« 2月2日/仕事して、ぷちウォーキング&銚子丸 | トップページ | 2月4日/日比谷で映画を観て、食事して歯医者 »

2020年2月 4日 (火曜日)

2月3日/太巻き食べて、改稿

 トイレに立ったときに洗濯機のスイッチを入れて二度寝して、7時26分起床。

 快晴のはずが、曇りだが、洗濯物を干す。

 

 結局昨夜は帰宅してなにも食べなかった。そのせいか、体重が驚くほど(と言っても1キロだけど)減っていた。夕食をかなり早く食べるか抜いてしまうと、体重は如実に減るなあ。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはダブルソフトのトースト、ゆで卵、牛乳、コーヒー。

 

 実日新作の第1話の改稿を始める。相方のチェックファイルに従って改訂していくが、2つのアクションを上手く並行して進行させるのに腐心。

 

 としまえんがなくなって、跡地が分割されてハリー・ポッターのテーマパークや防災拠点になる計画が進んでいると。西武は「計画は決まっていない」と否定せず。としまえんにはかなり怖い乗り物があって、心臓がおかしくなりかけたことがあったなあ。ずーっと昔のハナシだけど……併設の「庭の湯」は残るんだろうか?

 昨日、やたら低空を旅客機が飛んでいるなあと思ったら、都心コースの試験飛行が始まったのね。しかし、都心をこんな低い高度で飛ぶのって、なんかイヤな感じだなあ。どうしても911の映像が思い浮かんでしまう……。

5e37b9c823000060006ec58f

 ヒルメシは、外に出て「りんりん」でラーメンと餃子。半ライスが欲しかったけどメニューに書いていないので諦めたら、他の客が注文していた。まあいいか。

 

 今日は節分。豆まきをするとあとが大変なので、やらない。炒ったお豆さんは美味しいんだけど。で、その代わりのように生活に入り込んでしまったのが、「恵方巻き」。おれは長らく「アホー巻」と呼んで、この奇妙な風習(昔からの伝統としてやっている地域をバカにする気はない。そういう風習がまったくなかった地域で、コンビニの大宣伝にまんまと乗って、昔からの風習だと思い込んで太巻きを1本そのまま食べる「善良な市民」がバカに見えるのだ)をバカにしてきたが、今年から考えを改めた。

 太巻き自体は好きなのだ。美味しいし。だから今日は「いろんな太巻きが食える日」と思うことにした。吉方に向かって丸かぶりをしなければいいのだ。

 Facebookで、地元の老舗のお団子屋さんの太巻きが美味しいと教わったので、帰路、寄ってみる。近くの海鮮丼屋が路上で太巻きを売っていたが、結構強気の値付け。そこでは買わず。

 お団子屋さんで、海鮮巻きと椎茸巻きのハーフ、それも切ってあるヤツを買う。

 そして、ウチの近所の和菓子屋さんでもハーフで切ってあるヤツを買うが、ここは高い!

 

 帰宅して「椎茸巻き」を食べる。おお、実に美味しい。

 仕事再開。

 なんとか改稿を進めつつ、太巻きハーフをもう1つ。これも美味い。

 

 夕方に、なんとか2/3が終了。相方から残り1/3のチェックファイルが届くと思っていたら、ラストだけ書き足したモノを送ってくれとのこと。

 

 近所で買った妙に高い太巻きハーフを食べるが、妙に水っぽくて美味しくない。

 

 ラストを書き足して、送る。

 

 夕食は、昨日のパターンで食べないで置こうかと思ったけど、太巻きハーフを3つだと、中途半端に空腹。

 小さな茶碗に1膳のご飯と、昨日買った「アジの南蛮漬け」「茄子の煮浸し」をそれぞれ半分食べる。

 

 横浜港沖で停泊する、豪華客船ダイヤモンド・プリンセス号の映像(←リンク)を見ていると、なんだか豪華客船が絡む映画「ジャガーノート」や「さすらいの航海」を思い出してしまう。こんな時に不謹慎で済みません。

 以前、豪華客船を舞台にした悪漢刑事シリーズ「洋上の饗宴」(上下巻)を書いたし、取材のために飛鳥Ⅱに乗ったけど……豪華客船はそれだけで1つの街だけど、上陸出来ずに洋上に留め置かれるというのはなかなか心理的にシンドイと思う。長期化すると乗客は参ってしまうだろう。どこかに向かってるならいいんだけど、目の前に横浜港があるのに上陸出来ないというのは……。

 

 仕事的には、相方からファイルが戻ってくるまで、祥伝社の新作のプロットを練ることにする。

 

 風呂に入って早く寝ようと思ったが、「しくじり先生」の三瓶の駄目加減が面白くて(これは放送作家の御手柄だ)最後まで見る。悪いけど、三瓶ってなにが面白いのか判らない存在だもんなあ。

 

 0時46分、就寝。

 

今朝の体重:85.75キロ

本日の摂取カロリー:2366kcal

本日の消費カロリー:256kcal/1210歩+自転車

« 2月2日/仕事して、ぷちウォーキング&銚子丸 | トップページ | 2月4日/日比谷で映画を観て、食事して歯医者 »

コメント

ツジツマ。と母置いておいて ×
ツジツマとかは置いておいて ○
失礼しました。

風様:
初稿は勢いを大事にして、ツジツマ。と母置いておいて、とにかく書いてしまいますので、推敲とか改稿はとても大切なプロセスです。やり過ぎると勢いを削いでしまうと思いますが、そこまでの改稿はしない(と思う)ので……。
「恵方巻き」は、ただ単なる太巻きと認識すれば割り切れると思って、今年からそうすることにしました。太巻き、好きだし。ですが、けっこう強気の値付けをする店も多いので。まあ、そういう店は笑ってスルーですが。
豆まきは子供頃にやりました。炒ったお豆さんは美味しくて好きでしたけど……。

改稿を重ねていくと、話が緻密になって、安定感も増します。質は上がるわけですが、他方、勢いが削がれて、読書のノリに影響することもあります。どこが的確な着地点なのか、画家がこれにて完成というのと同様で、難しいでしょう?
さて、私も昨日、とうとう前日夜に半額で買った太巻きを食べてしまいました。やっちまっただ、という罪悪感がありますね(爆)。
うちは豆まきをします。家の床に何十と転がった豆は、たちまちのうちになくなります。そう、犬が食べるのです。
昨夜、庭に撒いた豆は……、今朝、消えていました。カラスはもちろんのこと、野鳥がたくさんいるので、鳥たちのおやつになったはずです。これはこれで、たまにはいいです。私も10粒くらい食べてみましたが、香ばしくて美味しかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2月2日/仕事して、ぷちウォーキング&銚子丸 | トップページ | 2月4日/日比谷で映画を観て、食事して歯医者 »

安達瑶の本

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト