« 6月11日/日記&POP作りの1日 | トップページ | 新刊「悪漢刑事の遺言」本日発売! »

2018年6月13日 (水曜日)

6月12日/POPの作業残りと、光文社打ち上げ

 7時過ぎ起床。

 曇り。

 朝のモロモロを済ませて、風呂に入って、10時前に外出。

 昨日、発送準備を整えた東京近郊以外の書店さんに送るPOPを郵便局に持っていく。

 正確な通数を数えなかったのと、一部中身に違いがあったのを混ぜてしまったので、窓口での受け付けに時間がかかってしまった。しかし紙1枚の違いなんだけどなあ。しかし郵便料金はグラム単位で変わるのね。

 結局、102通を高い方の料金で発送。

 その足で千住大橋の「そば信」に向かい、ちくわと春菊の天ぷらそばにシャケのおにぎりを食べる。

 それから「ポンテポルタ」にある「ノジマ」に行って、2Lのプリント用紙を買うが、紙の厚さと値段を比べて思案していると、店員さんが数回、声をかけてきた。パソコンに疎いオッサンがたくさんある用紙を前に困っているように見えたのかも。まあ店も閑散としていたし。大丈夫ですと断って、「そこそこのやつ」にする。それが正解だった。

 貯めたポイントを使って購入して、帰宅。

 早速、昨日足りなかった分をプリントして袋に詰めて封をして、発送分はすべて作業完了。

 相方に渡す分のPOPをプリントしているとお昼を過ぎたので、再び外出。

 残りの分を郵便局で発送して、マクドナルドでビッグマック・セットを食べて、お稲荷さんにお参りして、旅行中の天気を良くしてくれたことにお礼をし、明日発売の新刊が売れますようにとお願いをする。

 帰宅して、相方からメッセージで続々と届いた「悪徳探偵」第4シリーズ最終回のアイディアをまとめつつ、相方に渡すPOPのプリントを続行。

 原稿も早く書かないといけないのだが、結構疲れてしまったし、新しいアイディアを今書いている原稿に取り込むにはちょっと考えなければならない。

 いつもは新刊発売当日に更新する誰も読んでいないだろう「公式サイト」を更新して、このブログの右に出る「既刊リスト」も更新する。今日できることは先にやっておこう。

 そういや、世間は「史上初の米朝首脳会談」で持ちきり。テレ朝も「相棒」の再放送を中止してシンガポールから中継している。テレ東とMXは通常番組だけど。

 今日の動きだけでは、今後どうなるか全く判らない。しかしまあ、北朝鮮を国際社会に引っ張り出した、ということは大きいとは思う。意志の疎通が出来るようになれば、事態はよくなると思うんだけど……。

 しかし、金委員長って、ファザコンじゃないの?小さいときからスイスに留学して父親と触れることが少なかったから、コワモテのトランプに父親を見たのかも。そんなことを考えた。

 そういや、ピクサーで大ヒット作を作ってジョブズを儲けさせ、実質上ディズニーを飲み込んだ最大の功労者であるジョン・ラセターが「セクハラで馘」というデマが駆け巡り。すっかりそれが定着してしまった感じだが、これは完全なデマ。酷いデマだ。働き過ぎで休養をとるためにピクサーを退社すると。しかしスキャンダルではないので、充分に英気を養ったら、また活動を再開するだろう。
 ラセターの才能は失われない!これは本当に朗報だ!

 「5時に夢中!」を見る。岩下さんが「歌舞伎なんて悪党が大活躍して捕り方を困らせて英雄みたいに描かれてるものばかりなのに、テレビはどうして刑事物ばかりなの?」と虚を突く発言。

 たしかにそうだ。「勧善懲悪」も歌舞伎だけど、魅力的な悪党が活躍するものばかりだし、その方が面白い。小悪党に大悪党、歌舞伎には魅力的な悪党がたくさん登場する。

 まあこれは、江戸の町民がアナーキーだったと言うより、幕府への不満のガス抜きだったんだろうけど。

 だったらテレビドラマだって、魅力的な悪党が大活躍するものがヒットしてしかるべきだと思うけど……今の市民は飼い慣らされてしまったのかな。たぶん、そうなんだろうなあ。もしかすると今の状態は史上空前の「権力に従順な社会」かもしれない。

 小説の世界でも、警察物・刑事物が売れてるのは、テレビと一緒。我々が書くのは「悪い刑事」とか「悪ぶってる記者」とかだけど。

 とは言え、今度は完全な悪党の企画を出してみようかな。共感される悪党。義賊じゃつまらないけど。

 とか思っていると、KADOKAWA担当S氏から電話で、新企画は原案通り会議を無事通過したと。これで安心して取りかかれる。今のご時世で、書きたいものが書けるのは、とてもありがたいことだ。

 今夜は、光文社の打ち上げ。5月発売分だが、こちらも書店廻りとか祥伝社のゲラとか、いろいろあったので、遅くなってしまったが……担当T氏のレスポンスがなんだかいつもより遅かったのが気掛かり。こういう時は、何かある。

 支度して、打ち上げ場所の、北千住マルイの中にある「やまや」へ。ここはランチがとても美味しいから夜だって美味しいのに間違いないはず。

 途中で私的に献本する分をポストに投函。

 開始時間の19時30分ギリギリに行くと、すでに相方と担当T氏がいた。

 注文してから、T氏が「悲しいお知らせを」を切り出したので身構えた。こういう場合、「担当が代わる」(退社という場合もある)か、「次は新企画にしましょう」(売れなかったので新規巻き直し)か「ちょっと間をおきましょう」(売れないから弊社からはもう出せません)か。まさか「弊社は文庫を止めることになりました」ということはないだろうけど。でもこれ、過去にはあったんだよね。光文社みたいな歴史があって大きな出版社ではなかったけど。

 T氏の答えは、「違う部署に異動することになりました。正確にはもう異動しました」と。

 予測の中の1つだったが……いきなりのことで、気持ちの整理が出来ないまま、T氏は気持ちの整理が付いているので普通に喋っていたけれど、おれは、きちんと対応できなかった。

 料理は美味しかった。鶏の明太風味サラダに炙った明太子、モツの炒め物(この香りが、大阪・西成で勇気が無くて食べられなかった「絶対美味いに決まってる鉄板焼き」と同じだった……美味かった)、いわし明太(いわしの腹に明太子が詰まっている)、そして博多もつ鍋。おれは味噌味が食べたかったけど、相方の強い希望で「あごだし醤油味」で。結果的に〆のちゃんぽん麺は、あごだしの方が美味しかった(だろう)。

 モツ鍋はとても美味かったし、ちゃんぽん麺も実に美味しかった。これに、明太おにぎりを追加。これも美味い。

 T氏とはいつものように明るい話題を喋り……暗雲立ちこめる出版業界の話になる。T氏は「あと10年は大丈夫だと思うけど、その先は判らない」と。しかしこの10年だって、売れる作家とそれ以外の冷酷な二分化がもっとハッキリと進行中だから……。

 デザートのカチカチのアイスクリームを食べて、なおも喋っていると他の客は帰ってしまって、店内は掃除が始まった。

 お酒は中生だけ、あとは「柚子ジュース」。これも美味しかった。

 お土産の明太子を貰い、駅でT氏を見送る。

 そのあと、相方にPOPを渡して、解散。

 一人になった帰り道、T氏には本当に良くして貰ったことをあれこれ思い出して、そのお礼をきちんと出来なかったことで自分に腹が立ってきた。

 帰宅して、くーたんにごはんを出してから、T氏にメールを書いた。

 ゴミ出ししてシャワーを浴びて……くーたんのゲロを発見。遅くなったごはんを一気食いして戻してしまったか?最近いつもよりゲロが多いが、これは補修工事で異臭や異音がするからだと思うけど……季節の変わり目と言うこともあるかもしれないが、ゲロが続くようなら動物病院に行かねば。

 0時19分就寝。

 

今朝の体重:88.40キロ

本日の摂取カロリー:2735kcal

本日の消費カロリー:136kcal/3966歩+151kcal(自転車)

« 6月11日/日記&POP作りの1日 | トップページ | 新刊「悪漢刑事の遺言」本日発売! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/66824846

この記事へのトラックバック一覧です: 6月12日/POPの作業残りと、光文社打ち上げ:

« 6月11日/日記&POP作りの1日 | トップページ | 新刊「悪漢刑事の遺言」本日発売! »

安達瑶の本

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト