« 2018年5月13日 - 2018年5月19日 | トップページ | 2018年5月27日 - 2018年6月2日 »

2018年5月20日 - 2018年5月26日

2018年5月26日 (土曜日)

5月25日/怒濤の再校

 8時前起床。

 晴れ。

 ベッドのリネンを交換して洗濯。並行して朝のモロモロを済ませ、洗濯物を干す。

 相方からKADOKAWA新作の章割りメモが届いたのと相前後してクロネコさんが再校ゲラを届けてくれた。

 さて。この2つをどう進めるか。

 頭がフレッシュな午前中に章割りをやってしまい、そのあとに再校を見るか?しかし再校の〆切は16時。それまでに加筆をして担当O氏に伝えなければならない。土日を跨ぐと、印刷所にお願いして待って貰わなければならないと。

 今回は、再校でもう一回頭からじっくり読みたかったのだが……。

 章割りはまだ猶予があると判断。再校を優先する。

 アサメシを挟む。ご飯、目玉焼き、インスタント味噌汁、明太子、ちりめんじゃこ、しば漬け。

 新しいセラミックのフライパンで目玉焼きを焼く。おお!卵がくっつかない!これは快適!

 仕事に戻る。 

 日記に何故か書き漏らしたが、鉛筆が入ったページだけPDFで先に届いていて、昨夜のうちにそれをプリントアウトして加筆修正は済ませている。

 相方は今日のお昼ごろにウチに来て再校を見ると言っていたが、おれの修正済み分を再びスキャンして、それを相方に送って画面上でチェックすればいいということになり、25ページ分をスキャン。解像度を上げてスキャンしたので、なかなか終わらない。ウチの複合機はシートフィーダーが着いている分、ラクだけど。

 スキャンが終わった分から順次、大容量ファイルを送るのに使う「宅ふぁいる便」を使って相方に送る。

 これ、アップルのiCloudを利用すれば「宅ふぁいる便」を使う必要がないのだねえ。しかしまあ、今まで使い慣れているので。

 相方から順次、直しメモが届くので、紙の再校ゲラを読みながらプリントアウトに再度修正。

 お昼ごろにはそれが終了したので、アカを入れたプリントアウトをスキャンし直してPDF化し、先に担当O氏に送る。

 紙の再校を読み進め、細かな部分を直して、それはメールで修正箇所を明示して送ることにする。

 KADOKAWA担当のS氏には、章割りは週明けに送りますとメール。

 

 午後、チャーハンを作るが、強火で使うなと説明書きに書いてあるので、弱い火力で作ったら、美味しくない。熱伝導もちょっと弱いのかも。香ばしく炒められないと、炒飯は美味しく出来ない。

 仕事に戻る。

 再校を読むと、自分で書いたのに笑ったり。なかなかよく書けてるじゃないの、と自画自賛。

 15時55分に読み終わり、修正ポイントのメールも送信。

 滑り込みセーフ!

 まだ16時なので、章割りをやってしまおうと手をつけるが、パワーが足りない。

 章割りはとても大事なので、約束に間に合わせるだけに慌ててやるのは拙速でしかない。ここは週末を使ってじっくり仕上げるべき。

 休憩。

 日大の学長の記者会見も、なんだか不評。おまけに一般人の老女が乱入してきたりと、何やってんねん状態。

 学長の会見が今頃って、すべて遅きに失している。

 日大には「株式会社日本大学事業部」という妙な名前の会社があって、日大が購入する備品とか保険業務とかを一手に引き受けている悪名高い組織がある。これは今の理事長になってすぐに出来た会社で、役員にはあの内田も名を連ねている。

 この会社のダークさはこの記事(←リンク)が詳しい。

 なんかね、日大は上層部に食い物にされているとしか思えない。学部の現場は乏しい予算で四苦八苦してやり繰りしてるのに。

 ひと昔前なら、日大紛争が勃発しても全然不思議ではない。

 なんか、愛想が尽きた感じ。

 内田と井上の会見の時の司会者が「日大ブランドが落ちますよ!」と言われて「落ちません!」と返したけど、これは「これ以上は落ちません!」って意味だったんだろう。いや、そもそも、日大なんて、日本最大の三流大学なんだから、ブランドなんかないけど。日芸以外はね。いや、医学部や生産工学部とかもブランドかな?

 まあしかし、今の状況は、「何をやってもドジを踏むし、叩かれる」最悪の連鎖状態。

 それに……この件で、おれはますます体育会に対する嫌悪が増した。もともと「体育会」的なものには拒否感・嫌悪感があったのだが、その感覚は確信と化した。青学の陸上部とか例外はあるとは言え、日本の大学の体育会ってまだまだ旧態依然だろう。

 来年の受験シーズンで、日大がどうなるか、見物ですな。イヤその前に就職戦線に影響が出るか。

 つーか、この件よりもっと大切な事がいろいろあるぞ。

 国会では強行採決。

 まーおれは、サラリーマンの経験がごく短くて、人生のほとんどがフリーランスだから、「高度プロフェッショナル制度」も、適用される人が自分の問題なんだから各人が抵抗すればいいんじゃないの?と思ってしまう。決まったことだからと従順に従うんじゃなくて、自分のカネと命にかかわることなら、現場で、自分たちが抵抗するしかないじゃないか。

 フリーの人間は日夜そうやって生きてるんだし。

 というわけで、この件には妙に冷淡なおれ。

 せっかく再校が終わったのに、相方は疲れが抜けないとのことで、一人で晩飯を食いに出る。

 が、ハナ金と言うことを舐めていた。

 19時30分。北千住はごった返している。どの店も満席。いやおれはただ、メシが食いたいだけなんだけど。

 東口に回って、「しんぱち食堂」でさわらの西京漬け焼き定食にインゲンの胡麻あえと冷や奴を付けて貰う。

 サワラの西京漬け焼きは、もっと風味があるべきじゃないのかなあ。サンマの開きとかサバ塩とかにしておくべきだったか。

 帰宅して、ぼんやり。

 特に観たいテレビ番組もなく、録画したものを見る元気もなく、23時からの「A-Studio」を見る。橋爪功の大阪弁を聞くのが好きだ。ずっと歯切れのいいベテランの舞台役者らしい滑舌のいい東京弁を聞いてきたけど、この人の大阪弁には味がある。実にいい感じ。大阪弁しか話さない鶴瓶が相手だと、大阪出身者は地が出て、どうしても大阪弁になるのね。

 橋爪功の大阪弁、もっと聞きたいなあ。大阪制作の朝ドラに出て欲しいなあ!そして、最近はやらない悪役も見たいなあ!

 古新聞を資源ゴミに出して、風呂に入って、ウダウダしていると2時近くになり、慌てて就寝。

今朝の体重:87.85キロ

本日の摂取カロリー:1519kcal

本日の消費カロリー:42kcal/1340歩+73kcal(自転車)

2018年5月25日 (金曜日)

5月24日/買い物・調べ物・久々の再会

 7時過ぎ起床。

 快晴。

 洗濯と並行して朝のモロモロを済ませ、洗濯物を干す。

 外壁の塗装、換気扇を回すと外気が入ってきてシンナーの臭いがきついのでエアコンを回し、煙が出る料理も出来ない。まあ少しの辛抱だけど。

 アサメシはダブルソフトのトーストにゆで卵、牛乳。

 と、青汁の配達のオバサンが来た。ここで思い出した。昨日何かやり忘れたことがあるような気がしていたことを。銀行でお金を下ろすのを忘れていたのだ!青汁の代金が払えない。

 オバサンにお詫びして、来月分と一緒に払うことで勘弁して貰う。昨日、家を出る時は覚えていたのになあ。

 相方と電話で打ち合わせ。KADOKAWA新作の章割りについて、相方から疑問が出て、改訂案を話し合う。

 おれは、とにかく電器屋に行って交換用の蛍光灯を買ってくるかLEDの照明器具に換えるかしなければ。部屋が暗いのは、イヤ。

 照明器具をなんとかしたら、広尾の都立中央図書館か国会図書館に行って資料調べをしたい。

 11時になったので、外出。

 北千住のノジマに行く。

 それと前後して、旧知のS氏が、今日北千住に芝居を見に行くので終わったあと1時間くらいどうですか?というメッセージを戴いた。

 相方を誘うかどうしようか迷ったが、相方は足が痛いから今日は1日家で大人しくしていると言っていたし、章割りのこともあるし、急な話でもあるし、僕だけで会うことにする。

 ノジマでLED照明器具を見る。安いものは7000円くらいであるが……交換用蛍光灯を買えば1000円ちょっとで済む。LEDにすれば電気代がこんなにお得!という宣伝文句に悩むが……とりあえず今回は蛍光灯の交換に留めておくことにする。

 下の階にある東急ハンズでフライパンを探す。マーブル加工とか純粋鉄製とかいろいろあるが、今回は京セラのセラミックにしてみる。調べると、テフロン加工のフライパンの寿命はかなり短いらしい。1年とか書いてるサイトもある。それを考えれば5年くらい使ったので、保ったほうなのかも。

 お昼になった。

 レストラン街でお昼を食べるのは高いし、フードコートは混んでいるしで、結局、天ぷらの「てんや」で海老野菜天丼と小そばのセットを食べる。

 帰宅して、蛍光灯の取り替え。もしかして点灯回路が壊れていたら蛍光灯が無駄になるんだけど……と思いつつ交換すると、問題なく点灯。しかも、こんなに明るかったんだ!と驚く。畳と蛍光灯は新しい方がいいねえ。

 昼飯を済ませたので、フライパンはまだ使わない。

 ネットで、探す資料がどこにあるのか調べる。

 国会図書館は待ち時間が長いからできれば行きたくない。同じく都立中央図書館も。専門分野のライブラリーとかにないものかと調べるが、なんと、国会図書館よりも都立中央図書館に調べたい資料が多くあった。

 あれ?国会図書館って、日本で発行されたすべての出版物が集まってるんじゃなかったの?調べ方が悪かったのかもしれないけど。

 とにかく、明日、広尾に行こう。

 と思いつつMacに向かっていると、寝落ちしてしまった。

 泥のように眠い時間帯。

 シャワーを浴びて、S氏からの連絡を待つ。

 と、S氏から「芝居が終わったので今からどうですか」と電話が。

 急いで外出。

 16時40分頃にルミネのスタバで落ち合ったが、案の定混んでいる(ここで空席があったためしがない)ので、すぐ近くの「クリスピー・クリーム・ドーナツ」へ。以前、新宿南口の店は長蛇の列が出来ていたのがウソのように空いている。

 オールドファッションドとアイスコーヒーで。

 お誘いがあったとき、お酒かお食事でもと思ったのだが、軽くお茶で1時間くらいとのこと。

 しかし、お目にかかるのは本当に久しぶりなので、いろいろと話が弾んで、進呈した新作の感想も伺って、とてもいいヒントを戴いた。

 と思ったら、もう19時40分。3時間も話していた!奥様が食事を作って待っていると言ってたのに!北千住からお住まいの鎌倉まで90分はかかるぞ!

 改札でお見送りして、おれはルミネで崎陽軒のシウマイ弁当を買おうと思ったが、やっぱりもう売り切れ。そばの別の売り場でハンバーグとトリカラの弁当が150円引きだったので、マカロニサラダと一緒に買って、帰宅。

 メールをチェックすると、祥伝社担当O氏から、再校のチェックが入った部分だけPDFで送られてきていて、必要なら紙のゲラも送りますとのこと。しかしそのメールは17時過ぎに発信されたものだった。

 遅きに失した!と思いつつ、紙のゲラも送ってくださいと返信すると、さすがO氏。念のため送っておきましたと。しかしPDFで送った分は明日の16時までに返信して欲しいし再校に加筆がある場合はその旨連絡して欲しいと。印刷所を拝み倒して週明けに作業して貰うので、と。

 なんか、初校を持っていった時の話よりぐっとタイトな感じ。

 相方に連絡して、明日の午後に一緒に見ることにする。

 章割りもあるし……なんだか最近は作業が同じ日に集中する傾向があるな。

 しかしともかく、これはやらねば。

 弁当を食って、もう一度調べたい資料のありかをネットで確認して、足立区の図書館にないか確認して、買えるものなら買いたいとAmazonで調べて、該当する本を1冊注文。

 ゴミ出ししたり、なんだかんだして、1時24分就寝。

今朝の体重:87.85キロ

本日の摂取カロリー:2664kcal

本日の消費カロリー:126kcal/3337歩+92kcal(自転車)

2018年5月24日 (木曜日)

5月23日/仕事してテニス。日大に死亡フラッグ

 7時過ぎ起床。

 曇り~雨。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはご飯に目玉焼き、インスタント味噌汁、明太子、海苔、キュウリの漬け物。

 テフロン加工が傷んでしまったフライパンに油をたっぷり敷いて焼いてみたけど卵がこびりついて、台無し。もうこのフライパンは棄てる。

 仕事開始。KADOKAWA新作の章割り。昨日の電話打ち合わせで連作から長編に切り替えたので、いろんなことをたっぷり盛り込める。やっぱりおれにはこの形式が一番書き易いかも。

 「悪徳探偵」は連作中編と内容がぴったり合ったと思うけど。この場合は最初に連作の形式を決めて企画を立てた(はず)から上手くいったのだろう。

 連作版のプロットを使って長編版の章割りを書いていく。

 相方提案の変更点がメッセージやメールで届いたので、それを盛り込む。

 昼は、ダブルソフトのトーストに牛乳で済ませる。

 今日中には無理か、と思ったけど、とにかく骨格は立ててしまおうと頑張って、16時には一応出来たので、相方に送る。

 17時過ぎにテニスへ。小雨が降っているが、自転車で駅へ。

 東武北千住駅構内の「小諸そば」で「冷やし揚げ茄子おろしそば」を食べる。

 美味い!揚げ茄子が実に美味い。

 テニスは、先週がヒドすぎたので、今週は、まあまあ。しかし走れない。前衛が逃した球のカバーで、弾が飛んできてから足が動くまでが遅すぎる。これは前衛が取ってくれると安心して油断してたんだなあ。

 今回もプールには行かず、お風呂に直行。

 夕食は、曳舟駅前の「上海菜館」で日替りの「豚の生姜焼き」。中華風で海老チリみたいな生姜焼き。これはこれで、まあまあ美味い。

 iPhoneで、日大アメフト部の内田と井上コーチが急遽記者会見をしたことを知った。しかしその内容は昨日の選手が話したことを全否定。

 雨の中、自転車を飛ばして帰宅。

 帰宅したら、シーリングの蛍光灯が消えている。あれ?点けていったはずなのになあ。

 リモコンで点灯させてもすぐに消える。

 グローランプのせいかと思ったけど、これはグローランプを使わない電子制御タイプ。じゃあ回路が壊れたのか?いや、蛍光灯の寿命かも。

 しかしこの際、LEDに変えようかねえ?

 明日、電器屋に行くしかない。

 暗い部屋で「報道ステーション」を見る。

 内田と井上コーチの記者会見。井上コーチがバカに見えるが、これは、選手と事実と内田の板挟みにあって混乱しているからだろう。

 仮に、内田や井上コーチの言うことが正しくて、選手が勘違いしたのだとしても、いろいろとおかしな点が残りすぎる。週刊文春が内田の「秘密発言」の録音を持っているらしいし。

 司会もヒドかった(この人物は日大の広報だという説と危機感理学部の教授だという説があるが、まさか教授が司会してあんなことは言わないだろうねえ……)し、内田サイドが口を開けば開くほどに日大のイメージは地に堕ちていく。もともとよいイメージもなかったのに、ますます悪くしてどうすんのよ。日大の独立愚連隊・芸術学部OBとして、情けないよ。こんな本部に何も言えない校友会も極めて情けないが。

 この件は、「騒ぎ過ぎ」だとは思わない。どんどん問題にして、学生スポーツのおかしな点やスポーツ界に蔓延る「シゴキ主義」「根性主義」とか日大の体育会支配を打破して欲しい。

 とは言え、同時に、財務省が「国会発言に合わせて重要書類を破棄していた」事実が発覚。しかし保管していたヒトがいて、その人から得た大量の書類を国会に提出。

 こっちの方が重要な大問題だと思うけど……。いや、どっちも重要な大問題だ。どっちかと言えばこっちをトップで扱うべきだと思うけど。

 ウソを言った佐川とかは、ウソの責任をどう取るの?証人じゃなくて参考人だったから罪には問えないとしてもさあ……。

 しかし……これで日大終わった、という感が強い。

 学問のデパート。日本最大の三流大学。まあ日芸はその枠外だけどね、と思っていたけど。

 まあ、もう卒業して30年以上経つんだし、どうでもいいけど。とはいえ、ここ数年は恩師に誘われて校友会の活動に噛んでいるから、他人事でもない。

 心乱れますなあ。

 で、内田は緊急入院だと。まあマスコミにガンガン攻め立てられたら入院したくなる気持ちも判るけど。

 0時14分、就寝。

 

今朝の体重:88.05キロ

本日の摂取カロリー:2095kcal

本日の消費カロリー:149kcal/4378歩+26kcal(自転車)+702kcal(テニス)

2018年5月23日 (水曜日)

5月22日/電話で打ち合わせの後、上野でトンカツ

 8時前起床。

 快晴。

 朝のモロモロを済ませる。

 アサメシは、ご飯、W目玉焼き、味噌汁の残り、キュウリの漬け物、キムチ、明太子、海苔。

 IKEAのフライパン、いよいよ駄目になってきた。けっこう油を敷いたのに目玉焼きがこびりついてしまう。まあそろそろ寿命かな。次は無印のを買ってみるか。

 KADOKAWA担当のS氏に「連作中編にするか長編にするか」悩んでいることをメールする。メールのやり取りだと時間がかかるので電話が欲しいことを付記。

 録音した「きらクラ!」を聞きながら、またも溜まってしまった新聞を一気読み。忙しいと新聞はついつい読まないままになってしまうなあ。かと言って止めてしまうと逃す情報も多いし。ネットよりも紙面の方が一覧性があるし。

 で、「きらクラ!」はカタカナ表記の文字列から曲名を当てるコーナーが面白い。「マーラーの6番」はおれにも判ったぞ。

 聞き終わって、小林信彦の連作短編集をいろいろ読む。「神野推理氏華麗な冒険」は各回30枚。その続篇「超人探偵」は各回50枚。30枚ではワンアイディアの「読み物」だが、50枚になると、相当深いところまで描ける。だったら70枚あれば……。いやいやこれは小林信彦だから書けるのであって……とかいろいろ思い悩む。

 あまり腹が減らず、しかし小腹が空いたので、コーンフレークでお昼代わりにする。

 録画した「一から住」を見る。野村真美の三島移住は今回で終わりか。なんかアルバイトと美味しいものを食べるのに終始した感じ。もっといろんな経験があっただろうに。

 「車あるんですけど…」も見る。北海道の巨大ロータリーと廃道。六差路になる交差点で渋滞が起きるので、という理由で巨大ロータリーが作られたのは昭和11年!戦前って、そんなに車が多かったのか?

 3キロに及ぶ長大トンネルが完成して旧道になった国道は、崖崩れが起きて復旧せず、廃道に。廃道って、なんか、生々しいものを感じる。苛酷さというか、自然の凄さというか。メンテをしないと、どんどん自然に還っていく。それが凄い。

 14時45分から、日大アメフト部の「加害部員」の記者会見。弁護士同席。

 彼は、謝罪するとともに、監督とコーチの指示でやったとハッキリ答えた。

 記者の質問がアホすぎるとあとから批判が上がったが、今どきのテレビリポーターなんて、あんなもんでしょ。というか、だったらどうして新聞記者やスポーツライター(記者クラブに入っていないから無理か?)が積極的に質問しないのか。

 事前に「監督とコーチの指示があったことを話す」と漏れていたが、まさか「自分が誤解して勝手にやってしまった」と言うんじゃないだろうな、と心配していたが、さすがに彼に因果を含ませることは不可能だったのだろう。ここで「自分が勝手にやった」と言ってしまったら、彼の人生は台無しになってしまうし、内田や日大は彼を見捨てるだろうし。

 で、その日大は「法人としては何も申し上げない」という信じ難い対応。これって、最低最悪の対応だろうに。

 夜になって文書で改めて見解を発表したが、15日の「監督と選手の間に齟齬があった」というのを撤回せずにその延長での発表だったので、もう無茶苦茶。まるでお話にならない。

 そこまでして日大は内田を庇うのか。

 庇えば庇うほど庇いきれなくなってガスが溜まって爆発するのが判らないのだろうか?危機管理学部は適切な助言を……したくても出来ないんだろうな。学部が本部に物申せない。それが日大。

 おれは日芸は卒業したが日大を卒業したという意識は物凄く薄い。校歌も知らないし。しかし、こういう事があると、イヤでも「日芸も日大」だという事実に直面して、心からイヤな気持ちになる。日大卒を返上したいくらい。

 ま、その思いは来月の校友会総会の席でぶちまけてやる!

 小林信彦の作品集を読み続ける。

 「5時に夢中!」が始まったのとほぼ同時に、出張から帰ってきたS氏から電話。

 正直にいろいろ話して、おれの希望を汲んでくれて、とにかく今回は長編で、ということになる。今週中に長編としてのプロットを出すことにするが、プロット的にはほとんど出来ているので、大丈夫だろう。

 今夜は、上野にある鶏料理(関東では横浜にある「一鶴」で出すような鶏もものローストとというか焼いたもの)の「ふくまめ」に行こうと思っていたのだが……4月30日で閉店していた!

 ここが美味しかったら、横浜まで行かなくても上野で味わえると思っていたのに……結局食べられないままだった。残念!

 その代わりに、上野のトンカツの名店に行くことにする。

 上野にはトンカツの老舗が多い。しかし「上野のとんかつ3名店」は高いし……と、いろいろ検索していたら、「山家」を見つけた。美味いし安い。だからお客さんが行列を作っていると。

 あんまり待つのはイヤだなあ……行列が凄かったら、その向かいにある「世界の山ちゃん」で手羽を食うか。

 19時20分にアメ横で相方と待ち合わせる。

 で、山家に行くと……。

 ラッキーなことに、行列もなく、カウンターは埋まっていたけど2階には席があった。ちょっと拍子抜け。

 おれはヒレカツにアジフライを付けて貰った。ここは他店より安い分、ご飯や味噌汁、キャベツのお代わりはない。ティッシュやお手拭きなどもない。だけど、安い。

 待つことしばし。

 来ました来ました。

Img_3638

 ヒレカツは、ふわふわでジューシーで、ヒレカツだなあと感動の味。アジフライも美味い。

 食べているとお客さんがどんどん来て、空席が埋まった。

 とんかつをゆっくり堪能して、大満足。

 店を出ると、店の前には順番待ちのお客さんがズラッといた。我々は、絶好のタイミングで店に入ったのだ。

 こうなったら上野のとんかつの名店を総ざらいしようかという話になったが……ランチタイムしか営業しない店もあるし……。

 京成線で帰る。車内で発車を待っていたら、テニススクールで一緒のYさんが乗ってきたのでご挨拶。

 21時過ぎに帰宅。

 各局のニュースを見る。

 ほんと、日大って、バカだねえ。恥ずかしいほどのバカ。もともと評判もたいして良くなかったのに、もっと悪くなるじゃん。この際日芸は日大から分離独立した方が……と思うが、日大本部には巨額のカネがある。学生の数が減っているし、映像関係の学部学科が他大学にもたくさん出来ている昨今、本部の力がないと日芸はやっていけないのも事実。

 相撲部総監督とアメフト部元監督が牛耳る日大本部。

 イヤだねえ。

 この問題の構造は、アベ政権の腐った構造とほぼ同じだから、余計にイヤだ。

 腐りきった日大本部に、教職員組合が意見書を突きつけたのは快挙。怖くて何も言えない芸術学部校友会とは大違い。

 で、今後、がんがん叩かれて、来年、志願者が減ったり定員割れが起こったりして、本部もやっと問題の深刻さが判って理事長や常務理事を解任しても、もう遅いよ。私立大学過当競争の今、大きなミソをつけたんだから、イメージの回復は困難かもね。

 ま、おれは出身校の名前で商売をしてないから、日大がどうなろうが知ったことではないんだけど。でも、日芸には母校愛はある。日芸はいい学校だったし、いい先生もいるし、愛着がある。だから校友会の常任幹事を引き受けて、まい泉の弁当だけの報酬で毎回会議に出ているのだ。

 風呂に入って、0時47分、就寝。

今朝の体重:88,00キロ

本日の摂取カロリー:1849kcal

本日の消費カロリー:123kcal/3130歩+12kcal(自転車)

2018年5月22日 (火曜日)

5月21日/プロット立てて、映画「スノーデン」を観る

 8時前起床。

 快晴。

 朝のモロモロを済ませる。

 日大の歴代理事長・総長/学長を調べると、ずっと教授から昇格というかトップに昇りつめた人物ばかりなのに、今の理事長とナンバー2と言われる人物は教授経験の無い職員から昇進していったので、人に教える仕事は相撲部とかアメフトとかの監督だけのよう。ふ~ん。日大って、今は体育会が支配してるんだね。体育会の悪いところだけが出てるような感じだねえ。

 アサメシは、ご飯を炊いて卵かけご飯+ちりめんじゃこ、お代わりして海苔、キムチ、キュウリの漬け物、味噌汁。

 仕事開始。KADOKAWA新作のプロットを考える。

 先日の打ち合わせにそって考えるが……いろいろと不具合が出てきた。折衷案でやってみるが……。

 う~む。

 ウチの建物の外壁メンテ、塗装が始まって、ペンキくさい。

 窓を閉め切っても隙間から臭いが入ってくる。

 ペンキのこの臭い、大嫌い。というか、人間よりも猫に与える悪影響が心配。

 昼は、コーンフレークにマーマレードのトーストで済ます。

 夕方、なんとかまとめて、相方に送る。相方の意見を聞いて書き直してからKADOKAWA担当S氏に送ることにする。

 そのあと、電子出版する旧作の官能短編4本のチェック。前回までは親本をOCRして、電子出版社が校正した「元の原稿ファイル」と比較対照して親本の通りに直していたのだが、だんだんと直しが入る箇所が減ってきて、ほとんど直しが入っていないようになってきたので、「元原稿ファイル」と親本を目視で比較確認。すると……それでも数ヵ所の変更が見つかって、修正して、電子出版社に送る……。

 

 のだが、ちょっと休憩して昼のワイドショーを見ていたら、睡魔に襲われて、寝てしまった。

 目が覚めている時に見た「日大アメフト不祥事」に関しては、専門家を呼んで解説させた「ゴゴスマ」の勝ち。

「スポーツは公明正大に見えてかなり汚い世界だから、こういうことは普通に行われていたことかもしれない。だから、内田監督としては、今何故問題になって責任を問われているのか判っていない状態なのかもしれない」

 という解説には、ナルホドと思った。

 思えば、「例のタックル」をやった時、どうして関学側は抗議しなかったのか?審判は一発退場にしなかったのか?今回は映像が広まったから問題になった、と内田監督は想っているんじゃないのか?

 審判も関学側も妙に鈍いと思うのだが……。

 そのへん、関学側に突っ込む取材はないのか?

 眠ってしまって気がついたら15時過ぎ。

 本日は歯医者の予約がある。寝過ごさないように、頑張って起きて、原稿チェックを続ける。

 時間が来たので外出。歯医者へ。

 先週問題になった、上歯茎の件、歯石が取れたので血行が良くなって状態は改善したと。しかし「食い縛り」状態はまだ直っていないと。半年前の検診ではこの件はかなりよくなったと言われたんだけど……。また無意識に「食い縛り」をやってるのかもしれない。

 くーたんのキャットフードを買って帰宅。

 仕事再開。原稿チェックを終えて、初出の親本を調べて、そのデータを添えて、電子出版社に送る。

 夜は、松屋で相方と食事してから、ウチに来て録画がたまっている映画を観る。

 今夜はオリバー・ストーンの「スノーデン」。

640


 この映画に関しては、第69回カンヌ国際映画祭監督のティエリー・フレモーの発言が正しい評価だと思う。

「本当に素晴らしい作品だ。『シチズンフォー スノーデンの暴露』を見事に補完している。多くを理解するのに役立つ」

 「シチズンフォー」も見たが、スノーデンの人物と言うよりもスノーデンが告発したことに焦点が合っていたので、本当にあの作品を補完しているし、これは両方見なければならない。

 国家機密をモロに暴露するという物凄いことをやったスノーデンとはどういう人物なのか。それをきっちり描く。その語り口はさすが老練なオリバー・ストーンで、実に巧い。

 おれはもちろんスノーデン本人を知らないけれど、主演のジョゼフ・ゴードン=レヴィットは、スノーデンになりきっていたとしか思えない。コンピューターの天才が、真実と正義に目覚めて苦悩して一大決意をする過程を、明解に演じた。素晴らしい。

 彼の恋人で、もともとは共和党的保守主義者だったスノーデンを「目覚めさせる」役割を担ったリベラルな女性を演じたシェイリーン・ウッドリーも、可愛らしいが真のある強い女を演じて素晴らしい。

 ゲストみたいな形で出て来るニコラス・ケイジの存在がアクセントになっていて、なんだか映画の緊張をほぐす感じでとてもいい。

 「シチズンフォー」はドキュメンタリーで、スノーデン本人の告発を追ったものだが、この作品は、その背後にあるものまで目を配って、実に恐ろしいし、実に面白い。

 しかし……日本って、アメリカ様の意向に逆らうと(同盟国でなくなると)、元栓を閉められて何もかもがストップして大混乱に陥るのね。それは日本だけではないけれど。

 スノーデンの告発で、オバマ政権はNSAの機能にタガをハメたけど、それは形だけではないのか?トランプになって事態はもっと悪化してるんじゃないか?たぶん悪化してると思った方がいい。

 映画のあと、仕事の打ち合わせ。

 いろいろな考え方を併記して担当S氏に確認と打診をしてみることにする。

 相方帰り、風呂に入たりしていると、2時近くになってしまった。慌てて寝る。

今朝の体重:88.10キロ

本日の摂取カロリー:2156kcal

本日の消費カロリー:17kcal/632歩+133kcal(自転車)

2018年5月21日 (月曜日)

5月20日/流山散策

 8時前起床。

 快晴。風がなんとも言えず爽やかで気持ちがいい。

 洗濯と並行して朝のモロモロを済ませ、洗濯物を干す。

 アサメシはW目玉焼きにご飯、昨日の味噌汁に明太子、漬け物。

 IKEAで買ったフライパン、テフロン加工が傷んできて、たっぷり油を敷かないと焦げ付くようになってしまった。IKEA製品って、カッコいいけど耐久性は弱い感じ。

 いろいろコマゴマした事をやっているうちに13時を過ぎる。

 今日は天気もいいので、近場の流山にウォーキングに行く。

 流山観光協会が作成した観光地図がネット上にあったので、プリントアウト。

 北千住西口の富士そばで、盛り蕎麦とミニあさり丼のセットを食べる。このセット、東口店にはないのよね。

 14時に常磐線改札で相方と待ち合わせ、特快に乗って松戸、各停に乗り換えて馬橋。

 流鉄流山線に乗り換えて、ゴトゴトと走って15時頃流山着。

 この距離感というか、適度な不便さが、なんかいい感じがする。歴史ある土地で自然も豊かで、ミニローカル線の旅も楽しめる。しかも大都会に近い。

 鎌倉と比べると、鎌倉の人は怒るかもしれないし、街の規模も違うけれど、逆にこのこぢんまりとした感じがいいなあ。

 おれは新選組に思い入れがないので、新選組ゆかりのあれこれと言われてもあまり興味がないのだが……。

Img_3624


 近藤勇陣屋跡。地元の大きな酒蔵の屋敷を陣屋にした。流山市のHPには以下のように記されている。

『慶応4年(1868年)4月2日大久保大和と名乗る近藤勇を隊長とした幕府公認の治安隊(実態は新選組の生残り)が流山に駐留してきた。

 この流山駐留について、従来の研究では、会津入りを果すための中継地点として、約2週間ほどの駐留が行われたものと考えられてきた。しかし、昭和50年に足立区西綾瀬(当時の五兵衛新田)の金子家から、慶応4年3月から4月にかけての動向を示す貴重な文書が発見され、歴史の空白を埋めることになった。

 金子家史料によれば、慶応4年3月6日に甲州勝沼で板垣退助の率いる官軍に敗れた甲陽鎮撫隊150名は江戸に敗走。13日夜には浅草から五兵衛新田の金子家へ入った。この夜、大久保大和を先頭に48名、2日後には約50名の第2陣が内藤隼人(土方歳三)に率いられて金子家に入った。

 これ以降、4月1日まで隊士の徴募を行った後、4月2日未明から午前中にかけ、総勢200余名が流山へ移動したのである。流山での駐留は、本隊が酒造家長岡屋へ、分隊は光明院、流山寺等に宿をとったとみられている。翌3日、流山に賊徒が屯集しているとの情報を得た新政府軍の先峰隊(香川敬三隊)は流山を包囲した。

しかし戦闘体制が整っていなかったため、大久保大和は総督府へ出頭して幕府公認の治安隊を主張したが、近藤勇であることが露見。捕らえられて4月25日、板橋宿で処刑された。

 一方、流山に残っていた隊士たちは4月6日会津へ移動を始めるが、奥州道中などの主要路は、既に新政府軍が押さえていたため、布佐(我孫子市)から利根川を船で下り、銚子から船を乗り換え、潮来から陸路で水戸街道へ抜けるという、つらい移動であった』

 

 この近くに「閻魔堂」があった。近々改築するので公開は今日まで、とのこと。写真撮影OKなので。この閻魔様は舌を出しているが、これはとても珍しいらしい。

Img_3625


 浅間神社にお参りして、その裏にある「富士塚」を見ていると、とても美味しそうな香りが。

 神社の向かいにある「丁子屋」(今はイタリアンの店)からだった。ちょっと早いけどここで食べようと思ったが、既にランチタイムは終わって、今いるお客さんはランチタイム最後の人々。ディナーは完全予約制とのことで、次回は時間を合わせて来よう。というか、次に流山に来るのはいつだ?

 近隣の店もランチタイムは終わったり、凄い行列が出来ていたりして、断念。

 しかし、古い商家を利用したりして、なかなか趣がある。

 とはいえ……流山の歴史的街並み、というので期待したら、川越のようではなく、かなり新しいきれいなお宅になっていた。新築の家の中に点々と昔の家が残っている。

 車の通行はさほどではなく、歩道もあるので、安心して歩ける。またゆっくり散策しに来たい。

 というか、本日一番感銘を受けたのは、流山の自然。

 江戸川の穏やかな流れはとても美しい。人工河川である足立区付近の荒川(元は荒川放水路)とはまったく表情が違う。中州があって、とても美しい。この清々しい美しさを1枚の写真で表現できる腕は、おれにはない。とにかく、江戸川は美しい。

Img_3632


 江戸川の土手の手前に、水路がある。この界隈には問屋さんとかが並んでいたのだろうし、この先にはキッコーマンの工場もあるので、水運に使われていたのだろう。この佇まいが美しい。

Img_3629

Img_3630

Img_3635

Img_3636

 ずいぶん歩いた。流山駅の近くにあるとんかつ屋さんで夕食、と思ったのだが、相方が歩き疲れたと言うし、馬橋での乗り換えが階段しかないので帰りは流鉄線は使いたくないというので、近くのバス停から南流山行きのバスに乗る。

 17時少し前に、南流山駅に到着。

 ここは武蔵野線とつくばエクスプレスが接続しているところなのに、駅前にはビルがない。つくばエクスプレスって、駅ごとにショッピングセンターに映画館があるイメージだったのに。

 といいつつ、駅前に「魚民」と「南流山ホルモン」があったので、入る。

 「店長が選ぶホルモン盛り合わせ」と「焼き野菜」を食べ、「牛ホルモン」「中落ちカルビ」も食べて、〆は「チーズトッポギ」。おれは中生を飲む。

 もっと食べたかったけど、自制。

 食後しばらく、相方と角川の新作について打ち合わせる。なんせ店は空いているので気兼ねすることはない。

 いろいろと基本設定がまとまった。これをまとめることにする。

 つくばエクスプレスで、北千住へ。

 20時過ぎに帰宅。「西郷どん」は今回も再放送を見よう。

 代わりに、「世界の果てまでイッテQ!」を見て、TBS「ブラックペアン」を見る。全然見ていなかったので流れがよく判らないが、大学病院の勢力争いの中、そんなことに無関係な存在で毒舌ですぐカネのことを口にするが腕は立つ外科医がダーティ・ヒーロー。神妙すぎて辛気くさいだけだったキムタクと大違いで、ニノはいいねえ!やっぱり主人公は弾けなきゃねえ。

 脇役はそのニノを引き立てるだけに存在するかのよう。でも、作劇が巧いので、ついつい最後まで見てしまった。しかし内野聖陽に市川猿之助に小泉孝太郎に、とキャストは豪華。しかもみんな善人ではないのが、いい。

 そのあとフジの「MR.サンデー」。日大アメフト部の不祥事について詳報するかと思って見ていたら、結局は朝丘雪路と西城秀樹を偲ぶだけだった。星由里子は????

 ゴミ出しして風呂に入り、今日の打ち合わせを頭の中で整理して、寝ようと思ってネットを見ていたら……小田急ブックメイツ新百合ヶ丘店が3月に閉店していたことを知った。

 エンタ文庫がよく売れた大規模な書店さんが続々と閉店していく……。

 これは、じり貧だぞ!

 つーか、ネットとスマホに、テレビも音楽業界も出版もやられまくり。これは歴史的変化だから、どうしようもないのか?しかし、形は変わってもコンテンツ自体は求められるはずなんだが……。

 1時過ぎ就寝。

今朝の体重:88.65キロ

本日の摂取カロリー:1734kcal

本日の消費カロリー:242kcal/6705歩+25kcal(自転車)

2018年5月20日 (日曜日)

5月19日/仕事して料理

 7時過ぎ起床。

 曇り。

 ふと、光文社文庫新刊「悪漢記者」の著者献本をしたっけ?と調べてみると、版元に献本リストを送っていなかったことが判明。いかんいかん。まあ、マスコミ関係には版元が送っているだろうけど……。

 超多忙で、完全に忘れていた。こんな事初めて。

 朝のモロモロを済ませていると、相方から電話が入り、しばらく話す。

 

 日大ってのは基本的に右の体質があるが、日芸は独立独歩でそんな気風とはまったく無関係だったが……今のご時世、すべての事に管理が強化されつつある感じ。物凄~くイヤ。日本人って、管理するのが好きで、されるのも好きなのかね?たぶん、そうなんだろうなあ……。これも徳川300年の功罪の「罪」か?まあ、それを美徳と考えるヒトもいると思うけど、そういうヒトとは友だちになりたくないが。

 で、日大本部は「大学の自治」に関してまったく問題意識がないんだろう。カネがあるから補助金欲しさに政府に従順になる必要もないんだろうけど、もともと体制ベッタリの校風だし……。

 アサメシはダブルソフトのトーストにゆで卵、コーンフレーク。

 仕事開始。相方から戻った「悪徳探偵」4-4の最終チェック。

 すぐ終わるだろうと思ったが、なんだか頭が働かない。

 中断して、テレビに逃げる。

 「半分、青い。」を見る。これ、きちんと見てなくて、時々見るのだが、かなり出来がいいと思う。ならばどうして毎回きちんと見ないのか?なんか、描いている世界が小っ恥ずかしいから。

 「西郷どん」、本放送を見られなかったので、再放送を見る。

 この大河ドラマ、悪くはないのになんだか弾んでこない。

 鈴木亮平というひとは、役者としては巧いけれど、大河の主役としては華がないのかもしれない。

 設定や役柄もあるけど、「奄美編」の事実上の主役の二階堂ふみの方が……と、ここまで書いて、ハタと気づいた。

 もしかして、西郷隆盛って、この大河の主人公ではあるけれど、実は狂言回しで、真の主役は、その時々のドラマを推進する人物なんじゃないか?島津斉彬とか、奄美編の二階堂ふみとか。

 そう考えると、今回の作り方が腑に落ちる気がするんだけど。

 しかしまあ、島津のお殿様も、厳しく年貢を取り立てて民は疲弊していることを判っているのに、斉彬ラブの西郷はその根本の問題を斉彬に意見することはなかったし。技術革新して農業も新しい方法にすれば民も潤うという将来の話を信じるだけの単細胞。自分たちは侍で島津の家臣だから貧乏に文句は言えないと言うことなんだろうけど。このへんが妙に苛つくんだよなあ。あまりに単細胞で複雑さがないキャラクター造形なので、人物像に深味がないというかバカに見えるというか。

 しかし薩摩統治下の奄美って、薩摩の植民地みたいな扱いだったのね……琉球にだって薩摩は支配者として君臨していた訳だし。

 

 仕事に戻って、14時過ぎになんとか終了して、実業之日本社担当F氏に送る。

 昼は、塩昆布のお茶漬けを食べるが、それだけでは足りず、日清焼そばUFOも食べる。

 録画した「タモリ倶楽部」を見る。秋葉原で売っている「便利グッズ」品評会。よくまあ考えて商品化するなあ、と思うものがズラズラと。

 「孤独のグルメ」も見る。東向島のピザ屋。井ノ頭五郎は納豆ピザを美味しそうに食べてたけど、おれは納豆が駄目。しかしこの店には行ってみたいけど……数年は混むんだろうな。

 そう言えば、初期に登場した北千住のタイ料理屋は、行列が出来るほどではない……と言うか、予約しないと駄目なのかも。

 おれはタイ料理も駄目なので(パクチーとココナッツ・オイルが駄目)店の前を通るだけだが、店内は超満員でもない。

 買い物に出る。

 最近、外食ばかりで野菜が足りないのと魚を食っていない。

 体重が増加に転じた理由だ。

 なので、今夜は「カツオのたたき」にする。最近、お店で「カツオのたたき」を頼むと、カツオしか出てこない店が多い。これは違ってるぞ!カツオのたたきは野菜を一緒にたっぷり食べるのが美味いのだ。それを判ってない料理人が多いんだねえ。まあ、野菜は要らないという無粋な客が多いせいかもしれないけど。

 千住大橋の「ライフ」で、カツオのたたきのパックを買い、タマネギ・茗荷・生姜・ニンニク・大葉・キュウリを買う。

 どうせなら、久々に味噌汁も作ろうと、油揚げに木綿豆腐も。

 レジに並んでいると、レジ担当の老女が倒れて、店の人が飛んできてレスキュー。貧血かなんかだろうか?かなりのお年に見えるから、過労かもしれない。

 帰宅すると、17時を回っている。

 日大アメフト部の内田、やっと監督を辞任すると。しかし大学の役職は辞任しないと。お前さんが日大のイメージを一気に悪くした(もともといいとは思わないけど)んだから、イメージが大事な教育産業としては、内田は大学の役職も辞めるべきだと思うが。理事長と昵懇らしいから、なかなか引導を渡せないんだろうけど……。

 味噌汁を作る。

 そのあと、カツオのタタキ用の野菜を用意。

 18時前に完成して、食べる。

 美味い!

 もうちょっと食べたい、というところで終了。ちょっと足りないけど、ここは我慢。

 テレ東の「土曜スペシャル頂上まで90分!ご利益いっぱい!新緑の山さんぽ」を見る。南房総のなんとか山と筑波山を登る企画。南房総のなんとか山は、ハイキングコースとしてはなかなかいい感じだけど……途中で寝てしまった。

 筑波山の登山部分は寝てしまって見てないけど、けっこうキツいと思う。

 登山のあと、ロープウェイで降りてきたんだから、目の前にある京成ホテルで風呂に入るのかと思ったら、筑波山神社に戻って、江戸屋さんへ。ここは何度も利用しているから、料理が美味しいのはよく知っているが……露天風呂は凄く狭いのよね。

 続いて「アド街ック天国」。先日行ったばかりの二子玉川。

 出演者全員が口を揃えて「こんなに変貌した町はない」と言うとおり。昔ののどかさは完全に消えて、今は「セレブの街」だってさ。なーにがセレブだ、と思うけどね。新しく出来たタワー・マンションに越してきただけだろ。ま、番組に登場したセレブを気取ったセンセイは、皮肉っぽく扱われていたけど。

 TBS「新情報7デイズ」で、日大アメフト内田の件を見ようと思ったら、その助走の部分で、ゲストの湯山玲子が妙にうわずった感じでスベりまくり。ラグビー部とか言っちゃうし。このヒト、特に面白いことも言わないし妙に緊張してアワアワするタイプなのに、どうしてテレビによく呼ばれるんだろう?不思議だ。

 で、いよいよと言うところで相方から電話が入って、しばらく話す。

 まあ、内田の件はリピートされたけど。

 選手に反則プレイを指示したのかどうかについて訊かれると、「我々は150人の青年を預かっている。個々人の考えもあるので、そこら辺もちゃんとしないと。これから部をどういう方向に導くかを含めて考えている」って、この答え、トンチンカンだけど、「口裏を合わせている最中」だとも読める。

 この男、関西学院の呼び方をずっと間違えていたし、権謀術数には長けていても権力で人を動かすだけの頭の悪いオヤジでしかない。

 このままじゃあイメージが大切な教育産業である日大にとって大きなダメージなんだから、常務理事も人事部長も解任しなきゃマズいでしょ。一番偉い理事党と仲がいいから、理事長も馘とは言えないのか?理事会ではこの件はまったく話題にもならなかったそうだし。

 まったくクソ恥ずかしい話だ。

 それと……名古屋のマンガ喫茶殺人。「誰でも良かった」と殺されるって、一番嫌な死に方。こういうクソ犯人は跡を絶たないけど……。

 

 星由里子が亡くなったと思ったら……朝丘雪路も!

 昭和の顔が続々と亡くなっていく……。

 風呂に入り、今日こそ早寝しようと思いつつ、0時50分、就寝。

今朝の体重:89.20キロ

本日の摂取カロリー:1982kcal

本日の消費カロリー:40kcal/1016歩+40kcal(自転車)

« 2018年5月13日 - 2018年5月19日 | トップページ | 2018年5月27日 - 2018年6月2日 »

安達瑶の本

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト