« 12月11日/仕事・天丼・安い靴 | トップページ | 12月13日/仕事して大河ドラマの一考察。そして眼科で視野検査 »

2021年12月13日 (月曜日)

12月12日/仕事激進して「日本沈没」最終回

 7時3分起床。
 快晴。
 洗っておいた洗濯物を干す。
 その後、洗濯機を2回廻してシーツや毛布も洗って順次干す。
 くーたんが大好きなはずの毛布に最近寄り付かないのは、汚れているからか?妙な匂いはしないんだけど。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはダブルソフトのトースト、ゆで卵、牛乳、コーヒー。

 

 仕事開始。「内閣裏官房3」の第三章。
 相方のメモのおかげで爆速で書き進む。けっこう大きな地震が来たが、ペースは乱れず。

 

 昼は外で、と思ったが、髭を剃るのが面倒。「デニーズ」で今日限りの「ハンバーグとカットステーキのセット」が安いクーポンがあるのだが……当然の事ながら、クーポンがあるからってタダになるわけではない。
 スーパーでハンバーグとメンチカツの弁当を買ってきて、それを食べる。

 

 仕事再開。午後も驀進。
 18時前まで仕事。ここまで集中出来るのも珍しい。

 

 18時からはBSで「青天を衝け」。
 老境の栄一はツマらないねえ。相変わらず年齢不詳の中途半端なメイクだし。周囲の人間は老いてどんどん死んでいくのに。
 その中で、草彅剛はなんだか別格。特段凄い老いのメイクをしていないのに、年齢をハッキリ感じさせる。見た目+20歳くらい老けた芝居。
 かといって栄一が老けた芝居をすると、ドラマは途端につまらなくなる。テンポが悪いし、持ち味の快活さが消えてしまった。壮年期までの「やる気満々」の往年のモーレツ社員みたいな馬力が面白かったのにねえ。

 

 仕事に戻って、19時まで。
 その後、夕食。出来合いの「おでん」に徳島のてんぷらを入れて、加熱。辛子をたっぷり。ご飯小と野沢菜漬けで。

 G7外相会議で、林外相がピアノで「イマジン」を弾いてウケたとか。いいことじゃん。日本の政治家は知性も教養もなくて面白くない人物ばかりだけど、楽器が弾けて音楽を愛好しているのが相手に伝わるのはとてもいいことだと思う。まずはそこから。コイズミが妙にウケたのもエルヴィスからワーグナーまで音楽を愛好していたから、だと思うなあ。親近感を持ってしまった。コイズミと竹中が日本をぶっ壊したんだけど。

 21時まで仕事。明日書く分のメモを作って本日は終了。

 

 で、「日本沈没」の最終回。このドラマは摘まみ食い的にしか観ていない。日本が沈んでいく描写がほとんどなくて、「ゴジラの出ない『シン・ゴジラ』」だった。「シン・ゴジラ」も会議の場面ばかりだったが、そこにゴジラの破壊場面が実にいい感じで入るからまったくダレないしテンションが高いまま保てる。
 この「日本沈没」は、かなり早い段階で撮影は終了していたらしい。CGの制作を考えてのスケジュールだと思うが、その「沈んでいく日本列島」の描写が決定的に足りないんじゃないの?視聴者の反感を恐れてカットしたのか?
 日常的に震度6クラスの地震に襲われつつ、優秀で情熱的な官僚たちが奮闘して日本人を海外に逃がすんじゃないの?
 しかし、行きつけの居酒屋ではビールが出るし、メシも食えるし客も入っている。流通網は健在なの?食料が足りなくて大変なことになってるんじゃないの?そもそも地震がまったく来ないし。忘れた頃に田所博士が喚くだけ。
 日本列島が沈んでいく描写は、衛星写真で捉えた日本列島が沈んでいく、それだけ。今日の朝、「セリフとパソコンの画面だけで日本は沈没してしまうのか?」とSNSに書いたけど、ほぼそういう演出。「2001年宇宙の旅」で人工睡眠されていた科学者たちがHAL9000に殺される場面、心電図とかのバイタル・データが棒になるという画期的な表現で描写されたが、今回はそんな感じ。田所博士が監視しているデータはまさに心電図だし、衛星が撮った動画で、日本列島が海に没していく姿が捉えられる。
 ……これじゃあ、完全に肩すかしだろ。「ええのんか?これでほんまにええのんか?」と鶴光の声で絶叫したい。
 首都圏が機能しなくなった日本をリアルに描くべきだったんじゃないの?スムーズに札幌の首都機能は移転していたけど。
 なんかこのドラマ、コンセプトが狂ってるんじゃないの?
 それに……日本沈没の原因が地球温暖化?
 なんとか菌による病気が広がるが……と言うエピソードは、「最後の最後になっても降りかかる試練!」という意味合いがあったんだろうけど、なんか、けっこうすぐに解決するしなあ。
 北海道と九州の一部が残ることにした意図は?
 こういう設定にしたについては、考えがあってのことだろうけど、その考えを教えて欲しい。
 小栗旬の役を長谷川博己がやっていたら、もっと説得力があったかもしれないとか、なんか余計なことをいろいろ考えてしまったなあ。
 今、この時期に、「日本沈没」を改めて制作して放送した意図とか意味はなんだったんだろう?作り手には大きな問題意識があったのだろうか?それとも、「ウケそうだから」というだけの理由だったのか?
 「臨場」の倉石の口癖ではないけど、「おれのとは違うなあ!」だ。
 まあ、日本経済はとっくに沈没しているので、今更、日本が沈没すると言われても衝撃もないし。
 もし仮に、本当に日本が沈んでしまうなら、おれは移住しないかもしれないなあ。

 しかし今回は、日本列島は全部沈まなかったから「日本ちんぼ」だね。

 

 ゴミ出しをして風呂に入り、録画した「72時間」を観る。小金井の井戸水。名水らしくてあちこちから大勢の人が汲みに来る。西の方位の時に、おれも行こうかな。ポンプが動いている時間に制限があるけど。
 しかし、小金井っていい街なんだねえ。温かい感じで、住みたくなったなあ。
 前半まで観て、中断。
 1時4分、就寝。

 

今朝の体重:86.85キロ
本日の摂取カロリー:1566kcal
本日の消費カロリー:71kcal/1730歩+自転車

« 12月11日/仕事・天丼・安い靴 | トップページ | 12月13日/仕事して大河ドラマの一考察。そして眼科で視野検査 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 12月11日/仕事・天丼・安い靴 | トップページ | 12月13日/仕事して大河ドラマの一考察。そして眼科で視野検査 »

安達瑶の本

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト