« 3月21日/みぞれ混じりの春分の日は1日中仕事のみ……でもないけど | トップページ | 3月23日/光文社三賞のパーティへ »

2018年3月23日 (金曜日)

3月22日/皮算用と健康保険と愚かな議員

 7時過ぎ起床。

 曇り。

 朝のモロモロを済ませる。

 アサメシはダブルソフトのトースト、ゆで卵、ミルクコーヒー。

 仕事開始。「第3章」をやる。カーアクションもどきの場面だが、書いているといろいろ疑問が湧いてきて、それを解決するためにはこの場面の基本的な設定がズレていることが判明。

 粛々と仕事を進める。

 しかし……前川前文科省事務次官の名古屋での授業に文句を付けた赤池という議員は、「ちびまる子ちゃん」劇場版の宣伝文句にも文句を付けていたと(←リンク)。

 「友達に国境はな~い!」という宣伝文句に対して、このバカは、このポスターを見た瞬間に『思わず仰け反りそうに』なったと。その理由は『国際社会とは国家間の国益を巡る戦いの場であり、地球市民、世界市民のコスモポリタンでは通用しない』からだってさ。

 バカじゃないの?そんな事は防衛省に言え。外国は敵だ、友達ではないって、日本は孤立しろって事か鎖国しろってことか?

 とにかく、この赤池というバカ議員は、正気ではない。まともに議論なんか出来ない。こんなヤツの相手をしなければならない文科省の職員が、心から気の毒だ。

 昼を過ぎて、外出。

 北千住東口に行って、くーたんのキャットフードを買い、取り寄せて貰っていたキャットタワーの「足」も受け取る。爪研ぎ兼用の足。4本で5000円超。

 帰路、「横浜家系」のラーメンを食べる。食券の自販機の使い方がよく判らないまま、味玉塩ラーメン並盛りに餃子。サービスのご飯も。餃子が余計だったなあ、と思ったけど、並盛りは量が少なく、餃子も小さいしご飯も茶碗がミニサイズ。

 ラーメンは美味かった。以前は「家系」ってあんまり関心が無かったが、最近は家系にハマりそう。

 帰宅して、仕事を再開。

 

 と、書留郵便が来た。

 健康保険の今年度の保険証。去年まではプラスティックのカードだったのに、今年は紙。

 その事をmixiやFacebookに書き込んだら、意外な反響が。

 おれは「文芸美術国民健康保険組合」に加入している。加入する際に保険料を計算してみたら自治体(おれの場合は足立区)の国保よりずっと安かったから。それに、この健保は日本推理作家協会などの業界団体に入っていないと加入資格がない。年会費を払って推理作協に入ってるんだから、この健保に入らないと損だし。

 ということで、もうずいぶん「ブンビの方が国保よりずっと安いのだ」と思い込んでいた。しかし……。

 Facebookで「ブンビが高いから国保に切り替えた」というコメントが来て、「え?」と思って……自分で計算してみた。

 すると、凄く国保の方が安いじゃないの!

 あまりに意外な結果だし、その差額もあまりに大きいので、自分の計算を疑った。絶対自分が間違ってる。

 で、足立区役所の国保の窓口に電話してみると、その場で計算してくれた。

 その結果は……国保の方が毎月あたり1600円安くつく。

 あれ~~~~。いつの間に。

 これに、推理作協の会費を足したら、もっと差が広がるぞ。

 考えてみれば、推理作協に入っているメリットってあるんだろうか?以前は、会員であることで箔が付いたような感覚があったけど、実際問題、乱歩賞パーティに行けること以外になにかあったっけ?推理作家協会賞に選ばれるような路線で書いてはいないし……。

 ブンビに入っていると、年1回の人間ドックの補助がある。自腹で数千円足すだけで人間ドックが受診できる。これはけっこう大きい。

 もっと儲かっていれば、ブンビの方が相対的に安くなるんだけど……。

 う~む。

 今後、収入が好転することに期待するかどうか。

 水戸黄門ではないけど、「もう少し様子を見ましょう」ということにするか。

 改めて、平成29年度の所得を見て、平成28年度と比較すると……減ってる。なんとか盛り返さないと。

 仕事再開。

 午前中に引っかかった問題はクリア。

 「5時に夢中!」を見るが、木曜日はなんか出演者に対してコンプレックスを感じるようになってきたな……。

 昼に食った家系ラーメン+餃子+小ごはんで、全然腹が減らないので、仕事を続けるが……今日は20ページ書いて「第3章」の大半を終わらせて、明日、この章を終わらせるつもりだったのに……まだまだ道半ば。

 こういう皮算用って、皮算用の通りになったためしがない。

 頑張るしかない。

 21時近くになって、外出。近所の「ハノイ☆デラックス」のマスターN氏に、Windows機のHP miniを渡しに行く。

 お店で渡して、WindowsVistaのインストールの途中であること、外付けドライブはUSB二本挿しをしないと電源が取れないことを説明する。店内にはバッハのピアノ協奏曲が流れていた。

 う~ん、バッハはいいねえ。

 コーヒーをよばれて帰宅。

 これで、ウチに死蔵していた激古のPowerBookはすべて処分して、まだ生きている(使える)PowerBookG4とHP miniはめでたく再婚というか養子に出すというか移籍というか、知人に譲った。

 母艦のiMacにサブ機のMacBookAir、そしてiPadがわがほうの戦力だが、必要充分にしてこれ以上必要なし。気持ち的にもスッキリした。

 後は、位牌のように机の端にある「抜き取ったHDD」を成仏させてやらねば。Macって、こういう擬人的表現が似合うんだよなあ。OSXになってからはそうでもないけど、以前の0S9時代は、人間みたいに機嫌が悪くなったりしたもんなあ。

 昼間、ヤマザキ・デイリーストアで買ってきたきつねうどんを食べる。なかなか美味い。

 朝日夕刊に、三谷さんの新作舞台「江戸は燃えているか」の劇評が載っていたが、これがもう芝居を全否定する酷評。日本の劇評で、ここまで批判したモノも珍しいのではないかと驚くほど。しかも木曜日は別ページで三谷さんの長寿エッセイが載っているのに……。

 外国の新聞の劇評は真剣勝負で、批評家は命をかけて批評を書くと言われる(「市民ケーン」にもそういう場面があった)が、それを彷彿とさせる光景を見た気分。

 いや~批評されるって、コワイ。文庫エンターテインメント小説って批評の対象になることは少ないが、こんなに貶されたら心が折れてしまうだろうなあ……。

 

 仕事再開。

 しかし……23時を過ぎて睡魔に襲われて、本日終了。

 23時からのニュースを途中から見ると、前述の赤池議員と組んで文科省に文句を付けたもう一人の池田議員は、一方的な「見解」を喋っただけで記者の質問には一切応じないまま、逃げた。

 逃げるくらいなら、こんなことするなよ。ホント、議員の資格なしだ。

 

 こういう流れで書くことではないが……立川左談次師匠が闘病の末に亡くなった。さほど高座を聞いたわけでもないし親しくさせて戴いたわけでもないけれど、快楽亭やmixiを通じて、なんだかとても親密な気持ちを抱いていた。

 凄く大きな欠落を感じる。親族や親しい友人、尊敬する先輩を失った時とは違う、うまく言葉に出来ないが……大切なものをなくしてしまった感じがして、なかなか書けなかった。

 合掌。

 23時43分就寝。

今朝の体重:86.75キロ

本日の摂取カロリー:2712kcal

本日の消費カロリー:29kcal/938歩+59kcal(自転車)

« 3月21日/みぞれ混じりの春分の日は1日中仕事のみ……でもないけど | トップページ | 3月23日/光文社三賞のパーティへ »

コメント

友達に国境はない、というごく当たり前の考えに異を唱える極度に偏った思想の持ち主が「自民党文教族」として、文部行政に影響を与えている。恐ろしいことですが、現実です。安倍晋三以下、この手の「トチ狂った国家主義者」どもを政界から放逐しない限り、この国はどんどんひどいことになっていくでしょう。

おっしゃるとおりです!危険極まりないというか、あまりに無知蒙昧すぎてお話にならないほどです。
アベ政権になってから、すべての良識が腐ってしまったようです。一刻も早くなんとかしなければなりません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/66528145

この記事へのトラックバック一覧です: 3月22日/皮算用と健康保険と愚かな議員:

« 3月21日/みぞれ混じりの春分の日は1日中仕事のみ……でもないけど | トップページ | 3月23日/光文社三賞のパーティへ »

安達瑶の本

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト