« 12月23日/仕事・カイロ・年1回のディナー | トップページ | 12月25日/「第三章」やっとあげ、「ミッドナイトスワン」と「ミナリ」を観て豪華ディナー »

2021年12月25日 (土曜日)

12月24日/料理「ジクセル」の謎と、一度の外出で用が足りない加齢なるおれ

 7時3分起床。
 今日も快晴。真っ白な富士山が美しい。

 

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはダブルソフトのトースト、ゆで卵、牛乳、コーヒー。

 

 そういや、佐原の名物料理「ジクセル」について、新たな事実が分かった。料理自体は「ピカタ」の和風アレンジだが、その「ジクセル」という名称について。
 これは「ブリュッセル風」がいつの間にか鈍ったものらしい。
 京都の「グリル小室」(←リンク)というお店でも「ジクセル」を出していて、「食べログ」によると、詳しいリポートを書いた方は「海老のジクセル」を注文したのだが……


『注文する前にお店の方に「ジクセル」ってどんなお料理ですか?と聞いてみると「お肉や海老を卵でくるんだ料理です」とのこと。ピカタみたいな感じかな?と思ったら、ピカタよりもかなり厚く、オムレツで海老を覆ったような感じ。大きな車海老をまるごと4~5尾(真ん中の3切れはまるごと、端にもたっぷり)使っているので、この価格は納得。
海老のぷりぷり感と旨味がものすごい。
加熱の仕方がほんとうにちょうどいいので、海老の食感と柔らかなオムレツ部分の食感がうまく融合。全体的にとても優しい味で、ケチャップ+辛子でちょうどいい。そしてこれにもマッシュポテトとせんキャベツがたっぷり添えられています。ポテトとキャベツを絡めて食べても美味しい』

 『食べログ」の記述には写真も添えられているのだが、佐原の「ジクセル」に酷似している。しかし文章だと、かなりオムレツ寄りという感じも受ける。この文章を読むと、このお店のジクセルも食べたくなってきた。

 

 仕事開始。なんとか今日中に「第三章」を終えたい。分量的には終わるはず。

 

 しかし章を締める部分で、なかなか難しい。演出に工夫が要る。
 テニスの明くる日の昨日は、ユンケルの力で目が霞むこともなく元気もあったのだが、その分、今日に疲れが出た感じもある。7時間近く寝たのに、眠いぞ。

 

 くーたんが、遊べと要求。綿ロープの実に簡単な猫じゃらしは、どんな猫グッズよりも食いつきがいい。12歳なのにかなり敏捷に動くし走るしジャンプする。
 この猫じゃらしで運動量が増えて、便通がよくなったし、爆睡する。適度な運動は猫にもいいのだ。人間においてをや。

 

 昼は外出して、北千住東口の「富士そば」で春菊そばとカレーライス。蕎麦屋のカレーが無性に食いたくなった。富士そばのカレーは美味い。春菊そばは、揚げ置きなのでヘナへナなのは仕方がない。全部は食べられなかった。う~ん、やっぱり加齢と共に食が細くなりつつあるな。

Img_6230


 食後、ペット用品店に行って、くーたんのドライフードやCIAO ちゅ~るを買い、帰宅。

 

 帰宅してコートを脱いだり靴下を脱いで「武装解除」したところで、いろいろやり忘れが発覚。今日が返却期限の図書館の資料本や振り込みの催促があったサプリの払い込みとか。
 面倒だけど、処理しておこう。
 ということで、再度外出。
 図書館で資料本を一度返却して予約が入ってなかったので再度借り、ATMに並んでお金を下ろして郵便局で振り込み。
 郵便振り込みって、銀行からも振り込めるようになればいいのに。コンビニで振り込めるとは言え。

 

 で、二度目の帰宅。
 仕事再開。
 しかし、ツメの部分が巧く書けない。
 あと数ページ書けば終わるんだが。

 

 「相棒」再放送を見る。政治家のスキャンダルを揉み消す立場になった女性新聞記者。どす黒い政界と警察上層部との関係。
 見てスカッとしないのが「相棒」なんだよねえ。

 

 録画したEテレの問題ドキュメンタリー「空蝉の家」、見逃した前半を見るが……引き籠って56歳で亡くなった「伸一さん」の本人映像と肉声が撮れた経緯についての説明は、やっぱり番組中ではなかった。横須賀市の福祉担当者を追っていて、たまたま撮れたのか?
 ただ……この伸一さんについては、どうしてこうなってしまったのか、いろんな不幸が重なったとしか言いようがない。本人の意欲とは裏腹に学力が伴わなかったのか、繊細な性格が医療事務という仕事の激務に耐えられなかったのか、母親の認知症が彼にも影響を与えたのか。
 途方に暮れる父親と、兄と距離を置いた弟。これはもう、自分だったらと考えると、責めることは出来ない。周囲の人たちは本当に大変だったと思う。だけど、人間、どこかでこうなってしまう可能性はある。
 大阪の放火殺人犯人のように世間に凶悪さを振りかざす場合もあるだろうが……。
 2021年の暮れに、日本でいちばん憎むべき存在になったあの放火殺人犯。京王線の放火殺人未遂犯と同じだ。自殺したいなら一人勝手に死ねばいいのに、他人を巻き込んで派手に死のうというのが徹頭徹尾許せない。同情の余地もない。

 

 夕食は、ご飯小に明太子、野沢菜漬け、インスタントのしじみ汁。昨夜ゼイタクをしてカロリーも盛大にオーバーしたので今夜は質素に。

 

 テレビはレギュラー番組を放送せず、特別番組ばかり。TBSの4時間お笑い番組は、薄い。最後の部分だけ見た。「オズワルド」と「錦鯉」の漫才。いま、この2組が一番面白いかもしれない。対照的なスタイルと笑い。今年のM-1グランプリは「インテリとバカの対決」と呼ばれたが、まさにそんな感じ。
 「オズワルド」は静かな声で動きもなし。ただただ淡々とした喋り。それが実に面白い。論理的に相手を追い込んでいくのは実に面白い。このスタイルは他のコンビもやるけれど、一番磨かれてシンプルで極めたのが「オズワルド」ではないか?
 「錦鯉」は去年の時点でヘタクソさを大声とオーバーアクションで誤魔化してるんじゃないかと思ったが、それは違った。今夜の「バカがサファリパークに行ったよ」と題すべきネタは、かなり緻密に作り込んでいて、M-1ファイナルの「猿を捕まえるよ」ネタよりも面白かった。オチなくてぶった切って終わるスタイルは斬新。
 
 ニュースを少し観て、風呂に入り、ナイツとシソンヌの独演会の録画をツマミ見して、23時1分、就寝。

 

今朝の体重:85.45キロ
本日の摂取カロリー:1838kcal
本日の消費カロリー:113kcal/2640歩+自転車

« 12月23日/仕事・カイロ・年1回のディナー | トップページ | 12月25日/「第三章」やっとあげ、「ミッドナイトスワン」と「ミナリ」を観て豪華ディナー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 12月23日/仕事・カイロ・年1回のディナー | トップページ | 12月25日/「第三章」やっとあげ、「ミッドナイトスワン」と「ミナリ」を観て豪華ディナー »

安達瑶の本

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト