« 6月9日/奥飛騨旅行1日目と、新幹線での蛮行を知る | トップページ | 6月11日/日記&POP作りの1日 »

2018年6月11日 (月曜日)

6月10日/奥飛騨旅行2日目で生まれて初めての「偶発的壁ドン」

 爆睡して、5時過ぎに目が覚める。二度寝しようとしたが、結局5時30分起床。

 晴れ。

 今日は曇りを覚悟していたのだが。ウチの近所のお稲荷さんは、天気のお願いをよく聞いて戴けるが、ちょっと驚異的。台風が近づいて関東甲信越は大雨だというのに。

Img_3669


 相方は昨日やれなかった「悪漢刑事」最新刊のPOPを作り、その間おれは、朝風呂。

 朝方ちょっと寒かったので、お風呂で温まる。

 しかしお湯から出ると寒いので、何度もお湯に入る。

 だが……。

 ここのお湯は、出てから身体がポカポカしてきて、汗が止まらない。凄いデトックス効果!

 部屋に戻り、相方のPOP原稿を拝見。ファイルホルダーに入れて保管。

 朝のニュースで、昨夜起きた東海道新幹線での凶行について詳しい事を知る。

 犯人に殺された男性は、女性に斬りかかるのを止めようとして殺されたと判明。

 この事件が起きるまで、目下の「憎しみが集まる最悪の人物」は5歳児を虐待して殺した舩戸雄大だったが、今日からは、この凶行の犯人・小島一朗も加わった。こういう「誰でも良かった」という凶行は、本当に嫌だ。最高に嫌悪する。

 死にたいなら勝手に自殺すればいいのだ。

 というか……。

 こういう事件が起きると、「自分だったらどうしただろうか」と考えてしまう。殺された梅田さんのように、正しい行いが出来たかどうか。逃げる事しか出来なかったのか。この状況で、梅田さんとともに戦えというのはあまりに暴論だと思うし、出来ることではないと思うが……いろんな事を考えてしまう。

 逆上した犯人は、見てくれが優男であっても馬鹿力を発揮するからこっちが素手だと勝ち目はないと割り切るしかないのか?

 本当に、いろんな事を考えてしまう。

 朝食は7時30分から。

 お食事処に行くとガランとしている。団体さんは早朝に済ましたのか?まさかアサメシ抜きではあるまい。それとも8時から?

 朝食は、郷土料理の「白菜の漬け物の玉子とじ」に朴葉味噌、サラダ、豚汁などなど。

 これまたすべて美味しい。

 いやまったく実に美味しい!

 ご飯をお代わりする。

 おれたちは「絶対に海!」という海派で、夏はボディボード一択だったのだが……。去年、志賀高原に行って、夏のトレッキングというかハイキングをして、すっかり夏の高原に魅了されてしまった。

 山も素晴らしい!

 登山はやろうなんて夢にも思わないけれど、トレッキングはしたい。熊は怖いけど、安全に、森を愛でて森に親しんで、森の中を散策したい。

 なんだか、去年から、山が急に好きになった。

Img_3671


 8時過ぎにチェックアウトして、平湯バスターミナルに行き、今日は新穂高ロープウェイに乗る。

 バスのチケットを買うが、往復だと「乗り放題」の方が安くなるということで、乗り放題チケットを購入。

 バスはすぐに発車。

 1時間ほど走って、新穂高ロープウェイ駅に到着。

 ここで、旅館で貰ったクーポンを使ってチケットを購入。

 まず、「鍋平高原」まで行く第1ロープウェイに乗るが、通勤ラッシュ並に客を詰め込む。4分の旅だけど、混むのはイヤ。

 ゴンドラは、凄く急な角度で登っていく。

 行きはとにかく一番上まで登ってしまおうと、即、第2ロープウェイの乗り場に急ぐ。

 こちらは2階建て。みんな上の階に乗るが、ゆったりしたいので下の階に乗ると、ベンチに座れた。

 こちらは7分の旅で、一番上へ。

Img_3688

Img_3686


 絶景。もうすっかり山の景色の虜になっているので、素晴らしいと言うしかない。

 写真に写っているのは「イワツバメ」。たくさん飛んでいた。

Img_3687

 カメラマンが客のカメラで撮ってくれる。1枚1200円の写真は買う買わないは自由。とは言え、買わないというのも申し訳ないので、1枚買う。

 山頂の売店で、超濃厚なソフトクリームを食べた。これは東京でも食べられるらしいが、こんなに濃厚で美味いソフトクリームは初めて食べた。これは素晴らしい!

 下の軽食堂では、飛驒牛の串焼きを食べたが、これも大変結構。実に美味い。串焼きじゃなくてステーキを食いたい。

 「鍋平」まで降りて、自然散策路を歩く。写真で見ると、この自然散策路が素晴らしいので、是非歩きたかったのだ。

 乗鞍は、きちんと楽しむならまる1日掛けるべきで、今回はその時間は取れないのでバスで往復しただけにして、メインはこの自然散策にした。

 で、ビジターセンターに行って鍋平の自然遊歩道のマップを貰って簡単な説明を受ける。

 熊が出ないか、聞いてみると「ここで出会ったことはないですね」と。

 これは正解だったと思う。乗鞍は、行き直してきちんと時間を掛けてあの大自然を味わいたい。

Img_3690


 少し安心して、歩くが、のっけから道を間違えて、本来歩きたい道ではないところを歩き出してしまった。しかしまあ道なき道を進まない限り、迷子になって遭難することはないだろう。

Img_3698
Img_3699

 「クマ出没注意!」の立看板があったが……熊には遭遇せず。

 いやしかし、昨日の「平湯自然歩道」といい、こういう森の中をゆっくり歩けるのは最高に素晴らしい。

 ああ、高原はいいなあ!

 天気も、今日は雨に降られるのを覚悟したのに、晴れ間すら見えた!

 予定よりショートカットして、ロープウェイの駅に到着。次の便まで40分以上あるので、もう一歩きできるけれど、ベンチに座って落ち着いてしまったので、もういいかということにする。

 ゴンドラには一番乗りしたが、ベンチは老人に譲って、立つ。その方が景色がよく見えるし。

 下の駅まで戻ったが、帰りのバスまで50分もあるので、駅の食堂でカレーを食べる。

 隣のテーブルでは韓国の登山客がラーメンに持参したキムチを切って入れていた。

 バスで平湯ターミナルに戻り、20分の待ち合わせで松本行きのバスに乗る。

 大雨になるというし、来る時に道が渋滞したので、今日は早め早めに移動することにした。下手をすると今日中に東京に戻れなくなる危険もあったので。

 が、道はまったく混まず、定刻通りに松本着。

 バスターミナルで今後の作戦を立てる。

「方違え」のために、松本で1時間いて、甲府に移動して、更に1時間過ごし、東京に戻る。

 甲府へは特急ではなく普通電車で移動することにして、松本駅前のそば屋でランチと夕食の中間みたいなものを食べる。

 立ち食いそばもあったが、それじゃあ5分で終わってしまうので、座ってゆっくり出来る高級な方のお店に入る。

 舞茸のざる天を食べる。舞茸や大葉の天ぷらが実に美味い。舞茸を塩で食べられるのがいい。

 ざるそばも美味い。

 そうこうしていると、電車の時間になったので、駅構内へ。

 「大月行き」の普通電車はずっとガラガラだったので、ボックス席を占領。だったら駅弁をゆっくり食えたなあと、「乗り鉄駅弁派」としては思う。

 ゆっくり2時間以上かけて、甲府へ。

 甲府では駅から出ないで、待合室で時間を潰す。これなら松本から通しの乗車料金になる。かなり違うと思ったが、計算してみたら216円しか違わなかった!しかしまあ、疲れてしまって、改札を出てウロウロする気もなかったし……。

 甲府牛のステーキ弁当を買おうかと思ったが、そこまで腹は減っていないので、コンビニの幕ノ内弁当を待合室で食う。

 

 甲府から新宿までバスもあって、バスの方が安いのだが、日曜の夜、中央高速が混む。高井戸あたりで止まってしまうのは嫌だ。

 ということで、特急「スーパーあずさ」の自由席で帰ることにしたが……。

 自由席の乗車口に並ぶのが一歩遅くて、それと、松本方面から来た自由席には空席が少なかったこともあって、着席できず。

 甲府始発の「かいじ」にした方がよかったが、もう発車してしまった。

 通路にはギッシリと客が立っているので……あわよくば車掌が来る前に八王子に着かないか、と思ったが、そんなに上手くは行かない。

 すぐに検札が来たが、八王子までにする。八王子からは特別快速に乗り換えても所用時間はあんまり変わらない。

 ただ……甲府から八王子までがなかなか遠いのよね。

 スーパーあずさはガンガン飛ばして快走しているが……。

 デッキも満席状態。相方はドア前に座り込んで本を読み始めた。おれはデッキの壁にもたれて立っていると……こんなに混んでいるのに車内販売のワゴンが来た。まあ、車内販売も商売だし、来るのを待っている客もいるだろうし……。

 道を空けようとしたところで、電車がポイントを通過したかなんかで大きく揺れた。

 で、近くに立っていたうら若き女性にぶつかりそうになって、必死で回避。しかし回避の仕方が悪くて、モロにキスするような格好になってしまったので、思わず咄嗟に「壁ドン」。

 生まれて初めての「壁ドン」を、こんな形でやるとは……。

 いやこれは、やられた方はたまったものではない。

 東海道新幹線でのあの凶行があった昨日の今日だし。

 しかし「壁ドン」をしたおかげで、最悪の事態は避けられた。

「大丈夫ですか?」

 とその女性客に言われたが、ワゴンが通るので道を空けたが故のことだと判ってくれたと思う。

 おれも「大変失礼しました」と詫びたけど……。

 やがて電車は八王子に到着。

 下車する前に、その女性にもう一度謝ろうと思っていたら、八王子で出るはずの空席をゲットするのに客室に入ってしまったので、声かけできず。

 いや、本当に失礼致しました。

 八王子で特別快速に乗り換えて、神田まで。無事、着席。

 これで心配なのは、ウチまでにどれくらい雨に降られるか。

 豪雨だったらどうしよう?

 雨の中を突っ走るしかないか。

 上野から京成上野まで歩いたが、小雨程度。だったら大丈夫だろう。

 リュックはゴミのポリ袋に入れたので、濡れないだろう。

 駅から自転車で走る。

 多少濡れたが、これなら大丈夫。

 部屋のドアを開けると、くーたんが「にゃ~ん」とお出迎え。ウンコとゲロがあった。

 抱っこしろとアピールされるが、先に処理をしなければ。

 その処理をしていると、なんだかくーたんはむくれてしまって、抱っこしようとすると、スルッと逃げる。

 留守録をセットしておいたNHK「きらクラ!」は無事に録音が出来ていた。

 荷解をして、ゴミ出しをして、風呂に入り、0時39分、就寝。

 もう当分、乗り換えの多い旅行はいいやという気分。特に「方違え」は大変だ。今月もう1回チャンスがあるけど……。

 もういいやと今は思っても、時間が経ったらまた行きたくなるんだろうけど……。

 新潟県知事選挙、与党側の候補者が当選して、ガックリ。またあいつが延命してしまったじゃないか!

 明日はPOPを作って発送準備作業をしなければ、と思いつつ、寝る。

今朝の体重:計れず

本日の摂取カロリー:2370kcal

本日の消費カロリー:399kcal/10102保+27kcal(自転車)

« 6月9日/奥飛騨旅行1日目と、新幹線での蛮行を知る | トップページ | 6月11日/日記&POP作りの1日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/66818795

この記事へのトラックバック一覧です: 6月10日/奥飛騨旅行2日目で生まれて初めての「偶発的壁ドン」:

« 6月9日/奥飛騨旅行1日目と、新幹線での蛮行を知る | トップページ | 6月11日/日記&POP作りの1日 »

安達瑶の本

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト