« 6月23日/道東旅行1日目はピーチでヤキモキしつつ特急で釧路まで | トップページ | 6月25日/今日になって疲れが出つつ、久々の気功へ »

2022年6月25日 (土曜日)

6月24日/道東旅行2日目は風蓮湖アドベンチャー&豪雨の中の爆走

 5時33分起床。
 やっぱり昨夜の「光の洪水」は立体交差の道路だったようだ。

Img_6754

 本日の最大のテーマは、8時18分発の花咲線根室行きに乗ることだが、進行方向向かって右側の海側の良い席をとること。
 早く駅に行って並ぶために、このホテルの朝食は7時からなのだが、無理を言って6時45分にして貰った。
 それにしてもまだ早いが……寝ている相方を横目で見つつ、撤収を完了させてしまう。と言っても睡眠時無呼吸症のC-PAPを仕舞い、洗面所の「洗面セット」を仕舞い、キャリーバッグを整理すれば終了。
 相方も撤収を完了し、6時48分に朝食会場に行くと……若者の集団が既に朝食を食べていた。
 な〜んだ。これだったら宿に申し訳なく思わなくても良かったのか……と思ったが、どうも彼らは運転免許の集中合宿で泊まっているらしい。自動車学校のネームが入ったお揃いのウィンドブレーカーを着ていたし。
 で、一般客は我々が一番乗り。「洋朝食セット」を食べると、7時過ぎに食べ終わってしまった。
 8時18分発なんだから、8時頃に行けばいいんじゃないのか?土日じゃなくて平日なんだし……とも思ったが、ここまで来て少しの油断で計画がおじゃんになるのは悔しいので、念には念を入れて、当初の計画通りに7時30分に釧路駅に行く。おれが先に行って席を取っておけばいいので、相方には「ゆっくりでいいよ」と言って、先に駅へ。

 券売機が見当たらなかったので、みどりの窓口で「根室まで」2860円のキップを買い、4番乗り場へ。
 他のプラットフォームにエスカレーターがあるのに、花咲線の4番5番には、ない。
 プラットフォームを上がると、2両編成のディーゼルカーを切り離す作業をしていた。
 駅員さんの了解を得て、残った1両に乗り込む。最悪、8時頃までプラットフォームで立ってなきゃいけないか、と思っていたが、良かった。今朝はけっこう寒いし。釧路駅は、というか、花咲線プラットフォームは2面あるし発着の本数が少ないので、東京みたいに発車直前に入線、ではないのね。これは有り難かった。

Img_6757

 一番乗りなので、席は選び放題。進行方向を確認して、一番窓が大きな(柱で隠れない)席を確保。
 おれの後にぞろぞろと中高年の乗客がやって来たが、8時頃には良い席は埋まった。発車前にやってきた乗客(地元の人ではない感じ)は、ほとんどの席が埋まっているのに驚いた様子。残るは進行方向に反対方向に固定された席か、相席。今ごろ来ても遅いよ!と言ってやりたかったほど。
 おれの努力は報われたのだ!という満足感でいっぱい。

 相方が発車ギリギリにやってきた。(おれが見つけられなかった)券売機が混んでいた、プラットフォームを間違えた、と。ま、なんにしても間に合った。

 発車してすぐ、湿原に突入。釧路から根室の間には広大な湿原が阻んでいる感じ。それを根室本線(釧路以東は「花咲線」)が突っ切る。ほんと、鉄道敷設の情熱と努力は凄かった。

Img_6762
Img_6765
Img_6766
Img_6768
Img_6772

 濃霧で車窓は真っ白。霧が薄らぐと、雨。
 乗客はデッキに出て写真を撮っていたが、おれたちは窓を開けて写真を撮りまくった。
 湿原は美しい。この湿原は成長途上という感じ。これを見られただけでも、この旅行をした甲斐があった。
 しかし……濃霧。ひどいときには視界ゼロに近い感じ。運転できるのか?

Img_6773
Img_6775
Img_6776

 日本最東端の「東根室」を経て、根室着。
 もう40年近く前になるのか、死んだNと北海道一周旅行をしたとき、根室駅前の食堂で黄色いカレーを食べた。その店(渡辺食堂)はまだあるのかと見渡したが……もう、ないようだ。

 根室に唯一あるレンタカー、トヨタレンタカーの送迎車が来て、営業所へ。
 手続きをして車を借りる。エゾシカの飛び出しにはご注意を、と言われる。エゾシカはデカいので、車は大破したり運転している人間が怪我をすることもあるらしい。
 それにプラスして……雨はひどくなってきた。鳴呼、東稲荷にお願いをしたのになあ。まあ、お願いの甲斐があって、この程度の悪天候で済んだという考え方もあるが。(地図は「北海道ファンマガジン 三匹の子ぶたの家も必見!細長い砂州「走古丹」の先端に何があるの?」より

D995b1d5ab53925f8bfd590686a08c1d

 ドライブのテーマは「風蓮湖」。ガイドブックによると、「ミニ野付半島」的な景色が見られるはず。
 海と風蓮湖(海に繋がっている汽水湖)を分けるのは、「春国岱」と呼ばれる長い砂州。
 この春国岱には木道があって歩けるらしいのだが……。雨だし。カーナビには「春国岱」が出てこないので、自分で道路標識を見つけて、行き過ぎたので後戻りして、行ってみると……。
 木道は壊れて、修復工事中。歩けない。雨も降っているし。
 一応、位置確認だけはして、「風蓮湖」の道の駅「スワン44ねむろ」へ。これもストレートにカーナビに表示されないが、たどり着けた。
 ちょうどお昼なので、ここのレストランで、根室名物の「エスカロップ」を食べる。要するに濃厚ソースがかかったカツライス。ご飯はバターライスだが。
 風蓮湖を眺めながら、食べる。

Img_6778

 ロビーにある「テレビ望遠鏡」には、風蓮湖湖畔にきた丹頂鶴2羽が餌を食べている様子が映し出されていた。
 で、我々は、時間が許す限り、風蓮湖の春国岱の反対側の砂州の先端を目指すことにする。
 風蓮湖をぐるっと回る形で走っていると、別海町に入り、広大な牧場というか牧草地の間を爆走。
 信号も対向車もない道なので、ついついスピードを出してしまう。関東のように頻繁に制限速度の標識は出てこない。というか、全然出て来ない。
 
 えんえん走って、海側に出た。ここから砂州にある道を走る。たしか、この道中に「三匹のこぶた」というカフェがあるはず(*これはひどい勘違いだったことが後で判る)。
 荒涼とした場所。オホーツク海と風蓮湖に挟まれたわずかな砂州。ときどき人家があるが、走り進むと、それもなくなって、廃屋がポツンとある程度。
 途中で道は舗装でなくなった。道以外は海。
 ちょっと怖くなって、引き返した。先端にネイチャー・センターとかカフェがあると言う記憶は、野付半島と混同していたのか?

Img_6783
Img_6784

 風蓮湖のこの辺りは、人気がなく、寂しい。この辺にいると、人恋しくなってたまらないだろうなあ……。
 あとで知ったのだが、風蓮湖を悠々とヒグマが泳いでいるらしい。道東の自然は、油断ならない。

 *帰宅して調べて判ったのだが、「三匹のこぶた」というのは、「荒涼とした場所にポツンと寄り添うように並んで建っている廃屋」の事だった。この写真も、「北海道ファンマガジン 三匹の子ぶたの家も必見!細長い砂州「走古丹」の先端に何があるの?」より。

Img_7468

 ともかく、ここで引き返すことにして、カーナビを釧路空港にセットすると……カーナビでは到着予定時刻は17時過ぎと出たが、iPhoneのマップでは16時20分と、大幅に違う。17時過ぎに着くと、ガソリンを入れる時間がないかもしれない。
 でも、頑張って帰るしかない。
 別海の広大な緑の丘を走り抜け、釧路に近づくにつれて、雨が激しくなってきた。こんな激しい雨の中、高速(一般道だけど流れに乗ると80キロを出さねばならない)で走るのは久々。横風も吹く。
 2時間以上、ひたすら走る。眠くなってきた。タバコが吸いたい。コーヒーでも飲みたい。つまり、一息つきたいが、コンビニがない。ずいぶん走って、やっと出現したコンビニに入り、コーヒーとおにぎりを買う。普通、店の外にあるはずの灰皿がない。ということは吸ってはいけないということだ。
 我慢する。しかしまあ、おにぎりを食べ、コーヒーを飲んで、リフレッシュ。
 
 再び、釧路空港へ。
 途中、「釧路外環」という新しい道が出現したが、カーナビには入っていないので、進入せず。
 まあ、帰りの便は18時40分発なので、そんなに焦って行かなくても、17時頃に着けば間に合うはずなのだが……この大雨。何が起きるか判らない。早く空港に辿り着きたい。

 頑張った結果、16時過ぎに空港近くのガソリンスタンドに到着。かなり走ったのでガソリン代を覚悟したが、1333円!助かった!
 空港近くのでトヨタレンタカーに返却して、航空まで送って貰い、16時30分ぐらいに帰りのエアドゥにチェックイン。荷物を預ける。
 ピーチ便は成田を出るのが遅れて、釧路折り返しも遅れると。我々のエアドゥ便は定刻通り。
 各社が乗り入れている釧路空港なのに、お弁当などは売っていない。安い軽食もない。けっこう高めのフードコートがあり、ラーメン屋しかない。釧路より田舎の徳島空港には安いラーメン屋とかあるのに……。

 比較的手頃なラーメン屋に入って、おれは味噌ラーメン、相方は醤油ラーメンを食べる。美味しかった。食後、旅費の精算をする。
 まだ1時間ある。おれは空港内を徘徊して喫煙所を探して一服。
 我々の乗る便は満席で保安施設も混みそうだというので、中に入ってしまうことにする。
 ゲート前のベンチでまったりして、40分ほどして搭乗が始まった。相方の席は窓側なので先に搭乗し、おれは最後のグループ。
 先に着いて、先に出るはずのピーチ便は、搭乗手続きをしていたのに、まだ出発しない様子。また誰かが直前に搭乗しなかったのか?
 往路のピーチはエアバスA-320で、復路のエアドゥはボーイング737-700。どっちも似たようなサイズで、狭い。
 ピーチは機内の飲み物などすべてが有料だが機内Wi-Fiは無料。しかしエアドゥは飲み物は無料だが機内Wi-Fiは、ナシ。アップルジュースを貰う。機内サービスでオレンジジュースを出さないのには訳がある、と何かで読んだのだが、その理由は忘れてしまった。

 定刻より5分遅れで出発。釧路から上昇する間はさほど揺れず、逆に東京に近づいて下降するときの方が揺れた。
 
 ほぼほぼ定刻に羽田着。しかし駐機スポットは端っこで、延々歩かされた。
 手荷物もなかなか出てこなかったので、空港バスには乗らず、便数が多い京急で帰る。
 しかし……車内は暑くて、疲れが出て来たこともあるし、なんだか暴れたくなってきたが、もちろん我慢。
 相方が釧路空港の道中で寄ったコンビニで買った「クリームアンパン」を食べる。美味いが超高カロリー。

 京成千住大橋駅に着いたら、ほぼ同時に空港バスも到着。バスだと所要時間は30分だが、1時間に2便しかないので本数が多い京急にしたのだが……バスの方がラクに帰ってこられたはず。
 
 22時頃帰宅。

 くーたんはご飯をすべて食べきっていた。これじゃあ腹が減っているだろうなあ。
 そのくーたんはむくれて、ソファの下に隠れて出てこない。
 ベッドの周りに地雷が2ヵ所。撤去して消臭スプレーをかけるが、臭いは取れず。
 荷解をして、洗濯物を洗濯機に放り込み、写真をMacに保存して、風呂に入る。
 風呂から出て、無理やり抱っこすると、それで、くーたんの機嫌は直った。
 膝の上に載せて撫でていると、目薬を点されるんじゃないかという警戒をしていたが、点す気配がないと判って、警戒を解いた。

 なんだかんだで、0時58分、就寝。寝る前に洗濯機のスイッチを入れた。水漏れはどうなるか?
 くーたんは夜中に何度もベッドに上がってきて一緒に寝て、朝起きたら横で寝ていた。

今朝の体重:計れず
本日の摂取カロリー:3324kcal
本日の消費カロリー:293kcal/6702歩+自転車

« 6月23日/道東旅行1日目はピーチでヤキモキしつつ特急で釧路まで | トップページ | 6月25日/今日になって疲れが出つつ、久々の気功へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 6月23日/道東旅行1日目はピーチでヤキモキしつつ特急で釧路まで | トップページ | 6月25日/今日になって疲れが出つつ、久々の気功へ »

安達瑶の本

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト