« 12月18日/横浜・日ノ出町の「第一亭」へ | トップページ | 12月20日/年に一度の猫の検診&ワクチン接種の日、そして昨日の喜怒哀楽を引き擦る »

2021年12月20日 (月曜日)

12月19日/感情が揺さぶられた1日……

 6時50分起床。
 ベッドの中でちょっとだけと思ってiPhoneでニュースを観ると……「神田沙也加の死」と。
 これには驚愕。どうして?警察は自殺事故の両面から調べているそうだが……。

 

 しかし天気は快晴。
 2度に分けて洗った洗濯物を一気に干す。うわ、こんなにあったのか。

 

 朝のモロモロを済ましつつ、ニュースを追う。
 神田沙也加は特にファンというほどではなかったけれど、「親の七光り」と揶揄されるのを跳ね飛ばして一時は芸能界をお休みしてバイトをして、あまりに優秀なので正社員に誘われたほどだったらしい。近年は親の名前なんか無関係の活躍で、ミュージカル「マイフェアレディ」の公演で札幌に滞在していたと。
 人の心の中は他人には判らないが……宮本亞門の「僕はどうしても寂しくて、悔しい」という言葉が心に響く。がんがん響く。
 なんか、もの凄く悲しくて、涙が出る。人の死は悲しいけれど、彼女の死は特に……。

 

 昨日のお礼メールをS氏に送ったり。

 

 アサメシはダブルソフトのトースト、ハーフのベーコンエッグ、牛乳、コーヒー。

 

 仕事開始。
 S氏からの返信メールに恐縮しつつ、また返事を書いたりしつつ、仕事を進める。
 一時の停滞というか、全然書けなかったのがウソのように進む。

 

 しかし集中力はそう続かず、神田沙也加の続報とか大阪の放火事件の続報とか、今日のM-1グランプリの情報とかをネットで観たり、今朝放送したMETライブビューイング、プーランクの「カルメル会修道女の対話」をディスクに焼いたり。これ、以前の放送を焼いてあるとは思うのだが……。

 

 昨日、S氏に戴いた「芋けんぴ」を食べてみると、これが美味い!今まで食べたことのある「芋けんぴ」の中でダントツの美味さ。美味いなあ。高知のメーカーのもの。

 

 15時を過ぎて外出。千住大橋の「ポンテポルタ」に行こうと思ったが、あそこで食えるのは「サイゼリヤ」「「餃子の王将」「はま寿司」「てんや」とカレーとかスパゲティだからなあ……と北千住駅方向に向かい、吉野家で「牛丼のアタマ大盛お新香セット」を食べ、東武ストアで猫用カニカマを探すが、この店には置いていなかった。夕食用の「レンジで温める豚バラ白菜ミルフィーユ鍋」などを買って帰宅。
 
 帰宅して、買ってきた醤油せんべいを食う。せんべいはダイエットの敵だからしばらく控えていたが、時々無性に食べたくなる。
 バリバリ囓りつつ、仕事を進める。
 ようやく1ブロック終わりそうになって、ホッとしたのか、寝落ち。
 それでも気を取り直して、仕事再開。

 

 17時55分に中断して、テレビの前へ。
 18時から「青天を衝け」を観る。
 栄一、ようやく、老けた。メイクも芝居も、老けた。ここしばらくは年齢不詳だったが、ようやく、なんとか老人になった。それでも草彅剛の老いの芝居には敵わないけど。
 しかし、栄一がアメリカでぶった演説は、チャプリンが「独裁者」でやった名演説に匹敵すると思うほど、素晴らしいものだった。
 18時30分から「M-1グランプリ」が始まっているが、毎年開始30分は長いイントロだから観なくても大丈夫。
 で、「青天を衝け」が終わってテレ朝に切り替える。

 

 今年のM-1グランプリは、馴染みのないというか知らないコンビが多い。しかし決勝に勝ち進んだ面々だけあって、みんな面白い。「ランジャタイ」だって「耳から猫が入ってしまった人間」をよく表現していたと思う。この発想にはついていけないけど。これは、審査員を観ている方が面白かった。
 ラウンド1で驚いたのは、「錦鯉」。50のオッサンが合コンに参加したら……というネタが素晴らしかった。ジェネレーション・ギャップをすべてギャグにして、相方のツッコミが的確だし、このコンビはこんなに上手かったのか、と驚嘆する出来。
 インディアンズも無限のボケを繰り出して面白かったし、オズワルドは完全に自分のスタイルを作って、上手いのひと言。しかし、「ロングコートダディ」の「ワニに転生したいのに肉うどんになってしまう」のネタは、肉うどんが脳裏に焼き付いてしまうという強烈な印象を残したねえ。肉うどんをチョイスしたセンスが凄い。
「ハライチ」も、今までのスタイルを捨てて、岩井の「激怒ネタ」を持ってきたのは凄かったが……インパクトとしては「既にテレビで見慣れている」分、弱かったか。
 「錦鯉」の今年の出来は驚異的だったが、それでも、インディアンズとオズワルドが優位だろうと思った。
 
 中入り的な時間を利用して夕食を用意。ミルフィーユ鍋は明日にして、ご飯小にちりめんじゃこ、梅干し、漬け物、海苔という軽いモノを食べる。

 

 で、決勝ラウンド2。
 インディアンズのネタは、よく判らなかった。
 錦鯉のネタは、ラウンド1のものより弱かった。猿の形態模写で笑わせる分、弱い。
 オズワルドは安定の面白さで、巧さでいえばダントツではないか?
 結果は……話芸にこだわるオール巨人と上沼恵美子以外は錦鯉で、錦鯉の優勝。
 サンド富澤とナイツ塙が貰い泣きしていたのに、一番感動してしまった。たぶんもっと感動しているのが北海道時代からの友人であるタカトシだろうけど。
 オッサンの男泣き。
 感動的な幕切れだった。

 

 そのあとの「くりいむナントカ」では、このM-1を完全に茶化した、「審査員のコメント力を審査する」という捻くれた企画をやっていて、これが面白かった。
 続く「テレビ千鳥」は、後半は生放送で、M-1で破れたてホヤホヤの「アルコ&ピース」に千鳥がプレゼント攻勢をかけるという泣かせる企画。

 

 最後まで観て、ゴミ出しして、風呂に入り、BSで今年のプロムス最終夜の中継(録画)を少し観る。欧州に住んでいると、音楽にふんだんに触れることが出来ていいなあと思う。普段の暮らしにクラシックが深く絡んでいるから……。
 まあ、日本でも、気軽にコンサートに行けばいいんだけど。いろんな演奏会がたくさんあるんだから。しかし今はそういう心と財布の余裕がないのが恨めしい。

 

 0時49分、就寝。

 

今朝の体重:86.30キロ
本日の摂取カロリー:1968kcal
本日の消費カロリー:63kcal/1616歩+自転車

« 12月18日/横浜・日ノ出町の「第一亭」へ | トップページ | 12月20日/年に一度の猫の検診&ワクチン接種の日、そして昨日の喜怒哀楽を引き擦る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 12月18日/横浜・日ノ出町の「第一亭」へ | トップページ | 12月20日/年に一度の猫の検診&ワクチン接種の日、そして昨日の喜怒哀楽を引き擦る »

安達瑶の本

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト