« 2017年1月22日 - 2017年1月28日 | トップページ | 2017年2月5日 - 2017年2月11日 »

2017年1月29日 - 2017年2月4日

2017年2月 4日 (土曜日)

2月4日/仕事して、太巻き探し

 7時ごろ起床。

 快晴。

 朝のモロモロを済ませてアサメシはダブルソフトのトーストにゆで卵、牛乳、コーヒー。

 仕事開始。「悪徳探偵3の3」、なんとか今日中に終わらせたい。

 これと祥伝社の第2章も早急に終わらせて、東京近郊区間遠回りの乗り鉄をしたい。そして各地の駅ナカでそばを食べたい。って、昨日も書いたっけ。

 昨日までに書いた分を読み返して、手を加える。調子を整えて、無駄を省き、ギャグを付け加える。

 それをやったので、なかなか先に進まない。

 濡れ場を書きあぐね、飛ばして先に進む。

 昼を過ぎて、遅めのランチ。

 ご飯を炊いて、昨夜食べようと思って買ってあったお総菜の「酢豚」「シュウマイ」「中華風春雨サラダ」で。それだけでは足りなかったので、玉子かけご飯も。

 食後休憩で、昨夜の「バイプレイヤーズ」を見る。寺島進と田口トモロヲの確執。というか田口トモロヲが変人過ぎる「設定」だが、次第にその「変人」ぶりには大きな理由……役を完全に理解して自分のものにしようとする努力……が判って、二人して役にのめり込んでいく。

 妙に感動しちゃったなあ。この「バイプレイヤーズ」、オハナシとしてはたわいないのに、何故かラストには妙に感動してホロリとしてしまう。

 今回は清水富美加がとても良かったし。こんなに可愛くてコメディも出来る女優さんは貴重だよ!

 終わりのフリートークでアドリブの殺陣をやってしまったが真田広之がすべて受け止めてくれた、という話もよかったなあ。

 おじさんが一緒に暮らして、ワイワイやっているという設定も、なんだかいい。かつてアパートを舞台にした「すいか」とか「ちゅらさん」(東京篇)とかもよかったんだけど、これは「大家族」への郷愁か?実際こういう暮らしをすると、他人の過干渉に辟易してシンドイのは容易に想像がつくんだけど、見てる分には、「いいなあ」と思ってしまう。

 「タモリ倶楽部」も見る。人形町商店街の「現金つかみ取り」に挑戦の巻。タモリが「おれ、そこそこ金持ってるのになんでこんなことしなきゃならないんだ」と言ったのが妙に生々しかった。そりゃタモリは億万長者だもんねえ。

 その流れで「サラメシ」も見てしまった。ドラマの「消え物」担当者の苦労。

 以前、映画の消え物は、装飾部のおじさんが片手間に作っていた。料理が映画のメインの場合は専門業者に頼んでいたが……こういうプロの専門家が居る方が絶対にいいよね。最近はこういうシステムになって、見た目もいいし実際に美味しい消え物が出せるようになったのは実に喜ばしい。以前の消え物はねえ……俳優さんがちょっと気の毒だったもの。

 仕事再開。

 なんとか進める。

 

 夕方、陽が落ちる前に外出して、くーたんのご飯を買う。

 そのついでに何か食べてこようと思ったが、まだそこまで腹が減っていないので……太巻きを買って帰ろうと考えていたことを思い出した。

 昨日の「アホー巻」の嵐の翌日。売れ残りのラベルを貼り替えて、安く売ってないかな、と思ったが、これがもう、どこもまったく売っていない。

 セブンイレブンやファミマといったコンビニは全滅。たぶん今日は太巻きなんか観たくもない心境なのかもしれないし、昨日の今日で太巻きなんか仕入れても売れないと踏んだのかも。

 普通のスーパーにもない。

 こうなると、こっちも意地になって探し始めた。

 結局、安売りスーパーの「おっ母さん」に「助六セット」として売っていた。太巻きと手巻きとお稲荷さんのセット。これで手を打つことにする。

 そう言えば、おれの親戚や知り合いの関西人は誰も、家で「恵方巻き」を食べる習慣はなかったが、姫路に実家のある方は、行事として食べていたらしく、逆に「関西では恵方巻きの習慣は浸透している」ように思っていたらしい。しかし、関西といっても一様ではない。

 以前から恵方巻きの習慣がある地方や家庭に文句をつけるつもりはまったくない。地域の文化や風習は尊重され、守られるるべきだと思う。

 おれが嫌なのは、ローカルの風習を、あるいはその風習を故意に歪めて商売の種にして無理矢理全国展開して儲けようとする食品・流通業界の浅ましさだ。そして、そういう「でっち上げられた(地域性無視の)伝統文化」がいつの間にか定着してしまい、素朴単純に信じ込まれてしまうことが凄くイヤなのだ。根拠がないマナーやエチケットがさも当然のように提唱されるように。

 また、外来のものが売らんかなの業者によって「クリスマスにケーキやフライドチキン」「バレンタインデーの女子が男子にチョコレート」「ハロウィンに仮装馬鹿騒ぎ」「イースターに色つき玉子」というように日本式に故意に歪められて広まって、本来の意味が完全に消え失せたイベントも大嫌いだ。バレンタインデーなんか、本来の姿で、男女のどっちからでも好意を持つ相手にチョコでもなんでもプレゼントを贈る方がずっと自然でいい習慣だと思うし、それは実行しているが。

 しかしまあ、「土用の鰻」は、平賀源内がでっち上げたことなのに、何故か「恵方巻き」のように激しい反感を持たない。いや、むしろ、嬉々として従っている(最近は鰻は高くて食えないけど)。

 まあ平賀源内は歴史上のビッグネームだし、江戸時代に始まったことだし、恵方巻きほどド派手にやらないし、どこか洒落っ気があるから受容できるのだろうなあ。「初詣でに遠くの有名寺社仏閣へ」というのも電鉄会社のデッチアゲだけど……。

 日本人は、曰く因縁故事来歴がありそうで、なんだか御利益がありそうなデッチアゲにはコロッと騙されるんだよねえ。それが日本人のDNAなんだろうかねえ。

 そう思えば、「節分は太巻きの日」として、普段そんなに食べない太巻きを食べる日として認識してもいいかな、とも思う。ふんだんに売ってるんだし……。「丸かぶり」のような奇習は、やりたいヒトがやればいいんだし。

 帰路、自転車を漕ぎながら相方と電話で話す。クライマックスの段取りを変更しないと盛りあがらないので提案して了解を貰う。

 で、帰宅して、「助六セット」を食べる。

 美味い。

 食べながら「青空レストラン」を見る。鹿を撃ってジビエ料理、ということだったが、鹿猟は失敗。まあこれもそういう段取りだった気がする。番組の中で鹿を撃ち殺すのは……。

 しかし、鹿肉の料理はどれも美味そうだった。特に「赤ワイン煮」は肉がほろほろになって実に美味しそう。

 19時のニュースを見て、「ブラタモリ」のことを完全に忘れていて、「家、ついてってイイですか?」を見てしまった。まあ、別府温泉よりこの番組の方が、いろいろ考えさせられる。

 下総中山のおじいさんの淡々とした暮らし(物凄くいろいろあったことは想像がつく)は、なんだか胸を打つものがある。

 先日、快楽亭が「晩年をどう過ごすか、考えた事ないですか?」と言い始めたのにはちょっと驚いたが。噺家の場合は定年なんてないし、ボケない限り、呂律が回る限り、高座に上れる限り、現役。だがモノカキはどうしたって限界がある。どんなに冴えた人だって80近くなると書くものに力が無くなっていく。

「その点、演者はいいですよね」

 と快楽亭は言ったが、快楽亭は、噺家としてどう円熟するかということを言いたかったらしい。おれはどう生き延びるかについて考えてしまったが。

 「アド街ック天国」は太宰府だったので、見ないで、仕事再開。

 どうも、予定枚数より短くなってしまいそうなので、アタマから読み返してエピソードを追加しないといけない。濡れ場を長々書いて帳尻を合わせるのはバランスを失するし。

 とにかく、明日に持ち越し。

 1時過ぎ、就寝。

今朝の体重:88.65キロ

本日の摂取カロリー:1930kcal

本日の消費カロリー:26kcal/832歩+114kcal(自転車)

2017年2月 3日 (金曜日)

2月3日/仕事&回転寿司

 7時起床。

 快晴。

 朝のモロモロを済ませて、仕事開始。「悪徳探偵3の3」。

 何故か部屋が寒い。エアコンの設定温度を上げるより、風向きとかを変えてみると……ビンゴ!むしろ設定温度を下げても温かい。

 サーキュレーターを併用すれば25度まで下げても温かい。今まで、無駄なところを温めていたのかも。

 風呂に入る。

 ブランチは、スライスしたフランスパン(バゲットではない丸いヤツ)にトマトソースを塗ってチーズを振りかけた、ピザトースト。なかなか美味い。

 13時過ぎに、外出している相方からランチのお誘いがあったので、千住大橋へ。

 待ち合わせより早く行って、ポンテポルタの100円ショップでシャワーカーテンを釣るフックを探していると、相方も来た。

 そのまま一緒に「はま寿司」へ。

 かなり沢山食べるが、寿司の王道よりも、邪道である「カルビクッパ」とか「てんぷら」とかの方が美味しい感じ……。まあ、寿司自体は邪道メニューを揃える「くら寿司」よりはるかに「はま寿司」のほうが美味しいんだけど。

 「はま寿司」のiPhone用アプリは、会員登録しても2度目に起動させると忘れてしまうという欠陥があるので、使えない。

 しかし、会計の時にアプリをインストールしてあるのを見せると割引が利いた。

 スーパーで買い物。

 恵方巻きの宣伝が凄いので、太巻きが食いたい。しかし恵方巻きとしては絶対に食べたくない。今夜遅く、売れ残りの投げ売りが始まったら、買おう。

 帰宅して仕事を再開するが……眠い。しかし、仕事をする。

 「5時に夢中」を見ると、三人娘(伊東ゆかり、園まり、中尾ミエ)が揃っていた。伊東ゆかりはまったくトシを取っていない!

 が、見ていてすぐに寝てしまった。

 このまま寝てしまおうかと思ったが、起きる。

 カロリー的に、本日分は食ってしまったので……すこしひもじいが、夕食は抜くことにする。深夜に太巻きを買いに行くし。

 トランプに「狂犬」と呼ばれたマティス国防長官が来日したが、日本に強硬な要求を突き付けるのではなく、逆に日本を守る確約をした。海兵隊の退役大将でアメリカ中央軍(地域別の統合軍らしいが詳細はよく知らない)の司令官まで務めた人物だから、東アジア情勢や軍の事情に関しては無知なトランプよりはるかに通じているだろうから、現実的な対応をしたのだろう。と、思いたい。狂犬はトランプの方だ。ま、今後どうなるか判らないけど。

 怒りまくる熱血刑事と温厚なベテラン刑事のコンビを思い起こすなあ。

 仕事再開。しかしあまり効率上がらず。

 時々テレビを観たり。

 NHK「歴史秘話ヒストリアスクープ!1500年封印された感動メッセージ」を見る。日本のポンペイと言ってもいいような、群馬の榛名山近く。榛名山の大噴火の火砕流で埋まってしまった遺跡が発掘されて、4体の白骨が出土。これから想像される当時のあれこれ。4体は、この地域を治めていた「王」とその家族だったらしく、王は榛名山の噴火を鎮めようと最後の最後まで努力していた……と。

 「報道ステーション」を見て、阿部サダヲの「下剋上受験」を少し見る。ナントカ算は全く判らない。まあこういう問題が出たら方程式で解いてしまうけども……数学的思考力を養うために、こういうナントカ算を習う必要はあるんだろうな。おれは全然ダメ。

 結局、予定枚数の半分まで来たところで、本日終了。

 面倒だし、寒いので、売れ残り・投げ売り状態の太巻きを買いに行くのは止める。大量廃棄を見越して値段に上乗せしているという説もあるし、今年は廃棄しないように絞っているかもしれないし、0時前じゃあ投げ売りは始まっていないかもしれないし、そもそもコンビニは投げ売りしないかもしれないし、買いに行ったら既に賞味期限切れで店頭から消えているかもしれないし……とにかく無駄足を踏んだらバカみたいだから。

 ま、来年、夜遅くまで外に居たら、コンビニを覗いてみよう。太巻きは食いたいけど、明日、普通に買おう。

 

 0時就寝。

 鉄分が不足している。連載と「第2章」が終わったら、どこかにいきたいけど、せめて東京近郊遠回りで電車に乗って、駅ナカの立ち食いそばを食べまくりたい。

今朝の体重:88.85キロ

本日の摂取カロリー:1710kcal

本日の消費カロリー:103kcal/2540歩+45kcal(自転車)

2017年2月 2日 (木曜日)

2月2日/打倒!エセ伝統文化&太巻の底値はいつ?

 7時30分起床。

 快晴。

 洗っておいた洗濯物を干す。風がキツい。

 青汁の宅配のおばさんが来たが、今日が配達日であることを、完全に忘れていた。昨夜、財布の金を全部使ってしまったので、カネがないぞ。

 おばさんに謝って、来月分と一緒に払うことにして貰った。

 大失態。

 朝のモロモロを済ませるが、「総長賭博」に感激して熱く感想を綴っていたら時間がかかってしまった。この作品を熱く語るサイトも幾つか見つけて熟読したりして。いろんな立場の人物をそれぞれきっちり描き込むと、こんなに立体的な、人間の「原罪」を凝縮したかのような人間ドラマが出来るんだなあ。それが本当に見事。そしてやっぱり、鶴田浩二が素晴らしい!

 アサメシは、昨日「味噌汁化」した鍋の残りに、茶巾餅を入れて。これは美味い。それにご飯と目玉焼きに白菜の漬け物。

 デザートに、先日相方が買ってきたレモンケーキを食べる。

 仕事開始。「悪徳探偵3の3」。書くことは決まっているし、イメージも出来ているのに……何故か進みが悪い。今日なんかドドッと書き進めるはずなのに……。

 眠いのだ。テニスの翌日は、疲れが残っていて、どうにも眠い。

 iMacに向かっていて、何度もオチる。

 丸っこいフランスパンをスライスしてあるのをトーストして食べる。なかなか美味い。

 4月にオープンするスポーツクラブの北千住校の受付センターに電話して、いろいろ訊くが……。テニススクールは今の曳舟より月にして4000円も高くなる。ウチから近いのは北千住校だが……所要時間としては片道30分の差。この時間をどう捉えるか。曳舟に行くのにもっと時間がかかるなら話は違ってくるけど……。電車代は往復330円。

 今のクラスはみんな仲がいいし、雰囲気は最高。帰り道に美味い店もあるし……。

 だったら、今のままの方がいいのかも。

 転校する特典は全然ないし、同じ系列なのに、そういう配慮はまったくない。会費を支払うクレカも新しく作らないといけないし……。

 カイロの時間。

 コンビニのATMで金を下ろす。

 足と肩は、先週より痛みが少ない。テニスのあとストレッチを入念にやったからか。

 帰路、安さで評判のお総菜屋でメンチカツとスパゲティ・サラダ、ベーコンと野菜のマリネを買う。

 民放の18時台のニュースがチマタの話題として「恵方巻き」を扱うのはまあ仕方がないとは思うが、NHKの19時のニュースで「明日は節分。節分と言えば恵方巻きですが」とさも当然のように、日本の伝統習慣のようにアホー巻のことを話題にするのは許せない気分。

 こんな、「捏造された」もの(大阪の色街発祥だから、ふつうに節分を祝う習慣では断じてない)を、日本の伝統文化のように扱うのがどうしても納得出来ない。大阪の海苔業者が伝統文化のように宣伝して、それをセブンイレブンが日本中に広めて、同業他社もそれに乗って、でっち上げた「ウソ習慣」ではないか。

 こうやって、根拠も何もない風俗習慣が誕生して定着するんだろうな……。マナーだってそういうのが混入していることだろう。

 そういう、根拠のない、ウソには従いたくない。マナーやエチケットもしかり。きちんとした根拠や裏付けがあれば謹んで従うが「みんなやっているから」というだけのことなら、従いたくない。ま、無用な軋轢は生みたくないから、周囲の空気を読んでイヤイヤ従うこともあるだろうけど。

 同じように、チョコレート屋が広めた「日本式バレンタインデー」も嫌だし、商売人が広めてしまった「ハロウィン」なんかどうして日本人がやるんだと思うし……今度は「イースター」だってよ!

 まあ、商売人の商魂逞しさには、敬服するしかないのだろうなあ。だけど、商売人には支配されないぞ!

 とはいえ、売れ残ってたたき売り状態になった「恵方巻きと称する太巻き」は買おうと思っている。コンビニのバイトくんのノルマになるのは可哀想だし、安く太巻きが食えるなら結構なことだ。問題は、どのタイミングで買うのが底値かということ。

 廃棄寸前で買うのが絶好のタイミングだろうな。3日の深夜、4日未明ってところか?

 で、買ってきたメンチカツなどで食事。

 NHK「ファミリー・ヒストリー」を見る。近衛十四郎一家の巻。と同時に、松方弘樹の追悼にもなっていた。

 松方さんは凄い役者だと思う。しかし、現代劇に出るとき、例のトレードマークにしていたレイバンのサングラスをどんな役でもかけていたのがねえ……。一流ホテルのマネージャーが、ヤクザと同じサングラスをするか?

 やっぱり松方さんはスターであってアクターではなかったんだろうなあ。スタッフも松方さんに強く言えなかったのだろうし……それは同業者としてよく判るんだけど……。

 夜、相方と電話で打ち合わせる。

 どうにも眠い。

 今夜は仕事を諦めて、「きらクラ!」1月29日放送分の録音を聴きながら、昨夜出来なかった税金関係の書類整理をする。

 MXテレビ「ニュース女子」で、ロクな取材もしていないのに一方的な主張を放送した件で、司会を務めているのが東京新聞の論説副主幹ということで、東京新聞が紙面で釈明。しかし、この論説副主幹当人がどう思っているかには全く触れていない。これは、個人の主義主張思想信条というより、報道人としての「報道に対する姿勢」が問われている。長谷川氏は東京新聞のなかでは異色の「右派」らしいが、その前に、新聞社の一員として、今回の取材のあり方、番組のまとめ方についてどう思っているのか。それが知りたい。報道人としての矜持があるなら、番組を降板するか、きちんと状況を説明するか、東京新聞を辞めるべきだろう。

 0時就寝。

 布団の中に何度もくーたんが入ってきて、気が済んだら出ていくことを繰り返す。妙な声で鳴いていたけど、特に異変はなかった。遊んで欲しくて焦れていたのかな?

今朝の体重:88.35キロ

本日の摂取カロリー:2637kcal

本日の消費カロリー:24kcal/625歩+32kcal(自転車)

2017年2月 1日 (水曜日)

2月1日/「総長賭博」・仕事・テニス

 7時40分頃起床。寝不足。

 快晴。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシ。

 昨日の「豚バラ白菜鍋」の残りに味噌を入れて「具沢山の味噌汁」にする。油揚げを追加すれば完璧になったはず。美味い。これに目玉焼き、白菜の漬け物、ご飯。

 食後、書き始める前に、参考に「博打打ち 総長賭博」(1968)を見る。

142483541850426020180_pdvd_020_2015

 が、参考というのはどこかに飛んでしまって、映画の面白さと凄さに夢中になる。

 昭和9年。日本の大陸進出に乗じて大儲けしようとする「エライ人たち」に「組」が利用されようとする、発端。

 その場で人望があって筋を重んじる組長が倒れてしまい、そのの跡目相続のイザコザが起きる。

 ナンバー2の鶴田浩二はヨソの組から「移籍」してきた身なので固く辞退して兄弟分で服役中の若山富三郎を推すが、オジキ(金子信雄)は強硬に反対してナンバー3の名和宏を強く推す。「あいつはいつ出て来るか判らんのだし」と……。

 が、思いの外早く、若山富三郎の仮出所が実現したことから、悲劇が始まる。

 各々の論理と感情が絡み合い、「渡世の筋」「任侠の筋」「男を立てる」ロジックが正面から激突する。コチラを立てればアチラが立たず、理屈では納得しても気持ちが収まらない。親分のそんな気持ちを察した子分の余計な行動が事態をいっそう複雑にして……。

 登場する役者すべての芝居も素晴らしいが、登場人物みんなに「それぞれの正義」があることをきっちり描き出す。敵役に見える名和宏だって、立派な男であることをきっちり描くので型どおりのステレオタイプな人物造形にはならない。

 そんな人物たちが激突して絡み合い、にっちもさっちもいかなくなる過程を克明に描き出した緻密な脚本に感嘆!笠原和夫だ!

 その脚本を監督した山下耕作も凄い。

 なんというか、格調の高さすら感じる。

 男の意地と筋の激突に、親分の女将さんの苦悩。自分の命と引き替えになんとか幕引きを図ったり。人物造形が完璧に出来ているので、その行動に納得してしまうし、「この方法しかなかったんだ」と、泣ける。この涙は、メロドラマの涙ではなく、論理の末の「帳尻合わせの悲劇」の悲しさであって、人間の愚かさが生み出した悲劇なのだ。

 おれはギリシャ悲劇は不勉強でよく判らないが、この作品を三島由紀夫が激賞してギリシャ悲劇に比した気持ちはよく判る。

 ヤクザの世界でギリギリの人間の悲劇を描き出したのだ。

 これは、「仁義なき戦い」に通じる。鶴田浩二が折り目正しく演じ、若山富三郎が情念を爆発させ、桜町弘子が矛盾を引き受け、名和宏も筋を通して道を外すまいとする。金子信雄はひたすら卑怯陰険姑息の最たるものだが、このオジキにしたって立派な言い分はあるのだ。

 参りましたね。

 凄い。

 「仁義なき戦い」が剥き出しの人間ドラマだとすると、この「総長賭博」はロジックの大激突。最後は、なんとかトラブルを抑えて丸く収めようとすべての苦難を背負い込んで奔走した鶴田浩二の怒りが爆発して、「任侠道か……そんなもん俺にはねえ……俺は、ただの、ケチな人殺しなんだ……」と、すべてを否定してしまう。

 このアナーキーサーに衝撃。

 ちょっとね、腰が抜けた。

 なんて凄い映画なんだろう!

 映画の興奮醒めやらぬまま仕事を始めるが、しばらくはダメ。

 エンターテインメントの枠の中で、自分のやりたいことをやって、それを傑作にしてしまうには、確かな技術に裏打ちされた職人技と、明晰な主張が必要だ。それを実現するには、最高の頭脳が不可欠。そう考えると、笠原和夫の山は、あまりにも高く聳え立っている。知れば知るほど、笠原和夫という人は、凄い。

 ちょっと外出して買い物をして、15時ごろに遅いヒルメシ。

 残っているチキンクリームシチューにチーズを振りかけて、オーブンで焼いてグラタンにする。

 ちょっと焼きすぎてしまったが、久々のグラタン、美味い。焼けたチーズが実に香ばしい。

 

 なんとか仕事のスイッチが入って、書き始める。のっけは「賭場」の場面。手順に間違いが無いように、調べながら書く。

 が、時間切れ。テニスを休めばもっと書けたが……。

 北千住駅のプラットフォームでおにぎりを食べて、曳舟へ。

 東武曳舟駅の改造工事は進捗して、隣接する病院もほぼ完成。通路がオープンした。この通路がないと不便だったのよね。

 テニスは……今日はあんまり宜しくなかった。生徒の数が16人で、これは多すぎ。試合もあんまり出来ず、会心のショットも出ず。

 北千住に出来る同系列の新しいスポーツクラブに「転校」する相談を数人のテニス仲間とする。明日、北千住校に行って手続きなどを聞くことにする。

 プールでストレッチをして風呂に入ってから、近くに今日オープンした焼き鳥屋があるので行きませんかと誘われて、テニス仲間のおじさん4人で、行く。

 予定になかったので持ち金が心配だったが、なんとかなった。

 店内は満席。

 焼き鳥はタレも塩もつくねも、なかなか美味い。

 おれは中生だけだが他の3人はホッピーをガンガンいく。

 〆のご飯ものは要らないの?とみんなに言われる中、我慢。

 ホントは、テニスのあと、先月分の税金関係の書類を整理したかったのだが、こりゃ無理だね。

 帰宅して、録画した「月曜から夜ふかし」を見て寝ようと思ったら、見ながら寝てしまったので、中断。

 洗濯機を回して、0時過ぎ、就寝。

今朝の体重:88.75キロ

本日の摂取カロリー:2172kcal

本日の消費カロリー:180kcal/5076歩+83kcal(自転車)+702kcal(テニス)

2017年1月31日 (火曜日)

1月31日/CDマスタリングと腹部CTと「緋牡丹博徒・お竜参上」

 7時過ぎ起床。

 快晴。

 朝のモロモロを済ませる。

 今日は10時30分から腹部CTを撮る。もっと早い時間ではどうかと言われたが、9時とかだと早すぎると思ったが……もっと早い時間にしておけば良かった。

 仕事をするには半端な時間なので、快楽亭のCDを作ることにする。まずはおれが去年11月に上野広小路亭で録音した「看板のピン」を編集。

 ここで10時になったので、病院へ。

 途中、ATMに寄ってお金を下ろす。

 頭部CTとかMRIは閉所恐怖症なのでシンドイが、腹部だから問題ナシ。ただ、造影剤について脅しじゃないかと思えるほどの「こういう副作用が出る場合があります」という警告を受ける。これだけでビビっちゃう人も多いと思うけどなあ。

 幸い、おれは、打った時にカーッと全身が熱くなったが、それだけで済んだ。

 終わってから30分は病院に居てくれと言われて、待合室のベンチでiPhoneを見る。

 会計を済ませる。思ったよりカネがかかった。保険が利いて8000円。

 結果は1週間後。

 北千住東口に回って、「定食かあちゃん」で牡蠣フライ・トリカラ・クリームコロッケのミックスフライ定食を食べ、くーたんのドライフードを買い、スーパーで買い物をして、帰宅。

 どうせなら快楽亭のCDマスタリングをやってしまおうと、2席目の「三十石」にかかる。これは上野でもやって大ウケだったのだが、一部トチってしまったので名古屋の毒演会で録り直したという音声データを先日渡された。

 それを聞いてみると……音が小さすぎるし、マイクがきちんと師匠の口に向いてないんじゃないかと思えるレベル。

 複数のソフトを使い、いろんな手を使って、なんとか音量を上げるが……やっぱり音量は足りないし、無理しているので音は悪い。これをCDにするのは気が引ける。というか、1席目の「看板のピン」と音が違いすぎる。

 快楽亭のケータイに電話するが留守電だったので「これは使えません。録り直した方がいいです」と入れておく。

 と、ほどなく折り返して電話が入り「トチッたところだけ名古屋の分に差し替えられませんか?」と。その方が音の違いがハッキリ判るので避けたいと答えて、録り直しを勧める。師匠は、3月の博多毒演会で売りたいので困ったな、と。

「なんとか一部差し替えをやってみてください」

 と言われたので、アタマから聞き直す。だいたいの場所まで飛ばすと、その編集ポイントを探すのにかえって時間がかかるので、こういう場合はアタマから聞いていく方がいい。早回しが出来ないので。

 で、そろそろ「問題の箇所」か、というところで、快楽亭から電話。2月の新宿・道楽亭での会で録り直しましょう、ということになる。

 ホッとした半面、差し替えの作業をする直前だったのでちょっとガッカリ。いや、録り直した方がすべての面でいいのだが。

 帰宅してからの3時間の作業が無駄になった……けれど、それは、録り直しを進言するために必要だった。

 「ブラック版三十石」は傑作なので、万全の状態で聴いて戴きたいので……。

 ということで、CDマスタリング作業は中断・延期。

 今朝、相方から届いた「悪徳探偵3の3」の原稿ファイルを読む。

 面白い!

 これはいけるぞ!

 今夜はウチで鍋を食べてから参考のために映画を観ることになっている。それで打ち合わせて、祥伝社の第2章は中断して、明日からこっちを仕上げてしまおう。

 「5時に夢中!」を見ていると、相方到着。

 今夜は食事の前に映画を観ることにする。

 藤純子の美しい佇まいを見ておきたいので「緋牡丹博徒・お竜参上」を見る。これは、熱狂的ファンが多い「緋牡丹博徒」シリーズの中でも屈指の名作らしい。快楽亭に聞くと「『緋牡丹博徒シリーズ』は甲乙つけがたい」とのことだが……。

 おれは、小津安二郎と溝口健二が苦手。どちらも戦前の作品はいいのだが、戦後の「巨匠」になってからの作品は、どうしても、ダメ。小津は、生理的にどうしても受け付けない。役者の芝居に編集、音楽の使い方がまったく合わない。努力して好きになろうとしたのだが、どうしても駄目だった。

 これは「死者の世界」だからではないかという是枝監督の言葉に接して「なるほど!」と膝を打ったのだ。似たような世界を描いても、成瀬巳喜男は大好きだが小津はダメ。どうしても、ダメ。それは「死者の世界」を描いているからだと思えば、なんだか納得出来る。

 溝口健二は、「ワンシーンワンカット」という自分のスタイルに固執しすぎて、映画の武器である「編集」を捨てているのが不思議で溜まらないし、表現が不自由になっているのが耐えられない。「カットの切り替えでアップになったりロングに引いたり」という映画表現の武器をどうして使わないのか。これは相米慎治にも言えることで、「ここでどうしてアップにしない?」「ロングショットだと役者の表情が判らない」「セリフが拾えていない」(これは録音部のせいにされるが)というイライラが募るのだ。

 で……「緋牡丹博徒・お竜参上」は……。

 期待が大きすぎたせいか、「あれ?」と思ってしまった。

 名場面だと語り継がれる「雪の今川戸橋」の場面も、転がるミカンがもっと転がるのかと思ったら意外にアッサリしていて……。

9_20091223163326

 参考資料としてみたのだが、やっぱり「映画」として見てしまう。

 「仁義なき戦い」シリーズは、映画としてまったく古びず、今も新鮮で斬新でのめり込むのだが……映画の構造が、どうも、おれにはシンドイ。やっぱりどうも、任侠映画の世界は、おれは苦手すぎる。日活アクションは大好きでオールナイトを追っかけてかなり見たのだが、東映任侠映画はほとんど見ていない。「網走番外地」は物凄く好きだけど、あれは飛び抜けてテンポのいい傑作アクション映画であって、任侠映画ではないし……。

 安部徹の「へこたれない悪役」ぶりが見事だし、藤純子は美しいし、菅原文太はカッコイイが……。

 しかし、このジャンルの最高傑作とも言われる「総長賭博」は見ておかねばなるまい。書き始める前に見ておくべきか……。

 見終わってから、鍋。豚バラ白菜鍋。

 打ち合わせ以外のこともあれこれ喋って、デザートにデニッシュを食べて紅茶を飲んで、22時ごろ解散。

 しかし……トランプはバランス感覚というモノを持っているのだろうか?このままでは大暴走してしまうぞ。

 Facebookでは、洒落者I氏が「リバティ・バランスを求める」という書き込みをしてらっしゃった。これはもうジョン・フォードの小品だが名作の「リバティ・バランスを撃った男」を暗喩しているのは明らか。

 このままだと、この映画みたいに、悪党リバティ・バランス(リー・マーヴィン)を撃ってヒーローになって上院議員になったジェイムズ・スチュワート(しかし本当に撃ったのはジョン・ウェイン)みたいな人物が出て来るかもしれない……。

 風呂に入ったりしていると2時近くになってしまった。

 慌てて就寝。

今朝の体重:88.30キロ

本日の摂取カロリー:2045kcal

本日の消費カロリー:48kcal/1301歩+125kcal(自転車)

2017年1月30日 (月曜日)

1月30日/仕事して、ちょっと遠出

 7時過ぎ起床。

 快晴。

 久々にベッドリネンを交換して洗濯。

 その間に朝のモロモロを済ませる。

 で、屋上に干しに行ったら……これまた久々に、どこの誰かは知らないが勝手におれの物干し竿が使われている。

 もちろん、問答無用に洗濯物を移動させる。

 アサメシは、スクランブル・エッグにベーコンに、ダブルソフトのトースト、牛乳、コーヒー。

 仕事開始……するが、なかなかスイッチが入らず、ネットばかり見てしまったり。読売の「発言小町」でボコボコにされているヒトがいるが……これ、たぶんツリなんだろうなあ。最近の釣りネタは巧妙になってるし。ツリじゃない場合は、叩かれた「トピ主」がけっこうムキになって反論するけど。

 トランプが世界中に混乱を招いている、と書くと、「悪意に満ちた誤解」「歪曲」とツイッター攻撃されそうだが……マスコミを殊更攻撃して対峙する政治家にロクなヤツはいない。古今東西いろんな政治家を思い浮かべても、そう思う。

 まあ、トランプは「不法移民」を排除したいのであって、「合法移民」まで締め出すとは言っていないはずだが……。

 とにかく、オールマイティのように錯覚する「大統領令」だけど、こんな事がまかり通れば簡単に独裁政治が出来る。それができない仕組みがあるんだから、アメリカはムチャな「大統領令」を早い段階で潰さなければマズい。

 お昼ごろにようやくスイッチが入る。

 何度も直した「第1章」だが、まだ直し足りないところが出てきたので、修正し、それを相方に送り直す。

 その助走をつけて、「第2章」の続きを始める。

 16時近くになって、ヒルメシ。チキン・クリームシチューをダブルソフトと共に。残ったクリームシチューは中をくり抜いた食パンに入れて溶けるチーズをかけてオーブンで焼いてみよう。

 洗濯物を取りに行くと、例の洗濯物はまだ干しっぱなしだった。こういうルーズなヤツだから他人の物干し竿を勝手に使うんだろうな。

 仕事再開。

 19時過ぎまでやって、中断。

 本日は所用でまた川越に行く。

 東上線川越駅に美味い立ち食いそばがあるらしい。そこでそばを食おう。

 ということで、西日暮里~池袋経由で、川越。運良く座れたので、車内でiPadに入れた原稿を読み返し、その先の展開を考えつつ、22日放送分の「きらクラ!」を聞く。

 1時間で川越到着。

 そのそば屋は、下りプラットフォームにあると聞いたのだが……上りプラットフォームに「はなまるうどん」があるぞ。

 ということで、「はなまるうどん」の前まで行って振り返ったら、下りプラットフォームに立ち食いそばの「文殊」があった。

 うどんよりそばを食いたかったので、引き返して、「文殊」へ。

 ちくわ天・茄子天・春菊天のそばに、シャケのおにぎりを食う。そばが思っていた以上に細い。おれはもう少し太いのが好み。

 食後、所用を済ませる。

 以前から「クレアモール」という繁華街を全部歩き通してみたかったので、歩いてみる。

 なかなか楽しい。温泉と大衆演劇がウリの「川越温泉湯遊ランド」の前に出て、ここだったのかとチェック。

 ずっと歩くと、道路が石畳というかキレイな石のパネルの「大正浪漫通り」に繋がり、そこから「時の鐘」にも繋がっている。

 なるほど。約30分歩く。

 帰りはバスに乗る。

 川越から快速特急に乗ると、TJライナーの車両で快適。あっという間に池袋到着。

 この間、「きらクラ!」を聞いて、22日放送分は「完聴」(って言葉はあるのか?)。

 日暮里経由で北千住。

 帰宅して風呂に入り、1時過ぎに就寝。

今朝の体重:88.40キロ

本日の摂取カロリー:2067kcal

本日の消費カロリー:230kcal/6016歩+42kcal(自転車)

2017年1月29日 (日曜日)

1月29日/仕事&テレビ

 7時過ぎ起床。

 快晴。

 おお、体重が減ったぞ。単純に食う量を減らせば、特に夕食を減らせば、その分、体重は減る。問題はすぐに戻ってしまうところ。

 朝のモロモロを済ませる。アサメシはダブルソフトのトーストにゆで卵、牛乳、コーヒー。

 先々週の「きらクラ!」を聞きながらネットをいろいろ閲覧。

 やたら声のいい詩人、天気予報をパロディにした詩がとても面白い。こういう「言葉の実験」は刺激的だなあ。

 仕事開始。「第2章」の続き。

 進み方は悪い。しかし、遅々ではあるが進んでいる。

 相方と電話で打ち合わせ。相方が先行して書いている「悪徳探偵3の第3回」について、内容確認して、一昨日の快楽亭と喋ったことなど。

 昨夜の「胃痙攣」、胆嚢炎とかではないのかと相方が言ったので調べてみたら、その可能性はある。症状が似ている。火曜に腹部CTを撮るので、その時に症状を……って撮るのは検査技師だから医者に言わなきゃダメか。

 仕事再開。

 

 が、お昼を回ってしまって、ランチにする。

 昨日仕込んだチキン・クリームシチュー。今日も朝から何度も火を入れていたので、お肉はトロトロ、ジャガイモはホクホク、タマネギは融けかけで、美味い!

 仕事を本格再開。

 本日分の「きらクラ!」は録音。番組を録音したり録画してしまうと、どんどん溜まっていく。テレビだと翌日には見るのに、「きらクラ!」はきちんと鑑賞しようと思うし2時間あるせいか、後回しになって、溜まっていく……。

 あるエピソードに持っていくためのエピソードが足りないので考えるが……なかなかハマるアイディアが浮かばない。と、別の場面の別案が浮かんで書き直したり。

 17時30分。「笑点」休憩。

 以前は「笑点」なんてまるで見なかったのに、最近はすっかり「日曜のお楽しみ」になってしまったなあ。圓楽の三平イジリがけっこうキツい。見てる分には大笑いだが。まあ、こうやって揉まれてベテランになっていくんだろうけど……。

 「バンキシャ」を見ながら夕食の支度。と言っても、体重が気になるので、塩昆布でお茶漬け。かの小林信彦が実体験から割り出した「ダイエットの大原則」は「メシだけ食っても太らない。肉だけ食っても太らない。メシと肉を食うから太る」というもの。とは言え、メシだけ食っても体質的に太るヒトは太る。それはおれだ。

 19時から「アメトーク」を見る。鉄道芸人。日曜版らしく判りやすい内容で、ついつい最後まで見てしまった。

 20時からの「世界の果てまでイッテQ」は、仕事をしながら見てしまった。

 キムタクのドラマ、と思わなければいいのかもしれないほどキムタクの主人公が埋没した感じの「A LIFE」、役柄のせいだろうけど、キムタクが他の役者に負けてる感じ。脚本的にも浅野忠信や松山ケンイチの方が目立ってるし。医者版「HERO」にしちゃえば良かったんじゃないの?いや、そうすると「ドクターX」と被るか。なんだか煮え切らないキムタクが歯痒いし、竹内結子を巡る三角関係が実にウザイ。ドラマとしては、そんな人間関係に悩みつつも医者としての正義を貫く男のハナシ、というセンなんだろうけど……なんかスッキリしない。その前に、天才的名医に見えないのがイタい。昔ヤンチャをしていた検事、というのがギリギリだろうなあ。

 「行列の出来る法律相談所」のアタマを見て、いかんいかんと仕事に戻るが、先に風呂。

 ゴミ出しもしてスッキリして、仕事再開。

 

 0時過ぎまでやって、ベッドに資料本を持ち込んで、1時間ほど読み込む。

 設定について、再度直すべきかなあ。

 2時前に、就寝。

今朝の体重:88.15キロ

本日の摂取カロリー:1703kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

« 2017年1月22日 - 2017年1月28日 | トップページ | 2017年2月5日 - 2017年2月11日 »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト