« 5月9日/仕事・お別れ・嬉しい知らせ | トップページ | 5月11日/朝から大ショック »

2022年5月11日 (水曜日)

5月10日/すっきりしたりしなかったり

 7時58分起床。
 晴れ。

 トイレに立ってもぐっすり寝直して、久々の爆睡。なのにどういうわけか目はボンヤリ。起き抜けにiPhoneも見ていないし8時間近く寝たのに。
 目がボンヤリだと体調もスッキリしない感じ。今日は仕事の稼ぎ時なのに……。
 朝のモロモロを済ませて、アサメシはダブルソフトとイングリッシュ・マフィンのトースト、スクランブル・エッグ、牛乳、コーヒー。苦みの利いたオレンジ・マーマレードが終わってしまった。

 

 「日銀は政府の子会社」と、中央銀行の独立性の重要さが全く判っていないアベシンゾー。というか、日銀法を全然理解していない。本当に、こんなクソバカ野郎が約8年も政権の座にいたおかげで日本はメチャクチャだ。コイツを教えた歴代の教師たちにも責任があるぞ。この政権を支えた有権者がクソなんだが。おれはずっと自民党や公明党には投票してないけどな!

 

 仕事開始。実日新作の最終話。しかし、何かがひっかかって、ブレーキをかけている。こういう時は、今まで書いてきた部分に問題がある、というのがクーンツの教え。おれはどこの誰よりもクーンツの「小説の書き方」を信奉している。
 その問題点がハッキリ掴めないまま仕事を進めるが……。
 目もボンヤリしているので、仕事を中断。先月分の税金関係の書類を整理してしまう。いつもは月初めにやっているのだが、今月は連休になったので延ばしていた。
 書類整理はすぐ完了。
 懸案事項を済ませると、気分はスッキリ。
 天気もいいし、なんだか気持ちは穏やか。

 

 昼になり、外出。
 税金関係の書類を税理士の先生に送り、「福しん」に行って冷やし中華と半チャーハンのセットを食べるが……970円もする!福しんは600円くらいで定食とかを食べられるのが魅力な店なんだから、これは高い。まあ、美味しかったけど。

Img_6565


 そのあと、くーたんのキャットフードを買い、おれの夕食材料を買って、帰宅。

 

 午前中はちょっと寒くて、薄く暖房を入れていたほどだったのに、午後は西日も差すので暑い。窓を開けても暑い。室温を観ると28度もある。エアコンを入れる。

 

 ところで、朝ドラは熱心に1回も欠かさずに観る時と、ほとんど観ない時の両極端。途中から観てハマる場合もあるが……。
 前々作の「おかえりモネ」は途中ダレても、完全に観た。名作だと今でも思っている。
 しかし「カムカム……」はラジオ英会話の歴史と家族の話だと思ったら途中で京都の映画村の話になってそれが世間的には話題になっていたがおれは妙にシラケて、まったく観なかった。
 そして今回の「ちむどんどん」。主演の黒島結菜はファンだし、三姉妹の川口春奈も上白石萌歌もファンだから、子役の週が終わって彼女たちが出るようになってから観始めたが……どうもいかん。どうもノレない。ハマレない。あのダメ兄のせいでもあるし、展開がどうもしっくりこないし、なんか大きなものが抜けているような感じがして……離脱することにした。ま、舞台が東京に移ったらまた観始めるかもしれないけど。

 

 あれこれ考えていて……やっと気づいた。展開に矛盾があった。第2話まで遡って修正しなければ。
 相方に相談のメッセージを送るが、反応がない。たぶん休憩中なのだろう。
 その部分を置いて先を書くが……やっぱり矛盾点を解決しないと気が収まらない。

 

 夕方になって、ようやく、目が復調。体調も回復。
 ご飯を炊く。
 18時になって、夕食の支度。今夜はひさびさに「アジのなめろう」を作る。と言ってもアジを三枚に下ろせないので、「アジのタタキ」を買ってきた。これに生姜・ニンニク・茗荷・大葉に味噌と醤油を一緒にしてフードプロセッサーにかける。あんまり細かくしてしまうより食材の食感が残る程度にして、青ネギをまぶして完成。いろんなレシピにはニンニクを入れない派が多いけど、ニンニクは入れた方が美味いと思うし、生姜は多めの方が美味いと思っている。
 町屋の「ときわ食堂」で出てくる「アジのなめろう」が美味いのだが、新型コロナ禍になってから行っていない。自作しても、そこそこの味になる。薬味が残っているので、カツオのタタキに使おう。
 炊きたてご飯にアジのなめろうをのせて、かき込む。美味い!
 ご飯をお代わり。インスタントのしじみ汁とキュウリの漬け物で。

 

 お皿を洗いながら「オモウマい店」の冒頭を観る。八王子の特大大盛の店。ここはヒロミの同級生がやっている店だった。しかしそれを知らないで突撃取材するスタッフ。店長とすぐ仲良くなって親子みたいな関係になる。ここのスタッフは、こういう人懐っこいタイプのヒトが多いんだなあ。で、そういう人の取材の方が面白いモノになるし。
 値段は普通だが、盛りが驚異的。4人前くらい出てくるから、結果的には安いのか。しかしこの量は食い切れないぞ!
 それより、スタッフと店長の関係がじんわりくる。

 

 相方から電話が入って、話し合う。矛盾点の解消は、案外簡単にできる。すでに原稿を渡してある「第2話」はゲラで直すしかないが、ゲラで直せる程度だし、「第3話」に関してはもう一度修正したモノを今晩中に相方に送り直すことにする。

 これがあるから、各話読み切りじゃないと連載が出来ない。書き進んでから矛盾に気づく。諸先生方はこういう場合、どうしてるんだろう?諸先生はそんなミスはしないのだろうか?連載中はごまかして、本にまとめる時に大修正するのだろうか?高村薫さんや横山秀夫さんは、本にまとめる時に大修正してほとんど別物に書き直してしまうらしいが……それはそれとして、連載中にそれまで発表した部分のミスに気づいた場合、どう処理してるんだろう?矛盾が矛盾を生んで崩壊したりしないのだろうか?
 書き下ろしだったら、何度でも遡って修正できるから、そんなことは起きないのだが……。

 

 21時のニュースで大谷の大活躍(二打席連続ホームラン、二打席目は満塁ホームラン!)を観てから、「第3話」の再修正。
 設定をよりハッキリさせる修正も加えて、23時20分に相方に送る。

 

 ゴミ出しして風呂に入ると、0時を回ってしまった。
 NHK「アナザーストーリーズ▽スヌーピー最後のメッセージ~連載50年作者の秘めた思い」を観てしまった。このマンガは特に好きではなかったけど、作者の人柄に興味を覚えたので。
 片思いの失恋をずっと引き擦ってたのね……。

 

 1時18分、就寝。

 

今朝の体重:86.80キロ
本日の摂取カロリー:2058kcal
本日の消費カロリー:83kcal/2222歩+自転車

« 5月9日/仕事・お別れ・嬉しい知らせ | トップページ | 5月11日/朝から大ショック »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5月9日/仕事・お別れ・嬉しい知らせ | トップページ | 5月11日/朝から大ショック »

安達瑶の本

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト