« 新刊「政商 内閣裏官房」5月11日発売! | トップページ | 5月11日/新刊「政商 内閣裏官房」発売日だが…… »

2021年5月11日 (火曜日)

5月10日/POP発送・月イチ通院・ワクチン接種申し込み完了・献本発送・新刊告知準備

 7時40分起床。
 晴れ。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはコーンフレークとダブルソフトのトースト。卵を切らしていた。以前ならコンビニに買いに走って「朝は絶対玉子料理!」と決めていたが……。もしくは早く外出して松屋で朝食を食べようかと思ったが、あり合わせで済ませる。

 

 なんだかんだで10時30分。外出する。
 足立中央郵便局で、郵送分POP134通を発送。料金別納郵便にしたが、そのスタンプを押すマシンがあったはずなのに、手押しのスタンプを渡された。マシンはハガキ専用だったっけ?郵便局によっては、局で押してくれるところもあるんだけどなあ。
 とブツブツ言いながら134通にスタンプして、発送。
 その足で、月イチ通院のクリニックへ。
 いつものように採血・検尿して診察を待つ。
 ここんとこしばらくは閑散としていてすぐに診察してくれたのに、今日の患者は凄い数。病院だから咳き込む人もいるので、待合室で感染しないか心配になる。
 1時間以上待って、ようやく順番が来た。まあ、患者は待ってるだけだけだけど、診察する先生は大変だ。
「やっぱりワクチン接種の関係で患者さんが多いんですかね?」
「いや、連休明けだからでしょう」
 って会話をしつつ「肝機能の数値が悪くなってる」「やっぱりねえ」と。
 で、本日の肝心なことを訊く。「新型コロナのワクチン接種をしてもいいか」という点と、足立区の特定健診の結果が来て「糖尿病要治療」と書かれたこと。
 ワクチン接種は問題ナシ、区の警告も「足立区は糖尿病にうるさいんですよ。毎月経過を見てるから大丈夫」と。
 大腸ガン検診は陰性。
 薬局で処方薬を出して貰って、13時近くになって終了。

 

 北千住東口に回って、「珍来」でチャーハンと三本餃子。これがランチ。ここの「チャーハンセット」にしたいけど、ラーメンとチャーハンが殆どフルサイズで量が多すぎる。梅島店ではハーフサイズのラーメンがあるんだけどなあ。
 くーたんのキャットフードを買って、いったん帰宅。

 

 足立区の「コロナワクチン相談窓口」に電話してみるが、繋がらない。まあそうでしょう。

 新刊「政商 内閣裏官房」の私的献本の用意をする。一筆添えて本と一緒にスマートレターのボール紙の封筒に入れて封をする。
 それを持って再度外出。投函して駅前のATMに行って、500円玉貯金をして、通帳記入。500円玉をATMに入れたら機械がカウントし始めて「使用不能」になってしまった。そんなに大量の500円玉を入れたわけでもないのに。
 帰路、スーパーに寄って夕食用の海苔シャケ弁当などを買う。

 

 足立区の相談ダイヤルに何度か電話していると「時間を置いてお掛け直しください」のアナウンスが「かけ直すか、このままお待ちください」に変わったので、待つことにしたら……ようやく繋がった。基礎疾患があってかかり付け医に確認しましたと伝えたら、住所氏名年齢電話番号を聞かれて終わり。基礎疾患の中味や医療機関、かかり付け医の名前を聞かれることもなく、健保の番号を聞かれることもなかった。
 まあ、これが「エントリー」で、今月下旬に改めて「接種予約申し込み」をすることになる。
 電話もまったく繋がらない、と不評サクサクだけど、足立区の場合は多少待てば繋がるので、他所よりかなりマシではないか?

 

 本日のミッションを達成したので、疲れた。仕事をしなければならないが、グッタリ。
 新刊が出るときだけ更新する「安達瑶公式サイト」を更新したり、FacebookやTwitterでの新刊告知の準備をすればいいのに、コロッと忘れていた。

 

 録画した「72時間」を見る。奄美大島と離島を結ぶ海上タクシー。ノンビリした空気が漂って、いいねえ。東京で不登校になってしまった子供を連れて島に移住したら子供はみるみる元気になった、という母子。しかし元気になった子供は島に定住せずに東京の学校に行くのだと。母親は島で仕事をしているので別れ別れに。そんなに好きになった島なのに子供は出ていくという、この展開にビックリしたが……そんなものかもしれない。
 ずっと前から「南の島で暮らす願望」がある。海が見える丘の上に建つコテージで、真っ青で美しい海を眺めてゆるゆると暮らしたい。今村昌平的土着的な島暮らしではなくて、ビリー・ヴォーンの「波路はるかに」や「砂に書いたラブレター」が似合うような島暮らし。名前が出て来ないが、ジョン・フォードと組んだ脚本家が、撮影所のコテージに住んで屋外のテラスでゆるゆると書いているという暮らしに憧れた。まあ夢だけど。あんまり大きな島だと島暮らしの実感が薄いかもしれないけど、孤島過ぎても生活に困る。無医島もねえ。適度な規模で適度に賑わう町がある島というと……伊豆七島になるんだろうなあ。小笠原の父島は遠すぎるしねえ。
 ただまあ、津波とかを考えると、島の暮らしも大変だと思う。
 とは言え、篠原涼子主演の「今日も嫌がらせ弁当」で描かれた八丈島の自然とその生活がとても魅力的で素晴らしかったので……八丈島には行ってみたい!可能ならばちょっとでいいから暮らしてみたい。住んでみたい場所は多いなあ。祖谷の山奥とかにも住んでみたい。苛酷すぎる自然に敗北して逃げ帰るかもしれないけど。

 

 夜になった。「帰れマンデー見っけ隊!! 今夜も新作!サンドの秘境バス旅!倖田來未も初参戦!」が新作だというので、観る。奥多摩。あんな狭いところを大型バスが走るんだねえ。
 観ながら海苔シャケ弁当とカップヌードルミニを食べる。カップヌードルミニが余計だった。この分でちょっと胸焼け。夕食は軽くしないと胸焼けになるなあ。というか、カラダが弱ってるんだろうなあ。

 

 夜のニュースでスガ首相の国会答弁を見て呆れる。この死んだ目の首相は、質問を聞いていないとしか思えない。もしくは質問に自分の言葉で答えるつもりがなくて、手持ちの想定答弁の原稿から適当に見繕っているだけ。
 訊かれたことにトンチンカンな答弁をしているという自覚がないか、自覚していても「こう答えるしかない」のか。
 どっちにしても、「スガは操り人形」「木偶人形」感ばかり強くなる。これで総選挙なんか出来ないでしょうよ。ワクチン接種が広まればすべてが変わると信じているのかもしれないが。

 

 今日はもう風呂入って早めに寝よう!と思ったが、このまま何もしないで寝るのは罪悪感がある。かと言って、なんだか疲れてしまって、目もショボついてきたし……。
 風呂には入って……そうだ。新刊告知だけは準備しておこう!と決意。
 久々に、サイト作成エディタの「RapidWeaver」を起動させてトップページを更新したが、バージョンアップをしていない(最新版にすると12000円もする)ので、ファイルの保存に支障がある。全然保存できないので困り果て、いっそこれを使わずにJeditで手動でHTMLを書くしかないか、と思ったが、ファイルを「別名で保存」してみたら、出来るじゃないの!このソフト、もっと頻繁に使うなら有償バージョンアップをするんだけど……新刊が出るときだけにしか使わないからねえ。
 1時を回って、なんとか終了。あれほどショボついていた目も、深夜になったらシャッキリした。

 

 たぶん誰も見ていない「公式サイト」(←リンク)をなんとか更新して、その内容をコピペしてFacebookやTwitterに告知できるように準備して、さあ寝ようと思ってちょっとテレビをつけたら、NHKで「SONGSさだまさし」の再放送をやっていて、少し観る。さださんは、念願の映画「長江」を作って巨額の借金を背負ってしまったんだよねえ。自腹で映画を作るとこうなるんだよねえ。自己資金で映画を作って大儲けしなくてもトントンで済んだ例って少ない。だいたいが一家離散級の莫大な借金を背負ってしまう。自腹で自分がプロデューサーだから、やりたいことを優先させて金銭感覚が麻痺してしまうんだろうなあ。かと言ってケチケチしてたらいい映画にはならないし。
 さだまさしと言えば「長江」とその借金を思い出してしまう。無事に完済できて良かったです。

 

 1時30分、就寝。

 

今朝の体重:88.55キロ
本日の摂取カロリー:2157kcal
本日の消費カロリー:186kcal/4050歩+自転車

« 新刊「政商 内閣裏官房」5月11日発売! | トップページ | 5月11日/新刊「政商 内閣裏官房」発売日だが…… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新刊「政商 内閣裏官房」5月11日発売! | トップページ | 5月11日/新刊「政商 内閣裏官房」発売日だが…… »

安達瑶の本

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト