« 「家族を想うとき」の感想 | トップページ | 1月15日/仕事&テニス »

2020年1月15日 (水曜日)

1月14日/仕事&歯科医

 8時7分起床。

 晴れ。

 

 朝のモロモロを済ませる。アサメシは6枚切りのトースト2枚、コーンフレーク、ゆで卵、コーヒー。

 朝食を挟んで、昨夜見た「家族を想うとき」の感想を書く。テレビで観る映画の感想は日記の中に書くが、映画館で観た映画は別立てで書く。これは中学生の頃からの習慣。ネットに書いて消えてしまったものが幾つかあるのが残念だが。

 しかし……あれほど労働組合が強くて労働者の権利が確保されていた英国で、日本のような「やりがい搾取」「フランチャイズの無間地獄」があるのがどうしてなのか答えを探るが、よく判らない。日本の場合は人手不足だというのに。需要と供給のバランスで考えれば、賃金と労働条件は上昇していくべきではないのか?MMT理論と並んで、雇用に関する不可解さが理解出来ない。竹中平蔵の亡国的歴史的詐欺にみんな騙されてるんじゃないのか?

 

 仕事開始。徳間の「最終話」。もう1月も半ばで、はやく脱稿しないとヤバい。カバーのイラストを誰に書いて貰うか担当I氏とメールをやりとり。

 

 粛々と書き進む。

 

 昼は、ご飯を温めて、明太子と韓国海苔と漬け物とインスタントのアサリ汁で。

 

 16時になったので外出。郵便局で「スマートレター」を買い、その足で歯科医院へ。16時30分の予約。

 前回、歯石がかなり溜まっていると言われて、今回はかなり通わないといけないのかなと覚悟していたのだが、食後に糸ようじを使っていると「いい状態です」と褒められて、今日で下の歯は終了。次に上の歯をやって、もう一度全体の検査をすると。

 

 まだ17時前。レストラン三幸はまだ開いていないので、マルイに直行してノジマでテレビ電波の「分波器」を買う。今まで家にあった「分配器」で代用していたのだが、分波器を使う方がいいらしい。似たようなものが並んでいて、どれがいいのか迷う。値段的に中間のモノにする。

 フードコートの「越後そば」でカツ丼と盛りそばのセットを食べるが、これなら富士そばと同じだなあ。

 しかし……「家族を想うとき」を見て思ったのだが、住環境は英国の方が圧倒的にいい。英国人から見ると狭い・古いの劣悪なものかもしれないけど……いわゆるテラスハウス?1階は玄関とキッチンやリビングで2階に個室がある感じ。英国の映画でこのパターンは頻繁に出てくるから、スタンダードな間取りなんだと思う。こんな感じ?「ターナー一家」は狭いキッチンで食事をしていた感じだから、下の間取りからダイニングを省いた感じ?

05

 Mr.ビーンが住んでいた部屋よりずっといいと思うけど、その代わり、食生活は質素というより劣悪な感じだったなあ。主食がコーンフレークって感じで。日本の方がもっといろいろ美味しいものが安価に得られる。住宅か食生活か。

 北千住の街を歩くと、なんか、あの映画の「ターナー一家」を思い出して涙ぐんでしまった。あの映画は、時間が経てば経つほど、じわじわくる。

 

 帰宅して、アンテナ配線をやり直す。その結果、映らなかったBSの5、6、7チャンネルが映るようになったが……これも一時的なことで、夜の時間帯になると駄目。あわよくばSoftBank光テレビを導入しなくてもいいのでは?と思ったが、やっぱりダメだった。仕方がない。観念するしかない。

 

 歯医者に行くとやっぱり緊張するのか、疲れが出て、眠い。

 松枝さんの本、「ロケ場所を探す仕事」に感銘を受けたので、拙著を送ることにして、手紙を書く。松枝さんと聞き書き本を作った松本肇さんに。いきなり送られてきて迷惑かもしれないけど、まあ……。

 近所のポストに投函。

 

 ゴミ出しとかもして、風呂に入り、0時42分、就寝。

 

今朝の体重:85.95キロ

本日の摂取カロリー:2235kcal

本日の消費カロリー:481kcal/3741歩+自転車

« 「家族を想うとき」の感想 | トップページ | 1月15日/仕事&テニス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「家族を想うとき」の感想 | トップページ | 1月15日/仕事&テニス »

安達瑶の本

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト