« 2017年10月15日 - 2017年10月21日 | トップページ | 2017年10月29日 - 2017年11月4日 »

2017年10月22日 - 2017年10月28日

2017年10月28日 (土曜日)

10月27日/仕事・展望レストランでランチ・日帰り温泉

 7時ごろに目は覚めていたが、8時過ぎまでベッドの中。

 今日も快晴。このいい天気が続けばいいのに。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはベーコンエッグにダブルソフトのトーストに牛乳。

 昨日の疑問点、相方に確認して、資料を読み、おれなりにアレンジして、書き進む。

 あと少しで1ブロック終わりというところで、時間。

 今日は相方と一緒に足立区役所に行って、庁舎14階にある展望レストランでランチを食べる。

 

 コンビニに寄って通販で買ったサプリの代金を払って、北千住西口バス乗り場へ。

 相方やってきて、合流。

 バスに乗ったら、面倒くさそうなデブのバアさんが乗ってきて、「はいはい席を詰めて。すぐ降りるから。ハイ発車します!」となんだか車掌さん気取り。もしかして若い頃はバスの車掌さんだった?

 14時ごろに足立区役所に到着。まずは展望レストランへ。

 外部委託のレストランだけど区役所に入っているので、安い。

 ステーキのランチにして、牡蠣のオーブン焼きをサイドで頼んでシェアする。

 牡蠣は美味かった。もっと食いたかったけど、高い。

 ステーキは、表面の焼きが足りなくて肉の香ばしさがなかったのが残念。おれの方がもっと美味しく焼けるぞ。しかしまあ、700円以下でステーキとライスが食えるんだから……。

 デザートも注文。アップルパイを頼み、相方のパンケーキを少し貰う。

 そのあと、コミュニティ・バスに乗って西新井へ。

 ブックオフ系列の店に寄ったあと、「ザ・スパ西新井」へ。

 ここに来るのは久しぶり。ここのところ、日帰り温泉は高尾山に行ったりしていた。

 久々に入ると、露天風呂が実に簡素で、「こんなもんだったっけ?」状態。他の施設が「壺湯」とかいろいろ趣向を凝らしすぎなのかも。

 かなりゆっくり風呂に入ったが、30分が限界。

 ロビーでiPhoneを見たりして相方を待つ。

 ランチを食べてからそんなに時間は経っていないが、お食事処で、カレーを食べる。

 もう一度お湯に浸かって、19時ごろに出る。

 西新井からは電車を使わず、バスに乗って北千住へ。

 100均に寄って洗濯ばさみを買って、帰宅。

 本の短いバス旅に、ランチに日帰り温泉だったけど、とてもいい気分。

 やっぱり、部屋に閉じ籠っているのは、よくない。

 今回は、長雨が原因だったのだが、ずっと部屋に籠っていて軽い「拘禁症状」みたいな状態になった。鬱になりかけたというか。ずーっと以前、まったく売れないシナリオライターだった頃、書けなくて、「書き終わるまで外に出ない」「眠くなるから風呂にも入らない」って事をやっていたら、ちょっとヘンになりかけた。最初にはいった大学に行くのを止めて3ヵ月ほど受験勉強を再びやって日芸を受験した時も、部屋に閉じ籠っていたからヘンになりかけた。

 専業作家になってからは、一人で誰とも話をせずに部屋にいることには慣れたし、そういう時間はとても貴重だと思うようになったが、部屋に籠ることはなく、買い物に出たり外食したり、友人と酒を飲んだりしていた。

 そういうことがないと、ダメなんだなあ。独居老人がますます孤独を募らせて、猛烈に偏屈になったりやる気を無くしてゴミ屋敷の住人になってしまうプロセスが、ほんの少し理解出来たような気がする。

 これからは、雨が降っても外に出よう!外に出て、他人の会話を聞いているだけでもいい。少し移動すれば温泉もあるんだし、たまには酒も飲もう。

 西新井の温泉は海水ヨード泉なのでしょっぱい。匂いが違うからか、塩分が好きなのか、くーたんが寄ってきて執拗に足をぺろぺろ舐める。

 舐められるのは構わないけど、くすぐったい。

 ソファに寝転んでもやってきて、足や手をぺろぺろ。

 あんまりくすぐったいので退かしたら、ちょっと拗ねてしまった。

 ニュースでは、民進党と希望の党の両院議員総会の模様を。

 前原の罪は、「全員が希望の党に合流できないのを知っていて(「想定内」とあとから言ったんだから)ウソをついた」こと。この一点だけで、政治家として終わったと思う。どうして「民進党の保守・中間派はまとまって希望の党に行こう!」と言えなかったのか。まあ、言えないだろうけど。その時点で大紛糾して話がまとまらなかっただろう。

 しかし、リベラルを切り捨てるのに、最悪の、一番ヘタクソな手を打ったと思うし、結果を見てもそうなった。

 その上、希望の党に移って当選した連中は、今になって立憲民主党に集まった面々と同じようなことを言い始めている。

 前原も卑怯だが、希望の党に移った旧民進党の連中も同じくらい卑怯だ。だったら立憲民主党に集うべきだったのだ。

 こういうブサイクな面がハッキリ露出してしまったので、そういう連中が大半の希望の党に、未来はあるのか?次の総選挙で、どれくらい生き残れるのだろう?

 もちろん、今後、腹を括ってきっちりやって「希望の党」のカラーを確立すれば、また局面は変わってくると思うけど。

 古新聞などの資源ゴミを出す。

 小腹が空いたので、センベイを食べ、牛乳を飲む。

 21時からのニュースを、半分寝ながら見る。

 ケネディ暗殺に関する未公開資料の一部が公開された。オズワルドが旧ソ連側の人間と電話で話していたことをCIAが掴んでいたとか……。

 しかしまあ、真相は明らかにされないままだろうなあ。おれは「ダラスの熱い日」が一番真相に肉薄しているような気がするんだけど。あの狙撃の腕は、プロ中のプロじゃないと無理だと思うし。

 22時からは、「この声をきみに」。この地味なドラマがとても好き。こういうヒトの心の機微に触れる作品が、テレビドラマの本道だと思う。ずっとエリートな役ばかりやってきた竹野内豊の理系ダメ男ぶりが新鮮で、「この人はウマい!」と感じた。しみじみさせてくれるし。

 麻生久美子とは何もなかったことになってるけど……なんか不自然だよなあ。なんかある方が自然なのになあ。主人公はどこで寝たの?床にゴロ寝?一晩中本を読んでいたの?

 この辺、ドラマ的に「逃げた」気がするけど……。

 麻生久美子が住んでいる部屋の雰囲気がとてもいい。広めのキッチンともう一部屋。白を基調にしたインテリア。変形した部屋だけど、その変形を巧く利用した家具の配置が、なんかとても住み心地良さそう。彼女の「繭」みたいな感じの、彼女をぬくぬくと守ってくれるような部屋で。

 映画やドラマの美術さん(美術監督)って、本当にセンスいいよねえ。ソファもなくて、ベッドが床と地続きみたいな感じって、悪くない。寝間着のままごろごろして夜になっちゃった、という素晴らしい休日を過ごせそうだし……って、外に出よう!

 スペインのカタルーニャ自治州が「一方的な独立宣言」。そりゃ中央政府は抑え込みにかかるし、他の国もスペイン中央政府を支持するだろう。英国はスコットランド問題を抱えているし、フランスだってバスク問題がある。

 この前の住民投票をスペイン政府は警察を使って妨害したように、あの国は西側なのに結構荒っぽいことをするから、独立派を力で抑え込もうとして泥沼の紛争になってしまう危険がある。

 そうならないことを祈る。

 短いニュースを挟んで、「ドキュメント72時間/京都 静かすぎる図書館」も見る。京都にある私設図書館。図書館と言うよりは「お勉強スペース」。やっぱり、人が集うところには、人間ドラマがある。「月曜から夜ふかし」の「眠らない街」コーナーは、この番組のパロディみたいなところがある。

 まあ、一人暮らしでも、一人で居るとだらけてしまうから、こういう場所に出かけて、と思う人も多いだろう。おれも近くにこういう場所があれば通うかも。

 長風呂して疲れてしまって、モーレツに眠いので、0時30分就寝。

今朝の体重:88.60キロ

本日の摂取カロリー:3208kcal

本日の消費カロリー:204kcal/5615歩+34kcal(自転車)

2017年10月27日 (金曜日)

10月26日/スッキリ爽やか!

 7時過ぎ起床。

 爆睡。

 久々の快晴!

 洗濯をしながら朝のモロモロを済ませる。

 便通もスッキリ。やっぱりココロとカラダって一体なんだねえ。当然のことだけど。

 アサメシは、割れかけの卵があったので、非常用の「パック入りご飯」を温めて、卵かけご飯に。インスタント味噌汁と漬け物。パック入りご飯が多かったので2膳に分けて、お代わり分を焼き海苔で。

 立憲民主党の国会議員に日本会議のメンバーはいない、と思っていたら……「日本会議国会議員懇談会」に属する議員が一人いた。しかしまあこれはWikipedia情報で絶対に正しいとは言えないし、当人の公式プロフィールには記載されていないので、ここまでにしておく。その人物以外の日本会議に属する旧民進党議員は全員、希望の党に行った。ついでに書くと、前原は日本会議だと言われていたが本人は否定。自ら日本会議に電話して「私はメンバーですか?」と確認して、「違います」との返答を得たらしい。

 仕事は順調。

 しかしこんなに気分が変わるものか、と自分でも戸惑うほど、今日はスッキリ爽快。久しぶりの青空だもんねえ。

 あまり腹が減らなくて、お昼は省略。

 二つに分かれていた場面を整理して1つにして、一山越える。結構難所だったので、いい感じ。少し安堵。

 が、次のところで、どうしようかとストップしたところで、時間。

 16時にカイロの予約がある。

 ずっと右足が痛かったのだが、それが治ると今度は左足。どういうこと?無意識に庇ってた?

 施術が終わって、北千住東口に向かい、くーたんのご飯を大量に買いだめ。

 そのついでに、おれも夕食。

 「定食かあちゃん」でサンマの塩焼き定食。それに明太子をつける。

 美味い。

 帰路、卵や漬け物を買う。ついでに「割れせんべい」も。

 天気がいいのは明日までらしいので、明日どこかに行けないかと思うが……「第1章」はまだ終わりそうもないし、相方も予定があるので無理か。

 夜のニュースはドラフト会議がメイン。日本ハムはいい選手を採るよねえ。ダルビッシュも大谷も。金属バットの高校生がプロで大砲になれるかどうか疑問視する「識者」もいるけど……日本ハムは選手の育成に長けているから……と知った風に言いたくなるけど、日ハムなら大丈夫じゃないかという気がする。

 で、たぶん出て来るだろうと思っていた、上げ潮の立憲民主党に「セクハラ疑惑」。文春砲だ!党は速攻で該当者は無期限党員資格停止。こういう事は速攻でビシリとやらないとダメだもんね。スキャンダルの後続がないことを強く願う。

 で、旧民進党のゴタゴタ体質はそのまんま、希望の党に移った感じで、なんとも滑稽至極。結局、旧民進党がまとまらない印象だったのは、今、希望の党にいる連中のせいだったんじゃないの?結果が物語ってるもんね。踏み絵を踏んだはずなのに、今になって「安保法制反対」とか言いだしてるし。彼らは旧民進党の保守派で、立憲民主党の面々とは政策が違ったんじゃないの?

 これはもう「旗色が悪い希望の党からイケイケの立憲民主党にまた乗り換えたい」っていう賤しい欲望が露骨に出たとしか言いようがない。中には「前原さんがまとまって移ろうと言ったからそれに従っただけ」というヒトもいるだろうけど、自分で決めて踏み絵を踏んだんだよ、あんたらは。その事実の重さを自覚してくれ。

 まったく見苦しいにもホドがある。

 というか、こんな状態で、希望の党はまとまるのかねえ?まとまってくれないと、困るんだけど。

 録画した「ブラタモリ」の立山、見ていなかった部分を観る。立山、また行きたくなってきたなあ。

 前回はバスツアーに参加して室堂にある「ホテル立山」に泊まったけど、今度行く時は、宇奈月温泉で泊まりたい。ここはとてもいい温泉なのだ。

 そのあと、「月曜から夜ふかし」を見る。ガッキーが映画の宣伝のためにゲスト。先週分はまるで面白くなくて、この番組も終わりか、と思ったら今回は面白い。どうもおれの調子が悪くて、面白がれなかったようだ。

 見ていると、相方から電話。いろいろ話す。まったく、「ネットゴロ」みたいな存在はこれまた見苦しいこと夥しい。そういうのには触らない方が精神衛生上、宜しい。

 Facebookにもいるらしいけど、何故か全然表示されない。おれのFacebookに出て来るのは、ネコと美味しいものと、おれに思想信条が近い人たちの書き込みだけ。無菌培養されている気もするけど、ネットで不愉快になる必要は、さらさらない。

 仕事に戻る。出来れば今夜中に、もう一山越えておきたい。

 が、いざ書き出すと、疑問点が湧いてしまった。この件は相方の発案だが、打ち合わせの時には判っていたのに、詳細を忘れてしまった。

 その部分は飛ばして、次の部分に着手するが、構成を組み替えた方がスッキリするんじゃないかという気もしてきた。

 こういう時は、風呂で考えるのが一番。

 ということで、風呂に入る。

 お湯に浸かって考えて、この部分は原案通りに書くことにする。

 風呂から出たら、もう0時を回っていた。

 相方に質問のメッセージを送って、ゴミ出しをして、ベッドへ。

 寝る前にiPhoneでニュースを読みすぎて、気がついたら1時30分。

 慌てて寝る。

今朝の体重:88.45キロ

本日の摂取カロリー:1704kcal

本日の消費カロリー:46kcal/1187歩+56kcal(自転車)

2017年10月26日 (木曜日)

10月25日/突然、長いトンネルを抜けて、気分爽快・気分上々

 7時過ぎ起床。

 雨~曇り~雨。

 朝のモロモロを済ませる。

 アサメシはダブルソフトのトースト2枚にゆで玉子、ハム&マヨネーズ、牛乳。

 仕事開始。

 気分的には絶不調。天候のせいか、総選挙のせいか、スランプに陥ったのか、部屋に籠りっぱなしで鬱になったのか。

 昼は、アンチョビソースのスパゲティに海苔をまぶして粉チーズをたっぷり掛ける。これ、なかなか美味い。

 雨は降り続いている。

 小雨だから、テニスは休まないで行こうかねえ……今日休むと休みグセがついてしまって、ずるずると休んで辞めてしまいそうだし。カラダを動かして汗をかけば、気分も変わるかも。

 なんとか第1章の一山を書き終わったら……俄然、気分が晴れた。難しいところを越えて、ここからは自家薬籠中のモノ的な部分に入ったからか?

 とにかく、突然、気分が晴れて、自分でも戸惑うほど。

 凄く一安心した気分になって、TBS「ゴゴスマ」を見る。この番組、最初は地味で、ついついドギツイ「ミヤネ屋」を見ていたが、あのドギツサが鼻についてきて、「ゴゴスマ」の控えめなところに好感を持ち始めた。コメンテーターの発言も穏当というか、東国原がかなり的確な政治分析をする。「ミヤネ屋」のように当たり障りないことを言う赤星やガダルカナル・タカよりずっと面白い。

 今日は特に、共同通信の記者が「昨日、希望の党の議員とカラオケしたら岸洋子の『希望』を歌い出してしんみりした」という話題を出したら、大慌てで「希望」のCDを探してきて(事前に打ち合わせはしていたんだろうから、そういう演出か)流したのがナイスだった。そういうネタだけではなくて、「選挙に負けたら解散する政党なんて、ありえない!」という情勢分析は全くその通りだし、思惑が外れたからってユリコ辞めろ民進党に戻りたいとか言ってる議員はダメだとか、的確だと思う。

 ほんと、泥船の民進党から逃げ出して(前原が「みんなで希望の党に合流する」と言ったからそれに従った、という言い訳は一応出来るけど)イケイケだった希望の党に移ったら、突然風向きが変わって、今や「絶望の党」と言われるようになったら「私は安保法制には反対だった」とか言うことを変えてきたヤツもいて、節操ないこと夥しい。

 ハシモトは必要以上に言葉がキツいから好きではないけど、「今回の騒動は選挙の度に党を変えるチョロチョロネズミを駆除出来てよかったじゃないか」(要旨)と書いていて、それは全くその通り。こういう見苦しいヤツは落選して当然。当選したヤツもいるけど。

 右翼系の発言者が多い「アゴラ」にも、読むべき記事はある。早川忠孝氏の「小池さんが反省するとしたら、立憲民主党に刺客を放ったことか?」とか。クソな事ばかり書いている八幡和郎も時々は的を射たことを書いている(「保守二党論ではなく保守・中道二党論」とか)し。あんまり毛嫌いしないで、いろんなものは読んでおくべきだろうなあ。
 本気でアベを倒す気だったのなら、「希望の党には入れないけど食い合わないようにやりましょう」とどうして言えなかったんだ?独力で自民もリベラルも蹴散らせると思ったのか?

 15時から、希望の党の「当選議員懇談会」の冒頭のユリコの挨拶だけ生中継。何故か細野がいない、と東国原。当選議員の寸評をガンガン喋る東国原は「政界の地獄耳」か?

 思惑が狂ったからと言って、「希望の党」で当選したんだから、当選議員はこの党をなんとかしていく使命があるんじゃないの?ガタガタブツブツ言ってるヤツは本当に格好悪い。こういう時に人間の本性が見えるんだねえ。

 しかし、今になって立憲民主党と同じようなことを言い出してる希望の党の議員って、なんなんだ?これもズルイだろ。というか、前原に従ったから自分の主張は隠してたのなら、それも批判されて当然。あの誓約書にサインしたという意味をキッチリ考えるべきだ。

 って……、まあ、あの場合、その場の雰囲気に流されちゃうよなあ。枝野さんたちだって、ユリコに選別されて拒絶されて行き場がなくなったから新党を立ち上げたんだしねえ。

 雨が上がったので、テニスに行く。

 やっぱりもともと下手だった腕が、もっと悪くなっている。しかし、他のメンバーも同じように落ちているように見えたのは何故?上手い人はそのまま上手いけど。ボレーの新技(ラケットを横にして打つ)を教わってから調子が狂った感じはする。

 試合では、目の前で勢いよく撥ねた球に反応できなかったり、空振りしたり、さんざん。う~む。もっとボールに触れてればこういうミスは減るのは確実なんだが。

 久々にプールで泳ぐ。平泳ぎ&背泳ぎ。ストレッチ。

 それから風呂。

 例によってお湯に浸かりながら、晩メシをどうするか考える。ペッパーランチで肉を食うか、喜多方ラーメンにするか。

 喜多方ラーメンにしたが、何故かお店は満員。こんなに客が入ったのも珍しい。というか、おれとしては初めて。だから厨房もフロアもてんてこ舞い。

 北千住の駅裏にあるローソンで、くーたんのごはんを買い、帰宅。くーたんは本当に決まったものしか絶対食べない「超保守派」。しかし突然、嗜好が変わったりするのが厄介なんだが。

 「相棒」の終わりだけ見た。犯人の中村俊介は不起訴って、どうして?顧問弁護士が犯人隠匿で逮捕されたのに。甲斐さんって警察庁のヒトだよね?警察庁のヒトが、どうして警視庁刑事部特命係を配下に置けるの?きっちり作り込んでいるドラマだから、しかるべき説明があるのだろうが。

 「報道ステーション」を見ていたら寝てしまったので、ベッドへ。しかし、東京映画祭って、今年で30回目か。第1回の時は「ビルマの竪琴」がオープニング上映されて、そのテスト試写でフィルムをNHKホールの映写室に運んだり映写チェックに立ち会ったりしたんだよねえ。

 あれから30年か。

 しかし、気分は上々。やっぱり、雨が続いたからとはいえ、部屋に籠っているのは精神衛生上、宜しくない。外に出なきゃ。そして、仕事的にも、まだまだ山はあるのに、突然長いトンネルから抜け出せて、まるで気分が違う。物凄く不思議な感覚だけど、そうなんだから仕方がない。

 0時7分、就寝。

今朝の体重:89.15キロ

本日の摂取カロリー:2883kcal

本日の消費カロリー:158kcal/4368歩+28kcal(自転車)+702kcal(テニス)+70kcal(プール)

2017年10月25日 (水曜日)

10月24日/なんだかなァ!(by 阿藤快)

 7時過ぎ起床。

 寝ている間はプレッシャーでおちおち寝てられない気分でそんな夢を見たりして、ストレスが溜まって心臓が重い感じで目を覚ますのだが、起きてしまうとなんだか安心して「まだまだ大丈夫」と思ってしまう。それは夜まで続いて、妙に楽天的な心境で寝ると、またプレッシャーというかストレスをモロに感じる……。

 そんな毎日。だったらガンガン書けよ!と自分を叱る。

 薄曇り~曇り。

 今日は予報が外れた。昨日、洗濯しておいてよかった感じ。

 腹が減っていたのに、空腹感が消えて、アサメシはダブルソフトのトーストと牛乳のみ。

 これは仕事モードに入ったな、とMacに向かう。

 昼は、玉子焼きを作ろうと思ったのだが、急にモーレツに面倒になって、カップヌードルとご飯少しに「ゆかり」を振りかけて食う。

 『今回の衆院選で野党が候補者を一本化していれば、少なくとも84小選挙区で与党を逆転していた可能性がある――』と、毎日新聞が(←リンク)。そう単純計算の通りにはならないとは思うけど、だったら自公は過半数を割っていたわけだ。

 ユリコが選挙後のことに目を瞑って、「とにかく今は、アベ政権を倒すために大同団結しましょう!」と言っておけば……。

 歴史に「たられば」は意味がない、とよく言われるが……どうしても考えてしまうよねえ。

 で、旧民進党は、結局、分裂前より議席を増やしていたという、興味深い数字が(←リンク)。これもまあ、「門前払い」を食わされた枝野さんたちが奮起した結果であって、旧民進党のままだったら議席は減っていただろうけど……。

 右巻きのおバカさんが今の政局と「シン・ゴジラ」と庵野さんの発言を引っかけて勝ち誇ってるらしい。まったく右巻きは映画のことも判らないバカなんだなあ。

 登場人物の殆どが「早口でセリフを喋らないとカットされる」と思ったほど脚本の分量があったのだから、本筋を追うだけでタイムリミット。それに、作劇を考えても、あの緊迫した展開の中で「政府に反対する勢力」なんか描いても枝葉になってダレるだけだし脇道に外れるし。

 だいたい、パニック映画で「主人公たちの行動に批判するグループ」なんか登場しないぞ。反撥し合っていても力を合わせる(「タワーリング・インフェルノ」とか「ポセイドン・アドベンチャー」とか)じゃないか。それも判らない映画音痴の馬鹿にはナニを言っても無駄か……。

 「安倍首相はモリカケ問題を逃げるために、実質来年の1月まで国会を開かないでいるつもりのようだ」と高野孟が書いているらしい。もしかして、答弁が大嫌いなアベ首相は、特別国会の首班指名のあと、また解散したりして?

 実際、特別国会で首班指名を受けて国会の構成を決めて、それで終わり。臨時国会は開かれず通常国会まで何もなしということになりそうだ。

 

 旧民進党から希望の党に行ったヒトと日本会議の関係をざっと調べたら、面白い事実が判った。ちなみに、立憲民主党には日本会議関係者はいないようだけど。

 こういうふうにスッキリしたのは、唯一のいいことだったと思える。民進党の保守化とリベラルというよりも、日本会議系とリベラルがスッキリ分かれたのだから。

 

 で、その「希望の党」、ニュースを見ていると、早くも内紛が始まった模様。結局、旧民進党がまとまらなかったのは、希望の党に行った連中のせいだったんじゃないの?

 というか、落ち目になると、すべてが裏目に出るよねえ。怖い怖い。

 などなど、いろいろ思うが、今回の「野党側の大実験」の結果、おれなりに判ったことを書く。

1)保守2党論は現実的ではない。(自民党が保守合同以前のように割れなければダメ)

2)保守ハト派とリベラルは殆ど区別がつかない。(自民党のハト派政権時代と立憲民主党の言ってることはほぼ同じだ!)

3)極右タカ派は保守ではない。(と、保守勢力から声が上がっている)

 とか、いろいろ考えていると、仕事が進まない。

 これもみんな、こんな時期に総選挙をやった……いや、止めておこう。こんな夢なら醒めて欲しいけど。

 なんとか今日も一山越えたが、「1日1山」じゃあハカがいかなくてどうしようもねえや、なあ嬶。

 夕方のフジテレビで、傑作ドラマ「デート」を再放送している。今日は第2回。これ、DVDをかうかどうか迷ったほどよく出来たドラマなのだ。というか、再び見ると、高等遊民を自称するニートな主人公が痛すぎて正視出来ないけど……。

「5時に夢中!」を見る。今日のゲストは急遽決まったと言うことで、稲垣吾郎。あれ?本来は誰だったんだっけ?

 この番組にゴローちゃんは完全にミスマッチだけど、それが妙にハマって、すべてシャレの世界。たまにゲストで出て欲しいねえ。

 朝昼と軽く済ませたのに、腹が減らない。これは仕事モードに入った証拠だ、と頑張るが、明日書く分を整理しただけで終わってしまった。

 夕食は、シャウエッセンを焼いて、キャベツの千切りと、ご飯を温め、味噌汁をさらえてしまう。それときんぴらの残りと漬け物の残り。

 にゃあにゃあ鳴くくーたんを抱っこして、目をパチパチし合う「コンタクト」を取っていると、くーたんの愛情がじわ~っと伝わってくる。おれの愛情も伝わっているかな?

 夜のニュースで、アベをはじめとする閣僚や与党幹部が口を揃えて「謙虚」を連発したが、これほどあからさまなウソも珍しい。どうせ数週間後には「そんな約束はしていない」とか「説明は充分尽くした」とか言って強行採決とかするのだ。今までの「実績」はそうだ。さあ、この「謙虚」がいつまで続くのかねえ。

 裏では、「希望の党」潰しの戦略がすべて「立憲民主党」に向くのだから、枝野さんはじめ、党のメンバーはくれぐれも身辺を綺麗にして発言に気をつけて、くだらない揚げ足をとられないようにして欲しい。右巻きのマスコミやネット民が手ぐすね引いて虎視眈々と失策を待ってるんだから。

 しかし、旧民進党時代よりも、立憲民主党はネットの使い方は上手いんじゃないか?この点は期待出来ると思う。

 風呂に入るのが面倒になり、ゴミ出しをして、1時前に就寝。

今朝の体重:90.00キロ

本日の摂取カロリー:1649kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

2017年10月24日 (火曜日)

10月23日/寝不足・半額割引で中華を大食い

 7時過ぎ起床。

 何時に寝ても絶対、7時前後に目が覚めてしまう。

 曇り。

 寝ている間に豪雨があったのは間違いないが、その雨音は判らなかった。

 足立区では、中川や新芝川流域で避難勧告が出ていたようだ。

 こんな状態でも野党がまとまれないと与党が圧勝してしまうのが小選挙区なんだよねえ。選挙制度改革の時は、政権交代が出来る制度として小選挙区制を支持したし、比例代表制は小党が分立して政局が不安定になるだけだと思ったけど、こうなってしまうとねえ……。

 アサメシは、ご飯を「早炊きモード」で炊いて、卵かけご飯。お代わりして海苔としらすで。きんぴらゴボウと漬け物と昨日の味噌汁。

 昨日入らなかった風呂に入ってサッパリする。

 熱い湯にしたので、カラダとアタマにカツを入れて、仕事のスイッチを入れる所存。

 天気が一気によくなって、文字通り「台風一過の快晴」になったので、洗濯するが……風がきつそう。早まったか。どうせなら明日にすればよかったか。しかしもう洗濯してしまったから仕方がない。

 干すが、かなり風が強くて、他所の洗濯物は容赦なく飛ばされている。というか、こんなに風が強いのに、軽く留めただけじゃあ、そりゃ飛ばされるでしょ。

 仕事!仕事をしなければ。

 書くことは決まっている。相方からの追加メモも届いている。

 しかし……どうもスイッチが入らない。

 昨日届いたラトルのブラ全を含めて、手持ちのブラ全CDを全部、iTunesに入れる。

 しばらく聴いていなかったザンデルリンク/ドレスデンがムチャクチャいい。アンセルメもいい。案外ショルティがおとなしい……。

 アサメシを食いすぎたのか、昼を過ぎても腹が減らない。

 なんとか仕事を進める。

 午後のワイドショーでは、総選挙の結果について、あれこれ言っている。14時からのアベ首相の記者会見では、例によって「丁寧なご説明」「真摯な政治の運営」「合意形成のための努力は当然」と殊勝な顔で言っていたが、今までの実績で、全部ウソッパチだということは判っている。

 今の唯一の希望は、理路整然ときちんと話せる枝野さんだけだ。

 政治家として全くダメな前原は、早々に退場して欲しい。まあ、混沌としていた民進党を大胆に整理した功績はあるだろうけど。

 だけどねえ……今になって「旧民進党の保守派」と言われた連中が、リベラルみたいな事を言いだしているけど、これはなんなの?立憲民主党に擦り寄る伏線を張ってるの?最初からそう言ってれば、ごく一部の離党者が出るだけで、旧民進党は分裂することはなかったんじゃないの?

 とにかく、「当選ありき」でいろんな党にフラフラ移籍しまくって当選回数のみ増やしていた信念のなき連中はかなり落選して、整理されてきた。

 ユリコは、これで政治生命は終焉するのか?それとも、また何かで復活してくるか?だけどねえ、「ガラスの天井は破ってきたけど、鉄の天井があった」って……。まるで政治の女性進出を阻む大きなものに負けた、と言う口ぶりじゃん。あんたは自滅したんだよ。まあ、その前に、「希望の党」の理念とか目指す方向とか曖昧なままだったけど。

 その意味では、アンチの存在があってかえって簡単・明確に自分の立ち位置を示すことが出来た立憲民主党はよかった。というか、逆境を見事に武器にしたわけだし、枝野さんの雄弁な演説もよかった。

 政策新人類と呼ばれ、政策通なのは新人議員の頃から認められてきて、東日本大震災の時は「枝野、寝ろ」とネット民からも気遣われた枝野さん。

 アベが、「日本の本来の保守」からかなり逸脱した「極右」の様相をハッキリ見せだした今、その対立軸のリーダーになるのは、枝野さんしかいない。ユリコは、本心がどこにあるのか判らないし思想心情的にはアベと殆ど変わらないのだから、対立軸のリーダーにはなりえない。

 社民党はもう、レガシーというか、MacだとSCSIというかフロッピー・ディスクみたいなもので、ほとんど歴史的遺物。とは言え、本来の社会民主主義は、これから光るべきだと思うのだけれど……。

 ちょっと腹が減ったので、近所の和菓子屋さんでおにぎりを2つ買ってきて、冷えたお茶とともに。

 「5時に夢中!」を見るが、モーレツな睡魔に襲われて、寝てしまった。

 今夜は、相方と夕食を食べる約束をしているが……このまま寝ていたい。

 最近は、寝不足が続くと、途端に風邪を引いてしまうし。

 と、言いつつ、19時前に、「鶴亀飯店」へ。今月いっぱい使える半額割引券があるのだ。

 店で相方と待ち合わせて、「棒餃子」「小籠包」「海老チリ」「麻婆豆腐」「レバニラ炒め」「春巻」「ピータン」「ザーサイとネギの和え物」「豚肉のガーリック炒め」をシェアして、おれはグラスビールとご飯セット。このご飯が想定外に多かった。が、残さず食べる。

 この前、熊が出るというので歩けなかった、志賀高原のトレッキングコース、思い起こせば思い起こすほどに、歩けなかったことが残念でたまらない。写真で見ると、夢のように美しい森の中を歩けたのに……。

 トレッキング・ツアーに参加するか、ガイドさんをお願いして、リベンジしたい。

 しかし……熊は各地に出没している。尾瀬のあの有名なコースにも出たらしい。以前は秋に出ると言われていたけど、7月に襲われた例もあるからなあ。

 熊に襲われるのは、怖いし、痛いだろうし、苦しみながら死ぬのは嫌だなあ。一発で殺されるなら……。

 ニュースで、台風の被害が甚大だったことを知る。

 

 ダラダラして、23時過ぎに就寝。

今朝の体重:88.90キロ

本日の摂取カロリー:2332kcal

本日の消費カロリー:測定ミスで不明

2017年10月23日 (月曜日)

10月22日/まあ今回の選挙は、事実上、野党側の大きな実験だった

 7時過ぎ起床。

 雨。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはご飯に味噌汁2杯、W目玉焼きにお漬け物。

 今日は台風。

 選挙は昨日済ませた。

 この情勢だと、どう考えても与党が勝つ。小選挙区制である以上、マスコミの予測通りに与党が圧勝するだろう。

 野党が割れてしまったんだから、間違いなくそうなる。

 しかし、野党が割れたのは枝野のせいではない。すべてユリコのせいだ。合流を拒んで排除したのはユリコであって、拒まれて行き場を失った者は無所属で出馬するか、枝野新党に参加するしかなかったのだ。

 仕事をする。

 なんとか難しいポイントはクリアするが、1日1クリア、という感じ。

 昼は、買ってきた「鍋焼きうどん風のきつねうどん」。しかしネギが入っていなかった。ウチにあったネギは全部味噌汁で使ってしまったので、ネギなしで。ネギの入っていないうどんは、美味くない。

 「こころがないタレント」と仲間に言われている東野幸治がひたすら登山をする「東野アタック」を偶然見たら、これが面白かった。

 天津木村やロッチ中岡とともに日本百名山の1つに登る。トレッキングではなく、本格登山。なかなか凄い難所を登っていくが、番組全体が「異様なほどの東野アゲアゲ褒めまくり」で、この不自然な異様さが逆に無性に面白くて、妙に感動してしまった。登山したのは事実だし、登山中に、あまりの辛さに泣き出した中岡を励まして手を貸したのも事実だし……。

 道中の、異様に美しい景色に心を打たれてしまったし……。

 なんだかとても奇妙な番組だった。

 14時からの「きらクラ!」は録音。リアルタイムで聴いてもいいんだけど、14時~16時というのは仕事的にはゴールデンタイム。とはいえ、進まない……。

 16時過ぎからの、徳光たちの「路線バスの旅」は北千住から西新井大師経由川口まで。地元が出て来るとモーレツに恥ずかしくて全部は見られない。なんだか正視出来ないのよね。最近、北千住が取り上げられることが増えてきて、チェックはするけど……やっぱり見るのは恥ずかしい。

 夕方に、Amazonに注文したサイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルのブラームス交響曲全集が届いたので、早速、第1番を聴いてみる。

 ラトルだから、もっとモダンな、サラサラした演奏かと思ったら、重厚で腹にドンと来るもので、凄く意外だった。

 このタイプの演奏の方が好きなので、とてもいい。

 ただ……録音の状態があんまりいいとは思えない。なんか、ゴチャッとした圧縮したような感じの録音で……再生装置に問題があるのかもしれないが。

 18時からのテレ東「車あるんですけど…」は、カレーマニアの聖地巡礼。

 これを見ていると、なんだかとても和んで、希望が持てた。今のご時世、こういう身近で身の丈に合った楽しみを見つけるのがいい。町田のカツカレー、荻窪の客を選ぶ店、大宮のスリランカ・カレー、柏のラーメン屋の激辛カレー、みんないいねえ。みんな幸せそうだし。

 夕食は、牛丼を作る。モランボンの「牛丼のつゆ」があるので、タマネギと牛細切れを煮る。生姜も入れようとしたら傷んでいたのでチューブの生姜を入れる。

 タマネギをじっくり煮込むと、家で作ってもこんなに美味しい牛丼が出来るのかと驚嘆。

 思う存分つゆだくに出来るし。

 美味い!もしかすると吉野家の牛丼より美味しいかも。まあ牛コマとは言え、悪くない肉だったし。

 また作ってやろう。

 満を持して、20時からのテレ東の選挙特番を見る。

 20時にジャストに結果が判明。与党圧勝。希望惨敗。立民躍進。

 今回の池上特番の売りは「悪魔の辞典」だが、それ自体は面白いけど、ウリにはならないなあ。

 他局も池上さんの成功に習ってキツい質問を浴びせたり、候補者の「どうでもいい情報」を流したりするから、池上特番の独自性が薄れてしまった。創価学会や連合本部への突撃も、回を重ねると、最初の頃の「タブーぶち破り」感が消えてしまったし。

 テレ東の弱点は、開票速報がなかなか入らなかったこと。いろんな企画だけではもどかしい。各地の「注目選挙区」の開票状況が知りたい。特に千葉一区とか。生活のために議員になりたいと自分で言った長谷川豊だけは、選挙区でも比例でも落ちて欲しい。スピード違反したくせに妙に自己正当化する幼児気質なヤツを国会に送ってはいけない!

 それでもまあ、土曜の秋葉原のアベの演説の時の混乱をはっきり取材していたのは他局ではあまり見られなかったので、よかった。アベの熱烈支持者なのか動員されたサクラなのか、妙に攻撃的なジジイが反アベな人たちに手を出して攻撃していた光景は実に嫌なもので、こういう暴力的な「右巻き行動隊」が堂々と道を歩くようになったら、これはもうナチスの親衛隊か、戦前の特高や憲兵の復活と同じだ。

 なんだか、雰囲気は、ブラームスの第1番の第1楽章のような、重苦しい、モーレツに苦しい感じ。

 ただ、こういうイヤな今の世間の空気に絶望ばかりしてられない。というか、絶望したらテキの思う壺だ。

 幸い、おれたちには自分の意見とか考え方を発表できる場があるのだから、多くの人に受け入れられる形で自分の考えを地道に述べていくべきだ。読みやすく読者を楽しませる物語に乗せて……。

 戦前だって、あの思想弾圧の中、笑いの中に世相風刺を込めたコント作家もいたのだ。「お国のため」ではなく「お肉のため」のコントを書いた作家もいたんだし。このネタは三谷さんの創作だとしても、あの名作「笑の大学」は、エノケンの座付き作者の実話に基づいてるんだし。

 だから、人の口を完全に封じることは出来ないのだ。

 池上特番で特筆すべきは、小島瑠璃子! こじるりを現場レポーターに使ったのは大ヒット!で彼女も台風の中、深夜まで各地を飛び回って、よくやった!

 そして、アベとの直接対話の時に、バックで開票の声が喧しくて、事実上の放送妨害をされた件をきっちり岸田文雄にクレームをつけていた。他局ではこんなあからさまな妨害はなかった。こういう姑息な真似をするから、自民党には反吐が出るのだ。

 どうやら前原が辞意を表明したようだ。当然だ。どうせなら議員も辞めて、政治から離れた方がいい。こんな大嘘つきの、カッコ悪い開き直りしか出来ない男には一刻も早く退場して貰いたい。民主党政権も、コイツが足を引っ張って瓦解した部分が大きいのだと思うし。

 野党が団結してアベを倒すことより、「第2保守党」を作る方が大事というのは、今の空気、風をきちんと感じられないわけで、政治家として最低最悪だ。

 ユリコは、連戦連勝で自分の思惑通りに動いている快感に酔ってしまったところもあるだろうが、前原の場合は、文字通りの背水の陣だったはず。1つの失敗も許されなかったはずなのに……なんじゃこりゃ、だ。

 しかし旧民進党の保守派って、ここまで根深く枝野さんたちを嫌ってたとはね……同じ政党を組んでいるのは無理だったワケで、それがあるべき姿に分裂したのはよかったのかもしれない。ただ、その分裂で「平成の怪物」の息の根を止める最大のチャンスを失ったのだが。

 

 テレ朝では、田原総一朗の番組が始まったが……田原は、入れ歯が合わないのか、終始口をもぐもぐさせていて、それがもうジジ臭いというか老人ぶりを強調していて、ハッキリ言ってみていて不快だった。視聴者からの声を紹介して集まったコメントを読んでいるアナウンサーに「野党がダメってどういうことだ!」と怒鳴ってたけど、これはアナウンサーの意見ではなく、ただ読み上げていただけなのに。アナウンサーに個人的な意見を求めるなら、そう言わないと。田原も、そろそろもう限界か?

 腹が減ったので、ダブルソフトにマヨネーズをつけて、食う。それと牛乳。

 ユリコは、パリで、ようやく、反省の弁を口にしたが……。

 民進党を丸呑みして「オール野党連合」を組んで、勢いで勝ったとしても、そのあとのことを考えると、保守(それもユリコの保守はかなり右だ)とリベラルに割れるのは必至で、民進党とまったく同じ図式になって「ガバナンスの不在」とか非難されるのは目に見えているので、先に手を打って「ユリコ的保守じゃなきゃ入れてあげない」と言ったのだと思うが……。

 

 今回は大きな実験だった。その結果判ったことは……。

「保守2党は、無理」

 ということ。自民党が割れれば話は別だが、自民党は割れないだろう。アベにこんなに好き勝手されてるのに、自民党の中にいるリベラル勢力は沈黙を守るばかりだし。

 自民党ではない保守は、「日本のこころ」みたいな極右か、「改革保守」というよく判らない存在しかないが、極右はそれほど支持を集められない。だって、アベがいるから、存在価値がない。

 「改革保守」というのも、よく判らないし、政策的にはアベと殆ど同じだった(ユリコの場合だが)。

 こんな「第2保守党」は不要だろう。

 となれば、枝野新党的な、もっとハッキリとリベラルの姿勢を見せて、法治国家なら憲法を遵守する政党でなければ、存在する意味がない。

 ヨーロッパにおける社民党的な立ち位置。日本の社民党はなんだか盲腸みたいな存在になってしまったが、対立軸というか、考え方の違いがハッキリ判る政党じゃないと、存在価値はない。

 共産党と組みたくないという表向きの理由(本当の理由は、「当選したい」だけだったんだろう)でユリコ新党に走った連中は、ユリコ新党の旗色が悪くなってくると、早々とユリコ新党を離れたそうなことを言い始めた。こんなフラフラする連中は早々に淘汰されるべきだが、そんな連中をあぶり出せただけでも、この実験の意味はあったのだと思う。

 旧民主党~維新~民進党~希望の党とフラフラしまくったヤツはハッキリ判る。

 今回の選挙で1つだけよかったのは、長谷川豊が落選したこと。本当は前原も落選して欲しかったのだが。

 台風が気になりつつ、これ以上選挙関連のテレビを観ても意味がないと思い、3時就寝。

今朝の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:2044kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

2017年10月22日 (日曜日)

10月21日/ひとつ山越しゃホンダラッタホイホイ、もひとつ越しても……

 7時ごろ起床。

 雨。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはダブルソフトのトーストにゆで卵、カフェオレ。

 いよいよ台風が本州にやってくる。明日は風雨ともに強くなるだろうから、今日中に、生まれて初めての「期日前投票」に行くか。北千住は、駅前のマルイの10階、シアター1010のロビーに期日前投票所があるらしい。投票のあと、ついでにフードコートのはなまるうどんで肉うどんを食ってこよう。

 

 雨も降っているし、予報ではもう少ししたらいったん止むようだ。それまで少しでも仕事しようと思った時に、相方から電話が入ってしばらく話す。

 電話を切って11時ごろ、雨が止んだので、期日前投票に出かける。

 エレベーターの前が既に混んでいる。

 みんな考えることは同じなんだろうなあ。おれは一般市民の平均的考え方なんだろうなあ。

 やっとエレベーターが来て10階にあがると、すでに凄い行列。ロビーいっぱいにウネウネと人の列が。

 期日前投票をする時には、投票券の裏にいろいろ記載しなければならない。しかし本人かどうかの確認はなし。どうせなら本人確認した方がいいんじゃないの?

 しかし、これだけの人が、順番を待っても、投票する権利をキッチリ行使しようと並んでいるのだ。

 積極的棄権をしようとか言った東浩紀って、頭が良すぎて一周回ってバカなんじゃないかと思う。棄権は棄権であって、選挙に何の影響も与えない。組織票を持つ政党が有利になるだけだ。

 それは「自民党に投票するなら棄権しろ」と言った森達也だって同じ事。前の参議院議員選挙の時に言ったことを今ごろ蒸し返されていると怒っているけど、そう言ったことは事実。

 棄権って、まったく何の意味も持たない。仮に「白紙投票」が出来たとしても、同じ。

 棄権ってのは有権者が唯一、政治に対して意思表示できる機会を自ら放棄するもったいない行為なのだ。

 40分待って、やっと順番が来た。

 「戦略的投票」をしたが、結果はどうだろう?

 出口調査のヒトはいなかった。いたら大嘘をついて出口調査の精度を落としてやろうと思ったのに。

 エレベーターで1階に降りて、はなまるうどんへ。

 「ぶっかけ牛肉温玉うどん」とおにぎり2つ。しかし「温かいの」を頼んだつもりだったが、出てきたのは「冷たいの」だった。まあ、期日前投票所は暖房が効きすぎていて暑かったので、まあいいか。

 フードコートは満席で、立ち食い。

 帰路、ルミネに寄って「崎陽軒のシウマイ弁当」を買って帰ろうと思ったが、崎陽軒の弁当はすべて売り切れ。残念!

 霧雨の中、自転車を飛ばして帰宅。

 そのまま風呂に入る。

 風呂から出たら眠くなってしまった。

 録画した「タモリ倶楽部」を見る。シャンパンタワーについて。ホストクラブとかでシャンパンタワーをやると、ごく普通のシャンパンタワーでは35本必要で、最低でも1本5万円らしいから、安くて175万+シャンパンタワー製作費が必要。ま、こんな事はカネが余ってるヤツの馬鹿騒ぎだけどね。大金持ちのタモリでさえ「おれは絶対にやらない」と言っていた。番組で使ったシャンパンはたった5本だった。

 昨日のNHK「72時間」(携帯電話の修理屋@京都)を録画したつもりなのに、なぜか今日の午前中に再放送した先週放送分の「広島太郎を探して」しか録画されていない。しかも「広島太郎」の分は先週録画したはずなのに、いつの間にか消えていた。

 何らかの誤作動が発生している。気味が悪いなあと思いつつ、「広島太郎」を見る。2013年に放送したもので、広島では名物になっているホームレスを追ったもの。会って話せば元気になるとかお店が繁盛するとか、一種の縁起物扱いになっているヒトを探すのだが、何故か見つからない。

 仕事を始める。

 昨日進まなかった部分は、なんとかクリア。しかし、次の山がすぐに来た。これをクリアしないと……しかし、名案が浮かばない。浮かぶ時はつるべ打ち的に連鎖してバンバン浮かぶのに……。

 17時30分のテレビ朝日のニュースを見て、「人生の楽園」を見て、日テレ「青空レストラン」。信州上田の松茸。そりゃあ美味いでしょう!香り松茸味シメジと言うけど、香り高い国産松茸って何時から食ってないかなあ。この前志賀高原に行った時の夕食に出てきたけど、わずか2切れだったし、自分で焼いたので香りがよく立たなくて不完全燃焼的な味だったし。

 松茸の土瓶蒸しは、ウィーンで賞味したのが美味しかった。貧乏旅行中に風邪を引いて、けっこう高いホテルに泊まってオペラ座近くにある「韓国&日本料理」の店で奮発してしゃぶしゃぶを食べ、安かったので松茸の土瓶蒸しも頼んだのだ。とても安くて美味しかった。風邪は一晩で治った。

 夕食は、ステーキ。赤身が大好きなので、安い牛もも肉のステーキ。片面を強火で焼いてフライパンを一気に冷ましてもう片面は弱火でじっくりと焼くが……肉が薄かったので、肉汁が滲み出る前に火が通ってしまった。

 キャベツの千切りを添えて、大衆食堂のステーキ風にして食う。ポテトサラダとオニオンスープと共に。

 美味い。

 ステーキは赤身の肉が最高だと思う。

 「出川哲朗の充電させてもらえませんか?SP 絶景!信州パワスポ街道行くぞ諏訪大社」を途中から見て、「ブラタモリ」に乗り換える。「ブラタモリ」は録画しているんだけど。

 今回出てきた辺りは、以前行ったことがある。しかし、その成り立ちについてはまったく知らなかった。室堂の辺りは氷河が作り、その下の弥陀ヶ原は植物が腐りきらず泥炭化して出来たのか……。

 この前の志賀高原でトレッキングが未遂なので、安全で風光明媚なところをトレッキングしたい!この辺は行ったけど、ただ行っただけなので、いろいろ知った上で、再訪したいねえ。

 で、「のぼせもん」の最終回。

 小林信彦の「大河エッセイ」も近年は、知っているヒトがどんどん亡くなって寂しい、という事が繰り返し出て来る。おれはまだそういう境地ではないが、いずれ、そうなるのだろう。最終回は、そういう寂しさに満ちていた。

 ナベプロの総帥・渡辺晋は、クレージーキャッツの面々からすれば「社長」ではなくガクタイ仲間だったわけで……。

 植木等最後の紅白出演の時には小松政夫が付き人となって世話をした、というくだりは、泣いた。

 またテレ東に戻って「アド街ック天国」は寸又峡。ここのトロッコ列車に乗りたい!温泉に入りたい!

 TBS「新情報7デイズ」で、過去に犯人の親だとネットでデマを拡散されていわゆる「電凸」された人がその録音を保存していて、番組の中で再生したのだが、それはひどいものだった。

 電話してきたオバハンは完全に「犯人の親」だと思い込んでいるから、まったく聞く耳を持たず、いくら訂正して思い違いを正そうとしても「ネットではそういうことになってるから」と意味不明なことを口走って、「アナタ、アタマ大丈夫?」とか勝ち誇ったように言ってる。アタマが大丈夫なのか心配なのはこのオバハンの方だ。でも電凸した本人は、いいことをしたと今でも思ってることだろう。もしこの番組を見ていても、自分がしたことだとは覚えていないだろう。

 匿名って、何をしても責任が伴わないから、ひどいものだ。

 それに、ネットのデマはすぐに拡散して訂正する手段がない。なんとかならないものか。

 本当に腹が立った。

 と……ずっと名案が浮かばなかった部分、突然、解決策が天から降ってきた。

 こういう事があるから、創作は楽しい。

 しかし今から書くのはもうしんどいので、要点をきっちりメモする。

 Facebookで、旧知のN氏が「ラトル/ベルリンフィル」のブラームス交響曲第1番が凄い!と書いているので、これは聴いてみなきゃと、Amazonで注文する。

 おれは、ミュンシュ/パリ管の重戦車のような演奏が大好き。しかしザンデルリンク、セル、ケルテス、アンセルメ、シャイーなどはもっとサラサラした速いテンポで振っている。それはそれでいいんだけど、やっぱり1番は、ベートーベンの重圧に苦しんで、なかなか書けない苦悩が滲み出たような演奏の方が胸に迫るのよね。このラインはバーンスタインやフルトヴェングラー、そしてカラヤン(ウィーンフィル/デッカ盤)やクレンペラーもそうなんだけど。ベームやショルティはその中間という感じ。

 寝る前に、アタマをクールダウンしようと、NHK「歴史秘話ヒストリア聖徳太子の棺 伝説のその先へ」(再放送)を途中まで見る。前半を見ていなかったので。奈良から大阪まで今で言えば4車線の道幅の道路を作っていた事が最近発掘された、というのも凄い。江戸時代でもそんな広い道路を作らなかったのに……。

 歴史を解明してくのは、本当に面白い。

 地学も、地球の歴史を解明していくわけで、一つ一つの証拠から推論を組み立てていくのはスリリングだ。「ブラタモリ」が面白いわけだ。

 0時30分就寝。

 夢の中に「二度と会いたくない奴」が現れて、コイツに原稿を催促されて飛び起きた。

 仕事があるのは、今のご時世、本当に有り難い。有り難いのだけど、〆切に追いまくられるのも、辛い。がんがん書き進めていると、我が世の天下、みたいな「何だか知らぬが天下取った気分だよ~」(by 植木等)と歌いたくなるのだが……。

今朝の体重:88.30キロ

本日の摂取カロリー:2740kcal

本日の消費カロリー:74kcal/1766歩+46kcal(自転車) 

« 2017年10月15日 - 2017年10月21日 | トップページ | 2017年10月29日 - 2017年11月4日 »

安達瑶の本

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト