« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月30日 (土曜日)

11月29日/洗濯、仕事、カイロ

 トイレに立ったときに洗濯機のスイッチを入れてまた寝て、8時10分起床。

 久々の快晴!

 洗濯物を干し、まだ残っているのでもう一度洗濯機を回す。

 

 その間に、朝のモロモロを済ませ、洗濯物を干し、アサメシというかブランチはダブルソフトのトースト、牛乳、ゆで卵、カフェオレ。

 

 仕事開始。実日WEB連載「幻の女」第1回の大詰め部分。ここの部分が最大のミソになるので、慎重に演出を考えて、進める。

 舞台は流山なので、決定稿を出す前にもう一度行っておこうか。近場だし。

 

 ツイッターで、松屋が人気メニューのカレーを止めて、その代わりに「創業時カレー」を復活させると。これは実質的な値上げ。だけど100円だし、そもそもランチが安すぎる、1200円くらい出せよ、じゃないとデフレ脱却は出来ないぞ、そもそも外食は贅沢なモノなんだ、出せなきゃ外食なんかしないで弁当作ってこいというハナシになったが……。

 現実的には、ランチに1200円は出せない。たまの「贅沢ランチ」なら話は別だが、日常的な「腹を満たすヒルメシ」は500円が攻防戦だ。頑張って1000円。無い袖は振れない。他の業種は知らないが、懐に余裕がある人はドンドンお金を使ってください。おれなんかは無理。カネがないというか倹約生活をしないと破綻するんだから。毎日弁当を作る時間の余裕がない人も多いだろう。政府の経済政策の失敗のツケを一般国民、それも貧困層に回されては困るんだよねえ。

 サイゼリアを筆頭に、日本の外食産業はかなり頑張ってデフレに対応して貧困層を救ってくれていると思う。それがデフレ基調を維持する結果になっているとも言えるし、個人経営の店の経営を圧迫しているのも判る。しかし、ビンボーな客の立場から言えば、普段のヒルメシはゼイタク出来ない。最少限の出費で抑えたい。ファーストフードは外食とはいえ贅沢をする範疇には入らないし。

 お店側とお客側の意識の溝は深い。

 

 15時を回ったので、仕事はひとまず中断して、洗濯物を取り込んで、予約してあるカイロへ。

 川越在住の先生に施術して貰いながら、先日行った坂戸の「聖天宮」の事を話し、その近くにあった小川のそばの団地のことを話す。小川が可愛くてきれいで、いい団地だなあと思ったのだが、あの小川は台風で溢れて、団地の1階は床上浸水したらしい。う~む。千葉も、川という川は溢れたようだし……これからは川のそばって怖いのか……。きれいなところなんだけどなあ。

 

 帰路、Hotto Mottoに寄って「特のり弁」を買う。Facebookで「ときどき、のり弁が食いたくなるよね!」という話題が出たので、急にのり弁が恋しくなったのだ。コンビニにも寄って、とんこつラーメンのカップを買って、帰宅。

 のり弁とカップ麺で夕食。

 食後、即、仕事再開。

 なんとか20時前に、最後まで終えて、相方に送る。

 笑いの要素を入れたつもりだが……上手くいっただろうか?

 相方からは「だいたいこれでいいと思う」という返事が来たので、安堵。この件は相方にバトンタッチして、明日は徳間に戻ろう。

 

 22時からのNHK「ドラマ10 ミス・ジコチョー」を見る。このシリーズも面白い。金曜10時のNHKのドラマはハズレが少ない。大門未知子の向こうを張って「私、失敗しちゃった」と呟く天才博士がいいよねえ。松雪泰子がハマってる。

 続いて「72時間」。成田空港近くの、離発着が見える公園の72時間。これは去年の再放送だが、これを見ておれは空港近くのホテル・マロウドを知って「離発着の見える部屋」に泊まったのだ。

 そのあとベッドのリネンを交換し、風呂に入り、オンエアで「タモリ倶楽部」を見て、そのあとの「爆笑問題のシンパイ賞!!」も見てしまった。貯金を切り崩して「早食い大食いのユーチューバー」になろうとしている人、たしかに心配だ。まあ、今の時代、他人がえんえんモノを食ってるのを眺めていたい人もいるんだろうけど……。

 終電乗り過ごしは、高尾じゃなくてもっと悲惨な駅があるはずだけど。最近は相互乗り入れが凄くなって、思いがけないところまで走る電車が増えている。東海道線に乗って寝込んでしまったら宇都宮とか高崎とか、もっと遠くまで行ってしまうこともある。それを取材した方が面白かったんじゃないの?

 

 1時17分、就寝。

 

今朝の体重:87.10キロ

本日の摂取カロリー:1883kcal

本日の消費カロリー:212kcal/1112歩+自転車

2019年11月29日 (金曜日)

11月28日/POP作って、日芸校友会常任幹事会

 7時30分頃起床。

 雨。

 

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはダブルソフトのトースト、スクランブル・エッグ、牛乳、コーヒー。

 

 昨日書いた原稿10枚ほどだが、読み直してから相方に送る。

 本日は、「悪漢刑事 最後の銃弾」のPOPの締切日。発刊はまだ先だが、POPを配本に同封する必要があるので、その印刷に要する時間を考えると今日が印刷所入稿の締め切り。

 昨夜作ったベースを相方に送り、おれはおれの分の文案を作る。シリーズ最後というのを前面に打ち出すものを考えるが……字が汚くてねえ。ひらがなは丁寧に書くのに、漢字になると妙に急いでしまうから余計に読みにくい字になってしまう。

 何度も書き直して、スキャンしてPOPに貼ってみる。

 モーレツに温泉に行きたい。年末の〆切がクリアできたら、無料送迎バス付きの安宿に行って、貧相なバイキングを食べて温泉に入ってゆっくり寝たい。相方が同意してくれたら行きたいんだけどねえ。日帰りだと結構寂しいし、夜、湯冷めしそうだし。

 

 お昼過ぎにカフェで相方と待ち合わせて、俺が昼メシのハヤシライスを食べている間に、相方にはその場でPOPを書いてもらって、受け取る。おれの書いた分を刷り込んだPOPを見せるといくつか直したら?と提案されたので、持ち帰って、もう1回書き直す。おれの場合、大きく書いて縮小したほうが奇麗に見えるし読みやすい文字になるので、かなり大きく書いて縮小。

 相方の分もレイアウトして、微調整して、祥伝社担当O氏にPDFとWORD形式にして、送る。キングソフト製の互換ソフト「WPS」の出来栄えはすこぶるいい。アップル製の「Pages」の互換性はあんまり良くないし、オラクルの「OpenOffice」よりもキングソフトの「WPS」のほうが互換性が高い。MSのマック版、高いからなあ。そんなに必要もないし……。

 

 マスコミの社長たちがアベと何度も会食をしているが、今度は政治部のキャップたちがメシを食ったんだと。キャップと言えば現場のトップじゃないか!誘いを断ったのは毎日新聞だけ。

 日本人は、一緒にメシ食って和やかに話す関係になると、敵対できなくなる。その辺を読んで、官邸はマスコミ首脳とメシを食い、手名付けてきたわけだ。権力と距離を置くアメリカや英国のマスコミは、大統領や政府要人に取材はしても一緒に和やかにメシは食わないだろう。

 最近の朝日は、アベ批判が弱くなっている気がするし……物凄くイヤだったので、朝日新聞に抗議のメールを出した。そうしたら、夕方に返事が来た。

 以下、その全文。

『長年にわたり朝日新聞をご愛読いただき、誠にありがとうございます。

お問い合わせの件について、読者の皆様の窓口である東京本社お客様オフィスより返信いたします。

「首相動静」に掲載された報道各社キャップと安倍首相との懇談に関して、安達様がご疑念を抱かれて、メールをお送りくださったことを政治部に伝え、懇談の意図について確認いたしました。
11月20日の首相との懇談は、首相に対する数少ない取材機会の一環ととらえ、朝日新聞社の記者も応分の費用を負担したうえで参加しました。
あらゆる機会をいかし、取材を尽くしたうえで、政権等に対して遠慮なく報道することがメディアの役割だと考えています。
今回、懇談に参加した弊社の首相官邸取材キャップは、翌21日朝刊1面の「疑問続出 逃げず説明を」という署名記事で、首相に対し「これで幕引きは許されない」と厳しく主張しています。
とはいえ、今回安達様が疑問を抱かれたように、読者の皆様がどのように感じられるかを常に意識する必要は痛感しております。
より一層身を引き締めて、取材活動に邁進する所存です。
今後の紙面を通じて、引き続きその姿勢を示してまいりますので、引き続き弊紙をお読みいただければ幸いに存じます』

 だって。そりゃ「取材の好機」だろうけど、現場のキャップは距離を置くべきなんじゃないのか?政治部の記者は政治家とベタベタになって政治家になってしまう例は昔からあったとは言え……。

 ほんと、拒否した毎日新聞に敬意を表して、50年間ずっと読んできた朝日を止めて、毎日新聞に切り替えようかな。記事だって、毎日新聞の方が面白い。

 

 予定より早くPOPが出来たので、その後、仕事。しかし今日は夕方に出かけなければならないので時間が半端。まとまったこともできないまま、外出の時間になる。

 日芸校友会常任幹事会。先月は締め切りの関係でドタキャンしてしまったので、今回はきちんと出席しなければ。

 江古田に行くと、天下一品のラーメンか数件ある洋食屋で飯を食べるのが楽しみなのだが、行きたい洋食屋さんはは20時でオーダーストップらしい。会議は18時30分から始まって、だいたい1時間以内には終わるけど、食いそびれるのは嫌なので、会議の前に食べてしまうことにする。

 17時40分ごろ、江古田到着。その足で「キッチンABC」へ。

 洋食屋のハンバーグがどうしても食べたかったので、サービスAセット(だったと思う)にする。ハンバーグとかにクリームコロッケ、目玉焼きの盛り合わせ。

Img_4774

 美味い!こういうのはデニーズやガストとはまた違うんだよなあ。町の洋食屋さんは、北千住では1軒か2軒しか残っていないからなあ。大事にしなきゃあなあ。

 そして……この店のBGMは80年代ポップスがよく流れる。この前来たときも、ふいにユーミンの歌が流れてきてショックだったが、今回は、薬師丸ひろ子の「Woman」。あの大傑作「Wの悲劇」のテーマ曲。この映画は原作を劇中劇に封じ込めるというウルトラCを使って、見事な青春映画にした。アーウィン・ショーの盗作だと常盤新平が騒いだが、小林信彦は詳しく論証して完全に否定した。おれは小林さんを支持する。

 純な少女が女優になっていくのがメインストーリーになっているから、原作者はムカついただろうけど……で、このテーマ曲、歌詞が素晴らしい。もう、泣いちゃう。不意に流れてきたから余計にそうだ。

 61歳のおっさんがハンバーグを食いながら薬師丸ひろ子の歌声を聞きながら涙ぐんでいるのは、気持ち悪い光景だろう。だけど……薬師丸ひろ子の素直な歌唱は、松たか子とならんで、もっと評価されるべきだ。

 とにかくおれは、泣きましたね。

 

 日芸の学食で時間を潰して、10分前に常任幹事会の会場である会議室に行ったら、驚いた。いつもは開始時間ギリギリにばらばらと揃うのに、今日はもう全員お揃いではないか!いつもおれが一番乗りで「お前そんなにヒマなの」みたいに思われそうだったのに……。

 会議は粛々と進んで、特に質問することもなく、30分強で終了。だったら会議の後くつろいだ気分でメシが食えたのになあ。

 サンドウィッチが出たので、持ち帰ると荷物になるので、その場で食べてしまった。以前は豚カツ弁当が出たのだが、だんだんと軽量化してきた。まあ、いいことだと思う。こういう会議にお金を使わないで、もっと有効に使って欲しいから。

 とはいえ、そのサンドウィッチは美味しかった。

 

 20時過ぎに日芸を出て、帰る。用もないけど飯能とかに回って見ようかとか思ったが、夜の帰宅ラッシュだから、素直に帰宅。

 

 スガ官房長官は、「(反社会的勢力の)定義が一義的に定まっているわけではない」と言ったとさ。苦し紛れだと思うが、ひどすぎる。暴対法や暴排条例で、一般企業や有名人は反社との関係や接触を厳しく禁じられているのに、官邸はいいって言うのか?呆れ果ててモノも言えない。クソもクソ。

 

 風呂に入ってゴミ出しをして、書店回りのリストを観直して、0時8分、就寝。

 

今朝の体重:86.55キロ

本日の摂取カロリー:2691kcal

本日の消費カロリー:1233kcal/5703歩+自転車

2019年11月28日 (木曜日)

11月27日/仕事して、テニス

 7時41分起床。

 雨。

 

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはダブルソフトのトースト、ゆで卵、牛乳、コーヒー。

 

 仕事開始。昨日の続き……をやりかけたが、気になることを先に済ませてしまおうと、12月12日発売の「悪漢刑事 最後の銃弾」のPOPの地方書店さん郵送リストを整備。閉店してしまった書店さんを心を痛めつつ削除して、新たに売り上げ良好リストに加わった書店さんの住所を調べて追加。そして、東京近郊の書店回りをする書店さんのリストも整備。殆ど固定しているけれど、微妙に変化はある。そして、献本先リストも確認して、担当O氏に送る。

 これをやってから、WEB連載「幻の女」第1回に戻る。

 後半は、ドンデン返しの演出を工夫しなければならないので、慎重にやらねば。

 

 お昼は、15時近くに、サッポロ一番味噌ラーメンにキャベツと万能ネギ、卵を入れて。残ったおツユにご飯少しを入れておじやにする。

 

 仕事再開。

 「後半の前半」が出来て、キリがいいので、ここまで。

 雨が降っていたら休もうかと思ったけど、2週続けて休むと、休みグセがついてしまう。これはいかん。幸い、雨は上がったようだし、気象レーダーを見ると雨雲は遠ざかっている。

 髭を剃る。新しいブラウンのシェーバー、使い方が判ってキレイに剃れるようになった。新しいシェーバーは気持ちがいいなあ。

 テニスの支度をして、17時過ぎに外出。

 行く道々、POPの惹句を考える。「読者よ、これが最後だ!」というのを思いつく。

 

 テニスは……空振りが多いし、前衛のとき、自分の横に飛んできた球に反応出来ない。それが悔しい。

 風呂に入ってK氏とM氏と話し込んだり。飯能に300万の家があるとか墨田区京島の方の家も安いとか。しかし……飯能は遠いし京島の家は本当の古民家で可愛い家が多いんだけど、地震が来たらバッタリ行きそうだし火事になったら一気に燃えてしまいそう。

 メシは、「上海菜館」で週替わりの定食。今週は「肉野菜炒め卵焼けのっけ」。店内は団体の宴会の真っ最中。空いたテーブルには荷物が置かれ、他のテーブルではたった2人が2つのテーブルを使っていたり、かなり無法状態。でもまあ空いているテーブルもあるから、いいか。店内のテレビで「片桐機長の逆噴射墜落事故」のドキュメントをやっていた。乗っていた席で運命が分かれたんだなあ。これはもう、どんな事故が起きるかで変わってくるし……本当に運命だなあ。

 

 21時40分頃、帰宅。

 今夜中にPOPの下地を作ってしまおう。

 ということで、ニュースも見ずにiMacに向かう。

 惹句を書いて着色し、レイアウトしてみる。これに明日おれと相方の文章を足す。

 この作業をしていると、くーたんが「遊べ!」と椅子に乗ってきたりおれの肩に乗ってきたり。冬になったせいか、甘えてくることが増えたなあ。

 原稿も書かねばならないしPOPも作らねばならないし、明日の夜は日芸校友会の常任幹事会もある。先月休んだし、今月は校友会長のお呼ばれには出席したので会議に出ないわけには行かない。

 明日は時間のやり繰りをシッカリせねば。

 

 23時59分、就寝。

 なんだかややこしい夢(何かのプロジェクトを進めているがメンバー間で意見が食い違って難航する……)を見て、疲れる。

 

今朝の体重:86.55キロ

本日の摂取カロリー:1914kcal

本日の消費カロリー:482kcal/4453歩+自転車+702kcal(テニス)

2019年11月27日 (水曜日)

11月26日/雨の日は仕事のみ

 7時28分起床。

 雨。ずっと雨。

 

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはダブルソフトのトースト、ゆで卵、コーンフロスティ半分(品切れ)、コーヒー。

 今年の風邪はスッキリ治らない。なかなか咳が止まらない。

 

 仕事開始。実日WEB連載「幻の女」(仮題)第1話。昨日に引き続き、書く。この〆切が今週末の土曜日なのだが、担当F氏に週明けの来週月曜まで待って貰えないかとお願いのメールを出す。

 返事を待ちつつ、仕事を進める。10時を過ぎて、待っていただける旨の返事を戴き、安堵。

 以前より仕事量を増やして〆切に追われる日々なのに、経済は逼迫している。サボっててカネがないのは自業自得だけど、日夜働いてもカネがないのはどうしてだ?堀江とかにはお前がバカだからだと言われるんだろうけど。まあ、人気商売ではあるからねえ。

 考えれば、調子がいいときからずっと倹約生活をして、お金を貯めておくべきだったんだけどねえ。飲まない打たない買わないのマジメ生活で特に贅沢もせず車も持たず服も買わない質素な暮らしをしてきたつもりなんだけどなあ。まあ、食い物は、食べたいものを食べたし、旅行はしたか。今は食い物は節約と節制をしているから、せめて、旅行だけは……行きたいねえ。小説のネタになるし。

 

 昼は、スパゲティ・ナポリタンを作って食う。

 食後、即、仕事再開。

 

 今のご時世でもベストセラーは出る。「たちまち増刷・重版」という広告が新聞に踊っている。有名人の本も売れる。内容に自信があるのは大前提だが、本を売るには著者が有名でなければダメなんだな。佳作を積み上げて「名を知られる」のが今までのパターンだったけど、現在は、大きな賞を取るとか、世間の話題にならないと「有名人」になれない。

 モノカキが有名になるには、大きな賞を取るしかない。クスリ(そんなもの買うカネはないが)とか犯罪を犯して捕まっても、無名犯罪者になるだけだしねえ。ネットで叩かれるだけ。

 売れない演歌歌手のように、新刊が出るたびに結構遠くの書店さんまで手製のPOPを持って行脚してるんだけどねえ。

 

 ネットで、四国の剣山から三嶺までの縦走をした方の写真満載のサイトを見つけて、じっくりと読んだ。石鎚山とは違って、剣山は名前と違ってかなりなだらかな登山道。それに連なる山にもあまり険しくない登山道を歩けば、行けることを知った。

 装備がないと登れないとか、そんな山は怖くて行けないが、ハイキングの延長の感覚で行けるなら……剣山はまた登ってみたいし、その周辺の山にも行ってみたい。夏山限定で。四国には熊がいない(いるけど28頭しか確認されていない。絶滅したという説もある)から、山歩きをしても殺されることはない。猪はいるけど。

 トシを取って、何故か急激に、山に惹かれるようになった。海に飽きた?いや、美しい海を見ると、「海はいいなあ!」と心から思うんだけど。

 また国府津の、「透明なゆりかご」のロケに使われた福祉館に行きたくなってきた。行って、その辺でしばらくボンヤリしていたい。迷惑かな?

 

 400字詰め換算で予定枚数60枚超のところ、内容的には前半というか第1部に当たる部分まで、書けた。37枚。今日はここまで。

 

 相方に送って、夕食の準備。

 今夜は、以前作って驚くほど美味かった、キッコーマンの「うちのごはん/ガリバタ醤油の肉キャベツ炒め」をまた作る。前回よりキャベツの量を増やし、プラス白ネギも加える。

 が……豚バラ肉の炒めが足りなかった。カリカリになるほど炒めた方が香ばしくて美味しいのに、「火が通った程度」じゃダメ。また作ろう。

 これをおかずに、ご飯とタクワン。

 

 食後、なにか映画を観ようかと思ったが、そんな時間があるなら仕事すべきだと思い、またiMacの前に座り、明日書く分の予習をする。明日の分が今回のミソだから、時間がかかりそうだけど……頑張るしかない。

 

 風呂に入り、ニュースを見て、録画した「72時間」を観る。表参道にある「ごく小さな結婚式場」。写真を撮るだけの結婚式から、ウェディングドレスを着てお披露目だけの結婚式。服を着替えて近くのレストランでお食事会くらいはするんだろうか?

 慎ましい生活をする人たちがすごく立派に見える。

 

 0時50分、就寝。

 

今朝の体重:86.95キロ

本日の摂取カロリー:1995kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

2019年11月26日 (火曜日)

11月25日/仕事して、相方バースデー

 8時6分起床。

 曇り~晴れ~曇り。

 

 朝のモロモロを済ませていると、時間がかかって11時近くになってしまった。

 ならばもうブランチ。買い物に出なければいけないので、外出。

 

 ユニクロの「誕生感謝祭」でタートルネックのセーターが安いし、厚手のパーカーも欲しいので買いに行きたいが、くーたんのキャットフードが切れているのでこっちが急を要する。

 北千住東口のいつもの店で買い、その向かいの珍来で食事。チャーハンと三本餃子。なんか値上がりして910円。前はもう少し安かったはず。これで1000円近いのなら定食を食った方がいいなあ。

 そのあとユニクロに行くのも面倒になったので、そのまま帰宅。

 

 ネットで調べたら、新聞折り込みを見て欲しいと思ったタートルネックのセーターは女性用だった。セーターなんか男女関係ない気もするけど。パーカーは急を要しないので、次のセールを待とう。どうせ年末にまたやるでしょ。

 

 仕事開始。順調に進むが、慎重に書いているので分量的にはあまりハカがいかない。だけど導入部だからきちんと書かないと。

 

 小腹が減ったので、ダブルソフトのトーストを食べる。

 

 今日は相方の誕生日。iPhoneのケースをプレゼントすることになっている。一番品数豊富なのは、おれが知る限りでは秋葉原のヨドバシ。ここで買って、錦糸町で食事する予定。

 

 18時45分にJR秋葉原駅の「昭和通り出口」で待ち合わせしたのに、おれが間違えて「中央口」に行ってしまった。この2つを混同してしまった。

 相方と合流して、ヨドバシへ。

 相方が気に入ったタイプがなかなか無いが、「あるなかでベスト」なものを選んでもらって、プレゼント。

 しかし店内は妙に蒸し暑い。外はけっこう寒いのに店内はムシムシ。

 超満員の総武線に乗って錦糸町へ。次の電車はスカスカに空いていた。隅田川を渡ると、とたんに気温が下がった感じ。

 元そごうの「アルカキット」へ。その10階の、国分寺にもある「バケット」。誕生日割引を使って国分寺で食事したとき、全店で使える割引クーポンを貰い、その期限が今月いっぱいだったので。

 おれはハンバーグと小さなステーキのセットを頼んだが、メニュー切り替えで品切れになったモノが凄く多かった。ミルフィーユかつとか美味しかったのだが品切れ。

 しかしここは「パン食べ放題」なので、盛大に食べる。

 21時過ぎまで食べて話して、お会計。

 

 22時頃帰宅。

 風呂に入り、思いついた事をメモにして、23時49分、就寝。

 アメリカとのFTA、中味は相当ひどいらしいが、野党は取り上げずマスコミも報じない。

 なんかコイズミ以降、清和会に日本はメチャクチャにされっぱなしだな。いろいろ悪く言われた旧経世会のほうがずっとマシだった。金権政治の権化ではあったけど、政治手法では保守本流の「慎み」と「知恵」があった。しかし今は、声のデカいバカがバカのボスに取り憑いてバカ度合いを悪化させていて、アメリカのバカの言いなりになっている。

 まあ、おれはあとせいぜい20年の命だけど、それまで日本が保ってくれればそれでいいや。もう多くは望まない。

 

今朝の体重:86.65キロ

本日の摂取カロリー:1990kcal

本日の消費カロリー:939kcal/6978歩+自転車

2019年11月25日 (月曜日)

11月24日/再校ゲラ最終確認・CDマスタリング・図書館・「いだてん」に落涙、そして仕事

 7時31分起床。

 雨。

 

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはご飯に目玉焼き、インスタントのしじみ汁に京菜の漬け物、海苔、ちりめんじゃこ。

 

 仕事開始。

 まず、「悪漢刑事 最後の銃弾」の再校ゲラの書き足し部分を読みやすいようにテキスト化してプリントアウトしてゲラに貼り付ける。この際、プリンターが思うように動かなくて苛立つ(おれが操作に慣れていなかったから)。

 そして、昨日録音した快楽亭の高座録音もマスタリングしてしまう。新しい「GarageBand」は操作方法が少し変わってしまって、これもまごつく。ファイルの分割がなかなか出来なかったり、フェイドイン・フェイドアウトの指定がままならない。しかしそれも、なんとかなった。

 午前中は、この2つの作業に費やしてしまった。

 

 午後、昼飯がてら外出して、ヤマト運輸の営業所に行って再校ゲラとCD-Rを発送。どちらも〆切1日前に到着するぞ。

 餃子が食いたかったので、千住大橋の「餃子の王将」へ。少し待って席に着き、「餃子定食+海老チリの小皿」を食べる。美味い。

 そのあと、階下の「ライフ」で買い物。ずっと雨だったりして買い物に行けなかった分、あれこれ買い込む。

 マツキヨにも寄って「髪の毛のボリュームが増したように見えるシャンプー」を買って、一度帰宅して荷物を置き、洗濯物を取り込む。この天気じゃあ乾かない。コイン乾燥機に放り込んで、再度外出して、今度は図書館へ。

 借りていた「ニッポンの山里」は名著なので購入したから期限内に返却。祖谷をいち早く世界に紹介したアレックス・カーの著作数点と「酷道」の本、全国にある「平家の落人が隠れ住んだ場所」を紹介する本、徳島の歴史と今を体系的に紹介する本(灯台もと暗しで、地元のことについて知っているようであまり知らなかった)を借りる。

 

 帰宅して、洗濯物を回収。

 部屋に戻って、借りてきた本をパラパラと目を通すが、アレックス・カーが祖谷に初めて出会って心惹かれた(恋に落ちた)文章に感動。というか、最近は「祖谷」という言葉が目に入ると無条件に感動してしまうようになった。なんだこれは?日本に山里はたくさんあるのに……。まあ、実際に訪ねていったのは祖谷だけだし、訪ねていった日は肌寒い雨の日だったこともあって、その印象はものすごく強烈だった。とは言え、それだけでは「祖谷」が特別な場所のように感じる事に説明がつかない。なんだろうなあ、この強烈に惹かれるものは。

 

 いかんいかん。仕事をせねば。

 今日から実日のWEB連載「幻の女」(仮題)の第1話をやる。

 相方の詳細なメモがあるのでかなり安心しているが、書き出しをどうするかで、しばし迷う。迷って何度も書き直す。

 そうこうしていると、17時を過ぎて、「笑点」の時間。

 とろとろと見て、18時からBSで「いだてん」。

 もうあと数回で、この超傑作、絶対に古典的名作の殿堂に入ること間違いなしの異色の大河ドラマも終わってしまうんだねえ……。

 今回は、田畑政治の失脚。策略家・川島正次郎がマスコミを動かしたのか、政治家にマスコミがいいように利用されたのか(同じ事か?)、東京オリンピックと冷戦時代を背景に、国際政治のバランスに不安な世の中という背景があったのか、インドネシアでのアジア大会に纏わる「混乱」と「責任追及」が今ひとつ、よく判らない。これはたぶん、「何がどうなってるんだよ!」と苛つくマーちゃんの側から描いたから、ウラのあれこれの説明をあえて省いたのだろう。っていうか、川島正次郎の策謀は描いているけれど、マスコミが一斉にマーちゃん叩きを始めた経緯がよく判らない。

 史実に詳しいこのサイト(←リンク)を読んで、多少は判ったけれど……今も昔も、マスコミは有力政治家のいいなりってことか……。

 これって、今の政治状況と全く同じじゃんねえ!

 情けないことといったらもう……。

 男泣きで記者会見するマーちゃんの姿に、おれも泣いた。

 理不尽だよねえ。これほど理不尽なことがあるか?まあ、江戸時代なら切腹させられたも同然だから、殺されなくて良かったね、という感じ……。

 これだけのために生きて人生を突っ走ってきた男が、理不尽な、よく判らないことのために、一番大事なものを取り上げられる無念。それを考えると、もう。

 ああ、政治ってイヤだ。政治って怖い。政治って汚い。

 そう思ってしまったら「ヤツらの思う壺」なんだけど……。

 と、感動に浸りつつ……マーちゃん涙の記者会見の中の1カットに、シュアーの骸骨マイクが映り込むのだが、これ、マイクヘッドが下を向いてる。腹の部分に音を感じる震動板の部分があるんだから、このセッティングは間違いなのだ。イーストウッドの「J・エドガー」でも記者会見のマイクのセッティングが1本だけ間違っていたんだよねえ……。それに、この時代から使われていた「放送局の名前が入った黒い棒のような堅牢な報道用ダイナミックマイク」が1本もなくて、倉庫にあった古そうなマイクを寄せ集めたような奇妙な感じだったんだけどなあ。

 中味とは全く関係ないハナシだけど、どうしてこんなミスをするのかな、と言うことで。マイクのプロである音声さんが気づかないの?マイク好きとしては凄く気になるのよ。

 19時のニュースを見ながら、夕食。キャベツの千切りを作って、ソーセージを炒めて、ご飯。昨日見た「孤独のグルメ」で井の頭さんが最後にタクワンを美味そうに食っていたので、おれもタクワン。

 ちょっと足りなくて、小茶碗半膳のご飯で、塩昆布茶漬けも食べる。

 

 「ダーウィンが来た」でハイエナの興味深い生活(「学校」があるなんて!)を見て、地上波でもう1度、「いだてん」を見る。

 2度目の方がいっそう、マーちゃんの無念・失望・混乱・動揺・怒り・呆然が胸に迫って、悲しくて悲しくて、おれも怒って怒りの捌け口がなくて鬱屈。

 ああもう、これは事実なんだからねえ……。

 終わってから、ネットで、川島正次郎を演じた浅野忠信のインタビューを読み、演出の大根さんの言葉を読み、ついでに、あの素晴らしかった中村七之助(三遊亭圓生)のインタビューを読み、しんみり。

 まあ、マーちゃんは後年、事実上の名誉回復が図られるとは言え……まあ、口も悪いし態度も悪いよねえ。もっとマスコミ的に巧い立ち回りをすれば……いや、そういうセンスがないからこそのマーちゃんなんだよねえ。

 

 実写版「サザエさん」を少し見て、いかんいかんと仕事に戻る。

 もう22時になってしまったし、今夜はダメかと思いきや。この時間になって、スイッチが入った!

 昼間、妙に詰まっていたところが、パイプの詰まりが解消したように、便秘や脳梗塞が治ったかのように、するすると進み出した。我ながら、自分のアタマがよく判らないねえ。

 

 1時過ぎまでやって、風呂に入り、明日録画する映画の予約をしていると、内蔵HDDの容量が不安になり、「是枝監督対ドヌーブ」「黒澤対カツシン」のドキュメンタリーをディスクに焼いて消すが、それでも足りないので、未使用のリライタブル・ディスクを探していたら……「出川哲朗の充電させて貰えませんか」の録画を発見。こんなのわざわざどうして保存してあるんだろうと思って見てみたら……なんと、剣山から東祖谷をウロウロして香川に抜ける旅だった!2018年10月27日放送分と、次の週の分。これを録画して保存した自分を褒める。旅行に行く1年前だもんね!

 これはきちんと見なければ。やっぱりおれは、祖谷に妙な縁があるのかな。

 

 自公の税調が法人税を減税しようとしているらしい。これでますます企業は内部留保を溜め込んで、シモジモは増税で苦しみ、笑うのは経団連と支援される与党政治家だけというフランス革命前夜みたいな状況になってきたぞ。これはもう、なんとしても現政権を打倒するしかないだろう!

 正規社員の手当てなどを廃止して非正規社員の待遇に合わせる動きがあるんだと。同一労働同一賃金という名目だけど、あほか!どうして低い方にあわせるんだよ!そもそも、いつでも首に出来る「臨時雇い」は正規社員よりギャラが良くなければいけないのだ。映画の世界でも作品契約のフリーのスタッフは、そこそこいいお金を貰っていたぞ。なのに、非正規社員は低賃金で、しかも社会保障無し。なんだこれは。どこまで賃金をカットすれば気が済むんだ?馬鹿じゃないのか?そして働く側もどうして納得してるんだ?

 N国立花、桜井市長選でまた落選。供託金没収らしい。ザマミロ!

 イモトアヤコ、結婚!このコメントがなんか凄く立派で、芸能人の結婚コメントじゃないみたいな「偉人感」があるのは、イモトはもうほとんどアスリートだからか?

 電車の網棚は立ち客のためのものであって座っている客は使うなとか、どこかのバカがネットに書き込んで、話題に。こんな自分ルールを勝手に制定するんじゃねえよ!しかしなんか、世の中はここまでギスギスしてきたのか。

 バカと言えば、2時間の映画も黙って鑑賞できないヤツが増えていて、我慢できずに映画館での上映中にスマホを見てしまうらしい。こういうバカは自宅で見てろ。映画館に来るな!っていうか、これ、スマホ依存症で完全に病気だろ。

 

 寝る前にイライラしてしまった。「透明なゆりかご」の音楽を聴いて、心を静めて、2時4分、就寝。

 

今朝の体重:86.55キロ

本日の摂取カロリー:2131kcal

本日の消費カロリー:572kcal/3672歩+自転車

2019年11月24日 (日曜日)

11月23日/再校ゲラやって、快楽亭の毒演会を録音

 7時43分起床。

 雨。

 

 朝のモロモロを済ませる。「そして父になる」の感想を書いていたら、例によって時間がかかった。まあこの作品は、福山雅治演じる「理詰めで割り切るエリート」が「本当の父親ってなんだ?」と気づくハナシ。これで主人公が「本当の父親」になれたわけではない。その一方で、是枝監督はリリー・フランキー(巧い!)を全面肯定して描いている。ハナから自然体でカネがない分、惜しみなく愛情を注いで、細かい行儀作法なんかカンケー無しな子育てをする、主人公の対極的存在なんだから仕方ないけど……これじゃあ「エリート」は分が悪いなあ。とは言えやっぱり、自然体が一番なんだろうなあ。

 日記を書き終わった頃に、クロネコさんが「悪漢刑事 最後の銃弾」の再校を届けてくれた。

 アサメシは、ご飯に目玉焼き、インスタントのしじみ汁、海苔、ちりめんじゃこ、京菜の漬け物。

 

 仕事開始。殆どが漢字のチェックとWり表現のチェックで、2箇所だけ書き足し要請。これもすぐに出来て。確認のためにそのページだけスキャンしてPDFにして相方に送り、OKを貰う。

 

 その後、実日のWEB連載「幻の女」(仮題)の第1話に手をつけるが……。

 今夜の快楽亭の毒演会の録音のことが気になって、機材を並べて本番と同じようにセットして録音テスト。

 というのも、ずっと使って来た録音ソフトが、どうもステレオで録っているはずなのにモノラルにしか聞こえないから。OSがアップデートを重ねているのに、この録音ソフトのバージョンアップは止まったまま。ある時から音は録れるけどモノラルになってしまうようになったのか。

 ならば、Apple純正の「GarageBand」を活用しようか。以前は使ったこともあるのだが、何度かトラブってマスタリングには使うけど現地録音には使わなくなったのだ。

 一番最近のトラブルは、録音モニターが出来ない事。録音は問題なく出来ていたが、ヘッドフォンで録っている音をモニターできないのは不安。

 マニュアルを読み返したりガイドブックを読み返したりネットで調べてやってみたけど、やっぱりモニターできない。う~む。

 レガシー技術だが今まで使い込んで信頼出来る古い録音ソフトを使うか、多少不安でも新しいソフトを使うか。言わばEMIかDeccaかって感じ(このたとえ、判んねえだろうな)。古い技術を最後まで使い続けた保守的で手堅いEMIと、最新技術を真っ先に取り入れた革新のDecca、なんだけど。

 どうするか決めないまま、荷造りをして。録音に関しては準備万端。

 こういう事をしていたら、ヒルメシを食うタイミングを逸してしまった。

 外出する時間まで、実日の仕事をやる。とにかく相方のメモを読み込んで、イメージを広げる。このまま素直に書き込んでいけば作品として成立すると思うんだけどなあ。

 

 16時に外出。雨は降り続いているが、小雨なので、カッパを着てキャスター付きバッグにはゴミ袋を被せて防水して、自転車を飛ばす。

 北千住駅構内の吉野家で遅いランチ。アタマ大盛のBセット。トロトロ注文している客にイライラ。吉野家でメニューを迷うなよ!と思ってしまうし、店員が一人で受け付け関係をやっているのでなかなか注文を取ってくれない。

 やっと食べて、日比谷線で上野。銀座線に乗り換えて上野広小路。

 楽屋への急階段を重いバッグを担ぎ上げる。

 楽屋に顔を出して、挨拶。

 本日は……。

・お菊の皿

・おっさんずブラ

・開帳の雪隠

~中入り~

・小判一両

 この4席を2枚に収録する。中入り後の「小判一両」が、先日焼肉をご馳走になったときに師匠が涙ぐみながら語っていた「泣かせる落語」なんだな。

 で、セッティング。思いついて、「GarageBand」の設定をちょっと変えたら、録音モニターが出来た!なんだそういうことか。これで安心。

 17時30分開場、18時開演。まず、快楽亭が開口一番。

 そして、一席目も快楽亭。二席目にブラ坊さんが「カネに困ってホモにパンツを売ったハナシ」をやって、三席目が快楽亭。ブラ坊さんのハナシを受けてのハナシだけど……これ、CDにブラ坊さんのハナシを入れなくてもいいのかな?

 

 ずーっと前、「GarageBand」を使って「中入り前」の録音データを保存するのに物凄く時間がかかってしまって中入りの休憩を40分くらい取ってしまったことがあった。それは古いG3時代の「PowerBookG3」を使っていた頃だけど……今回は怖いので、中入り中も録音しっぱなしで、最後まで。

 しかし、録音データを保存するときに失敗して消えてしまったこともあった。その心配がある。

 「おっさんずブラ」は師匠がブラ坊さんをさんざん弄って、大爆笑編。

 中入り後の「小判一両」は、快楽亭、入魂の一席。宇野信夫が新作歌舞伎として書いた芝居を圓生のために落語に仕立て直したもので、その後、誰も口演せずに死蔵されていた。それを快楽亭が「発掘」。どうしてこれを三遊亭圓生一門は継承しなかったのかなあ?歌舞伎ネタだから演者に歌舞伎の素養がないと高座にかけられないとは思うけれど……。

 貧困な世の非情と武家社会の非情を突く、「プロレタリア落語」。しかし最後はきちんと人情噺として締めくくる。

 まさに快楽亭渾身の、入魂の一席だった。

 問題の、録音データの保存も、全く問題なく成功(当たり前だけど)。ソフトウェアも進化して、失敗しないようになってきたのだ。

 高座を降りてきて、「ちょっとトチりました」とおっしゃったけど、どこがどうトチったのかまったく判らなかった。

 撤収しているときに快楽亭がまた来て、どうトチったのか詳しく教えてくれて、このハナシの故事来歴を説明してくれた。歌舞伎では、人情噺のオチ部分はなくて、悲しい「武士道残酷物語」的なところで幕、となったらしい。でも、それじゃあ後味が悪すぎる。落語版の方がずっといい、とおれも思った。従って、今夜の快楽亭の高座は、素晴らしかった。

 

 録音も成功して、内容もよかったし、肩の荷が下りた安堵のせいか、風邪も治ったみたい。咳が出なくなった。

 雨はまだ降っているが、地下道を仲御徒町駅まで歩き、日比谷線に乗る。

 酔っぱらいがふらついて、吐きそうな気配だったので、用心して、三ノ輪で下車。1本あとに乗り直して、北千住。

 安堵したら腹が減った。

 駅構内のラーメン屋で塩ラーメンを食べ、小雨の中を自転車で突っ走って、帰宅。22時になっていた。

 

 くーたんにご飯を出し、荷解して、録音データの無事を確認。バックアップのデータもいい感じで録れている。今夜はここまで。

 

 ゆっくり風呂に入り、あがってから、録音した「孤独のグルメ」を見る。青ネギとハラミの鉄板焼き、これは美味そう!ホルモン焼きそばも美味そうだ!鳥取のこの店、よくぞ見つけたなあ!久住さんが食べた「塩ホルモン」も青ネギが美味そうだったし……。

 そのあと、「タモリ倶楽部」も見る。相鉄のJR乗り入れ記念。相鉄には今まで縁が遠かったけど……乗りに行こう!って思ってる鉄ちゃんは多そうだなあ。

 

 いろいろ安心して、0時24分、就寝。

 明日からは実日の第1話に集中せねば!

 

今朝の体重:86.65キロ

本日の摂取カロリー:1720kcal

本日の消費カロリー:510kcal/3942歩+自転車

2019年11月23日 (土曜日)

11月22日/改稿して「そして父になる」鑑賞

 7時49分起床。

 雨。

 

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはコーンフロスティ、5枚切りのトースト、ゆで卵、コーヒー。

 

 相方と電話で打ち合わせをして、仕事開始。徳間新作第1話の改訂。

 しかし、どう直そうか、しばし考える。

 相方の改訂メモ、一部納得がいかない部分があるのでアレンジして進める。

 

 昼は、ご飯を炊くのも面倒だしラーメンも買い置きがないので、近所の和菓子屋さんにおにぎりか五目寿司を買いに行く。しかし14時過ぎで売り切れていて、赤飯はあったので、特にめでたい事はないけど買ってきて食べる。ごま塩大好き。

 

 仕事続行。

 夕方に、なんとか終える。

 

 GSOMIA、韓国が「破棄を延期」を決定して、なんだかアベ政権の政治的勝利みたいな空気になってきた。これ、なくても別に変わらないとか言われてきたし、よく判らん。

 

 夕食は、ご飯を炊いて、卵かけご飯にハム&マヨネーズ、ご飯をお代わりしてちりめんじゃこと韓国海苔、水菜の漬け物。

 

 夜は、ずっと見たかったけどまだ見ていなかった是枝監督の「そして父になる」を見る。テーマに共感したとかよりも、「普通の人間を演じるリリー・フランキーが見たい」ので。最近は「いだてん」で緒方竹虎とか年相応の人物も演じるようになったけど、以前は異常犯罪者とか奇妙な役ばかりだった。

Sositetitininaru1

 おれは親になった経験が無いので、こういう話はどうしても「コドモ目線」で観てしまう。還暦を過ぎたオッサンでもコドモの立場で見るから……こういう話は辛い。突然、環境が変わるのは、引っ越しどころの騒ぎではない。

 コドモの幸せなんて、親次第。それをしみじみと感じる。普通の家庭だと思っていても、突然、親が死んだり離婚したりしたら、あっけなく崩壊する。崩壊しなくても、「普通の家庭だと思っていたけど実は」という真実が露見したりする。まあ、まったく何の問題もない家庭なんて、この世にあるのかどうか判らないけど。

 二つの家庭の微妙な「落差」が絶妙。リリー・フランキーがとことんダメ男ならハナシは簡単だが、街の流行っていない電器屋(この商売は絶滅危惧種だろう)のオヤジで、電気製品はたいがいのものを直してしまう。これはもう子供にとってはスーパーマンだ。それに、カネはないけど子煩悩で子供とよく遊んでくれる。笑いが絶えない明るい家族。

 こうなると、「親子三人静かなエリート家族」は分が悪い。

 ここで、タイトルの意味が判る。この作品は、福山雅治が父親になっていくハナシなのだ。取り違えられた子供を引き取って「父」になるのではなく、「心から父親になる」ハナシなのだ。

 しかし……会社の配慮もあって家族と過ごす時間が増えて子供と遊び、家の中でキャンプをしたりして、以前の仕事に追われて家庭を顧みないパターンを脱したはずなのに……。

 そう簡単に6年の歳月は、育ってきた記憶は、前の両親の肌のぬくもりは消せない。

 この問題に、答えはない。答えなんか存在しない。しかし……主人公は、「父親ってこういうことかも」という感触は掴めた。

 そういう映画なんだと思う。

 見ていると、あっさりした場面の連続で、「もっとグイグイ来てくれよ!」と感じるけど、それをやると嘘になる。実生活でグイグイ来るときって、トンデモない時だ。もしくは、当人にとってはグイグイ来ていても他人から見ればそう見えなかったりする。

 そのへんの表現の案配がなんとも絶妙で、舌を巻く。そして、時間が経つと、じわじわくる。是枝監督の真骨頂。

 自分だったらどうだろうとか、考え込んでしまうものねえ。

 2013年の作品で、吉田羊はすでにブレイクしていたのだが、編集でカットされたらしく、日曜出勤のスタッフの食事の希望を聞くチョイ役扱いだった。本当は主人公のモトカノという設定で、もっと出番があったらしい。

 でもねえ……俺が子供なら、田舎の自然が多いところで大きくなる方がイイかなあ。いや……どうかなあ。

 

 映画の終盤で、相方から電話。改訂稿にダメが出た。相方メモを修正した部分、相方の真意を聞いて納得。納得してその方が面白くて理に適っているなら、直した方がいい。

 しかし、明日は「悪漢刑事 最後の銃弾」の再校が届き、実日のWEB連載をやらないと〆切に間に合わなくなる。

 相方にじっくりと再改訂プランを練って貰うことにする。

 

 風呂に入り、クスリを飲む。風邪は徐々に良くなってはいるのだが、咳が出る。

 明日も雨。快楽亭の録音で上野に行かなきゃならないんだけどねえ……。

 

 23時56分、就寝。

 

今朝の体重:86.60キロ

本日の摂取カロリー:1815kcal

本日の消費カロリー:51kcal/330歩

2019年11月22日 (金曜日)

11月21日/仕事して「肉の会」

 7時30分頃起床。

 晴れ。

 

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはいつものようにコーンフロスティ、5枚切りのトースト、ゆで玉子、コーヒー。

 前に処方された咳止めのクスリを発見して、飲む。喉の痛みはマシになったが咳が出る。

 

 仕事開始。「徳間新作」の第1話の直し。昨日の電話での打ち合わせに沿って直していく。

 と、10時過ぎに配達が来た。明日届くはずの、ブラウンのシェーバー。すぐにセットして、古い方を処分。ちょうど今日は「燃えないゴミ」の日。シェーバーは燃えないゴミとして出せる。10時だと収集に間に合うか?ゴミ置き場に置いたけど、アウトかも。

 で、早速使ってみる。思ったほど深剃りが出来ないが、新しいシェーバーは気持ちがいい。

 納得して、仕事に戻る。

 

 昼は、スパゲティ・ペペロンチーノを作って食い、すぐに仕事に戻る。

 

 16時頃に、最後のブロックを残して直し終えるが、相方から直しメモが来た。別のブロックも大幅書き足ししなければならない。ちょっと相談しよう。

 

 本日は、17時から北千住で、ライターの加藤文香さんと3人で年数回の「肉の会」。店を探して、「モンスターズテーブル」に予約。初めて行くお店なので、早めに出て、ロケハン。「毎日飲食店街」という昔からの飲み屋街の一角にある小さなお店。

 17時50分に相方と合流して、自転車を置いたりしていると文果さんとも合流。お店へ。

 サラダ、ハマグリの白ワイン蒸し、そして3種類のステーキ盛り合わせ。

Img_4768

 これが美味い!塩でシンプルに食べるのが一番美味しかった。肉の美味しさを堪能。

 そして……ハンバーガーで〆ようか、と思ったが、スペアリブの赤ワイン煮込みにして、美味しいソースをバゲットで食べる。

Img_4769

 相方の誕生日が近いので、お店に密かに頼んでバースデー仕様のデザートを用意して貰った。

 文果さんはワインのデキャンタ、おれはラムコークと薄めのハイボール。

 いろいろ喋って、文果さんしか絶対に書けない特ダネを、是非書くべきだと熱烈に勧める。ただし、ノンフィクションの場合、取材源を明かすかどうかの問題がある。それをぼかすと真実味に欠けるし……いちばん難しいところ。

 気学では、今年のおれは「最高」だったのだけど、実感としてはヤバい1年だった。生存が危ぶまれる危機感が濃厚な1年。いやもうこれからどうなるんだろうと言う不安が強かったが……来年はどうなるんだろう?気学では、来年も絶好調らしいんだけど……。

 しかしまあ、沖縄や下田、奥祖谷への旅行も行ったし、まあまあの1年だったと言えるかも。

 

 21時過ぎに解散。

 帰宅したら、ちょっと寒気がするので、クスリを飲んで風呂にも入らずに、23時18分、就寝。

 なんか、凄く寝苦しくて寝相がモーレツに悪かったが寝冷えすることもなく、寝る。

 

今朝の体重:86.35キロ

本日の摂取カロリー:1942kcal

本日の消費カロリー:292kcal/3315歩+自転車

2019年11月21日 (木曜日)

11月20日/仕事して「二の酉」

 8時11分起床。

 晴れ。

 

 体調は、回復中。喉の痛みはほとんど消えた。

 くーたんにご飯を出して、日記を書いていると相方から電話。徳間の第1話の件。要するにヒネリが足りないと。そうだろうなあと思ったので、解決策を考えて、もうヒトヒネリ付け加えることにする。相方がそのメモを作るので、おれはその間、実日のWEB連載第1回の構成を考えることにする。

 アサメシは、コーンフレーク、5枚切りのトースト、ゆで卵。

 

 仕事開始。実日の構成は、相方のメモの通りの展開で問題ないと思う。あとはどう膨らませて演出を加えるか。

 

 お昼を過ぎた。今日はお酉様の「二の酉」。ずっと前に二見書房の創業*周年パーティで熊手を貰ってから、毎年お酉様に行って新しい熊手を買っている。浅草の神社が有名だが、「お酉様」の関東での元祖は、足立区花畑にある「大鷲神社」。だから「大」がついている。

 以前は「少しずつ大きなもの」を買っていたけれど、それだと際限が無くなって最後には数万円数十万円の巨大なモノになってしまう。そんなカネもないし置く場所もないので、神社が売っている「公式熊手」を毎年更新する形にした。

 相方は都合が悪くて行けないというので、おれ単独で昼間に行く。

 東武線谷塚からのバスが一番便数が多いが、花畑大鷲神社まで少し歩く。すぐ近くまで行くバスは、つくばエクスプレス六町駅から。しかしこれは1日たった1便。過疎地か。

 シャトルバスも出ているようだが、乗り場とかどれくらいの便数とかの案内がまったくないので使いようがない。大鷲神社も、せっかく運行するならきちんと案内すればいいのに。

 で、13時37分のその1便だけのバスに乗るために六町へ行く。駅前のどこかで昼メシ、と思ったが、腹が減っていないので、ローソンでパンとカフェラテを買って、バス停で食べる。

 20分待ってバスが来た。発車したら駅のすぐそばにシャトルバスの乗り場があって係員が暇そうにしている。どうして案内を出さないんだろうねえ。やる気が無いのかそういう発想がないのか。

 14時前に到着。こっちにもシャトルバスの乗り場があったけど、やっぱり案内がない。不親切。

 境内を通って、縁日の屋台を冷やかしながら、まずはお参り。

Img_4767

 夜来ると、凄い行列になってしばらく待つが、昼間はそんなことない。

 すいすい列が減って、お参り。

 新しい熊手を買い、古い熊手をお返しして、ついでに古いお守りなども出す。

 お神籤を引く。「中吉」だった。相方の分も引く。

 

 時間を見ると、14時2分。たしか、谷塚行きのバスが14時12分に出る。これに乗ろう!

 大判焼きとか買い食いを少ししたかったが、トイレを借りただけで、大鷲神社を後にして毛長川を越え、養護学校の脇を走る。金栗四三の教えを守ってスースーハーハー。

 バス停に着いたら、間髪入れずにバスが来た。

 このバスは谷塚駅行きではなくて竹ノ塚駅東口行き。谷塚駅も経由するが、どうせなら竹ノ塚まで行って、駅前の激安食堂で昼を食おう!

 で、14時40分頃、竹ノ塚駅東口到着。しかし、激安食堂はお休みの時間になってしまった。一本裏に「中華タカノ」があったので、ここで天津丼を食べる。量が多くて残しそうになったが、完食。

 東武線で帰ってくる。

 

 徳間の第1話、書き直しメモはおれが書いて相方に渡した方が早いんじゃないと思って、帰宅してすぐに取りかかる。変更ポイントは朝電話で話した通りならば、すぐ書けた。

 それを相方に送信。

 すると……。

 猛烈な睡魔が襲ってきて、ソファにグッタリ。バスに乗るために走ったからか?お酉様に行って風邪が悪くなったか?

 17時に起きたが、この調子ではテニスをすると悪化しそう。汗をかくと冷えるし、スポーツクラブで風呂に入っても、その帰りに冷えそうだし……。

 逡巡して、今夜はお休みにする。

 そう決めると、目が覚めてしまった。なんじゃこりゃ。

 

 夕食は、レトルトの中華丼。イオンのレトルトだが、あんまり美味しくなかった。

 日テレ「笑コラ・今くら ダーツの旅番外編&今くら話題の週替わりアシスタント登場!!」(要するに2番組合体の2時間SP)を観ながら食べる。久々のダーツの旅とか変わらず面白い。この番組は永遠に続いて欲しいねえ。

 

 仕事をしようかと思ったが、今日は休むことにして、風呂に入り、ゆっくり浸かって汗を出し、23時2分、就寝。

 

今朝の体重:86.60キロ

本日の摂取カロリー:2192kcal

本日の消費カロリー:442kcal/4662歩+自転車

2019年11月20日 (水曜日)

11月19日/「第1話」あげて「72時間~ゆきゆきて酷道439号」「希望の灯り」「黒澤対カツシン」鑑賞

 8時3分起床。

 快晴。

 

 喉が痛いのはかなり収まった。

 朝のモロモロを済ませるが、カフェオレを飲みながら、映画「女王陛下のお気に入り」の感想も書いたので、時間がかかってしまった。

 カフェオレを飲んだら食欲を満たしてしまって、アサメシはほとんどブランチ状態で、小茶碗分のご飯に目玉焼きをトッピングして韓国海苔と混ぜて食べる。それに京菜の漬け物とちりめんじゃこ。

 

 仕事開始。今日中に徳間新作の第1話を終わらせたい。

 

 13時頃、中断して外出。「悪漢刑事 最後の銃弾」の最終章のゲラをそろそろ発送しないと明日午前中に届かないかもしれない。

 クロネコさんの営業所で発送して、ついでに支払いをいろいろ済ませて帰宅。なにか食べ物を買ってこようかと思ったが、腹が減っていない。このおれが食欲がないというのはマズいんじゃねえの?

 

 帰宅して、仕事再開。

 なんとか17時頃、「第1話」をあげる。手応えが足りなくて、いろいろ足りない感じもするが、取りあえず相方に読んで貰うほうがいい。

 

 録画した「72時間」を観る。銀座の試飲できる酒屋さん。

 そのあと、ニュースを観ながら夕食。サッポロ一番味噌ラーメンにキャベツとソーセージと卵を入れる。美味い。残ったおツユにご飯を少量入れて、おじや。これも美味い。おじやに出来るのは味噌ラーメンだけ。

 

 そして、NHKオンデマンドで「72時間」の旧作「ゆきゆきて酷道439号」を観る。おれはこれを以前に観て、東祖谷の「かかしの里」を知ったのだ。

 日本有数の酷道と言われる439号は、かなりの区間が438号とWっている。この438号もかなりの酷道。二度と走りたくないけれど……また走ってみたい。

 過疎の集落で、みんな妙に人懐っこい。これは……寂しいからだ。誰かに会いたいからだ。

 おれが東祖谷に凄く惹かれるのは、平家の落人伝説とは無関係に、人がどんどん減っていく寂しさに惹かれたのだと思う。山の上の方まで家はあるけれど、その多くは空き家。おれのようなモノの目には、なんとも素晴らしい自然が広がっているけれど、仕事もなくて住みにくく生活も不便なら、みんな出ていくよねえ……。人が減って、誰とも会わず話も出来ない暮らしは……本当に寂しいと思う。無人島じゃないから「全く誰とも会わない」事はないとは言え、どんどん人が減っていくのは、本当に寂しいだろうと思う。

 この「ゆきゆきて酷道439号」は名作だ。保存しておきたいけど、オンデマンドは保存出来ない。

 しかしほんと、1年くらい暮らしてみたい。山里の厳しさを知らない素人が、と叱られるだろうけど……。

 

 そのあと、ずーっと観たかったが時間を置きすぎて取扱注意になりそうだったドイツ映画「希望の灯り」を観る。

640_20191120095601

 渋谷のBUNKAMURA ル・シネマにマリア・カラスの映画を観に行ったときに予告編が流れて、これは絶対に観たい!と思っていた。凄く惹かれるものがあったのだ。

 ヨーロッパの片隅で暮らす人たちを静かに描く映画が観たかったのだ。日本ではなくアメリカでもなく、ヨーロッパの。

 で、この作品は『旧東ドイツの巨大スーパーを舞台に、社会の片隅で助け合う人々の日常を穏やかにつづったヒューマンドラマ。ライプツィヒ近郊の田舎町に建つ巨大スーパー。在庫管理係として働きはじめた無口な青年クリスティアンは、一緒に働く年上の女性マリオンに恋心を抱く。仕事を教えてくれるブルーノは、そんなクリスティアンを静かに見守っている。少し風変わりだが素朴で心優しい従業員たち。それぞれ心の痛みを抱えているからこそ、互いに立ち入りすぎない節度を保っていたが……』という、彼らの日常を淡々と描く。

 淡々とし過ぎて、ほとんど何も起こらない。これを渋谷や飯田橋まで見に行ったら、凄くガッカリしたかもしれない。悪い映画ではないし、旧東ドイツの人たちを淡々と誠実に描いているから、期待通りではあったんだけど……。しかし、いくらなんでも、もうちょっと何か起きてもいいんじゃないの?いやまあ、彼らの暮らしにまったく何のさざ波も起きないことはないのだけど……。

 

 観終わったら、22時。この時間にやっていたNHK-BSの「アナザーストーリー」の「黒澤対カツシン」は録画しておいた。

 早速観る。「影武者」の撮影にはNHKが密着取材していたのだが、カツシン降板でその分は今まで未公開のままだった。その封印が解かれる!というのに凄く期待したのだが……。

 結局は、1シーンの一部をリハしただけで決裂してしまったので、未公開もなにも、あんまり素材は残っていなかった。しかも画だけで音がない。当時はまだENG取材は一般的ではなくて16ミリでの取材だったから……。探せば音もあったはずだけど。

 既に知られていた事だけだったけど、リハの時にカツシンはわざと台本通りのセリフを言わないので黒澤さんが「勝くん、違うよ!」と苛立ちを深めていたと。

 現場の即興を重視するカツシンと、練り上げてイメージを固めて現場に臨む黒澤。これはもう、どっちかが折れないと仕方がない。

 野上照代は「黒澤さんはカツシンを知らなすぎた。研究不足!」と切って捨てた。たしかに、黒澤さんが今まで使ってきた三船さんにしても仲代さんにしても、みんな監督の言うことを聞く優れた俳優だった。カツシンはそうじゃないぞと黒澤さんに教える人はいなかったのか?カツシン対策として大映の監督を特別スタッフにするとか……いや、黒澤さんは「おれが相手だからいかにカツシンといえども言うことを聞くだろう」と判断したんだろうなあ。

 白井佳夫は「本木壮二郎みたいなプロデューサーの不在」をあげたが、これも野上照代に「白井さん、甘い!」と切って捨てられていた。たしかにその通り。黒澤さんが本木壮二郎と組んでいた時代とはすべてが違うし、本木は「同志」だから言うことも聞いただろうけど、「影武者」の頃、黒澤さんの周辺には、黒澤さんを説得できる人はいなかった。田中友幸さんはそのニンではないし。強いて言えば、コッポラの言うことなら、耳を傾けたのではないか?しかしだからと言って、コッポラが駆けつけるのには時間がかかる。

 黒澤さんも、「トラトラトラ」事件で、ハリウッドの契約の厳しさを身をもって知ったから、ゴタゴタが続いて完成が遅れてしまうことを恐れたのだろうし……。

 しかし、コッポラの別荘に招かれたカツシンが、鎧兜一式をお土産に持っていって、コッポラが驚いて困ってしまったという話は、いろいろ考えさせられる。カツシンも「影武者」をやりたかったんだし、ちょっと突っ張ってしまって黒澤さんをしくじってしまったことを悔いていたんだなあと思う。

 若山富三郎が早い時点でオファーを断っていたのは、実に賢明だというしかない。

 今の東宝撮影所は建て代わってしまって、以前の面影はほとんど残っていない。「東洋最大」と称した第8と第9ステージ、そして録音センター以外はすべて建て代わってしまったから、当時のスター控え室や衣裳部・結髪の建物は跡形もないから、他の建物で誤魔化すしかなかったんだけど……当時の写真とか使えなかったのかね?

 

 ゴミ出しをしてから風呂に入る。これで風邪気味なのが治ってくれたらありがたいんだけど……。

 

 1時2分、就寝。

 

今朝の体重:87.10キロ

本日の摂取カロリー:1245kcal

本日の消費カロリー:109kcal/627歩+自転車

2019年11月19日 (火曜日)

11月18日/仕事・月イチ診察・「女王陛下のお気に入り」鑑賞

 8時8分起床。寝不足だが目が覚めてしまった。くーたんにもご飯をあげないといけないし。

 今日も快晴。しかし風が強い。

 

 洗濯機を回しつつ、朝のモロモロもやる。

 アサメシは、コーンフロスティ、5枚切り食パンのトースト、ゆで卵、牛乳。

 

 洗濯物を干して、仕事開始。

 徳間の新作は連作中編の形を取るが、最初の構想から少し違ったエピソードを加えて尺を稼ごう(これは映画屋特有の表現で、モノカキなら「枚数を稼ぐ」と言うべきか)ということで昨夜(というか今朝)メモを作って寝たが、改めて考えると、ハナシが接ぎ木のようになってしまってすんなりいかないので、思案した結果、別のアイディアが閃いた。するするとアイディアが増殖していったので、そのまま書く。

 

 昼はベーコンと小ネギと卵と香味ペーストでチャーハンを作って食べる。香味ペーストを入れすぎてかなりしょっぱくなってしまった。

 シャワーを浴びてから、仕事再開。14時30分まで。

 今日は月イチの診察があるので、支度して外出。15時前に病院。

 殆ど待たずに診察。9月にやった健康診断の結果がやっと出た。糖尿のケがあり肝機能の数値も悪い。しかし治療するには「もう少し様子を見ましょう」状態。最近、体重は減っているので数値は良くなっていくはずだけど。

 血液検査と検尿をして、終了。

 薬局で薬を出して貰って、帰宅。

 今の世の中、長生きしてもいいことなさそう……だけど、運が向いてきたときに余命1年とか宣告されたら泣くに泣けないから、健康は維持しておかないとなあ。

 

 仕事再開。しかしここで睡魔が襲ってきた。

 眠いので、夕食の支度をする。

 ソーセージとベーコンとキャベツの炒め物を作る。キャベツ炒めって、旨い。安上がりだし。それと、買ってきたマカロニサラダも。

 

 19時過ぎに相方が来て、「悪漢刑事 最後の銃弾」の最終章(第5章)のゲラを受け取る。

 そして、一緒に映画を観る。wowowで録画した「女王陛下のお気に入り」。

Image_20191119100101

 ヨルゴス・ランティモス監督はギリシア人。話題作を撮っているそうだが、不勉強で見ていない。

 アン女王を演じたオリヴィア・コールマンがアカデミー主演女優賞を受賞。顔が歪んだブサイクな初老の女王だが、素顔は美人(当然のことだけど)でアカデミー賞の受賞スピーチが「キュートだ」と話題を呼んだ。

 それはともかく、こういう作品は見た後、歴史的背景を調べるので勉強になる。

 18世紀初頭、イングランドはスコットランドと同君連合の関係からもう一歩進んで国同士が合同して「連合王国」となり、アンはその最初の王様となり、ステュワート朝最後の王様となり、スペイン継承戦争を遂行した……。

 その時代、アン女王の側近である女官の地位の奪い合いを描いたのが本作。

 レディ・サラから側近の座を奪おうとするのがアビゲイル。エマ・ストーンは最初は無垢な可愛い少女みたいな顔で馬車に乗っている。その表情は物凄く可愛くて、新人女優かなと勘違いした。しかし彼女は上昇志向に燃える女だった。

 レディ・サラを演じたレイチェル・ワイズは「この作品はコメディ」と規定したけど、あまりに凄まじくて、笑うに笑えない。なんせ、女王の側近の座を奪おう・守ろうとする争いが必死だから……。

 フィルムでの撮影。そして窮屈さを視覚で見せる超広角レンズの多用。不快なノイズのような音楽。

 史実に沿っているが微妙に違う。アビゲイルは「FUCK!」って言うし。当時この言葉はなかったろうし、今の意味ではなかったはず。「首相」をプライム・ミニスターと呼んでいたが、当時は大蔵卿が閣僚首座で事実上の首相だった(字幕ではきちんと「大蔵卿」になっていたけど)。

 まあ、そういうことよりも、メインの3人の女優の火花が散る演技戦がすごい。特にエマ・ストーンが凄いけど、賞を取るには至らなかった。可愛い少女のような顔は猫を被っていたのか?顔を引き攣らせながら権力を奪取していき、最後は不貞不貞しい顔で、モロに「面従腹背」いや、表情も「従っている顔」ではない。こんな側近、イヤだろうなあ。自分が決めたこととは言え、アン女王も、後悔しただろうなあ。

 当時の英国の政府(内閣)は、王様を補弼する役割で、最終決定権は王様にあった。だから王様も政治や軍事に無知では務まらず、どうしても側近が知恵をつける必要があった。

 アカデミー賞はオリヴィア・コールマンが取ったけど、エマ・ストーンも、レイチェル・ワイズも素晴らしい。

 そしてこの3人の心理戦争を見事に描き出した演出も凄い。撮影・音楽・編集という映画の機能をフル動員していて、映画的には物凄く快適だ。

 

 観ていると、喉が痛くなってきた。ヤバい。このタイミングで風邪を引くのはマズい!病院で風邪を貰ってきたのかな?

 

 相方帰り、風邪薬を飲んで、23時36分、就寝。

 

今朝の体重:86.85キロ

本日の摂取カロリー:2202kcal

本日の消費カロリー:423kcal/1346歩+自転車

2019年11月18日 (月曜日)

11月17日/仕事&読書&いだてん

 7時36分起床。

 快晴。

 

 朝のモロモロを済ませるが、どこかに行って写真をたくさん撮ったときは日記を書く時間が長くなる。今日も小一時間かかってしまった。アサメシはいつもの定番、ダブルソフトのトーストにゆで卵、牛乳、コーヒー。

 

 仕事開始。長らく中断していた徳間文庫の新作。ゲラをやっている間にネタ出しをしていたし、あれこれ考えていたので、書き出せばするする行くだろう……。

 確かに、するする行った。そして、お通じも復活。体重が86キロ台に戻って、一安心。

 

 本日の夕方に届くはずだった、布団クリーニングに保管して貰っていた冬用布団が届いたので、干す。真空圧縮パックで届いたので、速やかに空気を入れて干すように書いてあるので。

 

 図書館で借りた「つけびの村」、今日が期限なので、残りの半分を一気に読む。

 ノンフィクションには、筆者が顔を出さず、ひたすら客観的に事実だけを追うタイプと、筆者が主人公で何を思いながらナニに困窮しながら取材を続けているのかまで書き込むタイプがある。沢木耕太郎とか。この作品は後者で、作者の個性がまた面白い。

 世の中には「定型信者」がいて、筆者も批判しているが、その定型にハマらないとダメみたいな感覚が読者にも編集者にもあるらしい。口コミでこの作品を悪く書いたヤツは、この「定型信者」なんだろう。これだという事実がバシッと提示されないと収まらない奴。しかし、世の中の出来事について、動機や結果がすべてバシッと分析できて解明できるコトは希だろう。関係者が存命で書けないこともあるだろうし。

 しかし、この作品は、かなりあけすけに書いていて、大丈夫かと心配になってしまう。幾ら高齢だった故人だったとしても……。そして、この集落に対する印象は悪くなるばかりで、これは、土地の人にとっては不愉快だろう。事実だとはいえ、そのまんま書かれてしまうのは……。

 事件の深層は、筆者の推定だが、多分この線だろう。そして、「噂の海に沈んでいるような集落」(こういう表現は文中にはない)は交通の便が悪くて隔絶した地域にありがちなものではなくて、この事件が起きたこの地域特有のものでもあろう。ではどうしてこの地域だけ、住民同士足を引っ張り合うようなイヤ~な感じなのかという理由も、筆者の推定が書いてあって、それも多分、この線なんだろうと思う。

 登場する人々がなかなかユニークで、いそうでいなさそうな人たちで、それが実に面白い。そして、人間の感覚というモノはこういう感じで麻痺していくのかという人間観察の優れた記録でもある。

 

 読み終えて、外出。

 まず、15日のお参りが遅れに遅れてしまったお稲荷さんに詣でて、図書館へ。

 「あとがき」だけコピーして本を返却し、新たにリクエストしていた池内紀「ニッポンの山里」を借りる。

 スーパーに寄って買い物をして、15時頃帰宅。干してあった布団を取り込む。

 

 買ってきたチャーハンを温めて食べる。これが昼メシ。

 仕事再開。

 中断前に走っていた部分をじっくりと肉付けしていく。

 

 17時30分。休憩して「笑点」を見て、そのままBSで「いだてん」を見る。悪役・川島正次郎と全面対決するまーちゃん。政治のドロドロってこういう構造なのか……。嘘を広められて外堀が埋まっていく。

 スカルノと組んでいる川島正次郎は流暢な英語を使っていたけど、彼が英語の使い手だという記録はないので、テレビ的な時間節約術なんだろう。リアルに通訳を使っていたらその分時間を使ってしまうから。

 イヤしかし、今回は胃が痛くなるような苦渋の回だったなあ。

 

 19時のニュースを見ながら、夕食の支度。キッコーマンの「ウチのご飯」シリーズの「すき焼き風肉豆腐」を作る。木綿豆腐を炒めてソースに絡めるだけ。これに青ネギを足したけど。

 なかなか美味い。今回も、「二人分」を一気に食べた。他におかずはないし。

 「ダーウィンが来た」を見て、地上波でも「いだてん」をもう一度見る。川島は、自分の意向通りに動かないまーちゃんが邪魔だからスカルノを使って外そうとしたのか?国際問題になりかねない大技を使ってまでマーチャン外しに強引に動いたのは、感情の問題ではない(と河野一郎は言った)とすれば、ナニ?川島の東京改造、日本改造構想にまーちゃんの「スポーツ至上主義」は邪魔だったのか?

 クドカンの壮大な伏線が張られたなあ。

 

 しかし、来年の大河、大丈夫かなあ。殺人とか拉致監禁とかの重大犯罪でなければ、出演者の不祥事はタイトルでお断りを出すだけでなんとか出来ないものかね?今どき、そんなことでわーわー騒ぐ奴はいるのか?ああ、杉村太蔵みたいな単細胞バカのタグイか。

 

 借りてきた「ニッポンの山里」、祖谷の部分だけ読んで、おれが知りたいことが殆ど書いてあったので、快哉を叫ぶ(心の中で)。これは名著。実際に足を運び、土地の人と言葉を交わし、滞在しなければ書けない臨場感がある。歴史学者が資料をまとめたものとはまったく違う。これだってノンフィクションだ。

 唯一マズいのは、これを読むと、また祖谷に行きたくなってしまったことだ。自分でも何故だか全然判らないのだが、祖谷、それも山深き東祖谷には猛烈に心惹かれるものがある。多分、ファーストインプレッションというか、10月の平日の雨の日、という全く観光地ではなく土地の素顔が見えた日に行ったのが大きいだろう。晴れた休日、カメラを持った外国人観光客で賑わっている観光地モードのときとはまったく違う。厳しく寂しく悲しい空気が集落に漂っていた、と書くと、地元の人は怒ると思うけど、でもやっぱり、どんどん人が減ってしまって空き家だらけという寂しさは隠せない。昔から人がいなかったのならともかく、昔はそれなりに賑わっていたのなら。

 とは言え、おれを含む多くの旅人を魅了してきた「すごいもの」がここにはある。それが、「つけびの村」と大きく違うところだろう。その「すごいもの」は山岳信仰の対象になる山の合間にあるから湧き出るものなのだろうか?

 

 21時、仕事再開。今日は夜になっても仕事のスイッチが入ったまま。ガンガン書けると不安も消える。自転車操業は、自転車が走っているうちは安心だ。失速してヨロヨロし始めるとヤバいけど。

 

 ゴミ出しを挟んで、仕事続行。

 途中、Twitterを覗くとアベを妙に庇う奴がいたので反論。この手の人って、独特の「自分にしか通用しない妙な基準」でモノゴトを線引きするからお話にならない。それが判った時点で撤退。言葉が通じない相手とえんえんやるのは時間の無駄。ま、向こうも同じ事を思っただろうけど。

 しかしそれが眠気防止の役割を果たして、仕事も続ける。

 

 2時近くになって、まあなんとかノルマを果たし、考えていた分は全部書いたので、明日分のメモを書いて、終了。

 2時17分、就寝。

 

今朝の体重:86.75キロ

本日の摂取カロリー:1464kcal

本日の消費カロリー:248kcal/3156歩+自転車

2019年11月17日 (日曜日)

11月16日/坂戸の「聖天宮」に行った

 7時5分起床。

 快晴。

 

 今日は、「悪漢刑事 最後の銃弾」を書き終わって内部的慰安行事で、坂戸市にある道教の道觀(道教寺院)である「聖天宮」に行く。坂戸にあるので東武東上線に乗る必要があるが、今日は山手線の工事で一部区間が運休で全路線の運行本数も通常の70%。日暮里~池袋は走る区間だが、混雑・混乱が予想されるので回避して、北千住から東武線で新越谷、武蔵野線で北朝霞、ここで東上線に乗り換えて最寄り駅の若葉、というコースにする。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはダブルソフトのトースト、ゆで玉子、牛乳。ダノンビオを増量して食べたけど、お通じナシ。つい最近まで調子がよかったのにどうしたのかな。

 

 10時30分頃外出して11時に相方と待ち合わせて、上記のコースで坂戸へ。

 若葉駅からバスに乗るが、ギリギリの時間だったので、乗り遅れてしまった。駅前で30分ほど次のバスを待つ。相方はお腹が空いていないので、おれだけサンドウィッチとおにぎりを食べる。

 13時15分のバスで、「戸宮交差点」下車。そこから10分ほど歩いていると……。

 突如、キンキラの大伽藍が出現。

Img_4739
Img_4741
Img_4747

 なんでも、台湾出身の康國典(こう こくてん)大法師が15年の歳月をかけて建立したものらしい。この地に建立したのは「お告げ」があったからである、と。当時、東上線の若葉駅もなかった。

 そもそも、「道教」って、日本では宗教としては馴染みがない。老荘思想として「思想」として知っていたり、道教の一部の教えを「陰陽道」として知っているし、「修験道」は、古神道からきた山岳信仰と仏教が習合したものだが、その中には道教の教えが入っているらしい。宗教として日本に入ってこなかったのは、天武天皇が拒絶したからだと言われているけれど、天武天皇の考え方には道教の影響が強いらしい。この辺は「オトナの事情」って奴なのか?

Img_4748

 入場料(拝観料)を払って中へ。天門をくぐって、前殿でまず、お神籤を引く。「大吉」。日本式のお神籤と同じで「大吉」が最高位。

Img_20191117_0001

 本殿の天井は精巧な美術品。

Img_4754
Img_4755
Img_4757

 前殿の両脇には塔があり、そこから本殿を見たところ。五千の龍がいるところだけに、龍がたくさん。

Img_4762

 しばし休憩して、帰りのバスの時間を確認してから、バス停まで裏道を歩こうということになる。そしてその道中にダチョウ牧場があって、土曜日には店が開いてケーキが食べられるらしい。

 そこを目指して歩くが……。あ!せっかく行ったのに、お参りしてない!これは大失策ではないのか?

 そして……行く手を確認したいという気持ちが先走って、相方を置いてどんどん歩いてしまった。これは反省。ウォーキングなんだから、相方に合わせてゆっくり歩かなきゃいけない。相方に申し訳ない。

Img_4765

 ダチョウはいたけど、お店は開かず。

 結構疲れたので、タイヤ屋さんの「タイヤ交換するお客さん用の待合所」にお邪魔して自販機でコーヒーを買い、ソファにちょっと座らせて貰って休憩。お客さんじゃないのにお邪魔して申し訳ありませんでした。

 で、今度は川越駅行きのバスに乗る。約45分のバスの旅。そのうちの半分くらいは川越駅周辺の大渋滞だったけど。

 本川越駅近くの定食屋に行こうと思ったが、閉店時間(土曜は16時30分で締まってしまう)が迫っていたので止めて、終点の川越駅の駅の近くで夕食の店を探す。

 バスが着いたすぐそばのビルがアトレ(にしては駅ビルではないけど)で、その7階の「和幸」に入る。

 おれは牡蠣フライ・エビフライ・ヒレカツの盛り合わせを食べる。本当は牡蠣フライとヒレカツだけのセットを頼んだはずだけど。

 あれこれ喋り、キャベツとご飯としじみ汁をお代わり。

 

 帰りは、17時50分発のJR川越線で、赤羽経由で帰る。

 京浜東北線はもう走っていたけど、上野までの中距離電車に乗り、上野経由で、帰宅。帰路、スーパーに寄って買い物。

 

 20時過ぎに帰宅。

 くーたんのご機嫌を伺い、「アド街ック天国」を見る。秩父の温泉街がテーマ。お風呂のお湯が溜まったけど、最後まで見てしまった。

 風呂に入る。たいして歩いてもいないのに、結構疲れた。

 風呂から出て「新情報7デイズ」を見たら、過去の「ぴったんこカンカン」で安住さんと沢尻エリカが街歩きしたときの映像をえんえんやっている。

 この「沢尻エリカ逮捕」の件、アベ政権がヤバいと必ず芸能人が逮捕される。そのパターンが繰り返されると馬鹿でも判るよなあ。このパターン、本当にイヤ。政権と警察が密着してるってもう、完全に独裁政権ではないか。本当に、ムチャクチャ厭だ。

 

 録画した「孤独のグルメ」を見る。由比ヶ浜にあるドイツ家庭料理の店。マイミクK氏が通っていた店らしい。やたらコワい女主人(かたせ梨乃)が客に対してビシビシ注文をつける、凄い店。実際のドイツ人の女主人は客を叱りつけるそうで、それを再現したのね。ドイツ人の老婆が出来る女優がいないので、思い切ってかたせ梨乃にしたのか。しかしそのかたせ梨乃、こういう女主人は本当にいそうな感じでリアルな芝居。だけど、出てくる料理はどれも美味そう!久住さんが食べたドイツ風のミートボールも美味そうだった。

 この店に行ってみたいけど、数年は混みまくるんだろうな。本物のドイツ人の老女主人とその兄弟が忙しさで参ってしまわないか、心配。いや、そのぶん客を叱りつけてストレスを発散できるかも。

 

 0時、就寝。

 ベッドに入ると、今後の〆切のことなどでモーレツに不安になる。〆切は頑張ればなんとかクリアできるし、クリアしなければならないが……。

 

今朝の体重:87.50キロ

本日の摂取カロリー:2792kcal

本日の消費カロリー:1832kcal/11147歩+自転車

2019年11月16日 (土曜日)

11月15日/ゲラ届けてカイロ&読書

 6時27分起床。

 快晴。

 

 朝のモロモロを手早く済ませて、「悪漢刑事 最後の銃弾」の第4章までの初校ゲラをアタマから最終確認。

 途中、ダブルソフトのトースト、ゆで卵、牛乳、コーヒーのアサメシを食べ、ダノンビオを今まで1日1個だったのを2個に増やして食べる。この効果は大きかった。

 

 10時過ぎに確認し終わったので、11時過ぎに着きますとメールしておいてから、祥伝社に向けて出発。 

 半蔵門線で11時30分頃、到着。

 赤字訂正を確認して、発行日などの確認。手製POPのデータを12月アタマに入れると配本に同封して送れると。ではそうしましょう。

 

 ちょうど、ランチタイム。「ランチョン」「キッチン南海」「キッチンカロリー」「キッチンジロー」のどこかで食べようと思うが、「ランチョン」の日替りはメンチカツグラタンで1000円。ここは絶対間違いないけど、他の店だって間違いはない。「キッチン南海」はもう行列が出来ているだろうから回避して、「キッチンカロリー」に向かう。

 ちょうど空席がいくつかあったので待たずに着席。カロリー焼きとハンバーグと蟹クリームコロッケの「ジャンボ鉄板焼き」にする。950円だからランチョンとあんまり変わらないんだけど。

 定番の美味さ。しかし平日のランチタイムという激戦時に家族連れで来るかねえ?しかもいろいろ複雑な注文をしてるし。

 

 御茶ノ水まで歩いて、千代田線で帰宅。

 仕事をすべきだが、日曜に返却期限が来る「つけびの村」を読んでしまわないと。面白ければ買うつもり。

 で、読み始めると、大変面白い。貶していた口コミは大間違いだった。あの口コミを書いたヤツは、「事件の鮮やかな謎解き」を期待したんだろう。しかし容疑者の精神がかなり異常を来している以上、正確な事実は判らない。しかし、容疑者が正常ではないということで答えは出ている。ただ、問題は、容疑者がそこまで追い込まれた要因はなんだったのかと言うこと。それを筆者は丹念な現地取材を重ねて集落の面々に聞き込んでいく。

 これはもう、「限界集落のフィールドワーク」の好例で、すこぶる面白い。この本は買おう。

 新刊を図書館で貸し出すな!と主張しているおれだから、いいと思ったら買おう。だから、安達の新刊も是非買って!買ってくれないと、作家は食っていけないのだから。

 

 途中だが、カイロの予約の時間になったので、読書を中断。

 16時30分にカイロ。昨日はかなり筋肉痛があったけど、今日はもう収まっている。

 

 帰路、「ピアゴ」でキャベツなどを買い、帰宅。

 読書再開。と思ったが、「文藝別冊」の再校を見てしまうべき。見開き4ページだし。初稿で直したから今回は直しなしでいいだろうと思ったが……2ヵ所あった。18日必着で郵送でも間に合うのだが、2ヵ所だけなのでゲラをスキャンしてPDFにしてメールで送り、それで終了ということになった。出来上がりが楽しみ。

 18時頃、ご飯を炊き、19時過ぎに夕食の支度。「キッコーマン うちのごはん キャベツのガリバタ醤油炒め」を使って、キャベツと豚肉を炒める。レシピより少しキャベツを多めにしたが、もっと多くてもいいと思う。いやこれは、かなり美味い。ご飯が進んで困る。ご飯をお代わりしてしまった。ここで我慢すべきだったけど、美味いんだもの。2~3人前と書いてあったけど、全部食べてしまった。いやこれは宣伝したくなる美味しさ。

A2484

 読書を再開するが、睡魔が襲ってきて格闘しながらになる。

 古新聞を資源ゴミに出し、風呂に入り、読書に戻ったがウトウトしてしまい、0時57分、就寝。

 

今朝の体重:87.35キロ

本日の摂取カロリー:2291kcal

本日の消費カロリー:662kcal/6329歩+自転車

2019年11月15日 (金曜日)

11月14日/ゲラ&日芸校友会会報委員会慰労会

 7時45分起床。

 快晴。

 

 洗濯しつつ、朝のモロモロを済ませる。

 アサメシはいつもの、ダブルソフトのトースト、ゆで玉子、牛乳、コーヒー。

 今日の予定を考える。どうにも時間のやり繰りが苦しいので、予約してあったカイロを明日にずらして貰う。

 

 洗濯物を干して、仕事開始。

 「最終章」のゲラを、もう一度見る。

 全部やったと思っていたら、一ヵ所、先送りしていて触っていないところがあった。そこを修正。

 

 14時前に相方と北千住東口の「富士そば」で会って、ゲラの受け渡し。「第4章」を受け取って「最終章」を渡す。おれは盛りそばとミニかき揚げ丼を食う。

 打ち合わせをして、解散。

 

 自宅に戻って、「第4章」まで揃ったゲラをアタマから確認するが……集中力が出ず。

 今夜は、日芸校友会の「会報委員会」の慰労会。この前出た号で全面的に誌面を刷新して、それは大成功した(と思う)。校友会長がその慰労会を開いてくれると。会費制だけどかなりの額を会長が補填。このタイミングだと欠席してゲラを見るべきだと思うけど、もう1ヵ月も前からお話を戴いて参加すると返事したからねえ。

 久々にネクタイを締めて、17時過ぎに外出。

 

 定刻の18時前に池袋のホテル・メトロポリタン着。2階の高級中華「桂林」が会場。

 一番乗りはイヤだなあと思ったが、二番目だったので良かった。

 三々五々集まって、18時ジャストに開会。

 こういう改まった高級中華をコースで戴くのは初めて。

 前菜、スープ、揚げ物、煮物、そしてチャーハンにデザート。すべて上品。実に美味しい。みなさん紹興酒をグイグイ飲んで盛りあがる。おれはグラスビール2杯でほろ酔い。新参者だが話に加わって盛り上げに一役買えたと思う。

 20時30分頃、解散。

 ホテルのロビーでiPhoneを確認したら、祥伝社担当O氏からメールが入っていた。明日何時ごろになりますか?と。

 もう遅い時間になってしまったけど、慌てて返事を打つ。

 

 21時過ぎに帰宅。

 風呂に入って目を覚まして、今夜中にゲラの最終チェックを済まそうと思ったが……疲れた。

 風呂から出て、「アメトーク」を見て、0時7分、就寝。

 

今朝の体重:87.05キロ

本日の摂取カロリー:たぶん3000kcal弱

本日の消費カロリー:535kcal/5008歩+自転車

2019年11月14日 (木曜日)

11月13日/問題解決して、テニス

 8時1分起床。

 曇り時々晴れ。

 起きる前にまたPhoneでニュースを読んでしまった。この悪癖は止めなければ。

 

 朝のモロモロを済ませて、10時前に祥伝社担当O氏にメール。最終章の修正点について、じっくり考えた事を書き送る。

 それを送ったのと入れ違いにゲラが到着。

 早速、ざっと見て、ゲラの書き込みを確認して、再度メール。

 

 アサメシの支度をしていると、O氏から電話が入り、あっけなく疑問は氷解。意図がハッキリ判るように加筆することで合意。

 

 ホッとして、アサメシを食べる。ダブルソフトのトースト、ゆで玉子、牛乳。

 

 コーヒーを飲みつつ、ゲラ拝。ざっと見たところ、加筆する必要はないんじゃないかと思ったが、ネタの後割りだけではなく、伏線を張っておくほうがいいか。

 あれこれ考えつつ、最終章のゲラと格闘。相方から戻った「第3章」までを確認出来ず。

 

 昼は15時頃に小茶碗のご飯に目玉焼きと韓国海苔をトッピングしてマゼマゼ。それとさつま揚げに残り物の茄子の揚げ浸し。

 

 16時頃、ゲラは一応出来たけど、もう一度手を入れたい。

 「桜を見る会」、来年は中止だと。馬鹿とそのお仲間が調子に乗るとこういう事になる。

 これに参加してはしゃいでいた芸能人も馬鹿。ウヨク文化人は問題外。

 

 ソファに座ったまま寝てしまったが、17時に起きて、支度して、テニスへ。

 東武線に乗っていると激しい便意を催したので途中下車して鐘ヶ淵駅のトイレ。ウォシュレットなので快適!しかも便秘も解消。

 テニスは、今日はまあまあ。というか、特記すべきことナシ。試合ではアウトしてしまって自滅。

 お風呂でK氏やM氏と話し込んで長風呂になった。

 帰路、「上海菜館」で今週の定食(豚キムチ炒め)を食べる。

 

 22時頃帰宅。

 郵便受けに、Amazonに注文した「透明なゆりかご」サントラCDが届いていた。

 部屋に戻って早速聴く。なんだかフランス音楽みたいな優しくて高貴な明るさと悲しみがある名曲揃い。あのドラマの感情の深まりと後味の良さは、この素晴らしい音楽がおおいに貢献していると思う。

 23時のニュースを見ると、アベは「桜を見る会の中止は私が決定しました」と言うだけで、その理由は述べず。予算委員会も拒否している。ほんと、憲政史上有数のどうしようもないクソ総理だ。有力なライバルがいないのをいいことに、やりたい放題。こういうのを野放しにしておく自民党、本当に墜ちたもんだ。

 

 23時49分、就寝。

 明日は、午後の予定が混み合ってしまったので、整理しなければ。

 

今朝の体重:88.10キロ

本日の摂取カロリー:1524kcal

本日の消費カロリー:406kcal/4597歩+自転車+702kcal(テニス)

2019年11月13日 (水曜日)

11月12日/一難去ってまた一難&快楽亭に最上の焼肉をゴチになる

 8時26分起床。しかしベッドでiPhoneを見ていたので、睡眠時間はもっと短い。

 そのせいで、目がショボショボ。

 

 大快晴!

 朝のモロモロを済ませていると、クロネコさんが来て、「第4章」のゲラを届けてくれた。

 10時近くになり、ブランチを食べる。ご飯に目玉焼きをトッピング。インスタントのしじみの味噌汁に野沢菜漬け、茄子の揚げ浸し。

 

 いろいろサプリを飲んで、それなりに効いている感じはあるけど、経費節減のため、1つ減らすことにして会社に連絡。

 

 今日は昼過ぎに相方が来て、ウチで「第4章」のゲラをやってしまう予定。

 なので、先にゲラを見てしまう。

 13時過ぎに見終わって、昨日風呂に入っていなかったので、シャワーを浴びて髭も剃る。

 で、相方が来るのを待つが……なかなか来ない。お昼を食べてから来ると言うから、そろそろだと思ったが……。

 結局、来たのは15時過ぎ。時間がハッキリしないまま待つのはじりじりする。これならば、相方に届けに行った方がよかった。

 で、相方から「第3章」までのゲラを受け取り、「第4章」のゲラを渡す。

 その時、担当O氏から「第5章」(最終章)についてのメールが来た。違法行為を描いているので書き直して貰えないか、と。

 違法行為を描けないとなると、悪党が犯す悪事を書けないって事?それはおかしい。なにか行き違いがある。こちらの意図が伝わっていない可能性があるが、それなら意図をハッキリするよう書き足せば済む話だが……。明日届くゲラを見て、改めて対応を考えると返事。書き足りなかったのかなあ?犯罪小説で違法行為を描くのは当然のことだと思うんだけど。

 

 今夜は、快楽亭にゴチになる。

 相方帰り、おれも支度して、17時過ぎに外出。

 ゴチになる予定だが、多少は用意しておかないと、ということでATMに寄ってから、お店へ。東京スカイツリー駅そばの、元力士の貴闘力が経営する「焼肉ドラゴ」。

Img_4736

 18時前にスカイツリーの麓にあるお店に行くと、店の前には快楽亭と初対面の若い女性が。この方は立川抜志(いわゆる立川流Cコース)さんのお知り合いで自転車競技の選手でNPO法人の代表・Sさん。この日記を毎日読んでくださっているらしい。

 18時ジャストに開店。

 乾杯して、快楽亭お任せで、まずはキムチ盛り合わせとナムル。まずこれが美味い。

 そして、「一代年寄盛り」が出てくる。普通の焼肉の概念をぶっ壊す、和牛各部位の厚切りの大盛。これをじっくり焼いてハサミでカットして食べる。

 これが美味い!

 あんまり美味いので、食べるのに夢中で、写真を1枚も撮れなかった。

 そのあと、ホルモンの盛り合わせ。これがまた美味いの。

 「まだ行けますか?」と訊かれたので、正直に「行けます」と答えると、豚の盛り合わせが来た。これも美味い。

 そして、「肉寿司」。赤身の握り。これが、口に入れた瞬間に、溶けてしまう。霜降りではない赤身なんだけど、溶けてしまう。

 師匠とSさんはデザートのアイスを選んだが、おれはご飯ものが食べたかったので、アイスの代わりにビビンパを。そうしたらかなりの量だったので、Sさんとシェア。

 Sさん、どう見ても30代にしか見えなかったが、実年齢を聴いて驚いた。スポーツをやっていると若さを保てるのね!

 おれは乾杯の中生と、甘い柚子サワー。師匠とSさんは焼酎の水割りをけっこう飲んでいた。

 話は落語や歌舞伎、温泉と多岐に渡り、快楽亭主催の温泉旅行の会でご一行が祖谷温泉にも行ったことを知って驚いた。快楽亭ご一行は祖谷温泉にまで出没していたのか!

 

 21時近くまで肉の醍醐味に酔い、お酒も回ってほろ酔いになって、次の録音で高座にかける「泣かせる話」になると、快楽亭が涙ぐんじゃったりして、山ほど話もして、解散。

 快楽亭の会はスッパリ解散するのがいい。

 

 21時過ぎに帰宅。

 明日、最終章のゲラが届いて、担当O氏とどう話をしようか、考える。ゲラを確認しないと確定できないが、対応策は書き足すか、大幅にカットしてしまうかのどっちかだろうと思う。

 

 ニュースを見ていると、寝てしまった。久々に飲んだので、酔っ払った。

 

 で、23時過ぎになんとか起き上がる。

 焼肉は美味しいけど、無煙ロースターでもやっぱり全身に匂いがついてアブラギッシュになってしまうので、ゴミ出しして、風呂に入る。

 風呂からあがると、酔いが完全に醒めてしまって、妙に目が冴えてしまった。

 昨日はiMacのバックアップが終わるのを待って睡魔と戦っていたが、今夜も同じ時間になったのに、眠くない。

 

 ネットでニュースを見ると、京急が、この前の大事故の調査の結果、非常信号が見えにくかった(非常ブレーキが遅れた)ので止まりきれずに踏切内にいたトラックと激突してしまったと。

 この件、京急ファンが猛烈に京急を擁護していたが、踏切内のトラックにぶつかってしまった以上、非常制動が効かなかったのは明らかなのだ。すべてが正常なら衝突は防げたのだから。

 京急は信号を増設するとか言っているが、運転席に警報が鳴るのか?いや、他社のように自動で非常ブレーキがかかるようにすべきなんじゃないのか?

 

 1時37分、就寝。

 

今朝の体重:87.20キロ

本日の摂取カロリー:1834kcal

本日の消費カロリー:295kcal/2954歩+自転車

2019年11月12日 (火曜日)

11月11日/税金関係の書類整理して新作プランも再構築

 8時7分起床。

 今日も快晴。

 

 朝のモロモロを済ませるが、今日の日記は書くのに時間がかかるだろうと、先にアサメシ。ダブルソフトのトースト、ゆで卵、牛乳、コーヒー。

 その後、昨日分の日記を書く。昨日の国府津行きは、お天気も良くて、歩いたし、海も見られたし、ぷち旅行としてはなかなか良かった。結果論で言えば、御殿場線に乗ってもよかったなあ。

 それにしても、映画やドラマの美術さんの仕事は凄い。その凄さはセットよりもロケで実感する。時代物なんか、ささっと隠したり飾ったりするだけで現代の風景じゃなくなるし、現代物でも、アリモノの建物が全然別の存在に変貌する。それはもう、見事というしかない。しかも、元の建物の味わいを見事に生かすし。ロケハン担当者と美術監督のタッグの成果だけど、本当にプロの仕事ぶりだ。

 「透明なゆりかご」の感動は、その音楽にもある。さりげなく控えめだけどきっちり主張している音楽。

 やっぱり、サントラを買おうかなあ。

 

 最近、お通じが良くない。その分、体重も増加気味。いわゆる宿便か。ダノン・ビオは毎朝食べてるし、野菜も摂るようにしてるし青汁も飲んでるんだけど……ここ数日は外食とか弁当を食べることが多いせいか?自炊して野菜をたくさん摂らないと行けないのね。

 

 午前中は、徳間新作の構想練り直し。「悪漢刑事ファイナル」を書くので中断していたが、中断前の「第1章」が詰まってしまって書き上げることが出来なかった。その原因は、昨日の国府津ロケ巡礼の行き帰りの車中でファイルを読み直して判明した。

 原因が判れば対処法も判る。

 いろいろヤバいぞと感じて、書けない題材を選んでしまったかと危機感を抱いたが、そんな事はなかった。アプローチの仕方が間違っていたのだ。

 おおまかなメモを書き留めて、相方にメッセージを送るとカッチリ噛み合った返答が来て、手応えバッチリ。かなり安心。

 安心したので……懸案化しつつあることをやってしまう。

 「きらクラ!」8月25日放送分を聞きながら、先月分の税金関係の書類を整理する。旅行に行ったりすると領収書が増える。

 関係書類をダウンロードしたりして、昼過ぎに完了。

 レターパックに入れて発送準備完了。

 

 外出して、まずこのレターパックを投函し、北千住東口の「福しん」でチャーハン&おともラーメン&餃子のセットを食べる。このセットを食べれば、取りあえず「中華の食いたいモノ」が一気に食える。

 そのあと郵便局に行っていろいろ支払いを済ませて、くーたんのウェットフードを買って、帰宅。

 

 その後は、午前中に描いたメモを膨らませる。

 いやあ、これで危機を脱することが出来ると思うと、ワクワク。

 が、夕方、急激に眠くなって、ソファでとろとろしていると相方から電話。

 駅前の松屋で会うことに。

 書いたメモをメールで相方に送ってから、出発。

 

 19時頃の松屋は空いていたので、テーブル席で食事しつつ、いろいろ打ち合わせ。徳間新作については方向性が完全に一致。ゲラ拝のダンドリについても打ち合わせる。

 15時過ぎに「福しん」でヒルメシを食べたのであまり腹が減らず、「松屋オリジナルカレー」を食べる。

 場所を変えてマクドナルドで打ち合わせ、と思っていたが、店が混まないのでそのまま居座って打ち合わせをしてしまった。

 

 20時過ぎに帰宅。

 祥伝社担当O氏に「第5章」ゲラの確認メールを出したり、ネットで調べ物をしていると21時。

 西日本では局地的にもの凄い量のヒョウが降ったのね。

 モーレツに眠くなって、そのあとの「報道ステーション」を観た。

 香港の、至近距離で警官が手ブラのデモ隊の若者を撃った映像はショッキングだった。殴りかかろうともしていない丸腰の若者を至近距離で撃ったのだ。

 これはひどいだろう!と憤ったけれど……睡魔に負けて寝てしまった。

 目が覚めると、「かみひとえ」という番組が始まっていた。超大盛の店は儲かっているのか?というテーマで、凄い大盛の店を取材していたが、五反田の「日本一ナポリタンが美味い店」の普通盛りナポリタンは食べてみたいねえ。

 

 そろそろ寝ようと思ったら、iMacはバックアップを始めてしまった。「あと10分」と表示が出たので、終わるのを待っていたら、「あと10分」がなかなか減らない。「あと2分」になってから三十分が経過して、1時を過ぎてしまったので、もう腹を立てて強制終了。だったらもっと早く強制終了させて寝てしまえば良かった。

 風呂に入らず、1時39分、就寝。

 

今朝の体重:87.80キロ

本日の摂取カロリー:2254kcal

本日の消費カロリー:229kcal/2685歩+自転車

2019年11月11日 (月曜日)

11月10日/「透明なゆりかご」のロケ地巡礼で国府津へ

 8時4分起床。

 今日も快晴。

 

 洗濯機のスイッチを入れて、朝のモロモロを並行してやる。

 くーたんは期待していなかったご飯(朝と夜、殆ど定番なんだけど)だと前足で床を引っ掻いてどこかに行ってしまうけど、結局は完食。

 洗濯物を干して、おれもアサメシ。W目玉焼きにご飯、しじみの味噌汁、海苔、野沢菜の漬け物。

 

 本日は、昨日行けなかった、「透明なゆりかご」のメイン舞台となる「由比産婦人科」のロケセットがあった国府津へ行く!

 海外旅行のついでに、というか旅行の目的のひとつにロケ地を見に行ったことはある(「シャレード」のパリのパレ・ロワイヤル、「第三の男」や「007リビングデイライツ」のウィーンのプラター公園、「冒険者たち」のラ・ロシェルの沖にある軍艦島、「ベニスに死す」のヴェネツィア・リド島、「ジェラシー」のオーストリアとハンガリーの国境であるドナウ川に架かる橋とか)けど、テレビドラマのロケ地を見に行くだけの旅は初めて。ホントは「最後から二番目の恋」のロケ地巡礼もしたいんだけど、今、鎌倉に行くのはなんだかちょっと恥ずかしい。

 

 で、11時過ぎに外出。北千住から11時37分の常磐線で上野。上野東京ラインの熱海行きに乗り換える。経費節減で普通車に乗る。グリーン車に乗るのは駅弁を食べるためでもあったけど、駅弁は食べないし。

 道中、持ってきたiPadで、徳間新作のファイルを何度も読んで、イメージを掻き立て、中断した時の気持ちを蘇らせる。

 

 平塚で新宿から来た特別快速に乗り換えて、13時過ぎに国府津。

Img_4688

 駅に降り立つと、既に潮の香りが。

 「由比産婦人科」の外景に使われたのは、国府津駅から歩いて15分ほどの場所にある「前羽福祉館」。ネットで調べると結構多くの人が訪ねているようだ。

20191110-213050

 駅から国道1号に降りて、しばらく歩く。

Img_4691

 美味しそうな食堂「のんき亭」があって、ちょうど昼飯時だし……と思ったら、お金を下ろすのを忘れていて、財布に現金がない。こういうお店は現金オンリーだと思うので、断念。アジフライ定食とか鰺のたたきとか、美味しそうだったんだけど。

 国道一号を右に折れると、西湘バイパスに沿った海岸線に出る。

Img_4693
Img_4694
Img_4695

 防波堤に沿って少し歩くと……「前羽福祉館」がさりげなく登場。隣は児童公園。

Img_4696
Img_4697

 先日の台風の高波でやられてしまったのだろうか、海側がかなり傷んでいる。

Img_4709

 映画やドラマの美術さんは凄くて、ちょっと手間を加えるだけで全然別のモノにしてしまう。この建物も、一部ピンクに塗って看板をつけただけで「由比産婦人科」になってしまう。

A000778585_02
Img_4698

 ドラマで印象的だったヒヨコの絵は消されていた。まあロケセットは原状復帰しなければならないから当然だし、仕方がないけど……ドラマのファンとしては、寂しいねえ。

Img_4699
Img_4700

 

 この階段と海はドラマにも出て来たけど、ヒロイン・アオイが歩く気持ちよさそうな海沿いのプロムナードは別の場所。

 建物のすぐ前は、海。国府津海岸。その上を西湘バイパスが走っている。

 海岸は砂利で海水浴場にはならないのだろう。

Img_4703
Img_4705
Img_4708
Img_4710

 玄関越しに中をちょっと覗かせて貰ったが、中はやっぱりセットだろう。人物の出入りで映り込む場所は前羽福祉館を飾り混んだと思うけど、手前左側のドアの位置とかかなり違う……。

205
Img_4701

 このドラマが素晴らしかったのは、音楽もおおいに寄与している。特にバロックみたいな「悲しみの音楽」が胸に染みて、思い出すだけで泣いてしまう。サントラを買おうかなあ。音楽を聴いただけで号泣しそうだなあ……。

 続篇が作られることを大いに期待して、前羽福祉館に一礼して、帰る。

 防波堤には子供が描いた絵がたくさん填め込まれている。どれも愛らしくて、楽しんで描いている子供たちの笑顔が見えてるようだ。それが、ドラマの印象とリンクしてしまって、なんだかもう。

Img_4713_20191111103601
Img_4717_20191111102801
Img_4716
Img_4719

 おれには子供はいないけど、全世界のすべての子供が幸せになって欲しいと思う。思うだけで行動に移せないのが歯痒いのだけど。

 海は美しいし、可愛い小川もあるし、とてもいいところだけど、先日の台風の被害はかなりあったようで、まだ1階が傷んでいる家がけっこうあった。台風の時はとても大変だったと思う。

Img_4725

 国府津駅まで戻ると、「国府津館」という明治創業の老舗旅館の看板が見えた。国道沿いに駐車場があって、そこを抜けて下に降りると旅館があるようだが、駐車場には入れないように木のバリケードが立っていた。

 

 国府津駅前のNEWDAYSでお金を下ろし、「ラーメン餃子」の看板に惹かれてお店に入るが、ラーメン餃子は食べないで、アジフライ定食にする。

 店内のテレビは駅伝中継をやっていた。天皇即位パレードの中継は15時からなのね。

 アジフライは美味かったが、中華の店なんだからラーメンやチャーハンや餃子を食うべきだったかなあ。

 

 国府津から小田原まで行き、小田急線で帰ってくると電車賃は300円安い。しかし所要時間は30分ほど余計にかかる。まあ今日は18時までに帰宅出来ればいいけれど……気分的にはそうそうノンビリしてられない。その一方で、国府津は御殿場線の始発駅。この際御殿場線に乗って新松田まで行って小田急に乗り換えるという手もあるし、ぷち鉄ちゃんなおれとしては惹かれるモノもあったが、これも我慢。

 ストレートに、東海道線上りで帰る。途中で快速アクティに抜かれたが、空いた普通車でゆっくり帰る。10分しか変わらないし。

 帰路も車中でiPadを広げ、アイディアを書き込む。どうもコネタを詰め込みすぎていたかもしれない。コネタを膨らませて大ネタにすればいいのに。

 

 16時頃、上野着。

 讃岐うどんの店できつねうどんを食べるが、「本場讃岐の味」と言ってるけど、お汁の味は「はなまるうどん」と同じだなあ。色は黒くはないけど、味は讃岐と言うより関西の味。

 向かいにある弁当屋で夕食用の「天むすわっぱ弁当」を買って、常磐線で帰る。

 

 日没直前。洗濯物を取り込み、「きらクラ!」の留守録が出来ているか確認していると、「笑点」の時間。林家木久扇笑点50周年!って、どうでもいいけど。

 

 そのあと、BSで「いだてん」。東京オリンピックへの政治介入は激しさを増す。この構図は今も昔も同じ。しかしここまで川島正次郎を悪人にしてしまって大丈夫か?と見ているこっちが心配になるほど、川島正次郎は悪役。オリンピックに人生を捧げているマーチャンが邪魔で仕方がない。

 徳井は堂々と登場。というか、徳井は絶対に外せない。しかし誰が文句を言ってるんだろう?文句を言われる前にNHKが先手を打ってるように思えてしまうんだけど……。

 それでも、マーチャンの熱情には感動する。こんな人物、2020にはいるのかなあ?みんな、オリンピックを「自分のための道具」に使ってるヤツばかりにしか見えないんだけど。猪瀬も舛添も。

 

 19時のニュースは天皇パレード一色。上皇の方針を受け継ぐ平和志向の天皇は敬愛して支持するけれど、「アレ」の意向が色濃いパレードには興味がない。どうして天皇が自民党本部前を通らないといけねえんだよ!ここは日本か?

 

 久しぶりに「鉄腕DASH」を見る。猛毒を持つクラゲを絶品料理に仕立てた名シェフがいる下町の食堂、行ってみたい!

 で、地上波の「いだてん」も見る。買ってきた「天むすわっぱ弁当」を食べる。小さいおにぎりと小さいお稲荷さんとトリカラ1つなどのおかず付き。

 

 食べ終わり、「いでてん」を見終わったら、相方から電話。ゲラのダンドリや徳間新作について、打ち合わせる。

 

 相方に徳間関係のファイルを送り、ゴミ出しをして、風呂に入り、ネットで調べ物をしていたら1時になってしまったので、慌てて寝る。

 1時11分、就寝。

 かなり新作のアタマになってきたので、明日からは執筆再開だ!

 

今朝の体重:87.15キロ

本日の摂取カロリー:2233kcal

本日の消費カロリー:598kcal/8677歩+自転車

2019年11月10日 (日曜日)

11月9日/ゲラやって、テレビざんまい

 8時起床。しかし寝不足。

 快晴。

 

 朝のモロモロを済ませるが、例によって長くなった。

 クロネコさん来訪。「第3章」のゲラが届く。

 遅めのアサメシを食べてからやる。ご飯、玉子焼き、インスタントのしじみ汁、ちりめんじゃこ、インゲンの胡麻あえ、野沢菜の漬け物。

 

 食後、ゲラ開始。が、けっこういろいろ引っ掛かる。「死体」と「遺体」の使い分け。身元がハッキリした場合は死者への敬意を込めて「遺体」を使うとWikipediaにはあるが、警察関係の法令集などを確かめると、「死体」を使っている。「遺体」というのはマスコミ用語に近いのだろう。記者発表では警察も「遺体」を使うかもしれないし。

 

 やっていると「消せる赤ペン」のインクが尽きたので、昼メシがてら買いに出る。

 図書館に本を返す。徳島の歴史を平易に書いた本で、この本は手許に置いておきたいので、Amazonで買った。

 しかし、めっきり文房具屋さんが減ったねえ。昔はいたるところに文房具屋さんがあったんだけど。ペンとかはコンビニで買えるからなあ。

 パイロットの書きやすい「消せる赤ペン」を太さ違いを2本買う。

 帰路、吉野家で昼メシ。壁を見ると「肉だく始めました」のポスターが。プラス139円で肉を増量してくれると。「アタマの大盛」とどう違うのか、確かめるために頼んでみた。

 「並+肉だく」(352円+139円)と「アタマの大盛」(452円)を比較すると……「アタマの大盛」って大盛になってるの?と思うときが多いが、この「肉だく」は、確実に肉が増えていた。かなり違う感じ。39円分、「並+肉だく」の方が肉が多いのか?

 

 帰宅して、ゲラ再開。

 夕方になんとか終えたので、相方に連絡して、届けに行く。

 16時30分にゲラを渡して、なにか買い物をして帰ろうかと思ったが、冷蔵庫にあるものを食べることにして、そのまま帰宅。

 

 今夜のテレ東は卓球か。

 ゆっくり観ようと思っている「希望の灯り」は、なんか構えちゃって、観ない。

 「透明なゆりかご」の4枚目を観る。第9話と最終回。幼女への性犯罪と、生まれても長く生きられないと判っている赤ちゃん……。ドラマを観て、これほど号泣したことがあっただろうかと思えるほど、わんわん泣いた。これ、何度観ても泣くだろうなあ。決してお涙頂戴に作っていない。むしろ淡々として素っ気ないほど。それが逆にテーマを浮き彫りにして、どうしようもなく心に刺さってくる。

 原作はまだ続いているそうだから、正式に看護師になったアオイのその後を、是非観たい。由比産婦人科の他の人たちや患者さんたちにもまた逢いたいし……。しかしこのドラマ、出演者がみんな巧くて、芝居とは思えないほど生の表情を出して、凄い。

 映画「祖谷物語」が作為を放棄したところに良さがあるのと正反対の、プロの技のもの凄さを見せつけられたお思い。

 やっぱり、ロケ地巡礼に行きたい!

 ところで、ウチのテレビはテレビラック兼用の外部スピーカーを鳴らしているのだが、突如、テレビとそのスピーカーの自動連携が取れなくなってしまった。なんかセリフが聞き取れないなあと思ったら、内蔵スピーカーの悪い音のせいだった。どうしてセットしてあった「自動連携」が解除されてしまったのか判らない。不用意に押し間違えたか、くーたんがリモコンを踏ん付けたのか。

 まあ、原因が判って、無事、復旧。

 

 19時のニュースのあと、「ブラタモリ」を観ながら、夕食の支度。豚バラとキャベツのタジン鍋。

 「ブラタモリ」は秋田。戦前は油田だったが、急速に石油が枯渇してしまった。それに玉川温泉。酸性の強さと自噴量で草津を超える日本一の温泉。しかしここは病気と闘う場なので、浮かれた観光気分で訪れるところではない。

 食べながら観る。

 

 そのあと……録画した「孤独のグルメ」を観る。浅草でタイ料理。地元の人たち御用達の焼肉横丁をウロウロした末のタイ料理屋。この横丁の焼肉は、安くて美味いのよ!でもまあ、出て来る物は普通の焼肉だけど。

 タイ料理は、おれはどうもパクチー(コリアンダーもレモングラスも)がダメなので、タイ料理が食べたそうな相方には本当に申し訳ないのだが、タイ料理は苦手だ。これは「ビルマの竪琴」でタイにロケに行くまでは苦手ではなかったのだけど、「本場」で完全にNGになってしまった。香りだけではなく、あの「すっぱ辛い」味がどうにもダメ。お好きな方には申し訳ない。

 おれは、小津安二郎の映画とタイ料理は、どうしてもダメなのだ。

 そのあと、「タモリ倶楽部」も観る。「空耳アワード」後編。

 

 TBS「新情報7デイズ」がえんえんと新天皇のなんちゃらイベントのことをえんえんやっていたので、テレビを切って、風呂に入り、0時34分、就寝。

 そろそろ徳間の新作を再開せねば。

 

今朝の体重:87.15キロ

本日の摂取カロリー:2036kcal

本日の消費カロリー:240kcal/2487歩+自転車

2019年11月 9日 (土曜日)

11月8日/散髪して、映画ざんまい

 7時50分起床。

 今日も快晴。凄く天気がいいので、洗濯物を探して、洗濯する。天気がいい日に干すのは気持ちがいいのだ。

 

 洗濯が終わる間に、朝のモロモロをやり、その合間に洗濯物を干し、アサメシは……。

 パンがない。ご飯は炊けばあるが漬け物がない。なので、マイミク(って言葉、古いね!)のミク名K氏の真似をして、スパゲティ・ペペロンチーノを食べる。と言ってもキューピーのペペロンチーノ・ソースを茹でたスパゲティに掛けただけだが。

 美味い。

 

 本日は……NHKのドラマ「透明なゆりかご」にあまりにもハマり込んでいるので、「ロケ地巡礼」に行こうかと。メインのロケ地「由比産婦人科」に使われた建物は調べてある。東海道線国府津駅から歩いて15分の公共施設。駅前からバスも出ている。

 よし行くぞ!しかし、道中で、「悪漢刑事ファイナル」を書く為に中断している徳間新作(これが次の新作になる)の書きかけファイルを読み返して、頭を切り替えなければ。

 そのファイルを読み、MacBookAirに入れておこうとしたら、しばらく起動させていなかったのでアップデートをやりまくり、作文はしなくて読むだけだからMacBookAirは重いしかさばるのでiPadでイイヤと思い直して、iPadで読みやすいようにファイルを切り出したりしていると……13時になってしまった。

 この時間から国府津まで行って、その公共施設の外観だけを見て帰ってくるのに4時間くらいかかる。それはお金と時間がロスだし……と思い直して、取りあえず今日は中止。

 その代わり、髪の毛が伸びて爆発状態に近くなったので、散髪に行く。最近は、新作を書き上げるたびに散髪に行くことにしている。だいたい2~3ヵ月に1回。

 

 昼飯に駅前のマクドナルドで「グランクラブサンド」のセットを食べる。これならやっぱりおれはビッグマックの方がいいな。

 そのあと、行きつけの「安い散髪屋」を覗いたら暇そうにしていた。ラッキー!ここはいつも混んでいて、最低15分は待つ覚悟をして行くので。

 全体に短くして貰って、ヒゲも当たって貰ってシャンプーまでのフルコース。途中で寝てしまった。

 いつもより所要時間が長かったかも。

 そして増税に伴って料金も200円値上がりしていた。でも割引券があったので実質100円高くなっただけ。

 スッキリした帰路、スーパーに寄って、いろいろ買い物。

 

 帰宅して、昨夜途中で断念した「祖谷物語」を断念した箇所から、観る。

Oku

 後半は、というか、最後まで観た感想は、奥祖谷を舞台に完全なファンタジーを作ろうとしたのか、山深き伝説や伝承が多い里を舞台に、「そういうことがあるかも」と思えるお話を展開したかったのか、よく判らない。まあ映画の出だしからリアルではなかったけれど。

 おじい(田中珉……素晴らしい)の体調が悪くなって以降は、その度合いが強くなって、ハッキリ言って現実ではなくなった。

 東京のシークェンスは、いろいろ未整理で脚本と演出の未熟さが露呈してしまった。ヒロインはどこかの会社の研究部門にいるけれど、地元の高校を出たあと大学に入ったの?だとすれば、ヒロインが地元を離れて何年が経過したの?

 ヒロインが見る幻覚の意味するところはありがちなパターンになってしまっていると思うし、結末も、「やっぱりそうまとめたか」と思ってしまうものだった。

 新人監督が各所に協力を呼びかけて作り上げた自主映画だから、あんまり批判してはいけない気はするが……祖谷の自然を捉えた映像は圧倒的だし、四季を丁寧に捉えた努力と熱情には敬服する。大自然を相手にする仕事が多い木村大作が激賞したのもよく判る。

 160分を超える長さだが、これはまあ、時間をたっぷり使った息の長い編集じゃないと、あの自然の雄大さとそこに流れる悠久の時間を表現できなかっただろうと思う。

 というか……ハッキリ言って、新藤兼人の「裸の島」のように、ほとんどドキュメンタリーのように作った方がよかったんじゃないのか、と思う。まあ似たような作品は作りたくないのはよく判るけど。

 映画としては、いろいろ言いたいことはあるけれど、先日の奥祖谷旅行で行って感銘を受けた場所とほとんど重なるので、とても貴重な記録だし、初めて行った場所で山の暮らしとは全く無縁だったのに、どう言うわけか懐かしさと郷愁と切なさが一気に襲ってくる。

 これはいったい、なんなのだろう?それを考えると激しく混乱する。

 ここに1年くらい住んでみたい。辛い農作業はしたくない。猪や鹿を撃ちたくもない。ただ、自然に触れて暮らしてみたい。しかし電気がないのは困るし、虫は大嫌いだから……山の暮らしは無理か。

 

 今夜は相方が来て映画を観る。夕食は各自済ませると言うことなので、ご飯を炊いて、買ってきた「マグロ赤身の切り落とし」で、また「マグロ丼」を作って食う。シンプルだが、美味いのよ。あと、お総菜で買ってきた「けんちん汁」。

 

 20時前に相方がやって来て、「愛しのアイリーン」を見る。

 田舎で母親に溺愛されたまま40を過ぎてしまった独身男。この男は特技もないし頭も悪そうだし根性もなさそうなダメ男だが、一念発起してフィリピンでの「嫁探しツアー」に参加して、見事アイリーンをゲットするのだが……。

941746

 とことんダメな男・岩男(安田顕)とその母親(木野花)とアイリーン(ナッツ・シトイ)の3人が、とにかく凄い。というか……これじゃあ、いくらカネ目当ての結婚だとしても、アイリーンが可哀想すぎる。言葉が出来なければ意志の疎通も出来ないわけで、アイリーンは懸命に日本語を覚えようとするが、岩男はまったくタガログ語も英語も覚える気がないままに「ナニ言ってるのか判んねんだよ!」と怒鳴るだけ。母親には汚物扱いされるし……。

 それでも、岩男とアイリーンの間に愛情は芽生えて、巧く行くかと思ったら、妙に正論を吐く「日本と日本の男を嫌って憎んで復讐をする」母親がフィリピン人の混血ヤクザ・塩崎(伊勢谷友介……この役、よく受けた!)がアイリーンを強引に自分の売春組織に引き摺り込もうとしたので岩男は射殺。死体を山奥に埋めるが、組織のヤクザが岩男の周囲に出現するようになってから、岩男は追い詰められていく……。

 コメディのようでコメディじゃないし、怒りたくなるけど脱力する場面が続くし……しかし、やっぱり、アイリーンが可哀想で、切なすぎる。岩男がもっと賢明な男なら、少なくともアイリーンだけは幸せに出来ただろうに……結婚を機に独立する気はなかったのか?実家の呪縛?しかしパチンコ屋の店員の収入じゃ、アイリーンの実家に仕送りするだけでお金はなくなってしまうんじゃないのか?

 原作ではアイリーンはもっとしたたかで生命力に溢れている場面があるらしい。脚本でもそれは書かれて撮影もされたそうだが、完成作品ではカットされて、切ない終わり方になっていた。

 これじゃあ、アイリーンが可哀想すぎるだろう!

 唯一の救いは、「フィリピン嫁探しツアー」のコーディネーターが極めて良心的で「カネをふんだくるだけで無責任な業者」ではなかったこと。参加者に親身になってくれるし、相手方のフィリピンの家族にも親身。まあボッタクリをやっていると信用がなくて続かないだろうから。

 それにしても、木野花の「悪魔のように猛烈な母親」は圧倒的だったし、安田顕のダメ男ぶりはもう、とことんひどすぎたし、ナッツ・シトイは天真爛漫でマジメで、こんな人が不幸になってはいけないと思わせる。だから余計に、後味が悪いんだよねえ。アイリーンにもどこか邪悪なところがあればまだ良かったのに……。

 

 観終わった後、相方が買ってきたケーキを食べて、しばし相方と話す。日本の男って、本当に駄目なのかねえ?おれはそこまでダメだとは思ってないんだけど、それはあくまで自己評価だからなんだろうか?

 

 相方帰り、なんかこのまま風呂に入って寝るのも、物足りない気分。

 届いたばかりの「透明なゆりかご」の第3巻を観る。

752a15667971c25ab3a3b553fc5a8e0c

 「第7話」だけ、と思って観始めたら、やっぱり号泣して、続けて「第8話」も観てしまったが、こっちの方が内容的に可哀想で可哀想で胸掻き毟られてもっと号泣。いや~、寝る前に観てはいけない。

 「第8話」は、邪魔になった連れ子のネグレクトと虐待がテーマ。母親なら自分の連れ子に、こんな仕打ちが出来るんだろうか、と思うけど、現実にひどい虐待死が続いているし、母親だけに母性を要求するのは男の勝手、だとも言えるし、生活に困るシングルマザーを生み出しているのはダメ男なのだ。この「第8話」でも、再婚した男が連れ子を嫌ったから、だし……。

 

 こういう現実があると、思いっきりファンタジーの世界に逃げたくなる気持ちも判る。

 

 2時近くになったし、頭は散髪屋で洗って貰ったので、風呂は省略して、1時48分、就寝。

 

今朝の体重:87.45キロ

本日の摂取カロリー:2009kcal

本日の消費カロリー:429kcal/2880歩+自転車

2019年11月 8日 (金曜日)

11月7日/完全脱稿して、ゲラ少し

 6時過ぎにトイレに立って、洗濯機のスイッチを「念入りモード」で入れて、二度寝、

 7時27分起床。

 洗濯が終わるのを待って、干しに行く。

 快晴!ああ、気持ちのいい天気!

 

 朝のモロモロを済ませて、アサメシ……と思うが、何もない。

 近所の和菓子屋さんでシャケとたらこのおにぎりを買ってきて食べる。

 そして、仕事開始。

 相方から昨夜戻った推敲済み決定稿の最終チェック。内部メモやマークを削除しつつ、確認。最後に、ファイルが交錯してヌケがないか最終確認。それはなかったので、安心。

 担当O氏に10時過ぎに送稿。

 これにて、完全脱稿。今日が最終〆切。それも夜ではなく午前中にクリアできた。

 

 少し休憩して、「第2章」までのゲラをやる。しかし……単純な修正なら出来るが、文章の入れ替え提案がある箇所は、頭が働かなくて、出来ない。

 

 14時前に、相方と千住大橋の「はま寿司」で待ち合わせ。

 「第2章」までのゲラを渡し、今後の打ち合わせ。昨日思いついたアイディアを話す。これ、イケると思うんだけどなあ。

 寿司は、牡蠣フライ軍艦、牛カルビの邪道寿司の他、中トロ、マグロのヅケ、ハマチ、ウナギ、松茸の茶碗蒸しにアオサの味噌汁。デザートにロールケーキ。あと数皿モレがあるかも。

 階下の「ライフ」で買い物をして帰るべきだったが、そのまま帰宅。あんなに晴れていたのに今にも降ってきそうな曇天になってしまったので、慌てて洗濯物を取り込む。

 

 レンタルした「透明なゆりかご」4枚組のうち2枚(第6話)まで観てしまった。いやあもう、文字通り、号泣。これほど心揺さぶられるドラマもないと思う。生命の誕生と死、人生を変えてしまう重いテーマを、淡々と描く。このスタンスが素晴らしい。

 民放ドラマではやりにくいテーマと脚色と演出。キャスティングが全員素晴らしい。ヒロインの清原果那はこの作品で絶賛されたが、脇に出てくる人たちも全員が素晴らしいという希有なドラマ。これ、BOXを買って永久保存すべきだな。……でも、まだ高いので、もう少し経ってから……。

 明日、このドラマのロケをした国府津の建物を見に行ってみようかな、とふと思った。こんなに感動しているんだから、ロケ地巡礼をしてもいいんじゃないか……ただ前に行って見てくるだけだから迷惑にもならないと思うし……。

 

 晩飯。しかし、食うモノが無い。今から買いに出るとか食べに行くのはモーレツに面倒。

 エースコックのワンタンメンにキャベツと卵を入れて食べる。ちょっと足りないけど、我慢しよう。

 

 そのあと、これもレンタルした「祖谷物語~おくのひと」を観る。ほぼ1年間、奥祖谷でロケをした力作。フィルムで撮られているのでスクリーンで観れば、奥祖谷の厳しいけれど美しい自然が味わえたはず。しかしDVDで観たので、画質はかなり落ちている。それでも、冬の祖谷は美しいし、春になり夏になった祖谷も美しい。

 この前の旅行で訪れた東祖谷がメイン舞台になっている。ハッキリ言って寂れてしまった集落の、その上にポツンと暮らしている老人と女子高生。そこに東京からやって来た男が……というと、だいたい3パターンくらいの話に分類される。この男の素性の問題。犯罪者か、誰かに、何かから追われている男か。それとも自殺志願を含むドロップアウトか。それとも奥祖谷の自然が好きになって移住を決意した男か。

 そのへんがよく判らないままに映画は進行する。テンポとタッチが悠々としていて、お話なんかどうでもいいでしょう的に進む。まあ、観ている側も、お話よりも奥祖谷の風景とそこに住む人たちの暮らしを観たい。

 自然保護を叫んでトンネル工事に反対する外国人の集団(これは完全な創作?)とかも出てくるが、あの道を走ったことがあれば判るけど、道の改良は必要だと思う。交通が不便だから今の自然や暮らしや文化が守られているところも大きいとは思うけど……。

 163分の作品、半分まで来て、音を上げた。なんというか、ヨーロッパの芸術映画というか、インディペンデントの実験映画に近いテンポとタッチなので、このスタイルとは正反対の映画が好きなおれとしては、かなり我慢が必要な映画。

 ただ……これを大スクリーンでシートに身をまかせて観たら、また違うだろうなあとは思った。スクリーンの中に入り込む体験ができると、この作品はモーレツに素晴らしい作品に感じるだろう。

 しかし、観るのを中断。

 

 冷蔵庫を観て、ここ1ヵ月、モーレツに忙しくて放置してしまった「糠床」を見ると真っ黒になっていたので、ビビッて糠床を捨てる。

 ここしばらく、漬けたキュウリがまったく美味しくなくて、この糠床は駄目になってしまったかな、と思っていたし……。

 ただ黒くなっただけだと大丈夫らしいが、黒カビが生えてしまったようにも見えたので、思い切って全部捨てた。

 自分で漬ける糠漬けより、売ってるモノの方が美味しい。また気が変わったり古漬けが食べたくなったら、糠床を買い直して再開したいけど……しばらくはいいや。

 ゴミ出しをして、風呂に入り、明日どうしようか考えて、0時23分、就寝。

 

今朝の体重:86.70キロ

本日の摂取カロリー:2031kcal

本日の消費カロリー:227kcal/1674歩+自転車

2019年11月 7日 (木曜日)

11月6日/脱稿!しかし、最後の最後で大きなミス

 7時24分起床。

 今日も快晴。

 

 朝のモロモロを済ませて、6枚切りのトースト、ゆで玉子、牛乳、コーヒーのアサメシを済ませて、最終章の最後の部分に取りかかる。

 相方からは、昨日送ったところまでの推敲済みファイルが届いているが、今は最後まで書いてしまうのが最優先。

 いつもなら相方からのファイルを「決定稿ファイル」に結合するのだが、それを後回しにして、とにかく最後まで書く。

 

 書いていると、クロネコさんが来て、「第2章」までのゲラが届いた。今後、「第3章」「第4章」と続々とゲラが届くらしい。

 しかし今は、最後まで書き上げるのが最優先。

 

 なんとかお昼過ぎに最後まで書き終わって「終」の文字を入れるが……どうもシリーズ最後を飾るエンディングとして力不足。もっと巧く際立った演出が出来るはず。う~ん。しかし、今は、これが限界。

 相方に送って、外出。

 

 ガストの「499円メニュー」が気になっている。ATMで記帳と500円玉貯金を済ませた後、ガストへ。499円でハンバーグ・ソーセージ・チキンソテーの「ミックスグリル」か、ヒレカツ・アジフライ・エビフライの「ミックスフライ」が食べられる。

 熟慮のすえに、ここんとこずっとハンバーグが食べたかったので「ミックスグリル」にする。

 美味しく食べたが、会計の時に「この499円は単品の価格なのでライスにランチスープをつけるとランチセットより高くなってしまうかも」と言われて、担当の方が親切に電卓で計算してくれた。その結果、「499円」を適用したほうが若干安くなると判明。それでも800円超。な~んだ。特別安くもならないじゃん。

 これが「ガストの罠」なんだな。そういや以前も似たような罠に引っ掛かった覚えがある。

 食事中に相方から電話が入ったが、帰宅後に折り返すことに。原稿の内容の件だろう。

 

 帰路、郵便局に寄って「レターパック」を買おうとしたら、窓口にえらい剣幕の若い女が居て、現金封筒を局員に見せて「これ、現金を送る封筒ですよね!」と居丈高に怒った口調で殆ど食ってかかっている。この女が退かないとおれの順番が来ないので見ていると、どうもなんか現金封筒の使い方でトラブったようで「現金を入れて貰わないと……」「判ってます!今入れる!」と財布を出してお金を渡している。

 この女、現金封筒の使い方を知らないのか?その上なんか書類を現金封筒に詰め込もうとしてるし。

 毎日の生活で不満が爆発して、それを局員に放射している感じ。完全な想像だけど、なにかの料金か通販で買った品代を払うのが遅れに遅れて(カネがないのかズボラだったのか)トラブルになって、やっとお金を送れることになって郵便局に来たら現金封筒の使い方でアレコレ言われてカッチーンときた、みたいな展開を想像した。まあそんなに外れていないと思う。隣の窓口が開いて、おれは「レターパック」が買えたけど、その際に見たら、その女はまあマトモな顔つきだったけど、なんだか怒りというか憤懣が溜まって切羽詰まった感じでもあった。

 まあ、いろんな事情があるんだろう。このご時世、みんな、いろいろと切羽詰まってるいるのだ。

 

 帰宅して、相方に電話。

 最終章最後の部分について、こう直した方がいいのではないか、と。

 その指摘はもっともなので、それに沿って早急に直しに取りかかる。

 1場面をまるまる移動しなければならなくなり、挿入箇所は昨日書いた部分だったので……おれが書いた「0稿ファイル」でカット&ペーストをして、最後の部分も大幅に書き直して、16時前になんとか完了。

 この書き直しで、ラストの部分の演出をやり直して、良くなったと思う。劇的要素が増したし、邪魔なものをカットして主人公にフォーカスできた。

 やれやれ……と思って、このファイルを相方に送り、休憩。睡魔に襲われたが、今日はテニスに行く……。

 と、相方から電話。「私が送ったファイルと違う」と。

 ナニを言ってるのか、判らなかった。しかし……「朝送ったファイル、届いてない?届いたと確認して貰ったんだけど」と聞いて、やっと思い出した。

 朝、相方から受け取った推敲済み決定稿ファイルの存在を完全に失念していたのだ!遡って直す際に、ごく自然に自分のファイルを使ってしまい、推敲済みの相方のファイルを使わなかったのだ。

 合作をしている場合、直しが出て同じファイルの違うバージョンが行き交う。多い場合は4つくらい違うバージョンのファイルが出来る。間違わないように日付を入れてやりとりして、決定稿は「決定稿ファイル」に結合してフィックスする。

 しかし、時々、イレギュラーな状態になると、この手順が狂ってしまって、ファイルの扱いを間違えてしまう。

 同じ間違いを、2017年12月にやったことを思い出した。あの時は急性胆嚢炎を起こして急遽入院して1週間。近所の病院だったので一度病院を出て自宅に帰ってMacBookAirを取ってきて病室で仕事をしたのだが、その時も、相方の推敲済みファイルを受け取って決定稿ファイルに結合しないまま失念してしまった。

 それと似たような事をやってしまった。決定稿ファイルが来ているのに、その存在を失念してしまったので、ほぼ同じミスだ。

 相方は既に直し始めていて、「ファイルのバージョン違い」に気づいたらしい。「こっちで前のファイルを切り出して貼り付けるから、もういい」と言われて……。

 最後の最後で大きな失敗をしてしまった。

 もう、ぶっ倒れるほどのショック。ショックは相方の方が大きいだろうけど、同じような失敗を繰り返してしまった自分にショック。

 加齢とか脳の衰退とか劣化とかで片付けられない。作業が定型化していたらミスはほぼないのだが、ちょっとでもイレギュラーな事があると、途端に間違いを犯してしまう。

 今回は、最終章に限って、時間に終われて出来た部分を細かく切り出して送っていた。それがまずミスの要因。いやいや、朝、相方から届いた推敲済み決定稿ファイルを失念してしまったことがいけないのだ。

 自分が情けない。

 自宅蟄居の刑に処したいが……テニスに行く。

 テニスは、ボロボロ。メンタルなスポーツなんだなあ。試合になってサーブが全く入らない。こんなの最近ではなかったこと。

 風呂に入っても、腹が減らない。いや、減ってるけど食欲がない。でもなにか食べないとなあ。

 イトーヨーカドーのフードコートにある「はなまるうどん」で、きつねうどんの中とシャケのおにぎりを食べる。先日の四国旅行の時に食べた「さぬきや」の圧倒的に美味かったきつねうどんがまた食いたい!あの、感動で泣きたくなるほど美味かったのは、あのシチュエーションだからこその味だったんだろうとは思うけど……。都内の美味い「讃岐うどんの店」を探訪してみるか。

 

 帰宅したら、相方から決定稿ファイルが届いていて、電話で話す。謝って、何故間違いを犯したか自分なりの反省の弁を述べる。ファイルのバージョン違いは、絶対にやってはいけないことだから。

 なんとか許して貰って、安堵。

 「最終章」の決定稿を担当O氏に送るのは、慎重を期して明日の午前中にしよう。ゲラ拝も、明日。

 今夜は、テニスをやったこともあるし、クタクタ。

 

 「報道ステーション」を見る。衆議院予算委員会で、アベがまた自分の席から質問に立った野党議員にヤジを飛ばして紛糾。

 質問者にヤジを飛ばすバカ野郎な総理大臣は、この男以外に知らない。あのワンマン吉田茂だってそんな事しなかったはず。

 この男は本当に頭も口もユルい。こんなクソ野郎が憲政史上最長の首相になってしまうのか……これは憲政史上の大きな汚点だ。

 

 で……。

 早々に寝てしまえば良かったのだが、Macでファイルコピーをやったら、想定以上の時間がかかってしまって、えんえん終わらなくなってしまった。

 テレ朝の「家事ヤロウ!!! バカリズム×中丸×カズレーザーvsあの最強中華調味料!!」を見た。ウェイパーを使えばなんでも美味しくなると。まあそれはそうなんだけど、「ウェイパーを餅に塗って焼いてバターを載せる」のが最強に美味いらしい。番組でやって、試してみようかなと思ったのは、ウェイパーを使ったジャーマンポテトと焼き豚ご飯。

 これを見終わっても、終わらない。下手に中断すると明日、Macの調子が悪くなる可能性がある。

 NHK「土曜ドラマ 少年寅次郎」も見る。

 その途中で、やっとMacの作業が終わったので、1時21分、就寝。

 

今朝の体重:86.50キロ

本日の摂取カロリー:2563kcal

本日の消費カロリー:894kcal/6058歩+自転車+702kcal(テニス)

2019年11月 6日 (水曜日)

11月5日/脱稿直前で足踏み

 8時12分起床。

 爆睡したので、朝からシャッキリ。目もハッキリ見える。

 今日も快晴。白い富士山が見える。

 

 朝のモロモロを済ませて、アサメシは6枚切りのトースト、ゆで玉子、牛乳、コーヒー。

 

 チョコラBBを飲んで仕事開始。粛々と進める。なんとか今日中に脱稿したい。

 しかし、クライマックスだし、シリーズ最終話の最後の最後なので、それなりのモノにしたい。

 趣向を考える。映画的な盛り上げを考える。

 

 それとはまったく別に、新作のアイディアが浮かんだ。もうね、アイディアの源泉は「怒り」だ。

 これはイケる!しかし、シリーズには出来ず単発モノになるだろう。どこに持ち込むか?

 

 昼はスパゲティ・アラビアータを作って(既成のソースを温めただけ)粉チーズを山ほど振りかけて食う。

 それだけでは足りないので、ご飯を温め、韓国海苔とちりめんじゃこを投入して、野沢菜漬けやほうれん草の胡麻あえとともに食べる。

 

 仕事を続ける。

 体力は回復して、目もシャッキリしているが、気力が……。

 

 16時過ぎに休憩。「相棒」の再放送を見る。でんでんは「人が良さそうに見えるけど犯罪者」って役が多いから配役を見ただけで犯人フラッグが立つよなあ。しかしこのシリーズ、ネタ切れだ水谷豊の独裁だとあれこれ言われるけど、毎回趣向を凝らして面白い。マンネリに陥らないのが凄い。これだけ回数を重ねていることを考えると、驚異的だ。優秀な脚本家を多数抱えていて、没になるものも多いんだろうなあ……。

 

 仕事を再開するが、ラストを一気に書くにはアイディアが足りない。それを探っていて、朧気に見えてきたけど決定打が足りない。

 

 19時過ぎに夕食。自炊する元気はなく、外に食べに行く体力も無く、出前を取ったら、食後眠くなってアウトだろう。

 近所のコンビニに走って、ネギマの焼き鶏1本とハンバーグ弁当を買って帰宅。

 すぐ食べる。まあまあ。

 

 BSの、奥穂高岳に登るドキュメンタリーを見る。なんかもう、圧倒される。よくまあ、こんな山を登る気になるなあ。そして、よくまあ登ってしまうなあ。切り立った山は荘厳で人を寄せ付けず、凜と立っている。いやもう、おれなんかは畏怖するばかり。だから、見ていると何故か涙ぐんでしまう。海のドキュメンタリーを見ると顔が綻ぶのにねえ。やっぱり山は恐ろしい存在なのだ。

 厳しい表情の山と対照的なのが、谷間の湿原。川には野鳥が命を育み、緑深い夢のように美しい光景が広がる。ここを見るには、険しい道を越えてこなければならない……しかし、なんというコントラスト!

 そして、また岩だけの山。登るのはまあ、頑張って登るとして、どうやって降りるの?あんな切り立ったところ、登れても安全に降りられそうもないんですけど。なにより、カメラマンが一番大変なんじゃないか?

 

 コンビニで買ってきた「ヘパリーゼ」とレッドブルを飲んで仕事に戻るが、ラスト直前まで相方に送って、時間を稼ぐ。

 と、「第五章」の前半が戻ってきてしまった。相方の仕事のペースは速い!ヤバい!

 しかし……。

 もう少し時間が欲しい。幸い、デッドラインまではまだ少しある。

 ラストは10ページほどを予定しているが、ここは明日の午前中に書くことで許して貰おう。

 その旨を相方に連絡して、シャワーを浴びる。

 0時を過ぎているが、汗が引くまで「ブラタモリ」再放送を見る。草津温泉の謎に迫る。白根山で作られた温泉が、どうして草津に湧くのか。いやあ、これを見ると、また草津に行きたくなった。今度行ったら、外湯に入って温泉街をぶらぶらしたいねえ。

 

 早く寝て明日に備えようと思っていたのに、0時40分、就寝。

 寝ながら、ラストのイメージをああでもないこうでもないと頭の中で組み替えて編集し直してみる。そうすると、なんとかイメージがまとまってきた……。

 

今朝の体重:86.65キロ

本日の摂取カロリー:2281kcal

本日の消費カロリー:110kcal/489歩+自転車

2019年11月 5日 (火曜日)

11月4日/疲労困憊。風呂と「透明なゆりかご」に救われる

 7時53分。そろそろ起きようか、イヤもう少し寝てようかと思っていたところに、相方から電話。寝る前に送ったファイルが開けないと。

 飛び起きてiMacを起動して、ファイルを送り直す。

 原因はよく判らないが、ファイルを圧縮せずに送ったことがマズかったとしか思えない。いつもは圧縮して送るので。圧縮しないと書式とかが狂ってしまうので。

 今回は圧縮ファイルとメールにファイルの中味をそのまま貼り付ける「ベタ」の両方で送った。

 さいわい、これは問題なく開けたらしい。

 

 快晴。

 朝のモロモロを済まして、アサメシは6枚切りのトーストにゆで卵、牛乳、コーヒー。

 

 相方から疑問点のファイルが届き、電話も入る。今回は時間がないのでこっちで直すから擦り合わせをしっかりしておきたいと。

 

 電話のあと仕事を開始するが……急速に目がぼやける。そして、頭が働かなくなってきた。これはもう、疲れが溜まっているせいだ。朝起きてすぐは少し充電されたが、日記を書いたら放電してしまった。

 チョコラBBとレッドブルを飲んでみたが、まったく改善されず。

 ネットで調べたらチョコラBBはレッドブルやリポビタンDよりはいいけれど、ユンケルなどとの比較の対象ではないと。しまった。読み違えたか。

 

 昼を過ぎて、北千住西口の博多ラーメン「風龍」に行って博多ラーメン+替え玉+ご飯+海苔を食べるが、帰宅したら下痢ってしまった。全身も弱っている。

 

 その後、午後もぼんやり。気ばかり焦る。こういう時は割り切って一眠りした方がいいのかもしれないが……。

 Macの前に貼り付いていても、巧く書けない。なんかダンドリ的な事しか書けなくて、読み返しても全く面白くない。

 ヤバいね、どうも。

 

 夕食は、買っておいた伊藤ハムの「ビーフシチュー」。意外にしっかりした肉が入っていて、美味い。

 しかし、食べたあと、すぐにトイレへ。いや~これは衰弱してるなあ。

 これはもう、今日はダメか。しかし10ページでも進めなければ。

 ソファを見ると、毛布から片足出したくーたんが爆睡している。

Img_4685

 猫はいいねえ。いや、君の幸せを守るためにも、おれは頑張って仕事しなきゃいかんのだ。

 

 最後の手段として、風呂に入る。風呂で温まったら睡魔に襲われるか元気が出るかのどっちかだ。睡魔に襲われたら……寝てしまうしかない。すべてのサインがそう出ている。今日は休んで、明日頑張るしかない。

 

 で……風呂からあがると、スイッチが入った!いやもう、我ながらよく判らない。目がシャッキリすると頭も冴えて、1行書くのに数時間かかっていたのに、がんがん進む。読み返して足りない部分も判って、書き足す。

 

 23時までに、なんとか1ブロック終える。パワーが回復してまだ書けるが、この先はまだ考えが整理出来ていない。構成メモだけでは趣向が足りないので、本日はここまで。

 

 寝る前に、レンタルが届いたNHKの名作ドラマ「透明なゆりかご」第1回を観る。このドラマは途中から観て、この前やった再放送を逃がしてしまった。「第4回」まで観ていないのだ。

 「第1回」を観て、涙ボロボロ。ハッピーエンドになると思わせての、残酷な結末。ショック。悲しい。でも、なんか温かい不思議なドラマ。このドラマは本当に、宝石のような光を放つ、珠玉の名作だ。原作にない主人公を造形した脚本が素晴らしいし、震えるような演出も素晴らしいし、主演の清原果那をはじめとして、キャストが全員素晴らしい。本当にこれは、奇跡のようなドラマ。

 

 「第1回」だけ観て、泣いて、なんだか生き返ったような感じになって、0時12分、就寝。

 

今朝の体重:87キロ

本日の摂取カロリー:1943kcal

本日の消費カロリー:153kcal/1083歩+自転車

2019年11月 4日 (月曜日)

11月3日/火事場の馬鹿力、前夜祭?

 7時47分起床。

 今日も快晴。

 

 朝のモロモロを済ませて、アサメシ。ダブルソフトと6枚切りのトーストにゆで卵、牛乳、コーヒー。

 

 仕事開始。

 開き直って、最終章にエロを投入!もう、最後だから、ガンガンやろう!カッコつけたって意味がない。

 粛々と進める。

 

 シャワーを浴びて、昼過ぎに外出。図書館にリクエストしていた「つけ火の村」を借り出す。この本、買おうかと思っていたのだが、書評を読むと、「?」と思うところがあるので。読んでみて良かったら、買う。この本が扱う事件にはとても興味があるし。

 北千住駅前の富士そばで、盛りそばとミニかき揚げ丼を食べ、ローソンでショコラBBとレッドブルを買う。ショコラBBはネットで推薦されていたので、試しに。しかし今日は何も飲まないでも気合いが入っているので大丈夫だろう。

 

 帰宅して、仕事再開。

 「笑点」の時間までやる。

 そして……BSで「いだてん」。

 大松監督はキーパーソンだからカットできない。アップとかはなるべく外しているようだが、「鬼の特訓」場面はあるし、普通に見れば活躍しているので、どこをどう再編集したんだろうと思う。それだけ巧みな編集なんだろう。

 それにしても、出演者が何かやったからって、出演作をいちいち再編集って、無意味だと思うけどなあ。こういうことに文句をつけるようなヤツ、おれの周囲にはいないんだけどなあ。いたら絶交だけど。

 それにしても、今回も感動した。やっぱり、こういう「大事業」は、信念と情熱とビジョンを持った人物が中心になって引っ張っていかないとダメなんだなあ。

 田畑の元に集まる、キラ星のような才能!ビジュアルの面で凄い仕事をした亀倉雄策の存在感!扮しているのが前野健太だとは全く判らなかった(って、前野健太を浜野謙太……三波春夫を演じるが……と勘違いしてたんだけど……)。それにしても、本当に、当時の日本の最高の才能が掻き集められて結集した感じ。それにも感動する。そして、その才能を見出し、ピックアップしてまとめた田畑政治の人間力にも!

 悪役で川島正次郎が出てくるが、こういう人物がいないとドラマが際立たないし。

 もう、「いだてん」は毎回、感動しながら、泣きながら見ている。これほど素晴らしいドラマなのに、視聴率が低いのが、本当に解せない。

 

 仕事に戻る。が、20時からの地上波も観る。昨日買ってきた海老グラタンと6枚切り食パンが夕食。

 やっぱり感動。丹下健三の登場なんか、カッコいい!

 しかし黒澤は記録映画を作るのに20億なんて、どうして言ったんだろう?特別なカメラやレンズを作るつもりだったとか?70ミリで撮るつもりだったとか?まあ調べれば判るんだろうけど、あんまり調べる気がしない。黒澤が組織委員会と決裂した尻拭いを我が師匠が見事にやってのけたんだからね。

 

 BS1スペシャル「穂高を愛した男 宮田八郎 命の映像記録」も、観てしまった。

 おれは、ずーっと山には興味も関心も無くて、海を愛してきた。しかし……近年、山の凄さを感じ始めている。荘厳で厳しくて峻烈で、容易に人を寄せ付けない、山。だから、そんな山に登れるのは、山を愛し、山に許された人だけなんだろうと思う。おれにはそんな資格はないと思っている。

 だから、この番組は素晴らしかった。22時50分まで、すべて観てしまった。穂高を愛し、素晴らしい映像を残し、多くの命を救ってきた宮田さんが、海で命を落としてしまう。

 残された映像は、至宝という言葉では言い尽くせない自然の荘厳さを伝え、残された文章は、山への、人々への愛を伝える。

 ただただ……感動。

 

 ゴミ出しするのに外に出たが、雨。

 

 部屋に戻るとグッタリしてしまい、もう今夜はここで……とちょっと思ってしまったが、ここで頑張らないとイカンと気合いを入れ直して、仕事再開。

 結構詳細なメモを書いてあったので、それが幸いして、本日のノルマをなんとか達成。最終章の半分は書いた。

 出来たところまでを相方に送る。

 

 1時49分、就寝。

 

今朝の体重:87.30キロ

本日の摂取カロリー:2415kcal

本日の消費カロリー:299kcal/1355歩+自転車

2019年11月 3日 (日曜日)

11月2日/貴重な1日なのにスイッチ入らず

 7時58分起床。

 今日も快晴。

 

 朝のモロモロを済ませるが、日記が長くなってしまった。

 天気がいいので布団を干したりベッドパッドを交換して洗って干したりしていると、アサメシがブランチになる。

 ご飯に目玉焼き、ちりめんじゃこと韓国海苔、野沢菜漬けにほうれん草の胡麻あえ。

 

 仕事を開始するが、どうもスイッチが入らない。最終章、なんか迷いがある。何を迷ってるのか自分でも判らない。

 

 昨日のニュースで、千葉県は河川管理が出来ていなかった、水位計が未設置・故障を放置、と。今まで、これほどの大災害がなかったから、千葉県は台風を舐めていたのは明らか。15号の時の対応を見れば、知事をはじめとして「たいしたことは起きない」と思っていたのは明白。その後の対応もひどかったし。で、対策が19号までに出来るわけもなく……。

 これは台風が毎年やって来て甚大な被害をもたらす地域以外の自治体も似たようなものなんだろうなあ。日本の自然は凶暴になったと思って対策する必要があるんだなあ。トランプの顔色ばかり見ている時じゃないぞ。

 

 「いだてん」、徳井をカットするのに放送時間が1分短くなってしまうらしい。一人のアホのために、この優れたドラマがズタズタになる(スタッフの努力で「ズタズタ感」はないだろうが)のが本当に悔しい。いつか、ノーカット完全版が観られる日が来ることを期待したい!

 

 時間ばかりが経ってしまうし、睡魔も襲ってくる。疲れが溜まっているのか。この〆切をクリアしても、次の〆切がすぐに来るから、焦りは続くなあ……もっと早く書けるようになりたいのだが。

 

 録画した「タモリ倶楽部」を観る。空耳アワード前篇。ゲストは天海祐希と尾上左近、ハマ・オカモト。ハマ・オカモトは以前は無口なベーシストだったけど、最近はギャグを飛ばすようになったがこれは要求されてのことなのか、血は争えないと言うことなのか?

 

 「孤独のグルメ」も観る。群馬・藤岡での一人焼肉。美味そうだけど、なんか間が持たない感じがしたぞ。もう少し小芝居を入れたらどうなんだろう?焼肉の場合、思いがけないメニューがあったりしないと、ただひたすらに肉を焼いて食うだけになるからなあ。食堂で意外なメニューと食い合わせを発見してチャレンジして「大正解。おれは食べ物界でノーベル賞を貰った」みたいなことにならないと……。

 って事を思ってしまうのは、さすがに「おっさんがひたすら食べる」だけに飽きてきた?

 

 観ている途中で相方から電話。今夜は渡すモノもあるのでメシを食う約束をしていた。

 千住大橋の「はま寿司」。土曜の夜は混むから、買い物をする相方とは別に店に行って順番を取らねば。

 今日は、メンバー登録者の特権である「WEB予約」をしてみる。お店の近くからやってみて「220番」を取ったが……凄い順番待ち。これは家を出る時にWEB予約をすべきだった。順番が来て不在でも30分は有効なんだから、今後はそうしよう。

 相方も来て、結局、1時間待って入店。何かのミスが発生しないか、順番を表示するモニターを睨んでいたが、ミスは発生せず。

 「孤独のグルメ」を観ていたせいか、今日は肉が食いたいので、邪道寿司ばかり食う。牡蠣フライの軍艦、トリカラの軍艦、牛カルビ握り。それに鶏塩ラーメン。ここはラーメンもそばもうどんも、出汁がすごく美味い。マグロの大トロ、イカ大葉、ネギトロなども食い、松茸の茶碗蒸しに感動。アオサの味噌汁も。

 これからの仕事のダンドリを打ち合わせて、解散。

 

 1階の「ライフ」で、米や明日の食べ物を買う。

 千住大橋駅前にどーんと残っている空き地は、ナニを建てるつもりなんだろう?いまだに空き地と言うことは、満を持して建てるものなんだろう。って事は、マンションではなく、何かの商業施設か。しかし隣の「ポンテポルタ」も2階3階のメイン売り場がヤマダ電機が撤退して、ずーっと空いていた。3階にはノジマが入り2階にやっとキッズパークみたいなのが入って、これがヒットしたようなので、そろそろ……か?

 日帰り温泉とか出来たらいいなあ。上の階にはシネコンが出来たらもっと良い。しかしそうなったら、おれは千住界隈から一歩も出ない事になってしまいそう。

 

 帰宅して、「アド街ック天国の後半を見る。松本。この街は素晴らしい。水が豊かな街は、いろんな意味で素晴らしい。また行きたい。

 そのあと「孤独のグルメ」の残りを観て、「新情報7デイズ」を観る。ボート競技の会場問題でIOCは小池知事に不信感があったので、マラソンの問題で事前に話し合いの場を持たなかったのだ、と猪瀬や舛添がなんだか得意げに言っていたし、おれが都知事ならもっと巧くやれたと言ったけど。「東京は温暖でと嘘を書いたのはアナタですよね」と取材者に突っ込まれた猪瀬は「東京は温帯だし、涼しい日もあるんだからウソは書いていない」んだと。

 猪瀬は、小池を批判する資格はない。最大の元凶はお前だ、猪瀬。まあ、そもそも、8月開催が条件のオリンピックに立候補して招致活動をしたこと自体がクソだったのに。おれはハナから反対だった。ま、おれが反対だったと言っても、虚しいけど。

 

 モーレツに眠くなり、風呂も省略して、早々に寝ることに。

 23時54分、就寝。

 

 寝ている間も、いろいろ考えて、昨日今日の低迷を吹っきるアイディアが浮かんだ。「突き抜けろ!」だ。もう、妙な配慮は無用。思い切って、書くだけだ。

 そう吹っ切れたので、爆睡。

 

今朝の体重:86.70キロ

本日の摂取カロリー:1970kcal

本日の消費カロリー:497kcal/2254歩+自転車

2019年11月 2日 (土曜日)

11月1日/仕事しつつファイル待ち

 7時43分起床。

 大快晴!素晴らしい天気。久々に、抜けるような青空に雲一つ無い。

 こんな日は、どこかに行きたいねえ。

 

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはイングリッシュマフィンの片方に最後のバター1カケを乗せてトースト。それとゆで卵と牛乳。イングリッシュマフィンのもう片方にはメイプル・シロップ。

 

 仕事開始。

 今日はあわよくば、飯田橋ギンレイホールに「希望の灯り」最終日の上映に……と思ったけど、やっぱり行かない。

 本日は事実上の「第1の絶対〆切」で、第4章までの推敲済み決定稿を入れなければならない。そういう約束で最終章の〆切をなんとか一週間延ばして貰った。で、今、相方が必死で決定稿を出すべく書き足し修正推敲をしているのだから、おれが映画を見に行くなんて事は出来ない。もちろん、最終章が終わっていないのだから、仕事もしなければならないのだし。

 しかしこの映画はどうしても観たいので、DMMでレンタルする。「まとめ借り」ですでに「透明なゆりかご」全巻と「祖谷物語」を申し込んであるのだが、「透明なゆりかご」が揃わないのだろう、全然届かないけど……。ま、急がないから。

 

 相方からファイルを受け取れる時間が気になるが、急かしたくない。しかし、おれ以上にファイルの到着を待っている祥伝社担当O氏のことを考えると、だいたいの時間は伝えたい。とは言えやっぱり相方を急かしたくない。元はと言えば、おれが「第4章」をあげるのが遅くなってしまったんだし。

 夕方メドでお願いね、と伝える。

 

 最終章を進めるが、どうもイメージが見えてこない。仕方がないので、展開メモに思いついたところだけを「虫食い」の反対で、ところどころ肉付けしていく。

 

 昼過ぎに外出。

 外の空気は爽やかで暑くも寒くもなく、なんとも素晴らしい。ハイキングとかするのに絶好の日より。

 お稲荷さんにお参りして、マクドナルドでビッグマックセットを食べようと思ったら、アプリのクーポンは14時からしか使えないので止める。いやあ、以前ならそんな事気にしないで食ったんだよねえ。節約意識が浸透してきたな。

 スーパーで買い物をして「かつ重弁当」を買って、帰宅。

 

 弁当を食う。出来立てらしく、ほのかに温かで、美味い。

 

 最終章は進まないし、いろいろ詰まった感じ。

 

 大学入試の「英語民間試験」導入は急遽中止に。推進派は「文科省の面子が潰れた」とかくだらない事を言う。特に柴山前文科大臣は、この試験導入に反対する人々を乱暴に蹴散らしていたが、そこまで推進する理由が判らないクソ政治家。こういう連中は、受験生のことを考えているのか?

 民間試験が始まるのを前提に準備してきた高校生や学校や教師が突然、ハシゴを外されて怒るのは当然だけど……。

 しかし、7つある試験の傾向は違うし試験会場が偏在しているという根本的問題が解決されていないのは大問題だ。広い北海道で受験会場は札幌だけだとか、試験によっては四国に会場がないとか、試験によって傾向も使うだろうし、入試に使う試験にしては機会の公平さが確保されていない最低最悪なものだ。

 それを今ごろ言うな、という声もあるけど、受験生の親なら、もっと敏感だったろうけどねえ。報道自体あんまり目立たなかったし、森羅万象世の中すべてのことに敏感でいち早く声を上げろと一般人に言うのは無茶。諸問題に目を光らせる役割があるマスコミが、もっとしっかりしてくれないと困るんだよ。

 まあ、ハギュウダの「身の丈」発言がなかったら、システムが不備なマンマ、その矛盾を受験生と親に押しつけて、スタートしちゃったんだろうから、その意味ではハギュウダはイイコトをしたのかもしれない。あくまで逆説ですけどね。

 

 東京オリンピックのマラソンと競歩の札幌移転問題。自分でも不思議なんだけど、今回の「頭ごなしマラソン札幌移転」までは、東京オリンピックなんか止めちまえ、死人がでるぞ、8月にやるなんて言語道断常識はずれだ!と思っていたのに……IOCのあの態度を見ると、モーレツに腹が立って、「東京ガンバレ!」と思ってしまう……。これって、ただの天の邪鬼?判官贔屓?感情論?ま、孤軍奮闘しているように見えた小池都知事を応援したくなった感情論なんだけど。

 しかし、小池サンも言ったけど、真夏のオリンピック開催は今後も大問題だ。パリだって40度になるときもあるんだし。

 すべての元凶は、8月にオリンピック中継を放送したいアメリカの三大ネットワークなのだ。NBCやCBSやABCが巨額の放送権をIOCに払うから、IOCも三大ネットワークの言うことを聞かなければならないという構造になってしまったのは、商業的に大成功を収めたロス・オリンピック以降らしい。

 こんな事が続けば、みんなオリンピックなんかに関心を持たなくなるぞ。

 IOCはアメリカ三大ネットワークと手を切れ!

 それとも、ナルヴィクとか北極圏にパーマネントな施設を建設して会場を固定すれば?北欧はノーベル賞と並ぶオリンピックという平和事業をやるっていうのはどう?

 

 何か忘れてる、と思ったら、昨日からNetflixで放送が始まった「深夜食堂」最新シリーズのことだった!昨日の開始に合わせてNetflixに再加入(前回の「深夜食堂」放送の時に加入して、全部観たら止めたのだ)しようと思っていて、忘れていた。

 くそ~見逃した!と思って、Netflixの番組表を調べても出てこない。なんで?と思ったら……Netflixってオンデマンド放送だから、観たいときに観たい回を見られるので、番組表なんかないのね。

 〆切をクリアしたら、「深夜食堂」に浸ろう。

 しかしこのシリーズ、タイトルの「思ひで」(アイルランド民謡~鈴木常吉)を聞くだけでもう、ダメ。胸が掻き毟られて号泣してしまう。

 以前も書いたけど……この曲は、「呪い」だ。原曲は違うけど、鈴木常吉がつけた歌詞とその歌い方は、「この世への呪い」だ。

 冬の夜、窓外は雪。そんな中で誰にも看取られず一人死んでいく男。その男が、幸せだった一瞬を走馬灯のように思い出す。

 恋人と近くの河原か公園か、そこに行って息を吐いたら白くて、それが空に吸い込まれていく。そんな小さな事が幸せに思えた、あの時。そして、それが人生で一番幸せな思い出。どこかに旅行に行って絶景を見たのでもない、美味いモノを食ったのでもない、ただ、恋人と息を吐いて吸い込まれていくのを見た、幸せな時。そしておれは死んでいく。

 ま、鈴木常吉本人に聞いたら「いやあ、それは勝手な解釈ですよ。そんな重い歌じゃないし」と言われてしまうかもしれないけど、あのブレスの都合の、息も絶え絶えな歌い方を聞くと……死にそうな男が垣間見た走馬灯を歌ったとしか思えないのよねえ。

 貧しくて幸薄かった男の。いやこれは呪いとか恨みではなく、純粋に、「一番幸せに思えた一瞬」を歌ったのかも。でも、そう思っても、この歌を聴くと感じる強烈な悲しみは薄まらない。

 そして、本編。小林薫の「マスター」は、これはもう、この世の者ではないですな。言ってしまえば、天使。

 天使というと森永のマークを思い出すけど、この場合はフランク・キャプラの名作「素晴らしき哉、人生!」に登場する天使クラレンス。このクラレンスは落ちこぼれのダメな天使で、姿はおっさん。そのクラレンスとマスターがWるんだよねえ。ほんのちょっとだけ善行をするおっさん天使。

 そして、10年前のスタート時は、「こういう傷をなめ合う世界は居心地がいい分、ヤバいな」と思いつつ観ていたのだけど……なんか、この10年で、というか、ここ半年で、一気にこの世界の住人の仲間入りをしたくなってきたんだよねえ。そして、鈴木常吉の歌の世界にもハマってしまいそうで……。

 「深夜食堂」はそういう魔力を持っているから、余計に妖しい魅力を持っている。

 こんな風に感じるのは、たぶん、おれだけかもしれないけど。

 

 テレビをつけると、「ゲゲゲの女房」再放送をやっていた。この前観た時は、貸本業界が崩壊して、描いても描いてもまったくカネにならない状態だった。それがもう、我が身に染みてねえ。書いても売れないエンタ文庫はかつての貸本漫画と同じか……。

 今回は、漫画週刊誌の時代になって、仕事の依頼が来て、新企画「テレビくん」を思いついて、ようやく光が差して生活がラクになるかも、というところだった。イヤあこの朝ドラ、こんなに貧乏時代が長かったのか!

 

 17時になった。相方に残りの分量を聞いて「あと2時間くらい?」と聞くと、「2時間では終わらない」と言うことなので、O氏に「夜になります」と連絡。待つ側としては、メドが判るのと判らないのでは、気持ちも違うし、いろいろ手配の問題もあるだろうし。

 

 ご飯を炊くが、お米が終わってしまった!うわあ。

 残っていた2合を焚き、買ってきた「マグロ切り落とし」で漁師風マグロ丼を作って食う。アツアツのご飯にワサビ醤油を絡めたマグロを混ぜると、醤油が香ばしくて、美味いのよ!それに海苔をまぶすともっと美味い。

 

 19時を過ぎて、思っていたより早く、相方からファイルが届いた!

 取り急ぎ、最終確認。修正箇所を修正し、内部メモを削除して注意喚起マークも削除して、19時45分、O氏に送る。

 とりあえず、「第一次〆切」はクリア。

 安堵。

 相方には、書きかけの最終章のファイルを送る。

 

 食事に出ていたのか、他の仕事をしていたのか、O氏からは21時5分に「確認しました!これから入稿します」というメールが届く。

 今日は殆どファイルを待つ状態だったのに、なんだか凄くクタクタになった。一番疲れているのは相方だろうに。

 メンタルが弱いおれ。

 

 ニュース番組をだらだら見て、気合いを入れて起きて、古新聞を資源ゴミに出し、風呂に入り、0時13分、就寝。

 

今朝の体重:87.10キロ

本日の摂取カロリー:2021kcal

本日の消費カロリー:167kcal/1999歩+自転車

2019年11月 1日 (金曜日)

10月31日/最終章に突入!

 7時6分起床。

 久々の快晴。

 

 洗濯機のスイッチを入れ、朝のモロモロを並行して済ませる。

 首里城が、燃えてしまった。こんなに完全に焼けてしまうだなんて……防火設備は全く機能しなかったのか?

 ネットではもう「放火犯捜し」が始まっているが、捜査当局でもない者がこういう事に軽々に発言すべきではない。デマを拡散するだけだ。木造建築とはいえ、こんなに燃えてしまうことがショック。再建するとき、原型を重んじて木造にしなければならないのだろうか?と、素人は考えてしまう。

 

 洗濯物を干してから、アサメシ。いつものようにダブルソフトのトーストにゆで卵、牛乳、コーヒー。昨日、バター風味のマーガリンを買い忘れた!冷蔵庫に残っていたバターを温めて使う。バターは美味しいけど、硬い。

 朝食の支度をしているとクロネコさんが。「文藝別冊」のゲラを届けてくれた。

 

 朝食を終えて、仕事開始。「第5章」は最終章。もう、一気呵成に書くしかない。

 飯田橋ギンレイホールで上映中のドイツ映画「希望の灯り」は明日まで。観に行きたいが……今日は夕方にカイロの予約を入れてあるので時間が合わないし、明日になったら映画なんか観に行ってる場合ではないという気持ちになるだろうし……すでにディスクは発売されていてレンタルもされているのだが……この映画は映画館の空間で観たいんだよなあ……。

 

 昼は、ご飯に目玉焼きをトッピングして混ぜ混ぜ。それにちりめんじゃこをプラス。さつま揚げと野沢菜の漬け物とインスタントのしじみ汁で。

 

 仕事再開するが、思うように進まない。

 気分を変えて、「文藝別冊」のゲラをやってしまう。〆切はまだ先だけど、延ばす意味がないのだ。400字8枚分だからすぐに終わる。スキャンしてPDFにしてメールしようかと思ったが、アカを書き入れたゲラを返送することにする。

 

 15時30分を過ぎたので、外出。クロネコさんの営業所に寄ってゲラを発送。その足でカイロへ。

 水曜にコケて右足がちょっと痛い。くじった左足首はなんともない。

 施術後、北千住東口商店街に行って、くーたんのサプリとキャットフードを買い、その近くのスーパーでお総菜を買って、帰宅。

 

 夕食にはまだ早いので、仕事再開。

 今日10ページ以上進んで明日も昼間に10ページ書けたら、明日の映画、最終回に滑り込もう。

 

 18時過ぎに、腹が減ったので夕食。買ってきた酢豚とニンニク野菜炒めを温め、ご飯と。春雨とかの中華サラダを食べたかったが、売ってなかったのが残念。

 食後、「プレバト」を観る。志らくの句は全然判らなかった。が……途中で寝てしまった。

 その後も眠くてボンヤリして、なんだか絶望的な気分。分量的にも4ページしか書けていないし……。

 

 「ドクターX」を観る。失言大臣の失言は目に原因があった!と勝手に手術をしてしまうが、勝手に手術をやってしまうなら舌のガンを切除するかどうかで揉める必要、なかったんじゃないの?とか突っ込みたくなったが、まあ、このドラマは安定して面白い。失言大臣の失言は脳腫瘍のせいだった、という展開かと思ったけど。結局、失言は生来の迂闊な性格が原因だったというオチがついたが。

 

 「報道ステーション」を観る。法務大臣、辞任。選挙違反をしたとされる奥さんの参議院議員、妙に色っぽいですな。このヒト、岸田派の現職と争って勝った分、党内では味方が少ないのね。

 

 ゴミ出しをして、風呂に入る。お湯に浸かって問題点をつらつら考えるに、大事な事を完全に落としていた。何をやってるんだ、おれは。

 

 風呂からあがって原稿を読み直し、軌道修正。だだだと書き直す。

 午前2時までやって、分量は8ページだが、その先の展開を考えて、構成メモを整理。視点をきちんと考えて場面を割る。

 最後まで見通せて、場面がイメージとして見えてきた。

 

 問題になっていた「大学入試の英語の民間試験」は来年度導入は延期になるらしい。専門家は「大臣の『身の丈発言』がなければ注目もされなかった」と言うけど、さほど話題になっていなかったし、受験生の子供がいないと関心も無いもんなあ。森羅万象、すべての事に関心を持って問題点を指摘できるのは、神様だ。

 あ、今日はハロウィーンだったのね。まるで興味はないけど。ああそういや、買いものから帰宅するときに、「黒いウサギ」の仮装をした小学生くらいの女の子を見た。凄く可愛かったから、本来の「子供が仮装してトリック オア トリート!とやる」のはいいんじゃないの?オトナが渋谷に集まって大騒ぎするのは筋が違う。

 

 2時15分、就寝。

 

今朝の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:1520kcal

本日の消費カロリー:298kcal/2414歩+自転車

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

安達瑶の本

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト