« 4月8日/人生で必要なのは勇気と想像力と少しのお金。そして、友人…… | トップページ | 4月10日/仕事して、甲府へ »

2022年4月10日 (日曜日)

4月9日/仕事&諸準備

 7時9分起床。
 快晴。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはダブルソフトのトースト、ハムエッグW、牛乳、コーヒー。

 

 仕事開始。徳間「降格警視2」最終話。
 やっていると徳間担当I氏から第3話までのゲラPDFが送られてきたが、これは校閲のアカが入っていない。で、「15日には最終話戴けますね?」と言われたので、必ず!と返事を出す。頑張らねば。

 

 昼は外出して、くーたんのキャットフードを買い、「レストラン三幸」に行ったが混んでる感じだったので「しょうがや」に行ってトリカラ定食。まあまあでげす。

Img_6381


 明日は甲府に行くが、ギリギリまで仕事をして、なんとか書き終わるメドをつけたい。なので、各駅停車か高速バスで安く行こうと思っていたのだが特急を使うことにして……「お得なチケット」を探すと、あった。甲府だとそんなに遠くないので600円くらいしか安くならないが。車中で駅弁を食べて、お金と時間を節約しようっと。
 そのチケットも買い、帰路につく。甲府からの帰りは朝早めに出て各停でも使って帰ってこよう。

 しかし……ちょっと厚手のフードパーカーを着て行ったら、暑い!もうこのフードパーカーは時期を失した感じかも。

 

 帰宅して、仕事再開。
 午前中うまく書けなかった部分を乗り越えると、どんどん進んだが……昼飯が効いてきて、睡魔に襲われる。
 アイスコーヒーを飲んで、なんとか克服。

 

 それにしても……昨夜、森卓也氏が「盟友」(だったはずの)小林信彦氏の悪口を書いた文章を読んだ衝撃が、まだ尾を引いている。この文章は批判の粋に達していない文字通りの「悪口」だけど、その分、感情的に生々しいから。酔っ払った勢いで「今だから言うんだけどさ!」と悪感情が堰を切って迸った感じ。
 トシを取ると怖いものがなくなる、というのはこういう感じか。文章的には老人の繰り言でみっともないのだけど……。
 悪口というと、カーク・ダグラスの自伝「くず屋の息子」が凄い。新人の頃に「アメリカの良心」的役ばかりやっていたジェームズ・スチュワートにさんざんいじめられたことをあけすけに書いているし、「スパルタカス」で抜擢したスタンリー・キューブリックも「才能あるクソッタレ」と喝破している。翻訳だからなのか、文章的にはキチッとしていて、森さんのような書き殴った感じはしないのだが。
 小林氏が絡む諸事件を調べ直す。「ビートルズ来日公演の件」論争については、小林氏が自分のミスを認めずに突っ張ったから拗れたという印象しかない。「オヨヨ事件」に関しては、完全に小林氏が桂三枝にナンクセをつけたとしか思えない。
 その関連で「SFマガジン匿名座談会事件」というのもあったのね。当時の日本SF界を揺るがす大事件だったと。不勉強でおれは知らなかった。

 

 夕食は、スパムとエリンギのケチャップ炒めにキャベツの千切りに冷や奴。炊きたてご飯のおかずとしては不適格だけど……。
 TBS「キングオブコントの会」を見ながら食べる。コントによって出来不出来はあるなあ……しかし、シソンヌと東京03が絡むコントはレベルが上がる感じ。彼らはうまい。

 

 途中から音を聴きながら、郵送と手渡し用のPOP、おれの分を清書する。こういうものは、達筆よりそこそこ悪筆の方が味がある気がするのだが、それにしても限度というものがあるだろう。部分的に修正をして、なんとか完成して、レイアウトする。

Photo_20220410090601

 右上の空白のところに書店さまの店名を書き入れる。
 11日夜に相方と発送作業をするので、必要分をプリント。挨拶状や宛名ラベルは午前中にプリントしてある。

 

 「アド街ック天国」は新富町。銀座の隣の小粋な街。美味そうな洋食屋さんとか、惹かれるなあ。

 

 「情報7デイズ」をちょっと見て、Twitterを覗くと……映画の現場の「怒鳴り」をあくまで否定して批難する書き込みを見つけた。きちんとした指示をきちんと言語化出来なくてスタッフやキャストを怒鳴りつける監督は人間失格、みたいなことを書いていたので、鳴呼コイツは現場をまったく知らずに観念論で言ってるお子様なのだな、と判った。なので、まともな反論はつけず、一応、穏やかに「あなたとは価値観がまったく違う」と書いておいた。一般的な会社の仕事と、映画の現場は一緒にできないんだよ。
 映画の撮影現場は、工事現場にたとえるのが一番近い。脚本家が設計図を引き、監督がそれを現場で作っていく。ハリウッドでは完全に「カントクは現場監督」だった。プロデューサーは施工主。オフィスで企画を立ち上げるのとはまったく違うので、人間の上下関係も当然ある。現場で一番エラいのは監督。監督の指示にみんな従う。じゃないと、百人くらいいたりする現場はまとまらない。
 そういうことも判らない人がアサッテな事を言っても、まったく言葉が通じない。理屈と先入観だけで語るって、まあ、御勝手に。現場は理屈では割り切れないのに。もちろんクソみたいなヤツもいたけど、そういうのは淘汰されていく。怒り狂ったスタッフにセットに二重から投げ落されて大怪我を負ったヒトもいたっけ……。

 

 風呂に入り、「人生最高レストラン」を見る。佐藤隆太がゲスト。家庭を大事にする子煩悩。子供が美味しい美味しいと言いながら食べる姿を見るのが最高に幸せという、イイヤツ!

 

 0時11分、就寝。

 

今朝の体重:85.75キロ
本日の摂取カロリー:2383kcal
本日の消費カロリー:104kcal/2474歩+自転車

« 4月8日/人生で必要なのは勇気と想像力と少しのお金。そして、友人…… | トップページ | 4月10日/仕事して、甲府へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4月8日/人生で必要なのは勇気と想像力と少しのお金。そして、友人…… | トップページ | 4月10日/仕事して、甲府へ »

安達瑶の本

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト