« 5月20日/流山散策 | トップページ | 5月22日/電話で打ち合わせの後、上野でトンカツ »

2018年5月22日 (火曜日)

5月21日/プロット立てて、映画「スノーデン」を観る

 8時前起床。

 快晴。

 朝のモロモロを済ませる。

 日大の歴代理事長・総長/学長を調べると、ずっと教授から昇格というかトップに昇りつめた人物ばかりなのに、今の理事長とナンバー2と言われる人物は教授経験の無い職員から昇進していったので、人に教える仕事は相撲部とかアメフトとかの監督だけのよう。ふ~ん。日大って、今は体育会が支配してるんだね。体育会の悪いところだけが出てるような感じだねえ。

 アサメシは、ご飯を炊いて卵かけご飯+ちりめんじゃこ、お代わりして海苔、キムチ、キュウリの漬け物、味噌汁。

 仕事開始。KADOKAWA新作のプロットを考える。

 先日の打ち合わせにそって考えるが……いろいろと不具合が出てきた。折衷案でやってみるが……。

 う~む。

 ウチの建物の外壁メンテ、塗装が始まって、ペンキくさい。

 窓を閉め切っても隙間から臭いが入ってくる。

 ペンキのこの臭い、大嫌い。というか、人間よりも猫に与える悪影響が心配。

 昼は、コーンフレークにマーマレードのトーストで済ます。

 夕方、なんとかまとめて、相方に送る。相方の意見を聞いて書き直してからKADOKAWA担当S氏に送ることにする。

 そのあと、電子出版する旧作の官能短編4本のチェック。前回までは親本をOCRして、電子出版社が校正した「元の原稿ファイル」と比較対照して親本の通りに直していたのだが、だんだんと直しが入る箇所が減ってきて、ほとんど直しが入っていないようになってきたので、「元原稿ファイル」と親本を目視で比較確認。すると……それでも数ヵ所の変更が見つかって、修正して、電子出版社に送る……。

 

 のだが、ちょっと休憩して昼のワイドショーを見ていたら、睡魔に襲われて、寝てしまった。

 目が覚めている時に見た「日大アメフト不祥事」に関しては、専門家を呼んで解説させた「ゴゴスマ」の勝ち。

「スポーツは公明正大に見えてかなり汚い世界だから、こういうことは普通に行われていたことかもしれない。だから、内田監督としては、今何故問題になって責任を問われているのか判っていない状態なのかもしれない」

 という解説には、ナルホドと思った。

 思えば、「例のタックル」をやった時、どうして関学側は抗議しなかったのか?審判は一発退場にしなかったのか?今回は映像が広まったから問題になった、と内田監督は想っているんじゃないのか?

 審判も関学側も妙に鈍いと思うのだが……。

 そのへん、関学側に突っ込む取材はないのか?

 眠ってしまって気がついたら15時過ぎ。

 本日は歯医者の予約がある。寝過ごさないように、頑張って起きて、原稿チェックを続ける。

 時間が来たので外出。歯医者へ。

 先週問題になった、上歯茎の件、歯石が取れたので血行が良くなって状態は改善したと。しかし「食い縛り」状態はまだ直っていないと。半年前の検診ではこの件はかなりよくなったと言われたんだけど……。また無意識に「食い縛り」をやってるのかもしれない。

 くーたんのキャットフードを買って帰宅。

 仕事再開。原稿チェックを終えて、初出の親本を調べて、そのデータを添えて、電子出版社に送る。

 夜は、松屋で相方と食事してから、ウチに来て録画がたまっている映画を観る。

 今夜はオリバー・ストーンの「スノーデン」。

640


 この映画に関しては、第69回カンヌ国際映画祭監督のティエリー・フレモーの発言が正しい評価だと思う。

「本当に素晴らしい作品だ。『シチズンフォー スノーデンの暴露』を見事に補完している。多くを理解するのに役立つ」

 「シチズンフォー」も見たが、スノーデンの人物と言うよりもスノーデンが告発したことに焦点が合っていたので、本当にあの作品を補完しているし、これは両方見なければならない。

 国家機密をモロに暴露するという物凄いことをやったスノーデンとはどういう人物なのか。それをきっちり描く。その語り口はさすが老練なオリバー・ストーンで、実に巧い。

 おれはもちろんスノーデン本人を知らないけれど、主演のジョゼフ・ゴードン=レヴィットは、スノーデンになりきっていたとしか思えない。コンピューターの天才が、真実と正義に目覚めて苦悩して一大決意をする過程を、明解に演じた。素晴らしい。

 彼の恋人で、もともとは共和党的保守主義者だったスノーデンを「目覚めさせる」役割を担ったリベラルな女性を演じたシェイリーン・ウッドリーも、可愛らしいが真のある強い女を演じて素晴らしい。

 ゲストみたいな形で出て来るニコラス・ケイジの存在がアクセントになっていて、なんだか映画の緊張をほぐす感じでとてもいい。

 「シチズンフォー」はドキュメンタリーで、スノーデン本人の告発を追ったものだが、この作品は、その背後にあるものまで目を配って、実に恐ろしいし、実に面白い。

 しかし……日本って、アメリカ様の意向に逆らうと(同盟国でなくなると)、元栓を閉められて何もかもがストップして大混乱に陥るのね。それは日本だけではないけれど。

 スノーデンの告発で、オバマ政権はNSAの機能にタガをハメたけど、それは形だけではないのか?トランプになって事態はもっと悪化してるんじゃないか?たぶん悪化してると思った方がいい。

 映画のあと、仕事の打ち合わせ。

 いろいろな考え方を併記して担当S氏に確認と打診をしてみることにする。

 相方帰り、風呂に入たりしていると、2時近くになってしまった。慌てて寝る。

今朝の体重:88.10キロ

本日の摂取カロリー:2156kcal

本日の消費カロリー:17kcal/632歩+133kcal(自転車)

« 5月20日/流山散策 | トップページ | 5月22日/電話で打ち合わせの後、上野でトンカツ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/66746860

この記事へのトラックバック一覧です: 5月21日/プロット立てて、映画「スノーデン」を観る:

« 5月20日/流山散策 | トップページ | 5月22日/電話で打ち合わせの後、上野でトンカツ »

安達瑶の本

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト