« 12月11日/仕事して、テニス | トップページ | 12月12日/新刊発売日だけど仕事に専念。しかし終わらず »

2019年12月12日 (木曜日)

最新刊「悪漢刑事 最後の銃弾」本日発売!

「悪漢刑事 最後の銃弾」
(祥伝社文庫 690円+税)

 

201912050001


警察官僚入江の娘が誘拐された。
鳴海署の佐脇は歴代の部下を呼集し、極秘捜査に当たる。
同じ頃、管内で猥褻行為に及んだ男が”上級国民”と判明。署は逮捕せず、男を監視下に置いた。
「鳴海署を、ぶっ壊す!」警察の腐敗を弾劾する声が上がり、民衆が鳴海署を取り囲む。そして入江の秘書が不審死を遂げ……。
警察庁幹部まで上り詰めた入江と万年巡査長佐脇、因縁の結末は!?(裏表紙の惹句より)

「悪漢刑事」シリーズもこの作品で第19作、そしてついにこの長寿シリーズも幕を引くことと相成りました。
シリーズ最終作は、因縁の関係だった悪漢刑事・佐脇と警察庁ナンバー3の入江が全面対決します。折しも「反社」の存在と、『「反社の定義が出来ない」というムチャクチャな閣議決定が」出る昨今ですが、ヤクザを叩き潰すだけでは法律で規制しきれない「反社」が跋扈するだけだと主張する現場の叩き上げ刑事・佐脇と、とにかく暴力団は壊滅させて自らの手柄にして出世したい警察庁のエリート官僚・入江の相容れない考え方が激突し、入江の娘の誘拐と絡んで、火を吹きます。
長寿シリーズの最後を飾るお色気とアクション満載の痛快社会派エンターテインメント巨編になったと自負しております。
是非、手に取ってお読みください!
ちなみに、今回の書店様用POP(単独と全19作集合)は以下のものです。

1_20191212094701
119c_20191212094601

« 12月11日/仕事して、テニス | トップページ | 12月12日/新刊発売日だけど仕事に専念。しかし終わらず »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 12月11日/仕事して、テニス | トップページ | 12月12日/新刊発売日だけど仕事に専念。しかし終わらず »

安達瑶の本

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト