« 1月22日/近場で吉方取りして、仕事 | トップページ | 1月24日/仕事&Twitterで山本直樹先生に直接御教示を受けて感激 »

2022年1月24日 (月曜日)

1月23日/仕事&上野でラーメン

 8時7分起床。

 晴れ~曇り。

 

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはダブルソフトのトースト、スクランブル・エッグ、ハム&マヨネーズ、牛乳、コーヒー。

 

 仕事開始。「第四章」の続き。皮算用では土曜日、せめて今日にこの章を終わらせたかったが、そうはいかない。まだ半分。

 相方のメモを読み込んで、砕氷船のように進んで戻ってまた進む。進む方は遅いが着実に進む方がイイ。

 

 文春オンラインで、筒井さんが「令和の言葉狩り」的な今の風潮に問題提起(←リンク)。有料なので全文は読めないが、筒井さんの発言意図は判る。これ、本当にそう思う。美人に美人と言ってはいけないとかって、ルッキズム批判やジェンダー的批判が言葉狩りになってやしないか。筒井さんは「なっている」と。日常会話で「あの娘美人だね」(おじさん臭い表現だが)と言ってはいけないというのは、そう思ってはいけないと言うことに繋がる。しかし美人は美人だしハンサムはハンサムだ。公的な場所での公式的発言にそういう表現を使うのは避けるべきなんだろうが、私生活や小説の中ではいいじゃないか。女性に向かって「おきれいですね」と言うのはアウトなのか?そうじゃないだろう。

 漫才で、ブスとかブサイクとかデブとかハゲとかチビとか外見をネタにして笑いにするのは避けられる傾向にあると。それはまあ判る。ブサイクなのが嘲られて当然だという風潮は子供がすぐ真似してイジメになるし。だけどさあ、美人に美人と言ってナニが悪いの?

 まあ、今の風潮は勃興し始めて間がないから、いずれ落ち着くところに落ち着くのだろうけど。

 今、あんまりギャンギャン言ってる人には近づかないでおこう。モノゴトにはすべて、バランスというものがあるだろう。

 

 昼は、久々にマクドナルドでビッグマックとフィレオフィッシュを食べたいが……JR上野駅構内の「東京じゃんがら」で角肉ラーメンを食うのもいいなあと思い、そうする。

 キリのいいところまで書き進み、15時頃に常磐線で上野。

 「九州じゃんがら」がいつ「東京じゃんがら」に変わったのかと思ったが、JR東日本との契約で駅構内の店は「東京じゃんがら」と名乗っているらしい。

 角肉ラーメンと明太ご飯を食べたかったが、自販機では売っていない。事前に調べたメニューには存在するのに。

 で、面倒になって「全部入り」と明太ご飯の食券を買い、お店のスタッフさんに「角肉ラーメンってないんですか?」と聞いたら「以前はあったけど、今は『じゃんがらラーメン』と角肉の食券を買って戴くことに」と。変更して返金しますか?と聞かれたが、「次からそうします」と答える。全部入りだって好きだし。秋葉原店では「全部入り」ばかり食べていた。昔、秋葉原に飲食店がほとんど無かった頃は、「九州じゃんがら」か、揚げ物の種類が多かった「キッチンジロー」か、あと数軒しかなかったのだ。電気街のお店の人たちはお昼をどうしていたんだろう?

 で、全部入りと明太ご飯。明太子がWってしまったが、美味い。「じゃんがら」で角肉の美味さを知って、「桂花」がもっと美味いと知ったんだよなあ。

Img_6299

 少し予算オーバーしてしまった。

 構内のお弁当屋さんで夕食用の小さい弁当を買って帰ろうと思ったが、手頃なものがなかったので、そのまま北千住に戻る。

 

 コンビニでミニサイズの「焼鮭・ゆで卵半分・ちくわの磯辺揚げ少し」の小さな弁当を買って帰宅。

 

 少し仕事をして、17時30分から「笑点」を観る。桂宮治初見参!

 面白い!三平と比較するのは三平が可哀想な気もするが……ママが亡くなって海老名家の神通力は消えましたな。林家たい平は海老名ママに「アンタが辞めて三平に席を譲りなさいよ」と散々言われ続けて泣いたらしいが。

 で、桂宮治。隣の三遊亭好楽を弄り倒し、好楽もイジられて楽しそう。本当に嬉しそうにニコニコしている。なんだかほんわかした気分。孫にイジられて格好を崩すお爺ちゃん的な。「新参者」「一番の若造」「たい平に似ている」とみんなにイジられつつも果敢にやり返す。大喜利に活気が出たね!三平に対しては「扱いかねている」感じがあったけど、宮治に対しては本来の噺家同士のやり合いがある。辛辣にイジるけど巧く返せたら「巧いな!」という顔になる。この真剣勝負的瞬間がたまらない。この感覚は「笑点」から長らく消えていた感じがする。それを桂宮治が取り戻した感じ。絶対にこの番組、延命したね!

 18時からは、お待ちかね「鎌倉殿の13人」。クソ記事しか書かない「まいじつ」が新垣結衣がヘタクソだとか痴呆記事を書いていたが、ガッキーは凄いと思う。目が凄く怖い。微笑みが怖い。

 義時(小栗旬)にしか本心を明かさない頼朝(大泉洋)。それが迷惑で仕方がない義時。兄の宗時(片岡愛之助)にも「挙兵はせん!」と言うのに、自分には「時期を見ておる」と。

 一方、色ボケしているように見えて武士の誇りは忘れない時政。坂東彌十郎さんがもう、魅力と実力を爆発させている。歌舞伎の舞台でコメディから古典まで自在に演じ分けてきたその力を、全部見せてください!

 

 仕事に戻って、しばらく仕事。

 

 20時を過ぎて、ミニ弁当とインスタント味噌汁で夕食。しかしこれは不要だった。じゃんがらラーメンと明太ご飯で本日は終了でよかったのだ。鳴呼、本当に胃が小さくなってきたなあ。

 

 仕事に戻る。なんとか1ブロックの中程までやって、本日終了。最初の難所は越えたので、明日はするする書けるだろう。

 

 ゴミ出しして風呂に入り、「早起きせっかくグルメ」と「笑ってコラえて」を早送りで見て、0時7分、就寝。

 

今朝の体重:85.30キロ

本日の摂取カロリー:1790kcal

本日の消費カロリー:125kcal/3146歩+自転車

« 1月22日/近場で吉方取りして、仕事 | トップページ | 1月24日/仕事&Twitterで山本直樹先生に直接御教示を受けて感激 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1月22日/近場で吉方取りして、仕事 | トップページ | 1月24日/仕事&Twitterで山本直樹先生に直接御教示を受けて感激 »

安達瑶の本

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト