« 6月10日/新刊挨拶書店回り3日目で、足にマメが | トップページ | 6月12日/Macのデータ移行で1日が終わった »

2022年6月12日 (日曜日)

6月11日/新刊書店回り最終日&Macデータ移行に難航&「プロミシング・ヤング・ウーマン」に衝撃

 6時41分起床。

 曇り。

 

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはダブルソフトのトースト、スクランブル・エッグ、ベーコン、牛乳、コーヒー。

 

 足が痛いので、今朝はゆっくりして、11時ごろ出発。本日を新刊挨拶書店回りの最終日とする。

 北千住から常磐線で金町。ここには前作の売上げが良かった書店さんがあるのだが、「降格警視2」は店頭になかった。POPはお渡しする。売れちゃったのかもしれないしね。

 東武野田線で「流山おおたかの森」へ。

Img_6671

 つくばエクスプレスで南流山に行き、武蔵野線に乗り換えるが、駅前の「味の里」でお昼。野菜天ぷらうどんとおにぎり2個。野菜天ぷらは、茄子・ピーマン・カボチャ。おにぎりは梅干しとおかか。美味い!

Img_6672

 武蔵野線で「南越谷」というか「新越谷」。こちらの書店さんはリストでは発注0だったが、平積みされていて、嬉しい。追加発注してくれたのかも。

Img_6673

 東武線で「草加」。こちらで、4日に渡る書店回りは終了。

Img_6674
Img_6675

 

 帰宅して、少し休憩した後、延ばし延ばしにしていたMacのデータ移行に着手。

 新しいMac miniには単純なデータ移行をするが、MacBookAirには旧OSのMojaveを再インストールして、Mojave専用機にする。日記用に愛用しているiWebやその他、32ビットのシフトを使い続けたいので。

 が、しかし。この作業が極めて難航。

 MacBookAirに新たにMojaveをインストールしても、上書きインストールにしかならない。

 それではとTimeMachineからやろうとしたら、MacBookAir側の内蔵SSDの容量不足で撥ねられた。

 

 どうしよう、と思っているところに相方来訪。

 ガストの宅配を使ってトリカラ弁当を取り、食後、録画した映画「プロミシング・ヤング・ウーマン」を観る。

Cname_20210513115007

 これは……極めて凄い映画だった!

 あまりにも衝撃的すぎて、観た直後はキチンと受け止められなかったが……じわじわと、監督・脚本のエメラルド・フェネルの怒りが判ってきて、実に怖い。しかし、タッチとしてはコメディなのだ。笑えるし、作者の怒りをモロに感じるし……なんとも恐ろしい映画だ。主演のキャリー・マリガンは、ほんわか系の美人だが、この作品ではその「無害感」を逆手に取ったキャラを見事に演じきって、凄い。

『カサンドラ・トーマス(キャシー)は極めて優秀な女性で、誰もが彼女には輝かしい未来が待っていると確信していた。ところが、医学部在籍中、親友のニーナが同級生のアルにレイプされるという事件が発生した。ニーナは周囲に被害を訴えたものの、誰からも信じてもらえなかったことに絶望し、自殺してしまった。この出来事にショックを受けたキャシーは医学部を中退し、それ以来、近所の喫茶店でバリスタとして働いていた。彼女には学生時代の明るさや覇気は最早なく、両親の元で毎日を無為に過ごしているかに見えた。

しかし、キャシーの夜の顔は昼のそれとは全く違うものだった。夜になるや、キャシーは復讐の鬼へと変貌し、女性を性欲のはけ口としか思わない男たちに制裁を加えていった。そんなある日、キャシーはかつての同級生(ライアン)と期せずして再会した。これをきっかけに、キャシーは忌まわしき過去を清算する覚悟を決めた』(Wikipediaのあらすじより)

 最初はどうしてこういう危険な事をする(酔い潰れた女に手を出す男の中にはレイプ魔もいるだろう)のか不思議だったが、そうせざるを得ないヒロインの行き場のない怒りが判ってくる。

 そして、大学の同窓生だったライアンと再会して彼は極めてジェントルな男だと判って交際し始めて、ヒロインは徐々に「普通の生活」に戻りつつあったのだが、ニーナを死に追いやったアルが医学者として成功して結婚することを知り、そしてニーナがレイプされた当夜の詳細なことを知ると、ヒロインは「最後の復讐」を実行する……。

 彼女の恋人になりかけて、過去の致命的問題を突きつけられる「ライアン」については……これ、他人事じゃないんだよねえ。女性に嫌われまいと言動に気をつけているけれど、過去に「傍観者」だった事実を突きつけられる。傍観していたのは犯罪に荷担したことになる。それは判るんだけど……。

 衝撃のラストも、本当に衝撃。今までの映画のセオリーではあり得ない感じ。

 大胆な脚本に、繊細な演出。役柄の意味を理解した優秀なキャスト。製作にはマーゴット・ロビーも関っている。女性としては絶対にスルー出来ない企画だったのだろう。主演のキャリー・マリガンも脚本を読んで「この役は絶対に他の人に渡したくない!」と決意したそうだし。

 凄い作品だ。

 見終わった後、相方が買ってきたロールケーキを食べながらしばらく話し、解散。雨が降ってきた。

 

 その後、いろんな試みがすべて失敗したMacBookAirの「Mojave専用機化」作戦を、なんとかしたいと思って午前2時まで悪戦苦闘したが、結局、失敗。

 愛器iMacをターゲットディスク・モードで繋いでいて、余計なことをして危うくiCloudに保存してあるデータを消してしまうところだったり、致命的スレスレのミスを連発。

 ようやく、Appleのサポートページに「起動可能なインストーラ」を設定するやり方が判明したが、もう力尽きた。

 

 風呂に入り、録画した「タモリ倶楽部」を観る。活字会社で活版の名刺を作る。この会社、本来は活字の鋳造をしていたが、自分のところで活版印刷もやり出したという感じか。

 DTPだと簡単にできるレイアウトを、活版でやると、いろんな詰物を駆使しないとダメで、想像しただけで大変だと判る。

 

 2時就寝。

 明日は、まずMac miniの移行をしてしまって、そのあとでMacBookAirをやろう。

 

今朝の体重:86.55キロ

本日の摂取カロリー:2288kcal

本日の消費カロリー:263kcal/6215歩+自転車

« 6月10日/新刊挨拶書店回り3日目で、足にマメが | トップページ | 6月12日/Macのデータ移行で1日が終わった »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 6月10日/新刊挨拶書店回り3日目で、足にマメが | トップページ | 6月12日/Macのデータ移行で1日が終わった »

安達瑶の本

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト