« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月

2021年11月30日 (火曜日)

11月29日/自主的自宅軟禁で仕事に集中&「トキワ荘の青春」「作家で億は稼げません」

 8時14分起床。
 快晴。

 

 朝のモロモロを済ませるが、昨夜観た「KCIA 南山の部長たち」の感想も書いたので、戦後の韓国史を大雑把に勉強する。いや~波瀾万丈だなあ。軍制が終わって民主的政権が出来てもすぐに腐敗してクーデーターが起きての繰り返し。しかし、その繰返しで民主主義を学んでいったという感じで、今の民主主義体制はかなり強固だろう。政権交代も機能してるし。ただ、前政権の要人が逮捕されて有罪になるお決まりの展開があるんだけど。それも含めて、日本は生ぬるいなあ。それだけ幸せだと言えるかもしれないけど。いろんな弾圧で死んでないし……。

 

 アサメシは卵かけご飯、インスタントのしじみ汁、ちりめんじゃこ、キュウリの漬け物、野菜の煮物。この煮物を摘まんでいると、正月のおせちを食ってる錯覚に陥った。

 

 仕事開始。今日こそ「第二章」を終わらせるぞ!いや、とにかく最後まで到達しよう。
 粛々と仕事を進める。

 

 日大の理事長が、ついに逮捕!いや~長かったねえ。これで日大の風通しがよくなればいいんだけど。今まで学長はお飾りで、相撲部出身の理事長がゴリ押ししてたんだから。だいたい備品を買うのにすべて「株式会社日大事業部」を通さないといけないというクソみたいなことにして、その利ザヤで儲けてたのは誰だ?

 

 昼は外出しないで、ベーコンとピーマンのスパゲティを作って食べる。
 明日が期限の「福しん」のクーポンがあるんだが、昼に外に出るとやっぱりペースが乱れる。昨日なんかそれでダメだったし。今日はスイッチが入っているのでこの調子を崩したくない。

 

 仕事を続ける。

 

 夕食は、急にカツカレーが食べたくなった。しかし、外を見ると、寒そう。
 冬になって夜、外に出るのは凄く億劫だ。外出するならやっぱり昼間だな。
 なので、久々に「出前館」を使うことにする。
 調べると、CoCo壱番屋よりも少し安いカレー屋が町屋にある。ここにカツカレーを注文。
 カレーを待ちながら、仕事を続ける。

 

 時間通りにカレー到着。
 普通に美味い。

 

 食後休憩で「帰れマンデー見っけ隊!! サンド&荒川静香&風間俊介&シソンヌ筑波山で秘境バス!!」を観る。今回は筑波山。最近はバスに乗るよりひたすら歩く。サイコロが1から3までしかないから、どうしても歩くことになる。これ、かなり苛酷なロケだと思うなあ。
 シソンヌがゲストで、じろうがところどころで扮装してアドリブでコントをやるのが面白い。じろうが扮するオバサンは最高だ。

 

 そのあとも少し仕事をして、ゴミ出しをして、21時のニュースを観てBSにしたら市川準の「トキワ荘の青春」をやっていた。後半から観る。
 トキワ荘のアニキ分、寺田ヒロオの視点で描く。前半は「みんなで頑張ろう!」という「輝かしい青春」の部分だったのだと思うが、後半はそれぞれ、売れるものとなかなか売れないものに分かれてきて、寺田本人も時流に乗れない自分を感じて、それぞれ道が分かれていく。これは……なかなか辛くて悲しい。
 Wikipediaによると、寺田はアニキ分として自分の弱いところは後輩たちには決して見せず、投稿時代からの仲間で作風も性格もまったく対照的でトキワ荘の住人ではなかった棚下照生にだけは弱音を吐いていたらしい。その後、マンガ家を辞めてトキワ荘時代からの仲間とも音信不通になった(続けて病を得ていたらしい)が、晩年、みんなを自宅に呼んで宴会を開き、しばらくして亡くなった、と。「緩慢な自殺だった」と後輩の安孫子素雄は言った、と。

 子供の頃はマンガを描いていて、赤塚不二夫に憧れていたし、トキワ荘にも憧れていた。夢を共有するものが集まって切磋琢磨しながら暮らすっていいじゃん!とか思ったけど、考えてみれば、辛すぎる。売れていく仲間を見送らなきゃいけなくなるかもしれないんだから。
 とまあ、おれは常に「取り残される側」に立ってしまうなあ。

 

 23時になって、本日は終了。「第二章」で一番難しいところを何とか乗り越えて、最後までいった。
 「トキワ荘の青春」にちなんで言うと、ペン入れがやっと終わった状態。これから背景を書き込んでベタを塗って下書きの鉛筆を消してホワイトで修正して……という仕上げの作業が残っているが。

 

 風呂に入って、本日届いた「作家で億は稼げません」(吉田親司/MDN)を一気読みした。これは松岡圭祐氏が書いた「作家になって億を稼ごう」へのアンチテーゼ。ほとんど実名で「売れないけどなんとか生き残っている作家」の実情を赤裸々に書いている。
 吉田さんは架空戦記とライトノベルを書いている。この業界は案外広くて、ジャンルが違うとまったく繋がりがない。同じジャンルでも横の繋がりはほとんどないんだけど。同じ作家の団体に入るとか趣味が同じだとか、もっとなにかの繋がりがないとお知り合いにはなれない。
 で、ジャンルが違うと出版社も違うし実情も微妙に違う。
 おれたち合作作家・安達瑶はとにかく早くデビューしたかったので「持ち込み大歓迎」だった官能小説に狙いを定めて、パソコン通信で知り合ったコネを使って勁文社グリーンドア文庫に持ち込んで、半年待たされてなんとか第一作でそのままデビューした。その後、この勁文社が倒産したり、書きたいモノがどうしても官能小説に収まらなくなってきたとか、書店での官能小説の売り場がどんどん縮小されていくのに危機感を覚えたりとかで、ミステリーのジャンルになんとか移ろうと悪戦苦闘した。
 とは言え、初版部数とかの数字は似ているし、「売れてないけど全然売れていないわけではない」状況は似ているので、とても共感しつつ読んだ。知っている編集者もチラホラ登場するし。
 ま、この業界は「死して屍拾うものなし」なハードボイルドな世界だ。この出版不況で貯金はほとんど吐き出したから、書けなくなったら生活保護に頼るしかない。
 それでもまあ、好きなことをして生きていけるのは幸せなことなのだろう。還暦を過ぎてしまっては転職も出来ないしねえ。
 それにしても、ここまで赤裸々に書いてしまった勇気を称えたい。おれはこういう内容の「デビューした後の生き残り術」をどこかでレクチャーしたいなと思っていたのだが。

 

 1時31分、就寝。

 

今朝の体重:86.30キロ
本日の摂取カロリー:1985kcal
本日の消費カロリー:0

2021年11月29日 (月曜日)

11月28日/快楽亭の高座CDのマスタリングして亀有でそば食って「KCIA南山の部長たち」を観た

 7時起床。

 洗っておいた洗濯物を干しに行く。

 今朝も快晴!

 

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはいつものようにダブルソフトと8枚切りのトースト、ゆで卵、牛乳、コーヒー。

 

 今朝はまず先に、昨夜録音した快楽亭の高座2席をマスタリングしてCD-Rに焼く。

 「眞子様騒動」はそのまんま、「無頼・女斬り五郎」は肝心の歌の部分、2箇所だけ師匠の指定があったので編集する。

 CD-Rに焼いて、iMacと普通のCDプレーヤーで視聴して、11時前に完成。

 昨日、生で聞いたときよりも、マスタリングで何度も聞いていると、ブラック師匠の故前田五郎氏への愛情を強く感じるようになって、ほろりとする。

 関西の芸人は吉本と松竹で交友関係も分断されているのかと思ったら、そんなことはないのね。垣根を越えて仲良かったりするのね。そういや鶴瓶もテレビで吉本の芸人と仲がいいことを喋ってるし。

 

 CDラベルを作ったり梱包したりして12時過ぎにクロネコさんの営業所に行って発送。先客が2人いたがモタモタしていたので先に手続きを済ませる。

 

 昼は、亀有の「鈴しげ」に行って、そば。ここは以前から気になっていたお店。

 亀有公園のそばにある。駅からさほど遠くない。地図で見るとけっこう歩く感じなんだけど、書店回りでお邪魔するTSUTAYAの裏手。

 春菊天・舞茸天・ちくわ天のそばにシャケのおにぎり。

Img_6203

 春菊天は「固めてあるタイプ」。扇形のタイプを出す店はなかなかない。標準的な味で、美味い。

 今日は天気はいいけど風が強い。干したシーツが心配。

 

 今夜は牡蠣のバター炒めを作ろうとスーパーに寄ったが、一パックに凄い量の牡蠣が入っている。一人ではこんなには食べきれない。

 

 帰宅して、相方を誘うと、来るという事に。

 だとすると、牡蠣バターの付け合わせが問題。おれだけならキャベツの千切りだけでいいけれど……。

 もう一度スーパーに行って、エリンギとしめじを買ってきた。これもバターソテーにすればいいだろう。

 

 帰宅して、仕事開始。しかしなんだか今日は、今日の分のエネルギーを使い果たしてしまった感じ。

 

 録画した「早起きせっかくグルメ」を観る。甘味噌、美味そう。しかし「旅館の朝飯」を観たいぞ。

 「タモリ倶楽部」は巻き貝系の身の上手な穿り方。う~ん、あんまり面白くないねえ。

 

 「笑点」を観ていたら寝てしまい、「青天を衝け」のアタマ7分を見逃してしまった。今週はどうも停滞してると思ったら、元気が取り柄みたいなところがある栄一が沈み込んでいる。妻を亡くし三菱との競争に疲弊し、後添え問題でも苦労する。あの元気な笑顔がないと、ドラマも沈む。

 しかし……栄一はお爺ちゃんになったのに、若いまま。白髪もない。これじゃあ年格好が全然判らない。脇役がそれなりに年を取っているのに、栄一だけが若いままって、ヘンだろ!

 

 19時をすぎて、今から向かうと相方から連絡が来たので、支度開始。ご飯は既に炊けているので、キノコ類を切り、牡蠣を塩水で洗ってキッチンペーパーで水気を取っていると、相方到着。

 エリンギとしめじのバターソテーを先に作ってから、牡蠣のガリバタ醤油焼きを作る。が、火を通すと牡蠣が小さくなって、あんなにあった牡蠣が目減りしてしまった感じ。火を通しすぎたかな?レシピを見ると、軽く火を通すという感じだったけど、バター醤油の味を染みこませようと、焼きすぎたかも。

 キャベツの千切りのお皿に盛ると、大衆食堂の逸品のよう。

 オニオンスープとともに。

 しかし、味は、なかなか美味い。味付けはテキトーだったが、美味く出来た。また作ろう。

 

 食後、wowowで撮った韓国映画「KCIA 南山の部長たち」を観る。

Uuzvq3lml_bkiqyakc1vfs5m5vwpmdnzwfmhswx0

 これは、凄い映画だ。韓国の戦後史を知っておかないと置いてけぼりにされてしまうが……。

 李承晩から盧泰愚まで、ざっと韓国政治史を復習したが、いやあ、韓国は苛烈な戦後の激動をへて、今ようやく民主化を果たしたんだなあ、と実感する。

 その朴正熙時代の末期。というか朴正熙政権を終わらせた男(「陸軍中野学校」の市川雷蔵みたいにカッコいいと思ったら、イ・ビョンホンだ!)の実話だ。

 同じ名前の人物が入り乱れて、元部長の「元」がなかったりするので結構混乱したが、映画としては無類に面白い。パリやその郊外でかなりのロケーションをやっているし。

 この事件当時、おれは……大学生だったんだなあ。体制内の側近的人物が大統領を暗殺したというのはかなりの衝撃だった。その後も韓国は軍事クーデターが起きたし、とにかく政情不安で騒乱が相次ぐ国で、日本だけは平和と繁栄を謳歌していたんだよなあ。

 どうしても、日本でリメイクしたらどういうキャストになるか、考えてしまう。主人公のキム部長は松重豊か遠藤憲一、朴正熙の裏側を暴露するパク元部長は六角精児、主人公と対立する警護室長は豊原功補かなあ、とか。朴大統領役は、この作品で扮したイ・ソンミンが朴大統領にそんなに似てない感じもしたのだが(あとからいろんな写真を見ると、似てないこともないと思うようになったが)。

 この作品は密度が驚くほど濃いので、さりげなく日本に対する複雑な関係や感情が描かれているし、アメリカのいうなりにはならない強い姿勢も描かれているし、軍人政権だからみんな平気で銃を持っている怖さがあるし……。

 主人公のキムKCIA部長が「このままではいかん」という思いを強めて大統領暗殺に至る心理的展開が実に判りやすく描かれている。テンションは高いままだし、この緊迫感は凄い。

 本当に、第一級の政治サスペンス映画だ。

 こういう映画、日本でも作って欲しいなあ。まあ、実話では無理だろうけど。日本は過激派の破壊活動に緊張する局面はあったけれど、政治的危機というのは事実上なかったわけだし。まあ、それはよかったのだろうけど、その分、民主主義が身についていない感じだよねえ。結局は体制迎合だし。

 日本の、今のクソみたいな政治状況(特に連合のバカさ加減)、往年の韓国だったら軍事クーデターが起きてるところだぞ。政治家、しっかりせい!

 

 見終わったあと、相方と喋り、相方が買ってきたクッキーを食べて相方を見送るついでにゴミ出しをして、風呂に入り、1時32分、就寝。

 

今朝の体重:86.75キロ

本日の摂取カロリー:2002kcal

本日の消費カロリー:248kcal/5898歩+自転車

2021年11月28日 (日曜日)

11月27日/仕事は順調だがタクシー・クーポンの罠にハマり快楽亭の高座録音で故人を偲ぶ

 7時41分起床。
 今日も快晴。富士山が美しい。

 

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはダブルソフトと8枚切りのトースト、ハムエッグ、牛乳、コーヒー。

 

 仕事開始。今日は進む。けっこう破竹の進撃。

 

 昼は食べず。
 本日は上野で快楽亭の高座録音をする。
 タクシー配車アプリ「GO」に登録したら、というか、郵便受けに「GO」の利用の際に使えるクーポン合計2500円分が入っていて、今月中が期限。使わないのはもったいないので、上野往復で使ってやろうと思うが、クルマのことだから何時に着くか正確には読めないから早めに行く。時間が余った場合は近くの「小諸そば」でそばを食おう。それを早めの夕食、もしくは遅いヒルメシにしよう。

 

 案外腹は減らず、仕事を続ける。
 外出を控えていると落ち着いて本文を書けないので、章の終わりまでの執筆メモを作る。相方の詳細な構成メモを整理して書き足して、ポイントになるセリフも書いておく。

 

 16時になったので、外出。録音機材を入れたキャリーバッグがクソ重い。そろそろこの録音、誰かに代わりたいねえ。マイクやミキサーなんかはタダで進呈するから。
 外に出てからタクシーを呼ぶ。が、「予定より遅れます」と表示が出て、少し待って到着。
 上野広小路亭まで20分。クーポン1500円を使って、実質1020円。自転車と電車を使えば189円だけど。

 

 「お江戸広小路亭」の裏にある「小諸そば」でかけそばとかき揚げ丼のセットを食べる。美味いけど、本当はヒレカツ丼を食いたかったのに、なぜかかき揚げ丼に惹かれてしまった。

 

 まだ16時45分で、昼の部が終わってないんじゃないかと思いつつ覗くと、終わっていた。以前、芸協の昼の部とぶつかったとき、楽屋にいる鶴光師匠を観たことがあった。
 トイレを借りて出てくるとブラック師匠がいたので、挨拶。前田五郎、川柳川柳とブラック師匠が好きだったお二人が相次いで亡くなった、そのお悔やみを言って、本日の演目を貰い、録音の準備。
 客席マイクもボロくなってきたなあ。金があれば新調したいところだが。ケーブルも。
 電源を入れて機材が正常かどうか確認すると、Rチャンネルの音が拾えない。
 え!困った!とパニックになってケーブルの接合を確認したり焦ったが……何のことはない、モニターのヘッドフォン・プラグをヘッドフォンジャックに挿さず「REC OUT L」に挿していたことが判明。きちんとヘッドフォンジャックに挿し直すと、きちんとRチャンネルの音が聞こえた。いや~焦った!

 

 人手不足でお囃子のCD送出は、お客で来た産経新聞の松垣記者が借り出されたが、操作方法が判らないしCDもないので右往左往。場内ミキサーのボリュームを全部上げたら、なんとか音が出た。

 

 演目は……
1.死ぬなら今・最新版
2.川柳の芝浜
~仲入~
3.眞子様騒動
4.無頼・女斬り五郎
 で、仲入後の2席をCDにする。

 

 一席目、思い出話でまとめるのかと思ったら、それは長いマクラだった。
 「川柳の芝浜」は何度も聞いたし何度もCDにしたが、今回は惜別の情がこもって、格別の味があった。ご本人の前でやったときはキツいシャレだなあと思ったが、これは強い愛情の表現なんだよねえ。

 

 休憩になってトイレに走るが、順番待ちの長い列が。

 

 で、後半。
 「学習院に行かせずにICUなんぞに行かせたのがそもそもの間違い」として神道から観てキリスト教が如何にトンデモ宗教であるかと語り込むのがキョーレツ。ICUに入学したかったおれも、これには笑うしかない。
 最後の席は、前田五郎が如何に性豪だったか、芸人としてヤクザのお誘いは断れなかったかを、これまた愛情を込めて語り込んだ。まあこれは「前田五郎の生涯」というような講談のような演目ではない。全部実名が出てきたけど、大丈夫か?まあ、前田五郎は既に向こうに行ってしまったけど。
 最後のコール&レスポンスも成功に終わって、終了。師匠からは編集のお願いが出た。

 

 撤収して、タクシーのクーポンがまだあるので、帰りもタクシーを呼んだ。千住大橋まで電車で行って、そこからタクシーを使えばクーポンの額で収まると思ったが、近すぎて怒られそう。
 結局、帰りは工事渋滞に巻き込まれて行きより400円余計にかかってしまった。
 クーポンを使うと安くなるという罠にまんまとかかって、金もないのに散財してしまったというオチ。
 
 21時過ぎに帰宅。
 荷解して大切な録音ファイルをMacBookAirからiMacに移して確認。無事に録れていたので、安心して夕食にする。

 

 自転車で吉野家に走り、「牛丼のアタマ大盛」のお新香セットを食べる。テレビでは日本シリーズをやっていたが、9回裏で同点。今年はどっちも引かないねえ!

 

 帰宅して、日本シリーズを摘まみ食い試聴。ヤクルト、よくやった!オリックス、残念だった!
 で、NHK Eテレの「SWITCHインタビュー 達人達松重豊×植野広生」を観た。「孤独のグルメ」メイキングがチラッと出て、松重豊自らお店の人に取材して台本に書き込んでいた。たぶんナレーションに生かされたのだろう。この番組に妙な感動をするのは、結局は松重さんの人柄に触れられるからなのだろう。井ノ頭五郎を演じていても、料理を味わうのはほとんど素の松重豊だ。
 で、「ふつうにおいしい」事が如何に尊いかという話になって、膝を打った。「孤独のグルメ」でも、高級料理や珍しい料理には感銘を受けないが、普段食べるような普通のメニューを美味そうに食べる五郎さんには不思議な感動がある。それはたぶん「ふつうにおいしいことの尊さ」を感じたからなんだろう。
 「dancyu」に登場するお店は西東京に偏っていると思うが、編集長の味のルーツは、浅草の水口食堂だったとは!

 

 普段は観ない「世界ふしぎ発見」は、日本の分水嶺特集。同じ川が日本海側と太平洋側に別れる場所を訪れる。奥羽山脈のなんとかという地点は「地獄」と呼ばれて、地熱で熱せられた「温泉」があちこちから噴き出す。その温度、90度。こんな場所があったのか!

 

 「新情報7デイズ」の冒頭でたけしがえんえん待たされた愚痴。案の定「『世界ふしぎ発見』なんか1回お休みにすればいいじゃねえか」と。伝統ある一社提供番組だからお休みには出来ないのだと安住さんがフォローしていたが。
 この時点で0時を回っていたが、頑張って風呂に入り、「人生最高レストラン」は録画して、0時48分、就寝。

 

 寝る前に観た朝日夕刊一面の絵。子供たちの楽しそうな遠足を描いた明るい絵だが……これは小学一年生の時にハンセン病で隔離されて、以後、施設から出られなかった人が晩年に描いたものだった。木下今朝義さんの「遠足」(1996年)。無断転載出来ないので、紙面に載った絵をコピペするのは控える。記事にリンクしておく(←リンク)。
 胸を突かれる。グサッときて、言葉を失う。
 老境に達しても、子供の頃の楽しかった思い出だけを大切にしていたのかと思うと……隔離政策の残酷さを思う。この政策を決定して、ハンセン病に隔離が不要になったのに続けていた関係者は呪われろと思う。
 そして……おれが1枚の絵を描き残すとしたら、どんな絵を描くだろう?一生で一番の思い出ってなんだろう?

 

今朝の体重:86.95キロ
本日の摂取カロリー:2556kcal
本日の消費カロリー:84kcal/2049歩+自転車

2021年11月27日 (土曜日)

11月26日/本日、パワー不足

 7時25分起床。
 今日も快晴。抜けるような青空。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはダブルソフトと8枚切りのトースト、ハムエッグ、牛乳、コーヒー。
 コーヒーは健康にいいという説があると思ったら飲み過ぎると健康を害するという説もある。そりゃ、すべてのものは「過ぎたるは及ばざるが如し」でしょ。

 

 仕事開始。「第2章」の最終ブロック。相方のメモがあるからスイスイ進むと思ったら、そうは問屋が卸さない。何故か今日はパワー不足。昨日の江古田遠征で疲れちゃったかな。

 

 昼は軽く、8枚切り食パンを軽く焼いて炒めたソーセージに刻みピクルスに辛子マヨネーズとフリーズドライのトマトスープ。

 

 仕事続行。

 

 Facebookに「高校になったら歴史や古典の授業はいらない(選択制にしろ)」という意見のヒトがいて驚いた。歴史や古典を知らなくても生活に困った事はないって。そりゃ歴史を知らなくてもメシは食えるし呼吸も出来るだろうけど。旅行に行って名所旧跡の故事来歴とか全然興味を持たないんだろうね。大河ドラマも観ないんだろうね。しかし、歴史を知らないのは恐ろしいことなんだけどね。過去から学ばないって事だから。
 こういうヒトがある日、ネットで妙な書き込みに感化されてトンデモ歴史観を信じ込まないことを心から祈る。
 「反教養主義」って、人間を貧しくするだけだけどね。

 ま、高校の理系では世界史と日本史は選択制で、国語の古典と漢文も選択制だと思うけど。

 

 まったく下調べも予約もせず、気の向くままのドライブ旅行をしたい、と以前から思っている。基本にあるのは石原裕次郎の名作「憎いあンちくしょう」。まだ高速道路のない時代に、毎日判を押したような生活にウンザリしている人気DJが、番組の中で「東京から阿蘇までジープを運ぶ」事を約束してしまったので女性マネージャーの猛反対を押し切って実行に移す。
 蔵原惟繕監督・山田信夫のオリジナル脚本の傑作にして日本映画史上に残る名作。現代的なテーマにマスコミ批判を絡め、「人生とか恋愛とかって、理屈じゃねえんだよ!」というテーマを骨太にダイナミックに歌いあげる。
 実際のロケに集まった大群衆をそのまま撮す大胆さと、旅情やお互いの細かな心理描写も的確で、ほぼ完璧な映画。
 で、おれはこの映画に感激して、彼らの足跡を辿る旅をしたいとずーっと思っている。映画には無舗装の峠が出てきて人気DJのベンツが谷底に転落したりするが、今は道路事情は格段の差があるだろうし。
 「ジャッカルの日」でのジャッカルの足跡も辿りたいと思っているし、「北北西に進路を取れ」で主人公が移動した足跡もそのまま辿りたいけれど、まずは国内。
 疲れたらその辺で宿を探す気儘な旅をしてみたい。仕事は、スマホでテザリングすれば、どこででも出来るし。
 しかし、猫が居る以上、それは無理だ。キャットシッターさんをお願いすることになるから、おのずと「帰ってくる日」は決まってしまうし……。それ以上に、純粋な一人旅は、淋しい。相方と一緒に旅をしたいから、オレのワガママ旅はやっぱり出来ないな。しかし、実行できるタイムリミットは迫っているよなあ。

 

 今日はカイロの予約がある。財布にカネがないので駅前のATMに寄ってからカイロへ。水曜のテニスで右肩と右腕が痛い。
 先生はすっかり元気になったようで、よかったよかった。

 施術後、北千住東口に回って、くーたんのキャットフードを買い、「しいはし食堂」でサンマの開き定食に冷や奴とインゲン胡麻あえをつけて貰う。

 サバの文化干しの方がよかったかな?サンマは小さくて食べるところが少なかった感じ。

Img_6202

 帰宅して、「ザワつく!金曜日 ザワつく!金曜日コンサート未公開映像や舞台裏を大放出!」の前半を観たが、一茂のガキみたいなワガママを面白がるのもそろそろ賞味期限が迫ってきた感じだし、誰がナニを食べるかなんて、ドーデモいい。

 

 仕事に戻るが、進みは悪い。
 8枚切り食パンだけを食べる。

 溜まった新聞を一気読みして、注目記事を切り取る。Facebookの彼は、スマホばかり見て、新聞なんか全然読まないんだろうな。いや、あの書き込みは釣りだった可能性もあるが。

 「72時間」、いつもは録画して観るが、今日はオンエアを観た。新宿・大久保の24時間営業の格安弁当屋に集まる人々。ここに、今書いていてよく判らない部分のモデルになりそうな人物が現れたので、勉強する気分で、観る。

 

 眠くて風呂を省略して寝てしまおうかとも思うが、頑張って風呂に入り、NHK「阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし」を観る。二人のエッセイが原作で、彼女たちは阿佐ヶ谷の人たちに本当に応援して貰ったと「アド街ック天国」でも言っていた。
 なんか、いいんだよねえ、この緩い雰囲気が。それと、演技派女優ふたりの「なりきりぶり」が凄い。阿佐ヶ谷姉妹にしか見えない。

 阿佐ヶ谷が舞台なのに、名古屋局の製作!

 0時55分、就寝。

 

今朝の体重:87.10キロ
本日の摂取カロリー:2014kcal
本日の消費カロリー:93kcal/2181歩+自転車

2021年11月26日 (金曜日)

11月25日/仕事して、久々の江古田で日芸校友会常任幹事会

 7時1分起床。
 洗っておいた洗濯物を干す。
 悲しくなるほど澄み切った快晴。

 

 朝のモロモロを済ませる。今期の朝ドラは観ていないので「朝イチ」も観ていないが、「朝ドラ受け」で女性アナウンサーが泣いちゃったらしい。昼の再放送のあとのニュースでアナウンサーが難しい顔をしていたり微笑んだりしているのは「再放送の朝ドラ受け」ではないらしいが、でも、微笑ましい回の後は、ニッコリしていることが多い気がするんだけど。
 アサメシは、ダブルソフトのトーストにハムエッグ、牛乳。コーヒーが切れていた。

 

 コーヒーを飲まないまま、仕事開始。
 ときおり設定を確認するために後戻りしたり、こっちでこう書いたからツジツマを合わせるために書き足したりしつつ、進む。

 

 今日の「じゅん散歩」は千住大橋界隈。千住大橋の下に隅田川の遊歩道を繋ぐ「千住小橋」っていうのが出来てたのね。
 千住大橋駅の広場に、以前何度も利用してとても美味しかったケータリングの会社がお弁当屋「ポタジェニスタ」(←リンク)を開いていたのをこの番組で知った。いや、知ってはいたのだが、場所が特定出来た。とにかく、ここの牛肉の赤ワイン煮は絶品なのだ。本当に美味しい。今度買いに行こう!
 で、通販のCMが始まって、後半があるのかと思ったら、次の番組になってしまった。凄くザックリした作り方なんだな、この番組。

 

 昼は簡単に、ご飯小、ちくわ2本、ちりめんじゃこ、海苔、フリーズドライの豚汁、キュウリの漬け物で。

 仕事再開。
 そういや総選挙直後にTwitterで、「政治の裏側を知るには政治家の事務所に出入りすれば判る」とか「与党の動きは政治評論家の田崎スシロー、野党の動きは元民主党職員の伊藤の話を聞いてれば判る」とかしたり顔で書いていたヤツがいたが、笑っちゃうね。こっちを新聞もテレビも一切観ない無知なド素人だと思っているようだった。ま、政治家や組織に係っていないしマスコミの人間でもないから、政治のド素人には違いないが。
 事務所に出入りして何が判る?ごく表面的なことしか判らないだろ。その政治家は昼にそばを食うのが好きだとか、そんなことを知っても「政治の裏側」を知ったことにはならない。まあ、政治家の普段の顔を見ることが出来たら「政治の裏側を知った」ことになるのかもしれないが……その書き込みをしたイタい人物的には。
 秘書か側近かタニマチにならないと、政治家の動きとか考え方とかいろんな「密かな動き」は判らないだろう。それに、田崎スシローとか伊藤とかって、ワイドショーを観てろって事になるけど?彼らが言うのは人事とかの「政局」。そんなことが「政治の裏側」ではないだろ。いや……日本の政治のほとんどは人事だったりするかもしれないけどね。知らんけど。
 
 16時まで仕事をして、なんとか1ブロック終えた。
 書いたところまでをiPadでも読めるようにして、外出。
 買ったけどボタンをするとキツくてほとんど着なかった長袖シャツが着られた!同じくキツかったコーデュロイのズボンもするっと穿けたぞ。やっぱり2キロ痩せると効果はあるのね。

 

 本日は1年ぶり(だったか?)の日芸校友会常任幹事会が江古田である。前回は「学生が校内に入れないのにOBが学内で集まるって、どういうことだ!」とホネのある学生の抗議で、常任幹事会は急遽、池袋のホテルの会議室でやったし、それ前後も審議する書類がファイルでメールされて、それを読んで賛否をオンラインで返答するカタチだった。

 

 早めに江古田に着いて、メシを食べる。学生の街だから、安くて美味い店が多い。特に北千住ではほぼ絶滅してしまった「個人経営の町の洋食屋さん」が健在。今回はその中でも、いつもの「キッチンABC」ではなく「ランチハウス」にして、焼肉とカキフライのセットを頼んだ。

Img_6201

 美味いなあ。江古田にはこういうお店がたくさんあるのがいいなあ。江古田はいいなあ。学生時代は西武線を渡って南口方面にはほとんど来なかったので、この「ランチハウス」には馴染みはないんだけど……日芸がある北口側にあった行きつけの店は、すべてなくなってしまったし。
 食後、本当はここで食べるつもりだった「好々亭」の場所が判った。ここのメニューも魅力的なんだよねえ。次回はここで食べよう。

 

 開始30分前に会場へ。以前、5分前に行ったらすでにおれ以外の全員が揃っていて物凄く恥ずかしかった。でも30分前だとおれ以外に2人しかいなかったけど。15分前に行くのがちょうどいいかも。
 待っている間に、iPadで「第2章」の今まで書いたところを読み返す。大きな穴とかあるだろうと思ったが、ない。思った以上によく書けている。と言うと自画自賛になってしまうなあ。

 常任幹事が入れ替わったので、今期のメンバーで写真を撮ってから、会議開始。
 まず最初に、校友会長から、今回の本部理事の件で「私、憤ってます」とひと言。マスコミ取材には応じないようにとも言われたが、マスコミ報道以上のことを知り得ないのだから、聞かれても何も答えられない。ただ言えることは「これが50年前なら日大紛争が起きたよね」ということ。
 審議は、既にほとんどの件がオンラインで承認済みだからシャンシャンで進む。
 先日の「オールナイトニッポン」の特別編、立川志らくがやったヤツは、日芸校友会がスポンサーになったのか。既に承認済み案件だったらしいが、忘れていた。100万出して学生が作ったCMが8回くらい流れたらしい。
 この件だけ、質問をした。今回は自然に手が上がって自然に質問できた。いつもは発言するのを憚られる雰囲気があるんだけど。狭い円卓の会議室だと、圧迫感があるからなあ。

 1時間ちょいで、会議は終了。ポークかサーモンのお弁当をお持ち帰り。おれはサーモンにした。

 

 しかし……不思議なもので、新校舎にはまったく馴染みはないし、街も大きく変わってしまったのに、江古田に来ると、なんだかホッとする。懐かしい。やっぱり住みやすいよねえ、この街は。いや、一番大きいのは、恩師M先生の元気な顔を見て声を聞けたことだろうけど。
 ほんの数年前までは、こんな郷愁みたいなものとか母校愛みたいなものは皆無だったのに、最近、急激に感じるようになったのは、おれが急激に老化しているって事なのだろうか?
 
 帰りの電車が空いていた。これは日本シリーズのせいか?今年はシーソーゲームで面白いもんな。

 

 コーヒー豆、牛乳、卵を買って、帰宅。
 くーたんにご飯を出し、おれは「第2夕食」。サーモンを蒸したのか?少なくとも焼いてはいない。そんなお弁当を美味しく戴く。

 日本シリーズの後半を観る。こうなると、オリックスを応援するぞ。オリックスは、親会社は嫌いだけど、チームは応援したい。ずーっと低迷していたしねえ。
 で、ジョーンズの代打ホームランの1点差を守り抜いて、オリックスの勝ち!
 続いて、初めて観る「千鳥のクセがスゴいネタGP」。千鳥って、彼らの面白さがよく判らないのだが、この番組はネタを披露する番組で、面白い。霜降り明星もあんまり面白いと思った事がなかったのだが、せいやのモノマネの達者さと粗品のアイディア芸は秀逸。

 途中で中断して、「報道ステーション」を観て、ゴミ出ししようとして、コーヒーメーカーから昨日分の使用済みの豆を紙フィルターごと取り出そうとしたら……紙フィルターが裂けて、床に使用済みの豆が散乱!乾いていた分は掃除機で吸い取り、湿っている分はキッチンタイルやウェットティッシュを大量に使って回収。なんとかなったけど、コーヒーの匂いが残ってしまった。

 そのあと、風呂。


 さっさと寝ようと思っていたのに、テレ東の「じっくり聞いタロウ」を観てしまった。

 0時55分、就寝。

 

今朝の体重:86.15キロ
本日の摂取カロリー:2288kcal
本日の消費カロリー:236kcal/5477歩+自転車

2021年11月25日 (木曜日)

11月24日/仕事して今日も「夜廻り猫」に感涙してテニスしてラーメン食って……

 7時36分起床。
 快晴。富士山が美しい。

 

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはダブルソフトのトースト、ゆで卵、牛乳、コーヒー。

 

 今朝も「夜廻り猫」を読む。「おじいさんと子猫」シリーズが好きで、何度も読み返す。近作では、不器用な学生が仲間に置いてけぼりにされてしまう回も。なんだかねえ、ほんと、泣いちゃうんだよねえ。Twitterで作者の深谷先生からお返事を頂戴して余計に感激するし。
 こんなに感動してるんだから、お礼の意味も込めて作者に還元せねば。それは、本を買うことだろう。仕事が一段落したら全巻買い揃えよう。

 

 仕事開始。昨日の続き。
 難しい場面だが、とにかく書いて、後から演出を考えて直すことにする。とにかく書かねば!

 

 昼は、卵とソーセージの焼きめし。ネギが欲しかったが、思った以上に美味い。

 

 仕事再開。16時過ぎまでやって、力尽きた。あと少しで1ブロック終わるのだが、場面転換が難しいので明日の宿題。

 

 支度をしてテニスへ。
 テニス仲間のK氏が英国の賞を受けたので、その祝賀を述べる(というと紋付き袴姿でマイクの前に立って朗々と功績を称える感じだけど)。新型コロナ禍で授賞式はオンラインで済んでしまったらしい。
 テニスはまあまあ。というか、疲れてしまって、試合ではサーブが全然入らない。
 
 風呂に入って、北千住まで戻る。
 夕食は、北千住西口の「武蔵家」で。昨日、騙取するカタチになってしまった味玉分の代金を払わねば。
 どう言えば短く伝わるだろうと、いろいろ考えていた。お店は忙しいしやかましいから、とにかく端的に伝わらなければならない。
「こっちが間違えて味玉を貰ってしまったので、その代金を払います」
 と言うことにして、いつもより高い「○得ラーメン」にする。
 で、ラーメンが来たときにカウンターに100円玉を置き、上記の弁解を述べたのだが、「はぁ?」と言われてしまった。
 で、同じ言葉を二度繰り返したら「いやいや、いいです」と受け取って貰えない。「いやいやそれは困るので」と100円玉の攻防戦。幸い、お店は空いていたので仕事の邪魔にはならなかったが。
 結局受け取って貰えて、ホッとした。正直を貫いたぞ!まあこれはほとんど自己満足だけど。
 九条ネギがたっぷり入った○得ラーメンは美味かった。

Img_6200


 帰宅。
 くーたんにご飯を出して、TBS「世界くらべてみたら★スシロー中国本土初進出密着&アンティグア・バーブーダどんな国」の一部を観る。亀田製菓の「ハッピーターン」と「ソフトサラダ」をフランスとセネガルで食べ比べ。どっちが美味しいと感じたか競う。見事にこの美味さは伝わった。フランスでもセネガルでもかなりしょっぱいと感じたようだ。日本人はかなりしょっぱいのが好きなんだなあ。
 その後、録画した「有吉の壁」を観る。コンビ「きつね」の持ちネタであるサウンドサンプラーを使ってのネタを競うが……ただのBGMとして使ってしまうとダメ。サンプラーの特性を生かしたネタは合格。有吉のこの基準は明確で正しい。ただし、BGMとしてしか使わなくてもネタが抜群に面白ければ合格。
 かなり難しいが、ハマって面白いネタが結構あった。しかしこの番組に参加するのは大変だなあ。

 

 ニュースに戻って、今夜もヤクルトが勝ったことを知る。心情的にはオリックスを応援してるんだけど。いや、ヤクルトもいいチームだと思うんだけど、ずーっと低迷していたのはオリックス、って感じが強いので。突然強くなったイメージもあるし。

 

 23時17分、就寝。

 

今朝の体重:86.80キロ
本日の摂取カロリー:1821kcal
本日の消費カロリー:198kcal/4804歩+自転車+702kcal(テニス)

2021年11月24日 (水曜日)

11月23日/世間はお休みだが「夜廻り猫」に感動して、仕事してラーメン

 6時45分起床。

 寝不足だが起きて、洗濯物を干しに行く。今日は休日だから、物干し場所の確保の自衛策。

 薄曇り。予報では晴れているはずなのにねえ。

 

 朝のモロモロを済ませる。

 深谷かほるさんの「夜廻り猫」最新話(←リンク)を読んで、号泣。老人や老夫婦と猫の話になるともう、無条件で泣いてしまう。弱い者や不器用な者の味方なんだよねえ、猫は。トシを取ってきてオノレの老境を意識すると、余計にしみじみと心に染みいる。

 いつもネットで読ませて貰っているけど、それでは申し訳ない。全巻買い揃えます。

 Twitterでこの感動を書いたら、作者の深谷さんからコメント戴いて、余計に感激!

 

 アサメシはいつものようにダブルソフトのトースト、ゆで卵、コーヒー。牛乳を切らせてしまった。

 

 仕事開始。「内閣裏官房3」の第2章。一時のスランプというか全然進まなくてもがいている状態からは脱出成功したのだが、書けば書くほど膨らんできて、終わらない。ダラダラ長くなっているのではなくて中味が伴っているから(そのつもりで書いている)、この流れを大事にして書き進めるしかない。

 

 「じゅん散歩」は北千住だ、と教わったので観てみるが……関屋のムラサキスポーツのスケボーリンクがメインだが、番組の大半が通販CMみたい。えんえんCMをやっている。

 

 昼は、買い物がてら外出して、北千住西口の「武蔵家」でラーメン。

Img_6199

 安定の美味さ。

 が……。

 「味玉ラーメン」と「海苔増し」の食券を買ったはずなのに、海苔増しだけど、味玉が入っていないぞ。むむっ。

「味玉が入ってないんですけど」とクレームをつけて味玉を貰ったが……よく考えると、これはおれの完全な勘違いだった。お釣りの額から考えると、おれは普通のラーメンの食券を買って、追加で「海苔増し」の食券を買ったはず。

 食べ終わって店を出て、食券自販機の金額を確かめた。

 まあいいか、味玉100円分トクした、と思って店を離れたが……。

 だんだんとこの「故意ではないが店を騙してしまった」ことに自責の念が募ってきた。常日頃、他人の悪事やズルを批判しているオレが、味玉1個を騙し取ったのは断じて許せない。しかし、スーパーで買い物して荷物が増えてしまった。一度帰宅して、と思ったら、改めて店に行くのがとても難儀に思えてきた。しかしこのままではイカン。味玉分の100円を払いに行かねば。

 いろいろ考えた末に、明日またラーメンを食いに行って、その時事情を話して詫びて100円置いていくことにする。

 

 ちょっと足りなくて、8枚切り食パンに薄いハムを挟み、刻みピクルスとマヨネーズを足してた「二つ折りサンド」を作って食べる。美味い。

 

 仕事再開。

 15時頃、洗濯物を取り込みに行く。

 突然、長崎の「軍艦島」について調べてしまった。日本最古の鉄筋コンクリートのアパート「30号棟」が近々、自然崩壊するだろうという記事を読んだから。ここで生まれ育った人も多いだろう。ここに長年住んで、郷愁を覚える人も多いだろう。炭鉱が稼働していて人々がたくさん住んでいた頃の写真を見たり、ここでの暮らしは楽だったし楽しかったという話を読むと、「朽ち果てていく故郷」を観るのは断腸の思いだろうなあと想像する。

 

 あと少しで1ブロック終わるところで、力尽きた。こう書けば終わる、と判っているが、そのパワーが出ない。

 

 夕方のニュースを観て、18時に夕食。スーパーで買ってきたアルミ鍋入りの「豚肉キムチ鍋」。これはもう火にかけるだけで出来てしまう。スープはゼラチン状に固まっているので、袋から注ぐ手間すら不要。

 肉の量は少ないがその分、つくねが2つ。かさ増し用のうどん入り。やっぱり野菜は少し増量させたい。

 ご飯小とキュウリの漬け物で。

 

 食後、日テレの「ヒューマングルメンタリー オモウマい店食欲爆発!!たれウマすぎ」を観て、不意に落涙。感動してしまった。どうして感動するのか自分でもよく判らない。太った客が豚の生姜焼き定食のタレにキャベツの千切りを浸して食べまくるのが番組のメインだけど、ここではなくて、お店のスタッフの、なんとも人情味溢れるやりとりを観ていると、不意に落涙してしまったのだ。この感動は「孤独のグルメ」と同じ種類。似たような番組なのに、「町中華で飲ろうぜ」ではほとんど感動しないのに、不思議なんだよなあ。この番組の玉袋筋太郎やお姉さん二人はいろいろ食レポしながら飲み食いするが、井ノ頭五郎さんはその場所に溶け込んでひたすら食べているし、「オモウマい店」の客にいたっては純粋な一般人だし。

 

 その後、日本シリーズがシーソーゲームで面白いので、終了まで観てしまった。この日本シリーズ、実はとっくに終わっていると錯覚していて「あれ?今年はどこが勝ったんだっけ?」と思ったりする程度の関心しか無かった。申し訳ない。ヤクルトとオリックス、凄い。そして、高津って現役の頃はもっとヘラヘラして頼りない感じの男のイメージだったんだけど、試合後のインタビューでは、立派な監督になってるなあ!今年の高津監督は采配が大成功して、セリーグで優勝して、無意味ななんとかシリーズも勝ち抜いたんだもんね!

 オリックスの中島監督も、仰木監督以降ずーっとパッとしなかったし下位で低迷していたチームを立て直した凄い監督だし。

 

 日本では、新型コロナはおさまって「ただの風邪に近い」感じなりつつあるが、欧米ではまたも猛威を振るい始めた。ただ、「死の病」ではなくなって来たのは事実。それだけが救いだ。第6波が来ても、医療が逼迫しないことを心から願う。

 

 ゴミ出しして風呂に入り、さっさと寝ようと思ったら、「ブラタモリ」の再放送がムチャクチャ面白いので観てしまった。フォッサマグナが日本列島を作ったの巻。

 凄いよねえ。しかし、こういう超大規模な地殻変動って、もう治まってしまったのだろうか?大噴火が起きて地が割れたり島が陸続きになったり山が大移動したりという凄いことは、もう起きないのだろうか?

 それを思うと、凄く心配。

 

 0時24分、就寝。

 

今朝の体重:86.40キロ

本日の摂取カロリー:2175kcal

本日の消費カロリー:78kcal/1946歩+自転車

2021年11月23日 (火曜日)

11月22日/雨の日は仕事三昧

 7時8分起床。
 曇り~雨。

 

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはダブルソフトのトースト、ゆで卵、牛乳、コーヒー。

 

 仕事開始。「内閣裏官房3」の第2章。
 書いていると、どんどん膨らんできた。

 

 雨はあがっているが外に出ると仕事のペースが乱れるので、昼は部屋で、スパゲティ・ボンゴレに海苔と粉チーズ。それだけでは足りなくて、ご飯小分のご飯で、シャケのおにぎりを作って食べる。

 食後すぐ仕事再開。

 

 午後、相方から「降格警視2」のプロットが戻ってきたので、整理して、徳間I氏に送る。

 「内閣裏官房3」に戻る。
 夕方、ふと睡魔に襲われて、iMacの前でオチてしまったが、だからと言って仕事のペースはさほど落ちない。

 

 18時に夕食。「キャベツと豚バラ肉のバリバタ醤油炒め」を作る。これは間違いなく美味い。炒めすぎるくらい炒めた方が香ばしくなって美味い。ご飯小とキュウリの漬け物も。

 

 夕食後は眠くなるのだが、今日は全然眠くならない。が、食後休憩でテレ朝の「バスサンド」を観る。千葉の養老渓谷を歩く。千葉はけっこう山深いところがあって、魅力的だなあ。

 

 仕事に戻る。が、明日分の展開で思いついたことや懸案事項の解決策をメモ書き。

 

 木下都議、やっと辞職。しかし「仕事をしたいのに妨害された」と虐められて追い出されたと主張。アンタが逃げ回って休んでたんだろ。ま、この人の顔を二度と見ることはないだろうが。

 

 立憲民主党の代表選、報道のまとめ方によってまったく意味が違うんだが、どうも「共産と選挙協力は続けたいが政権を取った際の閣外協力は拒みたい」というガキがダダをこねてるような妙なことを言い出している。そんな立憲民主党に共産党が黙ってついてくると思ってるのか?相手はアンタらより数倍頭がいい人たちが集まってるんだぞ。
 
 そういや今日は、ニフティ時代からの知り合いの本性が判って失望した。ネット歴の長い立派なオッサンが、こっちの書き込みを改竄して引用するガキみたいな苦し紛れな真似をしてマウントしてくる。なんだこれは、と呆れ果てた。相手は遊んでいるのかもしれないが、オレにはお前さんと遊んでいる暇はないのだ。論陣を張るならきちんとやれよ。

 

 それと……『クロサワの「生きる」を某市役所が新人研修で見せている』というFacebookでの書き込みに「結局何にも変わらないと学ばせてる?」と茶化してしまった。書き込んだヒトは凄く真面目な人だったようで、スゴく怒らせてしまった。

 

 風呂に入って、0時47分、就寝。

 

今朝の体重:86.35キロ
本日の摂取カロリー:1762kcal
本日の消費カロリー:0

2021年11月22日 (月曜日)

11月21日/花畑大鷲神社で二の酉&コナズ珈琲店でパンケーキ

 7時27分起床。

 曇り。

 

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはダブルソフトのトースト、ゆで卵、牛乳、コーヒー。

 

 仕事開始。「内閣裏官房3」の第2章を引き続き書く。

 

 今日は酉の市の「二の酉」。新しい熊手を買いに行かねば。

 雨になったら六町駅からバスのつもりだが、時々陽が射したりするので日中は大丈夫だろう。六町駅前にあるレンタサイクルを利用しよう。

 

 12時30分を回って、外出。

 レンタサイクルはほとんど使われていないが予約する。

 12時48分に借り出して、一路、関東の酉の市発祥の地である花畑大鷲神社へ。

 先にコナズ珈琲に行ってヒルメシを食おうかとおも思ったが……先にお参りして熊手を買おう。

 

 足立区の外れの住宅街は静かで、電動自転車で走ると気持ちがいい。

 開店時間が短くてなかなかありつけない「幻のそば屋」が開いていたけど……スルー。

 15分ほどで、到着。

 今日の花畑大鷲神社は激混み。一の酉が雨だったから、今日の日曜に集中した?

 お参りまで30分、おとなしく行列に並ぶ。

Img_6194
Img_6195
Img_6196

 たぶん、列の進みが悪いので、あっちこっちから横入りされ放題だったと思うけど、別にいい。お参りだからこっちが正直でいれば、それでいいの。

 まあ、並んでいる間に大判焼き(今川焼き)を買って、食べながら並んでいたけど、こういうのも楽しい。

 しかし子供は落ち着いて並んでいない。列を離れてベビーカステラや焼きそばを作っているのを見に行ったり、忙しい。

 まあ、これがお祭りの原風景だよねえ。

Img_6197

 30分くらい並んで、やっとお参り。新しい熊手を買い、お神籤を引き、古い熊手や今年買ったお守りを置いてくる。

 お神籤は「小吉」。

『思わず知らず人の心は穢れ初霜に物皆萎むけれど 紅葉が日に照り映える様な好日が訪れ艱難の中にも幸運の神様の大御光りが差し初めて 機運は上り坂にあります お祈りを捧げなさい』

 と、ある。悪くはないぞ。

 

 焼きそばを食いたかったし、境内を散策したかったけど、とにかく人が多かったので、退散。

 電動自転車に乗って、一路、コナズ珈琲へ。

 

 チェックインすると、12組待ち。外で一服しても全然進まない。40分ほど待って、あと3組というところで名前を呼ばれた。なんだかトクした気分。

 窓側の席に案内されて、事前にメニューを研究していたので、ベーコン&エッグパンケーキとコーヒーにする。

Img_6198

 分厚いベーコンと焼きトマトが美味いが、期待値はもっと大きかったので……今度はエッグベネディクトかガーリックシュリンプを頼もう。ここはもっと近ければ普段使いしたい店だなあ。雰囲気がいいもんなあ。しかし北千住からだと交通が不便。すぐ近くにバス停があるけど、電車とバスを乗り継がないと来る事が出来ない。

 帰路、六町駅に向かう途中で「博多長浜ラーメンの田中商店本店」があるので、せっかくだからラーメンも食べて帰ろうかと思ったが、18時から。ちなみに、ラーメン通に寄れば、博多ラーメンと長浜ラーメンは別物なので「博多長浜ラーメン」と謳うのは間違いらしい。

 六町駅前にはレンタサイクルは多いが、返す空きスペースがほとんどない。最悪、竹ノ塚か西新井まで走って返すしかないかと思ったが、1つ空きがあったので、返却予約をして、六町駅まで爆走。

 15時48分返却。

 今日はほとんど「待ち時間」だったなあ。日曜だから仕方がないが。

 

 つくばエクスプレスに乗ると、用もないのに筑波まで行きたくなるが……今日も自制して北千住に戻る。

 

 雨がぱらついてきたが、スーパーに寄って明日分の買い物。明日は1日中雨のようだから。

 

 17時頃帰宅。

 「笑点」を観て、18時からはBSで「青天を衝け」。

 どうも岩崎弥太郎が憎々しい。これまで最大の敵役だなあ。弥太郎に比べれば薩長も岡部藩の役人も可愛いものだった感じ。

 千代の死は、可哀想で正視出来なかった。この時代、まだ病院はなかったのか?

 

 夕食は、お茶漬け。ちくわ2本にちりめんじゃこにキュウリの漬け物で。

 

 夜は、「降格警視2」の各話プロットを整理。9案用意できたので、この中から4つ選べばいいと思う。

 相方のチェックを経て、明日徳間担当I氏に送ろう。

 

 雨が降っているのでゴミ出しはせず、風呂に入る。

 首の廻りが伸びたり穴が開いたTシャツは寝間着にしていたのだが、それももうボロボロになりすぎたので、感謝しつつ、捨てる。ハワイのノースショアで買った思い出のTシャツだったが。そういう記念品は着ないで取っておくべきかもしれないが、Tシャツなんて、着てナンボのものだし。

 

 録画した「タモリ倶楽部」を観る。チロルチョコの試作。なんか最近の「タモリ倶楽部」は低調な感じがするなあ。鉄道企画に制限がかかってるのかな?日暮里ダービーをやる方が盛りあがると思うけどな。

 

 23時57分、就寝。

 

今朝の体重:86.60キロ

本日の摂取カロリー:1699kcal

本日の消費カロリー:209kcal/5066歩+自転車

2021年11月21日 (日曜日)

11月20日/仕事進んで錦糸町でお好み焼き

 7時30分頃起床。
 たっぷり寝た感じ。
 快晴。

 

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはダブルソフトのトースト、ゆで玉子、牛乳、コーヒー。

 

 仕事開始。
 今日は俄然、仕事が進む。昨日はあんなに書きあぐねていたのに、ダムが放流し始めたように(この比喩はヘンかも)どんどん書ける。我ながら、この心的メカニズムは理解出来ない。いよいよヤバいと思う危機感がなせる業か?
 第1章と第2章で100ページを超える。いつもより分量が多いことも、時間がかかっている理由でもあるが……今日はとにかく進む。
 仕事が進むと心も軽い。今はなき「淡路フェリー」のCMソングを思い出すなあ。

 

 昼は、ご飯小ととくしまのてんぷら3枚とインスタントのしじみ汁とキュウリの漬け物で軽く。

 

 仕事再開。スイッチが入っている間にとにかく書き進める。
 1ブロック終わって次のブロックに入ったところで、ガス欠というか電池が終わった感じ。睡魔に襲われた。
 が、所用で外出している相方と今夕は錦糸町で食事する。そろそろその時間になった。
 
 支度して外出。
 16時20分頃、錦糸町着。アルカキット1階のATMでお金を下ろす。調べるとメインバンクのATMがあるはず……なのに、あったのはみずほ・セブン銀行とゆうちょ。あれ?そんなはずは……。
 しかし、ないものは仕方がない。セブン銀行のATMで下ろしたら、手数料が330円も取られてしまったぞ!メインバンクのATMならタダなのに!実に悔しい。

 

 エスカレーターを上がると、ちょうどダイソーのフロアで買い物を終えた相方と合流。2つ上のレストラン・フロアへ。
 ここにある「バケット」にはよく来るが、同じフロアにあるお好み焼きの「こてがえし」が凄く気になっていた。大阪式の焼いてくれる美味いお好み焼きが食いたいのだ。東京のお好み焼き屋は客に焼かせる店が多い。一番肝心の「調理」の部分を客に任せる手抜き商売!まあ、もんじゃ焼きの影響だし、自分で焼きたいという客もいるだろうけど。
 というわけで、「こてがえし」に入って、おれは広島焼き、相方はモダン焼きを頼む。どっちも中華そばが入っているが、作り方が微妙に違うらしい。
 美味い。
 追加で、牡蠣のバター焼きを頼むと、これは自分で焼けと。
 醤油を垂らし忘れてしまったけど、バターだけで充分美味い。
 チーズ明太ミルフィーユ焼きをシェアして〆る。
 おれはビール小を飲んだ。
 相方のバースデーお祝い第1弾として、ご馳走する。
 久々のお好み焼きで、実に幸せな気分。
 しかし……かつて新大阪駅ビルのお好み焼き屋で食べた多段式超デラックスお好み焼きがまた食べたいなあ!あれは無茶苦茶美味かったもんなあ。東京では食えないのかなあ。記憶で美化されてる可能性もあるけど。

 

 帰りは錦糸町駅前からバスに乗って浅草まで。この道中が楽しい。
 浅草から東武線で。

 

 19時前に帰宅。「出川哲朗の充電バイク旅」を観て、「アド街ック天国・白金」を観る。ハイソな街は白金台で、白金というか、北里研究所と大学がある「北里通り」には「奇跡の港区の下町」と称されて、古い街並みが一部残っている。
 とはいえ……おしゃれな店が増えて、再開発計画が進んでいるらしい。どこもかしこも再開発されて同じようなタワマンが建って、どこがいいんだ?街の文化をそんなに簡単に殺しちゃっていいのか?

 

 ビールを飲んだせいか、眠い。
 「新情報7デイズ」を観ていて寝てしまったが、頑張って起きて風呂に入り、「人生最高レストラン」を観る。阿佐ヶ谷姉妹がゲスト。芸人として売れても家賃6万2000円の1Kアパート住まい。堅実が歩いている。しかし、人間、こうあるべきだろうなあ、と反省。しかし、おれのばあいは自宅が仕事場だから、六畳一間で寝起きして仕事していたら……独房生活みたいな感じだもんねえ。

 

 0時7分、就寝。
 妙で不快なX級ホラー映画みたいな夢を3本立てくらいに見た。なんだこれは?

 

今朝の体重:86.85キロ
本日の摂取カロリー:1939kcal
本日の消費カロリー:150kcal/3553歩+自転車

2021年11月20日 (土曜日)

11月19日/一念発起してキャットタワーの大修理

 7時4分起床。

 快晴。

 洗っておいた洗濯物を干す。

 

 目のショボツキは、解消。やっぱり寝るしかないのか。QPコーワとかアリナミンEXαとかが目の疲れに効くそうだけど……。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはいつものようにダブルソフトのトースト、ゆで卵、牛乳、コーヒー。

 

 仕事開始。「内閣裏官房3」の第2章。もう構成は固まったし書くことは完全に決まったが……イメージが浮かばない。知らない世界だから完全に想像で書くしかないが、想像の手掛かりがない。う~む。

 それでもなんとか書き進める。

 

 相方から電話。

 「降格警視2」に関して、実に面白いアイディアが出たので、それで行こう!ということになる。

 来年分の企画は3つ、進行しているのに、肝心要の「内閣裏官房3」が遅々として進まないのが、我ながらヒジョーに悔しいし忸怩たるものがある。いいものにしなければと言う内なるプレッシャーもあるんだけど……。

 

 昼は、千住大橋の「サイゼリヤ」でハンバーグランチ。ご飯大盛りで550円!圧倒的な安さ!「てんや」で天丼&そばにしようかと思ったが……。

 食後、階下の「ライフ」で買い物。一人すき焼きのセットなどを買って帰宅。

 

 どうもモヤモヤする。モヤモヤの原因を解消すべきだ。

 原因の一つが、キャットタワーの爪研ぎ用麻縄がボロボロになっている件。爪研ぎなんだからボロボロになる。以前はこのパーツを交換していたのだが、メーカーがもう作っていない&在庫がない。キャットタワーを買い換えてもいいのだが……くーたんは今のキャットタワーが気に入っているようなので……。

 いろいろ調べたら、ボロボロになった麻縄の上から巻き付ける綿ロープがある。Amazonで注文したら、昨日届いた。

 それを巻いてみることにする。

 キャットタワーを分解して、ポール1つ1つに巻いていく。麻縄がボロボロになりすぎて地の段ボールになってしまったところは凹むが、仕方がない。

 力を入れて解けないようにグイグイ巻くと汗をかいた。

 掃除をしながら組み立てつつ、ポールに綿ロープを巻いていく。

 で、なんとか完成!

 上の段が元々の麻縄のもの、下の段が綿ロープを巻いたもの。麻と綿じゃ感触が違うから使ってくれないかもと思ったが、早速バリバリと爪を研いでくれた。右の長いポールの分は、補修するには綿ロープが足りなかったので、そのまま。

Img_6193

 これで長年の懸案が1つ解消。

 あとはiMacの更新だけど……こっちはなんだか面倒になってきた。今使っているiMacLATE2012は元気で動いているし、OSもMojaveでなんの支障もないし。

 

 支障といえば、師匠。快楽亭が敬愛して二人会もよく開催していた、川柳川柳師匠が、亡くなった。快楽亭のブログに、いくつも川柳師匠を偲ぶ書き込みがあったので、もしやと思ったら……。

 「ガーコン」と「ジャズ息子」、そしてこの2つが合体したネタを何度も聞いたし、録音もした。

 打ち上げの席で見事な「口ラッパ」を聞かせて貰ったし、左翼のお旦にも右翼のお旦にも瞬時に話を合わせ、根っから思想を共有しているように熱心に話す姿に、芸人の神髄を観た。両方のお旦が同席していたらどうなっちゃうんだろうと思ったけど。

 心からご冥福をお祈りする。

 心臓の再手術を控えて、前田五郎、川柳と、敬愛する師匠たちが亡くなって、快楽亭が心配だ。

 

 夕食は、すき焼き。アルミ鍋のものには上げ底のうどんが入っているが、それを取り出して、春菊とネギとシラタキを増量。肉が4切れしか入ってないのが侘しいね。

 しかし、炊きたてご飯で食べると、美味い。最後にうどんを入れて煮直して食べる。

 

 夜になって、実日F氏からメール。先日の新企画、上司のOKも出て、正式にGOとなった。よかった。

 

 溜まった新聞を一気読み。

 大谷のMVP、真にめでたい。怪我をせず、来年も頑張って欲しい。今年が特別だったと言われないためにも。

 

 BSフジの報道番組に、立憲民主党の代表選4候補が出演。いろいろ言っていたが……ふと疑問。

 「旧民主党からの『負のイメージ』」って、なんだ?

 政治の失敗なら自民党の方がはるかに多い。負のイメージって、あのアベが「悪夢の民主党政権」とバカ丸出しで繰り返した、あれか?

 リ-マンショックの後、東日本大震災と福島第一原発事故が続いたという不幸が、民主党政権に暗いイメージをつけてしまったのは事実。それと、内紛。政権奪取の立役者である小澤一郎を守れなかった政党としての幼さ。

 アタマのいいガキが集まる中学校の学級会みたいな内紛は観ていてイライラした。しかしそれなら自民党だって内紛の歴史なんだけど、こっちはけっこうカネとポスト絡みの泥くさい内紛だから、有権者には妙な共感があるんだろう。しかし旧民主党の内紛は、「理念」「思想」が絡んでくるから、「クソ面倒なことやってるな」という印象になってしまった。

 負の遺産って、そういうところだろう。オブザーバーみたいな感じで出演していた伊藤惇夫氏の指摘のとおり、手足になってるのは一般人ではなく労組の関係者が多いのが壁になっているとか、選挙区に根を張っていないから強い風が吹いたらなぎ倒されてどこかに飛んで行ってしまう、と。

 その通りだよねえ。

 

 モーレツな睡魔に襲われて、ソファに座ったまま失神するように寝てしまった。

 が、なんとか起きて、資源ゴミを出して、風呂に入り、0時7分、就寝。

 

今朝の体重:86.20キロ

本日の摂取カロリー:2282kcal

本日の消費カロリー:76kcal/1875歩+自転車

2021年11月19日 (金曜日)

11月18日/目のしょぼつきと戦いながら、国立で吉方取り

 7時起床。

 朝方にわか雨とか言ってたのに晴れ。

 

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはダブルソフトのトースト、ゆで卵、牛乳、コーヒー。

 

 いつも日記にを書くのに時間がかかるが、今朝はニフティのココログがサーバー移転でお昼まで使えないので、昨夜寝る前に書いてアップしておいた。

 だから仕事を早く開始できるだろう……と思いきや。

 ネットをダラダラ見てしまった。そのうちに目が霞んできて……。

 起き抜けにiPhoneを見るとその日1日、目が霞んでしまうことがあるので、極力見ないようにしているのに……今朝はiMacの画面を見ているだけで駄目になってきた。

 眼科で処方して貰った目薬を点してもダメ。こういう場合はちょっと寝ると回復することがあるのだが……。

 

 最近、毎日のように読みに行っている、「春の祭典」マニア氏のサイトを今朝も熟読。この方は発売されているすべての音源を入手して聴いている、ハルサイの達人。おれと多少好みが違うが、鑑賞ガイドはとても参考になる。マイケル=ティルソン・トーマス盤が究極のハルサイだと断じてらっしゃるので、聴いてみよう。それと、ジョナサン・ノットが東京交響楽団を振ったモノも。NHKで放送したサロネン/フィルハーニアの来日公演のハルサイがとても素晴らしかったのだが、これはCDかDVDにならないのかな?

 10時過ぎにココログが使えるようになったので、日記を加筆。

 

 お昼になってしまった。

 この前のポトフをさらえてしまう。残り物のポテトサラダとご飯小で。

 ポトフ、今度はジャガイモやニンジンを大きく切って作ってみよう。その時はカブか大根も入れよう。ソーセージはもっとたくさん入れた方が美味いだろうな。

 

 仕事再開。

 目がよく見えないが、なんとか頑張って1ブロックが終わりそうなところで、外出の時間。

 今日は、吉方取りで西に行く。

 お水取り以外の「吉方取り(祐気取り)」をしていたら、なんだか運気が上昇している感じがある。12月は中旬以降、吉方がないので、今のうちに行っておかねば。

 時刻九星表で、その日の時間を調べるが、今日は17時~19時。

 距離は、これまでの経験などで自宅から30キロ程度離れていればいいということにする。

 で、西だと国分寺以西。国立駅前にロイホがあるので、夕食がてら仕事して2時間粘ってやろうと思ったが……ロイホは高い。近隣の駅にデニーズもあるが、国立駅前にバーガーキングを見つけたので、国立にする。ちょうどワッパーが食べたかったのだ。

 

 15時49分北千住発の品川行きに乗って東京駅で中央線快速青梅行きに乗る。

 乗車中に、相方から「第2章」の1ブロックの詳細なメモが届いたが、どうも相方のiPhoneから長文メールが送れないようだ。送れるときもあるので症状は不安定。MacBookから送り直して貰うと、無事に届いた。

 

 17時1分、国立着。

 駅前で少し迷って、バーガーキングへ。

 このお店は寒い。暖房を入れていないのか?

 クワトロチーズワッパーのセットに、スナックチキンのセットを追加。メニューが少ないなあと思ったら、iPhoneのアプリで割引クーポンが効くメニューを見ていたのだった。

 席についてワッパーを食べる。もっとケチャップとマスタードを追加したかったのでカウンター周辺を探したが、置いていなかった。

 近くの席で中国人の若い女の子ふたりが大きな声で喋りながら食べていた。久しぶりに会って気持ちが高まってるのかな。

 おれの隣の席では浪人生らしい若い男が勉強したり教えあったりしている。

 おれはMacBookAirを広げて、仕事。相方からの構成メモを組み込むと、これで大丈夫!物凄く時間がかかった「第2章」だが、これでなんとかなるだろう。あと数日で書き上がるはず。

 

 MacBookAirは順調に作動している。バッテリーの作動時間が短くなった気がするが、バッテリーを交換して電力を消費するから外してあったソフトを戻した(バックグラウンドで作動させるようにした)せいもあるのだろう。

 しかし、目のかすみが直らない。MacBookAirの表示はiMacより小さいので、ちょっとシンドイ。

 持参したiPadで、Kindleアプリを作動させて、雑誌ブルータスの村上春樹特集の上下を読む。紙の雑誌を買いそびれてしまったのだ。アマゾンで調べると、Kindle版の方が安いし即座に手に入るので、Kindle版を買った。

 iMacでは見辛いが、iPadだとラクに読める。

 18時40分まで、寒い店の中でブルータスを読む。

 立ち食いそばでも食べて温まろうかと思うほど、店内は寒かったぞ。長居させない手段か?

 

 国立駅南口の駐輪場の片隅にある喫煙所で一服して、19時3分発の快速で東京で常磐線直通の土浦行きに乗り換えて、北千住へ。
 車中でiPadを使ってブルータスの村上春樹特集を全部読んでしまった。若い頃の村上春樹のエッセイは本当に面白い。軽快でユーモアがあって観察眼が鋭い。感覚が、近所のお兄さん的でもある。近年は違うけど。

 東京駅で美味い駅弁でも買おうかと思ったが、それは我慢。

 ファミマに寄って卵や牛乳、そしておにぎり1個買って、帰宅。

 

 くーたんにご飯を出し、シーチキンのおにぎりを食べる。

 今日は久々に大幅なカロリー・オーバー。

 

 熱海の大型リゾートホテル「ホテル・ニューアカオ」がこの夏で営業を終了していた(←リンク)ことを知って、ショック!

 海に突き出しているから、海風をモロに受けて劣化も激しくて、施設を維持するのは大変なんだろうけど……。

 以前、一度泊まったことがある。海に面した広いメインダイニング(各テーブルにマグロの頭が飾りで置いてあって、食事をしながらショーが見られた)の巨大な窓を見て、「台風の時に泊まりたい」と思ったら、「ブラタモリ」でタモリも同じ事を言っていた。数年前の台風でその窓が割れて波が入ってきて大変なことになったのはニュースでも報じられたが。

 部屋のテラスにカモメが飛んできて、エサをやれたのがいい思い出だなあ……ここは熱海の名所だったのになあ。

 熱海の土砂崩れの大惨事で、避難所になっていたのは知っていたけど、新型コロナ禍が収束したら、また再開するんだろうと思っていたのに……。

 

 フジの「めざまし8」で橋下徹と敵対関係にあるれいわ新選組の大石議員を生出演させなかった件(←リンク)。ハシモトは生出演させた、あからさまに不公平な扱い。これじゃあハシモトは後出しで好き勝手言えるだろ!国会議員になったこともないハシモトが、なにを知った顔して言ってるんだ!フジはハシモト・シフトだから、議論になってハシモトが負けるのを放送したくなかったんだろ、どうせ。しょせんフジだ。偏向報道。 

 

 風呂に入って、「72時間」を観る。既に1回観たはずの「千葉・八千代にあるドローン練習場」。どうせならもっと広くすればいいのに……と思うけど、八千代って、こんなに自然が残っていい場所なんだなあ。川の風情が素晴らしいなあ。

 

 0時4分、就寝。

 

今朝の体重:86キロ

本日の摂取カロリー:3313kcal

本日の消費カロリー:184kcal/4338歩+自転車

2021年11月17日 (水曜日)

11月17日/仕事&テニス

 深夜に地震があったようだが全然気づかず、7時起床。
 薄曇り。

 

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはダブルソフトのトースト、ゆで卵、牛乳、コーヒー。

 

 仕事開始。しかし集中力が出ない。
 それでもなんとか進める。書くことは決まったし、後は書くだけなんだが。

 

 資料を読んだりしていると、すぐにお昼。
 有楽町の「香川徳島トモニ市場」で買ってきた徳島のてんぷらとちくわで昼メシ。ご飯小、海苔、釜揚げしらす、インスタントのしじみの味噌汁。

 

 仕事再開。
 
 14時を過ぎると睡魔が襲ってきた。
 「春の祭典」のほとんどすべてのCDを集めて聴いている超マニアの方のサイト(←リンク)を読む。この方はおれと同じくバーンスタイン/LSOの録音を聴いて「春の祭典」にハマった。しかし細かなところで好みが違う。
 小澤征爾の2つの録音、おれは79年のBSOとの録音の方が好きなのだが、この方は68年のCSOとの録音を評価している。こっちはなんだか「前衛音楽」「バリバリの現代音楽」として振っている感じがするのだが。鋭くて緊張感があって尖っている。BSOとの録音の方がゆとりというか音楽として美しく感じるんだけどなあ。珍しい録音を漁りたくなってきた。

 

 腹が減った。空腹を抱えてテニスは出来ないと、ご飯小でチャーハンを作って食う。先日の刻みベーコンを少し入れたらなかなか本格的な味になって、美味い。

 

 が、急にテニスに行くのが面倒になってきた。休んで仕事するべきと思うし、なんだかカラダが重いし、眠い。休もうかなあと思う。なんだか行くのが面倒でたまらない。
 しかし、ここで休むと休みグセがついてしまいそう。
 頑張って行くことにする。各種イベントは、最近、行くのが億劫に感じてしまう。行くと楽しくて、来てよかったと思うのに。

 

 ということで、テニス。
 レッスンはまあまあ。試合になると、いいショットが打てたり、全くダメだったり。しかし、来てよかったと思う。動いて汗をかくのはいいことだ。

 

 風呂に入って、帰路、「喜多方ラーメン坂内小坊師」で、喜多方ラーメンとミニ炙り焼き豚ご飯を食べる。安定の美味さ。

Img_6192


 21時過ぎに帰宅して、くーたんにご飯を出す。

 

 この日記は、ニフティの「ココログ」を使っているが、サーバー移転で明18日は午前0時から12時までアクセスが出来なくなるらしい。その前に日記を書いてアップしてしまおう。
 ということで、いつもは翌朝に書く日記を寝る前に書いてしまった。

 「報道ステーション」を見ていると、そのまま寝てしまったが、寝る前にヘッドフォンで小澤/BSOの「春の祭典」を没入して聴いていたら、くーたんがキャッツタワーの上からひどく心配そうな顔で見ていた。やっぱり「春の祭典」は凄い曲だ。こんな曲を20世紀初頭に「発明」したストラヴィンスキーって、やっぱり凄い。もう1枚別の演奏を聴きたくなったが、我慢して寝る。

 23時48分、就寝。

 

今朝の体重:86.26キロ
本日の摂取カロリー:1946kcal
本日の消費カロリー:194kcal/4523歩+自転車+702kcal(テニス)

11月16日/出入りの多い1日

 6時42分起床。
 快晴。

 タニタの体重計で朝の体重を計ろうとしたら、電池切れ。家にある単4乾電池を探したが、ない。 
 朝のモロモロを済ませて、アサメシはイングリッシュ・マフィンのトースト、ゆで卵、牛乳、コーヒー。

 

 仕事開始。「内閣裏官房3」の第2章。モヤモヤしていたのは展開が整理し切れていなかったからだ。
 相方メモを精査して、整理する。前にも整理したが、再度整理。「行ってこい」をしている部分もあったので、場面を統合したりすると、スッキリしてきて見通し良好になってきた。

 

 11時30分、外出。このタイミングで腹が減ると、千住大橋の「そば信」に行けるぞ。いや、行くのは自由なのだが、なかなかお昼前に腹が減らないから行くタイミングを逃がしてしまうのだ。お昼前に拘るのは、昼を過ぎるとご飯がなくなって、美味しいおにぎりが食べられないから。

 で、千住大橋の「そば信」。春菊天はあるがちくわ天がなかった。しかしご飯はあるので、シャケと梅のおにぎりをお願いする。

Img_6189
Img_6190

 美味い!立ち食いそばとおにぎりのお店で、おれはこの「そば信」が一番美味いと信じている。タイミングを合わせないとありつけないというレア感がそれを増す。

 

 食後、「ライフ」で買い物。今夜は突然、ポトフを食べたくなったので、ジャガイモやソーセージなどを買う。
 上の階のノジマで電池も買う。Macのマウスにエヴォルタの充電池を使っているが、もう古くなって電圧が下がって駄目になってきたので、エヴォルタも買う。
 ついでにマツキヨでシャンプーも買って、帰宅。

 

 で、買ってきた電池を体重計にセットしようとしたら……単4を買ったつもりなのに、単3を買ってしまった。おれのバカバカ!まあ、電池は腐るものではないし(長期間放置すると腐るけど)……。
 外出ついでに投函しようとしていた「深夜食堂」のDVDレンタルも投函し忘れたし、今日は16日で昨日お稲荷さんに行き忘れてるし……ということで、再度外出。
 DVDを投函して、コンビニで御供え用のお酒と単4乾電池を買ってお稲荷さんにお参りして、帰宅。

 

 今度は体重計の電池交換は完了。
 時間がハンパになってしまった。
 実日文庫の構成案はやったが、その前に書く約束になっている徳間の「降格警視2」の構成をまだ考えていない。
 「降格警視1」のときに考えて、5話構成を4話にして1話未使用のネタがあるのでそれを使おうと前作の構成メモを見ると、けっこうネタ出ししてあったので、それを選んでみると、4話分あったぞ。

 「降格警視2」絡みで、スケジュール調整をしなければいけない事を思い出した。新規に戴いたハルキ文庫の連作中篇集のオファー。当初の予定では実日文庫も連作中編集なので並行してやれるだろうと思っていたし、先方もそのつもりだったのだが、徳間のお話を戴いたので、調整の必要がある。
 これまでの経緯を説明したメールを、担当M氏に送る。判って戴けるとは思うが……。

 

 ポトフを仕込む。しかし、シチューとポトフってどう違うんだろう?濃厚ソースでじっくり煮込むのがシチューだと思うが、レシピを調べると「ポトフ風シチュー」という奇妙なモノが出て来たぞ。和製の「創作洋食」なんだろうけど。
 で、カブとかダイコン、セロリを買い忘れてしまったが、ポトフって余った野菜を煮込むところから始まった料理だと思うので、まあいいや。しかしジャガイモやニンジンをカレーのように小さく切りすぎてしまった。
 細切れベーコンとニンニクを炒めて野菜の中に投入して、水を加えて煮込み、コンソメのキューブを入れて塩胡椒してソーセージも入れて10分煮込んで保温調理器に入れる。あ、マスタードがない!まあいいや。

 18時過ぎに、食べる。ジャガイモはホクホクになって、美味い。キャベツは小さくなってしまって存在感がない。ソーセージやベーコンは、もっと入れても良かった。

Img_6191

 そんなポトフに買ってきたポテトサラダとご飯小。パンで食べるべきだったかも。
 ちょっと足りないけど、夕食はこのくらいの分量がいい。
 食後「バナナサンド」を観たが……千鳥との部分は再放送じゃないか!どうしてこんなことをするんだろう?ガッカリだ。
 しかしバナナマン日村は、BSで歩く番組がスタートしたが……「せっかくグルメ」などで地方ロケが多いのに、そのうえ、歩く番組。肥満体だし、大丈夫かと心配になってくる。サンドウィッチマンも肥満体コンビで凄い仕事量だし……中年だし。

 

 ハルキ文庫M氏から早速の返答を戴く。スケジュールの件、快諾して戴けた。本当に有り難い。

 Amazonに注文していた、小澤/BSOの「春の祭典」のCDが届いた。この前買ったCSOとの録音の10年後くらいのもの。
 早速聴く。68年録音のものより、熟成された感じ。伸びやかで深みを感じる。しなやか。巨匠の仕事、という感じ。録音はどちらもいい。で、おれはこのBSOとの録音の方が好きかな。
 カップリングはR.シュトラウスの「ツァラトゥストラはかく語りき」。これもいい。お買い得のCDだった。

 

 ゴミ出しして風呂に入り、録画した「せっかくグルメ傑作選」を観る。鹿児島・霧島。日村は美味そうに食べるよねえ。能書きを垂れずに「うめえ!」と言うのがいい。表情がすべて物語ってるし。言葉で表現するよりこの表情だなあ。
 「72時間」の秋葉原のイヤフォン専門店のものも観る。クラシックを聞く人が登場しなかったねえ。イヤフォンとかスピーカーはアナログな部分だから、凝れば凝るほど沼にハマる。おれはゼンハイザーの音が好きなので、ゼンハイザー一択。いや、音の傾向が似ているAKGもいい。ドイツ系の音が好き。

 0時10分、就寝。

 

今朝の体重:計れず
本日の摂取カロリー:1801kcal
本日の消費カロリー:170kcal/3965歩+自転車

2021年11月16日 (火曜日)

11月15日/仕事してMacBookAir引き取り

 まずは戴き物のご紹介。

Img_20211116_0001

 11月15日発売の「あなたのための時空のはざま」(矢崎在美/ハルキ文庫)
 5つの短編で構成されているが、5つ目の「最後のファン」を読んで、強い衝撃を受けた。凄く怖い小説だと感じて思わず作者の矢崎さんにファンレターのような読後感を送ったら、おれのこの感想は想定外だったようで困惑されてしまった。まあ、読後感というものは、読み手のその時の体調や気分で左右されるんだけど……読んだとき、ひどく落ち込んでいたので、過剰に反応してしまったのだろう。
 とは言え、とても不思議な、矢崎さんの「ぶたぶた」シリーズとはまた違うテイストの作品集です。「珠玉の」とつけたい、価値ある本です。

 

 で。
 6時36分起床。
 快晴。
 洗っておいた洗濯物を干す。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはダブルソフトのトースト、ハムエッグ、牛乳、コーヒー。

 

 仕事開始。「内閣裏官房3」の第2章の続きをやろうか、実日文庫新作のプロットをまとめてしまうか迷ったが、今日は夕方に銀座のアップルストアに行かねばならないので、実日文庫をやってしまうことにする。
 相方の打ち合わせメモを整理して加筆。
 昼前に出来たので、相方に送ると、1点だけチェックが入ったので、その部分を書き直す。

 

 昼は、無印良品のレトルト「ビーフの赤ワイン煮」を温めて、ご飯小と。赤ワイン煮は美味しいが、肉が小さい。まあ安いから文句は言えないか。

 同じ箇所に再度チェックが入ったので、再度直して、同じファイルを実日F氏と相方に送る。

 午後は「内閣裏官房3」の第2章に戻る。詰まっていた箇所は、進み出すと、どうして詰まっていたのか理由が判らなくなる。詰まっていたときも「なんとなくひっかかって書けない」状態だった。まあ、こういう事はままあることなのだが。

 

 今日は、アップルストアに行ってバッテリー交換が完了したMacBookAirを引き取る。昼間に行くと疲れてしまうので夕方行って、晩飯を食って帰ってくる計画。
 その晩飯は、かねてから食べたいと思っている、有楽町駅前の交通会館にある「交通飯店」にしよう。ここのチャーハンはイチローも絶賛して他の方々も称賛している。チャーハン大好きなおれとしては是非食べたい。しかしこの店は営業時間が短い上に、材料がなくなったら早々に閉めてしまうという、「行きにくい店」。以前も行ったら「材料が終わってしまったんですよ~」って言われてしまってありつけなかった。
 今度こそ、という思いで、夜営業開始の17時30分に行けるように、外出。

 有楽町には17時15分に着いてしまった。同じビルにある「香川徳島トモニ市場」に行って、徳島の「てんぷら」と「ちくわ」を買ったが、バカ高いのに驚いた。想定の倍。(*しかし、帰宅してお取り寄せの価格を調べたら、「トモニ市場」は相応の値段だった。子供の頃、直接お店に買いに行った記憶と比べてしまった。半世紀前の値段と比較してはイカンよね)

 で、「交通飯店」に行くと……これまたショック!
 「本日、夜の営業はお休みします」だって。
 あ~おれは交通飯店と縁がないのか!

Img_6186

 
 ガッカリしたが、こういう事もあろうかと、第二希望を考えてあった。万世のパーコー麺を食うのだ。有楽町にもお店がある。ガードを潜って有楽町駅の反対側へ。
 ロース肉の高い方より、バラ肉の安い方が美味い。とおれは思っている。そのパーコー麺と「ライスと焼売のセット」を頼む。

Img_6187
Img_6188

 美味い!パーコー麺を食べていると、なんだか泣けてきた。「深夜食堂」の登場人物が懐かしの味に再会したような感じ。でも先月、新宿で食ってるんだけど。

 

 食後、銀座のアップルストアへ。
 夜の銀座を歩くのは久しぶりだなあ。黒澤明とロスプリモスの「たそがれの銀座」がアタマの中で流れるなあ。

 

 店の前にはパトカーが駐まっていて、中に入ると客らしい男をおまわりさんが囲んでいる。男は別に暴れるわけでもなく、穏やかに話している。なんかトラブルがあったんだろうけど。
 おれは2階に上がって、MacBookAirを受け取って、カードで支払いを済ませる。
 これまでの経緯をまとめると、外で使用しないときは自宅では常に充電状態にしてバッテリーを満タンにしていた。2017年に買ってから充電回数は15回。バッテリーを使わず、外出先でも電源アダプターを使っていた。それに、ノマド的な仕事のやり方はおれの性に合わず、自宅で仕事をするので、めったに外出先でMacBookAirは使わなかった。
 だから、それだけバッテリーは消耗せずに保つのだと思っていた。
 しかし、その認識は間違っていた。バッテリーは適度に駆動させてやらないと逆に寿命は短くなる、とアップルのスタッフは言った。おれの使い方は良くなかったのだ。
 ただ、ハードウェアの各種のテストは、ウチでやってもGeniusBarでやっても、「正常」と出た。そのへんをスタッフに訊いたら、「テストですべてが判るわけではないので……」と。
 まあ、バッテリーがきちんと動かない段階で、素直にバッテリーが駄目になったんだなと腹を括るべきだったのだ。
 で、バッテリーが使えなくても電源アダプターを使えば問題なく動くのだから、金欠でもあるしバッテリー交換しなくてもと思ったが、バッテリー駆動出来ないノートパソコンって、電話出来ないスマホみたいなもの。
 部品があるウチに交換できてよかったと思うことにした。

 帰ろうと1階に降りたら、さっきの客はまだ警官に囲まれている。何が起きたんだろう?おまわりさんも穏やかに話しているんだけど。

 

 銀座からおとなしく帰宅。パーコー麺を食ったせいか、暑い。ブルゾンを脱いでTシャツ1枚になったが、他の乗客は全員厚着なので奇異に見えたろうなあ。秋葉原で降りたとなりに座っていた女性に睨まれたけど……。

 

 帰宅して、MacBookAirをバッテリーで起動させて、しばらく使ってみる。バッテリーの供給電圧は交換前より高い。
 バッテリーが使えるとなると、なんだかどこかに出かけて外で仕事したくなってきた。しかしここ数日は吉方はないし、自宅でやる方が集中出来るし……。

 「深夜食堂」DVDの返却日が迫ってきた。まだ観てなかった第3巻の最終話を観る。光石研の刑事が途中から柄本明のベテラン刑事に交代したのは何故?「めしや」のマスターは常連客に見事なカニをタダで振る舞って、いいのか?ここまで商売度外視の、常連を大切にする店だと、一見さんは入りにくいよね。常連さんで雰囲気はビシッと出来上がってるし。
 それに、夜中開店だと、始発待ちの客か、歩いて帰れる客しか来ないよね。歌舞伎町で深夜まで飲んだくれている人たちって、タクシーで帰る程度に金持ちなのかな?「お茶漬けシスターズ」はOLっぽいけど、住まいは遠くて東中野か中野坂上くらいがギリだよね。大久保近辺って、男ならいいけど若い女性だと、どうなんだろう?
 とか、そんなことを考えてしまうなあ。
 今は知らないが、昔は、怖い映画屋や物書きたちが飲んだくれて毎晩喧嘩しているイメージがあってビビッて近寄れなかった。彼らは弁が立つし海千山千の猛者だし、腕っ節が強いし酒が強いから、おれなんかもう、歯が立たない。東宝撮影所のある成城界隈か、金を持ってる製作進行の自宅がある阿佐ヶ谷周辺でしか飲んだことがないもんね。仕事がないときは、全然飲まなかったし。
 ずっと前のシリーズで、オダギリジョーは「逃亡してこの近辺の汚いアパートで息を潜めている小説家」だったけど、その後は駐在さんに変身してしまったよなあ。
 この近所の安くて汚い陽当たり最悪のアパートに住んで、毎晩のように「めしや」に出かけて深夜にメシを食って酒を飲んで、明け方に寝るような不健康な生活をしていたら、短命だろうなあ。
 そんなことを考えてしまうほど、この作品のセットは超リアルで凄い。今回は川崎の体育館(300坪あるらしい……東宝の第7ステージと同じくらい)に飲み屋街の大セットを組んだらしい。撮影所を使えずに倉庫とか体育館を使うところが、ちょっと悲しい。本来なら堂々と撮影所のステージにセットを組むだろうに。

 溜まった新聞を読んで、風呂に入り、録画した「人生最高レストラン」「早起きせっかくグルメ」を観て、0時8分、就寝。

 

今朝の体重:86.05キロ
本日の摂取カロリー:2037kcal
本日の消費カロリー:237kcal/5624歩+自転車

2021年11月15日 (月曜日)

11月14日/The Day of the Apple

 7時28分起床。
 快晴。

 朝のモロモロを済ませる。
 昨日分の日記を書いていて、やっぱりMacBookAirの不調は俺の手には負えなさそうなので、アップルの電話相談を利用することにして申し込む。11時15分の枠が取れた。
 アサメシを食う。ダブルソフトのトースト、ハムエッグ、牛乳、コーヒー。
 
 なんだかんだやっていると11時を過ぎた。
 MacBookAirをバッテリーで起動。今日はすんなり起動して、バッテリー駆動だが5分経っても落ちない。
 すると予定より少し遅れますとのメールが来て、電話が入った。思えば電話料金はアップル持ちだから、結構経費がかかっているよなあ。
 で、MacBookAirについて症状を切々と訴える。SMCやNVRAMはクリアしているがセーフブートはまだ試していない、いろんなハードウェアテストをしても「正常」と出る、等々。
 しばらくお待ちくださいと電話が保留になったが、便意を催してきた。我慢したが保留は続くので、用を済ましたが、まだ保留。その間に、MacBookAirは落ちてしまった。
 再起動させようとするが、起動の途中で落ちる。これは今まで起きた状態と同じ。
 で、やっと保留は終わって、これはGeniusBarで診せて戴いた方がいい、ということになる。その場で銀座のGeniusBarの時間を取る流れになったが、こっちの予定も少し考えたいので、予約は自分ですることにして、電話相談は終了。もう12時近い。
 ハード的に診て貰うことは必要だろう。バッテリー以外に問題があるかもしれない。ウチで出来るハードウェアテストでは限界もあるだろうし。
 また今度、ということにしたら、「バッテリー駆動しなきゃちゃんと動くじゃん」と、このままズルズルと修理しないまま症状が悪化していったあげく、修理不能になってしまうかもしれない。病院嫌いの人間が手遅れで死んでしまうのと一緒。
 ここは、このチャンスを逃さずに行こう!
 日曜なのにGeniusBarの時間枠は結構空いている。これは意外。支度する時間を考えて13時30分の枠を予約。

 

 相方が実日文庫の企画とプロットをまとめたファイルを送るといいつつ送ってこない。どうも外出先からiPhoneに入ったファイルを送ろうとしてiPhoneが不調らしい。
 
 12時30分になったので、支度して外出。
 久々の銀座。日比谷線で行くと、A-9出口ってこんなに遠かったっけ。
 時間より早く着いたので、教文館で雑誌「Casa」を買う。オシャレな仕事場特集。
 アップルストアに行くと、館内は定数いっぱいなのでしばらく外で待てと言われたが、トイレに行きたくなったのでその旨申告。用を足したら3階のシアターで待てと言われたので、そうする。
 アップルのシステムはとても賢くて、こっちの特定も早いし、順番待ちも的確。少し待ったがすぐに案内されて4階へ。
 フレンドリーなスタッフがテキパキと対応してくれて、カウンターでのハードウェアテストでも「問題ナシ」と出たけれど、中を開けて診たいのだがいいかと訊かれ、もちろんお願いしますと答える。
 待つことしばし。
 中はキレイだったが、バッテリーを交換しましょうと。early2015だが、部品はあると。古いMacは部品保有期間が終わると修理が出来なくなってしまう。修理するなら今のうちだ。
 で、スタッフは「修理工場に送ると他の部位の異常が見つかってしまって、たとえば基板交換とかになると費用もかさむけれど、ウチでバッテリー交換だけなら12000円で済む、と言われて、一瞬考えた。この際きっちり修理して貰った方が、と思うが、基板交換とかになると新品を買うのとあまり変わらない金額になるかもしれない。今まで、バッテリー以外で不調を感じることはまったくなかった。
 スタッフの提案の通りにする。が……。
 バッテリー駆動をしなければ、普通に使える。外出してもコンセントのある店を探して入れば、バッテリー交換をする必要はないし、モバイルバッテリーを買えばいいのではないか?
 その疑問をスタッフにぶつけたが、モバイルバッテリーに関してはスマホならともかくノートパソコンをある程度の時間動かせるモノとなると限られてくるし……。
 結局、バッテリー交換費用は税込みで13000円ちょいで済むので、交換して貰う事にする。
 その手続きをしながらスタッフに質問した。
「なるべくバッテリー駆動をせず電源を取って使っていたのに、バッテリーは劣化するんですか?」と。
 スタッフの答えは、「バッテリーは適度に使って充電してやる方が長持ちする」だった。
 つまり、電源に繋ぎっぱなしでバッテリーでほとんど動かさない方が劣化するんだって。
 これは知らなかった。適度に使ってやらないと駄目になるのは人間の身体と同じだなあ。

 バッテリー交換をして今日中にお渡しできるがどうします?と訊かれたが、どうせ2、3時間待ったくらいじゃあ持ち帰れないだろう。明日取りに来ますということにして、預けて帰る。

 

 有楽町駅方向に歩く。
 途中のよさげな店でランチを食おうと思ったが、結局、有楽町駅ガード下の中華「宝龍」に入る。ここは大昔の学生の頃、有楽町そごうの中にあった記録映画専門映画館でバイトしていた時、お昼をよく食べに来ていたのだ。しばらく経って、我々もそごうの社食を使ってもいいことが判って、社食の方が安い(しかも、美味かった!)ので切り替えたけど。
 その懐かしの「宝龍」で、ムースーロー(木須肉)定食。ほとんど玉子焼きで、肉がほとんど入ってなかったけど、美味い。

 日曜の午後、好天の街に人がたくさん出て賑わっているのを見るのは、嬉しい。これはもう、素朴な感情。やっぱり人間は集団的な動物なんだなあとしみじみと思う。街は賑わっていて欲しい。閑散とした淋しい街は、もうたくさんだ。その意味でも、第6波はきてほしくない。このまま収束して欲しいと心から願う。

 

 日暮里経由で帰宅。
 15時過ぎに帰ってきたが、なんだかグッタリ。銀座まで出かけてスタッフと話し、有楽町まで歩いてメシを食ったから?

 仕事をしなければならないが、休憩。
 録画した「タモリ倶楽部」を観る。映像の世界で小道具などを入れておくのに重宝している「海苔ダン」について。装飾会社の「高津」が使い始めたらしい。東宝美術の装飾部では使っていなかった記憶があるけど。

 日記についたコメントで、小澤征爾がバイエルン放送交響楽団を振った「春の祭典」の映像があることを教わって、YouTubeで観る。かなり若い小澤さん。
 名演だと思う。小沢さんの指揮は明瞭。実に判りやすい。この棒についていけばなんとかなるという信頼感がある。
 ハルサイは、映像がある方が面白い。
 おれが聴いた最高の「春の祭典」は、数年前、近くで行われた「柳原音楽祭」で、中学校の体育館のフロアに桐朋学園オケのフル編成がずらりと並んで、高関健が振ったときのもの。
 とにかく、この曲は「音のスペクタクル」で、手に汗握る演奏だった。桐朋学園オケは、巧い。ラクラクと弾いて危なげなんか、ない。しかしかぶりつきで聴いていると、本当に音の爆弾があっちこっちから飛んできて、凄いのだ。スリリングでスペクタクル。こんな凄い音楽体験は後にも先にも、ない。いや……「サントリーホール・オペラ」で、プッチーニの「ボエーム」(指揮はニコラ・ルイゾッティだ!)を聴いたとき、ムゼッタの登場でステージ全体がピンク色に染まったように見えたときの衝撃があった。もちろん、そんな照明ではない。普通の照明だったのに、ムゼッタが登場すると、ステージ全体がピンク色に包まれたのだ!
 あの時と、このハルサイの体験は、一生忘れない。
 音楽の力って凄い!

 

 第1部を聴いたところで、中断。
 「笑点」を観て、「青天を衝け」を観る。栄一たちが巨大な政商・三菱にどう対抗していくか。これを観ると、ヨーロッパ列強に対して新興国のアメリカの立場は、日本に同情的だったんだなあと思う。ヨーロッパ列強はまだまだ力を持ってブイブイ言わせていたんだから。アメリカが世界史的に主役に躍り出るのはこの後だからなあ。
 しかし、来週は不穏そうだなあ。

 

 「春の祭典」第2部を聴く。YouTubeだから文句は言えないが、音がいいとは言えない。妙な音の突出がある。しかし、小澤の指揮する姿が観られるのは貴重。
 音は悪いが、名演だと思う。

 

 その後、Amazonで買った若き小澤がシカゴ交響楽団を振った「春の祭典」のCDを聴く。
 素晴らしい録音。小澤のテンポは上記のバイエルンとのものより速い。かなり速い。速い分、即物的な感じもしてかなりドライ。しかしその分、迫力が凄い。グイグイ押してくる。
 何度か聴こう。来週には、ボストンを振ったCDも届くはず。

 

 Twitterを見ると、「悪漢記者」が好きという読者の方から熱いメッセージを戴いた。「悪漢刑事」「内閣裏官房」「降格警視」にはお褒めの言葉を戴くことはあるのだが、これまで「悪漢記者」を褒めてくだすったメッセージはほとんどなくて、凹んでいたのだ。このシリーズは一生懸命書いているし、頑張っているのだが、反応がない。批判されたくないけど褒めて欲しいのはモノカキの人情。無反応は辛かった。
 しかし、熱い声援に接すると、物凄く嬉しくて、元気が出た。
 モノカキにとって、声援は水であり肥料だ。
 ファイトが湧いてきた。ご声援、ありがとうございます!

 

 相方からやっとファイルが届き、電話も入った。iPhoneからファイルを送れなかったことがかなりショックだったらしい。そういうときは電源を落として再起動させてみるのが一番。

 

 21時を過ぎて、モーレツに眠くなってきた。今日は早寝しよう。
 その前に、ゴミ出しをして、風呂。
 風呂からあがって、「深夜食堂」DVDの第2巻の1篇と第3巻の2篇を観る。後半に来て作品の出来にバラツキを感じる。
 この世界は基本的に「非成功者の傷のなめ合い」「プロレタリアートの寄り合い」みたいなところがあるから、金持ちは基本的に悪党として登場するが……それが続くと、「金持ちにだってマトモなヤツはいるだろ」「中学高校時代に光り輝いていたヤツがオトナになっても成功していてもいいじゃん」とか思ってしまう。こういう風に捻くれてるから、こういう作品の世界は書けないんだろうなあ。しかし、「第48話」は「パシリだった兄の気持ちを理解したい」弟が出した結論が描かれていないけど。兄は高校のヒーローだった男に心酔していたのか、嫌だと思いつつ離れ難かったのか……。

 23時17分、就寝。

 

今朝の体重:86.50キロ
本日の摂取カロリー:1511kcal
本日の消費カロリー:172kcal/4201歩+自転車

2021年11月14日 (日曜日)

11月13日/立川で吉方取り&MacBookAirのバッテリー駆動テスト

 6時26分起床。
 晴れ。
 最近、きちんと朝日を浴びているせいか、いい感じ。

 

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはご飯に目玉焼きを載せてマゼマゼ。しじみのインスタント味噌汁にしらす干し、キュウリの糠漬け。

 

 相方から電話が入ってしばらく話す。なかなか進まない「内閣裏官房3」に関して、相方と話して解決した問題もあるし、解決の方法が判った問題もある。どちらにしてもモヤモヤの霧は晴れつつある。これはもう、新しいことを書いている以上仕方がない。すべて判って頭に浮かんでいることを書き留めていくような、いわばトランス状態ではなくて、勉強しながら走っている状態なので。自分の手に余る素材を選んでしまったこともあるかもしれないが、熟知していることばかり書いていると世界が狭くなると言うか固定されてしまうと言うか。

 

 電話の後、昨日届いていた、映画「ノマドランド」の原作というか、映画のもとになったノンフィクション「ノマド/漂流する高齢労働者たち」を拾い読みする。この本の事実上の主役は、映画にも本人として登場した、リンダ・メイ。彼女の半生を紹介しつつ彼女の暮らしを描いていく。
 アメリカは完全なクルマ社会だから、移動するのにいい気な決断はいらないのかもしれない。いや、住み馴れた街を去ることについては、日本人同様の「離れがたい」気持ちが強く激しくあることは映画でもハッキリ描かれていた。それが人間の常だろう。仕方がないから街を離れて、仕事を求めて移動する。まさに現代のHOBOだ。これって大恐慌の時とまったく同じ。それを可能にしたのは、Amazonの季節労働者受け入れ環境の整備が大きい。
 しかし、凄く分厚い本で、中味もギッシリなので、今、読破する時間はない。しかし、とても離れがたい本だ。

 

 で。
 ふと、アンドレ・プレヴィンが指揮した「春の祭典」が聴きたくなって、Amazonで探すが、ない。おれは「ハルサイ」が大好きで、主だった録音は持っている。その中で特に好きなのは、アンタル・ドラティがデトロイト交響楽団を振ったデッカ盤。見事に歌っているのだ。旋律が躍動している。これはバーンスタインがロンドン交響楽団を振ったCBS盤にも感じるのだが、ドラティ盤はいっそう歌っている。
 で、バレエ音楽が得意なはずのプレヴィンだから、録音がないはずがない……と思ったが、世の中には超マニアが存在する。モーレツな「春の祭典」マニアのブログに行き着いた(←リンク)のだが、この碩学によれば、プレヴィンの録音は、ない。この方もおおいに残念がっている。今後、コンサートの実況録音が出てくることを祈るばかりだ。演奏会でも取り上げたことはなかったのかな?
 その代わりと言ってはなんだが、若き日の小澤征爾がシカゴ交響楽団を振ったものと、壮年期にボストンを振ったものの2枚を買った。今、CDは安く買えるもんねえ。

 

 午前中に風呂に入るかシャワーを浴びようと思っていたが、入りそびれたまま、昼。
 昼メシは、北千住宿場町通りにある「福しん」で。この店独自のメニュー「天津飯」があったので、天津飯におともラーメンをつけて貰う。
 美味い。

 

 特に買い物もせず、帰宅。

 

 仕事に戻る。相方から来た複数のメモを、朝の電話で話したことに沿ってまとめる。
 メモが複数あると、まず拒絶反応が出てしまうのだが、じっくり読み込んでいくと、そんな難物ではないことが判ってホッとする。そうするとアタマに入ってくる。

 

 気学に基づく「お水取り」は10年以上前から実践しているが、ここのところは「お水取り」だけ実行して、お水を取らない「吉方取り(祐気取り)」はしていなかった。しかし、ちょっとやってみると、運気が良くなった気がする。実際、想定以上の増刷印税が入ったし、シリーズ第2作の依頼があったし、新企画も通ったし……。
 こういうものは、「気分」だから、気分が良くなれば、効果はあったわけだ。
 なので、お水取りだけではなく、「吉方取り」も出来る範囲でやろうと思う。
 おれの場合、今年は北・西・南に行けるが、この中で金運が良くなるのは、西。今日の19時から21時に西にいるのが吉。
 自宅から30キロくらいは離れたいので、立川で夕食を食べてMacBookAirで仕事をして帰ってくることにする。
 荻窪か高尾山口の日帰り温泉に浸かって……と言うことも考えたが、土曜の夜で荻窪の日帰り温泉は混んでいるし、高尾山口の温泉は、お食事処以外に「お休み処」がないので、パス。

 

 17時過ぎに外出して、ATMに寄ったりしていたらギリギリの時間になってしまった。
 千代田線新御茶ノ水経由で中央線で立川。昔は土日の快速は吉祥寺も飛ばしたのだが、いつ頃から吉祥寺は停車するようになったのかな?吉祥寺に止まらないのはおかしいと思っていたのだ。
 19時1分着。
 この前、鎌倉のS夫妻と入ったウェンディーズ。その時はクリームソーダを飲んだだけだったが、ウェンディーズのハンバーガーが美味しそうだった。立川にはウェンディーズがあって、しかもコンセントもある、というので立川駅北口にあるウェンディーズへ。昔、中目黒に住んでいた頃は恵比寿にあったウェンディーズに通ったんだよなあ。あの頃はオーダーメイドでチーズやベーコンなどを選んで作って貰うシステムが売りだった。その後日本から撤退して、今度はファーストキッチンと提携しての再上陸。
 が。
 店の席にはコンセントなんか見当たらないぞ。店のサイトには「コンセント完備」と明記してあるのに。
 メニューもなんだか少ないなあと思いながら、一番ノーマルな「ウェンディーズ・ハンバーガー」のセットを頼んで、コンセントのない席で食べた。
 ハンバーガーは、美味い。アメリカ由来のチェーンでも、マックとマック以外に分けられると思う。マクドナルドは、ハンバーガーではなく、マクドナルドという食べ物だ。

 食後、MacBookAirを取り出して、起動。家でSMCもRVRAMもリセットして、バッテリーで起動することを確認してきたので、無事起動。バッテリーの持ち時間が最初は2時間だったのが3時間に増えていくのが面白い。
 しかし。相方メモの整理をしていると、突然落ちた。
 この席にはコンセントがないので、この時点でアウト。
 SMCをクリアするキー操作をした上で起動を試みたが、起動せず。
 ダメじゃん!席にはコンセントもないし。
 店を出るときに「サイトにはコンセントがあるって書いてあったんだけど」と店の人に訊いたら、コンセントのある席は、店の隅っこの4席だけだった。アプリの「電源カフェ」にはその旨、正確に記載されていたが……。

 

 そんなこともあろうかと、次の手は打ってある。カフェ・ベローチェだ!ここには確実にコンセント完備の席がある。しかも言い訳のような数席ではなく、けっこうまとまった数の席があるのだ。
 ウェンディーズの近くにあるはずで、マップ機能に従って移動しようとしたら、マップがウソを教えて、そのへんをぐるぐる無駄に歩いてしまった。ウェンディーズのすぐそばにあったのに、道を渡れだのウソ情報を教えるのだ。以前、雨の日の大阪で、難波にあるジュンク堂に行くのにマップ機能を頼ったらスカタンな道案内をされて、NGKの周囲をぐるぐる歩かされた。それ以来だ。
 無事、カフェ・ベローチェのコンセント席を確保して、アイスミルクティとスパゲティ・ナポリタンを食べながら、電源アダプターを使ってMacBookAirを起動させて終了させてから、SMCクリアの操作をして、また起動させ、バッテリー駆動にしたら、きちんと動く。バッテリー駆動時間は6時間とか表示されてるぞ。
 どないなってんねん!
 これはやっぱり、どこか壊れているのだろう。

 

 20時40分頃まで、仕事をする。向かいに座った白髪の人物が、ずーっとレジ袋とかをゴソゴソやっていてうるさかったが。老人って、こういうタイプが結構いる。ずーっとゴソゴソしていて荷物整理はたぶん永久に終わらない。

 

 立川駅前の喫煙所で一服しようと思ったら、20時で終了していた。
 20時51分発の特別快速に乗って、神田・日暮里で乗り換えて、帰宅。日暮里で、常磐線がちょっと遅れたのだが、それについてのアナウンスはなし。1分でも遅れたらモーレツに謝罪することもあるのに。

 

 22時過ぎに帰宅。
 くーたんにご飯を出し、風呂に入る。
 若い頃は2日か3日に1度風呂に入っていれば良かった(というか風呂が面倒だった)のだが、今は毎日入らないと、気持ちが悪い。トシを取るとそういうものなのかな?

 

 風呂からあがって、レンタルした「深夜食堂・第5部」を観る。Netflix独占。たしか第4部もそうだったはずだが、今回はNetflixに入り直すのが面倒だったのでDVDをレンタルした。
 生き別れの母子とチキンライス。こういうのはもう無条件で泣いてしまう。深夜食堂、ズルいよな。
 バイトのキャバクラ嬢に恋してしまった占いコラムのライター。占いを通して求愛するが……。ささ身カツ。
 ボケてしまった恩師とストリッパーと小梅のおにぎり。
 生き別れの母子、みたいな話ばかりだったら悲しくて(ドラマとしては救いはあるけど)死んでしまいたくなるところだったが、その後の2本がユーモアのあるものだったので救われた。
 これ、2019年の作品。2年も経ってしまったんだねえ。
 しかし、このシリーズのパワーはまったく衰えていない。むしろ、いっそう冴えている。お馴染み出演者のアンサンブルもカンペキだし。
 しかし……こういう話は書けないな。まず、まるで発想出来ない。不思議なことだけど、頭のチャンネルが違うのだろう。こういう話がまったく浮かばない。観れば感動して泣いてしまうが、自分で書きたいとは思わないし、発想の破片すら浮かばないんだよねえ。ちょっと浮かんでも照れちゃって茶化しに走るし。
 1時20分、就寝。

 

今朝の体重:86.35キロ
本日の摂取カロリー:2542kcal
本日の消費カロリー:271kcal/6198歩+自転車

2021年11月13日 (土曜日)

11月12日/新企画打ち合わせ

 7時28分起床。
 快晴。

 

 朝のモロモロを済ます間にご飯を炊く。
 アサメシは、炊きたてご飯で卵かけご飯。お代わりして海苔と釜揚げしらす、キュウリの漬け物、フリーズドライの揚げ茄子の味噌汁。

 

 今日は午後、来年刊行分の新企画打ち合わせがある。それまで仕事、と思うが、なんだか落ち着かない。

 

 13時を回ったので外出。北千住東口の「富士そば」で春菊天そばとおにぎりを食べるが、春菊天は揚げてしばらく経っていてシナシナ。
 14時10分前に打ち合わせ場所のカフェに行くと、ほぼ満席。スタッフは忙しく動いていて、なかなか席に案内してくれない。普段ここは広くて空いてるんだけどなあ。
 案内の順番を待っていると、相方が到着して、実日文庫のF氏も到着したところでジャストのタイミングで席に案内された。
 以前から温めていた長編用の企画を連作短編にアレンジすることになったが、どうアレンジするか。その擦り合わせをする。
 約2時間の打ち合わせで、なんとかまとまった。タイトルも決まったが、かなり勝負に出た感じ。

 

 F氏が帰った後も我々は居残って、企画のだいたいの章割りというか連作の各話のメインの話を決めてしまう。
 それを持参したMacBookAirで書き留めていこうと起動させたら、4分も経たずにシャットダウン。あれ?この前直ったはずなのに……。
 仕方がないので相方のメモに頼り、メモをテキスト化しておくって貰うことにする。
 もう17時で腹も減ったので、トリからプレートを頼む。ちょっと揚げすぎって感じ。

 

 18時頃帰宅。部屋の明かりをつけずに出かけたので、真っ暗。慌てて電気をつけて、くーたんに謝る。

 

 打ち合わせでは全力投球するので、帰宅するとグッタリ。
 MacBookAirの「SMCリセット」をやる。前回もこれをやってバッテリー駆動状態は直ったのだが……今回は、「SMCリセット」「PRAM(NVRAM)クリア」をやる。「セーフブート」もやってみるといいんだけど今回はパス。
 調子は回復したが……また次に使うときにダメな可能性がある。ってことは、一度アップルのGeniusBarで診て貰う方がいいのかな?OSを入れ直すと直る可能性はあるけど……。

 

 「ザワつく金曜日」の終わりの方を見て、「中居正広の金スマ佐藤健×キスマイ×太田プロ 盛り上がりすぎて収まらなかったSP」を観ていたら、寝てしまった。
 「報道ステーション」を観始めたが、ほとんど寝てしまい、目が覚めたら終わっていた。
 これで風呂に入ると目が覚めてしまうし、きちんと寝るのは0時を回ってしまいそうだったので、今夜はお風呂もシャワーも省略して、23時20分、就寝。

 

今朝の体重:86.50キロ
本日の摂取カロリー:2221kcal
本日の消費カロリー:76kcal/1788歩+自転車

2021年11月12日 (金曜日)

11月11日/我が「陰悩録」な1日

 6時41分起床。

 快晴。

 洗っておいた洗濯物を干す。

 

 ここ数日、ある症状に悩んでいた。それは、突然、いわゆる「キャン玉袋」のあたりがカーッと熱くなる症状が現れるようになったから。カーッと熱くなるのは、ほとんどお洩らしした感じ。パンツの中に放ちたての小便が広がっていく感じそのもの。

 やばい!と思って股間を触ると、なんともない。失禁はしていない。しかし、カーッと熱くなる。

 素人なりに考えた。睾丸周辺の血管に血栓があって、血が止まっている。しかしある程度たまるとその圧力で血栓が押し流されて、血がドーッと流れる。だから熱い。熱い血潮の予科練の、と言う歌があるではないか。あ、あれは「若き血潮」か。

 その場合怖いのは、血栓は続々と発生していて、流れ出た血栓は体内を巡っているのではないか?という可能性。脳や心臓に詰まったら大変なことになるぞ。

 その一方で、キャン玉周辺に血が通いにくくなっているとしたら、キャン玉が壊死してしまうんじゃないか?と言う不安もある。もう子作りはしないから新鮮な精子はいらないにしても、壊死した器官は取り出さねばならない。キャン玉袋を切開してキャン玉を切除する手術になる。

 火曜日が一番ひどかった。立っているとそうでもないのに、座っていると間欠泉のようにぶわーっと熱くなる。

 自分なりにネットで調べたら、副睾丸炎とかベーチェット病とか血管の弁に異常が起きているとか、いろいろ出てきた。

 症状は昨日からすっと軽くなって、今日はもうほとんど出ない。しかし、放置するのは怖すぎる。

 

 ということで、朝のモロモロを済ませて、ダブルソフトのトーストと牛乳だけのアサメシを済ませたあと、9時前に外出。

 北千住のウチの近所で泌尿器科というと、3つの病院が該当するが、A病院は火曜と木曜、U病院は土曜だけ、そしてY病院は毎日、外来診察がある。かかり付けのクリニックの系列のY病院なら、日頃のカルテや検査の数値も参照して貰えるだろうと判断して、Y病院へ。

 尿検査をして、問診。症状を訴えるが、先生は首を傾げるばかり。

「そんな症状、聞いたことがない。静脈の血栓も動脈の血栓も凄い痛みがあるし患部が腫れるし……まあ診てみましょう」

 と、下半身を露わにして、おれのキャン玉袋を触診。泌尿器科って、これがあるから来にくいのよね。63の男でこうなんだから、妙齢の女性においておや。まあ、婦人科の診察のことを考えれば……。

 触診の結果も同じ。いろいろ突っ込んで質問したが、すべて否定された。

「大学病院に行けばいろんな精密検査も出来ますが……ウチだとエコーくらいだけど、やります?」

 しかし先生の顔には「やるだけ無駄」と書いてある。

「じゃあ止します」

 と答えたが、だからと言って病名もついていないし「よく判らない」まんま。

「再発したらどうしましょう?」

「どうしようもないですね。患部に病変はないので。神経的なものかもしれませんが……」

 結局、それで終了。別に薬も出ず、820円。

 

 まあ、重大な病気だったと言うことでなくて、逆に、なんの病変もないことがハッキリしたので、ヨシとしよう。

 まだ10時過ぎ。マクドナルドで朝マックしようか、松屋の朝定食を食べようかと思ったが、北千住東口商店街に回って、くーたんのキャットフードを買い、向かいのスーパーで安いメンチカツ弁当を買って、帰宅。

 

 弁当を食ってから相方に電話して、事の次第を話す。相方は、久々に気功をやって、股間はヨガで言うクンダリーニだから、ヨガで言うチャクラが開いたんじゃないかとか言う。まあ、そう解釈するしかないのかも。

 

 部屋着のスウェットの下と短パンを追加で洗濯して干しに行く。

 この洗濯日和なのに、他の人はあんまり干していないねえ。

 

 仕事を進めようとするが、エピソードをどう繋げるか、それを考える。

 

 15時を過ぎた。今日は久々にカイロプラクティックに行く。2ヵ月近く病気で休んでいた院長が先月末に復帰していた。

 お元気そうだったが、ちょっと老けたなあ。

 月2回施術して貰っていたのが、ずっとお休みだったので腰痛が出ないかテニス肩が痛くならないか不安だったが、なんとかなった。

 日常が帰ってきて、しみじみ嬉しい。願わくば、第6波が大変なことにならないように……。

 

 帰りのエレベーター、降りたところで、こっちが出ようとしているのに強引に乗ってくるクソガキが。生意気そうな女の子。外に出るとアホっぽい母親もいた。オタクの家庭教育どないなってんねん!ちゃんとしいや!と怒鳴ってやろうかと思ったが、無言。

 

 施術後、まだ17時だったが、今夜はどうしても寿司が食いたかったので、千住大橋の「はま寿司」に行く。今、「ウニ祭り」をやっている。今回のお目当ては「うにつつみ」。海苔を巻いて食べるが、美味いっ!

Fair_uni_tutumi

 その他いろいろ食べて、相方と来るとストップが入るが、ノンストップで食いまくった。と言っても12皿でクーポンを使って1400円ほど。

 

 階下のスーパー「ライフ」で猫用消臭剤の詰め替えなどを買って、帰宅。

 今夜は「プレバト」がない。昨夜の「有吉の壁」の留守録を忘れたので、「TVer.」で観る。牛久シャトーっていいところだなあ。明治村に行かなくてもいい感じ。今回、シソンヌの出番が少なかったのが残念。

 

 瀬戸内寂聴さん、死去。

 徳島出身だが、おれが子供の頃は、「瀬戸内晴美」というと、なんだか名前を言うのも憚るような扱いだった。「東京にいってしまった問題児」って感じ。腫れ物に触る感じ。ちょっと尖った存在だと困惑してしまうのは、徳島が凄く田舎だという証拠。文化勲章を貰うような「誰が見てもエラい人」じゃないと、郷土の誇りにはならないのだ。おれの高校の文芸部でも、誰も知らない純文学の富士正晴とか日本SFの開祖と呼ばれる海野十三の名前は出るのに、瀬戸内晴美は……。徳島出身であることが迷惑なような感じすらあった。大きな書店にあっていいはずの「瀬戸内晴美コーナー」もなかった。もう、徹底して無視する態勢。作品だけではなく、生き方も当時の女性としては「猛毒」だったとはいえ……。

 しかし、だからって存在を否定するような田舎者はだめだ!まったくダメだ!

 それもあって、おれは早く徳島を出て東京に行きたかったのだ。つい最近まで望郷の念も薄かった。

 その傾向は瀬戸内晴美が得度して瀬戸内寂聴になっても続いた。さすがに晩年は違ったようだけど……地元・徳島新聞にはこういう記事が載った(←リンク)。

 

 夜はツイッターやFacebookにいろいろ書き込んでいたら、更けてしまった。

 日活初のカラー映画で浅丘ルリ子のデビュー作である「緑はるかに」のカラー方式は、コニカラー。撮影時にプリズムで三色分解して白黒の3本のネガを作って、テクニカラーのように1本のカラーポジを作る、和製テクニカラー。これについて、ある人物が「多層発色の普通のカラーフィルムだったのでは?」と書き込んだので、具体的な証拠を探して反証した。けどまあ、相手は軽い気持ちで書き込んだのに、おれがかなり徹底して証拠を集めて、日芸に保管・展示してあった「コニカラー・映画用カメラ」の写真を撮ってあったのを思い出して、それも貼ったら、なんだか相手に引かれてしまったようだ。

 これがそうなんだけど。

P1000034

 角川文庫で出した「情事」は、昭和30年代初頭に日本の映画制作の現場では光学録音から磁気録音に切り替わった頃を舞台にした小説だったので、徹底して調べた。撮影所によって使っている光学録音機のメーカーが違ったり、どんなマイクを使ったのかまで、かなり調べて書いた。

 上映用のプリントのサウンドトラックはデジタルに置き換わるまでずっと光学録音だったが、現場でのシンクロ録音やダビングなどでは昭和30年代アタマの頃まで光学録音が使われていたのだ。

 こういう「映画考古学」が好きなのだ。現存しない撮影所を特定したりするのも好きだし。この分野にはもっとマニアがいて、現地調査をして昔の写真も探し出したりしている。こういう「もの好きな研究者」の熱情には敬服する。

 まあ、そういうことがあるので、間違った事を言われると刺激されてしまう。

 

 それから風呂に入ったり、BSで中山道を辿る番組を観たりしたので、寝るのが遅くなって、1時24分、就寝。

 

今朝の体重:86.40キロ

本日の摂取カロリー:2335kcal

本日の消費カロリー:252kcal/6039歩+自転車

2021年11月11日 (木曜日)

11月10日/鬱抜けて仕事進んでテニスやり、久々に飲み生きる悦び

 7時8分起床。
 晴れ~曇り~晴れ。

 

 朝のモロモロを済ませて、アサメシ……だが、ゆで卵を作ろうと思ったら卵の殻が割れていたので方針変更。ダブルソフトにマヨネーズで土手を作って卵を落としてトースト。それに牛乳とコーヒー。

 

 仕事開始。
 と……なんだかすべてがすっきりクリア。気分爽快。すべてが楽しく愉快に感じる。
 ずーっと鬱気味だったのだ。というと、本当に鬱で苦しんでいる人からは「お前のは鬱じゃない」と言われると思うのだが……気分が沈んで意識して楽しいことを考えたり動いたりしないとどんどん落ち込む一方だった。それが、突然の気分一新。
 不思議だが本当だ。
 仕事も、昨日書いた部分を読み返して、大幅に書き足す。
 仕事が進むと、心の晴れもいっそう確定していく感じ。
 目の調子もぱっちりクリア。
 体重も減って、本当に久々の85キロ台になったが……。

 

 昼は、キャベツとソーセージのスパゲティを作り、足りないので、イングリッシュ・マフィンにクリームチーズ。

 

 食後、仕事再開。
 1ブロック終えたが、その後の展開を整理。

 

 今夜はテニスの後、久々の飲み会。新しいメンバーの歓迎会もやってなかったので、モロモロ飲み会。「よねや」に行くのは1年ぶり?

 

 支度をして、くーたんに早めのご飯を出して、外出。
 ATMでお金を下ろしたら、想定外の残高。そろそろ祥伝社の増刷分の印税が入る頃だと思っていたが、思ったよりたくさん入っているようだ。それを予期したから鬱が抜けたのか?まあ、そういうこともあるかも。

 

 テニスはイマイチだったが、構えをもっと下からにした方がいい、とコーチの教え。今までやって来たことが覆されるほど床につくほど下から振り上げてみろと。しかし急には出来ない。

 

 急いで風呂に入って、ロビーに集合。
 予約時間より早く行ったので、席を空けて貰ったりして、無事着席。総勢8人。
 顔は知っていても名前を知らない人ばかりだった。その顔もコートではマスクで半分隠れているし。
 20時30分スタートで22時30分頃まで盛大に飲み食い……したつもりだったけど、そうでもなかった。豚肉炒めとラーメンサラダ、ちくわにマカロニサラダを食べたのは覚えているが。あ、カキフライも食べた。
 お酒は中生を少し残した。
 飲み食いよりおしゃべりに熱中。

 

 いい気分で23時頃帰宅。
 帰宅が遅いので、くーたんの機嫌が悪い。キッチンで洗い物をしていると「こら、構ってくれ!」とにゃあにゃあ鳴くので、ぎゅっと抱っこ。
 祥伝社からの支払い通知書を見てみると、聞いていた数字の倍の増刷だった。クレカの引落しがあっても残高が多かったのはそれだったのね。いやもう、有り難いのひと言。

 

 一番遅く始まるフジのニュースを観て、0時25分、就寝。

 

今朝の体重:85.95キロ
本日の摂取カロリー:2279kcal
本日の消費カロリー:186kcal/4651歩+自転車+702kcal(テニス)

2021年11月10日 (水曜日)

11月9日/精神が停滞する中、一筋の光明が

 7時20分起床。

 間もなくかなりの雨が降ってきた。

 

 朝のモロモロを済ませる。

 「ノマドランド」と主演でプロデューサーのフランセス・マクドーマンドのことをもっと知りたくて、いろいろ検索していると、ヴォーグのインタビューを見つけた。ファーン役には彼女の実像がかなり投影されているらしい(←リンク)。

 原作はノンフィクションで、映画にも本人役で登場した女性がメインに描かれているし、いろんな「本人」たちが登場するが、彼らを繋ぐのが映画オリジナルのファーン。この脚色は見事で、雄弁な物語になっているし、ファーンの造形もたしかだ。それはマクドーマンドの実像そのものと言っても間違いではないようなのだ。

 USジプサム社は、従業員には親身な会社だったようで、福利厚生は行き届いていたし、従業員にもアメリカのすべての建物を支えているという大きな自負もあったのだろう。だから廃業に伴う深刻な労働争議も起きなかった(起きたのかもしれないが)のだろう。原作を読めば詳しく書いてあるようだが。

 そんないろいろを考えていると……人間は一度、繁栄を知ると、落ちていくショックは大きい。トランプが熱烈な支持を集めるのも判る。ただ、トランプならアメリカの繁栄が取り戻せる、とは到底思えないのだが。

 映画を観た感想文にはあまり興味はないが、映画の背景にあるいろんな事を教えてくれる文章はとても貴重で、勉強になる。これ(←リンク)とかこれ(←リンク)とか。

 

 そんなあれこれを考えていると、10時を過ぎてしまった。ブランチ的なアサメシは、ダブルソフトのトースト、ハムエッグ、牛乳、コーヒー。

 

 仕事開始。なんとか突破口を作れた。登場人物が動き出した。そう思うと、安心してしまった。まだまだ推進力が足りない。燃料が足りない。

 

 しばらく休診が続いているカイロプラクティック、再開したよ!という連絡もないので、このまま閉院じゃないだろうなと思いつつ電話してみると、やっていた!先月の末にはもう再開していたらしい。

 早速、予約を入れる。

 

 今日は「一の酉」。例年、「お酉様」は関東の酉の市発祥の地・花畑大鷲神社に行く。浅草の鷲神社がヌシみたいな顔をしているが規模がデカいだけで発祥の地ではない。ま、足立区の住民として「花畑大鷲神社の正統性」を主張するだけで、それ以上のものではないのだけど。ま、浅草は昔からの観光地だから宣伝が上手い。

 で、雨はいっそう強くなってきた。予報によれば16時くらいには上がるらしいが……。

 相方と相談して、「二の酉」に行くことにする。二の酉は日曜日に当たるので、かなり混むだろうけど。

 

 昼飯は、日清の「冷凍すき焼きうどん」に卵を落として、ご飯小と。なかなか美味い。

 

 仕事再開。

 なんとか仕事を進めようと努力する。

 

 と、徳間の担当I氏から嬉しいメールが。10月刊の「降格警視」、増刷には至らないが好調なので第2弾を出せば弾ける可能性があると営業が分析したので、第2弾書いてください。営業の熱が冷めないうちに出したい、と。

 人間、世間に必要とされると、嬉しい。

 師匠・市川崑さんが先輩助監督が監督昇進する際に言った言葉が、「賞を取る映画か、客の入る映画を作れれば次がある」だった。山あり谷ありのキャリアの末に「巨匠」となった市川さんの金言だ。

 これは映画も小説も同じ。売れなくても何かの賞を取れば出版社も喜ぶし書き手の名も売れる。賞には無縁でも読者の支持が篤い作品や書き手は強い。

 頑張って新作を出しても、SNSではいい評価を頂戴するけど……(以下略)という状態が続いていたので、一筋の光明が見えた感じ。

 やっぱり、プロとしては「仕事を依頼されてナンボ」だよねえ。

 かなりの燃料になった。頑張らねば。

 ただし、スケジュールの調整を考えないと。

 

 16時を過ぎて、予報通り雨はあがったが、重い雲が垂れ込めて、暗い。

 

 仕事、1ブロック終えるが、次のブロックが難しい。どう乗り越えるか、というか、エピソードを上手く繋げねば。

 

 夕食は、「キャベツとベーコンのスパゲティ」を作って、粉チーズをたくさん振りかけて食う。

 意識的に夕食の量は減らしている。すると体重は減る。昼間けっこう食べても、夜絞れば体重は減るか、増えない。昼間にエネルギーを使うのだから、これは理に適っている。

 だいたい世の中のアレコレは理に適っていれば巧く回転する。政治だけは理に適っていないから妙な事になるのだ。

 18歳以下に10万円支給するのは、まあいいとして、半分は現金で半分をクーポンだって。クーポンを作るのにカネがかかるだろうに。その製作費を支給に廻す方が理に適うはずなんだけどなあ。どうせ利権が絡んでるんだろうけどさ。

 

 「バナナサンド」を観る。爆笑問題がゲスト。トム・クルーズのタマキンを掴んだ太田なんだから、二階や甘利に暴言を吐くのは「想定内」。どうせならアベにも吐いて欲しい。

 

 その後、「MC芸人SP」の録画を観てしまう。4時間もあるのに、彼らの芸は一切見せず、お互いを褒め合うというツマらない展開。これって穴埋めに急遽作った間に合わせ企画みたいじゃん。彼らの漫才やコントを見せるって、出来なかったのか?

 実に不毛な4時間特番だった。

 

 ゴミ出しして風呂に入って、録画した「町中華で飲ろうぜ」を観るが、2019年放送分の再放送だったのでガッカリ。三河島と千歳船橋。餃子が食いたくなってしまった。

 

 0時6分、就寝。

 

今朝の体重:86.50キロ

本日の摂取カロリー:1922kcal

本日の消費カロリー:0

2021年11月 9日 (火曜日)

11月8日/今日は1日、医者巡り

 ふと目が覚めて、昨夜観た「ノマドランド」を思い出すと、涙が滲んだ。あの映画は、いろんな意味でガツンときた。
 7時28分起床。
 夜中に地震があったらしい。全然気がつかなかった。

 

 晴れ。

 

 朝のモロモロを済ませようとしたが、「ノマドランド」の感想を書いていると長くなったので、途中でアサメシ。ご飯に目玉焼きをトッピングしてマゼマゼ。それにキュウリの漬け物、海苔。

 

 今日は午前中に月イチの通院があり、夕方に歯の3ヵ月検診がある。だったら中途半端に空いた昼の部に眼科を入れる事にする。白内障の進行を遅らせる目薬がそろそろなくなってきたし。

 

 日記を書き終えてアップして、クリニックへ。
 連休明けのように混んでいる。受付の段階で規制するほど。どうもおれの主治医のM先生が先週休診だったかららしい。
 しばらく待って、採血。しかし採血のオーダーがまた間違っていて2つの容器に取るのに1つしか用意されていない。前にはオーダーミスが発覚して採血を2度やったこともあったので、患者であるおれが指摘。オーダーを出す看護師さんはてんてこ舞い状態なので館内電話は繋がらない。顔馴染みの臨床検査技師の人が助言してくれたので、無事容器2つ分を採血。検尿もして、順番を待つ。
 血液検査の結果は、良くもなく悪くもなく。
 いつもより30分くらい長くかかって、終了。薬局に回って処方薬を出して貰う。

 

 帰路、昼メシを済まそうかと思ったが、まだ腹が減っていない。居酒屋のランチで1日限定20食の「アジフライと白身魚のフライ定食」があったのだが……。

 

 帰宅すると腹が減ってきた。ダブルソフトのトーストに焼いたソーセージを挟み、マヨネーズと刻みピクルスを投入して食べる。
 美味いし、量的にもちょうどいい。

 

 眼科の午後の診察は14時30分から。
 その間に、カーシェアの「カレコ」に入会する手続きをする。今日、クリニックとの行き帰りに、カレコの車がどこにあるか確認した。ウチから近いので不便ではない事が判ったので。
 しかし、急にマウスが動かなくなったりして手間どる。エボルタの充電池、ウチにあるモノは一斉に寿命が来たのかも。
 それでもなんとか入会手続きをして終えたら14時30分。

 

 眼科は混んでいて、1時間ほど待つ。その間にカレコの入会承認メールが届いた。カーシェアってレンタカーみたいにちゃんと使えるのかどうか不安。本番のドライブをする前に、試験的に使ってみておくか。
 やっと順番が来て、視力検査などをして診察。今日は若先生だった。「緑内障の疑いがある」とのことで、来月、眼底検査をすることに。白内障的には進行していないと。
 終わったら16時。
 歯医者の予約まで時間があるので、自転車屋に寄ってタイヤに空気を入れる。

 

 そのまま歯科医院に走って、16時過ぎに待機状態。アメリカ人男性らしい患者がいて、陽気な大声でなんか言っている。
 ほどなく順番が来て診察室に入ると、いつもの女医さんがとてもきれいな英語で患者のアメリカ人男性に症状を伝えている。いやあ、この先生、こんなに英語が巧かったんだなあと驚いた。お医者さんだから留学とかしたんだろうな。患者のアメリカ人男性(カナダ人かもしれないけど)は陽気でデカい声でジョークを飛ばしながら先生の説明を聞いている。こういうところ、いいね。
 おれは、先月、歯が染みて駆け込んで診て貰った時からは症状は改善している。毎晩歯間ブラシを使っているしシュミテクトで歯を磨いているし、一番の原因である「歯の食い縛り」をしないよう意識して努力しているので、歯の状態については特に言われることはなかった。しかし、頬の筋肉が緊張しているのでそれをほぐすマッサージ法を教わった。頬の筋肉が緊張していると歯の噛みしめの一因になるらしい。

 

 17時過ぎに終了。
 スーパーに寄って、春菊、豚バラのコマギレ少々、小分けされたシラタキなどを買って、帰宅。昨日の豚バラ白菜鍋に足して食べる。
 
 九州新幹線の車内に放火した69歳のクソジジイが逮捕。京王線のテロを真似たんだと。こういうクソジジイは遠島の刑に処してやれ。

 

 録画したテレ朝「MC芸人集合特番」を観るが、思ったほど面白くない企画。業界的には自分たちの名前で冠番組を持ってMCが出来るのは「出世した芸人」なんだろうけど、そういう芸人を持ち上げてもなあ。

 

 19時になって、夕食。買ってきたものを鍋の残りに足して、ネギも足して、茗荷と大葉の薬味でポン酢と胡麻ダレで食う。美味い。けっこう焼き豆腐が残っていた。ご飯小で。

 

 「帰れマンデー」は、山奥の寿司屋探しの旅は、あんまり面白くないと思うけどなあ。と思いつつ、後半をぼんやり観る。
 21時になって、また「MC芸人」を今度は早回しで観るが、トークバラエティを早回しで観ると、当然だけど全然面白くない。

 

 風呂に入り、「ノマドランド」をディスクに焼いて、改めて観直す。
 会社が事業所を閉鎖して従業員を解雇したことは日本でもあった。石炭などの鉱山だ。北海道や九州の鉱山は閉鎖されて街も小さくなった。関東だと、古河の足尾銅山がそれで、足尾の街に行くと、銅山で栄えた街の痕跡が残っている。
 日本の場合は、鉱山が閉鎖されたからといって街も閉鎖されてしまうことはなかったが、多くの人が職を失い、激しい労働争議も起きた。死活問題だから、争議になるのは当然だ。
 労働者の意識が高いアメリカの、USジプサム社の場合はどうだったのか?従業員や街に住んでいた人たちの権利は充分に保障されたのか?映画を観る限り、どうもそうではなさそうだ。会社がなくなって、人々は放り出された感じなのだが……。
 USジプサムについて検索していると、映画の原作「ノマドー漂流する高齢労働者たち」( ジェシカ・ブルーダー著)を紹介するサイトが見つかった。(←リンク)
 それによると、工場と町の閉鎖は突然で、労働争議が起きることもなく、人々は街から追い出されて、その町・エンパイア(人口300人)は厳重に閉鎖されてしまった、と。まあ、閉鎖宣言から最後の住人が退去するまで半年かかったようなのだが……。
 この町にいれば仕事は保障されて生活も保障されて中流の暮らしが出来た。それは多くのアメリカ製造業の姿だったはずだ。
 そのアメリカの繁栄を日本が奪い、そして今、中国が奪っている。……彼らがトランプのコアな支持層なのかな?とふと思う。まあ、ここまでいろいろ考えてくると、アメリカの復活、アメリカの繁栄の復活を謳うトランプを支持しないでどうする、と思ってしまうよねえ。
 とはいえ。
 栄枯盛衰は世の常。その繁栄は西回りで、中東から欧州、そしてアメリカと移動している、と以前よく言われた。日本が「ジャパン・アズ・ナンバーワン」とか言われていた頃だ。この論は正しい。今、繁栄は中国にある。そしてそれは、やがて、中東に移るのだろうか?日本の繁栄は非常に短かったが、中国から中東に移動するのには何年かかるのだろう?
 そんなことを思ったりしたが、やっぱり、登場する人間に心は動く。映画では、人それぞれいろんな事情を抱えていても、みんな仲良くなって助け合う。
 そこに、僅かな希望があるし、感動もする。
 まったく他人事ではないし、明日は我が身だ。日本にだって車上生活者は少なくない。
 まあしかし……これから、どうなるんだろうねえ。

 

 途中まで観て、BSに切り替えると、「BS世界のドキュメンタリー」で、「消えた200億円と暗号資産の闇 ~カナダ 青年CEOの“死”の波紋~」というのを放送していた。
 2019年にカナダ最大の仮想通貨取引所のCEOが新婚旅行の最中、インドで急死して、11万人以上の顧客が200億円相当の仮想通貨を引き出せなくなり資産を失う事態になってしまった。仮想通貨消失の謎に迫るのだが……。仮想通貨の保存場所のパスワードを知っていたのは、急死したCEOただひとりだったという事実!
 会社としてのバランスシートも帳簿も整備されておらず、もしもの場合のパスワードのバックアップとかも用意されていなかった。
 まさに、学生がゲーム感覚で作ったもの。
 仮想通貨のすべてがこうだとは言わないが、中にはこういう「学生気分のまんま」のバカ野郎もいるだろう。
 おれは、自分の資産を仮想通貨にするなんて夢にも思わないね。まあその前に、資産なんかないけどな!
 
 ドキュメンタリーとしては実に面白かった。
 23時49分、就寝。

 

今朝の体重:87.50キロ
本日の摂取カロリー:1304kcal
本日の消費カロリー:250kcal/5520歩+自転車

2021年11月 8日 (月曜日)

11月7日/仕事・鍋・ノマドランド

 6時25分起床。

 洗っておいた洗濯物を干す。

 予報では午前中に雨がぱらつくかも、と出ているが、空を見る限り降りそうもない。この界隈に関しては、おれの予報の方が当たる。

 

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはご飯を炊いて、卵かけご飯、インスタントのしじみ汁、キュウリの漬け物。お代わりして海苔で。

 

 仕事開始。昨日の続き。キャラを反映させてはっちゃけさせようとしたが、そういう局面ではない。

 集中力がでないので、メモ的に思いついたセリフやシチュエーションをどんどん書き込んでいく。

 空は安定して晴れてきた。ホレ見ろ、雨なんか降らないぞ!

 

 昼は、この前の残りの「ニラ玉」「麻婆茄子」にご飯小。安いスーパー「お母さん」の安いお総菜はなかなか美味い。東武ストアより美味いかも。

 

 買い物に出る。今夜は相方と鍋を食べるので、その材料。豚バラ肉、白菜、長ネギ、椎茸に薬味の茗荷や大葉など。

 鍋は簡単に野菜を摂れるし安く上がるし、とてもいいのだが、一人だと準備が億劫。アルミ鍋にセットしたものはあるが、肉の量が少ないし、うどんでかさ上げしてあったりする。まあ、材料は何度かに分けて使えばいいのだが。

 

 帰宅して、洗濯物を取り込んで、仕事再開。

 

 春菊か水菜を買うのを忘れていたのを思い出した。やっぱり鍋には「青物」は必須でしょう!

 一番近いスーパー、ピアゴに行くと、豆苗しかない。ちょっと違うけど買ってくる。

 

 「笑点」を観て、「青天を衝け」を観る。渋沢栄一と岩崎弥太郎の対決。この大河では、どうしたって弥太郎は悪役。

 

 鍋の支度をしていると、相方来訪。

 モランボンの「白菜鍋」のスープを使ったが、美味しかった。つみれとかを入れても美味しかっただろうなあ。一人鍋では使いにくいから、その場合はキューブを使うべきか。

 暖房を切ったが、暑くて暑くて、汗ダラダラ状態。

 久々の鍋、思いきり食って、美味かった。

 

 食後は、wowowで録画した「ノマドランド」を観る。

640_20211108101401

 とても重くて多層的な作品なので、いろんな、違った感想が、時間を置いて沸いてくる。

 ネバダ州にあったUSジプサム社が閉鎖され(この会社はアメリカ各地で事業を展開しているようで、ネブラスカ州ではまだ操業中であるとWikipediaに書いてあるが真偽は不明)、社宅に住んで夫婦で会社に依存する生活をしていた主人公ファーンは、夫を亡くしたこともあって、必要なものだけを車に積んで放浪の生活(ノマド)を始める。日本ではオフィスを決めないであちこちのカフェとかを転々とするノートパソコン・ユーザーを「ノマド・ワーカー」(えんえん席を独り占めする迷惑な存在だ)とかいうが、まったく違う。彼らは生きていくために必死なのだ。

 この生活が、苛酷。都市部でのホームレスとは違う。ファーンが言うには、自分たちは「ハウスレス」。車の中に全財産がある。彼らは生きるために仕事をする。Amazonの季節労働者。国立公園の清掃員。その職場で人間関係が出来て、キャンパー生活者同士、仲良くなる。

 生活は苛酷だけど、冷え冷えとした孤独ではない。人間としての繋がりはある。

 何故か、白人ばかり。有色人種は出てこない。Amazonの同僚の中にいた程度。こういうノマド生活をするのは白人ばかりなんだろうか?原作のノンフィクションを読めば書いてあるのかもしれないが。かなり高学歴で専門職でもあった人たちが、突然仕事を失い、家も失って、車を根城に仕事を求めて全米を放浪する。

 福利厚生を会社に委ねて公的補助や支援が薄いのはアメリカ。オバマ政権でやっと健康保険制度が整ったくらいだ。

 「自助」を重んじるアメリカ。「公助」を重んじる福祉社会のヨーロッパ。弱者にとってどっちが生きやすいか。

 日本はその中間。というか、「働かざる者食うべからず」と言ってしまう自民党議員がいるから、事実上、アメリカに近い。

 というか、少し前なら、こういう映画を観ると「アメリカって大変だなあ。アメリカで暮らすということは苛酷だなあ」とか思っていたが、今はどうだろう?日本の方が生きていくのは苛酷なんじゃないか?

 

 この映画に登場する人たちは、「働けるうちは自分でなんとか頑張る」人たち。主人公は「とにかく働いていたい」と思う。

 働くということは、お金を得るためだけではなく、社会と繋がっていられることだから。

 仕事もなく、アパートに閉じ籠って、福祉の弁当を食べて、ただ生きているだけの老人(病気とかいろんな理由で参ってしまっている人が多いのだろうが)……こういう記事(←リンク)を読んでショックと感動を覚えていたこともあって。日本の福祉政策は「とにかく死なせない」だけって感じがして……しかし、そういう姿よりも、働いて社会と繋がっていたいと思う方が、健全だろう。

 フランシス・マクドーマンドがプロデューサーであり、主演。

 ノンフィクションが原作だが、その原作に登場する人たちがそのまま映画にも本人として登場しているらしい。だから、この作品はフィクションなのにドキュメンタリーのようだ。

 マクドーマンド自身、「65歳になったら映画の仕事を辞めて放浪してラッキーストライクを吸ってワイルドターキーを飲むわ。名前も変えてファーンと名乗るつもり」と話していたらしい。(←リンク)だから、この役は、彼女自身といってもいいのかもしれない。

 この映画に関する優れた記事(←リンク)を読むと、背後にあるアレコレが判って、いっそう考えさせられる。

 

 誰にも頼らず自力で暮らす誇り。これはアメリカ人の根本なのかもしれない。しかし、これはなかなかしんどくて辛いことだと思う。

 トシを取ると仕事が選べなくなるのは日本も同じ。それまでのキャリアは無視されて単純肉体労働しかなくなるのも日本と同じ。

 しかし、語り合えて笑い合える「仲間」がいれば、人間はなんとかなる。

 そういうことも思ったり。

 この作品には答えはないしゴールもないしハッピーエンドもない。

 新型コロナ禍で、世の中はいっそう酷いことになっている。この映画に登場した人たちが働ける場所は、Amazon以外は長期間閉鎖されてしまったんじゃないかと思う。

 

 ふと思ったのだが、この映画が描く「ノマド・ライフ」は、「怒りの葡萄」で描かれたことと、どう違うのだろう?ムチャクチャな大不況で職を失った人たちが、それまでのキャリアを棄てて(棄てざるを得なくなって)仕事を求めて全米を放浪する。列車に無賃乗車する放浪者(りー・マーヴィン)を阻もうとする鬼のような車掌(アーネスト・ボーグナイン)との戦いを描く「北国の帝王」という凄い映画もあったなあ。

 しかし、「怒りの葡萄」で、ジョン・フォードやヘンリー・フォンダ、そして原作のジョン・スタインベックが描き出した社会の大いなる矛盾は、今も昔も同じで、まったく進化していない。それを思うと絶望的になる。

 しかし、それを補う、同じ境遇の人たちの篤い友情や思いやりがある。

 そんな、あれこれを思うと、いろんな局面から語れる映画だなあと思う。

 

 キャンピングカーで放浪しながら暮らす、というのは日本でも流行り始めているが、これが出来るのは、ネットがあればどこででも仕事が出来るライターくらいのもの。まあ、各地でバイトをして転々とする事は出来るだろうが……まだまだ日本ではオートキャンプ場以外で車を止めて生活することが許されている場所は少ない。道の駅や高速道路のパーキングで無理やりやっている人もいるが、これは迷惑な存在でしかないから、いろいろな手段で追い出されている。

 

 本当に、明日は我が身。

 考え込んでしまう。

 

 見終わって、相方が買ってきたアイスを食べて、相方を見送りがてらゴミ出しをして、風呂に入り、汗が引くまで、と思って観始めたTBS「ドキュメンタリー解放区」で、早稲田大学に出来た村上春樹ライブラリーの密着取材がなかなか面白くて、最後のほうまで観てしまった。生前に蔵書とか資料や集めたレコードを寄贈するって、村上さんも「終活」をしてるってこと?

 

 1時49分、就寝。

 

今朝の体重:86.50キロ

本日の摂取カロリー:1935kcal

本日の消費カロリー:92kcal/2191歩+自転車

2021年11月 7日 (日曜日)

11月6日/仕事・気功・弁慶

 6時22分起床。
 晴れ。

 

 朝のモロモロを済ませて、朝ドラの1週間のまとめを観てみる。「おかえりモネ」の時はサンドウィッチマンがアパートの一室で見ているという設定だったが、今回はそういう「ナビゲーター」は不在で、再編集したまとめを流すだけ。とは言え、ドラマとしては安定した面白さがある。これは定番の極み。ラジオ英会話の番組はラジオが放送を開始して間もなく始まっていたというのに驚いた。ドイツ語でもフランス語でもなく、英語だったのね。
 アサメシは、ダブルソフトとイングリッシュ・マフィンのトースト、ゆで卵、ハム&マヨネーズ、牛乳、コーヒー。

 

 仕事開始。
 昨日まで書いた部分、妙に真面目になっていて、しかも話を進めることだけに徹している感じがあるので、キャラクターを生かすべく、加筆。もっとはっちゃけなければ。とはいえ、脱線させるのも程度問題なので、そのバランスに腐心しつつ、加筆修正。

 

 昼飯は、コンビニに走って「海苔弁」を買ってきて、食べる。たいした量ではないのに、今日は妙に腹にもたれる感じ。

 

 矢崎在美さんの新著「あなたのための時空のはざま」を拝受。最後の短編にかなり衝撃を受けて、感動。詳しくはこの本の発売日に書きますが、今のおれの気持ちの状態とも絡んでいるのか、かなりグサッときて、涙が零れた。

 

 今日は、堀切菖蒲園で気功。先週もあったのだが、急に「月2回」に増えて、会場が取れたからということで。
 行きつけのカイロプラクティックがまだ再開しない(してるのかもしれないが、連絡が来ない)し、先週、2年ぶりに気功をやったら全身がポカポカして暖房がいらないくらいだったので。
 次回行けるかどうか判らないので、参加することにした。
 
 と、ツイッターで「今回のテロ事件に対する京王電鉄の対応」に疑問を呈したおれの書き込みに「それは結果論だ」という反論が来たので、それに反論したり補足したりしていると、外出時間となった。幸い、議論はほぼ出尽くしていたので、落ち着いたが。
 京成線、古い車両だが、車内灯の蛍光灯の端にカメラがついていた。テレビで紹介していた東急線と同じ設備で、車内カメラの映像は4G電波で運行司令に飛んでいる。京成、案外やるじゃん!

 

 堀切菖蒲園の地区センター、先週は総選挙の期日前投票所だったが、今週は葛飾区長と区議選挙の期日前投票所になっていた。係の人、大変だ。
 で、気功は前回よりキツい内容。まあ前回は2年ぶりだったので柔軟体操的な事がメインだったが、今日は本格的。
 結構汗をかいた。横になっての時間、完全に寝てしまった。
 畳の部屋で横になるのはイイネ。

 

 終了後、トイレによって出て来たら、メンバーはあっという間に帰ってしまい、北山先生もいない。ちょっと淋しい。

 

 で、おれは、今回も「ラーメン弁慶」へ。その先にある「ラーメンショップ」の隣にある立ち食いそばの名店「会津」でおそばとおにぎりもいいなと思ったが、やっぱり「弁慶」の気分。先週食べて、中毒性が戻ってきた感じ。
 今回はご飯小と海苔を追加。

Img_6182

 美味い!
 しかし、ご飯の分が少し多かった。食べ過ぎた。

 店を出て、急激に20年前を思い出して感傷的になってしまった。
 中目黒から千住に越してきて、中目黒時代に好きだった、千駄ヶ谷の「ホープ軒」に深夜バイクで通った時期もあったのだが、同じ系統の「弁慶」が近くにあると知って、来るようになった。同じ「東京トンコツ」で「背脂チャッチャ」系だけど、千駄ヶ谷ホープ軒とちょっと味は違う。しかしチャーシューは弁慶の方が柔らかくて美味い。
 ということで、すぐに弁慶のファンになって、バイクに乗って通うようになった。主に深夜。
 あの頃は小説家専業になったばかりで仕事も少なく、当然カネもないしキャリアもなかったのだが、妙な自信と希望に満ち溢れていたんだよなあ。アレはなんだったのかなあ?失うものがない者の蛮勇とでも言うべきか?前に進むしかなかったもんなあ。
 それからして、弁慶のスープがヌルくなって背脂がドロドロ状態になってマズくなったこともあって堀切店には行かなくなり、同じ弁慶でもスープが熱い浅草店に行ったり、博多ラーメンにハマったりして、堀切店には足を向けなくなっていた。
 その後、思い出して寄ってみると、スープは熱くなって以前の味に戻っていた。しかしおれが老化してきて食べると腹を下す「弁刑」状態になったり脂成分過多で反ダイエットだから、行くのは年数回と決めて自制したこともあって、弁慶自体に行くことが減っていたのだが……先週食べて、またあの「食べずにはいられない中毒状態」が戻ってきた感じ。
 それと同時に、20数年前の思い出も甦ってきた。希望に満ちた思い出だけではなく、砂を嚙むようなほろ苦い思い出もあったし、苦しいこともあった……しかし、不思議と、「負ける気」がしなかった。なんだろうね、あの頃のパワーって。何の根拠もない自信って。
 それに引き替え、今は「人生の黄昏感」がひしひしと押し寄せてるなあ。頭の中では鈴木常吉の「思ひ出」が鳴ってるし。
 おれの人生、一周回ってまた「弁慶」。

 

 9日は「酉の市」1回目だが、どうも荒れた天気になりそう。六町駅からレンタサイクルで花畑大鷲神社まで行こうと思っていたのだが……社会実験で、新しく出来た「文教大学足立キャンパス」を経由するバスに乗れば大鷲神社の目の前に着くんだけど……。

 テレ東「いい旅夢気分SP」を観る。レギュラー放送していたときは毎週観てたんだよなあ。テレ東らしい、デラックスさを排除した「安い・近い・手軽」で選んだ小さな旅が好ましかった。埼玉かどこかの農家に泊まる、田舎暮らしが体験できる旅が印象的で今も覚えている(データは忘れたけど)。電車や車で2時間くらいで行ける関東がメインの旅で、ゼイタクしなくても旅が満喫できる、いい番組だったなあ。
 今回は蔵王、軽井沢、黒部ダム。蔵王の部分が圧巻だった。ロープウェイで行く山頂のソファに座りたいねえ!夏とかに。卓球の石川佳純コンビはケラケラ笑い放しで、まあ素人だから仕方ないけど、旅レポになっていなかったけどなあ、この自然な感じがイイのかな。黒部ダムは日帰り。ここまで行っての日帰りはキツいだろ!
 
 この辺りで、「人生最高レストラン」先週分を観ていなかったことを思い出して、TVer.で観る。若村麻由美がゲスト。方向音痴ぶりが面白く、師匠・仲代達矢のメッセージに涙したところでは感動。
 三宿に、こんな素晴らしいレストランがあったのね。以前近くに住んでいたのに全然知らなかった。牛ホホ肉の赤ワイン煮、これは絶対に美味しいでしょう!お高いんだろうけど。

 「アド街ック天国」は「厚木の七沢温泉」。地味でさりげない温泉だけど、いい感じ。鶴巻温泉の「陣屋」が超高級温泉になってしまったので、ということでもないけど、この七沢温泉、魅力的だねえ。

 「新情報7デイズ」を少し観て……気功のせいだと思うけど、強烈な睡魔が襲ってきて、それと戦いながら風呂に入り、「人生最高レストラン」の柄本明を観て、0時16分、就寝。

 

今朝の体重:86.60キロ
本日の摂取カロリー:2519kcal
本日の消費カロリー:164kcal/3779歩+自転車+528kcal(気功)

2021年11月 6日 (土曜日)

11月5日/仕事は微速前進

 7時27分起床。
 晴れ。

 

 布団カバーを洗う。その間に朝のモロモロを済ませる。

 

 京王線のテロでの京王電鉄の対応について、ドアを開けずに乗客が窓から脱出した件、どうしても納得出来なかったのだが、やっと「そういうことか」と思える記事に遭遇。東洋経済新報のWEB記事(←リンク)。しかし、想定外だったと言うけど、新幹線で放火や無差別殺人が2件、小田急線でも無差別テロがあったのだから、もはや「想定外」とは言えない。なにをトロトロしてるんだ!と憤りを感じる。国交省は「駅に着いていたら速やかにドアを開けろ」と指示を出したようだが。

 

 朝ドラを見ないと、朝の時間を有効に使える。「モネロス」は続いているし。「おかえりモネ」のスピンオフ・ドラマは出来ないかな?みんな「途上」なんだし。

 

 布団カバーを干し、アサメシはダブルソフトとイングリッシュ・マフィンのトースト、ゆで卵、牛乳、コーヒー。
 食べながら朝刊を読む。立憲民主党の代表者選び、旧希望の党や旧国民民主党から合流してきた「新顔」が名乗りを上げる形勢だが……旧民進党が瓦解した過去を思い出す。そもそも旧民進党って、旧民主党と当時の維新の会という劣勢どうしが合体したけど上手くいかず、小池百合子の新党「希望の党」に合流しようとしたけど、前原や細野に「排除」されたリベラル系が多数いて……という歴史を繰り返しそうで、物凄くイヤ。
 まあ、今の維新に色目を使っているのは今の国民民主党だから、歴史を繰り返すのはアッチだろうけど……。立憲民主党も同じ事を繰り返すようなら、バカの集団としか思えない。立憲民主党はリベラル勢力を結集して、リベラルの牙城としてやっていくのが結党時の精神だったんじゃないのか?
 それが変質するなら、おれは共産党か、れいわ新選組に鞍替えするぞ。

 

 仕事開始。昨日の続き。新しいブロックに入るが、難しい。なかなか進まない。

 

 11時になったので、布団を干しに行く。布団はあんまり早くから干すものではない(らしい)。
 どうも明け方にモーレツな不安に襲われて目が覚めてしまうのは、精神的な問題というよりも、単純に「寒いから」だと思い当たったので、今日から冬布団にして、ぬくぬく寝ることにするため。

 

 13時近くになって外出。千住大橋のサイゼリヤで500円ランチを食べて、セリアで「電池チェッカー」を買うつもり。
 しかし、ハンバーグセットを頼んだサイゼリヤでは、無料だと勘違いしてドリンクを取ってしまい、ご飯も大盛りにしたので+150円。サイゼリヤのご飯大盛りはかなりの量があった。
 セリアでは、電池チェッカーは品切れ。
 ダイソーに寄ろうかと思ったが、そのまま帰宅。

 

 仕事再開。
 
 ウチのすぐ近くに「タイムズカー(旧タイムズカーシェア)」があるが、車は年数回しか乗らないのに月会費を払うのはもったいない。月880円だとしても。しかし「カレコ」や「オリックスカーシェア」は月会費無料コースがある。どっちもウチから少し離れた場所にあるが、「カレコ」は駐車場に自転車を止めておけるようだ。って事は、料金最安ではないけど利便性で「カレコ」かな、とか思ったり。しかしやっぱりレンタカーを使う方が安心するなあ。

 

 14時過ぎに洗濯物や布団を取り込む。
 仕事は継続。

 

 17時を過ぎて、本日分の仕事、終了。1ブロック書き終えていないが、詰まってしまった。

 

 夕食は、日清の冷凍ラーメン「日清本麵」醤油ラーメン。具は全部入っているので、ラーメンスープをお湯で割って、麵と具をレンジで温めてスープに投入すればいいが……これならコンビニで売っているチルドのラーメンの方が具は豊富だし簡単だし、いいかも。
 これはこれでなかなか美味いけど。
 「ザワつく!金曜日 ちさ子に対する“謝罪”を込めて⁉一茂がそば打ちに挑戦!」を観ながら食べる。
 一茂にセンスがあるのか、それとも、最高のそば粉を使えば、素人でもそれなりのそばが打てるのか?たったそば打ち2回目の一茂のそばは、なかなか美味そうなんだけど……。
 続いて「マツコ&有吉 かりそめ天国 2時間SP 初登場チョコプラ松尾がへぇ探し」も観てしまった。
 だったら、テレビを観ながらでも出来る内職でもしようかな。

 

 溜まった新聞を一気読みして憂鬱になる。世の中がよくなる兆しは、ない。これからどんどん悪くなるなら、息を潜めて生きていくしかないだろうなあ。小林信彦がキャリア初期に書いた私小説を思い出す。大学院進学準備中の学生と偽って学生下宿に入って失業保険で暮らす男の失意の日々。小林さんが江戸川乱歩に認められて世に出る寸前の頃を舞台にした私小説。

 

 資源ゴミを出し、風呂に入り、録画した「72時間/銀座の酒屋の物語(2019年の再放送)」「町中華で飲ろうぜ(この2月分の再放送)」を観て、0時13分、就寝。

 

今朝の体重:86.50キロ
本日の摂取カロリー:2279kcal
本日の消費カロリー:84kcal/2156歩+自転車

2021年11月 5日 (金曜日)

11月4日/仕事が進んで少し安堵

 6時21分起床。
 晴れ。

 

 洗っておいた洗濯物を干す。
 ベッドパッドや枕カバーを交換して洗う。
 その間に、朝のモロモロを済ませる。
 洗濯物をまた干しに行き、アサメシ。ダブルソフトのトースト、ゆで卵、牛乳、コーヒー。

 

 イベントの翌日は、寂しさが募る。以前はそうでもなかったが、最近ひしひしと感じるのは、老化なんだろうなあ。ジジイになった証拠だろうなあ。孫が遊びに来て帰ってしまった翌日ってこんな感じかなあ。おれには子供も孫もいないけど。
 独居老人の孤立感がとても判る。

 

 仕事開始。昨日書いたところまでを読み返して、手を入れながら進む。濡れ場とか、もっと濃厚に書くべきだが、それは次の段階でやろう。今は書き進まねば。

 

 年金の受給、なんとか65歳まで我慢して、減額されずに満額受給したいと思っていたが、出版不況の波をモロに被ってヒジョーに苦しい。もう65歳まで待てない感じ。
 で、年金機構のサイトに行ってみると……なんじゃこれは。実に判りにくい。この判りにくさは、ワザとそうしてるんじゃないかという悪意すら感じる。いろんな手続きをさせない。とにかくカネを払いたくない強い拒絶をサイトから感じる。
 そういう意図がないのなら、このサイトを作ったヤツはバカだ。
 助監督時代年金が払えない時期があった。後から追って払ったが、期限切れで払えなかった分があるので、年金は満額貰えない。その上、前倒し受給にすると減額されてしまう。ただでさえ僅かな金額なのに、もっと減ってしまうのはなあ……。65歳まであと2年。耐え難きを耐え、忍び難きを忍ぶかなあ。

 

 京王線のテロ、悪いのはもちろん犯人だが、京王電鉄の対応もひどかった。乗客が窓から脱出しているのにドアをまったく開けず、車内放送も一切なかったと。
 これに関して京王電鉄はなにか釈明をしているのか調べたが、ダイヤが乱れたお詫びのみ。
 他社は今回の事件をどう思い、どう対応しようとしているのか、これも調べてみたが、「いっそうの安全確保に努力します」みたいなことばかり。(*翌日、「東洋経済新報」のサイトにやっと納得出来る記事が掲載された(←リンク))
 これはもう、「自助」あるのみってことか。ハードボイルドな世の中になってしまったねえ。弱肉強食。すべてが新自由主義に染まってしまったか。維新の議席が増えるわけだ。

 

 朝干した洗濯物はもう乾いたので、そのスペースに秋用の布団を干す。冬の布団に切り替えるために仕舞う前に労を労う感じで。
 昼は外出して。
 節約のためにワンコインランチにしようと思い、久々に日光街道の向こうにある「勝つめし屋」に行ってアジフライとメンチカツの定食にしたら900円だった。う~ん。ワンコインランチならず。サービス券でトリカラを1個つけて貰った。
 アジフライはホクホクで美味かった。ごはんを大盛りにして貰ったらちょっと食い切れない量だったけど、炊きたてで美味しい。これで900円は安いかも。
 っていうか、ワンコインで食えるランチ、北千住でファーストフード以外でおれが知ってるのは1軒だけだなあ。東口の「レストラン三幸」。あとはどうしても1000円近い。まあ仕方がないんだけど。とは言えここは量が少ないんだよなあ。

 

 スーパーで夕食のおかずを買って、帰宅。
 暑い。
 保温しているコーヒーに氷を入れてアイスにして飲む。

 

 くーたんがにゃあにゃあと何かを訴えているように鳴くときは「にゃんトーク」を起動させてみる。だいたいが「愛して!」「大好きだよ!」と言っているらしい。だとすれば、おれも嬉しいけど、おれはくーたんを物凄く愛してるんだけどなあ。抱っこが足りないのかな。

 

 仕事を続ける。
 夜までに1ブロックあげる。

 

 相方のバースデー旅行、相方は節約のために日帰りドライブでいいと言ってくれるが、最近のレンタカーは20時までに返さないといけないので慌ただしい。夕食抜きになる事も多い。24時間使えるカーシェアを試してみてもいいんだけど……いろんなトラブル例を知ると、手が出せないんだよなあ。
 南房総~館山方面に行きたいところがあるので、その方面で一泊するのがいいんじゃないかなあ。ちょうど、休暇村のシーズンカタログが届いたし。
 なにか楽しみを設定しないと。

 

 来年の企画の打ち合わせが決まった。有り難いことに仕事は戴ける。ここんとこ、パワーが減衰しているが、なんとか気力を奮い立たせて頑張らねば!

 

 夕食はスーパーで買ってきたお総菜で。麻婆茄子半分とニラ玉半分をレンジで温めて、菜の花と豆腐の白あえやキュウリの漬け物とインスタントのしじみ汁で、ご飯小。
 
 「プレバト」を見るが、今夜の俳句はどれもピンと来なかったなあ。
 
 仕事に戻って、明日書く次のブロックの予習をする。イメージが広がったので、明日はバリバリ書けるだろう。

 

 デイリースポーツが「立憲民主党大敗で……」という見出しの記事を流しているが、議席は減らしたが、「微敗」。断じて「大敗」ではない。デイリーは神戸だから、関西を侵略している維新の天敵である立憲民主党を悪く書かないといけないのだろう。
 なんだか関西というか大阪が、昔の東ベルリンみたいな感じになってきたなあ。独特な政治風土と政治体制という意味で。

 

 ゴミ出しして風呂に入り、以前観たNHK「ファミリーヒストリー/所ジョージ〜人生を楽しもう!生き方の原点は〜」をまた観てしまった。この回は面白い。まあしかし、所ジョージみたいな力が抜けた人は、真似できない存在だよねえ。しかし仕事がテキトーという事ではなく、取材ビデオに厳しいダメ出しをするらしい。その指摘は的確で反論できないのだけど、予算やスケジュールのこともあって、所さんの言う通りにやっていたら番組が破綻するとスタッフは悲鳴を上げているらしいが……カネと時間がないからと手抜きして作っていると、その番組は駄目になって終わっていく。
 所ジョージの番組がどれも長寿なのは、彼が厳しいプロデューサーだからなのだろう。

 

 0時49分、就寝。
 なんだか少し元気が出てきた。

 

今朝の体重:86.40キロ
本日の摂取カロリー:1691kcal
本日の消費カロリー:63kcal/1669歩+自転車

2021年11月 4日 (木曜日)

11月3日/仕事して、足立区北部サイクリング

 6時26分起床。
 晴れ。

 

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはダブルソフトのトースト、ゆで卵、牛乳、コーヒー。

 

 今日は相方と足立区北部方面をサイクリングする予定。洋菓子の「マリオネット」に行きたいとのことなので、竹ノ塚駅から行くのが便利だろう。東口には電動レンタサイクルの基地が向かい合ってあるので出払ってしまうことはまずないだろう。
 それと、今日の午前中に、岩手の布団クリーニング会社から冬布団が送られてくる予定。午前中指定だが、佐川急便だと正午ギリギリか時間を過ぎてしまうことがあるんだよなあ。きちんと届くかなあ。配送状況をネットで見ると、「保管中」になってるけど……ほどなく「配送中」に変わったが。

 

 出かけるまで仕事。昨日の続き。会議でバトルになって紛糾する場面。お互い相手をやり込めようとするところ、書いていて昨今の鬱憤が反映してけっこう書いたぞ。

 仕事しながらレンタサイクルの出払い状況を見るが、ほとんど変化無し。平日の方がちょっとした買い物とかに利用されるのかな?今日のような休日は、メジャーな観光地に出かけるんだろうな。
 
 11時過ぎに、冬布団は無事、到着。
 レンタサイクルも、ある。
 12時30分に外出。
 ATMに寄ってから、富士そばでお昼。「明日葉の天ぷらそば」というのがあった。写真で見ると、この前のコロモガチガチの春菊そばとは違う感じなので頼んでみた。

Img_6178

 美味い!というか、ショーケースの中の春菊天もこの前みたいにコロモでガチガチではない。ミニカレーも安定の美味さ。これならまた富士そばに来てもいいな。

 

 相方との待ち合わせは13時30分。まだ時間があるので、ペデストリアン・デッキの喫煙所で時間を潰す。
 おれは心配性なので、「お休みで天気もいいからサイクリングでもするか」と突然、一気にレンタサイクルが出払ってしまうんじゃないかと最悪の事態を考えてしまう。予約は30分しか効かないし。
 なので5分おきに使用状況を見るが、やっぱりあんまり使われていない。杞憂そのもの。
 やがて相方がやって来て、13時38分の東武動物公園行きに乗る。東京メトロの新型車両には車内モニターのカメラがついていた。その意味で、京王線はダメだね。まあ東武線や京成線はもっと遅れているんだろうけど……。
 車中で、レンタサイクルを予約する。

 

 竹ノ塚駅東口の商店街を抜けて、ローソンの店頭にレンタサイクル置き場がある。
 無事に借り出し成功。

 予定変更。「マリオネット」は止めて、その代わりに「コナズコーヒー」に行きたいし、その前に家財や服や電気製品のリサイクル・ショップの「オフハウス」に行きたいとのことなので、相方の先導で出発。
 が……。
 しばらく走るが、どうも西新井駅とか梅島駅が近い辺りに来てしまった。
 ここで、おれが調べ直して、先導することに。結局、かなり遠回りしてしまったが、まあいい天気だし、サイクリングがテーマだし、いいんじゃない?しかし、おれはいいけど相方の体力には限界があるので、それが心配。

 車もあまり走らない道をスイスイ走って、「オフハウス」到着。普通に走れば20分ほどで着くところ、1時間かかったが。
 おれは買いたいものはないので、ブラブラ見るだけ。しかしGショックのスポーツ対応バンドのものがあった。今使っているヤツが駄目になったら、ここで中古を買おう。その時あれば、だけど。
 リュックとか、良さそうなものはやっぱり結構な値がついている。

 

 その後、「コナズコーヒー」へ。ここは足立区にあるとは思えないオシャレなハワイ情緒満点のお店で、前から行ってみたいと思っていたのだ。
 15分ほどで到着。

Img_6179

 いい感じじゃないスカ!
 店は空いていたが、少し待たされて、その間に体温など測定されて、席へ案内される。
 パンケーキを始めとするハワイ料理がいろいろ。ハンバーガーとかガーリック・シュリンプとか美味そうだったが、今日はパンケーキを食べる。
 店内もいい感じ。

Img_6180

 「クラシック・パンケーキ」を食べる。ホイップ・クリームも美味しい。美味しいので夢中で食べてしまって写真を撮るのを忘れてしまったので、これはお店の公式サイトの写真。

Pancake_classic_whip

 エッグスン・シングス的だけど、もっと普段使いが出来る感じで、いい店だねえ。また来よう。来るのは大変だけど。竹ノ塚駅と六町駅のちょうど中間にあるので……。

 

 六町駅のほうが僅かに近いので、竹ノ塚ではなく六町駅で自転車を返すことにしたが……。
 その返却予約を先にしてしまったら、自転車の解錠コードが消えてしまった。自分が乗っていた自転車のコードは覚えていたが、相方の分が判らなくなってしまったので、会社に電話。しばらく待たされて事情を説明してコードを教わり、解錠成功。

 

 一路、六町駅まで走る。地図で確認すると、「オフハウス」に行くのに一度通った道らしいが、全然覚えていない。

 

 出発に手間どったので、返却予約時間に間に合わなかったが、返却スペースは空いていたので、無事返却完了。
 
 この後、ウチに来て映画でも観ようという話になっていたが、慣れない自転車に乗ったので腕が痛いと相方。今日は素直に解散ということになる。
 つくばエクスプレスで、用もないけど筑波まで行ってみようかとも思ったが、それもアレなので、やっぱり素直に帰ることにして、北千住駅で解散。

 

 おれはスーパーで買い物。最近CMでよく見る、日清の冷凍ラーメンを探して買ってみる。コンビニで売っているチルドのラーメンはかなり美味いので。
 パンケーキを食べたが、あれは夕食代わりにはならないが、きちんとした夕食を取るのも多いので、トロたく巻きのパックを買う。

 

 帰宅して熱いお茶を淹れて、トロたく巻きを食べると、一気に疲れが出て来て、もうダメ。自転車は3時間程借りたが、走りっぱなしではない。途中リサイクル・ショップやカフェに寄ったから走ったのは2時間弱。それでこんなに疲れたのか……。

 

 「笑ってコラえて」は案外面白くないので、初めて見る「ノブナカなんなん?」という不思議なタイトルの番組を観るが……これは取材したビデオをスタジオで突っ込む形式の「ポツンと一軒家」とか「笑ってコラえて!」パターンか。
 青森の超節約一家が凄いけど、マナジリを決したヴィーガンとかベジタリアンではなくて、時々お肉も牛乳も買ってくると。基本が自給自足なので、自宅で育てた新鮮な野菜を食べていると。それが美味しそうなんだよねえ。子供も元気で全然病気をしないらしい。何を仕事にして生活しているかの部分は、寝てしまったので判らないけど……こういう生活は大変だと思うけど、素晴らしい。

 

 風呂に入って、夜のニュースを各局観る。アメリカ・バージニア州知事選挙で共和党が勝ち、トランプ派が「復権」してきたと。バイデンの人気は低迷して、中間選挙で民主党は負けるかもと。
 世の中は、確実に、悪い方向に向かっている。日本の総選挙も、自民党は安定過半数を維持したんだから負けたとは言えないし、維新がほぼ4倍増。こんな悪夢があるか?維新をリベラルだと思い込んでるバカが多いらしい。維新は中道でもない。極右だぞ!新自由主義をいまだに信奉しているんだぞ!
 有権者の判断を神聖視するインテリがいるが、そんなことは断じてない。歴史を振り返れば、有権者の間違った選択は山ほどあるぞ。

 

 京王線のテロで、車掌の判断は完全に間違っていたことがハッキリしてきた。車掌というか、運行管理全体の完全なミスだ。愚鈍すぎる判断。
 電車最後尾まで走って車掌に事態を訴えた乗客の証言に寄れば「車掌は電話で話し続けているだけで、車内放送もないし、ドアも開かなかった」と。
 車掌は独断でドアを開けるのを躊躇(マニュアルに反するから?)して、運行司令の指示を仰いだのだろうが、運行司令も判断を下せず、なにもしないまま、いたずらに時間が経ってしまった。
 その間に乗客が非常コックでドアを開けた車両が一部あり、ドアを開けなかった車両では窓から脱出したと。
 これは、完全に、京王電鉄の判断ミスだ。もしも火災が広がって有毒ガス(発生しないことになっているけど)が充満したり、犯人が凶暴で乗客を追ってきて刃物を振るいまくっていたら……。
 車掌や運行司令は、犯人に手を貸したことになってしまったんだぞ。京王電鉄は今回の判断ミスや対応ミスを深刻に受け止めて、きちんと謝罪して利用者の不安を払拭すべきだ。
 小田急の事件があったのに、京王電鉄は、こういう事件があった場合のマニュアルを整備していなかったし、訓練もしていなかった事がハッキリした。東急線みたいに車内にカメラもないし、京王電鉄の安全意識には問題があることがハッキリした。
 で、他社はどうなのだ?
 京王電鉄だけがダメなわけではないはずだ。
 国交省は鉄道事業者に「電車が駅のプラットフォームに着いている場合は速やかにドアを開けよ」との指示を出したそうだが……。
 最悪の場合を考えたとき、今回の京王電鉄の愚鈍な対応は本当に恐ろしい。

 

 23時22分、就寝。

 

今朝の体重:86.70キロ
本日の摂取カロリー:1854kcal
本日の消費カロリー:252kcal/5972歩+自転車

2021年11月 3日 (水曜日)

11月2日/仕事が進んで少し安堵

 5時過ぎにモーレツな不安で目が覚めたが、まだ夜明け前。
 なんとか二度寝に努めて、6時6分起床。
 薄曇り。
 洗っておいた洗濯物を干す。

 

 朝のモロモロを済ませる。
 「モネロス」は続いている。あの朝ドラはとにかく、自然を極めて美しく撮っていた。気仙沼の海も美しかったが、登米の山や森の美しさには息をのんだ。雄大な流れの北上川の姿にも感動したし。それがあったから、東京篇がひどく平凡に感じてしまったんだよなあ。
 アサメシは、ダブルソフトのトースト、ゆで卵、牛乳、コーヒー。

 

 仕事開始。一気に書けそうなのに書けなかった部分、書きにくかったワケが判った。ここがいろいろなキーというか伏線を張るところだったのに、それについての準備が足りていなかったのだ。クーンツの教えは本当に正しい。マジで「クーンツ教」があったら入信するぞ。
 ワシワシと書き進める。
 仕事が進めば不安は吹き飛ぶ。

 

 体重のことを考えると、昼間けっこう食べても、夜、軽くすると体重は減っていく。しかし昼、外に出ると仕事的に調子が狂うし、昼にたくさん食べると眠くなる。
 で、今日は家で、買ってあった無印良品の「ロコモコ」を食べる。と言ってもレトルトの「煮込みハンバーグ」なのだが。それを温めてご飯小にかけ、目玉焼きをトッピング。しば漬けなどどともに食べる。

 

 立憲民主党・枝野代表が辞意表明。
 この党は「枝野商店」だったから、本格政党になるためには代替わりして組織を固める必要がある、との論はその通りなんだろうけど……今、枝野が辞めたらバラバラになりはしないか?それが凄く心配。
 思えば、小池百合子と前原や細野が民進党(この党も旧民主党と維新の党が合体したグチャグチャな存在で短命を予想されたが)をもっとグチャグチャのドロドロにした時に、「排除の理論」で斬り捨てられたリベラル勢を救ったのが枝野だった。2017年の総選挙では一気に野党第1党になって、リベラル勢力の存在を誇示した。
 リベラルは死せず。
 しかし……世の中全体が右傾化する中で、舵取りは困難を極めた。今回だって、総選挙の前哨戦では共産党と組んで連勝したのだから、立憲民主党というかリベラル勢力が生き残って勢力を拡大するためには共産党と組むしかないのは当然だった。基本政策が違うとか維新のアホどもは言い立てるが、現実的な政策として穏健なリベラル路線をとったその内容は、立憲民主党の政策とほとんど一致している。野合という批判はとんでもない言いがかりだ。
 が、自民党や維新のデマ攻撃に負けてしまった。人は悪口に耳を傾けるからなあ。理性的な批判には反撥するが、感情的な悪口は聞いてしまう。不思議なことだが。
 旧民主党も、創設者の鳩山由紀夫が追われるように去って、バラバラになった。その轍を踏んではいけない。
 枝野さんは余人をもって代えがたい存在だと思っているし、今日までの功績はとても大きいと思うけど、だからと言ってそれだと、いつまでも立憲民主党は「枝野商店」のままだし……。
 枝野さんには捲土重来を期して戴きたい。本当に、お疲れ様でした!

 

 午後も仕事。
 なんとか1ブロック終わって、その勢いで次のブロックに入ったが、準備不足で止まってしまった。資料をひっくり返しつつ、書く。

 

 残っていたチーズケーキを食べ、残っていたセンベイも食う。
 曇っていた天気は晴れて、洗濯物もキッチリ乾いて、取り込む。

 

 「にゃんトーク」の使い方が判ってきて、くーたんの意志がいっそうハッキリ判る気がするけど……まあ今までおれが感じてきたことと同じ。愛情表現だったり苛ついていたり。表情を観るだけでもだいたい判るけど。

 

 買い物もあるので、17時頃に外出。
 くーたん用の鶏胸肉のフリーズドライを買い、「珍来」でチャーハンと3本餃子を食べる。今日は何故かチャーハンが食いたかったのだ。美味い。

Img_6177


 卵を買って、帰宅。
 18時台のニュースを観る。
 京王線テロについて、どうして車両のドアやプラットフォームのドアが開かなかったのか、判ってきた。最初は非常コックが操作されてしまって電車が急停止して動けなくなり、プラットフォームと停止位置がずれたのでシステム的に開かなくなった、と言われていたが、今日になって、車掌判断で「開けなかった」と変わった。そして、非常ボタンは押されたが、逃げるのが必死な乗客が車掌に状況を伝えなかったので車掌は状況を把握することが出来ず、刺傷事件や放火された事が判らなかったのだ、と。
 しかし、結果論としては、この車掌の判断は大きな間違いだった。最悪の事態になっていた場合、車掌のこの判断ミスは致命的な事になっていた可能性がある。
 駅に車両がかかっていたのだから、注意喚起のアナウンスをしてドアを開けるべきだったのだ。乗客は窓から脱出してるんだから、ドアは開けるべきだった。
 京王線の車両にはカメラがついていない。だから車掌は状況が判らなかった。とはいえ、安全対策として、これは大きな手落ちだ。
 東急線の車両には蛍光灯の脇にカメラがついていて、車掌はもちろん運行指令室でもその画像を見ることが出来るらしい。すべての車両がそうなのかどうかは判らないが、東急は進んでいる。
 他はどうなのだろう?

 

 録画した「せっかくグルメ」を早送りで観る。この番組、番宣絡みのゲストが食べるところよりも、日村がただただ美味そうに食うのを眺めていたい。
 その後、TBS「バナナサンド」を観る。見事にくだらない、中味ゼロの番組だが、そういうのがいいんだよねえ。今はこういう、ただただ笑えるものが観たい。

 

 仕事に戻るが、今日はこれまでにする。

 

 ゴミ出しして風呂に入り、「ロンドンハーツ」の先輩の悩みに何も知らされていない後輩が答えるという企画。マジな悩みにマジな答え。女性タレントは極めて真面目だなあ。

 

 キャットタワーの箱の中に籠ったくーたんがにゃあにゃあ言うので「にゃんトーク」で翻訳してみると「気を落ち着かせたいからひとりにして!」だって。にゃあにゃあ呼ぶように鳴くから気にしたのに。
 23時55分、就寝。

 

今朝の体重:86.40キロ
本日の摂取カロリー:1796kcal
本日の消費カロリー:71kcal/1633歩+自転車

2021年11月 2日 (火曜日)

11月1日/モネロスのなか、月初めの所用を一気に済ませる

 7時25分起床。
 薄曇り。

 

 朝のモロモロを済ませる。「モネロス」というか、喪中の気分なので、新朝ドラは観ない。主演は上白石萌音で「もね」繋がりなんだけど。
 アサメシは、ダブルソフトのトーストにベーコンエッグ、牛乳、コーヒー。

 

 ロスと言えば「総選挙ロス」。立憲民主党は万全の態勢で臨んだはずなんだがなあ。だけど実感としては、なんか熱を感じなかった。もっとガンガン必死で訴えてくる感じがなかった。その辺、政権政党の自民党の懸命さは伝わってきた。だからと言って自民党には投票しないけど……。
 甘利が辞意。最短の任期の幹事長だったらしい。

 

 相方と電話でしばし話す。「第二章」構成メモ、書き足したものを送るとのこと。ならばそれまで月初めにしなければいけないことを済ませてしまおう。
 ということで、10月分の税金関係の書類整理。毎月の我が家の経済状態を直視する作業でもある。厳しいが、なんとか乗り越えねば。

 

 そういや、10月アタマに発注した来年分の「気学カレンダー」や「気学手帳」がまだ届かないので「順次発送中なんですよね?」と問い合わせると、「すでに発送済みです」というお返事。ええっ?先月アタマに宅配ボックスに配送済みであると。ロック番号も付記されていた。
 1ヵ月も宅配ボックスに放置されていたってことか。
 早速観に行くと、ありました。しかしおかしいなあ。不在連絡票が入っていなかったのか、入っていたけどおれが間違えて棄ててしまったのか?いや、それは考えにくいなあ。今までそんなことなかったしなあ。配達員が不在連絡票を入れ忘れた?

 

 お昼ごろにはまとまったので、税理士の先生に送る準備をして、外出。
 と、ちょうど配送会社の配達員がいたので、この件を話すと「大変失礼しました」と謝られたが……しかしまあ、おれが間違えて棄ててしまった可能性はあるわけだし……。
 
 税金関係の書類をポストに投函して、銀行ATMに寄り、久々に「かつや」でカツ丼(梅)+豚汁(小)。美味い。
 カツ丼を食ってパワーチャージをしたせいか、暑い!汗が出た。ブルゾンを脱いで半袖Tシャツになって、郵便局に寄って気学カレンダーなどの代金を振り込んで、帰宅。
 あ、ATMに行ったのに記帳やヘソクリ貯金を入金していない。こういう事は覚えている間にやってしまわねば。
 ということで、通帳などを持って再度ATMへ。

 

 帰宅して自転車を置こうとしたとき、まだ所用は済んでいないことを思い出した。
 1日のお稲荷さん参拝とくーたんのキャットフード買い。
 これも、やってしまうことにする。

 

 東稲荷に御神酒を御供えして参拝し、キャットフードを買って、帰宅。ここのところ、くーたんは安い猫缶を好んで食べてくれるので食費的に助かる。これはくーたん的に配慮してくれているのかな?

 

 北千住の中を結構走り回って、帰宅。
 暑い!
 しかも晴れて、いい天気。これなら洗濯して干せたよなあ。もったいなかったなあ。しかし予報はよくなかったんだよなあ。そのあまり当たらない予報では、明日は晴れるらしいけど。

 おれだけが暑いと感じたのではなく、今日は結構暑かった。半袖の人がけっこう歩いていたし。

 

 ネットで調べたら、キャットタワーのパーツはやはり、もう売っていなかった。パーツも販売しているカインズのものを買い直すか、麻縄を買ってきて自分で補修するか。自分で補修すべきだな。

 

 相方からファイルが届いたので、読み込む。大きな変更ではなく、書き足し。場面の繋がりがいっそう緊密になった。省略すべきかと思った場面にも意味が出て来たので、省略しないで書くことにする。

 

 くーたんがしきりに鳴くので猫語翻訳アプリ「にゃんトーク」を起動させてみると、今日はiPhoneを向けても鳴き止まなかった。「元気?」「調子はどう?」と言っているらしい。

 

 「相棒」の再放送を観る。絵画の贋作で暴力団と半グレ集団が激突。暴力団と警視庁刑事部長は癒着しているので、半グレとの抗争に刑事部長が自ら出向くと頭を殴られて死んでしまう。しかし甦生すると「今までを恥じて正義のために働く」と宣言する真人間に。
 これ、再放送だから、この設定は今どうなっているんだろう?
 大笑いしたけど……まあこのキャラだからすぐに戻って「あの時はあの時だ!」と怒鳴って終了、なんだろうなあ。

 

 昼のカツ丼が1000kcalを軽く越えたので、夕食は節制して、永谷園のお茶づけ海苔で済ませる。

 

 「バスサンド」を観る。埼玉の嵐山渓谷。いいところだねえ。高岡早紀がもっと「ワガママな大女優」ぶって一行を振り回して困らせると面白かったのに……高岡早紀って嫌な女!と思われないように、「天然だ」という愛嬌を出すとか、「今日はそういう役を演じたの。ごめんね~」と謝るとか。
 しかしこの番組、だんだんとバスに乗るより行程を歩き通すパターンになってきたなあ。

 

 とまあ、一般庶民はお気楽だが、政治家諸氏は大変だなあ。
 共産党との連携という「禁じ手」を使って背水の陣で戦いに挑んだ立憲民主党だが……事前の各地の選挙では、共産党と手を組んだ効果で連戦連勝していたわけだから、おれみたいな支持者でも「共産党と組むしかない」と信じていた。
 しかし、自民党はもちろん、連合までが共産党と組むことを危険視した。その結果ということか?
 妙な「選挙プランナー」みたいな輩や妙な政治評論家は『立憲は共産党と組んで左傾化した。それで空白になった「中道」を埋めたのが「維新」だった』というもっともらしい分析を書いたが、コイツら、頭悪いなあと思う。
 今、世の中全体が大きく右に寄ってしまったから、中道左派の穏健な主張をする共産党が「左」に見えてしまう。政策を観れば、共産党や立憲民主党の主張は「真っ当なリベラル」でしかない。維新はいまだに「規制緩和の新自由主義」を言い続けているし、国民民主党は原発推進の連合に従って「よく判らない右っぽいフラフラ政党」でしかないのに。
 選挙の結果だけで拗じ付けると、メチャクチャな解釈がまかり通ってしまう。
 維新は、中道政党ではない。ハッキリした右翼政党だよ。
 辻元清美憎し、立憲民主党憎しの大阪府知事のアジ演説の醜さときたら!
 イソジン吉村が大好きな府民は、アレを支持したって事なんだよなあ。
 ツイッターでは、「有権者の選択の結果を批判するな」と選挙結果というか民意を神聖視するような書き込みをする人が多いが、有権者の判断が常に正しいわけではないことは、歴史が証明している。有権者の判断は、おおいにブレる。
 民意だって、批判されるべきなのだ。日本が戦争に突き進んだときだって、民意の強い後押しがあったことを忘れてはいけない。

 

 で、ハシモトが政治家を辞めてコメンテーターとしてテレビに出まくって詭弁を弄し続けて、結果的に維新の広告塔になったのを参考にして、次の選挙まで、辻元清美はテレビに出まくって、ハシモトを言い負かしてヤツの化けの皮を剥ぎ続けて欲しい。そして、大阪府民が抱く維新への幻想を蹴散らして欲しい。
 大阪の場合、吉本とマスコミが一丸となって維新と組んでいるという異常事態。それは東京から見ると判るのだが、大阪ではそれが判らないのだろうなあ。
 アンチ東京の気風は判るけど……維新は別にアンチ東京ではないんだけどなあ。

 

 風呂に入る。
 録画した「せっかくグルメ」を観る。「早起き」版では、徳島県東みよし町にある美味そうなうどん屋さんが紹介されていた。香川県民がわざわざ越境して食べに行く徳島のうどん屋さん。そして「柔らか美味い」4品の紹介。浅草の老舗レストランのほろほろビーフシチューが極めて美味そう。しかし、お高いわね。
 「本編」では、那須の貸別荘でテイクアウトを食べる企画と、関口メンディが徳島に行って徳島ラーメンや阿波尾鶏を食べる。
 おれは今の「徳島ラーメン」を憎んでいる。あんなもののどこが美味いんだ。おれにとっての徳島ラーメンは、昔ながらの「白系」なのよ。まあ、それがおれのソウルフードだからねえ。おれは白系で育ったんだから。今の甘ったるい和歌山ラーメンの影響が濃厚な「茶系」は生理的にどうしても受け付けないのだ。

 

 洗濯機のスイッチを入れて、23時10分、就寝。

 

今朝の体重:86.70キロ
本日の摂取カロリー:2241kcal
本日の消費カロリー:112kcal/2662歩+自転車

2021年11月 1日 (月曜日)

10月31日/感動と戦慄と驚きと失望

 6時52分起床。
 曇り。

 

 朝のモロモロを済ませるが、今朝は早く目が覚めてベッドの中でiPhoneでニュースを読んでしまったので、目の調子がよろしくない。やっぱり起き抜けにiPhoneを見るのはダメだ。

 

 アサメシはダブルソフトのトースト、ゆで卵、牛乳、コーヒー。

 

 相方から第二章の構成メモが届く。それを熟読していると仕事のスイッチが入りかけたが、雨になる前に投票に行く。

 

 投票所は混んでいた。小選挙区は立民、比例区は迷ったが、共産党に入れた。しかし投票してから「れいわ」にすべきだったかと後悔。山本太郎は国会にとても必要な人だ。最高裁判事国民審査は少数意見を出した3氏には×を付けなかった。
 帰路、コンビニに寄って昼飯用のおでんなどを買うが、進行方向右側に店があるので、左側を自転車で走っていて右側に曲がろうとしたら、前方から走ってきたオヤジが「おいおいなんだなんだ」と騒ぐ。このオヤジの直前を横切ったわけではないのに。この前のスーパーのオヤジといい、些細なことで騒ぐクソジジイが増えているのか?

 

 帰宅すると、ほどなくして雨が降ってきた。
 買ってきた「カップおでん」とご飯小で昼メシ。
 よく大阪の「お好み焼き定食」を鼻先で嗤うヤツがいるが、おでん定食だって、連中の感覚で行くとあり得ないモノになるのかな?と思ったり。

 

 第二章の構成、相方メモに従って並べ替えてみる。1ヵ所、省略した方がいいんじゃないかと思えるところがある。この場面の扱いをどうするか。

 

 いろいろ思案しながらFacebookを見ていると、泣けるものに出会った。シリーズ物の可愛いマンガで、子供たちがハロウィンでお菓子を貰って楽しそうに食べているが、リーダーの大人にも分けてあげて、みんなで楽しく食べ(←リンク)。ただそれだけなのだが、ほのぼのした絵柄で子供たちが楽しそうな笑顔を見せているのを観ていると、「ああ、ハロウィンって、そもそもはこれなんだよな」と思い至り、子供たちを笑顔にするハロウィンなら、大人たちは盛り上げないといけないね、と思ったし、子供たちが笑顔でいられる世の中でなければいけないね、と思ったりしていると、じわじわと感動して、涙ぐんでしまった。おれには子供も孫もいないけど、子供の笑顔は宝石だからねえ。
 そして……。
 Facebookの「Watch」というところにあった、テレ東の「家ついてってイイですか?」の1エピソードをまるまる見て、文字通り号泣。「お葬式だったんです」という一団に出会ったディレクターがその未亡人についていくと……亡くなったのは伝説のロックバンド「オナニーマシーン」のボーカル・イノマーだった。
 そして、テレ東には、そのイノマーの最期の日々に密着していたディレクターがいて、彼が撮り溜めていたイノマーの姿と「死」を、そのまま放送した。
 人の死を正面から見据えた物凄い記録だった。若くしてガンを患って治療のかいなく症状は悪化。しかしよくなって退院して「最後のライブ」をやろうとしたときに悪化。それでもなんとか奇跡的に持ち直して「最後のライブ」のステージに立ち、すぐ入院。意識不明になるが、親友の峯田和伸が見舞いに来ると意識が戻って抱きついて話をし、同じく親友の江頭2:50が来るとジョークを飛ばして、なんとか一時帰宅出来るまでに回復するが、すぐに悪化して病院で亡くなったが、その時刻が「2時50分」で、「最後まで笑わせてくれるわ!」と残された人たちは泣き笑いで……。
 完全密着で、もう、異様な感動が沸き起こる、凄い映像だった。「家、ついてってイイですか」は時々、凄い人物に出会って、その人物の凄い半生を垣間見ることがあるが……この映像は本当に凄かった。
 観ながら、声を上げてオンオン泣いてしまった。
 そして……やっぱり、命ある限り頑張って生きなければならない、と思った。イノマーの生への執着は激しくて、残された闘病日記には「死にたいとか言ってるヤツ、その命オレにくれ!オレにはやりたいことが山ほどあるんだ」と愛嬌のある太いくせ字で書き連ねてあって、それもまた心に刺さる。
 イノマーの大ファンで猛烈アタックして妻となった女性もまたものすごく「出来たひと」だし、友人たちの熱い友情にも感動する。
 ガーンとぶちのめされた感じ。だけどスタジオで観ているレギュラーの面々は案外淡々としている。おれなんか思い出して書いている今だって泣けてくるのに。

 

 今日は、17時~19時が西の大吉方。西の方位は金運がつくそうなので行こうと思っていたのだが、雨が止まないし、「青天を衝け」をきちんと観たいし、開票速報もあるし、仕事もあるし……と思うと、気持ちが萎えて、行くのを中止。

 

 「笑点」を観ながら、夕食。レトルトの筑前煮、ご飯小、インスタント味噌汁、冷凍シュウマイなどで。

 

 「青天を衝け」、今回のテーマは「悪役の裏側の人間味のある顔」。三井の大番頭は前にも子供の前では好々爺だったけどなあ。小野組から古河が独立。三菱との対立。

 

 録画した「せっかくグルメ」を観て、20時からの開票速報。
 投票〆切の20時ジャストに大勢が判明、という報道はなんとかならんものか?開票速報がまったく面白くない。電話調査や出口調査でみんなが嘘をつけば事前調査の精度が下がって票が開くのに一喜一憂という以前の姿に戻るんだけどなあ。おれが行った投票所には出口調査員はいなかったし、電話調査もかかってこなかったし。

 

 が。とんでもない事件が起きた。
 京王線でまたも、憎むべきテロ。17人が重軽傷で車内に放火。24歳の犯人は「死刑になりたいのでやった」とかクソ極まりない動機を口走っているらしい。死にたいなら勝手に自殺すればいいのに。
 本当に、こういう「死刑になりたいからやった」という手合いは絶対に許せない。普通の死刑ではなく、もっと……(以下自粛)。
 国領駅に臨時停車した電車の窓から乗客が脱出する映像が流れたが、どうしてドアを開けないのだ?犯人が逃亡するから?(*停車位置がずれたからドアを開けられなかったらしい)
 
 今回の選挙、やったぜ!と思ったのは、甘利が選挙区で落選し、石原兄弟も選挙区で落選したこと。ノブテルは比例での復活もなかった。しかし、モナ男こと細野豪志は当選し、維新が3倍になったのには本当に心からガッカリして失望した。
 維新のどこがいいのだ?失政続きなのに。維新が増えた分、立憲民主党が伸びなかったのだな……これも失望。あんなに野党の選挙協力をやった、というか、共産党が尽力したのに。
 
 風呂に入り、与党が安定過半数を獲ったのに心底失望して、0時37分、就寝。

 

今朝の体重:87.25キロ
本日の摂取カロリー:1491kcal
本日の消費カロリー:38kcal/900歩+自転車

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

安達瑶の本

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト