« 3月17日/仕事が進めば心は平穏 | トップページ | 3月19日/徳間新作第2話を何とかあげてヘロヘロ&「内閣裏官房/傾国」 »

2022年3月19日 (土曜日)

3月18日/名案閃くも、あと一歩で脱稿には至らず

 サザンの名曲が流れる夢で目が覚めた。あの曲はなんだったっけ、と考えて、「真夏の果実」だと判って、7時17分起床。
 雨模様。

 

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはダブルソフトのトースト、ハムエッグのシングル、牛乳、コーヒー。ちょっと足りなくてシュガーロール1個。

 

 仕事開始。
 まず、徳間の新作、この後の第3話・第4話のプロットを確認すると、ネタが似ている。これは宜しくないので、担当編集I氏が選ばなかった「控え」から1本を差し替えるよう、提案。すぐに返事があって、そのようになった。
 さあ、ピッチを上げなければ!
 第2章、今日も既に書いたところを読み返して手を入れる。
 かなり磨けてきたと思うが、なんか、もうひとつ、ジグソーパズルのピースが足りない感じがするんだよなあ。
 そういう思いを抱きつつ、書き進む。

 

 雨は止んでいるようだが、外に出ていく気はない。
 昼は部屋でニュータッチの「横浜家系醤油トンコツラーメン」を食べる。これはなかなか美味い。
 ちょっと足りなくて、ダブルソフトにオレンジマーマレードを塗ったのと、牛乳少々。

 

 東北の地震、311のときは大津波が大変な被害をもたらしたが、地震の揺れはそんなに被害を出さなかった。しかし今回は相当な被害が出ている。日本だけではなく世界中での地震や噴火が相次いでいるってことは、地球は活動期に入ったのか。ここしばらくは「たまたま静かだった」だけなのか?

 

 アメリカで演技や演出法を学んだ人が時々Twitterに書いているし、他の人も指摘しているのが、「日本の役者の芝居はわざとらしくて自然じゃない」という件について。
 鈍感なのかもしれないが、おれはあまりそれを感じない。感じるときは、その役者がヘタクソな場合だけ。
 外国の演出家は俳優と話し合って「どう感じるか」自然な反応を引き出す(これって、アクターズスタジオの「メソッド」ってこと?)のが演出家の仕事と書くヒトがいて、それはそうだろうなあと思う。しかし、映画とか映像の場合は、マキノ雅弘が時代劇初出演の森繁久弥に言ったように「右のヤツを斬るときは左を向け。左のヤツを斬るときは右を向け。あとはおれが繋いでおく」という映画ならではの指導法もアリだと思う。なんせ映像は、舞台と違って「編集」や「アップ」があるのだ。
 衣笠貞之助や市川崑のように「自分でやってみせる」というのも有効だと思うし、俳優が気を抜いてボンヤリしてるところを盗み録りして使ってしまう、というのも手だと思う。
 だけど、俳優をとことん追い込む演出法だけは間違っていると思う。ホントに辛い思いをさせて辛い顔を撮るのは演出じゃない。最近、ある演出家に惚れ込んだ俳優がその演出家にムチャクチャ追い込まれて現場に行きたくないけど必死で頑張ったという話を読んで吐き気がした。
 それに近い事は巨匠の溝口健二や小津安二郎もやっていた。溝口は役者に指示せずひたすら「それでいいんですか?」と言い続けたと。小津の場合は「東京物語」で母親が死んだという報を受けて飛んで帰ってきた息子の大坂志郎の芝居になかなかOKを出さず、大坂志郎がどんどん疲労困憊して狼狽して追い込まれていった。その様子を見ていた撮影の厚田雄春と小津の会話がひどかった。「あと*回くらいですかね」(高橋治「絢爛たる影絵」より。該当箇所を見つけられなかった)。小津はリアルな焦燥感が欲しいのに、大坂志郎は芝居で応えられなかったからこういう風に追い込まれたんだろうけど……。
 で、おれは、日本の俳優がわざとらしい芝居をするとはあまり思えない。デイブ・スペクターなんかは「日本の俳優はみんな怒鳴っている」とか言っていたが、「半沢直樹」みたいな特殊なドラマや刑事ドラマや時代劇以外で、そんなに怒鳴った芝居が多いとは感じない。
 そういう芝居に慣れすぎて、僕が鈍感になってるんですかね?

 

 それはともかく、仕事を続ける。
 ここで突如、閃いた。クライマックスのドンデン返しを思いついた。おお、これはイケる!自分的には、ワイルダーがクリスティの「検察側の証人」に付け加えたドンデン返し級のナイス・アイディアだと思う。
 これで、足りないと思ったパズルの1ピースが埋まった!

 

 ホッとしたので腹が減った。
 夕食は、豚肉とキャベツのタジン鍋。胡麻ダレにニンニクをたっぷり入れて食す。美味い!炊きたてご飯もまた美味しくて、お代わりしてしまった。

 食後休憩。「ザワつく!金曜日 井上小公造&子小公造が一同にまつわるザワつく砲を大連発!」を見る。
 そのあとの、タモリがひと言しか話さなかったというので話題になった「タモリStation」は見ず、仕事再開。

 

 頑張ったが、パワーが不足。ラスト部分は大切なので、明日の午前中に書くことにして、本日は終了。

 

 風呂に入り、たらたらして、0時30分、就寝。

 

今朝の体重:86.20キロ
本日の摂取カロリー:2162kcal
本日の消費カロリー:0

« 3月17日/仕事が進めば心は平穏 | トップページ | 3月19日/徳間新作第2話を何とかあげてヘロヘロ&「内閣裏官房/傾国」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3月17日/仕事が進めば心は平穏 | トップページ | 3月19日/徳間新作第2話を何とかあげてヘロヘロ&「内閣裏官房/傾国」 »

安達瑶の本

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト