« 4月16日/新刊挨拶書店回り2日は波乱の展開…… | トップページ | 4月18日/徳間新作脱稿!&新刊挨拶書店回り4日目 »

2022年4月18日 (月曜日)

4月17日/新刊挨拶書店回り3日目で大チョンボ

 7時起床。

 今日は早起きして洗濯物を干して……と思っていたのだが。おれのiPhoneは7時になると音が鳴る。そういう設定にした記憶はないのだが。 

 薄曇り~晴れ~曇り。

 飛び起きて、洗濯物を干しに行くと、すでに干している方がいて「今日は午後から雨らしいですね」と話す。

 

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはご飯小、卵焼き、ハム&マヨネーズ、海苔、インスタントのアサリの味噌汁。

 

 洗濯物を干したまま出かけると、雨に降られそう。11時になれば乾くだろう。ということで、出発を遅らせる。今朝は9時過ぎには出発出来る状態だったのだが。

 空いた時間に、誰も見ていない安達瑶公式サイトの「既刊本リスト」を整備しようとしたが、やり方を忘れてしまった。なんと2016年から放置しているぞ。いつも表紙だけ更新していたのだ。

 その表紙、再度やり直すと、今度はきちんと表示されるようになった。ココです。(←リンク)

 

 11時前に洗濯物を取り込む。ほぼ乾いていた。

 新刊挨拶書店回り3日目、出発。

 予報では11時過ぎに雨とか言ってたけど、降らないじゃん。

 本日は横浜・湘南方面に行く。

 いつもだと近いところからどんどん進んで藤沢まで行き、一気に帰ってくるのだが、今日はまず藤沢まで行って、戻ってくる形にした。その方がへたばって早アガリするとき、再度挑戦しやすい。

 

 ということで、上野東京ライン平塚行きに乗る。上野で駅弁を買う。「ごちそう海苔弁当」。ヒレカツや海老フライが入った豪華なヤツ。

 グリーン車を奮発。しかしモバイルSuicaが不調で買えず、持ち合わせも五千円札しかなくて、車内でグリーン券を買ったら260円高くなったが……。

 発車そうそう、弁当を広げる。なかなか美味い。「まい泉」製だった。写真は「食べログ」から。

Original_20220418083901

 車内検札は品川まで来ないだろうと思ったら、そうだった。つまり、上野で乗って品川で一般車両に移ればこの間はグリーン車のただ乗りが出来るワケだが……もちろんそういうことはせず、きちんと申告してグリーン券を買う。

 

 で、藤沢から本日の書店回り開始。

 順調に進む。

Img_6473

 書店さんに寄っては駅からかなり遠いところもあるので、今後のコースを再検討すべきだなあ。郵送に切り替えるとか。

 

 横浜・伊勢佐木町の有隣堂本店のあと、近くの「ゆで太郎」でそばでも食べようと思ったが、ついつい「満腹太郎のり弁セット」にしてしまった。車中で「ごちそう海苔弁当」を食べて未ださほど時間が経過していないのに。お腹ぱんぱん。「ミニのり弁セット」があったのをあとから知った。

Img_6477

 横浜が終われば、あとはラク、と油断したのがいけなかった。違う店舗名を書いたPOPをお渡ししてしまった。明日、お詫びとともに送り直そう。

Img_6480
Img_6483

 羽田空港がいつもコースから孤立するが、今回は大森から路線バスで羽田空港まで行ってみる。終点まで乗ったのはおれ一人だった。

 第1ターミナルの各店舗は19時閉店。滑り込みセーフで「山下書店」に行ったが、閉店寸前で焦ってしまった。

 しかし第2ターミナルは19時30分まで。

 「田辺書店」で無事、POPをお渡しして、本日終了。

Img_6490

 今朝早く出ていれば、余裕で回れたのだ。しかし横浜方面は途中で雨になったりしたから、干しっぱなしにしなくてよかったはず。

 

 昼にたくさん食べたので、夜になっても腹は減らず、京急で品川、品川から常磐線直通電車に乗って、コンビニに寄って帰宅。

 

 くーたんにご飯を出し、おれもシーチキンおにぎりと牛乳を飲み、回り切れなかった書店さんと間違えてPOPを渡してしまった書店にPOPを送る準備をする。

 相方から徳間の最終話の決定稿が届いているが、ファイルを確認して、最終チェックは明日の朝やることにして、ゴミ出しして、風呂に入る。

 

 風呂からあがって、録画した「鎌倉殿の13人」を見る。

 これは……寝る前に見るべきではなかった。上総介広常が無残で、可哀想すぎる。佐藤浩市がいつになく親しみ深く演じていたので、その可哀想ぶりがいっそうキツい。頼まれて謀反に加わったのに謀反の張本人にされて御家人の前で惨殺される。

 史実的にも暗殺されたのは間違いないが、史実より残酷無比。たしかにこれで「ヘニャヘニャに見えた頼朝の恐ろしさ」がフィックスされた。

 いやあ……本当に怖い。まあ、上総介は扱いにくい人物ではあったが……。善児の名前がタイトルにあったので、善児が上総介を殺すのかと思ったが……しかし梶原景時は秘密警察だよなあ。しかもその忠誠心まで頼朝に試される。

 怖い……怖すぎる。大泉洋のあの顔で冷酷なことをやるのが、怖い。

 三谷幸喜、怖いぞ。

 これが書けるから、喜劇作家の枠を越えて、日本を代表する劇作家なのだ。

 

 このままでは眠れないので、録画した「タモリ倶楽部」も見る。居候生活11年のミュージシャン、ついに独立!って……居候って、家賃とかを一切払わないんだよね?「先輩」のあの家はどういう存在なの?

 よく判らないが「居候の巨人」タモリも驚愕。

 

 0時27分、就寝。

 

今朝の体重:85.75キロ

本日の摂取カロリー:2879kcal

本日の消費カロリー:659kcal/16263歩+自転車

« 4月16日/新刊挨拶書店回り2日は波乱の展開…… | トップページ | 4月18日/徳間新作脱稿!&新刊挨拶書店回り4日目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4月16日/新刊挨拶書店回り2日は波乱の展開…… | トップページ | 4月18日/徳間新作脱稿!&新刊挨拶書店回り4日目 »

安達瑶の本

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト