きな声で同僚の女性に大阪弁を捲し立てていたので、「東京における大阪弁」について考えてみた。

 東京では方言は隠されるが、関西弁だけは例外。大阪の芸人が東京に進出してきた当初は大阪弁をスタッフに笑われて激怒した事が多々あったらしいが……ビジネスの世界では、大阪発祥の大企業は財閥系を含めて多いのだから、社内で大阪弁を使う事に何の抵抗もなかったはず。戦前からそうであるならば、それは伝統となって今も受け継がれているはず。

 ビジネス、それも大企業で大阪弁が大手を振っているなら、東京で大阪弁を使えない・使うのに抵抗がある事態にはならない。

 よって、大阪弁は東京で特別な存在になっている。

 そう愚考するが、如何であろうか?

 ランチを2つ食べてしまって、気が大きくなった(なんでだ?)。

 といっても、東京駅から総武横須賀線に乗って錦糸町に出る程度の事。房総方面に行ってくるか、と数秒考えたが、止める。

 東京駅始発の電車に座って発車を待っていると、成田エキスプレスが入線。しかし停車位置が悪いのか、何度か少し前進を繰り返して、なかなかドアが開かない。何をやってるんだ?と思ったら、やっとドアが開き、しばらく停車して、発車していった。

 こっちの車両には、典型的な「きゃぴきゃぴ娘」(死語)が集団で乗ってきた。女子中学生は声が高いので耳に響く。みんな一斉に喋るから声がデカい。

 車内のおじさんおばさんは、うるさそうな顔をしていたねえ。まあ、この年代は仕方ないんだけどね。

 錦糸町で「メトロ庵」のそばも、と思ったら、これは思い留まって、半蔵門線に乗り換えて、帰宅。

 帰宅したら、グッタリ。

 なんだか、再起不能な感じ。

 朝、相方から「悪徳探偵シーズン3」の最終回の下書きが来ていて、そのファイルを開けたけれど、全然頭に入ってこない。

 しばし休憩。

 エアコンをガンガンかけてソファにひっくり返って、届いた「MacFan」最新号を読む。

 読んでいると……大事な事を思い出した。ツキイチの通院を忘れていた!ゲラを渡してメシを食って、午後の診察時間に行こうと思っていたのだ……。

 調べると、まだ午後の診察時間内。滑り込める。

 慌てて外出。

 待合室に他に患者さんはいなくて、すぐに診て貰えた。

 薬局に回って薬を受け取り、帰宅。

 今夜、相方を打ち合わせ&完全脱稿祝いで食事に誘っていたのだが、下書きに書き足したいということで、流れる。

 で、「5時に夢中!」を見て(若林さん産休から復帰。その記念か今日は下ネタ特集)、また外出。

 あんまり重いものは食べたくなくて、結局、「富士そば」で、春菊天そばにミニあさり丼。久々の春菊天は美味かった!

 明日の昼飯のおかずを買って、帰宅。

 ニュースを見て、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」は猫写真で有名な岩合さん。おれがMacの壁紙にしている、ライオンの子供が親に手を回している愛らしい写真って、岩合さんの作品だったのか!

 今の作風を会得するまでの苦労が語られ、ボスニア・ヘルツェゴビナへの取材風景に、感動。いろんな意味で、しみじみと涙が零れる。動物の命、生きること、内戦、戦争と平和。

 猫は、平和を愛する平和な生き物だなあと言うことを実感して、ウチのくーたんを抱きしめる。

 そう言えば「72時間」は一昨日の土曜日に見たのだった。三泊四日の座禅修行体験。しかし半年以上もお寺に残っている人もいる。いろんな人生を抱えて生きる人たち……。

 風呂に入り、ゆっくり浸かる。

 風呂からあがると「しゃべくり007」をやっていて、みやぞんの驚くべき天才ぶりを知った。「まったく習ってなくて見よう見まねで弾けるようになった」キーボード。知っている曲なら、譜面無しできちんと和音というかコードも付けて弾ける。これって、モーツァルト級の音楽の天才じゃないの?

 天然バカだが根性はある新人芸人だと思っていたら……物凄い天才がいた!

 いやあ、本当に驚いた。

 野村萬斎のお茶目ぶりにも驚いたけど。グダグダになって椅子からずり落ちる野村萬斎、ってもう一生見られないかもしれない。

 TBS「NEWS23」を見る。生徒の自殺を「家庭内に原因がある」ようにバイアスをかけて、学校には責任がないようにひたすら逃げようとしている学校と教育委員会に怒りを感じる。これでは、親としてはやりきれないし、心から怒って当然だ。

 保身だけの関係者の醜さ。それでも教育者か?

 明日、フレッシュな脳で仕事を始めることにして、23時49分、就寝。まだ5月だが、エアコン回しっぱなし。この建物だと、仕方がないのよ。窓を開けて換気扇、でもいいかもしれないけど。

 妙な夢を見たけど、目が覚めた瞬間に内容を全部忘れてしまった。

今朝の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:2839kcal

本日の消費カロリー:152kcal/4103歩+145kcal(自転車)

2017年5月29日 (月曜日)

5月28日/ゲラ再校、終了っ!

 8時ごろ起床。

 薄曇り。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはコーンフレークにダブルソフトのトースト、ゆで卵、コーヒー。

 仕事開始。下巻再校。

 午前中にナントカ終えようと思ったのに、なかなか終わらない。遡って確認したり。

 NHK-FM「きらクラ!」は録音。ゲラ拝に集中。

 なんとか出来たが、ヒルメシは外に出る気が失せて、昨夜食べようと思ったアジフライにスパゲティサラダ、ご飯、明太子、梅しらす干し。

 休憩。

 ゲラで上巻に遡って確認しておかねばならないことがあるのだが、モーレツに面倒になってしばらく放置。

 ウダウダする。

 テレ朝の「「帰れまサンデー」を見る。また小湊鐵道。この前、中居くんと来たばっかりじゃん!

 ああ、今の季節の小湊鐵道はいいだろうなあ!乗りに行きたいなあ!

 そのまま「笑点」「車あるんですけど…?」を見る。「車~」は青梅街道の奥にある廃道というか旧道。これはなかなか面白い。道路が開通する以前の峠道まで登るのが凄い。

 「一から住」は日南市のオシャレなのに家賃が極めて安いお宅。朝、サーフィンしてメシ食って昼寝して、夕方からお店をやって……っていい生活だなあ。しかしこういう番組を見て「オレも!」と思って失敗する人の方が多いんだろうな。

 晩飯を食う気が起きない。ならば抜けばいいだけのハナシだが、せっかくゲラが終わったのに晩飯抜きって寂しい。しかし、モーレツに疲れてしまって、食欲が湧かない。

 タラタラと「鉄腕DASH」を見る。印旛沼に棲息するカミツキガメの捕獲。それを料理して食ってしまおうという企画。

 「世界の果てまでイッテQ!」が始まって、外出。コンビニで「麻婆豆腐弁当」を買ってきて、イモトがバク転に挑戦するのを見ながら、家で食う。

 21時から「小さな巨人」。しかしこのドラマ、脚本が荒っぽくないか?あれだけ山田が所轄を嘲って馬鹿にする意味がないし意図もない。ただ視聴者を煽っただけか?

 「官房副長官」は政務と事務の二人いて、山田の父親はどっちだ?事務なら官僚に睨みを利かせる存在だし、政務ならもちろん政治家。ドラマでの描かれ方では「政治家」っぽいが……なんか脚本の書き手がきちんと理解していない感じがするのだが……。

 この荒っぽさが目について、観るのがイヤになってきたなあ。

 ゲラ再校、気になっていた部分を最終チェック。描写が足りないような気もするが、あんまり書き足すのもクドくなるしその部分が突出するし……考えた末に、現状のままとする。

 これにて、ゲラ拝は、終了!

 風呂に入ってゴミを捨て、汗が引くのを待って、23時過ぎに就寝。なんだかもう、ヘロヘロ。

 ゲラの再校で、こんなに消耗するか?と自分でも首を捻ってしまうのだが、ヘロヘロになったんだから仕方がない。

今朝の体重:89.25キロ

本日の摂取カロリ-:2135kcal

本日の消費カロリー:4kcal/195歩+7kcal(自転車) 

2017年5月28日 (日曜日)

5月27日/ゲラ・ゲラ・ゲラ!2

 7時過ぎ起床。

 曇り~薄曇り。

 洗濯をする間に朝のモロモロを済ませ、干す。

 アサメシは、ごはんを炊いて、卵かけご飯。お代わりして海苔・明太子・うめちりめんじゃこにキュウリの漬け物、インスタントのしじみ汁。


 昨日と今日の日記のタイトルは、もちろん、映画「トラ・トラ・トラ!」のパクリ。

 仕事開始。

 まずは、週刊新潮「黒い報告書」のゲラ。別にシャレではなく、慎重にやる。

 出来上がって、スキャンしてPDFにして担当K氏に送る。

 一息ついて、下巻再校に戻るが、けっこう根を詰めたので、かなり疲れてしまった。

 ゲラって、原稿を書くよりラクだと思っていたのだが、そうでもない。というか、最近はひどく疲れる。体力が落ちているのが根本的な問題なのかも。いきなりジョギングは危険なので、ウォーキングとか水泳とかして基礎体力を向上させるべきだなあ。「長編を書くには体力が必要」という村上理論は正しい。

 14時を回って、外出。くーたんのキャットフードを買い足しに、北千住東口へ。

 ついでに自分もランチ。ダイエット的には焼き魚とかを食べるべきなんだろうが、「珍来」で酢豚定食を食べる。美味い。

Img_3020

 隣のテーブルではおばさま二人組が中生を飲んでいた。今日は暑いから、美味いだろうなあ。しかし今飲んだら使い物にならなくなる。

 食後、くーたんのご飯を買い、おれの晩飯のおかず(アジフライにマカロニサラダなど)を買って、帰宅。

 窓を閉めてエアコンを回す。

 休憩。

 昨日録画したものを一気に見てしまう。

 「孤独のグルメ」は御徒町のラム料理。この番組の五郎さんのモノローグ、スタジオで録音しているのかと思ったら、ロケ先のお店の二階とかロケバスの中で時間を指定されて録音しているのだとか。低予算ぶりが徹底している。だから、時々、モノローグの音質が違ったりするのか。未編集なのに……すでにきっちりしたコンテが出来ていて、それに撮った画面を填めていく感じなのだろうか。でなければ、ロケ先でモノローグの録音は出来ないはず。

 作家の羽田氏が「ローカルバスの旅のロケは前乗りと後泊があると五泊六日になるけどギャラはあくまで三泊四日分しか貰えないし、テレ朝の2時間クイズ番組のほうがギャラはいい」と暴露してたけど……だったら「ローカルバスの旅」の仕事を受けなきゃいいだけの話なんじゃない?まあ人気番組で知名度も上がって本も売れるという計算があるのは当然だろうけど。

 しかし、テレビのギャラを基準に考えれば、原稿料とか印税ってワリが悪いんだろうな。かの筒井さんも神戸の豪邸の建築資金のために「23時ショー」の司会をやったんだし。

 「ツバキ文具店」も見る。いやあ、今回も泣いた。来週が最終回……名残惜しい。ずーっとずーっと続けて欲しい。しかし、ヒロインの母親って、出てこないまま終わってしまうのだろうか?江波杏子の「バーバラ婦人」(この場合『夫人』と表記すべきじゃないかと思うんだけど……)が本当は……とか邪推してしまうのだが。

 「家売るオンナ」の後半も見る。見事な着地!

 芦名星は地味なメイクだとキツさが消えて穏やかさが前面に出て「守ってあげたくなる」感じになるなあ!

 「サンチー不動産」がある海辺の町はどこなんだろう?伊豆か南房総か?と思ったら、三浦市だったとは!もしかして横須賀の荒崎?と思ったら。全部同じ場所で撮ったのなら、海岸も磯もあるいいところだなあ。サンチー不動産も、古い民家をオフィスにしているその感じがなかなかいいなあ。美術さんはセンスあるなあ。

 「タモリ倶楽部」も見る。早稲田の「創造理工学部」ってナニ?と思ったら……以前の「理工学部」は「基幹理工学部」「先進理工学部」「創造理工学部」に別れたのか!「学術院」という制度というか組織もあるし……最近の大学組織はいろいろ変わってしまって、よく判らない。我が母校日芸はあんまり変わってないけど、日芸の前に行っていた某大学は組織がかなり変わったようだ。新奇な名称を付けた学部って、どんなもんだろうねえ?学部の名前は伝統的なモノの方が安定感があっていいんじゃないかと思うのは保守的なオッサンの発想なんだろうか?

 で、番組は、「役に立たない機械」の役に立たなさぶりを競うが、そこには美しさや哲学が求められる。次週はこの後編。

 そうこうしていると、「人生の楽園」の時間。この列車、見覚えがあるなあと思ったら、八高線か。明覚駅近くのカフェを経営する男性は自分でカヌーも作る。店の裏にある川でカヌー体験ができる。

 「青空レストラン」はトリ貝。

 夕方はずっとテレビを観てしまった。

 仕事に戻る。

 ゲラの続き。

 20時になって、夕食。昼に食った酢豚がまだ残っているので、アジフライは重い。しかし冷蔵庫には昨日が賞味期限のシュウマイがあった。

 これを温めて食う。ご飯と漬け物でアッサリと。

 「アド街ック天国」も「新情報7デイズ」も見ないで、仕事。

 「悪徳探偵シーズン3」最終回の原稿にかかっている相方と電話で打ち合わせる。相方はもう再校は見なくていいと。大きな変更点を電話で伝えて了解を得る。

 ゲラ拝を続ける。おれも、徳間新作に早く取りかからねばならないのだが……。

 0時のニュースを少し見て、「今夜も生でさだまさし 姫路のお城へ兵庫!ゴー!」を少し見るが、仕事に戻る。

 しかし、バテてしまって、1時過ぎに就寝。窓は少し開けておく。

 夜中に暑くて目が覚めて、換気扇を回す。

 案の定、少し寒くなってしまったが、面倒なのでそのままにしておくと、くーたんがやってきて、一緒に寝る。

今朝の体重:89.15キロ

本日の摂取カロリー:2263kcal

本日の消費カロリー:24kcal/689歩+66kcal(自転車)

« 2017年5月21日 - 2017年5月27日 | トップページ | 2017年6月4日 - 2017年6月10日 »

安達瑶の本

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト