« 1月16日/「第四章」開始&「鎌倉殿の13人」面白い! | トップページ | 1月18日/いろいろあったが、やっと仕事スイッチが入って…… »

2022年1月18日 (火曜日)

1月17日/月イチ通院と区の無料検診を一度に受けて……

 綿ロープの猫じゃらしを隠して寝たら、くーたんはぎゃあぎゃあ鳴かずにおとなしかった。猫じゃらしがないからか?

 

 7時18分起床。
 薄曇り~快晴。

 

 朝のモロモロを済ませる。
 今日は区の検診を受けるので、アサメシは抜き。
 くーたんにご飯を出し、日記をアップして、9時前に外出。

 

 9時過ぎに病院に到着。朝の病院はジジババでごった返していると思ったら、あまり人がいない。まずここで拍子抜け。
 区の検診を申し込み、合わせて有料のガン検診について訊ねる。
 前立腺ガンの検診は、以前受けたときはアヌスに指を突っ込まれての『触診」だったが、今は血液検査だというので、申し込む。あと、大腸ガンの検診(これは検便)も。
 空いているのですぐに検査は始まって、検尿、心電図、採血、肺のレントゲン、先生の問診で終了。眼底検査は眼科でやるが、21日に緑内障の眼底検査の予約を取ってあるんだよなあ。
 薬局で薬を出して貰い、終了したのは10時30分頃。
 午前中いっぱいかかると思って覚悟していたので、拍子抜け。
 これが人間ドックなら、調べる項目が増えるのでもっと時間がかかっただろうけど。自腹で人間ドックを受けると3万円。しかし検査項目は区の無料検診とかなりWっているからなあ。

 

 ランチにはまだ早いが朝食タイムには間に合う。
 「松屋」の目玉焼きソーセージ朝食を食べる。冷や奴をチョイス。

 

 帰宅して牛乳を飲み、ヨーグルトを食べると……催してきたのでBigBenを採取。明日も採れたら、病院に提出するついでに胃の内視鏡胃検査も受けてしまえば効率がいい。
 そう思って内視鏡検診が出来る系列の病院に電話したら、「区の検診枠は終了しました。他所を当たってください」とつれない返事。なんだよ「区の枠」って。予算的に定数が決まっているんだろうけど。共産党系の病院なのに(だから、か?)すごく官僚的。
 で、近くの病院(去年暮れにPCR検査をして貰ったところ)に電話したら「外科の診療時間にいつでもどうぞ」って。なにこの違いは。しかし、1つの病院でまとめる方が検査の結果を聞くのも、あとから何かあったときも、都合がいいんだけどな……。

 

 快楽亭から電話があって、かねて考えていた「2009年1月8日のブラック/川柳の ニセ親子会」のCDを再発売するのでヨロシクと。保存してある原版をコピーすればいいので簡単だが、一応、オリジナル・データを探すと、あった。これは未編集。しかし、CDにはしていない川柳師匠の口演があった。再生可能かどうか聴いてみると、とてもいい音で録れている。ファイルには「川柳の思い出話」とある。
 快楽亭に電話し直して、「川柳師匠の未発表音源がありましたが、どうしましょう?ただし50分ほどあります」と確認すると、「それは、作戦を練ります」と。どこかで「川柳の思い出」を語って、それと抱き合わせてもいいと。
 とりあえずはそのままで、と言われたが、「ニセ親子会」のCDをドイツから帰国した榎園監督に送るついでに、この「川柳の思い出話」もCDに焼いて、一緒に送った。
 焼くときにちょっと聞いたら、川柳師匠の兄弟子・四代目三遊亭圓楽の思い出話だった。たしか、とてもいい話だったという記憶がある。

 

 その2枚を梱包して、発送するついでに、昼メシも食べることにする。
 おれは「日高屋」が嫌いだ。チャーハンは脂っこすぎるし、他のものだって美味くないので、極力行かないようにしているのだが……新メニューの「きくらげ卵炒め」は気になる。いわゆる木須肉(むーすーろー)を出す店は多くないので。
 北千住西口の日高屋に入って注文。

Img_6291

 出て来たものは、看板に偽りなし。木須肉は豚肉が入っているが、この「きくらげ玉子炒め」はその名の通り、きくらげと卵と玉ねぎと青ネギ(ニラ?)だけ。肉は入っていない。
 しかし、美味い。これは美味いぞ。また食べたい。
 満足して店を出た。

 

 帰路、スーパーでアジのタタキなどを買う。
 近所の郵便局で、特別区民税第4期分を払い込もうとしたら、閉まっている。あれ?今日は日曜だっけ?と一瞬混乱したが、貼り紙を見てびっくり。局員が新型コロナを発症したので閉鎖して消毒すると。
 今ごろ、と言うか、遂に、と言うか。
 いや、それだけオミクロン株の伝播力は強いということだろう。

 

 帰宅して、TVer.で「徹子の部屋」を観た。老境の藤竜也がたまらなく魅力的!渋い!若い頃よりずーっと今の方がいい。こういう男、憧れるなあ。「おかえりモネ」の爺さんは海の男で、本人も「いい役に恵まれました」と言っていたけど、今の方が絶対に魅力的だ。若いときのデビュー時の写真はイケメン系のお笑いタレントの誰かに似ているし、当時は芝居も巧くなかった。中年になってカッコ良さは増したけど、なんか、触ると危ない感じもあって。絶対、今の方がいい!カッコいい爺さんなんて、なかなかなれないもの。奥さんの芦川いづみを大事にしている感じも伝わってきて、それも素晴らしい。

 

 仕事開始。「第四章」。買ってきたハッピーターンや芋けんぴを食べながら。
 ハッピーターンは久しぶりだが、いや~「ハッピーパウダー」の魔力に負けて、止まらなくなってしまった。美味い!
 塩味の合間に、甘い「芋けんぴ」。こっちも止まらない。

 

 肝心の「第四章」は、書き出しを書きあぐねているまんま。何で詰まっているのか自分でもよく判らない。これは突然、突破できるのだけど。

 

 仕事が進まなくて唸っているならと、部屋の契約更新書類に記入してしまう。と言ってもサインと捺印だけだけど。これにイトコの連帯保証人の書類が届けば、すべて揃う。

 

 すぐ夜になる。
 ご飯を炊いて、アツアツご飯で「アジのタタキ」を食う。
 美味い!ご飯が美味けりゃ健康だ。お代わりして数の子ワサビなどで。炊きたてのご飯は安いお米でも美味いぞ!

 

 「帰れマンデー見っけ隊!!サッカー大久保・柔道ウルフ・King & Prince神宮寺が参戦」を一部観る。日光周辺で焼肉屋探し。日光の杉並木、歩き通してみたいねえ。素晴らしい。

 

 21時からニュースを観る。そして「NHKスペシャル」も観る。
 阪神淡路大震災から27年。朝、テレビをつけて、本当に驚いた。阪神高速道路の高架がなぎ倒されている衝撃的な映像。ビルが倒壊して、木造の住宅街ではいたるところから火の手があがって……。
 その翌年だったか2年後だったか、神戸に行ってタクシーに乗り、運転手さんに話を聞いた。道一本隔てただけでこっちは全壊、あっちは無傷。神戸は地獄でも大阪はまったくなんともない。直下型地震の恐怖を思い知った。
 そのあと、プレートがズレる超巨大地震が起きるなんて、夢にも思っていなかった。
 今住んでいる建物は、古い。耐震検査もしていない。しかし、かなりがっしりと作ってある。最新の耐震基準で建てた新築マンションには住めないから……この建物と一蓮托生だな。
 最近はもう、本当に、長生きしてもいいことはない気がしているから……大地震が来たら、それはもう、ここまでだって事だと思うことにする。生き残っても、それからがもっと大変だろうし。
 年金を全額一括で貰って、使い切ったら死にたい。けど国民年金は一括で貰えないからねえ……。

 

 トンガの状況が気になる。通信が途絶したまま。幸い、近隣のニュージーランドやオーストラリア軍が船や飛行機を飛ばして状況の把握に努めているようだが……。

 

 お正月に放送した「せっかくグルメ4時間SP」を早送りで観る。日村は伊東と札幌に出没。綾瀬はるか一行は千葉の成田、杉咲花と安藤なつは神奈川の平塚へ。

 

 風呂に入り、「激レアさんを連れてきた。」を一部観る。長渕剛のスタイルの変遷。アイドルを嫌ってアニキ風になり、インドに行き、肉体改造して……なるほどねえ。
 0時7分、就寝。

 

今朝の体重:85.30キロ
本日の摂取カロリー:2384kcal
本日の消費カロリー:202kcal/4895歩+自転車

« 1月16日/「第四章」開始&「鎌倉殿の13人」面白い! | トップページ | 1月18日/いろいろあったが、やっと仕事スイッチが入って…… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1月16日/「第四章」開始&「鎌倉殿の13人」面白い! | トップページ | 1月18日/いろいろあったが、やっと仕事スイッチが入って…… »

安達瑶の本

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト