« 1月4日/仕事が進むと勇気百倍! | トップページ | 1月6日/雪が降る 仕事は進む »

2022年1月 6日 (木曜日)

1月5日/仕事してテニスして夕食のチョイスに失敗し、在日米軍に怒り

 7時38分起床。
 快晴。

 

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはダブルソフトのトースト、牛乳、コーヒー。

 

 仕事開始。実日新作第1話の続き。
 昨日は快調に進んだが、今日はいろいろ手直しをしつつ進めるが……落語の三題噺ではないけど、盛り込んでおくべき伏線を敷いたりエピソードを入れたりするのはホント、三題噺を考えるような感じ。いささか強引だが、その強引さをいかに自然な展開にするか、腐心。

 

 昼は、昨日の牛肉とキャベツのオイル焼きでフライパンに残った油で卵焼きを作る。肉とキャベツとニンニクのエキスというか味が残っている油で玉子焼を作ると、美味いのだ。それとご飯小、フリーズドライの具だくさん味噌汁、野沢菜漬けで。

 

 仕事再開。
 一応、最後までの展開は見えたし、要素やエピソードは並べ終えた。あとは本文を埋めていくだけ。この書き方は映画のシナリオの書き方で学んだもの。小説を書くのにこういうやり方は邪道とか思う人もいるかもしれないけど、それは書き手の自由。別に誰にも何も言われたことはないけど。自意識過剰か?

 

 16時頃までやって、息切れ。
 少し休憩して支度をして、テニスへ。正月休みで一週空くと、休みグセがついてしまうなあ。しかし、頑張って行く。
 思ったより早く曳舟に着いた。テニスの翌日は疲れが目に来る事が判ったので、ドラッグストアでユンケルを買おうとしたら、もっと安いキューピーコーワiドリンクを買ってみる。目に効くと明記してあるので……。
 で、テニスは……レッスンは徐々に調子を取り戻してボレーのレッスンはまあまあ。試合ではよかったりダメだったり。サーブは入って試合にはなったけど。
 風呂に入って、今夜はなにを食おうか考える。選択肢は少ない。餃子の王将か大阪王将か、喜多方ラーメン坂内小坊師か、イトーヨーカドーのフードコートか、東武曳舟駅前の上海菜館か。ロイホは高い。
 上海菜館の今日のメニューは特に食べたいモノではなかった。餃子の王将で天津飯と餃子にするか……と思ったが、餃子の王将なら千住でも食えるので、喜多方ラーメン坂内小坊師に行って、クーポン割引が一番多い「青唐ネギ塩ラーメンとミニ炙り焼き豚ご飯」のセットに餃子3つを頼んだが……。

Img_6248

 坂内小坊師で一番美味いのは、ノーマルな喜多方ラーメンであることを再確認。女性向けの半ラーメンとミニ焼豚ご飯のセットが夜の20時30分に食べるのには最適であることを再確認。青唐ネギ塩ラーメンは、スープの味がインスタントラーメンみたいだし、青唐辛子の辛さにむせるのよね。チャーシューは美味いんだけど。

 寒い曳舟駅のプラットフォームで電車を待っていると、石川啄木みたいにじっと手を見た。ほんと、おれはプロレタリアートだよなあ。無産労働者。しかし小林多喜二ではなく石川啄木。頑張って働いてるんだけどなあ。

 

 21時過ぎに帰宅。
 「報道ステーション」を観る。沖縄のオミクロン株の感染拡大(感染爆発と言ってもいいかも)は米軍由来だ。米軍はPCR検査なしで兵隊を出国させて沖縄に送り込んでいる。彼らはマスクなしで沖縄の街に繰り出すし、基地で働く日本人に感染させる。
 日本政府は本当に占領下のまんまで、米軍には何も言えない。ドイツやイタリアでは考えられない「不平等」な地位協定を改定する動きもない。地位協定がこのまんまなら、日本はアメリカに占領された状態のままだ。
 この駐留米軍の横暴さは沖縄特有なのか?岩国でも新型コロナ感染者は増えている。岩国には海兵隊の基地がある。東京はどうだ?横田や横須賀、厚木はどうなんだ?六本木にも米軍施設はあるぞ。
 第6波は来ると思っていたけど、ドカーンときたなあ……。オミクロン株は症状が軽いとは言うけど……。

 

 23時9分、就寝。
 楽しいことだけを考えて、眠りに落ちる。

 

今朝の体重:85.65キロ
本日の摂取カロリー:2404kcal
本日の消費カロリー:198kcal/4703歩+自転車+702kcal(テニス)

« 1月4日/仕事が進むと勇気百倍! | トップページ | 1月6日/雪が降る 仕事は進む »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1月4日/仕事が進むと勇気百倍! | トップページ | 1月6日/雪が降る 仕事は進む »

安達瑶の本

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト