« 2022年新年のご挨拶 | トップページ | 1月2日/仕事は大順調だが、テレビを観てノルマ果たせず »

2022年1月 2日 (日曜日)

1月1日/結局、テレ東三昧

 8時4分起床。

 快晴。

 富士山の写真を撮ろうと思ったが、光学+デジタルズームが効くデジカメのバッテリーが放電状態で使えず、iPhoneでデジタルズームで撮ってMac上で引き延ばしたら、ボケボケ。

Img_6245

 朝のモロモロを済ませるが、NHKのドラマ「倫敦ノ山本五十六」と「BS1スペシャル 完全版 開戦 太平洋戦争~日中知られざる攻防~」の感想を書いていると、凄く時間がかかった。

 腹が減ったので日記を中断して、アサメシにする。

 簡単にお雑煮を作る。ウチのお雑煮は「野菜味噌汁に焼いた餅を入れたモノ」。大根・ニンジンの紅白に白菜、三つ葉。これに昨日買ってきた「おせちセット」。

Img_6246

 安いおせちだと、「数の子」が入っていない。ガキの頃は数の子なんて何が美味しいんだと思ったが、あれは歯応えなのね。海老は食うのが面倒だから特に要らないが、数の子は食べたかった。

 お雑煮の餅は3つ。一昨年の暮れに買った切り餅が1つ残っていたので、去年暮れに買ったモノと一緒に焼くと……一昨年買ったモノより去年の暮れに買ったモノの方が薄い!6Pチーズも年々薄くなってきて侘しい限りだが、切り餅もそうなのか!

 値上げできないデフレ日本。賃上げしないからデフレが続くのだ。企業にカネがないわけではない。内部留保をしこたま溜めているのと、安く使える非正規ばかり増やしているせいだ。

 こういう風潮を作ったのはコイズミと竹中平蔵だぞ。コイズミは反原発で動いているが、日本をぶっ壊した張本人だからな!それを悪魔の化身アベシンゾーが完成させてしまった。日本はもう、ボロボロだ。

 

 メシを食い終わって、日記に戻る。

 日中戦争のことを調べはじめたら、この「戦争だけど双方が戦争と認めない軍事衝突」の不可解さばかりが刺さった。中国国民党・蒋介石の意図はハッキリしている。日本軍を中国から追い出すこと。しかし日本軍(関東軍)の意図がよく判らないし、和平の方針もよく判らない。関東軍の暴走を日本陸軍上層部や日本政府が阻止できなかった事も理解出来ない。弱腰の政府が何も出来なかったことは理解出来るとして、陸軍上層部がどうして関東軍に勝手に動くなと命令出来なかったのか。

 勉強が必要だ。今まで読んだ本の知識とWikipediaの「まとめ」だけでは到底、歯が立たない。

 てなことを考えていると、日記がなかなか書けず、新年の挨拶とともにアップしたら、もうお昼。

 

 今朝は朝から目が霞んでいる。なんとか日記は書いたが、仕事するには厳しいコンディション。年末、夜更かしと睡眠不足が続いたせいだ。6時間睡眠では足りない。7時間は寝ないと、目がボケる。

 目がボケると頭がハッキリせず、仕事のスイッチが入らない。

 

 ならば……。

 天気もいいし、今日は1日部屋に籠って仕事をしようと思っていたが、予定を変更して、外出。

 元日も開いている「グルメシティ」で松前漬けなどを買い、行きつけのお稲荷さんに御神酒を御供えして、お参り。

 

 帰宅して、買ってきた「カツ丼弁当」を食う。

 配達された年賀状をチェック。

 出していないのに戴いたのが4通。そのうち、相手に心当たりがない人物がお一方。おれの住所録に記録がない。名前から検索しても住所から検索しても出てこない。どなたなんだろう?

 

 録画したテレ東「最後の秘境 黒部源流紀行」を観る。この手のモノはNHKには敵わないと思っていたが、これは違った。実に丹念に作ってある。戦前からの黒部川開発と、それに伴う大きな犠牲についてもきちんと押さえてあるし、当時の映像もキチンと使っている。クロヨン開発も、「黒部の太陽」まで使って説明している。

 そしてなにより圧倒的なのは、岩肌をくり抜いて作った「黒部川日電歩道」の凄さ。毎年何人も足を滑らせて亡くなっている、恐ろしい歩道だが、そこから見えるのは、超絶景。

 かつて「ざ・だぶる」を書いたとき、この「過去の黒部川開発」を題材にしたので、取材に行った。日電歩道は怖くて行かなかったが、関電主催のクロヨン発電所ツアーに参加した。

 黒部第四ダムは凄いけど、山の中をくり抜いて作った黒部第四発電所も物凄いのだ。007の悪の結社が作った秘密基地みたいな、巨大な山の中をくり抜いた施設。インクラインとかすべて乗ったし、その時は8ミリビデオを廻してすべて記録してきた。元気なうちに日電歩道も歩きたいと思ったけど……そこに至る道中が大変だから、もう無理だ。

 そして……黒部川の最初の一滴に到達!

 これは感動的だった。

 山には神様がいる。そう思わざるを得ない。人間を寄せ付けない「なにか」がある。黒部はひたすら厳しいが、四国徳島・祖谷には神様の慈悲を感じて、なんだかものすごく感動した。

 山の凄さは、ある程度年を取らないと判らないものかもしれない。

 そのあと、同じくテレ東を録画した「最高の二番手観光地」を途中まで観たが……群馬の水上。ここは有名な観光地だから「二番手」と括ってしまうのは苦しいぞ。

 

 今年の年賀状を「こんなの出しました」とSNSにアップしたら……誤植を発見!「2021年」とすべきところを「2020年」としてしまった!それを今ごろ発見。うわ~。これはもう笑って戴くしかない。

2022_20220102095901

 親しい相手の中でシャレが判る人には、こういうのを出した。

Photo_20220102095901

 てなことをやっていると、もう夕方。

 テレビでは「『孤独のグルメ』一気放送!」をやっている。今期やった「宇都宮の居酒屋」を観ていると、妙な感動が湧いてきて、涙ぐんでしまった。過去に放送した「大阪のお好み焼き屋」とか「京都のおばんさい屋」とか東京のどこかの定食屋とかの分は、本当になんとも表現しがたい感動があって、泣いてしまうのだ。外国料理とか町中華はダメ。お刺身とかの高級系和食もダメ。街の居酒屋とか定食屋で、五郎さんが美味しそうに幸せそうに食べている姿を観ると、感動してしまうのだ。

 高い料理や珍しい料理は、他のグルメ・リポーターに任せておけばいい。五郎さんには、日常の「みんながよく行く普段使いの味」を楽しんで欲しいのだ。

 

 結局……今日は、年末年始は休み返上で仕事だ!と言いつつ、2行くらいしか書けず。

 夜は「出川哲朗の充電させてもらえませんか?4時間SP」を観た。愛知の「竹島」は島全部が神社で5つの神社が集まっている。ここから久能山東照宮まで、浜名湖を経由して。浜名湖あたりは行こうと思っているところなので、興味深く観た。

 舘山寺って温泉地だと思っていたけど、由緒あるお寺でパワースポットなのね。

 有名ホテルに「宿泊したテイ」でむりやり入浴した結果、久能山東照宮には間に合わず。しかし東照宮の方が残ってくれていた。なんとも人迷惑な展開。

 しかしこのルートは、車で辿ってみたい。

 これを観ながら、餅2つ入れたお雑煮と「おせち小」と「松前漬け」。数の子の破片が3つ入っていた。

 

 目はだいぶ回復してきたが、今夜は夜更かしせずに、寝よう。

 新春お笑い番組はまったく観なかった。同じような顔ぶれが各局掛け持ちで出てくるし。

 たまった新聞を半分読んで、風呂に入り、さっさと寝ようと思ったが、NHK「あたらしいテレビ映像コンテンツ総ざらい」を観た。例年、テレビ大好きの千原ジュニアとかが局の垣根を越えて、バラエティやドラマをズバズバ俎上にあげていた。去年はタレント抜きだったので、関係者の考えを引き出す人物が不在で面白くなかった。今年はその折衷案。テレ東P佐久間氏のいるカフェ、「水曜日のダウンタウン」の演出家のいる居酒屋、高校生起業家やタレントがいる教室セット、菅田将暉と女子柔道家が単独で喋るのをかまいたちとサッカーの内田選手が「観察」するという持って回った形式。

 みんなNetflixやアマゾンプライムとかのネット配信をよく観てるんだなあ!地上波なんか全然相手にしていない感じ。特に高校生はスマホが命で、スマホで観られるモノだけに限定して観ていて、スマホに出てこないものは「不要だし観たくない」スタンス。テレビを見るのすら面倒くさいらしい。高校生グループで、唯一「テレビも好きでテレビに出たい」女の子が、クソ面倒くさがり屋の男子に躍起になって「テレビ観なよ!観てみないと面白くないかどうか判らないじゃん!」と言っていたが……。

 もうね、今の高校生以下と俺のようなオッサン(もうジジイか)は話が合わない。価値観も違う。大きなスクリーンで観るべき映画をスマホの小さな画面でなんか観たくないおれが、あの面倒くさがり屋のガキと話が合うはずがない。話せば意外に共感する部分があるかもしれないが……。価値観が全然違うもんね。

 オッサンは無理せず、オッサン相手のコンテンツ制作に専念すべきだと思った。

 仕事をするのにネットでドラマとかを観ている時間はない。なので、今回登場した人物の誰とも、おれは共感出来なかった。

 とは言え、地上波テレビはツマらない。まだBSの方に見たい番組がある。

 

 0時20分、就寝。

 今夜も消灯したら、くーたんが焦れるように物凄い声で鳴いたので……起きて、猫じゃらしで少し遊んだら……それに納得してくれた。自分に関心があるかどうかを確認してるんだな。こんなに愛してるのに!

 

今朝の体重:85.40キロ

本日の摂取カロリー:2780kcal

本日の消費カロリー:117kcal/2729歩+自転車

« 2022年新年のご挨拶 | トップページ | 1月2日/仕事は大順調だが、テレビを観てノルマ果たせず »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2022年新年のご挨拶 | トップページ | 1月2日/仕事は大順調だが、テレビを観てノルマ果たせず »

安達瑶の本

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト