« 11月30日/あと少しで力尽きた…… | トップページ | 12月2日/書いても書いてもどんどん膨らんできて終わらない »

2021年12月 2日 (木曜日)

12月1日/テニス休んで仕事&吉方取り&おれはダブルスタンダードが大嫌いな件

 7時5分起床。
 雨~曇り~晴れ。

 

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはダブルソフトのトースト、ゆで卵、牛乳、コーヒー。

 

 文春オンラインで読んだ、関川夏央氏の「《ナンシー関没後19年》「約束を果たさないまま、逝ったのが心残りだったんだと思います」稀代のコラムニストの知られざる“晩年”」(←リンク)が、しみじみと素晴らしい文章なので、何度も読み返して、泣いた。特に、最後の部分では号泣。
『亡くなった日の夜、「CREA」の連載対談を、3代目の相手リリー・フランキーと中目黒のなじみの焼き肉屋で行うことになっていた。リリー・フランキーは、対談相手の不在を承知で店に出向いた。あきらめきれない感じの関係者が三々五々集まったとき、店内をすーっと風が通り、CDの音楽が突然ぴたりと止まった。店のママは、あ、いまナンシーが来た、と思った。
「まじめな人でしたから、あの人は。うちで対談するという約束を果たさないまま、逝ったのが心残りだったんだと思います」
 その日、病院の要請で行政解剖されたナンシーの遺体は霊柩車にのせられ、10時間以上かけて青森に帰った。通夜と告別式は6月16日だった。「週刊朝日」の「小耳にはさもう」の担当者・高橋伸児によると、その日の羽田発青森行き朝一番の飛行機の客のほとんどが喪服姿の編集者と関係者だった。』
 下手な要約をしては、この味わいは伝わらないので。
 亡くなった人の思いが残って……という事はある。おれは密葬というので出席を遠慮したNの葬儀の出棺に当たる時間に、ウチで大きなラップ音がした。あれはNの「行くよ」という挨拶だったんだと思う。とても不思議だし切ないけれど、そういう「残された思い」があるって、逆に言えば素晴らしいことだと思う。

 

 仕事開始。今日こそ、「第二章」を終えたい!
 書きあぐねて飛ばしていた部分、書き始めるとスイスイ書ける。時間をかけた分イメージが湧いてきたこともある。
 それに伴って、設定を変える部分を後戻りして書き直したりしつつ、進む。
 快調に進むし、この勢いなら今日中に終われると思ったので……テニスを休んで仕事しようかと考える。
 テニスに行くと、翌日に響く。ひどい場合は翌々日の金曜も疲れが残ってダメなときがあるので……。

 

 昼は味の素の「具だくさん味噌汁」のあさりと油揚げにご飯小、煮物、しらす干し、キュウリの漬け物。

 

 中村吉右衛門、死す。
 無性に悲しい。

 

 仕事再開。
 テニスを休むことにして、スクールに欠席届を出し、テニスのLINEに「お休みします」と書き込む。

 

 仕事に専念すべきなのに、ついついFacebookで、ある戦争スペクタクル映画について「是非ご覧あれ」という文言に「自分の好みを押しつけるな」とケチをつける書き込みに対して「それぞれ感想があっていいので、あなたの書き込みだって自分の好みを押しつけてませんか?」(大意)と書き込むと、相手は「オレは正しいのだ」的な反論をしてきたので、しばらくやり合ってしまった。先方は「戦争をエンターテインメントにしてはいけない」「事実を歪曲してはいけない」との主張。それはそれで見識だと思う、と認めた上で「戦争をエンターテインメントとして扱った映画はたくさんありますが」と「独立愚連隊」や「兵隊やくざ」の例を出して、一概に否定すべきではないと穏やかに書いたのだが、相手は激昂してこっちの人格攻撃が始まった。最初の書き込みをした方が、その場所の管理人に連絡したら、おれを罵倒し始めた相手は「退場処分」となった。
 意見の中味はともかく、「お前はダメだがおれはいいのだ」というダブルスタンダードがどうにも許容出来なかったのだ。今まで実社会では威張り散らして我を通してきた御仁かもしれないが。そういやこの御仁、少し前に「生きる」でおれと揉めた相手だった。あの時もすぐキレるヤツだなあと思ったのだ。「こっちは30時間寝てないんだ」とか言っていたが、そんなのおれの知ったことか。
 もちろん、おれはお咎めなし。

 

 で、本日は吉方取りが出来る。西か北、19時から21時まで。西に行くと金運がつくので、西に行く。国立のロイホに行ってメシ食って仕事をしてこよう。往復2時間かかるが、その際にあれこれ考えられるし気分転換にもなる。

 

 夕暮れの南千住のマンション群の向こうに富士山のシルエットが見える。空のグラデーションが素晴らしくて写真を撮ったが、肉眼で見た素晴らしい色彩は写真には写らない。腕のあるカメラマンなら撮れるんだろうけど。

 

 ということで、17時35分に外出。JRを乗り通せば一番安く行けるが、行きは千代田線で西日暮里に出て、神田経由で。
 幸い座れたが、横に座るオッサン(おれもオッサンだが)が異様に「既得権を主張」するヤツで、少しでも足や腕が触れるとモーレツに嫌がって押し戻してきたりする。そのくせ自分はスマホの野球ゲームに夢中で肘を突き出してくる。
 Facebookのヤツといい、コイツといい、「自分はいいがお前はダメ」というダブスタ野郎だ。何度も顔を見たら相手もこっちを見てきた。「なにか?」とか言ってやろうかと思ったが、昨今は電車内の治安に不安がある。それで相手が激昂して何かしでかさないとは言えない。
 じっと我慢して、足も窄めてナップサックを抱え込んで肘を出さないようにしたが……スマホを見るとき、どうしても肘がちょっと出る。隣のオッサンはあからさまに溜息をついた。
 なんだこいつ。
 このオッサンは東小金井で降りたのでセイセイした。ま、向こうは向こうで不愉快に思っていたんだろうけどさ。

 

 で、19時ジャストに国立。
 ロイホに行って、「チキンのジューシーグリルバター醤油ソース」のオニオングラタンスープのセットを頼み、MacBookAirを広げる。ロイホにはWi-Fiは飛んでいないので、iPhoneのテザリング機能を使うが、上手く連動しない。何度かやって、やっと繋がったところで、料理が来た。
 ロイホに来たならオニオングラタンスープを飲まねば!やっぱり美味い。チキンも美味い。本当はステーキを食いたかったが、ゼイタクは敵だ。チキンは安いしローカロリー。
 食事を済ませて、コーヒーを飲みつつ、仕事。
 ロイホでも快調に進む。アタマに遡って設定の変更や穴を見つけて埋めていく。この作業は快調に進む。
 が……かなり書き直すべき箇所が出てきた。
 これはウチに帰ってやる方がいい。
 会計を済ませてトイレを借りて、南口の喫煙所で一服して、21時1分発東京行きに乗り、途中で特別快速に乗り換えて、神田。
 東京まで行って上野東京ラインの常磐線直通電車に乗ろうかと思ったが少し待つなら普通に帰ろうと。
 すると、東海道線で人身事故があって上野東京ラインは止まっていると。う~ん。年の瀬に人身事故。
 日暮里で待たずに常磐線が来て、21時50分頃に北千住。

 

 そのまま帰宅。
 国立で書いたファイルはきちんとiCloudに保存されていた。
 くーたんにご飯を出し、風呂に入って、0時28分、就寝。

 

今朝の体重:86.75キロ
本日の摂取カロリー:1901kcal
本日の消費カロリー:173kcal/4043歩+自転車

« 11月30日/あと少しで力尽きた…… | トップページ | 12月2日/書いても書いてもどんどん膨らんできて終わらない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11月30日/あと少しで力尽きた…… | トップページ | 12月2日/書いても書いてもどんどん膨らんできて終わらない »

安達瑶の本

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト