« 6月8日/新刊「降格警視2」発刊挨拶書店回り1日目 | トップページ | 6月10日/新刊挨拶書店回り3日目で、足にマメが »

2022年6月10日 (金曜日)

6月9日/新刊挨拶書店回り2日目&人生初二郎

 6時41分起床。

 雨~曇り~晴れ。

 

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはダブルソフトのトースト、ゆで卵、牛乳、コーヒー。

 

 本日は、新刊の自主的キャンペーン2日目。首都圏を南北に縦断する。

 青汁の配達がいつもより遅くて、10時ギリギリに到着。受け取って10時過ぎに出発。

 

 大宮の書店さんには郵送したので、さいたま新都心から。

 前回、コクーンシティの一番奥にある紀伊國屋書店さんに行くのに道に迷って大回りしてしまったが、今回は大丈夫。しかし前回はどうして間違えたんだろう?

 

 少し早いけど、コクーンシティのフードコートで肉野菜炒めを食べる。ニンニク味にして、「しまった!」と思ったけど……マスクしてるからなんとかなるか。

Img_6647

 さいたま新都心から一気に蒲田へ。京浜東北線の快速で移動。

 その後は順調に進む。

Img_6650
Img_6654

 横浜伊勢佐木町の有隣堂本店からはまとまった追加発注がかかったとの情報アリ。そのことをPOPをお渡しした売り場担当者に言うと「よくご存じで。売れてますから!」と。とても嬉しい!

Img_6656

 東戸塚の紀伊國屋書店さんでは、売り場を整理していた担当の方にPOPを渡したら、「ご本人?」と訊かれて「本物です」と答えたら珍しがられて、平積みを前作「傾国」と並べていい位置に動かしてくれた。これも嬉しい。

 

 本日のミッションは終了して、藤沢で旧知の編集者S氏と会う。移動中「今ここです」と逐一連絡していたのだが、S氏はずっと藤沢駅改札前で約1時間、お待たせするかたちになってしまった。

 時間は16時50分。「ラーメン二郎の中でも美味しいと評判の湘南藤沢店に行きましょう」ということで、歩いて約10分。

 店の隣には「待合室」があり、そこには既にお客が8人。隣になった若いお客さんに「この店の流儀」を訊く。なんせ、ラーメン二郎は店によっていろいろと流儀があって、小うるさいのだ。まあ、オーダーを間違いなくするためとか効率よく客を回すためとか、理由があるのだが。特に千住大橋の店はクソみたいに細かなルールがあって……それは店の常連が勝手に決めたモノだけど……それが姑の小言みたいにクソ細かくてバカバカしいほど。

 そういうのが大嫌いだから、ラーメン二郎に入ったことがなかった。

 なので、今日は「人生初二郎」なのだ。

 店内には「オーダーするときの注意書き」が貼ってある。ニンニクや野菜や脂の「マシマシ」コールは店の人が聞いた時に答えるべしと。マシマシは聞き間違える事があるので、きちんと言葉で伝えるべしと。

 まあ、そういうふうに明記されている方が安心する。暗黙の了解事項になると、店は常連に支配されることになる。

 開店時間の17時になっているはずなのに、まだ開かず、いかつい感じの店員さんが客の数を数えて麵のゆで加減と量を訊く。ここから緊張が高まっていく。

 店に案内される。店の入口に自販機があるのでここで食券を買う。普通盛りにする。普通のお店では大盛に当たるらしいが。

 おれの前までが、いわゆる「第1ロット」で、おれとS氏はその次に麵を茹でる「第2ロット」。しかし店内の、席の後ろには、次に来た客が食券を握り締めてズラッと並んでいる。

 さっさと食ってさっさと出ていけ、という強い圧を食う前から感じる。

 やがて、「第1ロット」の客に、順次、ラーメンが出される。お客さんはルールの通りに店員に聞かれたら「ニンニク、野菜多め(少なめ)脂多め」とオーダーしている。なんかこの段階で間違えてはいけないと、ドキドキしてきた。

 ラーメンが出るのを待つ客は、静かに待っている。私語はなし。

 異様な緊張感(まあ、おれが勝手に感じていることだけど)の中、ラーメンが次々に出てくる。

 第2ロットの制作が始まる。

 おれはキチンとオーダーが言えるだろうか。

 高まる緊張!

 で、店員さんが「どうします?」と訊いてくれたので「ニンニクお願いします。野菜は少なめで」と言って、オーダーは無事通った。

 まあ、おれが勝手にテンションが上がって緊張していただけなんだけど。店員さん二人はリラックスして冗談を言いながら仕事をしていた。千住大橋の店は店長がピリピリしてバイトが長続きせず、店長のワンマンオペレーションらしい。そういうピリピリした店でモノを食いたくないもんなあ。

Img_6658

 で、出てきました!ニンニク入り・野菜少なめ。

 なるほど、これが「二郎」か。

 美味すぎて病みつきになったらヤバいなあ、この緊張に耐えて流儀を守らないとありつけないんだよなあと戦々恐々としていたが……おれの好みは、「千駄ヶ谷ホープ軒~ラーメン弁慶」の系譜の味。

 食べてみて、野菜を山盛りにする意味が判った。このスープには野菜が必要なのだ。太麺をワシワシ食べる際に、大量の野菜が必要なのだ。

 かなり前に、「二郎インスパイア」の店「大」に入って、「二郎」についてまったく知らずにラーメンを頼んだら、野菜超大盛が出てきて、面に辿り着くまでひたすらモヤシを食べ続ける「拷問のような食体験」をしたのだが……。

 

 背後で待つ客の「圧」に負けて、おれは努めて早く食べた。早く席を空けないといけないという呪文にかかったような感じで……。

 まだ食べているS氏を残して、先に出て、待合室で待つ。

 好きな系統の味だし、コシのある太麺はいいが……この独特の緊張感はキツい。勝手におれが感じていることではあるが……。

 

 しばらく待っているとS氏が食事を終えたので、駅前に戻る。

 喫煙所で一服して、駅の反対側にあるカフェ・ヴェローチェに行って、版元が電子出版を止めてしまって宙に浮いた「北千住日記」をどうするかの相談をする。最初は単純に別の版元を探して再出版と考えていたのだが、付加価値をつけないとダメだと思って、書き下ろしの文章を足すのはどうだろう?と思っていたのだが、S氏は違う事を考えていた。漫然と日記を収録するのではなく、テーマを持った切り口で日記を取捨選択する、と。

 そのテーマは何か?ということでいろいろ喋り、ある結論に達した。

 その後は「Mac談議」。S氏も仕事に使っているMacが古くなったので買い換えようとしていると。そのデータ移行について。

 

 なんだかんだで20時過ぎまで、約3時間、話し込んだ。

 

 籠原行きに乗り、鎌倉にお住まいのS氏は大船で降りて、おれは品川まで。

 品川で常磐線直通の快速に乗り換えて、北千住。

 

 今夜は22時からエレベーター工事の予定。北千住到着が22時で、部屋まで階段で上がることを覚悟したが、22時10分、まだ工事は始まっていなかったので、滑り込みセーフという感じでエレベーターを使って、帰宅。やれやれ。

 

 くーたんに遅いご飯を出して、撮ってきた写真を整理して、風呂に入り、0時46分、就寝。

 

今朝の体重:85.30キロ

本日の摂取カロリー:2155kcal

本日の消費カロリー:679kcal/16843歩+自転車 

« 6月8日/新刊「降格警視2」発刊挨拶書店回り1日目 | トップページ | 6月10日/新刊挨拶書店回り3日目で、足にマメが »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 6月8日/新刊「降格警視2」発刊挨拶書店回り1日目 | トップページ | 6月10日/新刊挨拶書店回り3日目で、足にマメが »

安達瑶の本

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト