« 3月2日/所用を済ませて、テニス | トップページ | 3月4日/やっと徳間新作第1話をあげたが…… »

2022年3月 4日 (金曜日)

3月3日/寝る前に読書すると、夜更かししてしまう……

 6時59分起床。
 快晴。
 洗っておいた洗濯物を干す。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはダブルソフトのトースト、8枚切りのオレンジマーマレードのトースト、ゆで卵、牛乳、コーヒー。「バター風味のマーガリン」が切れていたのでバターを使う。バターの方が美味しいけど、溶けにくいから扱いが不便。指の熱伝導がいいバターナイフとか、バターを細かくこそげるので溶けやすいバターナイフとかを買ってみたけど、どれも看板に偽りあり。

 

 仕事開始。しかし午前中はなかなかスイッチが入らない。昨日やりかけた先月分の税金関係の書類整理をしてしまい、レターパックに梱包。

 

 なんだかんだやっていると昼。
 外出してレターパックを投函し、新装なった「かつや」でカツカレー梅を食べる。
 かつやは、一階のテーブル席を潰してテイクアウトを用意する場所にして、二階のしゃぶしゃぶ席を止めて普通のテーブル席にした模様。ってことは、しゃぶしゃぶは廃止したってことか?

Img_6343

 久々のカツカレーは美味い。しかしトンカツ80グラムの梅でも1307kcalもある!ってことは、ゴーゴーカレーはどうなる?
 スーパーで買い物。ひな祭りの歌が店内に流れていたが、それを聞いていると何故か悲しくなってきた。ひな祭りに悲しい思い出なんか無いのに、何故?

 

 帰宅すると、郵便受けにAmazonに注文した小林信彦の新刊「本音を申せば」シリーズ最終巻「日本橋に生まれて」が届いていた。
 部屋に帰って早速封を切って開く。
 我が心の師・小林信彦さんは「生還」に書かれたように、脳梗塞から無事生還して執筆活動を再開出来るまでになったが、齡80を過ぎて、23年間続いた週刊文春の連載エッセイ「本音を申せば」を終了することになった。
 定期的に小林さんの新刊をチェックしてすべて買うことにしているので、昨日久々にチェックしたら、この「日本橋に生まれて」が出ていることを知った。週刊文春は買わず、まとまった単行本だけを読んでいたので、連載終了については知らなかったのだ。
 全23巻。終わってしまったか……最終刊は、全ページで小林さんが「サヨナラ」と言っているようだ。全部を単行本で持っていることが少しだけ誇らしい。
 小林さんの著作でビリー・ワイルダーやヒッチコックの神髄を知り、日活アクションや「仁義なき戦い」シリーズに目覚め、小林さんの純文学から軽妙なコメディまでほぼすべて読んだ。
 書くものは楽しいモノばかり(純文学作品……特に疎開をテーマにした作品は違うが)だが、素顔はとても怖い人らしい。いつまでもお元気で。映画とテレビと笑いの世界の生き字引である小林さんは本当に貴重な存在だ。


 夕方になって、仕事のスイッチがやっと入った。「クーンツの法則」に従って、これまで書いた部分を読み返して手を入れていたら、いろいろと詰まっていた部分の解決作が閃いたのだ。
 18時過ぎまで仕事。

 

 夕食は、買ってきた「酢豚」に中華サラダ。それにオニオンスープにご飯小。
 食後、「プレバト」を観るが、今回の俳句はピンと来なかった。
 小林さんの「日本橋に生まれて」を読む。
 以前、あれほど「お笑い」という言葉を嫌っていて、伊東四朗の「私は『お笑い』をやっているつもりはない」という言葉も引用して、大阪由来らしい「お笑い」という言葉を嫌悪していたのに……サラッと使ってる。
 小林さんの文章は、特にエッセイや評論では、明晰で切れ味の鋭さが好きだった。しかし……お年を召すにつれて、お孫さんの話題が多くなってくるのと比例して、文章が緩くなってきた。それが、脳梗塞から復帰して、驚くほど明晰さが戻ってきた。文章が若返った。しかし……「日本橋に生まれて」は、かなり緩い。それは仕方がないことだろう。
 きちんとした仕事が出来るのは75くらいまで、と思っておくべきだろうなあ。映画監督も普通の人はそれくらいが年齢的な限界だ。クリント・イーストウッドは例外的な希有な存在なのだ。というか、あの人は本当に人間なのか?頑丈すぎるだろ!

 

 鳩山由紀夫がTwitterに書いたこと(何故プーチンは怒ったか)は、間違ってはいない。歴史的考察として読めば、その通りなんだろう。ただ、現在、ウクライナが破壊され、人々が逃げ惑っている今は、そういう歴史的考察をしてウクライナを非難するよりも、どうすれば戦闘を止めさせるかを考える事が最優先だろう。それにはプーチンの考え方について考察する必要はもちろん必須なのだが。
 鳩山由紀夫って、時々こういう学者バカみたいなことを発言するから疎んじられるんだろう。
 橋下徹に至っては、トンチンカン極まりない。部分的には正しいけど、別に橋下徹だから言えることじゃあない。むしろ害毒の方が多いのだから、こういう「維新の隠れ親玉」をテレビに出すな!

 

 風呂に入り、さらに思いついた事をメモ書きして、本日終了。
 寝る前に少しだけ、と思って「日本橋に生まれて」を読むが、気がついたら1時を回ってしまった。
 ほんと、もう、すべてのページから「サヨナラ」という言葉が浮かんでくるみたいで、淋しいことこの上ない。
 いつまでもお元気で!

 

 1時16分、就寝。

 

今朝の体重:86キロ
本日の摂取カロリー:2593kcal
本日の消費カロリー:77kcal/1773歩+自転車

« 3月2日/所用を済ませて、テニス | トップページ | 3月4日/やっと徳間新作第1話をあげたが…… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3月2日/所用を済ませて、テニス | トップページ | 3月4日/やっと徳間新作第1話をあげたが…… »

安達瑶の本

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト