« 5月24日/買い物・調べ物・久々の再会 | トップページ | 5月26日/超ひさびさに都立中央図書館に行き、これも超久々に四谷の「バンビ」へ »

2018年5月26日 (土曜日)

5月25日/怒濤の再校

 8時前起床。

 晴れ。

 ベッドのリネンを交換して洗濯。並行して朝のモロモロを済ませ、洗濯物を干す。

 相方からKADOKAWA新作の章割りメモが届いたのと相前後してクロネコさんが再校ゲラを届けてくれた。

 さて。この2つをどう進めるか。

 頭がフレッシュな午前中に章割りをやってしまい、そのあとに再校を見るか?しかし再校の〆切は16時。それまでに加筆をして担当O氏に伝えなければならない。土日を跨ぐと、印刷所にお願いして待って貰わなければならないと。

 今回は、再校でもう一回頭からじっくり読みたかったのだが……。

 章割りはまだ猶予があると判断。再校を優先する。

 アサメシを挟む。ご飯、目玉焼き、インスタント味噌汁、明太子、ちりめんじゃこ、しば漬け。

 新しいセラミックのフライパンで目玉焼きを焼く。おお!卵がくっつかない!これは快適!

 仕事に戻る。 

 日記に何故か書き漏らしたが、鉛筆が入ったページだけPDFで先に届いていて、昨夜のうちにそれをプリントアウトして加筆修正は済ませている。

 相方は今日のお昼ごろにウチに来て再校を見ると言っていたが、おれの修正済み分を再びスキャンして、それを相方に送って画面上でチェックすればいいということになり、25ページ分をスキャン。解像度を上げてスキャンしたので、なかなか終わらない。ウチの複合機はシートフィーダーが着いている分、ラクだけど。

 スキャンが終わった分から順次、大容量ファイルを送るのに使う「宅ふぁいる便」を使って相方に送る。

 これ、アップルのiCloudを利用すれば「宅ふぁいる便」を使う必要がないのだねえ。しかしまあ、今まで使い慣れているので。

 相方から順次、直しメモが届くので、紙の再校ゲラを読みながらプリントアウトに再度修正。

 お昼ごろにはそれが終了したので、アカを入れたプリントアウトをスキャンし直してPDF化し、先に担当O氏に送る。

 紙の再校を読み進め、細かな部分を直して、それはメールで修正箇所を明示して送ることにする。

 KADOKAWA担当のS氏には、章割りは週明けに送りますとメール。

 

 午後、チャーハンを作るが、強火で使うなと説明書きに書いてあるので、弱い火力で作ったら、美味しくない。熱伝導もちょっと弱いのかも。香ばしく炒められないと、炒飯は美味しく出来ない。

 仕事に戻る。

 再校を読むと、自分で書いたのに笑ったり。なかなかよく書けてるじゃないの、と自画自賛。

 15時55分に読み終わり、修正ポイントのメールも送信。

 滑り込みセーフ!

 まだ16時なので、章割りをやってしまおうと手をつけるが、パワーが足りない。

 章割りはとても大事なので、約束に間に合わせるだけに慌ててやるのは拙速でしかない。ここは週末を使ってじっくり仕上げるべき。

 休憩。

 日大の学長の記者会見も、なんだか不評。おまけに一般人の老女が乱入してきたりと、何やってんねん状態。

 学長の会見が今頃って、すべて遅きに失している。

 日大には「株式会社日本大学事業部」という妙な名前の会社があって、日大が購入する備品とか保険業務とかを一手に引き受けている悪名高い組織がある。これは今の理事長になってすぐに出来た会社で、役員にはあの内田も名を連ねている。

 この会社のダークさはこの記事(←リンク)が詳しい。

 なんかね、日大は上層部に食い物にされているとしか思えない。学部の現場は乏しい予算で四苦八苦してやり繰りしてるのに。

 ひと昔前なら、日大紛争が勃発しても全然不思議ではない。

 なんか、愛想が尽きた感じ。

 内田と井上の会見の時の司会者が「日大ブランドが落ちますよ!」と言われて「落ちません!」と返したけど、これは「これ以上は落ちません!」って意味だったんだろう。いや、そもそも、日大なんて、日本最大の三流大学なんだから、ブランドなんかないけど。日芸以外はね。いや、医学部や生産工学部とかもブランドかな?

 まあしかし、今の状況は、「何をやってもドジを踏むし、叩かれる」最悪の連鎖状態。

 それに……この件で、おれはますます体育会に対する嫌悪が増した。もともと「体育会」的なものには拒否感・嫌悪感があったのだが、その感覚は確信と化した。青学の陸上部とか例外はあるとは言え、日本の大学の体育会ってまだまだ旧態依然だろう。

 来年の受験シーズンで、日大がどうなるか、見物ですな。イヤその前に就職戦線に影響が出るか。

 つーか、この件よりもっと大切な事がいろいろあるぞ。

 国会では強行採決。

 まーおれは、サラリーマンの経験がごく短くて、人生のほとんどがフリーランスだから、「高度プロフェッショナル制度」も、適用される人が自分の問題なんだから各人が抵抗すればいいんじゃないの?と思ってしまう。決まったことだからと従順に従うんじゃなくて、自分のカネと命にかかわることなら、現場で、自分たちが抵抗するしかないじゃないか。

 フリーの人間は日夜そうやって生きてるんだし。

 というわけで、この件には妙に冷淡なおれ。

 せっかく再校が終わったのに、相方は疲れが抜けないとのことで、一人で晩飯を食いに出る。

 が、ハナ金と言うことを舐めていた。

 19時30分。北千住はごった返している。どの店も満席。いやおれはただ、メシが食いたいだけなんだけど。

 東口に回って、「しんぱち食堂」でさわらの西京漬け焼き定食にインゲンの胡麻あえと冷や奴を付けて貰う。

 サワラの西京漬け焼きは、もっと風味があるべきじゃないのかなあ。サンマの開きとかサバ塩とかにしておくべきだったか。

 帰宅して、ぼんやり。

 特に観たいテレビ番組もなく、録画したものを見る元気もなく、23時からの「A-Studio」を見る。橋爪功の大阪弁を聞くのが好きだ。ずっと歯切れのいいベテランの舞台役者らしい滑舌のいい東京弁を聞いてきたけど、この人の大阪弁には味がある。実にいい感じ。大阪弁しか話さない鶴瓶が相手だと、大阪出身者は地が出て、どうしても大阪弁になるのね。

 橋爪功の大阪弁、もっと聞きたいなあ。大阪制作の朝ドラに出て欲しいなあ!そして、最近はやらない悪役も見たいなあ!

 古新聞を資源ゴミに出して、風呂に入って、ウダウダしていると2時近くになり、慌てて就寝。

今朝の体重:87.85キロ

本日の摂取カロリー:1519kcal

本日の消費カロリー:42kcal/1340歩+73kcal(自転車)

« 5月24日/買い物・調べ物・久々の再会 | トップページ | 5月26日/超ひさびさに都立中央図書館に行き、これも超久々に四谷の「バンビ」へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/66760445

この記事へのトラックバック一覧です: 5月25日/怒濤の再校:

« 5月24日/買い物・調べ物・久々の再会 | トップページ | 5月26日/超ひさびさに都立中央図書館に行き、これも超久々に四谷の「バンビ」へ »

安達瑶の本

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト