« 1月29日/あと少しで力尽きた | トップページ | 1月31日/吉方先で仕事して帰宅しても仕事 »

2022年1月31日 (月曜日)

1月30日/「新第5章」あげて、渋谷へ取材に

 7時14分起床。
 曇り。

 予報に反して今日は曇天。一時晴れたがすぐに曇った。洗濯物は昨日干しておいて正解だった。
 朝のモロモロを済ませて、アサメシはダブルソフトのトースト、スクランブル・エッグに戴き物のボローニャ・ソーセージにマヨネーズ。

 

 昨日の日記に書き忘れたこと。
 土曜の夕方に日テレで放送している「満天☆青空レストラン」、次の放送の予告篇で、全身にふさふさの毛が生えた豚さんが登場して、出演者は「可愛い!」とか言ってるのに、次のカットで豚肉料理を食っている編集にはドキッとした。これで肉食を止めるかと言えば……止められないんですけど。

 

 仕事開始。
 昨日どうしても書き終えられなかった部分を頑張って書き、午前中に終わらせる。遡って加筆もして、「第5章」を終える。これまで1章書くのに1ヵ月かかったりしていたので、驚異的な早さ。と言ってもこれまでが時間かかりすぎだったのだが。
 
 相方に送って、午後は「最終章」を考えようか……と思ったが、「第5章」の最後で重要な舞台にしたのは、渋谷・円山町。
 中目黒に住んでいた頃は毎日のように渋谷に出かけて、メシを食うのも本を買うのも映画を観るのも渋谷だったのだが、北千住に越してからはとんとご無沙汰。この間に渋谷は急激に「若者の街」になってしまったし、行く用事も、Bunkamuraでオペラを観るか、コクーン歌舞伎を観るか、小洒落た映画を観るくらいだったし。
 その当時の記憶とグーグルのストリート・ビューで確認しつつ書いたのだが、決定稿を出すのに、実際に現地を確認しておこうと思いたった。半蔵門線に乗れば渋谷まで1本で行けるんだし。事前にやる場合は映画の世界では「ロケハン」とか「シナリオ・ハンティング」というが、小説の世界では「取材」って事か。いや、書いてからだから「確認取材」って感じ?渋谷の「桂花」でターローメンを食べて来よう。

 

 ということで、13時ごろ、外出。
 渋谷に着いて、道玄坂を歩く。昔、「ザ・プライム」に西武系の映画館があって、ここで「バートン・フィンク」を観たのだが、おれ一人ゲラゲラ笑って観ていたが他の客は芸術映画を鑑賞する感じでしんとしていたなあ。あれはコーエン兄弟の不条理コメディだろ!
 そのあと、同じビルの「桂花」でターローメンを食べたんだよなあ。

 と言うような事を思い出しつつ、道玄坂を上り、コンビニの角を右に曲がって、円山町のラブホ街に入る。
 この辺りは「百軒店」の名曲喫茶や「道頓堀劇場」(ブレイク直前のコント・レオナルドが出ていた)や「ユーロスペース」には行ったけど、ラブホは知らない。しかしラブホ街を抜けるとBunkamuraがあるんだよね。

 しばし歩き回って、地理は正しく書けたが街の雰囲気描写が間違っていた。書き直さないと。資料として写真もたくさん撮ったが、いろいろ差し障りが出そうなのでここには貼らないでおこう。

 すぐそばに井の頭線の「神泉駅」があるが、この駅は利用したことがないし、どこにあるかも知らなかった。というか、井の頭線の渋谷駅が「マークシティ」として神泉駅のすぐ近くまで伸びていたことすら知らなかった。

 そのマークシティに入って、ちょっと捜し物をして買い物をしていると、暑くて汗をかいた。いや~ユニクロのヒートテックは凄い!もう汗だく。
 そのあとセンター街の「桂花」に行って、念願のターローメンを食べる。昨年末に新宿西口店が臨時休業していて食べ損ねて以来のターローメン。やっぱり美味い!

Img_6312

 餃子とかサイドメニューも頼もうかと思ったが、ここは我慢。
 食べ終わって、しばしセンター街をブラブラ。いやもう、渋谷は変わったねえ。駅ビルも数年後には全部建て代わるようだし。おれの知ってる渋谷は消滅する。

 

 半蔵門線で、北千住に戻り、帰宅。
 撮ってきた資料写真を整理して、「第5章」の最後の部分を書き直して、その部分だけ相方に送り直す。

 

 録画した「早起きせっかくグルメ」を観て、「笑点」。サンドウイッチマンの漫才はやっぱり面白い!
 そのあとの大喜利は、桂宮治、先週分で力を出し切ったのか、案外おとなしい。しかし、隣の好楽さんが凄く嬉しそうなのがとても印象的。ずっと浮かない顔だった気がするが、宮治にイジられて、なんだか好楽さんが生き返った感じ。この感じがなんだか観ているおれも嬉しくなった。

 18時からは、お待ちかね「鎌倉殿の13人」。いや~今週も面白いじゃないの!ガッキーの八重はやっぱり怖いぞ。クソメディアの「まいじつ」がガッキーの芝居が下手だとクソな記事を載せていたが、あれを書いたライターと編集者は節穴か。ドラマを観る目がまるでない。このド*ク*!と罵倒してやりたい。
 頼朝、遂に挙兵!いやもう、ワクワクするなあ!締まるところは締めて、愛之助も彌十郎さんも大泉洋も、そして、困った顔の小栗旬!
 映画を含めた映像分野における三谷幸喜の最高傑作じゃないの?これ。きっちりコメディ味も盛り込んでるし。どこかで笑いを取りたいという三谷さんの性分、物凄く好き!

 

 19時のニュースを観て、録画した「せっかくグルメ傑作選(別府)」を観て、「72時間」も観る。年の瀬の新橋の洋菓子店。ハッキリ言えばヒロタだが、老舗だから昔からのお客さんも多くて、店員さんとのやりとりが泣ける。小さな幸せを大事にしなきゃあねえ。小さな幸せこそ、大切なのだ。

 20時を過ぎて、夕食。ご飯小に「磯海苔」を混ぜて、切り干し大根としば漬けで。切り干し大根はちょっと酸っぱくなっていたが、まあ大丈夫だろう。

 

 そうこうしていると、相方からツジツマ・伏線関係のチェックリストと、「第5章」チェックファイルが届いた。これは明日やろう。

 

 ゴミ出しして、風呂に入り、23時52分、就寝。

 

今朝の体重:85.80キロ
本日の摂取カロリー:2326kcal
本日の消費カロリー:287kcal/6751歩+自転車

« 1月29日/あと少しで力尽きた | トップページ | 1月31日/吉方先で仕事して帰宅しても仕事 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1月29日/あと少しで力尽きた | トップページ | 1月31日/吉方先で仕事して帰宅しても仕事 »

安達瑶の本

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト