« 2017年9月3日 - 2017年9月9日 | トップページ | 2017年9月17日 - 2017年9月23日 »

2017年9月10日 - 2017年9月16日

2017年9月16日 (土曜日)

9月15日/三度目の江ノ島

 7時過ぎ起床。

 薄曇り。

 朝のモロモロを済ませつつ、片瀬西浜の様子を調べる。もしかして、今季最後の海に行くチャンスかもしれない。

 波はまあまあ。水温もまあまあ。気温もまあまあ。天候もまあまあ。ならば、行く!

 ということで、相方と11時集合という事を確認して、朝のモロモロを済ませて、支度して、くーたんに留守番をお願いする。

 少し早めに出て、駅前の立ち食いそばで天ぷらそばを食べる。

 で、日暮里で弁当を買い、上野から熱海行きのグリーン車に乗る。

 天気はパッとしないが、今年は仕方がない感じ。西日本は猛暑だったらしいけど……。

 

 13時過ぎに片瀬江ノ島着。

 外出自由なラブホを海の家代わりに使う。考えてみれば料金的にはあんまり変わらないのに、お風呂にゆっくり入れる。

 14時前に海へ!

 水温は思ったほど冷たくない。 ラッシュガードを着たので水温的には問題ないが、むしろ海から上がって風に吹かれる方が寒い。気化熱で体温を奪われるもんね。

 

 サーファーさんの邪魔にならないようにコースを選んで、乗る。

 会心のライドは3本。もう終わりかと思うとずずずと加速がついてビーチに上陸。これが片瀬西浜の醍醐味。

 2時間ほどいて、引き上げる。寒いし。

 部屋でゆっくり風呂に浸かり、水着とかボードを洗って、チェックアウト。

 

 夕食をどうしようか迷う。ステーキとかのグリル料理の店に行くか、毎年恒例のエッグスンシングスに行くか。

 おれはステーキを食うアタマになっていたが、相方がエッグスンシングスを押すので、そのように。

 ガーリック・シュリンプとステーキの相乗りプレートを頼んで、相方に少しお裾分け。代わりに「カルアポークとキャベツ」を少し貰う。この「カルアポーク」って、コンビーフみたいなんだけどポークなのよね。

 ジントニックを飲むと、なんだか寒くなってしまった。

 〆は、生クリームたっぷりのパンケーキ。それにメイプルシロップとバターをたっぷりつけて。体重は増えるけど、いいの。美味しいから。

 20時の相模大野行きに乗り、中央林間で田園都市線の押上行きに乗り換えて、錦糸町で南栗橋行きに乗り換える。一番遠回りで時間もかかるが、一番座れてラクに帰れる。小田急だと座れない確率が高いし。

 22時50分、帰宅。

 部屋に入ると、同時多発ゲロの痕跡を発見!ベッドや床にゲロゲロが。

 まずこれの処理。怒らない。くーたんに「大丈夫か?」と声をかける。

 しかし明日は雨らしいんだよねえ。

 くーたんにご飯を出して、ボード類を洗い直す。洗っても洗っても砂は無限に湧いてくる。

 録画したばかりの「72時間」を見る。秋田の「ババヘラ」と呼ばれる、おばあさんがヘラで盛り付けしてくれるアイスクリーム屋さん。いろんな場所にお婆さんを派遣して売っている。秋田のソウルフード。30年ぶりに食べに来た、とか、お父さんが単身赴任で家族がバラバラになっているけど夏は集まってこのアイスを食べるとか、もう、切ないねえ。

 ニュースとか見ていると……たぶんソファで寝てしまったのだろう。

 1時を回って、慌ててベッドに行って就寝。

今朝の体重:88.6キロ

本日の摂取カロリー:3838kcal

本日の消費カロリー:185kcal/5536歩+51kcal(自転車)

2017年9月15日 (金曜日)

9月14日/カイロプラクティック&新作打ち合わせ

 8時前起床。

 晴れ。

 寝ている間に洗った洗濯物を干す。台風のせいか、風は強い。

 朝のモロモロを済ませていると、朝からドアチャイムが鳴った。

 クロネコに何か注文した覚えはないけど……と思ったら、定期購入している青汁の配達だった。毎回料金を払わねばならないのだが、今日が月1の配達日だと完全に忘れていたので、財布に代金が入っていない。だから昨夜、ATMがやたら目についたのと、ロイホの支払いでカードを使おうかとしきりに思ったのか、と合点がいったが、既に遅し。

 来月分と一緒に払うことにして貰った。

 こういう「完全ど忘れ」が増えてるなあ。イヤだなあ。

 ところで、ゲラも渡したし、取りあえず、インターバル状態。

 いろいろやることはあるのだが、いつでもいいことばかり。ということでズルズル先延ばしにしてしまうのだが……。押し入れで眠っている旧型のPowerBookやiBook、Windowsのウルトラノートの内蔵HDDをさっさと初期化してジャンクも引き取ってくれるところに持っていかねば。しかしこの「初期化」が途方もなく面倒なんだよなあ。OS9が見つからないから、PowerBookの初期化は出来ないかもしれないし……。その場合は内蔵HDDを抜き取るしかない。

 家事もいろいろ。キッチンの換気せんやバスタブを洗わねば。

 アサメシは、ご飯を炊いて玉子かけご飯。お代わりして磯海苔としらすで。あと、漬け物とインスタント味噌汁。

 昨日の日記で、ずっと肉を食べなかったから云々と書いたが、考えてみれば、2週間ほどお腹の状態が良くなくて、少しでも脂っこいものを食べるとすぐに「トイレが呼んでいる」状態になってしまったから、控えていたのだった。

 しかし、二日続けてステーキを食ってもトイレは呼ばない。体力は回復した感じ。

 徳間I氏からは、「校了しました。確認事項はありません」との連絡があった。

 安堵。

 じゃあどこかに行こうかと思うが、特に行きたいところはないし(いや、あるけど)、16時にはカイロの予約を入れてあるし、時間がハンパになってしまったので、部屋でごろごろ。

 なにかし忘れていないか不安になるが、特段思い当たるフシはない(しかし、後から思い出すんだよなあ)。

 ワイドショーを見ても、きっと「鈴木砂羽」問題をあれこれやってるんだろうから、見たくない。まあMCもパネラーも舞台人が多いから鈴木砂羽寄りの発言が多いだろうし、「降板女優の事務所社長」の言い分もなんだか曖昧だから分が悪い。

 16時前になったので、出かける。

 右足はさほど痛くない。しかし今日は左足にも張りがあって施術して貰うと、結構痛い。

 やっぱり体重が多すぎるんだろうなあ。松村邦洋を見習って減量するか?しかし松村は人が変わったみたいになってしまったなあ。芸人としてはあのデブキャラの方がよかったんじゃないのか?いや、健康であることを選んだのか。

 一度家に帰って着替えて、再度外出。18時から光文社T氏と新作打ち合わせ。

 去年の暮れに打ち上げをして、その席で次回作の話を少しした程度。あの時は基本設定というか話の舞台だけを設定しただけなので、いろいろ詰めることが多い。あれから祥伝社の上下巻を書き、実業之日本社の連作短編集に新作1篇を書き足し、徳間の新作を終えたばかりで、一から確認していかねば。

 ということで、18時前に「塚田農場」。この店は鹿児島系。宮崎系の「じとっこ組合」は閉店してしまった。

 季節限定メニューをサイトで下調べしてきたのに、店のメニューにはない!よく見たら、同じ「塚田農場」でも北海道系の店で出すものだった。舞茸の天ぷらとかラクレットとか美味しそうだったなあ。

 やがてT氏が来て、相方も来て、食べながら打ち合わせ。今回はT氏がネタ元なので、あれこれ「取材」して話を組み立てていく。

 オーソドックスなパターンに則ったものは登場人物もお話の構成もすぐ浮かぶのだが、それでは「既読感」があるだろう。もっと新機軸を、新しい発想がないか。それをもっと考えたい。

 いろいろ読んだり見たりした小説やドラマ、映画のいろんなイメージが湧いてきた。整理して参考にしよう。

 ということで、すっかり話し込んで、18時スタートで、そろそろ、と腰を上げたのが23時過ぎ。5時間みっちり飲み食い&打ち合わせ。

 おれは日向夏モヒート(これが美味い!)を2杯。炊餃子にそのスープでラーメン、肉巻きおにぎり、たれ焼きネギマ、海苔アボカド、さつま揚げ、月見ステーキ(えのきの上に卵黄)、クリームチーズ醤油漬、生ハムアボカド、ポテサラ、手羽先から揚げ、チャプチェ、めんたい卵焼きをシェア。もっとコッテリしたものを食った気がしたが、けっこうアッサリ系だった。

 帰宅して風呂に入り、ゴミ出しをしに外に出たら、風は完全に秋だよねえ。

 すぐには眠れず、1時過ぎ就寝。

今朝の体重:87.9キロ

本日の摂取カロリー:2828kcal

本日の消費カロリー:32kcal/1008歩+74kcal(自転車)

2017年9月14日 (木曜日)

9月13日/昼間は待機、夜はテニス

 8時起床。

 しかし5時間しか寝ていない。仕事中なら使い物にならないが、脱稿したので大丈夫。

 晴れ。

 朝のモロモロを済ませると……なにやらMacのソフトウェアが自動更新した。

 何を自動更新したのか?と思ったら、iTunesだった。しかしこのバージョンアップは改悪!iPhoneやiPadのアプリが管理できなくなってしまった。iTunesの名前の通り、音楽の管理のみになって、アプリ管理はiPhoneやiPadのおのおのの「AppStore」で更新したり管理しろと。

 これって、面倒だと思うけどねえ。手間が増えたし、アプリの管理がしにくい。

 早く元に戻して欲しい!

 と、もうお昼前。

 ブランチを食べに外出。

 夜は居酒屋の魚料理専門店でアジフライのランチを食べる。隣ではおじさん(おれもおじさんだけど)がアラ大根を時間を掛けて黙々と食べている。それが実に美味そう。

 大ぶりのアジフライ2つで満腹。

 その後、ペット用品店に回って、くーたんのご飯を買う。

 帰宅して、ゲラに関しての連絡に備えて、待機。

 ワイドショーは見ないで、ソファでウトウト。

 台風が接近中。この台風が通過したら、完全に秋になってしまうかも。

 ネットを見ると、「鈴木砂羽問題」が浮上。舞台に稽古中に「ひどいことをされた」ので出演女優二人が初日直前に降板と。

 「日野皓正問題」では、最初は「ショーの進行上問題があれば致し方ない」と思っていたが、途中で意見を変えて「ショーマンとしてもステージで誰かをビンタするのはマズかった」という結論に達したが、今度の「鈴木砂羽問題」は、そもそも問題にする方がおかしいと思うのだが、間違ってるでしょうか?蜷川さんのような凄く高名な演出家なら怒鳴りまくっても罵倒しても灰皿を投げても(無闇に怒ったり灰皿は投げていない、計算して怒ってると蜷川さんは言っていたし主演級の俳優には怒鳴らなかったらしいが……蜷川さんの弟子だった人物に聞いた話)いいけど、鈴木砂羽程度の演出家だとダメって事?というと話の本質が変わってしまうか?

 テレビ(特にバラエティ)や映画のスタジオと芝居の稽古場では、まるで世界が違うんだし。映画だって、黒澤明はキャストやスタッフを怒鳴りまくり罵倒しまくった(これも、三船さんとかの主演クラスには怒鳴らなかった)ぞ。市川崑はほとんどなかったけど。何度もNGを出してしごいたことはあったけど。OKにならないんだから仕方がない。

 そもそも演劇慣れしていない(公演直前に降板した)当人たちとその所属事務所、そしてネタに飛びつく無知な一部のマスコミが話をねじ曲げた結果だと思うんだけど。

 舞台俳優諸氏はワイドショーで「稽古場でいろいろあるのは当然のこと」「初日を前に降板するのはプロ失格」と問題にする方がおかしい、降板する方がダメだという態度だったが、それが正解だと思うけどねえ。

 そういうことに無知なネット民は「ブラック社会」とかクソなコトを書き散らしてるけど……お前たちは無知なんだから黙ってろ。こういうことをいちいち問題にする事務所とかマスコミの方がオツムがブラックだろ。

 とは言え……蜷川さんみたいな稽古はもう「過去の遺物」なのかねえ?現場で怒鳴りまくる黒澤さんのような監督も?

 クラシックの指揮者も、フルヴェンやライナー、セルのような過去の「独裁者タイプ」の巨匠は今はもういなくなってしまったようだし……。

 手をあげるのは論外だとしても、表現の場で「追い込んでいく」行為もダメだというなら、集団芸術はどうなっちゃうの?個人なら自分で自分を追い込むんだから、何の問題にもならないけど、集団だとダメなのか?

 こうやって、マイルドだけどぴりっとしない世の中になっていくのかも。

 この件で鈴木砂羽が干されるようなことになったら、それこそ「ブラック」だ。

 この考え方?間違ってる?

 時間が来たので、支度をして、テニスへ。

 伊豆に行くのに1回、仕事で2回休んでしまった。なんだか長期欠席して登校しにくくなったコドモみたいな心境だけど、ズルズル休んで辞めてしまうのはいけないので、行く。というか、3回も休んで下手だったテニスがいっそう下手になってしまった心配が。

 が、しかし、それは杞憂だった。さほど下手にはなっていなかった。試合でもペアを組んだKさんが巧いので負けなかったし。

 しかし。モーレツに腹が減り、キョーレツに体力を消耗したので、フラフラ。足はさほど痛くないが、フラフラ。

 プールでの整理運動代わりの一泳ぎとストレッチは省略して、風呂に直行。風呂の中で入念にマッサージ。

 今月は「バースデー割引」があるので、ロイホに行く。秋の味覚フェア開催中。いろいろ迷ったが、ロイホのアンガスビーフのステーキは絶品だし、牡蠣も食いたいので、ステーキと牡蠣フライのセットを頼む。ビールも飲みたかったけど、帰り道が辛いので、止める。

3996f0f640ae3e808ff8e57c9952675e  

 仕事中、ギリギリのパワーで体重も結構減ったのは、メシの質が悪かったのだろう。食って眠くならないように軽いモノばかり食べていたし、当面のエネルギー源になる炭水化物は摂ったが肉は食べなかった。レトルトのハンバーグとかハンバーグ弁当は食ったけど、きっちり肉を焼いたりしなかった。

 牛さんや豚さんには申し訳ないけど、やっぱり、肉を食わないとダメだ。

 昨夜、「ビッグボーイ」で久々にステーキを食って、物凄く満足した。値段の割に美味かったし、やっぱり腹いっぱい肉を食ったのが良かったんだろうなあ。

 というわけで、今夜も大満足。

 帰宅して、「報道ステーション」を見たりしていると……いつの間にか寝てしまった。有吉とマツコの番組になっていたのは判ったが、それも終わって、なんとか起き出して、0時42分、ベッドへ。

今朝の体重:88.70キロ

本日の摂取カロリー:2686kcal

本日の消費カロリー:170kcal/5172歩+122kcal(自転車)+702kcal(テニス)

2017年9月13日 (水曜日)

9月12日/ゲラすべて渡して完全脱稿。大吉方でお水取り

 7時10分起床。

 完全に寝不足なのに元気なのは、原稿を書き終えてゲラ段階になっているからだろう。

 

 雨。

 

 朝のモロモロを済ませて、朝風呂。

 11時に徳間I氏に残りのゲラを渡すので、ゲラの最終確認をして、少し早めに出る。

 雨は止まないので、歩いて北千住駅まで。

 松屋で朝の「目玉焼き定食」を食べるが、食い終わったのが10時40分。時間が余ってしまった。これならデニーズでもっとゆっくり朝食を摂るんだった。

 スタバに入ろうかと思ったが、やっぱり満席。

 またルミネをぶらぶらして、10時50分から待ち合わせ場所でI氏を待つ。

 11時ジャストにI氏登場。ゲラを渡して、見本は出来る日や書店に並ぶ日を確認。東京の場合は10月5日に書店搬入。

 明日が責了なので、なにか疑問点があったら電話かメールします、とのことなので、即応できる状態で待機してなきゃ。映画とか見に行けない。

 用が済んだが、このまま帰宅するのもなんだか。

 先日ネットで見て、猛然と食いたくなった「品川丼」を食いに行くことにする。

 品川駅の「常盤軒」が提供している「品川丼」の存在は昔から知っていたが、食う機会がなかった。品川というと京急を使う事が多いし、JRの場合は通過するだけ。駅構内を歩いても、品川丼を出している「常盤軒」はプラットフォームにあるお店(だと思う)。いや、何度か食う機会はあったが、空腹じゃなかったり時間がなかったりだった。

 常磐線~山手線で品川。ネットによれば、山手線プラットフォームの「常盤軒」の「品川丼」が一番美味いらしい。

 電車を降りたら、目の前にあった。

 松屋の朝定食がまだお腹に残っているけど、食う。

Img_5643
(写真はネットで拾ったもの)

 要するに、立ち食いそばの薄いかき揚げをご飯に載せてお汁を掛けたもの。それにそばつゆの「スープ」とお新香。

 しかし……これが美味かった。B級の極みの味だけど、美味かった。この味は……おれの高校の食堂の「てんどん」の味だ!

 たしか、おれが高校2年の時に食堂が出来た。まだ「食育」の意識が浸透していない時代で、メニューはカレーとかそばとかうどんとか、この「てんどん」とかだった。いわゆる「定食」はあったかなあ?とにかく貧しいメニューしかなかったという記憶が残っている。

 昼飯代を節約して金を貯めて、映画を見に行っていたから、そんな貧相な食堂でも安いものばかり食べていた。安くて腹持ちがいいのが、この「てんどん」だった。

 その味に酷似していて、なんだか感激。意外な場所で意外な味に再会して、なんだか意表を突かれた思い。

 あっという間に完食。また食いに行こう。

 せっかくだから品川駅構内をぶらぶらしようと思ったら、タイミング良く上野東京ライン経由の品川始発の常磐線快速が発車寸前。

 それに乗ったので、品川駅滞在時間は10分少々。

 これが、「完全脱稿祝い」になった。470円。安上がりやねえ。

 北千住駅の改札でエラーが出る。何度やってもダメ。あれ・と思って気がついた。北千住で入場して、品川駅構内から出なかったから。こういう場合は入場券を使う手があったが、正直に申告して、北千住~品川の往復運賃604円を払う。考えてみれば、運賃込みだと品川丼は1074円もしたんだ!

 まだ雨は降っている。

 最近全然使っていなかった、足立区のコミュニティバスに乗る。小型バスなのですぐ満席になる。乗客は全員、高齢者。この中ではおれは若造。

 お婆さんが乗ってきたので、席を譲ったら、3歳くらいの子度を連れた夫婦が乗ってきて、おばあさんは子供に席を譲ってしまった。このガキが座りたがっていたからだが、おれは婆さんに席を譲ったのであって、ガキに座らせるために譲ったんじゃないぞと思っていたら、賢明なる母親は丁重に辞退して、お婆さんは再び座った。

 一件落着。

 帰宅。

 まだ13時。どうせなら、品川からもう少し足を延ばせば良かったが……。今夜は大吉方でお水取りに出かけるので、昼間はおとなしくしていようという気持ちが働いたか。

 ワイドショーを見たら、東京モノレールが止まっていて、別の車両を横づけして乗客を乗り移らせていた。

 ここんとこ、交通機関のトラブルが続くねえ。

 しかし、変電所のトラブルで東京モノレール全線が停電と言ったのに、別の車両が走っているというのはどういうこと?

 結局、停電ではなく、車両故障だったらしい。

 「臨場」の再放送を見てしまった。見ていると内野聖陽のクサい芝居に慣れてしまう。人の良いホームレスが過失致死(正当防衛)の女の子の罪を被って警察に捕まるが留置場で死亡。このホームレスは警視庁刑事部長と大学の同級生で、刑事部長は「ホームレスになりやがって。バカなヤツだ」と吐き棄てたが、この旧友の優しさを思い出し……という話だが、そんな優しいエリート候補だった男がどうしてホームレスになって天涯孤独になってしまったのか、そのへんにプロットの無理があるような気がした。

 ウトウトしたりして、「5時に夢中!」を見る。

 目玉焼きにソースを掛けるのはバカ舌だと識者に決めつけられた岩下さんと北斗晶の「バカ舌度」を判定するコーナーが面白かった。通常スムージーにしない食品をミキサーに掛けてスムージーにして「モトはなんだったか」を当てさせる。これは極めて面白かった。とんかつやハンバーガーのスムージーなんて。

「これは罰ゲームだ!」とふかわが叫んでいたけど。

 

 雨は上がって、少し早めに外出。

 待ち合わせの駅のコンビニでおにぎりを買い、駅のプラットフォームで食べる。21時過ぎまでメシ抜きになるのはヒモジイ。

 相方と合流して、20時に出発。池袋で東上線に乗って、成増へ。

 成増へは有楽町線(副都心線というべきなの?)も来ているが、有楽町線の池袋駅と副都心線の池袋駅は違う。おれがよく判っているのは有楽町線まで。「新線池袋」の駅が出来て以降はよく判らない。

 なので、「副都心線池袋」駅がどこにあるのか、よく判らないおのぼりさん状態。

 東上線の乗り換えはすごく便利なのに。学生時代は西武線は使ったけど東上線にはとんと縁がなかったが。

 東上線成増から川越街道に出て、ゆっくり歩く。

 この辺の川越街道は切り通しみたいになっていて、道の両側は高くなっていて、右側は古い住宅街、左側は新しくて巨大なマンションが建ち並び、マンションの先にはニトリもある。

 道はずっとなだらかに下り坂。この辺はタモリ的には「高低差」があって、なかなか面白い。

 以前来た時は、この辺随一の「白子熊野神社」の境内に湧くお水を貰ったのだが、「飲めません」と書いてあるのが不安で、お水は戴いたけど、怖くなって飲まなかった。

 しかし、この周辺は「白子湧水群」と呼ばれる湧き水があちこちにある地帯。いろいろ調べると、「富澤湧水」という湧水が、質量ともに群を抜いているらしい。「水マニア」によれば、とても美味しい水であると。

 ということで、今回は、「富澤湧水」を戴いた。

 たしかにもの凄い勢いでパイプから水が流れ落ちていた。23区、いやもうここは和光市だが、住宅街の真ん中でこれほどの水が湧いているとは!

 この施設を作ってくれた方には感謝!そして、この湧水を守ってくれている方々にも感謝!

 お水を戴いた後、すぐ近くにある「白子熊野神社」にお参りする。

Img_3222

 この辺りは、白子宿だった。

『白子は渡来人が開いた場所とされ、古くは新羅と呼ばれていたのが白子に転訛したと云われている。 豊富な湧き水を利用した酒造りが盛んに行われ、賑わった宿場であったが、東武鉄道が開通すると両隣りの和光と成増周辺に賑わいが移り、今は静かな町並みに変わってしまった』という記述がネットにあった。

 なるほど、だからこの界隈は、いろいろ趣き深いのか……昼間だと、普通の住宅街に見えるかもしれないが、夜だと、なんとなく、感じるものがある。

 気温は高くないのに蒸す。けっこう汗をかいた。

 帰りは登り坂になるし、バスもあるので、バスに乗る。

 川越街道バイパスに出て、しばしバスを待ち、1停留所分(「成増駅入口」まで)乗る。

 地下鉄成増駅近くにある「ビッグボーイ」に行くのが今夜の第2の目的。以前来た時にも入って、安いくせに結構美味しかったので、また来たいと思っていたのだ。ウチの近所にはないから……。ここはご飯お代わり自由だし、カレーを掛けるのも自由。サラダバーもドリンクバーもあるので、一番安い料理を頼めば、大食いできる。今はそんなに食えなくなってしまったが。

 夏限定のブロック・ステーキを頼む。ブロックだから、中はミディアムレア状態で、理想的。

 ポテトサラダやマカロニサラダをお代わりし、コーンスープもお代わりして、ステーキを食う。凄い量だと思ったが225gだから、すんなり食えてしまった。300gくらい食いたかった。

 しかし……久々の、食事らしい食事をした気分。弁当じゃあねえ。ご飯はきちんと食っていたはずだけど……この充足感は本当に久しぶりな気分。

 23時30分になったので、店を出て、地下鉄成増駅へ。和光市に行って、東上線に乗り換えて池袋へ。この方がJRへの乗り換えが圧倒的にラク。

 京成の最終に乗って、1時前に帰宅。

 汗をかいたしステーキの匂いもするので、風呂に入る。

 お湯に浸かっていると、くーたんが物凄い悲鳴のような声で鳴く。どうもおれが風呂に入っているのが強烈に不安らしい。

 風呂からあがって、汗が引くまでと思ってテレビをつけるが、地上波で見たいものはない。BSにすると、wowowで「しんがり~山一證券 最後の聖戦~」の第1回をやっていたので見始めたら……これが面白い!

 がっちりした社会派ドラマ。余計な寄り道をせず、テーマを直球で描く骨太なタッチ。今、こういうドラマを作れるのはNHKとwowowだけなんだろうなあ。地上波のドラマはTBSみたいに講談調のドラマか、フジのトレンディドラマに日和った半端なものしかないもんねえ。テレ朝は刑事物ばかりだし、日テレは社会派というより個人的な話に焦点を当てているようだし、テレ東はニッチな隙間を狙い続けているし。

 いつもは「大物」を演じる矢島健一が、窓際の退職寸前の気が弱くてすぐ謝ってしまう「社内監査」を演じていて、ちょっとびっくり。

 他にも、登場人物のキャラがみんな立っていて、実に面白い。経済ドラマだが人間ドラマ。しかし登場人物の家庭を描き込まない。この姿勢は正しい。

 このドラマは全部見よう。

 いろんな意味で、物凄く勉強になる。

 ……と思ったら、これは2015年のドラマで、今夜全6話一挙再放送だったのね。あ~残念。レンタルするか。

 3時就寝。

 仕事してないくせに夜ふかし。

今朝の体重:88.15キロ

本日の摂取カロリー:2863kcal

本日の消費カロリー:283kcal/7708歩+26kcal(自転車)

2017年9月12日 (火曜日)

9月11日/ゲラ受け渡し&ゲラ拝&「偉大なるマルグリット」

 7時過ぎ起床。

 曇り。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシは、昨日買ったクロワッサン3つとカフェオレ。

 10時45分に相方と待ち合わせて、ゲラを受け取る。

 

 帰宅して、ゲラを最終チェック。

 徳間担当I氏と連絡を取り合って、30分後に落ち合おうという事になって北千住駅に向かうが、I氏より「思ったより移動に時間がかかる」との連絡があり、ルミネをぶらぶら。

 スタバに入ろうかと思ったが、空席なし。みんなノートパソコンとか出してなにかやってる。おれ、正直言ってノマドって嫌い。ま、席があれば寛容になるんだけど。

 12時51分にI氏と落ち合って、「第6章」までのゲラを渡して、交換に残り分のゲラを受け取り、いろいろ連絡事項を話す。

 クロワッサン大3つを食べると、意外に腹が膨れてしまって、ついでにヒルメシを食って帰ろうかと思ったけど全然腹が減らず。

 コンビニで「ハンバーグ弁当」を買って、帰宅。

 外出中の相方と連絡を取って、今夜ウチでゲラを見ることに。

 それまでにおれがゲラを見ておかねばならない。

 ということで、さっそくゲラ拝。

 I氏に指摘された3点のうち、2点は解決。ゲラに書き込むと読みにくくなるのでプリントアウトを該当箇所に貼る。

 ほどなく作業終了。

 夕方のテレビ、「臨場」再放送は、相変わらず内野聖陽のクサい芝居に辟易。

 ニュースは、昨日の「沿線の火事で小田急の電車も延焼」の検証。

 この件は、関係者全員が正しい判断をして、決められた行動を取ったはずなのに、「延焼しなくてもいい延焼」になり、乗客は恐怖を感じ、線路に下りて避難することになってしまった。

 警官が踏切の非常ボタンを押さなければ、電車は火災現場を通過して問題は起きなかった。しかし、火事が起きているんだから電車を止める必要があった。なので非常ボタンを押すのが間違いだったとは言えない……。

 結局この件は、小田急の運転指令が事態を把握するのに時間がかかって、運転士に迅速に的確な指示を出せなかったのが一番の問題だったのではないのか?火事に気づかなかった運転士は、踏切の安全確認をしなければならないというマニュアルに従ったのだし。

 今回は、屋根が燃えただけで済んだ(昔の「桜木町事故」を連想してしまうけど)が、これが火事ではなく津波だったら?南海トラフの大地震が起きて、江ノ島線を走っている電車を津波が襲ったら?

 そう言う緊急事態に、マニュアルに従って「モタモタして」いたら、起こさなくていい事故が起きてしまう可能性がある。

 しかし、現場判断で臨機応変というのも限界がある。

 ならば……すべての情報が運転指令に集中して、運転指令が出来るだけ早く状況を判断して一刻も早く的確な指示を現場に伝えなければいけない。

 今回は、非常時のシステムの不備だった。

 こういう事があったのだから、火事に限らず、緊急時の対応について、鉄道だけではない公共交通機関の会社は、システムをすぐにでも改訂して欲しい。

 「5時に夢中!」、若林さんがお休みで、代わりに大阪のオネエ2人が代打。この二人は本当に口が達者だから、マツコとトリオで大いに盛りあがる。大阪のオネエは凄い。

 19時ごろに相方来訪。と、すぐに、前もって注文して置いた弁当も到着。

 おれは腹が減っていたので、先に食べる。てんぷら弁当。海老天が3本入っているが、どうせなら他のてんぷらも欲しいよねえ。海老は3本もいらないから。

 相方はゲラ拝を続ける。

 途中、意見を求められたら一緒に考えたり、出来たところまで読んだり。

 21時ごろ、相方のゲラ拝終了。

 映画を観ようということになる。

 wowowで録画したフランス映画「偉大なるマルグリット」を見る。

 これは、実在した「世界最高の音痴歌手」フローレンス・フォスター・ジェンキンスの歌声からヒントを得た、完全な創作。

 1920年のフランス。いろんな前衛芸術が勃興していた時期に、自分のサロンでのみ歌っていた、オペラ愛好家の大富豪デュモン夫人。その音痴ぶりと金持ちぶりを徹底的に笑いものにして美味い汁を吸おうとした若い詩人(新聞で批評も書いている)と画家(新聞にイラストを描いている)によって、外の世界に導き出されるデュモン夫人。リサイタルを開きましょう!と夢を吹き込まれる。

 夫は当然、反対するが、それは純粋に夫人のことを思ってのコトだけではなかった。金持ちのヘタクソ極まりない道楽だと思っていたが、それは、夫を振り向かせるためでもあった……。


Photostory


 最初はシニカルに「大金持ちのクソな道楽」を軽蔑していた詩人は、夫人の真摯な努力を見て、だんだんと態度を変えていく。

 有能で万能な執事(しかし一番冷徹で残酷な存在)の活躍で、プロのオペラ歌手を教師につけることに成功。

 劇場を借り、オケを呼んでのリサイタル。満場はその音痴ぶりに大爆笑になるのだが、ひたすら懸命に歌うデュモン夫人。歌うはベリーニの「ノルマ」から「Casta Diva」。マリア・カラスの歌唱で有名な曲。

 しかし夫人の歌声は、音痴だったのが音程がとれて美しい歌声になっていく……。

 おお、と思った時、ステージ上の夫人は喉を酷使しすぎて喀血。そして、自分が思い描いた空想の世界に入ってしまう。
 音痴のくせに人前で歌いたがって恥を曝す妻と距離を置いて愛人に本心を明かしていた夫も、夫人への愛情を再確認するのだが……。

 こんな切ない作品だとは思わなかった。フランス流に辛辣にジェンキンス夫人の生涯を描いたのだと思ったら、まるで違う。

 ほんの少しだけ素晴らしく歌えた瞬間があった、というのが切なすぎて、哀しい。

 これ、人生みたいでねえ……。

 しみじみと、哀しい。

 フランス映画らしい屈折があって、これがなんとも、いいんだねえ。

 ジェンキンス夫人の生涯をきちんと描いた映画は「マダム・フローレンス 夢見る二人」があって、これも素晴らしい出来らしい。

 相方帰り、外を見ると雨。

 徳間I氏に「明日、何時でもゲラを渡せます」とメール。

 なんだかんだやっていると1時を回ってしまった。これから風呂とかシャワーを浴びていると寝るのが2時になってしまうので、省略して、1時44分就寝。

今朝の体重:88.15キロ

本日の摂取カロリー:2406kcal

本日の消費カロリー:66kcal/1733歩+95kcal(自転車)

2017年9月11日 (月曜日)

9月10日/最後の夏の日は部屋でごろごろ

 7時過ぎ起床。

 晴れ。

 朝のモロモロを済ませる。

 天気予報によれば、気温的に30度や30度近くなるのは今日が最後らしい。既に風は秋になっているし……今日が「最後の夏」かも。

 しかし、相方がゲラをやっているので、自宅待機している方がいいだろう。

 というか、家にいるべき理由が出来た。

 おれはNHK-FM「きらクラ!」の大ファンで、放送時間の14時~16時は日曜とはいえ仕事のかき入れ時なので録音して後日聞いている。数週分溜まることもあるが、毎回きちんと聞いている。この番組で近代・現代のフランス音楽の素晴らしさに目覚めたし、ふかわ(敬称略)と遠藤さんのお喋りが心地いいし。あんまりマニアックにならず、細かいところはふかわがわざトボケたりして(本当に知らないとは思えない)プロの遠藤さんから専門知識を引き出すところなんか、呼吸もピッタリ。おれレベルの「多少聞いてるし多少は知ってる」層にピッタリだと思っている。

 で、以前はシェアウェアの「Radikoro」と録音ソフトを組み合わせてオンライン放送を録音していたのだが、録音ソフトがバージョンアップして正常に録音出来なくなって、市販ソフト「NetRadioRecorder」を購入して使っていた。このソフトの悪いところは、ネットの具合で音が飛んでしまうところ。上記の「Radikoro」だとバッファが効いて途切れた分を埋めてくれるのだが、市販ソフトのくせにバッファがないから、飛んだ箇所は飛んだまま。しかしまあ、それでも使っていたのだが……。

 NHKのサイトの仕様が変わってしまって録音出来なくなってしまったが、新しいバージョンはすぐには出てこないので、今日の放送分が録音出来ない。オンエアを聞けばいいとは思いつつ、ずっと録音して保存してきたのに……という思いもある。

 「Radikoro」を使わなくなったのは、組み合わせて使う録音ソフトが不調だったからなのだから、録音ソフトを新しくしてみようということで、「Radikoro」が推奨しているもの2つを改めてダウンロードし直してインストールしてみるが……音が出ない。設定にミスがあるのだろうと、いろいろやってテスト録音してみるが、ファイルはあるのに音が出ない。

 Apple純正の「GarageBand」が使えないかとか、快楽亭の高座録音に使っている「ひるの歌謡曲」という古いソフトは使えないかとか、いろいろやってみたが、ダメ。

 ネットで「Mac 録音」というキーワードで探してみたら、フリーウェアの録音ソフト「SoundTap」というのが出てきて、試しにインストールしてみたら、これは使える!時間指定のタイマー録音機能はないし、本当はシェアウェアで6000円もするが、無料でも使えるらしい。

 今日はこれを使ってみよう。

 ということをやっていたら、11時になってしまった。

 外に出るのも面倒になったので、ブランチは家で。

 「永谷園のかに玉」があったので、かに玉を作ってみる。

 あんの味に濃厚さが足りない気がしたが、美味い。

 

 12時になってNHK-FMで「松尾堂」が始まった。今日は過去に放送したリピートで、アナログレコードがテーマ。これは聞こう。
 アナログレコード製造工場としては日本で唯一残っていた「東京化成」の社長もゲストで、アナログレコード作成に関する詳しい話が聞けるかなと思ったが、さほどでもなかった。しかし昨今のアナログレコード・リバイバルで、ソニーがレコードの自社生産を再開するらしい。カッティングに関しては東洋化成以外にも会社はあったようだが。

 昔からのファンとしては、ノイマンの「SX-68」とか「SX-74」とかいうカッターヘッドに憧れのようなものがあったんだよねえ。カッティングマシンでレコードの音が変わるんだ!という事も知ったし。

 で、14時になって「きらクラ!」が始まった。久々にオンエアを聞く。聞きながら録音。

 日曜の午後、この番組をゆったりと聞くのはいいねえ。特に冬とかに、ヌクヌクした部屋で窓から入る午後の陽光を浴びながら聞くのは最高。最高すぎて、後半は寝てしまった。メンデルルゾーンの交響曲第5番「宗教改革」の前後、寝てしまった。しかし、コンサートでも、音楽を聞きながら寝るのは最高の気分。

 16時になって、録音は成功。この録音ソフトはスグレモノなので、快楽亭の高座録音にも使おうか。

 腹が減ったので、少し早いがメシを食いに外出。

 越谷の「青木亭」に行く。浅草の「弁慶」にしようか迷ったが、今の体調だと、「弁慶」でラーメンを食べると確実に「便刑」に処されそうだ。

 東武線に乗ると、西新井から草加の間の、鉄塔と高圧送電線の林立が凄い。こんなに高密度で鉄塔がにょきにょき建って、高圧送電線網があるのも珍しいのではないか?写真に撮りたいけど、走っている電車からからだと、いい画が撮れないだろう。しかし、この区間の光景は、凄い。

 で、越谷の「青木亭」。いつもは少し高い「黒塩」とか「旨塩」ラーメンを頼むのだが、今日は普通の「塩ラーメン」にしてみる。これの小と小ライス、シングル餃子(3つ)。

 普通の塩ラーメンだと、味が物足りない。パンチがないというか。「定番」というのもあるので、今度は「定番」にしてみよう。

 北千住駅構内の「ヴィドフランス」でチーズと焼いたバゲットやクロワッサンを買って、帰宅。

 18時からの「車あるんですけど……」に間に合った。今回は国道16号線沿線に点在する「お宝レコード店巡り」。都心の中古レコード店では高値がついているレアものでも、この辺のレコード店だと激安でお宝がごろごろあるらしい。

 おれは特にアナログレコードのファンではない(いいカートリッジを使って大音量で再生するとアナログレコードの音の良さはハッキリ判るとはいえ)し、CDのほうが扱いが簡便で音だってこれで充分だと思っているのだが……。

 この番組を見ていると、何故か、涙が出てきた。ノスタルジーですかねえ。土曜の「のぼせもん」を見たりして、なんだか昭和回顧的な切ない気分になってるのかもしれないけど。

 この後、「一から住」。北海道の牧場で牛さんの世話をする大鶴義丹。ここの牛さんも可愛い。ここにいるのは乳牛らしいのだが……。
 牛さんは可愛い。特に目が可愛い。あんな可愛いモノを殺して食べるのかと思うと……。じゃあお前は可愛いモノは殺しちゃダメで可愛くなければ殺して食っても心が痛まないんだな?と追及されたら、本当に困ってしまうのだが。

 野菜と魚、そしてトリだけ食う(実際には四つ足も食べていたそうだが)、日本の伝統的な食生活がいろんな意味で正しい気がする……だけど、今さらそういう食生活には戻れない……。

 買っていたチーズと焼いたバゲットを食べる。

 19時からは「鉄腕ダッシュ」、と思ったら、「グラチャンバレー」だった。しかしこの「グラチャン」という略し方、品がない。最初はおふざけのお笑いバレーボール大会かと思っていたほど。すこし権威的にした方がいいんじゃないの?

 TBS「バナナマンのせっかくグルメ!」の終わりだけを見て、会津若松の喫茶店の「グラタントースト」が美味そうだなあ、日村さんは食べ方に妙な品があるなあとか思いつつ、フジの「27時間テレビ」(日テレの「24時間テレビ」に対抗して始まったそうだけど、向こうは曲がりなりにも「チャリティ」というタテマエがあるけどこっちは単に「FNNのお祭り」でしかない。もうそろそろ止めてもいいんじゃないの?続ける意味があるのだろうか?)の最後のコーナー、たけしと池上さんが戦後昭和史を見ていく部分を観る。
 たけしの「死にかけた交通事故」「フライデー襲撃」について、初めて明かされた裏話やたけしの告白もあったりして、なかなか面白かった。
 ただ、事件のセレクトには不満があって、1966年の2月3月に立て続けに起きた航空事故(全日空機羽田沖墜落・カナダ太平洋航空羽田着陸失敗・BOAC富士山上空空中分解)についてスルーしたのはねえ。柳田邦男が名著「マッハの恐怖」で、「日本の空は狂っている」と書いた、連続した大惨事なのに。

 しかし……本当に、激動の昭和、だよねえ。「高度経済成長」も、どうして実現出来たのか、今となっては実に不思議。東西冷戦を巧く使って日本製品をアメリカにたくさん買わせた(買って貰えるだけの製品が作れるようになった)事もあったのだと思うけど。

 その後、NHK-Eテレでデトロイト交響楽団の来日公演を観る。この公演は、悪口しか書かない「2ちゃんねる」のクラ板の連中が褒めちぎっていたのだ。

 デトロイト交響楽団といえば、古くはポール・パレーと、近年ではアンタル・ドラティと組んで名盤をたくさん残している。特にドラティとのストラヴィンスキー「春の祭典」は素晴らしい。

 この公演ではバーンスタインの「キャンディード」序曲、バーバーの「弦楽のためのアダージョ」、ガーシュウィンの「ラプソディ・イン・ブルー」、そしてコープランドの「交響曲第3番」という、オール・アメリカン・プログラム。

 この中では、バーバーの「弦楽のためのアダージョ」が出色だったと思う。心に染みいる。この世でこれほど慟哭が似合う曲もないんじゃないか。作曲者バーバーは、追悼の度に演奏されるのを嫌って「葬式のために書いた曲じゃない!」と怒っていたらしいが。だけど、格式のある葬儀で流したくなるよねえ……。

 ゴミ出しして、風呂に入って、深夜のニュースで「沿線の火事で小田急の電車も延焼」の映像を見る。これ、警察官が電車を止めようとして「不用意」に踏切の非常ボタンを押したから、火事の現場の真横で電車が止まってしまったように見えるんだが……。運転士が機転を効かせて火事の現場を通過するとかすれば、無事だったように思うんだけど。

 何故か目が冴えてきて、なかなか眠くならず、1時40分ごろにようやく就寝。

今朝の体重:87.70キロ

本日の摂取カロリー:1618kcal

本日の消費カロリー:61kcal/1860歩+41kcal(自転車)

2017年9月10日 (日曜日)

9月9日/いろんなことで凹む

 7時過ぎ起床。

 晴れ。今日は暑くなりそう。

 朝風呂に入ってから、洗濯をしつつ、朝のモロモロを済ませる。

 今朝もゲラが届くはずだが、9時30分になっても来ない。

 その間に家でアサメシを食えばいいのだが、今朝は何故か吉野家の朝食を食べたい気分。

 待ってても来ないかもしれないので、洗濯物を干して、外出。

 

 吉野家で「しらすおろし明太子の朝食」を食べる。しらすおろしに生卵、そして明太子。メニューの写真には、ごはんにしらすおろしを載せて生卵をトッピングしてあるが、この場合、大根おろしが邪魔するのでは?

 結論としては、これは家で食えるし、ご飯が足りない。お代わりしたくなる。すればいいんだけど。

 吉野家でアサメシを食べるなら、やっぱりハムエッグ系がいいなと思いつつ帰宅。

 宅配ボックスにゲラが届いていた。

 「プロローグ」「「第7章(最終章)」「エピローグ」の「素ゲラ」。校閲の入ったものは11日の午後に受けとることになっている。

 「プロローグ」を短くしてくださいとメモがついている。台割りの関係なんだろうか。

 その旨を相方に伝えたが……。

 ここで、おれの「思い違い・勘違い」があったことが露見。というか発覚。

 思い違いとか勘違いは、そのこと自体を指摘されると、その時は思ってもいないことだから、咄嗟に正しい理解が出来なくて、相方を怒らせてしまった。

 それに伴うゲラの修正に関して、徳間担当I氏にメールする。

 その後、どうしてそうなったのか記憶を辿っていくと……完全な思い違いというか勘違いの記憶が定着していたというか、この件は解決済みと誤って認識していた事が判明した。

 こういう事は過去にもある。

 だいたいは、スケジュールが押せ押せで、余裕がまったくない時に起きて、だいたいは「処理済みだったはずのこと」が「そうではなかった」と指摘されて気づく。もしくは大切な事を完全に失念してしまっていた場合もある。

 これはもう、いろいろ処理することが多すぎて、おれのキャパシティを越えてしまったのが原因だろう。懸命に処理している過程で、ポロッとこぼれ落ちてしまう。いや、これはいいわけになってしまうが。

 若い頃はそんな事はなく、老化したせい……と思い返すと、いやいや、助監督時代だって大事な事を完全に忘れていて撮影現場(それもロケ)で気づいて蒼くなった事が何度もあったし……。

 ギリギリでやっていて、こういう「事故」を起こしてしまうと、自分の能力の限界の低さに凹んでしまう。

 これを防ぐには、ギリギリの状況にならないように仕事をすればいいのだが……。今回は、〆切との戦いだった。いや……〆切との戦いは毎回のことだ。そのたびに、次は余裕あるスケジュールでやらなければ、と思うのだが……。

 今朝まではノーテンキに、中距離電車にでも乗って、「駅弁乗り鉄」でもするかな、立ち食いそばでも食ってくるかなとか思っていたのだが、今日は、何が起きるか判らなくなって、自宅待機しているべきだと判断。

 まあ、疲れも全然取れていないし……。

 ネットに植木等の回顧記事があって、小林信彦と萩本欽一の対談本「二人の笑タイム」が紹介されていた。もちろんこの本は出てすぐに買って読んでいるが、本棚から取り出して、再読。

 エノケンからタモリまで、小林さんが自分の目で見たあれこれを欽ちゃんに話す。「九ちゃん!」の台本執筆(チームでやっていた)の現場に超売れっ子でスケジュールがまるで取れない欽ちゃんがひょっこり顔を出して笑いにうるさい面々を笑い転げさせて風のように去って行った、のと同じ事を、デビュー間もないタモリが欽ちゃんとパジャマ党にやって、同じように風のように去って行った話がとても印象的。

 

 昼は、買ってあった「日清の担々麺」を食べるが、これ、辛いだけで味に奥行きがない。エースコックの方が美味い感じ。

 NHKの番組で「うどんの味は東西、どこで変わるのか」を検証していた。おれが以前やった時(東海道線普通列車で京都まで)は、たしか豊橋でネギが白ネギから青ネギに代わったが、お汁の味は米原で決定的に変わるらしい。豊橋から醤油が薄口系に変わったり、徐々に変化しているが、鰹だしなのは変わらず。しかし米原で昆布だしに変わると。おれがやった時はダシの味の変化まで判らなかった。

 午後も、「二人の笑タイム」を再読。

 夕方、上記のNHKの番組でうどんを食べまくっていたので、うどんが食いたくなって、北千住ルミネのフードコートの「はなまるうどん」へ。

 かけうどんの中に、ちくわの磯辺揚げ、イモ天と茄子天、それにおにぎり1個。

 うどんは「小」にすべきだった。量が多い。

 食べていると、以前のテニス仲間のIさんご夫婦とバッタリ。いやあもう、一緒にテニスをやることもなくなってしまったけれど……。

 帰宅して、「人生の楽園」を見るが、またしてもリタイア夫婦のカフェ。そして「青空レストラン」は阿蘇の「赤牛」。

 大自然の中で放牧されている牛は、毛並みが良くてとても可愛い。牛も、とても幸せそうだ。しかし……この番組では、この牛を食べるのだ……。

 こういう場合、牛さんや豚さんの可愛さをあんまり描くと、「それを食うんかい!」ということになって、とても複雑な気持ちになってしまう。おれは肉食を止めて菜食主義者になる勇気はないし……。牛肉は好きだし……。

 実際、大きなブロック肉を串刺しにして焼き上げる豪快なBBQは美味そうだし、ステーキだって見るからに絶品そうだし、スープもハンバーグもすべて美味そうなんだけど……肉を焼いてる匂いが飛んでいって、放牧されている牛も嗅いでるとしたら……。

 そんなことを考えると、モーレツに複雑な気分。

 19時のニュースを見て、「ブラタモリ」は高野山。高野山って、巨大な金剛峯寺と、その周辺施設(宿坊とか)があるだけかと思ったら、最盛期には2000を越えるお寺がある「町」だった!

 行った事がなかったとは言え、まったく予想とは違っていた。

 その後、「のぼせもん」第2回。

 「シャボン玉ホリデー」収録風景で、スタジオのモニターが白黒だったのが気になる(第1回の放送からカラーだった)し、クレージーキャッツがせっかく演奏するのに、彼らのテーマ曲「クレージー・ラグ」じゃなかったのが残念。しかし、青島幸男が登場したし、奥村チヨまで出てきたぞ!

 山本耕史は、声だけ聞いてると、かなり植木さんに似せているが、特別あの高笑いを強調するわけではなく、「ふだんの植木さん」をシリアスに演じているのだが、それがいい。

 泣きました。

 続いて「NHKスペシャル」を見る。今後日本を襲うかもしれないスーパー台風や、過去の予測データが当てにならない気候の変化、豪雨の予報の精度を上げるためのさまざまな試みなど。


 TBS「新情報7デイズ」で、北朝鮮が「電磁パルス攻撃」をすると言った事に対して、「電磁パルス攻撃」について解説していた。
 この「電磁パルス攻撃」は1983年の映画「ザ・デイ・アフター」で克明に描写されていたが、コンピューター関係が一瞬にして機能停止・破壊されてしまうので、中性子爆弾と並んで恐ろしい。これをやられると、今の生活が完全に破壊される。
 これは、通常の核爆弾を高高度で爆発させると起きると思っていたのだが、それ用に特化したものにする必要があるのか?そうだとしたら、北朝鮮がその技術を手に入れていないことを望むが……普通の核爆弾が炸裂すると、電磁パルス攻撃も同時に起きるんじゃなかったっけ?

 

 フジの「27時間テレビ」の奈良県はどうして地味なのか、というコーナーを少し見て、0時前に就寝。

 iPhoneで寝る前にメールを確認すると、徳間I氏から午前中に送ったメールの返事が来ていた。お願いした件は「なんとかする」ということで、各章副題の件で返信して、就寝。

今朝の体重:88.15キロ

本日の摂取カロリー:2375kcal

本日の消費カロリー:52kcal/1601歩+89kcal(自転車)

« 2017年9月3日 - 2017年9月9日 | トップページ | 2017年9月17日 - 2017年9月23日 »

安達瑶の本

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト