« 1月28日/手応えを感じつつ仕事は着実に進行 | トップページ | 1月30日/「新第5章」あげて、渋谷へ取材に »

2022年1月30日 (日曜日)

1月29日/あと少しで力尽きた

 7時10分起床。
 洗っておいた洗濯物を干す。
 曇り。予報では晴れてくるはずだが……明日にすればよかったなあ。

 

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはダブルソフトのトースト、ゆで卵、牛乳、コーヒー。

 

 仕事開始。最大の難所は昨日終えたので、この章のコーダ的部分を書いて、上げてしまいたい。しかしコーダ的とは言え、波乱が起きるのだ。
 どう書こうか、昨日書き出しているのに、迷う。

 

 ネットをいろいろ見る。
 沖縄で起こった「沖縄署を取り囲んだ若者暴徒化」事件は、元になった事故(事件)をきちんと検証する前に若者を批判するのは危険。彼らは間違った事に怒る、今どき熱くて筋の通った若者らしい若者かもしれないのだ。
 というか、そうであって欲しいと願っている。怒らない若者って若者じゃないと思うし。今どき、友達でもない同世代のヤツが警官に殴られて失明したと言うことで憤慨して警察署を取り囲むほど熱い(便乗組もいるだろうけど)ヤツらがいるって、なんか頼もしいと思ってしまうんだけど。

 

 埼玉県ふじみ野市の「医師殺害事件」、犯人について、いろいろと情報が出て来た。それにしても、殺された医師がとても気の毒でならない。

 

 なんとか仕事を進めるが、腹が減ったので昼メシ。ご飯小に「磯海苔」をまぶして白菜の漬け物で。いたってシンプルな昼飯。
 
 仕事再開。

 

 16時を過ぎて、どうにも「煮詰まった」感じ(誤用の方……「時間が経過するばかりで,もうこれ以上新たな展開が望めない状態になる」。この言葉、正反対の意味を持ってしまったねえ)になったので、気分転換のために外出。
 駅前通りと日光街道の交差点にあるダイソーに行き、近くの「勝つめし屋」でお昼を食べて、スーパーで買い物して帰ろうと思ったが、ダイソーのあと、向かい側にある「ヨークフーズ」で買い物をして夕食用の弁当も買って、帰宅。

 

 気功の松永先生から八街のピーナッツを戴いた。
 早速食べる。美味い!
 17時過ぎだが、早めの夕食にする。たいめいけんのハンバーグ弁当。少し温めて食う。美味い。
 夜食用に買った「具だくさんの太巻き」も食ってしまった。これ、恵方巻きとして売っていたが、2月3日は早すぎるだろ!
 ま、おれは2月3日は「美味そうな太巻きをいろいろ選んで食う日」と思うことにした。昔からの風習にしている地方があるのは知っているが、俺が生まれ育った横須賀や徳島、そして東京には「恵方巻き」の風習はなかったから、やらない。

 

 久々に「満天☆青空レストラン」を観る。秦野の「葉にんにく」。美味そうだなあ!
 録画した「タモリ倶楽部」を観るが、内容を完全に忘れた。あ、りそな銀行の各支店を通帳に印字する趣味の人が登場したんだった。まあいろんな趣味があるなあという回。
 「ブラタモリ」は竹富島。南の島にはゆったりとした時間が流れていると思ったらトンデモナイ。朝は夜明け前から畑に行き、年に20回以上も祭りがあって……この島独特の文化が見えて良い回だった。
 「出川哲朗の充電バイク旅」は達成したのかどうかよく判らない終わり方。
 「アド街ック天国」は東上線の田園調布・ときわ台。昭和初期に分譲した時の区画や道路が残っていて、いい感じだなあ。
 が……この辺で激しい睡魔に襲われてしまった。
 最近、朝早くトイレに立つと、いろいろ不安に襲われて二度寝出来なくなって、充分寝ているはずなのに「隠れ寝不足」だったから、それが出たのか?
 とにかく、眠い。
 なんとか仕事を再開させて、今夜中に、この章を終わらせたいのだが……。
 風呂もカットして、このまま寝てしまいたいが……。
 頑張って風呂に入る。が、ここで書き漏らしていることを思い出した。これを書いておかねばダメだ。
 ならば章のアタマから読み返して伏線などのモレがないか再確認せねば。それなら無理に今夜やるより、明日の午前中を使うべきだ。
 そうしようそうしようということで、風呂から出て、書き足す場所を確認して、マークして、本日終了。

 

 「人生最高レストラン」を観る。漫才コンビ「NON STYLE」の石田、最近、漫才としてあんまり出て来ないなあと思ったら、舞台に力を入れているのか!つかこうへいの芝居にも出ていたのか!NSCの講師もやってるのか!
 凄いなあ。才能あるなあ。
 圧倒されて、そのまま練る。
 0時17分、就寝。
 今夜は何故か、何度もトイレに立つが、とてもよく眠れた。

 

今朝の体重:85.60キロ
本日の摂取カロリー:2386kcal
本日の消費カロリー:100kcal/3000歩+自転車

« 1月28日/手応えを感じつつ仕事は着実に進行 | トップページ | 1月30日/「新第5章」あげて、渋谷へ取材に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1月28日/手応えを感じつつ仕事は着実に進行 | トップページ | 1月30日/「新第5章」あげて、渋谷へ取材に »

安達瑶の本

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト