« 12月8日/なんとか加筆修正終了&PDFで再校 | トップページ | 12月10日/通院&「第3話」書き直し »

2022年12月10日 (土曜日)

12月9日/実日文庫新作のプロットを練るが……

 7時7分起床。

 トイレに立ったときにスイッチを入れて洗っておいた洗濯物を干す。

 快晴。どこかに行きたい。常磐線か京成線か東武線か、どれかに乗ってそこそこ遠くに行きたいが……左足がまだまだ痛いし、仕事もあるから、それは無理。今は我慢のしどころじゃのう。

 

 目の調子ヨシ。Mac miniの調子は良かったが、一時不安定に。足腰の調子は、昨日よりは多少マシ。実にゆっくりとマシになっている。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシは牛乳、ダブルソフトのトースト、ゆで卵、コーヒー。

 

 昨日書き忘れた重大事件。ドイツで起きた「国家転覆未遂事件」(←リンク)。これ、知れば知るほど現実味がなくて、ファンタジーの世界のようだ。首謀者が「ハインリヒ13世」という貴族の末裔だとか、第一次大戦前の「ドイツ帝国への回帰」(不可能!)が目的だとか……ファンタジーか!そもそも「国家転覆」という事自体が、フィクションというかファンタジーだ!「報道ステーション」では、極右勢力が台頭しているフランスやイタリアでは同様の事はないのかと気にしていたが……この件、もっと詳しく知りたい。
 で、この「ハインリヒ13世」という名前が絶妙すぎる。これが、ヘンリー、ハリー(英語)、アンリ(フランス語)、エンリコ(イタリア語)、エンリケ(スペイン語・ポルトガル語)、ヘンリク(ポーランド語)、ヘンドリック(オランダ語)になると、ここまでの「おかしみ」がない感じ。ハインリヒ、最強!(って話ではないのはよーく判っております)

 

 仕事開始。実日文庫のプロット。新しい担当H氏からまったく新しいスタイルの提案を受けて、打ち合わせ後すぐにプロットのメモを書いたのだが、中断してハルキ文庫にかかり切りになっていた。そのハルキ文庫は昨日、一応最後まで書いて相方に渡したので……今日から実日のプロットを再開。

 既に書いてある骨格に具体的なエピソードを考えて肉付けしていく。

 

 昼をどうしよう。「餃子の王将」に行って天津飯を食うか。いや、土曜に整形外科に行くからATMに行く必要がある。ならば駅前か銀行の支店の近所か。と考えた末に、「マイルド弁慶」と言ってしまうとイケナイ、「昇竜」で翔竜麺の大盛りと、昼間サービスの小ライス。ご飯の盛りが減ったなあ!器が大きくなったから、そう感じるのか?スープもちょっと薄くなった気がするが……。

Img_7283

 食ったあと、スーパーに寄って夕食用のハンバーグやポテトサラダなどを買って帰宅。

 

 仕事再開。プロット段階ですべて決めてしまっても、書いてるうちにキャラクターが勝手に動き出したり、話が予定外の方向に走り出したりすることもあるし、ガチガチに決めてしまうと本文を書くのがつまらない。なので、「この方向で」というのが判る程度でいいと思っている。しかし初めて組む編集者なので、その案配がどうなのか。

 一応、「こんな感じ」レベルには書き込んだが……。しかし、アイディアを盛り込んでおいて悪いことはない。本文を書いているときに捨てていく方が密度が濃くなるし。

 おれは仕事中に音楽は聴かない。以前は聴きながら仕事したこともあったが、最近はまったく聴かない。が、プロットを立てるときは音楽を聴いた方がいいかも、とセル/クリーブランドのドヴォルザーク「交響曲第8番」を聴く。落涙。あまりに美しいので泣いてしまった。

 同じセルでも、この58年に録音した方が好きなんだよなあ。録音のせいもあるけど、70年のEMI盤は、なんか「ユルい」。58年盤は「鮮烈」という感じがする。で、同じ8番を、最近買ったドホナーニ盤でも聴く。驚くほどセルに似ている。同じオケではあるけれど。ケルテスは少し違うし、ミュンシュになるともっと違うけど。

 とにかくあまりに美しいので、「スラブ舞曲集」「チェコ組曲」も聴く。久々に音楽を聴いて、なんだか生き返った気分。

 

 相方からハルキ文庫「第1話」決定稿が届いたが、もう夕方だし、慎重を期して全話まとめて送った方がいいだろう。

 

 18時を過ぎて19時になっても、腹が減らない。大盛ラーメンと小ライスを食べたからなあ。マジで小食になってきたなあ。

 と、思っていると小腹が空いてきたので、予定していたハンバーグは止めて、永谷園のお茶づけ海苔でお茶漬けにする。

 「ザワつく!金曜日」を観ると、1980年に一位(オリコンかなんか?)になった以外の曲当てクイズをやっていた。この頃から「自作自演」が増えてきたけど、それでもプロの作詞家・作曲家が作った作品も多かったなあ。久保田早紀の「異邦人」は作者の意図とはまったく違う曲に仕上げられて(シルクロードとはまるで関係なかった曲なのに)久保田早紀は怒りを堪えた、と当時の回想を読んだ記憶がある。とは言え、この曲は素晴らしい。当時は「異邦人」を「未亡人」と聞き間違えたりしていたけど、「未亡人」と歌っても内容はぴったり合うんだよねえ。

 「別れても好きな人」は、シルヴィアの歌声が色っぽいねえ。「大都会」はクリキンの切り裂くようなハイトーンが凄いねえ。

 

 くーたん用の「センサーで動く魚」、USB充電式なのだが、充電ケーブルが見当たらなくなったので、徹底的に探したら……モバイルバッテリーの充電ケーブルと「クチ」が同じだった!さっそく充電。ケーブルのために、同じ「センサーで動く魚」をもう1つ買うところだった。よかったよかった。

 

 もう少し仕事をして……と思っていたら、相方から「第3話」について、「オチがついていない!」と。むむっ!おれの判断が甘かったか!

 相方からアイディアが出て、その線で書き直すことにしたが……アタマは実日新作になっているので、切り替えに時間が必要。明日やることにして、実日のプロットをキリのいいところまでやる。

 

 新聞と空き缶を資源ゴミに出し、風呂に入り、くーたんと遊んで、0時2分、就寝。

 

今朝の体重:83.15キロ

本日の摂取カロリー:1512kcal

本日の消費カロリー:87kcal/2065歩+自転車

« 12月8日/なんとか加筆修正終了&PDFで再校 | トップページ | 12月10日/通院&「第3話」書き直し »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 12月8日/なんとか加筆修正終了&PDFで再校 | トップページ | 12月10日/通院&「第3話」書き直し »

安達瑶の本

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト