« 11月5日/脱稿直前で足踏み | トップページ | 11月7日/完全脱稿して、ゲラ少し »

2019年11月 7日 (木曜日)

11月6日/脱稿!しかし、最後の最後で大きなミス

 7時24分起床。

 今日も快晴。

 

 朝のモロモロを済ませて、6枚切りのトースト、ゆで玉子、牛乳、コーヒーのアサメシを済ませて、最終章の最後の部分に取りかかる。

 相方からは、昨日送ったところまでの推敲済みファイルが届いているが、今は最後まで書いてしまうのが最優先。

 いつもなら相方からのファイルを「決定稿ファイル」に結合するのだが、それを後回しにして、とにかく最後まで書く。

 

 書いていると、クロネコさんが来て、「第2章」までのゲラが届いた。今後、「第3章」「第4章」と続々とゲラが届くらしい。

 しかし今は、最後まで書き上げるのが最優先。

 

 なんとかお昼過ぎに最後まで書き終わって「終」の文字を入れるが……どうもシリーズ最後を飾るエンディングとして力不足。もっと巧く際立った演出が出来るはず。う~ん。しかし、今は、これが限界。

 相方に送って、外出。

 

 ガストの「499円メニュー」が気になっている。ATMで記帳と500円玉貯金を済ませた後、ガストへ。499円でハンバーグ・ソーセージ・チキンソテーの「ミックスグリル」か、ヒレカツ・アジフライ・エビフライの「ミックスフライ」が食べられる。

 熟慮のすえに、ここんとこずっとハンバーグが食べたかったので「ミックスグリル」にする。

 美味しく食べたが、会計の時に「この499円は単品の価格なのでライスにランチスープをつけるとランチセットより高くなってしまうかも」と言われて、担当の方が親切に電卓で計算してくれた。その結果、「499円」を適用したほうが若干安くなると判明。それでも800円超。な~んだ。特別安くもならないじゃん。

 これが「ガストの罠」なんだな。そういや以前も似たような罠に引っ掛かった覚えがある。

 食事中に相方から電話が入ったが、帰宅後に折り返すことに。原稿の内容の件だろう。

 

 帰路、郵便局に寄って「レターパック」を買おうとしたら、窓口にえらい剣幕の若い女が居て、現金封筒を局員に見せて「これ、現金を送る封筒ですよね!」と居丈高に怒った口調で殆ど食ってかかっている。この女が退かないとおれの順番が来ないので見ていると、どうもなんか現金封筒の使い方でトラブったようで「現金を入れて貰わないと……」「判ってます!今入れる!」と財布を出してお金を渡している。

 この女、現金封筒の使い方を知らないのか?その上なんか書類を現金封筒に詰め込もうとしてるし。

 毎日の生活で不満が爆発して、それを局員に放射している感じ。完全な想像だけど、なにかの料金か通販で買った品代を払うのが遅れに遅れて(カネがないのかズボラだったのか)トラブルになって、やっとお金を送れることになって郵便局に来たら現金封筒の使い方でアレコレ言われてカッチーンときた、みたいな展開を想像した。まあそんなに外れていないと思う。隣の窓口が開いて、おれは「レターパック」が買えたけど、その際に見たら、その女はまあマトモな顔つきだったけど、なんだか怒りというか憤懣が溜まって切羽詰まった感じでもあった。

 まあ、いろんな事情があるんだろう。このご時世、みんな、いろいろと切羽詰まってるいるのだ。

 

 帰宅して、相方に電話。

 最終章最後の部分について、こう直した方がいいのではないか、と。

 その指摘はもっともなので、それに沿って早急に直しに取りかかる。

 1場面をまるまる移動しなければならなくなり、挿入箇所は昨日書いた部分だったので……おれが書いた「0稿ファイル」でカット&ペーストをして、最後の部分も大幅に書き直して、16時前になんとか完了。

 この書き直しで、ラストの部分の演出をやり直して、良くなったと思う。劇的要素が増したし、邪魔なものをカットして主人公にフォーカスできた。

 やれやれ……と思って、このファイルを相方に送り、休憩。睡魔に襲われたが、今日はテニスに行く……。

 と、相方から電話。「私が送ったファイルと違う」と。

 ナニを言ってるのか、判らなかった。しかし……「朝送ったファイル、届いてない?届いたと確認して貰ったんだけど」と聞いて、やっと思い出した。

 朝、相方から受け取った推敲済み決定稿ファイルの存在を完全に失念していたのだ!遡って直す際に、ごく自然に自分のファイルを使ってしまい、推敲済みの相方のファイルを使わなかったのだ。

 合作をしている場合、直しが出て同じファイルの違うバージョンが行き交う。多い場合は4つくらい違うバージョンのファイルが出来る。間違わないように日付を入れてやりとりして、決定稿は「決定稿ファイル」に結合してフィックスする。

 しかし、時々、イレギュラーな状態になると、この手順が狂ってしまって、ファイルの扱いを間違えてしまう。

 同じ間違いを、2017年12月にやったことを思い出した。あの時は急性胆嚢炎を起こして急遽入院して1週間。近所の病院だったので一度病院を出て自宅に帰ってMacBookAirを取ってきて病室で仕事をしたのだが、その時も、相方の推敲済みファイルを受け取って決定稿ファイルに結合しないまま失念してしまった。

 それと似たような事をやってしまった。決定稿ファイルが来ているのに、その存在を失念してしまったので、ほぼ同じミスだ。

 相方は既に直し始めていて、「ファイルのバージョン違い」に気づいたらしい。「こっちで前のファイルを切り出して貼り付けるから、もういい」と言われて……。

 最後の最後で大きな失敗をしてしまった。

 もう、ぶっ倒れるほどのショック。ショックは相方の方が大きいだろうけど、同じような失敗を繰り返してしまった自分にショック。

 加齢とか脳の衰退とか劣化とかで片付けられない。作業が定型化していたらミスはほぼないのだが、ちょっとでもイレギュラーな事があると、途端に間違いを犯してしまう。

 今回は、最終章に限って、時間に終われて出来た部分を細かく切り出して送っていた。それがまずミスの要因。いやいや、朝、相方から届いた推敲済み決定稿ファイルを失念してしまったことがいけないのだ。

 自分が情けない。

 自宅蟄居の刑に処したいが……テニスに行く。

 テニスは、ボロボロ。メンタルなスポーツなんだなあ。試合になってサーブが全く入らない。こんなの最近ではなかったこと。

 風呂に入っても、腹が減らない。いや、減ってるけど食欲がない。でもなにか食べないとなあ。

 イトーヨーカドーのフードコートにある「はなまるうどん」で、きつねうどんの中とシャケのおにぎりを食べる。先日の四国旅行の時に食べた「さぬきや」の圧倒的に美味かったきつねうどんがまた食いたい!あの、感動で泣きたくなるほど美味かったのは、あのシチュエーションだからこその味だったんだろうとは思うけど……。都内の美味い「讃岐うどんの店」を探訪してみるか。

 

 帰宅したら、相方から決定稿ファイルが届いていて、電話で話す。謝って、何故間違いを犯したか自分なりの反省の弁を述べる。ファイルのバージョン違いは、絶対にやってはいけないことだから。

 なんとか許して貰って、安堵。

 「最終章」の決定稿を担当O氏に送るのは、慎重を期して明日の午前中にしよう。ゲラ拝も、明日。

 今夜は、テニスをやったこともあるし、クタクタ。

 

 「報道ステーション」を見る。衆議院予算委員会で、アベがまた自分の席から質問に立った野党議員にヤジを飛ばして紛糾。

 質問者にヤジを飛ばすバカ野郎な総理大臣は、この男以外に知らない。あのワンマン吉田茂だってそんな事しなかったはず。

 この男は本当に頭も口もユルい。こんなクソ野郎が憲政史上最長の首相になってしまうのか……これは憲政史上の大きな汚点だ。

 

 で……。

 早々に寝てしまえば良かったのだが、Macでファイルコピーをやったら、想定以上の時間がかかってしまって、えんえん終わらなくなってしまった。

 テレ朝の「家事ヤロウ!!! バカリズム×中丸×カズレーザーvsあの最強中華調味料!!」を見た。ウェイパーを使えばなんでも美味しくなると。まあそれはそうなんだけど、「ウェイパーを餅に塗って焼いてバターを載せる」のが最強に美味いらしい。番組でやって、試してみようかなと思ったのは、ウェイパーを使ったジャーマンポテトと焼き豚ご飯。

 これを見終わっても、終わらない。下手に中断すると明日、Macの調子が悪くなる可能性がある。

 NHK「土曜ドラマ 少年寅次郎」も見る。

 その途中で、やっとMacの作業が終わったので、1時21分、就寝。

 

今朝の体重:86.50キロ

本日の摂取カロリー:2563kcal

本日の消費カロリー:894kcal/6058歩+自転車+702kcal(テニス)

« 11月5日/脱稿直前で足踏み | トップページ | 11月7日/完全脱稿して、ゲラ少し »

コメント

風様:
コメントのお返事遅れてすみません。
東京暮らしの方が長くなると、「はなまるうどん」の塩気の効いたダシの方が美味しく感じて、「丸亀製麺」は甘く感じてしまいました。
先日の「さぬきや」の味は、「きつね」はうっとりするような甘さでしたが、うどんつゆはそうでもなく、ダシが効いていました。この味なんだよなあ!と思いました。この味は、はなまるでも丸亀でもなかった……。
東京で美味い「讃岐うどん」を探訪しようかと思いますが、勘違い馬鹿が店を出すと、妙に高い値付けをしてしまい、それをバカな客が支持する(高い店だと箔が付く)という妙な構造になっていないことを願うのみですが……。
うどんなんて、安い食い物であるべきで。

安達さーん、私も昨日、「はなまるうどん」に行って、掛け小+かき揚げを食べました。奇偶です(こればっか)。
6年間のさぬき体験から評価すると、丸亀うどんは10点満点で7、はなまるは4〜5っていったところでしょうか。でも、5というのは不味いというのではありません。それなりのさぬきうどんだ、と認めた上での5です。香川県内でもっと不味いさぬきうどんもあります。
安達さんが気に入った「さぬきや」のきつねうどんは、たぶん週2回の割で食べても毎回感動するはずです。自分の舌に合うさぬきうどんというのは格別でありまして、高校3年時の私は、超頻繁に「かな泉」という高級有名店が本店とは別に出している「セルフ店」に通い詰めてました。さすがに涙は出ませんが、入店する前から口の中でよだれが出てましたよ(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11月5日/脱稿直前で足踏み | トップページ | 11月7日/完全脱稿して、ゲラ少し »

安達瑶の本

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト