« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

2024年2月

2024年2月29日 (木曜日)

2月28日/後半の構成を考えて、旧テニス仲間と「新年会」

 7時13分起床。

 快晴。

 目の調子回復。足腰腕の調子ヨシ。体調ヨシ。Mac miniの調子もヨシ。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシは牛乳、ダブルソフトのトースト、ゆで卵、コーヒー。

 昨日は午後から異常に目が霞んで、スーパーでの買い物にも値札がキチンと見えなくて日常生活に支障が出るくらいだったが、目の疲れとか体調不良というよりも、あれは花粉症のせいらしい。まあ、花粉症も体調不良ではあるけれど。夕方から異常な眠気にも襲われるが、これも花粉症らしい。今日も注意しなければ。

 

 仕事開始。「内閣裏官房6」の後半の構成を考える。すでにある章割りはラフだし第2章で早くも変わってきたので。

 なかなかアイディアが出て来ないが、Macの前で唸っていると、不思議と湧いてくる。

 お昼までに出来たものを相方に送る。

 

 お昼は、スパゲティ・ナポリタンを作る。ベーコンにニンニクに、玉ねぎにピーマン、そしてかさ増し用にキャベツも大量に入れる。美味い。写真も撮ったが見映えは悪い。

 

 仕事再開。

 今夜は以前通っていたルネサンス曳舟のテニススクール水曜18時30分からのクラスの新年会。このメンバーとはもう1年以上会っていない。椎間板ヘルニアを患って以来、スクールは辞めたしスクールの外のコートを借りてのテニスも欠席しているし、飲み会にも欠席していた。あんまり行かないと忘れられてしまいそうだし、幹事のK氏にも会っていろいろお話を伺いたいし。おれと同時に曳舟のスクールに入ったM氏が欠席なのが残念だが。

 それまで仕事。なんとか構成をまとめてしまいたい。

 いろいろアイディアが湧くが、選択枝が増えてきた。相方との打ち合わせが必要だ。その叩き台を作る。

 夕方に、その「叩き台」は出来たので、相方に送る。

 

 支度して、外出。遅刻したくないので、少し早めに出た。

 今夜のお店「鳥増」は、東武曳舟と東向島のちょうど中間にある。東向島の駅前が面白そうだったので少し歩こう。

 喫煙所で一服しても、予定より早いが、浅草行きに乗車。

 20時過ぎには東向島に到着。予定より30分も早い。

 Googleマップが方向違いを指示したので駅前をかなりウロウロ。まあ時間が早いからいいのだが。やっとお店の正確な場所と現在地が判って、その近所をウロウロする。近くにある墨田区すみだ生涯学習センターを外から見たりするが、なかなか時間は進まない。けっこう寒いから店に入ってしまえばいいようなものだが、いつも会うメンバーの会ならそうするが、初めて会う人が多い会なので、なんだか宜しくない気がして、店の前で待っていると……幹事のK氏を先頭に、本日のメンバーがやって来た。顔見知りはもう一人のK氏のみ。(お店の写真は「食べログ」から)

Original_20240229085901

 「鳥増」さんは今回が初めて。メニューは予習してきた。焼き鳥をはじめとしていろいろある。おれの〆は「おにぎり」だな。居酒屋のおにぎりは握りたててで、美味いのだ。

 中生で乾杯して、初めて会う方々にご挨拶。焼き鳥各種がどんどんやってきた。ネギマ・トリカワ・つくね・手羽などなど、どれも美味い。

 おれはK氏と話し込む。K氏は一級建築士で設計の仕事をしながら大学院に通って研究も続けている。今回書く論文は「能登の復興」をテーマにして、近々、能登に現地調査に行くと。復興の方針とコスト、過疎地の今後について考察するとのことで、とても興味深いテーマだ。イメージだけで論じるよりも具体的なデータを前に論じるべき問題だろうし。

 その後は、地元の話題あれこれ。みなさんこの界隈にお住まいなので、あそこが安い・美味いという話に。この界隈は住みやすそうだもんなあ。

 20時40分くらいに始まって、途中でずっとお世話になったSコーチも加わって、お店が閉まる22時30分まで。〆におにぎりを頼んだら、2個分はあるジャンボお握りが来た。もちろん、美味い。

 テニスもまたやりたいけど……腰が不安。ここ数日、左足にごく微妙な痺れを感じる。これが続くとまた再発しそうで、怖い。椎間板ヘルニアは本当に痛くて歩けなくなるのだ。それと、会費がねえ。

 

 23時1分東向島発北千住行きに乗ったら、途中で止まってしまった。北千住駅で非常停止信号が出たと。しばらく停車してやっと動き出した。

 北千住に着いたら、プラットフォームに担架に乗せられた男が剥き出しで横たわっていた。どうも酔っぱらいが線路に転落したらしい。怪我とか事故とか急病なら毛布を被せられて丁重に扱われると思うが、担架を挟んで駅員が困った様子で話していた。

 

 23時30分頃に帰宅。

 くーたんにご飯を出し、眠いし汗もかいていないので、お風呂は省略して、0時37分、就寝。

 

今朝の体重:85.40キロ

本日の摂取カロリー:2209kcal

本日の消費カロリー:195kcal/4699歩+自転車

2024年2月28日 (水曜日)

2月27日/目のかすみと戦いつつ「第2章」をあげる

 7時44分起床。

 晴れだが強風。

 目の調子ヨシ。足腰腕の調子ヨシ。体調ヨシ。Mac miniの調子ヨシ。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシは牛乳、ダブルソフトのトースト、ゆで卵、コーヒー。

 家賃の引き落としが出来なかったという通知。昨日多めに入金しておいたのに。確認するとカードローンの返済があるのを忘れていて、差し引き3000円足りなかった。オンラインで入金出来るSBI新生銀行カードローンで工面すると、即、家賃は引き落とされて、事実上支障なし。

 まことに不勉強の至りなのだが……ガザ地区があんな事になっているのに、パレスチナ自治政府がなんの声明も出さず、動かず、静観しているような感じだったのが不思議というか不可解だった。日本の報道が触れていないのかと思ったのだが……ガザ地区はハマスが実効支配していて、パレスチナ自治政府は手が出せなかったと。だからといって、パレスチナの人たちを保護する立場にある自治政府が……それだけ問題が複雑なのだろうが、こんな惨劇が進行しているのに何も出来ないパレスチナ自治政府って、一体なんだ?

 

 仕事開始。「内閣裏官房6」の「第2章」。第1章で未確定だった部分が確定したので、書き進む。しかし、午前中で終わるはずだったが分量が多いのと、書いているとアイディアが湧いたので長くなっていく。

 

 外出してペースを乱したくないので、お昼は、カレーヌードル。これのみ。案外腹持ちする。

 

 仕事再開。

 しかし……急激に目のかすみが進行。ヤバいが、仕事をしなければ。

 目薬を点しても好転しないまま、第1章に遡って加筆したり、行きつ戻りつしながら書き進める。

 殺しの場面、なかなかいい感じで書けたのだが、前後のツジツマが合わないことに気づき、泣く泣くボツ。しかしこれは他の場面で使えるだろうと保存しておく。で、ツジツマの合う内容に書き換えて、なんとか夕方に「第2章」が終わる。

 読み返して、改稿したプロローグや第1章とともに相方に送る。

 

 夕方に外出。

 喫煙所で一服してから買い物。

 目のかすみは、ちょっとヤバいほど。スーパーで値段のシールが目をかなり近付けないと読めないほど。以前にも経験しているが、けっこう重度。

 夜食べる弁当や卵、胡椒などを買い、ペット用品店でくーたんのご飯も買い、目がかすんでいるのでふわふわした感じのまま、帰宅。

 

 くーたんにせがまれて膝に載せて撫でているうちに寝てしまった。ここんとこ、夕方になると睡魔に襲われる。それと目のかすみって、もしかすると花粉症か?花粉症の抗アレルギー剤を飲むと眠くなるので、寝る前に吞むと翌日は眠気もなくて快調だったのだが……。

 ネットで調べると、花粉症の症状そのものの中に「眠気」もあるらしい。目の痒みも花粉症の症状だが、今年は目は痒くない。その代わりに目がかすむのか?今調べたら、そうだった。去年貰った花粉症の目薬が冷蔵庫にあったはず。

 買ってきた煎餅を食べる。最近、センベイを食べるとお通じが悪くなるんだが……食ってしまう。

 夕食は、買ってきた「トリカラ弁当」を温めて。

 19時から「オモウマい店」を観るが……途中で寝てしまった。サバを大盤振る舞いする店。店主が釣りに行ってサバを釣り上げて、それを極めて安価で提供しているが……ここはうどん屋!徳島にある。しかしよくまあこの店を探しだしたものだな。

 「踊るさんま御殿」に松岡充。この人、まだ20代だと思い込んでいたが、もう52だというのでビックリ。なんとなくジャニーズだと思っていたらまったく別だったのにも驚き。こんな若い52歳、他にいないだろ!バイトの苦労話で前野朋哉が映画館の映写のバイトで上映する作品を間違えて大パニック!という話、大昔の1巻ずつ掛けかけての映写ならありえるが長尺にまとめて映写するデジタルになる直前のシステムだとあり得ないなあ。さんまは長尺システムだとして話を進め、前野もそれを訂正しないままだったけど。時間帯によって違う作品を上映する映画館で、違う長尺ロールを間違えてセットしてしまったってこと?

 大昔、「素晴らしきヒコーキ野郎」を観に行ったら、上映開始30分で終わってしまい、なんだこれ?と思っていたら引き続いてメインタイトルが出て……映写技師が最終ロールから映写してしまったのだ。

 

 夕方からは「第3章」を考えようと思っていたが、なにも思いつかず、アタマの中は真っ白。

 

 もう1年以上会っていない「テニス仲間」との明日の飲み会の会場までのルートを調べるが、AppleのマップとGoogleのマップで、使う駅の指定が違うのが面白い。お店は東向島と曳舟のちょうど中間にあるのだが……これはGoogleマップの方が正しい気がする。

 4月11日が年盤月盤日盤が揃う大吉方で、南。南と言えば、館山か。安く行けるルートを検索。いや、館山まで行かずとも、木更津でいいんじゃない?と思いつく。

 風呂に入り、汗が引くまでニュースを観たりして、23時46分、就寝。

 

今朝の体重:85.40キロ

本日の摂取カロリー:1876kcal

本日の消費カロリー:87kcal/2004歩+自転車

2024年2月27日 (火曜日)

2月26日/強風の1日目も霞み

 7時29分起床。

 晴れだが強風。

 目の調子ヨシ。足腰腕の調子ヨシ。体調ヨシ。Mac miniの調子もヨシ。

 朝のモロモロを済ます間にトレーナーやタオルを洗濯して干す。

 アサメシは牛乳、ダブルソフトのトースト、ゆで卵、コーヒー。

 

 仕事開始。

 今日はまず、日芸校友会報に書く「B級グルメエッセイ」。今月末が〆切で400字なので、仕事前のスターターとして書いてしまう。これと、リライト原稿があるのだが、校友会からなにも連絡が来ないので、「どうなってますか」と照会メールを出しておく。

 で、本当の仕事開始。「内閣裏官房6」のアタマからの直し。「第1章」の続きをやる。相方の加筆が既に書いた部分とWっているので、ニュアンスを損なわないよう、注意深く整理していく。

 午前中で終わると思ったら、終わらず。

 

 大事な事を思い出した。睡眠時無呼吸症のための機械「C-PAP」を使っているが、顔に装着するマスクのゴムバンドを通す部分が折れてしまったので、医療機器の会社に電話してマスク部分を送って貰う連絡。先週の木曜の夜に折れて、連休に入ってしまったのだ。

 校友会報の件、学部の内部調整が出来ていないので、との連絡がきた。まあリライトだからすぐ出来るだろうけど……。

 

 昼は外出するが、風が強い。太平洋上に台風並みの低気圧があるせい。しかし風はさほど冷たくない。

 とらぬタヌキの皮算用でそろそろ入ると思っていた還付金の入金がまだないので、明日の家賃引き落としに備えて資金繰り。と言っても2万円足りないのだが。

 北千住駅で、3月に行く「平日きゅんパス」を発券。券売機からやたら出てくるのでビックリしたが、行きの新幹線と帰りの新幹線(仙台で乗り換え)ときゅんパスと注意書きが2名分。

 そのまま北千住東口に出る。

 万世のパーコー麺は1時間の行列が出来ているらしい。とても食べたいが、1時間も並んでまでして食べたくはない。トイレも近いし。なので、それに近い排骨麵が食べられる、北千住東口の担々麺専門店に行ったら……月曜は定休。まあここで排骨麵を食べたら高いからな。

 ではと「武蔵家東口店」に行ったら……ここもお休み。あれ?月曜定休だったっけ?

 松屋で期間限定の「シャリアピンソースのハンバーグ定食」をクーポン70円引きを使って食べる。味はまあまあ。レギュラーのハンバーグたまご定食のほうが美味いかも。

Img_8480

 買い物はせず、喫煙所で一服して、帰宅。

 

 仕事を再開しようとするが、くーたんがせがむので膝に載せてしばらくナデナデ。録画した「早起きせっかくグルメ」を観ていると、くーたんが去ったので、仕事再開。

 夜までやって、なんとか「第1章」の直しを終えたが……「第1章」がとても長くなってしまった。かなり書いたつもりだった「第2章」が凄く短く感じるので、第1章の最終ブロックを第2章のアタマに移動させてみる。

 

 夕食は、Facebookでレシピを教わった「豚バラ肉と小松菜のニンニク炒め」を作ろうとしたが、胡椒を買い忘れた。もう1週間ほど胡椒を切らしたまま。仕方がないので、キッコーマンの「ふんわり卵の豚バラガーリック」を使って、作る。卵3つ使用で、2~3人分あるが、副菜がないので全部食べてしまう。なかなか美味い。ご飯小とキュウリの漬け物で。

 ニュースを観たりして少し休憩して、仕事再開。

 

 明日、旧中川に河津桜を観に行こうと相方と相談していたが、明日も風がキツそうなので、順延。この風で散ってしまうかもしれないけど……ソメイヨシノより河津桜の方が強くて保つらしいが。

 夕方から、目がショボついてきた。昼間、根を詰めたせいか?

 それもあるし、明日の花見は中止になったので、明日も仕事をする事にして、「第2章」の完成は明日にして、本日の仕事は終了。目が霞むと仕事のパワーは文字通り目に見えて減衰してしまう。目がスッキリしないとアタマもすっきりしない。だから、目は大切にしなければ。

 

 老人性躁鬱なのか、昨日は物凄く落ち込んで、「お先真っ暗」と世を儚みそうな気分になって、あれこれ考えると寝付けなかったりしたのだが、状況はまったく変わっていないのに今夜は急に気分がラクになって、楽しい気分。昔、深夜にテレビで流れていた「愉快なロンドン楽しいロンドン」のキャバレーのCMみたいな気分。メシをたらふく食べて満腹になったからか?おれは単純だから、たぶんそうなのだろうな。

 きっちり寝たはずなのに、夕方になると睡魔に襲われる。春が近いからか?

 今日は花粉症が大変らしいが、有り難いことに、おれは医者に処方された抗アレルギー薬を飲めば大丈夫。いや、この眠気って、花粉症?

 風呂に入り、23時46分、就寝。

 が、ちょっと気になることがあって寝床でiPhoneを使っていろいろ検索して、0時過ぎに寝るが、くーたんがごそごそしている。これはトイレを使ったので、起きて、トイレをきれいにして。0時30分、寝直して朝まで。

 

今朝の体重:85.65キロ

本日の摂取カロリー:2346kcal

本日の消費カロリー:103kcal/2603歩+自転車

2024年2月26日 (月曜日)

2月25日/雨の日曜はダラダラ仕事

 7時59分起床。

 曇り~雨。

 目の調子ヨシ。足腰腕の調子ヨシ。体調ヨシ。Mac miniの調子ヨシ。

 朝のモロモロを済ませていると、雨が降ってきた。今日は1日雨らしい。

 くーたんを膝に載せて撫でてから、アサメシ。牛乳、ダブルソフトのトースト、ゆで卵、コーヒー。

 

 仕事を開始するが、午前中はダラダラしてしまう。おれのジンクスとしては朝9時に仕事を開始するとその日は快調に進むが、11時になってもスイッチが入っていないと、その日はダメ。とはいえ、午後になってスイッチが入るときもあるが。

 今日は、午前中ダラダラしてしまった。今日中にプロローグと第1章の修正するのは楽勝だとタカを括ってしまった。

 プロローグは修正完了。

 

 お昼は、イオンのプライベートブランドのカップ焼きそば。ほとんど麵でキャベツや肉が入っていない。きっちりメーカー品を買うべきだった。これだけでは足りなくて、ご飯にのりたま、わさび漬け、キュウリの糠漬けも。

 

 仕事再開。「第1章」の修正に入るが……相方のチェックが入っているポイントは第2章に書いたはずのもの。何度読み返してもそうなのだが、おれの頭がボンヤリしていて見つけられないのかもしれない。何度も読み返す。他の箇所は前作や前々作を読み返してキャラの個性や設定のツジツマを確認。

 

 くーたんにせがまれて、午後の休憩。膝の上に乗せて、録画した「人生最高レストラン」を見る。谷原章介は大家族なんだねえ。今どき珍しい。だとするとレギュラー番組でMCをやって生活の安定を図るよなあ。

 「梶原善のビルぶら」も観る。大阪の「船場センタービル」。阪神高速の下にある1キロにも及ぶビル。この形式のビルは、首都高銀座にもあるなあ。

 

 熟慮のすえ、28日水曜日の「かなり遅い新年会」に参加表明をする。これは以前通っていたテニススクールの仲間の飲み会。この繋がりは大切にしたいと思っているのだが……時々開催されるテニスコートを借りてのテニスも、腰が怖くて休みっぱなし。あんまり欠席し続けていると忘れられてしまう……それと今はモーレツに人恋しいので……だれかとワイワイやりたい気分なので。

 近場での河津桜の花見は火曜日ではどうでしょう?と相方に提案。

 

 仕事再開。どうもアタマがボンヤリしてきて、「第1章」の修正、進まず。

 快楽亭の日記を読むと、同期入門のD師の会にゲストで呼ばれたがD師の老化に驚いた、とある。快楽亭は心臓に爆弾を抱えているとはいえ、ピンピンしてアタマも冴えていて全国を飛び回っている。凄いなあ。

 

 また休憩して、「笑点」の大喜利を観ていたら、寝てしまった。で、18時からの「光る君へ」の冒頭数秒を見逃してしまった。

 で、「光る君へ」、今回も面白いなあ。この大河にハマったぞ。あの「殺人鬼」道兼が妙にまひろの父に接近してきて自宅にやってきてしまうし、義兄弟の契りを結んだかのような直秀が道長(というか道長の父・兼家)の屋敷に盗賊の頭として盗みに入って捕まってしまった……。

 実に面白いけどなあ。かなり批判する人もいるのが意外。特にコラムニスト桧山珠美氏の批判にはまったく同意できない。

 前作が不評だったから女性スタッフが中心になって女性が主人公の大河にしたって。この企画がスタートしたのは前作の放送開始はるか前だぞ。

 オンナコドモ向きシーンが多い、と。それは最近の傾向で、イケメンの肉体美を見せて過去も話題になっている。だからナニ?

 毒殺や呪詛などは、平安時代に行われたこと。お笑い芸人の起用にも批判的。しかしみなさん役に見事にハマっているけどね。この人はドラマを観る感性が足りないんじゃないのか?

 猫に話題が集中とか、これで1年保つのかとか……「大河に批判的な原稿を書いてくれ」という注文があったのかもしれないけど、批判に全然説得力がないんだよね。ま、どんな名作にも批判は書かれるんだけど。批判するのは自由だけど、問題はその中身だよね。

 

 夕食は、昨日スーパーで買った「豚バラと白菜のミルフィーユ鍋セット」。ポン酢と柚胡椒で食べる。美味いが量が少ないのでカップ麵も食べようかと思ったが、我慢。しかし我慢できず、インスタントのコーンポタージュを飲む。

 「ダーウィンが来た」を観て、「光る君へ」の冒頭を観て、仕事に戻る。

 

 う~ん、やっぱりチェック箇所が見つけられないので、今夜はこれにて終業。きっちり寝たはずなのに、モーレツに眠い。

 

 ゴミ出しをして、今夜はお風呂を省略して、23時21分、就寝。

 

今朝の体重:85.65キロ

本日の摂取カロリー:1695kcal

本日の消費カロリー:0

2024年2月25日 (日曜日)

2月24日/木場公園に河津桜を観に行く

 7時13分起床。

 快晴。

 洗っておいた洗濯物を干す。

 目の調子ヨシ。足腰腕の調子ヨシ。体調ヨシ。Mac miniの調子ヨシ。

 朝のモロモロを済ませるが、例によってくーたんにせがまれて膝の上に乗せてナデナデ。くーたんが満足してどこかに行くまで。

 アサメシは牛乳、ダブルソフトのトースト、ゆで卵、コーヒー。

 

 仕事開始。「内閣裏官房6」の第2章。思いついた展開をト書き的に書き込み、昨日まで書いた分を読み返して矛盾がないか、Wってないか確認。

 お昼前に相方から「プロローグ&第1章」のチェックファイルが届いた。一安心。これをチェックして改稿して第2章に反映させれば、第2章も一挙に書き上がる(はず)。

 

 本日は雨に挟まれた晴天。今日を逃がすとまた雨。木場公園に河津桜を観に行き、親水公園を歩いて、南砂にあるハワイアン・レストランで夕食というコース。

 

 12時を過ぎて洗濯物は乾いたので取り込み、支度をして外出。

 京成関屋と東武牛田の間にある「立ち食い雑賀」で「お母さん定食」(ネーミング変わったかも)を食べる。大きなトリカラ・コロッケ・ソーセージ・厚焼き玉子・焼売にご飯と味噌汁。550円。お腹いっぱい。

Img_8443

 喫煙所で一服して駅で相方と待ち合わせて、「とうきょうスカイツリー駅」へ。駅の改良工事中で上りプラットフォームからの出口はえらく遠い。

 しかしジャストタイミングで乗りたいバス「新橋行き」が停留所に停まっていたので急いで乗る。

 バスは言問橋付近でぐるっと回って南下。木場駅前で下車。河津桜並木は木場公園の東側、大横川沿いにある。

Sakuramap
Img_8444

 駅前の通りを歩いて大横川へ。

 木を保護するためか、住民に配慮してか、河津桜並木に入れないところがあるのが残念だが、きれいに咲いている。

Img_8453

 みなさん穏やかに、河津桜を愛でている。とてもいい感じ。

 桜並木が終わって、木場公園に入って園内の河津桜や、植物園を観たり。

Img_8470
Img_8472

 ふと、以前に行った「バラ園」みたいなところを思い出した。あまり有名ではないところで、ひっそりとあった。中には石造りのアーチとかがあって……カフェテリアは高かったので入らなかったという断片的な記憶があるのだが、そこがどこなのか思い出せない。東武線で北の方にいった、有名なスポットの近く、という曖昧なことしか思い出せないので、逆に凄く気になる。ウチに帰って写真のファイルを探せば判るはずだが……。

 記憶を掘り起こしながら、仙台堀川親水公園と並行していてまだ歩いていない「横十間川親水公園」へ。桜もないので閑散としているが、動物の置物が転々とあったり、昔あった橋の遺構とかもあって、なんだかいい感じ。

Img_8474

 やがて川は左に曲がって「仙台堀川親水公園」と交差する。そこに「野鳥の島」があって、アオサギが悠々と飛んでいる。デカい。これを見ると、鳥は恐竜の子孫である事を納得する。

Img_8476

 ここで方向を間違って北上しかけたが、相方が「ここは歩いたことがない」というのでマップを確認して間違いに気づき、後戻りして仙台堀川親水公園に戻って、南砂方向に歩く。

 もう夕方で、ここは生活道路。ジョギングする人も多い。

 しばし歩いて地上に出て、「ラ・オハナ」へ。

 幸いすぐに順番が来てテーブルへ。メニューの予習をしてあったので、ロコモコのプレートかチーズバーガーにしようと思ったが、相方がチーズバーガーにしたので同じに。食後のデザートにパンケーキ。

 チーズバーガーは肉厚で、美味い!美味しいねえ。

Img_8478

 パンケーキもなかなか美味い。エッグスン・シングスとの違いは、ホイップバターの有無だよなあ。しかし、デザートとしては実に美味い。

Img_8479

 iPhoneで何やら検索していた相方が、「行ったはずのバラ園みたいなところ」を特定した。2017年11月のおれの日記を発掘したのだ。

 それは、館林の茂林寺近くにある「東武トレジャーガーデン」だった!東武館林で降りてしばし歩いて大きなうどん屋に入ってうどんを食べたが、そこのオヤジがえんえんと何かを説明していた記憶があって、来店記念に繭玉を貰った(これは捜せばまだあるはず)。そこから歩いて、「野鳥の森」を目指したら、「東武トレジャーガーデン」に行き着いたのだった。断片的な記憶は正しかった。で、ここはコロナ禍で休園したまま閉園。温泉施設になるらしいと言われたまま現在に至る、と。もともとは東武が経営する「分福ヘルスセンター」だったらしい。記憶が検証できて、スッキリ。

 

 久々の「ちょっぴりゼイタク」を味わって、18時過ぎに店を出て、近くのバス停から錦糸町行きのバスに乗って、亀戸駅前で降りて、亀戸線~東武線。

 なかなか良いウォーキングだったが……やっぱり伊豆の河津の本家本元の圧倒的な河津桜には敵わないねえ。なんせ河津には8000本もの河津桜がずらっと並んでいるので、本当に圧巻。かなり前に東伊豆ドライブをして、まったく予備知識ナシに河津桜に遭遇して、息をのんだ。あの凄さはやっぱり河津に行かないとダメなんだなあ。当然だけど。

 今日の木場公園の河津桜は100本らしい。江戸川沿いにも河津桜並木があるそうなので、来週、天候が回復したらまた行こうということになる。

 

 明日明後日は雨だというので、スーパーで買い物をして、駅前の喫煙所で一服して、21時前に帰宅。

 

 くーたんにご飯を出して、留守番のお礼を言い、膝に乗ってきたのでしばしナデナデ。

 今夜は卓球世界大会の特番で「アド街ック天国」の開始が大幅に遅れたので見ず、「情報7デイズ」を見ると、三谷さんは発熱でお休み。

 Macに保存してある昔の写真を観てみる。「東武トレジャーガーデン」で撮った写真はほとんどないし、その後行った木道の写真もほとんどないのでガッカリ。

で、もう一つ、記憶の断片がある。

「温泉場の近くで、川に源泉があってお湯を取るパイプ付近から湯気が出ている。硫黄の香り。河原も硫黄で白い。近くにドライブイン兼バスターミナルがあってそこで食事をした。内陸の大きな観光地の近く」

 その場所を特定すべく、昔の写真を探したのだが……見つからない。もしかしてそれは現実ではなく夢だったのか?しかし、夢で見た事と現実の記憶はハッキリと違っていて、夢をここまで鮮明に覚えていることはない。しかし、証拠写真は見つからない。

 だが……おれと相方の以前の写真が出て来て、「おお、昔は若かったなあ」と思い、次の瞬間、ショックに襲われた。老けてるのだ。当たり前の事だけど。いや~老いの現実を突きつけられた感じ。

 

 お風呂にお湯を入れていたら、そのまま寝てしまって、お湯がざんざん溢れていた。源泉掛け流し状態。あわてて止めて、入浴。う~、ひさびさに歩いたなあ。

 汗が引くまで何かを見て、0時30分、就寝。

 明日は仕事三昧だ!

 

今朝の体重:85.55キロ

本日の摂取カロリー:2687kcal

本日の消費カロリー:543kcal/12904歩+自転車

2024年2月24日 (土曜日)

2月23日/投資を促す嫌な世の中

 7時33分起床。

 雨。

 目の調子ヨシ。足腰腕の調子ヨシ。体調ヨシ。Mac miniの調子ヨシ。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシは牛乳、ダブルソフトのトースト、ゆで卵、コーヒー。

 

 仕事開始。「内閣裏官房6」の第2章。あとちょっとで上がるが、足踏み。これまで書いたところで穴がないか、遡って確認したり。未確定なことが多くて、先に進めない感じ。これは第1章から固めていかねばならないのだが……。

 書けるところを書く。

 

 昼は、全品 50%引きという宣伝メールに誘われて、ドミノピザのドミノデラックスSサイズを注文。時間通りに到着。美味い。

 

 仕事に戻るが……。

 

 旧ツイッターに『今日の日経平均を「自分には関係ない」と思いながら文句ばかり垂れ流すマインドじゃ、ずっとそういう生活から抜け出せないね』という書き込みに、腹が立った。この書き込みに賛同する連中にも。

 おれの考えは、まったく違う。というか、考え方の根本から違ってるので、反論してもたぶんどこまでも話は噛み合わないだろう。

 おれは、基本的に元本割れする可能性があるものはバクチと同じだと思っている。全財産を競馬に注ぎ込んで、とかパチンコに注ぎ込んで、見事にスッてしまった例をいろいろ知っている。株だって、失敗して大損した例も知っている。投資ブームに乗って余裕のあるカネだけではなく生活費はもちろん借金までして投資して大恐慌にあって無一文になって……という、あの世界的大悲劇は今はないと言えるのか?

 そうならないためにも勉強しなければならない。競馬だっていろいろ研究して馬券を買うんだし。投資だって同じだ。かなり勉強しなければならないはずだ。しかし、本気でやり始めると、本業をやってる場合じゃなくなるんじゃないか?これって本末転倒じゃないのか?しかし昨今は、NISAとか新NISAとか、いろんな投資を誘う甘い言葉に溢れている。しかしこれ、「福祉予算を削って年金も何も出さねえから自分のことは自分で面倒みろ。自分のカネは投資で増やせ!」という、政府の勝手な言い分だぞ。

 まあ競輪競馬にパチンコ麻雀は負ければパーだが、株は持っていればいつか上がる局面もある、とは言え。

 子供の頃からずっと「良い子は貯金しましょう」と教えられたのに「貯金するな、カネを使え」と言われ、今は「投資しないヤツはバカだ。文句言うな」ってのは、違うと思うんだがなあ。

 まあ冷静に考えると、「何もしないくせに文句ばっかり言ってんじゃねえよ」ということであれば、まあ、許そうかと。座して死を待つのは、たしかに愚かしい。しかし、本業を真面目にやってるだけでは生活が苦しいってのは、世の中間違ってるとしか思えない。投資をしからずんば人にあらずってか?

 正直に言えば、投資したくても先立つものがないのよ。そういうカネに余裕がないヤツは投資には手を出してはいけないと思っている。だから、それ故、投資をしないヤツは死ね、的なことを言うヤツには腹が立つのだ。

 ……という事をFacebookに書いたら、賛同の書き込みを貰えたので、心は平安になった。

 先のことを考えたら不安ばかりだからねえ。

 

 くーたんがせがむので、膝に毛布を敷くと飛んできて寝そべるので、撫でながら録画した「早起きせっかくグルメ」「梶原善のビルぶら」を観る。「ビルぶら」は洋光台の後編。団地ってなんか批判の対象になったり、ずっと住み続けている層が高齢化して、とマイナスなことばかり言われるが、団地っていいんじゃない?団地を再評価すべきだと思うなあ。多摩ニュータウンだってそうだし、足立区にもたくさんある団地も。花畑の団地なんか、とてもきれいに整備されていて、住みやすそうだし。

 

 仕事に戻る。

 第2章に強烈なスパイスを投入できるアイディアを思いついた。これでいける!

 しかし問題は、ここに持っていく隙間を詰めなければ。

 

 夜は、キャベツ 1/4を投入した「豚バラキャベツのガリバタ醤油炒め」を作る。賞味期限が切れた「豚バラ卵炒めの素」もあるのだが、これでは野菜を摂れない。

 キャベツはじっくり炒めた方が甘みも出るし香ばしくなる。

 

 食後、仕事に戻るが、終盤の構成を立てて、終了。

 

 クドカンのドラマ「不適切にもほどがある」を最初から観ていないことを後悔している。有料でもいいから、きっちり初回から観るべきだなあ。

 風呂に入り、「おっさんずラブ・リターンズ」を途中から観るが、このドラマは全然観ていなかったので話がよく判らない。部長と呼ばれる吉田鋼太郎は家政夫だし。あらすじを読んで判ったけど。

 0時11分、就寝。

 

今朝の体重:86.10キロ

本日の摂取カロリー:1960kcal

本日の消費カロリー:0

2024年2月23日 (金曜日)

2月22日/なんかいいことねえかなあ

 7時18分起床。

 雨。

 目の調子ヨシ。足腰腕の調子ヨシ。体調ヨシ。Mac miniの調子ヨシ。

 体調はいいが、気分は晴れないので、一句。

 

晴れたとて 気持ちは晴れぬ 春の雨

 

 これじゃ夏井先生に叱られそうだな。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシは牛乳、ダブルソフトのトースト、ハム&マヨネーズ、ゆで卵、コーヒー。

 

 仕事開始。「内閣裏官房6」の第2章、昨日の続き。大詰めまで来ているが、第1章の変更を反映させないと終われない。中途半端なままのブロックも残っているし、最終ブロックもどうしようか迷ったまま。

 

 昼は外に出て、松屋で牛丼の大盛りを食べ、スーパーで買い物をして、ペット用品店でくーたんのサプリを買い、喫煙所で一服して帰宅。

 

 仕事再開。第2章の最終ブロック、どうまとめるか考える。

 

 「安倍派幹部の離党論が浮上した際には、麻生さんと茂木さんを怒鳴りつけた。普段は車椅子で移動している森さんが、怒りのあまり自分の足で立ち上がり、歩いて麻生事務所に乗り込んだそうです」(←リンク)って、まるで「博士の異常な愛情」のラストのストレンジラブ博士じゃん!「総統!私は歩けます!」

Images_20240223090301

 ホント、森ってどうしようもねえな。老い先短いとかナントカ言ってたくせに元気じゃん。なのに地元が大地震で大変なのになーんにもしていない。なにこの男。

 これは余談だが、「ヤフー質問箱」に、この映画の意味が判らない、ストレンジラブ博士ってどうして突然右手を挙げたり最後に立ち上がったりするのか意味が判らないという、お前は無知蒙昧以上の白痴か!と呆れ果てる質問(もしかして、ネタか?)がいくつかあった。ま、旧Twitterもバカを燻り出すツールなんだなあと思うけど。

 「プレバト」を観る。俳句コーナーでレーザーラモンRGが歌詞をパクって「破門」。武田鉄矢や梅沢冨美雄の句は絶賛。

 夕食は、買ってきたお総菜の酢豚と蒸し鶏の中華クラゲ(棒々鶏的な)にご飯小。

 食いながら、NHK「あしたが変わるトリセツショー スッキリ!便秘のトリセツ」を観る。おれは1日おきにしか出ないパターンが定着してしまったので、しっかり見る。キウイがいいのか……そして、「弱まっている便意信号を回復させる」方法も。これで治れば、高いサプリなんか不要になるよねえ。

 おれはアンケートに答えてポイントを貰うのが趣味(これがけっこう貯まるのだ)だが、時々、延々と設問が続いて嫌になるものがある。今夜はそれに当たってしまって、同じような設問にえんえんと答える羽目になった。こういうの、設問を考えるヤツって、何を考えてるんだろうと首を捻る。

 そうこうしていると「報道ステーション」が始まって、30数年ぶりに株価が最高値を更新!と大騒ぎ。まるで日本経済が復活したかのような騒ぎで、それもこれもすべてアベノミクスの成果らしい。アホか。テレ朝はここまで落ちたか。ええのんか、それで。ず~~~っとデフレ脱却できなかったくせに。紙幣を刷り増すという禁じ手を使って株価を上げて円安に誘導して、見た目の景気は上げたけど、日本経済の実態は弱体化する一方だったじゃないか!投資家は株が上がって恩恵を預かったんだろうけど。他の国はバブル期の何倍もの株価になってるんだぞ。それにバブル期みたいに世の中、景気よくないし。

 ほんと、クソ。まあテレ朝の社長(だけではない)が総理大臣と定期的に会食して尻尾を振ってるのはみんな知ってることだけど。

 それよりもおれが心配なのは、漫才の「プラスマイナス」の岩橋がなんだか暴走して吉本と決裂してコンビを解散して吉本も辞めると。何があってどうしてこういう事になったのか全然判らない。岩橋の一方的な暴走なのか、岩橋の今までの怒りが爆発したのか。昔風のボケを繰り出す、今風のスマートさがない芸風が好きなんだけどなあ。なんとかうまく展開してほしい。

 日テレが4月ドラマを中止したと。小学館の雑誌で連載中のコミックが原作であると。担当プロデューサーは「セクシー田中さん」のときと同じ人物であると。中止は仕方がないだろう。日テレは今回の件に関して「検証します」と言ったきり、何も発表していないんだから。原作者が亡くなったと言うことを、日テレと小学館は、もっときちんと考えなきゃいけないだろ!コメントを出すだけじゃ全然足りない。

 

 風呂に入り、録画した「ドランク塚地のふらっと立ち食いそば」と「梶原善のビルぶら」を観る。「立ち食いそば」のほうは去年の9月に放送した板橋のお店だったので、消去。「ビルぶら」は洋光台駅前のお店が集まった二階建てのビル。ここはいいねえ、なんか、凄く味があるなあ。このビルに思い出のある人はたくさんいるだろうなあ。洋光台には欠かせない存在だもんねえ。

 なんだかんだで1時3分、就寝。

 明日は雪か?

 

今朝の体重:86.60キロ

本日の摂取カロリー:1908kcal

本日の消費カロリー:76kcal/1948歩+自転車

2024年2月22日 (木曜日)

2月21日/仕事&緑内障の視界検査&薬局でトラブル

 7時49分起床。

 雨模様。

 目の調子ヨシ~悪し。足腰腕の調子ヨシ。体調ヨシ。Mac miniの調子ヨシ。

 朝のモロモロを済ませる。朝、くーたんを膝に載せてナデナデするのがルーティンになってきた。

 アサメシは牛乳、ダブルソフトのトースト、ゆで卵、コーヒー。

 

 仕事開始。「内閣裏官房6」の第2章、最終ブロック。だんだんイメージが固まってきたが、難しい局面なので慎重に書き進める。

 

 そう言えば、昨日のニュースで「年金で暮らせるか?」というのをやっていた。厚生年金受給者なら、退職金と合わせれば裕福な老後が送れるだろうが、国民年金だけだと、アウト。何故か北千住駅前でインタビューしていたが、国民年金だけでは生活出来ず、清掃かなんかのアルバイトをしている老人の住み処を訪ねていた。都営住宅の1ヵ月1万いくらの部屋(そんな部屋があるんだ!)だが、当然狭いし、電気代が惜しいのでエアコンなし。カーテンの代わりに窓には段ボール。嫌だなあ、こういう生活。いっそ生活保護を受けた方がと思うが、生活保護を受けると、誰が監視してるのか、用があって電車に乗るだけで役所にチクられてしまうらしい。ホント、こういうの、誰が監視してるんだろう?

 

 外は雨。この時期、太平洋側は晴れが続くのに今年は雨が多いなあ。

 昼は部屋で、ネットで調べたレシピで「豚バラキャベツのゴマ油鍋うどん」を作る。ゴマ油でニンニクと豚バラを炒めて、取りだしたフライパンに水と鶏ガラスープの素を入れてキャベツを投入、冷凍うどんも入れて煮込み、最後に肉を戻して。

 なかなか美味い。

Img_8441

 仕事再開して、16時前まで。

 が、今日は午後になると目が霞んできた。朝、起き抜けにちょっとだけiPhoneでニュースを読んだのがいけなかったのか。起き抜けのiPhoneは絶対止めよう。

 

 本日は眼科で緑内障の視野検査。目は大切なので言われたとおりに検査を受けて目薬も点している。

 雨なので早めに出て、歩いて眼科へ。

 視力検査をしてから、視界検査。

 結果は、前回よりよくなっていると。しかし緑内障は治ることがない。白内障も治らない。水晶体をレンズに交換することは出来るが。

 薬局で処方された目薬を受け取りが、待っていると、先客のオッサンが何故かおれをじろじろと見る。もちろん知り合いではない。なんだこのオッサン。店内は混み合って、目薬を受け取ると、さっさと出る。

 

 夕食は、千住大橋まで歩いて、「ポンテポルタ」にある「てんや」で、野菜天丼とかけそばのセットを食べる。あ、野菜天ぷら追加のクーポンを使うのを忘れた。

Img_8442

 で、待っている間にアプリの「お薬手帳」を確認したら、貰っていない目薬が処方されたことになっているのに気がついた。その分、カネを多く払ったことになる。これは食後、薬局に戻ってなんとかせねば。

 食後、喫煙所で一服。

 薬局へ戻ると、店に入ったらすぐにスタッフのおじさんが気づいて「どうもすみません」と。領収書などを間違って渡したと留守電に入れたと言われたが、家電の留守電なんか出先では聞かない。おれの留守電には「お急ぎの場合は」と携帯番号を入れてあるんだから、「二度電話したんです」と言うなら、iPhoneにかけて来いよ、と思う。

 ま、悶着なく返金されて領収書もおれのものをもらったので、まあいいか。

 

 帰宅。

 18時台のニュースはヒマネタ。インバウンドの外国人観光客がナニを食ったのかとか、どうでもいい事をやっている。そんなに外国人観光客の動向に興味があるか?インバウンドの観光客なんか、ただ混むだけで迷惑でしかない。彼らも、こういうウザい取材なんか受けるなよ。

 19時から「有吉の壁」総集篇。NHK放送センターでも撮ったのね。NHKと日テレは同じ年にテレビ放送を始めた縁で、何周年かごとに一緒に記念番組を放送している。以前、日テレ本社を全面的に使って撮ってたが、あれも面白かったなあ。

 そう言えば最近、列車を使ってモノボケをやってダメだった芸人を置いていく企画をやってないなあ。あれは観ているとくだらね~と思ったが、やらなくなると寂しい。

 引き続いて「笑ってコラえて!」も観る。セレブの飼い犬コーナーはなんかムカついて観なかったが、大阪十三の飲み屋のお客さんはノリがいいなあ。

 残っていたセンベイを全部食べてしまった。

 ニュースを観て、風呂に入り、さあ寝ようと思ったら相方から電話が入り、しばらく話す。「平日キュンパス」を使う旅、もう一度行き先を考え直してみるか?いやいや、今からだと空席なんか、なかなかないだろう……。

 河津桜があちこちで満開。しかし雨続きでなかなか花見に行けないねえ。

 23時18分、就寝。

 最近、「おじさんがビッグマックを食って『まだまだイケるぞ』」みたいなCMが流れているが……ビッグマックなんか余裕でいけるでしょ。50代でビッグマックが食えないとしたら、カラダに問題があるんじゃないかと思うのだが……しかし、食いたくなってしまったなあ。

 

今朝の体重:86.70キロ

本日の摂取カロリー:2280kcal

本日の消費カロリー:146kcal/3632歩+自転車

2024年2月21日 (水曜日)

2月20日/ほぼ仕事のみの1日

 7時30分頃起床。

 布団の中で「朝比奈隆」の経歴を検索。朝比奈御大は小澤征爾より先に1956年のベルリンフィル定期公演を振って、その後も何度か指揮台に立っているが、小澤のように外国をメインに活躍せず、大フィルを育て、国内オケを振ることに専念したようだ。大フィルを連れて海外ツアーもやって録音も残しているが。国内を優先させたのか?考えてみれば、小澤より岩城宏之の方が先にベルリンフィルもウィーンフィルも定期に登場してるんだよなあ。

 

 曇り。

 目の調子ヨシ。足腰腕の調子ヨシ。体調ヨシ。家にいれば頻尿は気にならず。Mac miniの調子ヨシ。「OnyX」のタイマー自動起動すると調子がいいというのが不可解だが。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシは牛乳、ダブルソフトのトースト、ゆで卵、コーヒー。

 

 仕事開始。「内閣裏官房6」の第2章。昨日書いて直した分、読み返すとまだ至らないので手を加える。読み返して足りないことが見つかるのは、それだけ自分の中でテーマやモチーフが発酵していないからだろう。

 粛々と進める。

 

 「肉の万世」秋葉原本店が3月31日に閉店!以前から経営不振の噂は流れていたが……ステーキやハンバーグは他の支店や他の店でも食べられるが、「万世のパーコー麺」がこの世から消え失せてしまう危険があるのだ。これまで、西新宿、有楽町とパーコー麺を出す店にさよならを言いに行ったが、本店までもが……。

 いわゆる「排骨(パイコー)麵」は他の店でも出しているが、ほとんどが担々麺に排骨をトッピングするカタチ。しかしおれは、醤油ベースのラーメンに排骨が載った「万世のパーコー麺」が好きなのだ!3月下旬に秋葉原に万世の支店がオープンするが、ここではパーコー麺は出さない。しかしいずれ「万世」としては復活させたいようだ。とにかく、3月31日までに食べに行って、復活を願い続けるしかない。そうすれば、東中野の「大盛軒」の鉄板麵みたいに復活するだろう!

 

 14時近くに外出。京成関屋と東武牛田の間にある「立ち食い雑賀」で、「牡蠣フライ定食」を食べる。この店にしては高い800円。結構固い揚げ上がり。

Img_8440

 喫煙所で一服して、明日から雨が続くらしいので、スーパーで買い物。アメリカン・ポーク500グラムが安かったので買い、お米も。

 

 帰宅して、買ってきたチョココロネを食べて、仕事再開。

 なんとか1ブロック終える。昨日終えていたところをもう1度改稿したので、進み方としてはゼロだが、中味はよくなっているはず。次のブロックをどう書き出そうか、買ってきた草加煎餅を食べながら、思案。

 

 ご飯を炊いて、夕食。マグロの切り落としとネギトロのパックがあったので、それで「マグロ丼」を作って食う。せっかくの炊きたてご飯なので、お代わりして卵かけご飯。

 「オモウマい店」は、やたら芸能界に関心がある埼玉の中華のお店。激安日替わり定食を出すためにご主人は休みの日にお父さんの居酒屋でバイトをしている、というのが泣かせる。そこまでお客に奉仕してくれなくても……と思うのだが。品数が多くて量が多いだけではなく、美味そう。

 続いての「世界仰天ニュース」も観てしまった。例の「ナッツリターン事件」。韓国の財閥のオーナー家って、こんなにも横暴なのね。「ナッツ姫」に扮した女優、日本の誰かにクリソツだなあ。しかし日本でここまでヒステリックに逆上するヒトって、いる?いるんだろうけど、おれはまだ出会ったことがない。いや、男だが一人だけ居る。そいつの名前は思い出すのも嫌だ。

 以前はこの番組、1時間だと思ったのに、2時間もあった。

 「報道ステーション」の途中で風呂に入る。やっぱり風呂は毎日入らないと気持ちが悪い。若い頃は毎日入らなくても平気だったのになあ。昔の方がよく動いて汗もかいていたのに。

 23時台のニュースを切り替えつつ両方見る。映画監督・榊英雄逮捕。2年前に被害者が告発していたが、その時はスキャンダルみたいな感じで燻っていただけだったような。ガザ地区やウクライナ情勢も気になるし、いいことなんか、全然ないなあ。

 どこか辺地の小屋に籠って、世捨て人のように静かに暮らした方が……と思ったりするが、暇を持て余してネットで暴れてひどいことになりそうだなあ。現にそういう末路を辿った哀れなヤツを数人知っている。世捨て人になるなら、ネット環境も捨てないとね。あ、その御仁は自分を世捨て人だとは思っていなかった。仕事もしていない(出来ない)のに現役だと思ってるんだよなあ。

 0時5分、就寝。

 

今朝の体重:85.60キロ

本日の摂取カロリー:2075kcal

本日の消費カロリー:75kcal/1855歩+自転車

2024年2月20日 (火曜日)

2月19日/快楽亭に奢り奢られ

 7時19分起床。

 曇り。

 目の調子ヨシ。足腰腕の調子ヨシ。体調は……頻尿だがそれ以外はヨシ。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシは牛乳、ダブルソフトのトースト、ゆで卵。

 仕事を始める前に、部屋の掃除。といっても掃除機をかけただけ。しかしソファの下は久々で、凄い綿埃とゲロの跡。猫用の枕は出てきたが、猫布団はやはり見つからず。本来ならクイックルワイパーで拭き掃除をすると気持ちいいのだが、それは今度。

 

 スッキリして、仕事開始。「内閣裏官房6」の第2章、昨日の続き。書いたところまでを読み返すと、話が外れているのを発見。軌道修正する。肝心なことの「積み上げ」が出来ていなかった。

 

 昼は、卵とベーコンと万能ネギとご飯小でチャーハンというか焼きめしを作って食う。美味い。

 

 今日は、快楽亭の「退院祝い」。東武線鐘ヶ淵駅前にある「魚真」が美味くて安い、とのことで。

 それまで仕事。しかし、雨が降ってきた。気象レーダーによれば、雨の合間はあるようだが……雲がなくても雨は降ってるぞ!

 

 「第2章」の問題のブロック、なんとか軌道修正に成功。早ければ明日には第2章はあがるだろう。

 

 そろそろ外出、という時間に、雨が強く降ってきた。これは自転車は無理。 ATMに寄る必要もあるので、北千住駅まで歩き、お金を下ろして東武線に乗る。相方とは次の駅で待ち合わせているので、早い電車に乗る。

 車中で快楽亭からの電話を受ける。快楽亭は歌舞伎座から来るが10分ほど遅れるとのこと。

 で、相方と合流して、鐘ヶ淵へ。16時20分に「魚真」に入る。

Img_8439

 電話で指示を受けた通りに、キープしてあるボトルに、刺身の盛り合わせを頼むが、先に「明太チーズ焼き」を頼んで食べていると、きっちり定刻の10分後に快楽亭と女性(いつも毒演会の受付をしてくれている方だと思うが、おれは録音しているので会った事がない……いや何度か会ったかも)が登場。

 席に着くなり快楽亭は週刊新潮の電話取材。これがけっこう長かった。吉原についての基礎からのレクチャー。相手の記者は「ブラタモリ」の女性アナウンサーみたいに、まったく何も知らない様子。いや、何も知らない読者にむけての「吉原入門」だったのかも。「遣り手婆」や「水揚げ」という言葉も知らない様子で、快楽亭は一から教えていた。「水揚げとは吉原から出ることではなくて、お客に処女を買って貰うことです。吉原卒業ではありません」とか。基礎教養がないというのは恐ろしい……が、おれだって知らないことの方が多いんだからエラそうなことは言えない。言ってるけど。

 焼酎の水割りで乾杯。乳製品を快楽亭の前で食べる非礼を詫びる。刺身の盛り合わせにハマグリ焼きにアラ大根。あと海老焼きが美味しそうだったので頼もうとしたら……「もう1軒予約してありますから」と、快楽亭の師匠。メニューの予習をしていったので、あれこれ食いたいものがあったのだが……「ここで食べるともう1軒で食べられなくなりますから」と。

 で、今日の話題のメインは、快楽亭が観てきたばかりの「籠釣瓶花街酔醒」。くしくも吉原が舞台の狂言で、中村勘九郎の佐野次郎左右衛門、七之助の八ツ橋。いずれも初役。これを観たかったのだが、気がついたときにはおれたちが買える席はもう売り切れだった。先代幸四郎(当代の白鴎)や吉右衛門の佐野次郎左右衛門は観ているが、勘三郎は観ていない。幸四郎のは、怒りのあまり八ツ橋に飛びかかって斬り殺すのが本当に恐ろしかった。吉右衛門のは、いろんな意味でスタンダード。むしろ情感を重んじる。で、中村屋の型は……?

 快楽亭は「この芝居はもう、次郎左右衛門に完全に感情移入するので冷静に観られない」と。とは言え、型とか言うより役の感情を重視する勘三郎だから、ナマの芝居をやっていたと思うし、今日の勘九郎もそうだった、と。

 ここでやっぱり、朝日夕刊の記事を思い出す。2月2日の日記で触れているので、コピペする。

-----------------------

 昨日の朝日新聞夕刊に、中村勘九郎・七之助兄弟が2月歌舞伎で「 籠釣瓶花街酔醒」を初役で演る、その抱負を述べた記事(←リンク)があった。とても心に残ったのが、十八世中村勘三郎と坂東玉三郎の思い出話。

『「父が初演した時、祖父はもういなかったので、研究に研究を重ねて作っていったんです」と勘九郎。印象的な演技として挙げるのが、満座の中で自分に愛想尽かしをした八ツ橋を切り殺した直後の動きだ。「皆さん刀を見るんですが、うちの父は八ツ橋の顔を見たくなったんですって。これで、永遠に自分のものになるわけじゃないですか。怖い話ですけれど……」

 一方、八ツ橋役で勘三郎と共演を重ねてきた坂東玉三郎からは、彼女は死ぬことで「浮川竹の勤めの身のしがらみやお客、彼氏、ヤクザ者、全てから解放される」という解釈を聞いたという。「父が『顔を見たかった』というのは、おじ様がいたからなんですよね。2人で作り上げた作品なんだな、と思いました」

 七之助の記憶に残るのは、建て替え前の歌舞伎座で、この作品の終演後、楽屋に続く狭い廊下を並んで歩く2人の姿という。「いつも楽しそうに、ずっとしゃべりながら帰ってくるんです。お互いに尊敬し合って、この作品を、役を愛して。2人の思い出が、すごく詰まった作品です」』

----------------------------------

 この記事のことを思い出すと、泣いてしまう。まあ勘九郎・七之助の持ち役になるのは間違いないから、再演というか、またかかったときには観に行くことにしよう。

 で。

 ここは「退院祝い」なので勘定はおれが持ったが、これには趣向があった。

「あんまり安いので、勘定のときに驚かせたい」

 と。黒霧島のボトルを入れても、4人で6500円。そして、美味い。ここにはまた来たい。そして、もっといろんなものを食べたい。

 

 16時40分から始めたので、まだ18時過ぎ。

 店を出て、しばらく歩く。東武線から遠ざかったと思ったら、その東武線は高架になって再登場。位置関係が判らなくなったところで、快楽亭の旧宅に出た。「ここからが**です」と。**が何と言ったのか失念したが、ここから先が旧赤線・玉ノ井ということ。永井荷風の「墨東綺譚」の舞台。20年くらい前に、街の面影を見に来たことがあって、その時はまだ昔のカフェ風の建物が残っていたが、今はもう、判らない。

 2軒目は、「魚喜代」(だったと思う)。この写真は「食べログ」から。

Original_20240220093201

 ここでも刺身盛り合わせに、クジラの刺身、穴子の柳川、牡蠣フライ。おれだけシャケのおにぎり。こういうお店のおにぎりは格別に美味いのだ。

 こちらで話の中心は、N氏のこと。快楽亭の毒演会と打ち上げの常連で、一緒に歌舞伎を観たこともあって、mixiに書いていた日記のファンだった……のだが、ある日忽然と姿を消してしまった。が、縁は奇なもので、鎌倉在住のS氏がN氏と連絡を取っていて、時々、N氏の近況を教えてくれる。

 なぜおれがN氏に興味を抱くのかというと、フリーライターの頃はけっこうブイブイ言わせていたのに年を取るとともに担当編集者が若くなっていったのと、出版不況の波をモロに被って週刊誌の仕事が激減して……という激動の人生なのに、強烈な生命力でまったく別の仕事をして元気に暮らしている、そのパワーゆえ。このしぶといサバイバル人生に、弟子入りしたいくらいなのだが……。

 21時前で本日終了。快楽亭のお酒は、本当に「ホドがいい」。若い頃は知らないが、「もう1軒行こう!」「ガンガン吞もう!」「朝まで行くぞ!」ではない。激安で美味い店にしか行かず、あまり食べず酒量もソコソコ。相手の喜ぶ顔を見るのが一番、という、もてなすのが大好きな、サービス精神の固まり。

 改めて、凄い人だなあと思う。

 この2軒目は、快楽亭の完全な奢り。しかも、こっちの方が高い店。なんだか申し訳なかったが、飲みながらスマホをチェックした快楽亭、日曜の競馬を当てたので、まあいいか。ただ……ここんとこ、快楽亭にゴチになりすぎているなあ。 CDは作っているとは言え。

 

 北千住駅の喫煙所で一服してコンビニに寄って、21時過ぎに帰宅。

 くーたんにご飯を出し、ニュースを観ると、眠い。黒霧島のソーダ割りと水割り(どっちも薄い)を吞んだだけだが、日頃全然吞まないので酔っ払ったか?

 風呂に入るのが面倒になり、汗もかいていないので、そのまま寝ることにして、23時36分、就寝。

 

今朝の体重:85.90キロ

本日の摂取カロリー:1974kcal

本日の消費カロリー:236kcal/5527歩+自転車

2024年2月19日 (月曜日)

2月18日/仕事・気功の手当て・弁慶のラーメン

 7時15分起床。

 晴れたり曇ったり。

 洗っておいた毛布兼用の布団カバーとベッドパッドを干す。

 目の調子ヨシ。足腰腕の調子ヨシ。体調ヨシ。Mac miniの調子ヨシ。「OnyX」で朝、自動起動するようにしたら何故か調子がいい。

 くーたんの猫ハウスに敷いてあった小さな猫用座布団が、ない。いつの間にかなくなっていた。くーたんが嫌がって外に出したのだろうと思って探すが、ない。部屋から持ち出すわけがないので、あるはずなのに……。ソファの下とか探したが、ない。ベッドパッドとかと一緒に洗ったかと物干し場を観に行ったが、ない。まさか食ってしまったんじゃないだろうな?いつか、意外な場所からポロッと見つかるんだろうけど……。この探索過程でゲロの跡を発見したが。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシは牛乳、ダブルソフトのトースト、ゆで卵、コーヒー。

 

 仕事開始。「内閣裏官房6」の第2章、昨日の続き。難しいところなので慎重に進める。なので進み悪し。

 

 旧ツイッターに「自由や人権を守ろうとする人たちがネトウヨと呼ばれて……」という、驚くべき書き込みがあって、それはまったく違うだろうと思ったら、敬愛する人がその書き込みを支持しているように読めて……おれの読み違えかもしれないけど……このまま放置するのも気持ちが悪いので、コメントにせず、反対意見を書き込んでおく。その書き込み自体は、「またバカが何かほざいてる」と思ってスルー出来るが、日頃敬愛している人が支持しているように見えるのが気になる。しかしそれもおれの誤読かもしれないし。無用な対立は生みたくないので、やんわりと。

 Facebookでも、歴史認識がかなり異なる書き込みもあったが、それはそれでその方の解釈だろうとスルー。その方面をきっちり勉強したわけでもないし。とは言え、以前よりスルー出来るようになってきたのは年の功か?

 

 昼は、ご飯小に目玉焼きとちりめんじゃこをトッピングしてマゼマゼ。焼き海苔とキュウリの漬け物も。

 

 仕事再開し、16時前まで。今日は夕方に、北山先生の「気功の手当て」がある。

 15時40分まで仕事をして、外出。

 

 堀切菖蒲園には予定より早く着いたので、街をブラブラして、地区センターの喫煙所で一服。

 センターに入るが、今日の会場は狭いところなので、ロビーでネクターを飲み、15分前に部屋に入り、玄関のところで着替える。

 先に「手当て」をして貰っているSさんの邪魔にならないように、そっと横になって目を閉じて順番を待つ。

 16時30分から、先生の手当て。主として「頻尿の改善」を先生に訴える。先生の見立ては「腎臓」ではないかと。

 年を取ってきて以前のように水分を取らなくなったせいか、便秘気味。なので務めて水分を取るようにしていたら、頻尿。どうすりゃいいのさタコのふんどし状態。コーヒーは排尿を促すのは判っているが、仕事するのにコーヒーは必須だしねえ。

 旅に出たらコーヒーは避けておこう。前日からコーヒー断ちしてみよう。

 

 1時間の「手当て」を終え、北山先生にお礼をして、会場を出る。全身がホワホワしたというか……軽くなった感じ。

 そのあとは今回も、「ラーメン弁慶」へ。前回は「中盛りにチャーシュー1枚追加」では物足りなかったので、今日は「チャーシューメンの中盛り」にしよう。

 店は空いていたが、おれが着席したらバタバタと席が埋まってしまった。

 で、チャーシューメンの中盛り。なかなかのボリューム。弁慶のラーメンには中毒性があって、定期的に食べたくなるのだ。

Img_8436

 しかし……ちょっと多かった。案配が難しい。

 駅までゆっくり歩く。春の温かさ。なんだか幸せな気分。しかし今週は雨模様で冷えるらしいぞ。

 

 19時前に帰宅。

 ニュースを観てから、録画しておいた「光る君へ」を観る。

 ペルシャ発祥で英国で「ポロ」になった「打毬」が登場。なかなか勇壮というかポロと同じじゃん!ポロより数百年早いそうだが。で、平安貴族男子どもの「女の扱い」の実態を知ってショックを受けるまひろ。って、そういうものだと知ってはいたけど、モロに会話を聞いてしまうとショックだよねえ。散楽師であり盗賊の一味でもある男・直秀と藤原道長の関係も面白い。

 今回の大河、こんなに面白いとは本当に意外!やっぱり第1回の衝撃が凄かったんだよなあ。

 21時から、NHK Eテレで小澤征爾追悼の「2002年ニューイヤーコンサート」や2016年のウィーンフィルの来日公演を観る。というか聴く。

 思えば……小澤さんの活躍と日本経済の隆盛はピッタリ一致していたねえ。以前、口の悪い連中は「小澤の活躍はJAPANマネーが欲しい欧米の事情」と言っていたが、もちろんそれだけで小澤さんが「欧米の白人文化の中でも最も権威がクソうるさいクラシック界」をぶち破るパイオニアになれたはずがない。小澤さんはやっぱり常人ではなかった。

 しかし……日本は、小澤さんの死とともに、どんどん沈んでいきそうだ。小澤を継ぐ者は多いけど……まあクラシック界全体が小粒化しているけれど。「大物」はアバド・メータで終わりかもしれない。

 

 風呂に入って早寝しようと思ったが、少し仕事。あと少しで難しいブロックが終わるが……。

 

 録画した「人生最高レストラン」を観る。とにかく明るい安村がゲスト。英国ではバカウケした「穿いてますよ」ネタは、フランスでは「これは芸ではない。日本でも底辺だろう」と酷評されたとか。さすがフランス。

 なんだかんだで0時50分、就寝。

 

今朝の体重:86.10キロ

本日の摂取カロリー:1831kcal

本日の消費カロリー:138kcal/3101歩+自転車

2024年2月18日 (日曜日)

2月17日/仕事のみの1日だったが……

 7時14分起床。

 曇り~晴れ。

 洗っておいた洗濯物を干す。

 目の調子ヨシ。足腰腕の調子ヨシ。体調ヨシ。Mac miniの調子ヨシ。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシは牛乳、ダブルソフトのトースト、ベーコンエッグ、コーヒー。

 

 仕事開始。「内閣裏官房6」の第2章。いろいろ調べつつ勉強しつつ書き進む。今まで漠然と知っていたつもりになっていた事を、きっちり調べ直す。デタラメを書かないために、絶対に必要な作業。

 

 昼は外に出て……迷った末に、久々に「福しん」で炒飯とおともラーメンにクーポンでチャーシュー2枚追加。炒飯は以前の味に戻った感じ。

 喫煙所で一服してから、ペット用品店でくーたんのご飯を買って帰宅。

 

 しかし……頻尿は続く。ネットで「自己判断シート」をやってみる。1日7回以上トイレに行くのは結構な頻尿らしい。小林製薬の「ユリナール」の試供品を申し込む。

 録画した「せっかくグルメ」を観るが……もはや美味いモノと美しい風景を求めて全国各地に行こうという気がなくなったので、この番組への愛着も薄れてしまったなあ。日曜朝にやっている「早起きせっかくグルメ」のほうが面白いしなあ。しかしこの「せっかくグルメ」に出てきて絶対行きたいと思った場所もあるからなあ。磐梯吾妻スカイラインとか。

 

 仕事再開。なかなかデリケートな問題を扱うので、慎重に書き進める。その上で面白くしなければ。

 

 今月下旬は天候不順。河津桜を観に行きたいが、土日を外すと雨か曇天。スカッと晴れなさそう。だったら河津や三浦海岸まで行かずに、都内の河津桜の名所に行った方がイイかも、と少し調べる。どんどん計画が小さくなっていくが……電車に乗って、遠出したいんだよねえ。

 

 旧Twitterで、「アンプで音が変わるか」と。音は変わる。ソニーの音は硬いがサンスイの音は真空管式アンプのように柔らかくて聴き易かった。高校生の頃はオーディオ・マニアだったので、毎週日曜になるとオーディオ・ショップに行って各メーカーの聞き比べをしていた。外国メーカーの真空管アンプは凄くいい音がしたが、高い。国産のラックスやケンソニック、そしてサンスイやビクター、デンオンの音は柔らかくて好きだった。ウチにあったソニーのアンプは音が硬くて、好きではなかったのであまり音楽を聴かなくなっていたのだが、アンプをサンスイに代えただけで俄然、音が変わって聴き易く「聞いて楽しい」音になった。だから「アンプで音は変わらない」というのは、アンタ何を聴いてるの?と問い返したくなるハナシ。スピーカーやピックアップ・カートリッジのほうが音は大きく変わるけど。スピーカーとの相性もあるし。この辺がオーディオの楽しみなのだが……今はもう、Macに繋いだオラソニックの音で満足している。あとはゼンハイザーのヘッドフォン。スピーカーから大きな音は出せないし。

 

 夕食は、レトルトのハンバーグ、キャベツの千切り、ポテトサラダ、カップスープ、ご飯小。

 「出川哲朗の充電バイクの旅」を観る。ホテル・ニューグランドは泊まってみたいホテルだが……カネがなくて今はもう泊まれない。夢のホテルになってしまったなあ。

 「アド街ック天国」は荻窪。昔の「ラーメン戦争」で春木屋と争っていたのはどこだったっけ?

 昔、愛川欽也の「探検レストラン」という実に面白い番組があって、「荻窪ラーメン戦争」を煽ったのだ。この番組は面白かったなあ!甲府(訂正:正しくは小淵沢)の名物駅弁「元気甲斐」を開発して、今も売っているし、テレ朝の広い敷地にあって使っていなかった旧館〈旧華族のお屋敷だったはず……訂正:旧スペイン公使館)を「たべたか楼」というレストランにして繁盛させたり……その中で、荻窪の「春木屋」と「丸福」に挟まれ、目立たない存在だった「佐久信」を人気店に仕立て上げる企画……があり、と、Wikipediaにあった。この「佐久信」は番組の終了とともに閉店してしまったらしい。おれは荻窪の各店に行ったことがない……。

 TBS「情報7デイズ」は、長々と「これでおしまい蘇民祭」の中継をやったが、グダグダ。この「蘇民祭」例のポスターで突如有名になってしまって、それがアダになったのか、1000年続いたのに、今年で終了。

 風呂に入り、0時7分、就寝。

 

今朝の体重:86.65キロ

本日の摂取カロリー:2186kcal

本日の消費カロリー:69kcal/1680歩+自転車

2024年2月17日 (土曜日)

2月16日/深夜の猫のOUTPUT攻撃!

 クシャミ10連発で目が覚めて、7時58分起床。

 晴れ。

 目の調子ヨシ。足腰腕の調子ヨシ。体調ヨシ。Mac miniの調子ヨシ。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシは牛乳、ダブルソフトのトースト、チーズオムレツ、コーヒー。

 

 仕事開始。「内閣裏官房6」の第2章。いろいろ調べつつ書くが、イメージがまだ広がらない。おれの場合、映像的にイメージが広がって絵コンテを立てられるくらいになるとすいすい書けるのだが……。

 

 昨日の日記で NHKのドラマ「正直不動産」で「生活建て直しの特効薬は家賃の安い物件への引っ越し」というのをやっていて、敷金礼金などの引っ越し費用を無視しているのは如何なものかとイチャモンをつけたが、調べてみると、今、敷金礼金が不要な格安物件も結構あることを知った。

 いやしかし、安いアパートに引っ越したら隣が火事を出して丸焼けになってしまったりするのは嫌だなあ。

 

 昼になったので、ちょっと外出。

 1日遅れで東稲荷にお参り。先日の初午祭で貰った清酒を御供え。

 その後、「立ち食い雑賀」で牡蠣フライ定食を食べようと思ったが食券を買い間違えて「牡蠣フライ海老フライとんかつ定食」。それぞれ美味いが、改めて牡蠣フライを食べに来よう。唐揚げ・卵焼き・ウィンナーの「お母さん定食」というのにも惹かれるけど。

Img_8434

 スーパーで買い物。安いステーキ肉があったのでたまにはと思って買う。

 

 帰宅して仕事再開。

 復活した「5ちゃんねる」の鉄道板に「旅せよ平日!JR東日本たびキュン♥早割パス」のスレがあるので、「敵陣視察」。鉄オタ諸君の興味の方向はバラバラなので一安心。五能線の人気は高い。

 しかし、今月後半のお天気はよくないねえ。長期予報は外れるし……。

 

  Macのユーティリティ「OnyX」に定時に電源投入できる機能があることを知り、早速セット。まあMac miniのウラに手を伸ばして電源ボタンを押せばいいのだが。

 

 夕食は、牛モモ肉のステーキにマッシュポテトを作ったら、買ってきたポテトサラダとかち合ってしまった。キャベツの千切りを添えて、大衆食堂のステーキ仕様で。ご飯小とカップスープも。

Img_8435

 美味い。ポテトはフライドポテトにすればよかった。

 「ザワつく!金曜日」ほど何の役にも立たない毒にもクスリにもならない番組はないが、ついつい観てしまうなあ。しかし今、「ミュージックステーション」って、不定期放送なのね。タモリは着実に引退の道を歩んでるなあ。老いて金にガツガツしているたけし〈奥さんがガツガツしているんだが)と好対照。

 

 名目GDPで日本がドイツに抜かれて第4位になった件。これはもう人件費をコストカットの対象にして非正規労働者を増やして社会を不安定にした竹中平蔵と小泉純一郎、そして安倍晋三の悪政が原因だ。もちろん産業構造を転換出来なかったこともあるが。中国を含む東南アジアの製造業に打ち克つためにとコストカットに邁進したのが大間違いで、それが「空白の30年」を生んだのだ。ってことは竹中平蔵も判っていたはずだが。小泉や安倍が判っていたかどうかは怪しいが。

 ま、インドに抜かれても、その下には英国やフランスがいるぞ~!

 株価がバブル以前の最高値に迫っていると言われても、日本以外の国はバブル期の株価をとっくに更新しているんだから、お話にならない。景気がよくなった実感はまったくないし。

 つーか、本が売れてくれないことには、モノカキの生活は立ち行かんのだ……。

 台東区で4歳女児に不凍液と統合失調症の薬を飲ませて殺害した夫婦の内情がいろいろ判ってきたようだが……。八戸の5歳児に水を浴びせて水風呂に入れて凍死させたカップル。後者は「しつけのつもりだった」というが、こういう行為で何人の子供が死んでいるのか。しつけではなく虐待、リンチである事を自覚……しないから、こういうことになるのだが。

 

 風呂に入り、今夜こそ早寝しようと思いつつ、録画が貯まった「梶原善のビルぶら」を観てしまった。熱海駅前にある「熱海第1ビル」の地下にある「幻のモノレール駅」は放送できないんだって。何故?あと、リピート放送した分は以前観たことを確認して消去。しかし熱海は夜が早くて、以前、夕食が食えず駅弁も買えず、空腹を抱えて東京に戻ってきたことがあったが……このビルの飲食店街に行けばよかったのだ!

 23時54分、就寝。

 しかし……明け方5時に、くーたんのゲロゲロ音を聞いて目を覚ますと……かなり広範囲にゲロを発見。その上にBigBenまで!

 発見した以上、処理しなければならない。黙々と処理。くーたんは叱らないが、「大丈夫?」と声もかけなかった。体調を心配してやるべきだったが……。

 処理して、二度寝。

 

今朝の体重:85.25キロ

本日の摂取カロリー:2600kcal

本日の消費カロリー:85kcal/1973歩+自転車

2024年2月16日 (金曜日)

2月15日/春一番 しかし江古田は 冬景色

 7時30分起床。

 晴れ。春が来た感じ。

 目の調子ヨシ。足腰腕の調子ヨシ。体調ヨシ。Mac miniの調子マアマア。

 朝のモロモロを済まして、アサメシは牛乳、ダブルソフトのトースト、ベーコンエッグ、コーヒー。

 

 仕事開始。「内閣裏官房6」の第2章。相方のメモを取り込んで、第2ブロックを書き直す。史実を調べてウラ取りしつつ。

 集中力が途切れたので、日芸校友会会報に書く記事を1つ書いて、広報委員長に送る。今日が編集会議なので……。

 

 昼は部屋で。スパゲティ・ミートソースを作り、粉チーズをたくさんかけて食う。

 

 仕事再開。時間までに第2ブロックの修正は完了。その他のブロックに相方案を取り込んでおく。

 

 15時30分、外出。

 喫煙所で一服して、日暮里経由で池袋。西武池袋駅で、西武線沿線のハイキング案内を探すが……西武鉄道のサイトの方が詳しい。

 江古田に着いて、校友会報に書く予定の記事ために南口にある「ランチハウス」の外観を写真に撮って日芸に向かうが、踏切近くに「バーガーキング」が開店しているのを発見。昔、喫茶店「カルチェ」があった場所。

 結構早めに日芸構内に入り、喫煙所でもう一服。風がキツい。春一番らしい。

 校友会室に行くと、もう広報委員長がいた。印刷会社の担当者も来て、「なにか印刷のお仕事をお願いしたいのだけど」という話になって「?」と思うが、校友会長も来て、持病の事で盛りあがり、会長は別の会議へ。おれは記事をもう1本書くことになったが、短いモノなので楽勝。

 引き続き、18時30分から常任幹事会。ここでさっきの違和感の正体が判った。郵便料金が大幅に値上がりするので、校友会報をこれまでのように紙媒体として発行できない。WEBに移行しなければならないかも、と。この件、さっきの広報委員会では出なかった。トップの間では話し合われたことなのだろうが……事前にメールで送られてきた「審議事項」に書いてあったのだが。

 で。

 今日はトイレが近い。編集会議でも途中でトイレに走り、常任幹事会の前にもトイレに行ったのに……尿意が。審議事項は最後まで進んだから、もう終了だ!と思っていたら……印刷物としての校友会報を廃止してWEBにするかどうかの件で、「断固として印刷物として出し続けるべきだ」という意見が出る。それは言われるまでもなくごもっともな意見だが、その人は饒舌に話しまくる。なかなか終わらない。おれの我慢は限界。

 仕方がない。中座してトイレに走る。失態だが、仕方がない。

 トイレから戻って、ほどなく「この件は今後1年かけて考えましょう」と継続審議となって、終了。

 会議が終わって、再度、トイレへ。こんな調子だと、映画なんか観に行けないじゃん。歌舞伎だってオペラだってお芝居だって1幕我慢できないじゃん。小林製薬のなんとかって薬を飲んでみるか?いやいや頻尿にならないときもあるんだから、これは精神的なものか?しかし今日の会議は特に緊張する事もなかったのに。あそうか、座った席が換気の風が当たって寒かったのだ。そうだそうだそれが原因だ、と思うことにする。

 

 終了後、取材のために「ランチハウス」へ行き、ハンバーグセットを食べ、会計の時にいつ開店したのか伺う。36年前。ってことは、おれが日芸に通っていた頃はまだなかったってことか。まあ日芸側の店にしか行かなかったしなあ……。

Img_8433

 帰りの西武池袋駅で、再度、ハイキング案内を探すが、やっぱりない。

 北千住に戻ると、雨がポツポツ。喫煙所でもう一服して、コンビニで卵と牛乳を買って帰宅。

 

 くーたんにご飯を出し、ゴミ出しをして、 風呂に入ってとっとと寝ようと思ったのだが……NHKで再放送していた「正直不動産」を観てしまった。家賃を滞納している演劇少女。未納の家賃はいいから出ていって欲しいと大家さん。公演の稽古もあるが家賃を払うためにバイトを掛け持ち生活。で、主人公たちは「もっと家賃の安い物件への引っ越し」を提案して、問題解決、という話だが……新しいところに引っ越すには敷金礼金が発生するし、引っ越し運送費用(家財が少なければ自分で運べばいいが)もかかる。それを考えないと、引っ越しの正否は考えられないはず。新居が狭くなるなら今ある家具を処分しなければならなくなるだろうし。ただ家賃のことだけを考えればいいというのはアサハカ。途中で観るのを止める。主人公の癖が強めの後輩の設定もよく判らないし。このドラマ、いろいろ穴が大きすぎ。

 寝る前にメールをチェックすると、税理士さんから確定申告の結果報告が。う~ん、思っていたより還付金が少ない。というか、昨年度はこんな収入で、よく頑張ったなと自分を褒めてやりたい。

 1時23分、就寝。

 

今朝の体重:85.65キロ

本日の摂取カロリー:1919kcal

本日の消費カロリー:248kcal/5840歩+自転車

2024年2月15日 (木曜日)

2月14日/いろいろあって金町へ&バレンタインデーにサラダせんべい

 7時29分起床。

 快晴。風は冷たい。

 目の調子午後からショボショボ。足腰腕の調子ヨシ。体調ヨシ。Mac miniの調子ヨシ。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシは牛乳、ダブルソフトのトースト、ゆで卵、コーヒー。

 

 仕事開始。「内閣裏官房6」の第2章。進み悪し。

 

 その代わり、と言ってはナンだが、河津桜を本家本元の伊豆・河津に観に行くプラン、あまりに不確定要素が大きすぎるし、今年は天気が安定しない様子なので、思い切って三浦半島の三浦海岸に見に行くのはどうだろうと考えて、相方に提案。河津のように圧倒的な量の河津桜ではないが、そこそこあって「桜祭り」も開催される。三浦海岸なら京急がたくさん走っているから、帰りに座れないという事もないだろう。

 三浦海岸駅周辺の情報を集める。

 

 相方から「第2章」のメモが届く。既に書いた部分に変更が生じたが、問題ではない。相方の考えがハッキリ判って、安心。これで第2章は進む。

 

 しかし、12時を過ぎて急激に目がショボついてきた。ちょっとこれは……と思ったので、外出することにする。

 金町に行く。Tポイント機能付きのクレカが更新されないので、Tポイント単機能のカードを新たに発行して貰う必要がある。貯まったTポイントを失効させたくないので。北千住にあったTSUTAYAはとうになく、近隣だと金町、錦糸町、青戸、亀戸など。この中だと、金町には立ち食いそば(椅子席があるが)が美味い「金町うどん」があるし、千代田線に乗れば近い。

 ということで、金町へ。この街もいいなあ。雑多で。一昔前の北千住が懐かしい。

 金町のTSUTAYAで無事、新しいTポイントカードをゲット。110円かかったが。

 その足で「金町うどん」へ。ここはそばかうどん、かけかもりを注文してトッピングを選んで精算する方式。おれはかけそばに、舞茸天・茄子天・春菊天・イモ天とシャケのお握りを選んだ。おにぎりは握りたてでほんのり温か。天ぷらも揚げたて。美味い。この店はいいなあ。「富士そば」よりずっといい。

Img_8429

 北千住で喫煙所で一服して、帰宅。昼間は暖かい。このまま春にはならないだろうけど。

 早速、Tポイントカードの移行手続きをするが……エラーが出るばかり。よく見ると、「移行するTポイントがありません」と出る。そういや先日、貯まっていたTポイントを全部、PayPayポイントに移行させていたのだ。ま、今後のこともあるから、新しいTポイントカードは必要。Vポイントになるそうだけど。

 

 仕事再開。と、相方から「バレンタインデーなので図書館からの帰りにお菓子を買っていくね」とメッセージが。

 しばらくして相方来訪。お菓子というからロールケーキかと思ったら、サラダせんべいだった。コーヒーを淹れてサラダせんべいを食べ、三浦海岸で桜を観る件を詰める。相方は三浦海岸から岬めぐりのバスに乗りたいと。それに乗って三崎口まで行けば、三崎口始発に座って乗れるだろう。三浦海岸駅の駅前には河津桜のライトアップもあるけど、今回はライトアップは見送る方がきっちり旅程が組める。

 

 相方帰り、少し仕事をすると19時。

 

 「有吉の壁」を観る。三郷のドンキでロケ。今回はなかなか面白かった。だんだんと他のコンビと組んで大掛かりでやるネタが増えてきた。一番面白かったのは「M-1チャンピオン軍団vsキングオブコント王者軍団」の激突!

 しかし、夜になってモーレツに眠い。観ていて途中何度かオチてしまった。

 寒さが緩み、空は晴れて、相方とあれこれ話せると、凹んでいた気持ちは回復して、生きる元気が増してきた感じ。これには先日wowowで放送されて久々に再会した「四月怪談」のせいもあるだろう。そうなんだよ、おれだって、おれなりに、やってきたんだよ!と言えるから。それでほんわかと気が緩んで睡魔に襲われたのか?

 20時を過ぎて、夕食。と言っても夕方にサラダせんべいをたくさん食べてしまったのであんまり腹は減っていない。永谷園のお茶づけ海苔でさらっとお茶漬けを食べて終了。

 「相棒」を観て、報道ステーションを観て、風呂に入り、髭を剃り、0時11分、就寝。

 

今朝の体重:85.65キロ

本日の摂取カロリー:1773kcal

本日の消費カロリー:132kcal/3089歩+自転車

2024年2月14日 (水曜日)

2月13日/安心な旅行プランはどこにある?

 7時54分起床。

 晴れ。風は冷たい。

 目の調子ヨシ。足腰腕の調子ヨシ。体調ヨシ。Mac miniの調子ヨシ。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシは牛乳、ダブルソフトのトースト、ゆで卵。

 

 仕事開始。「内閣裏官房6」の第2章。しかしどうもピリッとこない。こういう時は何かが足りないのだ。その何かが判らないので悶々。

 と、相方からお昼食べませんかとのお誘い。朝イチで船橋にある病院に行った帰りらしい。松屋で旧グルジア料理の「シュクメルリ」を食べたいと。今日は上野に行ってみどりの窓口でいろいろ確認して切符を発券して貰って、そのついでに立ち食いそばの名店「元長」でそばとおにぎりを食べてこようと思っていたのだが……みどりの窓口には行ってこよう。

 

 11時前に外出。駐輪場に自転車を預け、喫煙所で一服して相方を待ち、松屋へ。

 松屋の50円引きクーポンを使おうとしたら、どうにも使えない。迷惑になるのでいったん終了させて他の人に順番を譲り、何度も挑戦して、やっと50円引きで「シュクメルリ鍋セット」の食券が買えた。

 チキンクリームシチューだがスパイスが効いて美味い。これまで、なんか敬遠していたのだが、もっと早く食べればよかった。

 食べながら、3月の「乗り鉄日帰り弾丸ツアー」について相方に確認。帰路、仙台駅で「やまびこ」から「はやぶさ」に乗り換えるのだが、新幹線改札内で40分待たなければならない。この是非。まだ売店は開いているのでいいんじゃない?と相方。では予約の通りでいいので、発券は北千住でも出来て上野まで行く必要はなくなった。って事は自転車を預ける必要もなかった。

 今日明日は天気がいいので、伊豆の河津桜を観に行く絶好のチャンスだが、相方の都合が悪い。せっかくだから天気のいい日に行きたいのだが、今後は天気が不安定。週末は殺人的に混むようだし……現地が混むのは賑わいだからいいのだが、行き帰りの電車が心配。熱海から河津まで座れないのは辛い。行きは伊豆急を1本待つとかしてなんとかなりそうだが、帰りが……。

 この件は継続審議ということにして、仕事の話。はやいとこ「第2章」の相方メモが欲しい。

 店が混んできたので、解散。

 

 自転車の前輪、空気を入れたが抜けた。これはもうダメだ。前回、後輪タイヤを交換したときに前輪もと言われていたので、日光街道沿いの自転車屋に行く。パンクしにくいタイヤに交換すると6000円とか言われて思わず「え~っ!」と言い、チューブ交換だけにしておこうかと思ったが……今後のことを考えて、どうせならとタイヤ交換。1時間かかると言われたが、お店で待つことにして、その間にお店のアプリをダウンロード。技術科が5%安くなるらしいので。

 待っていると30分で完了。スポークが錆び付いていて折れるかも、と言われてしまった。そう言われてもねえ。タイヤを交換したからしばらくは乗りたい。

 

 帰宅して、仕事再開。

 仕事しつつ、河津桜をいつ見に行くのがいいか、思案する。長期予報はアテにならないが……いろいろ調べると、2月の最終週にチャンスがありそう。それも、予報によって違うなあ。

 いっそ、下田駅前の激安宿を探して素泊まりして、翌朝帰ってくることにしたら混むのと反対方向に乗るわけで、伊豆急のラッシュは回避出来る……しかし宿を予約すると天気が悪くても行かなければいけなくなる……。

 ここは思案のしどころじゃのう。すべての条件を満たすのは困難か?なにかを我慢しなければならないか。

 

 仕事は、徐々に進み出したが、昨日今日のノルマは全然果たせず。しかしここで焦ってもいいことはない。まだアイディアが発酵していないのだから。

 

 夕食は、残ったキャベツと小松菜を炒めて、サッポロ一番味噌ラーメンにトッピング。あと、メンチカツを温めてご飯小と。

 「オモウマい店」を観る。埼玉にある「豚の唐揚げ」が有名な「味のイサム」に密着。イベントに出店するのに、中京テレビのスタッフを動員。まあ番組あげてこの店を応援するってことで。

 続いて「踊る!さんま御殿」もついつい観てしまった。

 まあしかし、人生は突き詰めて考えると辛いことばかり。気を緩めてラクに生きないと……おれはずいぶんラクに生きてきたような気がするけど……。

 

 各局のニュースを観る。松野前官房長官、離任直前に官房機密費を5000万円近く引き出していた件。これって「火事場泥棒」じゃん!まあ各政権も離任前に官房機密費を引き出してきた「歴史と伝統」があるので、岸田政権は問題視しない姿勢だが……官房機密費は使い放題というのはなんとか改革できないのか?会計検査院のチェックも入らないんだっけ?(*その使途は一切公表されず、会計検査院でさえその使途の詳細を検査できないと、確認)

 

 風呂に入って、録画した「72時間」を観る、2013年に放送した「〈当時は)24時間開いていた新宿中央郵便局」。今日の消印が必要な書類を送るのに駆け込んでくる人が多いけど、そんな大切な書類をどうしてギリギリまで発送しないのだろう?忘れていた?忙しくて発送する時間がなかった?急遽決まった?

 「ドランク塚地のふらっと立ち食いそば」も観る。蒲田から東急多摩川線で1駅の「矢口渡」にあるお店。池上線もいいが、多摩川線〈旧目蒲線の一部)もいいねえ。 

 0時5分、就寝。

 

今朝の体重:84.90キロ

本日の摂取カロリー:2333kcal

本日の消費カロリー:120kcal/2719歩+自転車

2024年2月13日 (火曜日)

2月12日/希望のチケットはゲット出来たが……

 7時2分起床。

 晴れ。風は冷たい。

 目の調子ヨシ。足腰腕の調子ヨシ。体調ヨシ。Mac mini朝数回再起動をかけたら安定。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシは牛乳、ダブルソフトのトースト、チーズオムレツ、コーヒー。

 

 仕事開始……の前に、「旅せよ平日!JR東日本たびキュン♥早割パス」を買い、新幹線往復の指定席を取ってしまうことにする。相方が都合のいい日もいくつか判ったので、この「早割パス」が使える期限が押し迫ると席も取りにくくなるだろうと思い、早い方で空席照会してみたらあったので、ゲット。席を押さえる。一度予約を終了して、再び予約作業。今度は帰りの新幹線。しかし何故か仙台乗り換えの便しか画面に表示されなかったので、それを一応予約。仙台では40分の待ち合わせで後続の「はやぶさ」に乗り換えることになるが、その間に新幹線改札の外にある立ち食いそば屋に行ければこの予約のまま発券して貰うが、新幹線改札を出られないのであれば、無駄に40分駅をウロウロしたくないので乗り換えない予約を取り直したい。 JR東日本のサイトを熟読したが、どうもハッキリしない。これはみどりの窓口に行って口頭でハッキリ訊くしかない。

 しかし……乗り換えがキツい旅になる。八戸ではゆっくり時間が取れたが……後はかなりクリティカル。しかし列車の連絡をしているので、客を置いて発車はしないだろう……。乗り換えて良い席が取れるかどうかの心配もあるが……人気ある便を外したので、なんとかなりそうな気がするのだが。

 

 ということで、仕事開始。「内閣裏官房6」の第2章。すでに書いたところに手を入れて、調子を掴む。

 

 昼。外に出て、上野のみどりの窓口に行ってこようかと思ったが、今日は千住のシマから出ないことにして、北千住東口の喫煙所で一服した後スーパーで買い物し、くーたんのフードも買って、帰宅。

 

 スーパーで買った「ミートオムレツ弁当」を食べる。朝もオムレツを食ったんだよなあ。しかしこのミートオムレツ、豆腐かなんかで増量してるんじゃないか?卵や牛乳ではない味がする。

 

 仕事再開。第2章、少し飛ばして次のブロックを書く。

 

 くーたんが鳴くので中断して膝に毛布を敷くと乗ってきてゴロゴロ。録画した「72時間」を観る。今治のサウナ。常連客が毎日訪れる。いいねえ、こういう場所があるのは。そこに行けば顔馴染みがいて話が出来て、自分の都合で帰ってこられる気軽な場所。酒が好きならスナックとか居酒屋がそういう場所になるんだろうけど。

 

 くーたんが去ったので、仕事再開。猫はいいなあ。完全に自分の都合だけで生きているから。いや、猫は猫なりにいろいろ配慮したり我慢していることを知っているんだけど。

 

 旧Twitterで、小澤征爾への惜別の書き込みをたくさん読む。おれは小澤征爾の熱烈なファンではなかったが……オルフの「カルミナ・ブラーナ」のベルリンフィル/晋友会合唱団とのコンサートをNHKの中継で観て、ベルリンフィル団員が感銘を受けて急遽フィリップスに録音した(と聞いた) CDを買って、今も愛聴している。しかしこの録音を腐す人もいる。晋友会合唱団のドイツ語がひどいとかヨッフムの指揮じゃないとダメだとか。しかしその人物はドイツ語を喋れないのだが。小澤さんはリズムの取り方がダイナミックで色彩的な音作りが得意だと思っている。だから近現代音楽に冴える。その反面、オザワの古典は……と権威主義的に眉を潜める人も多かったが、晩年の演奏にそういうケチをつける人は減ったと思う。クレンペラーだって晩年に大化けしたんだし。

 とか、そういうことを考えていると、小澤さんの存在がいかに巨大だったのかと思い知らされる。

 人の死は、ショックだ。

 

 夕食は、「豚バラとキャベツのガリバタ醤油炒め」。レシピより肉を少なくキャベツを多くして、念入りに炒める。美味い!ご飯小とともに。

 「帰れマンデー見っけ隊!! 3時間SP 石橋貴明参戦!秘境バスサンド&新企画始動」の「バスサンド」部分だけを観る。石橋貴明が、「段取り全部組んであるんだろ?行こうぜ!」「いやいや店を聞いて撮影許可を取って」「そんなテイで、全部段取ってるんだろ?」「いえいえマジで」「中飛ばして移動しようぜ」「いえいえ歩くんです」と、いかにも昭和のバラエティノリで笑わせる。この「ギャップトーク」は面白い。今の時代の「行き当たりばったりロケ」番組に出ていない昭和のタレントを放り込むのは面白いんじゃないか?そういうタレントはあんまりいないけど。

 

 ああしかし、もう2月も中旬。仕事は遅れている。焦る。しかし話がまだ熟成していないからなあ。

 

 トランプがNATO批判したのでNATOが猛反発。「カネを出さない国はロシアに攻められても助けてやらないぞ」って、完全な NATO条約違反。国内問題ならまだしも、外交や軍事に関して思い付きや感情で放言するな。こんな乱暴な男を大統領にしてはイカンよ。これは選挙用のリップサービスだという人もいるが、あの右往左往の4年間を忘れたのか?この男がまた大統領になったら、またアレが再現されるんだぞ。あの男に核のボタンを持たせるのは恐怖でしかない。

 風呂に入って、ちょっと BSを観たら……オザワ/サイトウキネンの番組をやっていた。その前にファビオ・ルイージが振る曲が。初めて聴く曲。オネゲルの第3番「典礼風」だった。ルイージの指揮は、かなり激しくハッキリと指示を出すんだねえ。

 ベートーベンの7番、小澤はバトンを持たず、手だけで指揮をする。おれのこの第2楽章が大好きなのだが、いい演奏だと思った。

 1時9分、就寝。

 

今朝の体重:86.05キロ

本日の摂取カロリー:1833kcal

本日の消費カロリー:80kcal/1784歩+自転車

2024年2月12日 (月曜日)

2月11日/初午祭と「四月怪談」

 7時22分起床。

 晴れ。

 洗っておいた洗濯物を干す。

 目の調子ヨシ。足腰腕の調子ヨシ。体調ヨシ。Mac miniの調子ヨシ。

 朝ご飯の後、くーたんがグルグル言いながら歩き回っている。これはもう、ゲロの前兆。毛布やソファの上から降ろそうとしたら、キャットツリーに上がってしまった。ここからゲロを放射されると、ゴジラ並みの惨劇が展開される。

 慌てて降ろそうとしたら……結局、毛布の上にやってしまったので、急遽、毛布も洗濯。つい、くーたんを叱ってしまった。

 そんなことをしながら朝のモロモロを終えて、おれのアサメシはご飯小に目玉焼きを載せてマゼマゼ。ちりめんじゃこを載せたりして、キュウリの漬け物とともに。

 

 本日は、11時から東稲荷の「初午祭」。奉納金というか(玉串料)なんというかをのし袋に包んで名前を書いて準備。

 髭を剃ったりしていると、10時30分を回ったので、外出。東稲荷前で相方が来るのを待って、奉納金(玉串料)をお渡しすると、式典がすぐに始まった。例年と同じく、みなさん遠慮して東稲荷の狭い境内に入らない。これでは道を塞いでしまうので新参者のおれが前にしゃしゃり出る。

 初午祭はつつがなく終了。御神酒を戴き、講元のご夫妻にご挨拶。

Img_8428

 相方と近くのマクドナルドに行くのも去年と同じ。まだ12時前だったが、おれは「たまごダブルセット」を食べて、しばらく話す。仕事の打ち合わせと旅行の相談。河津桜を観に行くのと「旅せよ平日!JR東日本たびキュン♥早割パス」を使って三陸鉄道の旅、それぞれ日帰りの強行軍。

 解散して、喫煙所で一服してスーパーで買い物をして、帰宅。

 

 スーパーで買った「おにぎりセット」を食べる。

 おれが考える事はみんな考える、と先日身に染みたので、「旅せよ平日!JR東日本たびキュン♥早割パス」を使うとどれくらい競争率が激しいのか、「大人の休日パス」を使った体験談を探して参考にすると……驚くべき「席取り競争」が展開されるようで、ビビる。

 おれは、競争が大嫌いだ。子供の頃から運動会の徒競走が大嫌いだったし、受験も大嫌いで、序列がひと目で分かってしまう一般大学を避けて、アホか変わり者か判断しにくい日大芸術学部を選んだし……助監督は出世競争ではなくて、オノレの能力で判断されるからよかったが、小説を書いて食うようになると、売上げの数字がドーンと来て、これはもう他の先生方と比較される運命にある。そんな日々だから、旅行でチケット取り競争や席取り競争はしたくない。むしろ、嫌悪する。指定席を取ってゆるゆる参りたい。ガラガラのローカル線にポツンと座って旅したいんだけどなあ……。

 それは、「旅せよ平日!JR東日本たびキュン♥早割パス」とか「大人の休日パス」を使わずノーマル料金で行けば、五能線だって三陸鉄道だってガラガラなんだけど。三途の川も金次第と言うけど、世の中、カネなんだよねえ。

 しかし、そういう制約の中で抜け道を探して旅を成功させる醍醐味もある。アタマと運試しってところもあるのが面白いところなんだけど。

 

 wowowで録画した小中和哉監督の「四月怪談」、録画の状態をチェックするために見てみる。これは超低予算で16ミリ(合成部分は35ミリ。劇場版は全編35ミリにブローアップ)で撮った作品……だが、名手・志賀葉一さんの撮影が極めて素晴らしい記憶だけは鮮明だ。美術は「相棒」シリーズを担当している近藤成之さんだし。

320

 冒頭の、丸の内早朝ロケ(ゲリラ撮影)のカットを観て、血が逆流した。この時の記憶が一気に蘇った。うわ~完成試写以来何年ぶりに見ただろう……。チーフ助監督としてむちゃくちゃ苦労したし、スタッフキャスト各位には大変迷惑をかけたけど、出来上がりには大満足な希有な1本。時間ない予算ないの中、よく作ったなあ……今から思うとよくやったなあと自分を褒めてやりたい。ロケ交渉に粘り、葬式の場面を撮るのは困ると不動産会社に言われて頼み込んだり、ロケセットに借りた一般民家に病室のセットを作り込んだり、監督の山ほどある絵コンテを3ポジで撮れる!通しで撮って編集で割ればいいんだ!とカット割りを大整理した程度で、スケジューリングとか、ガタガタ。目黒の神社でクレーンを使う撮影の準備をしていると大雨になって、なかなか中止の判断が出来なかったり……。助監督としての力のなさを実感したけど、ダメなりに全力で頑張った。

 状況がまったく違うけれど、黒澤が松竹で「白痴」を撮ったとき、松竹一の名カメラマンと黒澤さんが対立して、それで撮影部が演出部に反旗を翻して……札幌駅前のロケにスタッフが来なかった。駅前で途方に暮れている助監督・中平康に……。

『噴水のへりに腰を下ろしている黒沢さんと私。

 やがて──。

「つらいかい」

 思いがけずやさしい黒沢さんの声が聞こえた。

「つらいだろうがね、助手のとき、苦労をしておくと、一本になってから皆に言えるよ、俺はやってきたんだぜってね」

 雪は降りしきる。

 一面の銀世界に、スピーカーからドン・コサック合唱団の低音がひびく──のはもちろん映画になった場面のB・G・Mなのだが、この出来事は、私のそれからのかなりの部分を決定したようだ』(〈デルス・ウザーラ〉製作記念特集/黒澤明ドキュメント キネマ旬報増刊より)

 この文章を学生のときに読んで感銘を受けた。

 助監督になって、市川組ではこういう事は起きず、ひたすらおれ自身がミスをして諸先輩にカバーして貰うばかりだった。超低予算映画で慣れないチーフをやったときも、スタッフは終始協力的だった。プロデューサーの地獄の圧はあったけど。

 まあ、そんなこんなを思い出し、「俺だって、やって来たんだぜ!」と思った。というか、思い出した。ここ数日、いろいろと凹んでいたのだが、昨日の気功もよかったし、初午祭もよかったし、「四月怪談」と再会して、あの頃の情熱やパワーを思い出した。

 もうひと頑張り、するか。

 

 洗濯物を取り込む。毛布は乾いて、いい香り。

 18時からの「光る君へ」を観る。今までにない大河ドラマだと思う。それがとても面白い。こんなに面白いのに視聴率が低いって……視聴者がバカだとしか思えない。今回のポイントは、一族の一員として自覚した道長と、(のちの)清少納言と対面してバチバチになるまひろ。ファーストサマーウィカを清少納言にしたキャスティングはやはり、冴えていると思う。史実では紫式部と清少納言は会ったことはなかったそうだが……狭い京の都で、会った事くらいあるんじゃないの?いいじゃん、それくらい。

 19時に夕食。ご飯を炊いて、マグロの切り落としで「マグロ丼」を作ろうかと思ったが、切り落としを刺身として食べる。ご飯をお代わり。菜の花の胡麻あえ、数の子ワサビ、インスタントのしじみ汁、キュウリの漬け物で。

 その後、「空いてそうで趣のあるローカル線」をあれこれ探す。なんせ日帰りだから、凝りすぎると帰ってこられなくなってしまうから、ほどほどが大切。

 風呂に入り、23時55分、就寝。

 

今朝の体重:85.90キロ

本日の摂取カロリー:1943kcal

本日の消費カロリー:90kcal/2240歩+自転車

2024年2月11日 (日曜日)

2月10日/通院して気功に身も心も救われた

 7時14分起床。

 晴れ。

 目の調子回復。足腰腕の調子ヨシ。体調ヨシ。Mac miniの調子ヨシ。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシは牛乳、6枚切りのトースト、ゆで卵。

 

 おれは小澤征爾の熱心なファンではなかった。CDも数枚しか持っていない。しかし、日本人が欧米のクラシック界で活躍する先陣を切ったパイオニアだということで深く尊敬していた。

 パイオニアは、常人ではない。どこか突き抜けた、凄い人だと思う。「N響事件」はそんな若き「音楽の神に見出された特別な人」を当時のクラッシック界が理解出来なかったから起きたと思っている。楽壇の権威者たちの小澤叩きをひっくり返したのは、浅利慶太、石原慎太郎、井上靖、大江健三郎、谷川俊太郎、三島由紀夫、由起しげ子などの当時の新進気鋭の若手文化人たち。彼らが「小澤征爾の音楽を聴く会」を結成して日本フィルを起用したコンサートを大成功に導くが、その巧みな「世論誘導」の甲斐があって、「旧弊な権威主義のN響に独り戦いを挑む世界が認めた若き天才・オザワ」というイメージが定着した。しかし小澤自身は、日本での活動に嫌気がさして日本を去り、欧米での活動に集中した。これがよかった。N響の指揮者で小さくまとまらなかったからこそ、世界の超一流オケを振り、音楽監督を務め、尊敬される有数のマエストロになったのだ。ウィーン音楽院も出ていない東洋人。アメリカ人のバーンスタインでさえなかなか認められなかったヨーロッパで活躍出来たのは、カラヤンに認められたからだし、アメリカでの活躍はバーンスタインに認められたからだ。これはもうオザワの音楽的才能と熱意と人間性以外の何者でもない。

 音楽評論家の中には、つい最近までオザワに否定的なことを書く者もいた。まあいろんな意見があって当然だが、「日本人は成功者の足を引っ張るのが好きだよなあ」と思ったものだ。で、おれは今もN響が好きではない。団員が、実に詰まらなそうな顔で演奏しているから。真面目に演奏に集中しているのだろうが、欧米のオケなんか、みんなニコニコしたり泣きそうになったり真面目な顔になったりと表情豊かに演奏する。日本人は感情を表さないと言うが、おれが大好きな東京交響楽団の面々は、素直に感情を表して弾いてるぞ。感情豊かに奏でるから、音楽は素晴らしいんじゃないのか?

 

 本日は2ヵ月に1度の整形外科の日。そしてその後、今年初めての気功。一度帰宅して出直すのも面倒なので、病院から直行することにする。

 

 クリニックには10時30分到着。1時間ほど待って問診。薬を出して貰って薬局が終わったのが12時。

 自転車を駐輪場において、京成関屋から1駅の堀切菖蒲園。

 駅近くのATMでお金を下ろし、オリジン弁当で明太のり弁を買ったのが12時30分。気功教室の会場脇の喫煙所でタバコを吸って、ロビーで座って13時になるのを待つ。

 13時少し前に、堀切の気功教室の幹事・RさんとMさんが来て、部屋を開ける。気功の時間までお昼を食べながらお話会、というはずだったが、RさんとMさんは近くで済ませてきたと。おれだけ明太のり弁を食べながら、「気」の話を伺う。

 話が佳境になったところで北山先生が到着して、Mさんが先生の「手当て」を受ける。その横でおれはRさんに「気」のレクチャーを受ける。

 14時になって、気功・太極拳教室。今回はラジオ体操もやってけっこう動いて汗をかいた。そして座って首や目の気功。この組み合わせが最高だった。動きがキツ過ぎると辛いが、あまり動かないと気功をやったという実感がない。今回はその案配がちょうどよかった。

 そして……気功もいいが、北山先生に突っ込んだりメンバーと冗談を言って笑うこと。この相乗効果が、物凄く効いた。

 このところ精神的に孤立感があって、ちょっと追い詰められた感じもあったので、これは助かった。砂漠のオアシスという感じ。やっぱり人間は社会的動物なんだなあということを実感。外に買い物に出てスーパーの人とひと言二言言葉を交わすだけじゃダメ。ずっと部屋に籠りきりな独居老人は自覚していないかもしれないが、精神的にかなり傷ついていることだろう。

 

 気功教室は16時30分で終了。

 おれはその足で、「ラーメン弁慶」に向かう。しかしまだ少し早いので、いつもは歩かない道を遠回り。堀切菖蒲園とかお花茶屋っていいなあ。東京の田舎というか、まだまだ昭和というか。北千住が個性を失ってどんどん詰まらなくなっていくのに比べて、この2つの街はまだまだ個性的でとても魅力的に感じるようになってきた。

 17時に「ラーメン弁慶」到着。お客ゼロ。たぶん時間的に端境期なのだ。ラーメン中盛りにチャーシューを1枚追加。

Img_8427

 美味い。大盛にすればよかったと思ったが、ここの大盛は半端ない量なので、今のおれには中盛りが一番。この写真の角度では判らないが、モヤシが山のように盛られている。二郎系の影響だろう。以前はそんなに山盛りではなかったから。

 

 食後、ゆっくりと歩いて堀切菖蒲園から1駅乗って、京成関屋。

 駅前の喫煙所で一服し、明日ある東稲荷の「初午祭」用ののし袋を買って、帰宅。

 

 テレ東の「土曜スペシャル 千原ジュニアのタクシー乗り継ぎ旅⑲秋田」「アド街ック天国/小田原」を観ながら聴きながら、健保の書類が届いていたので、PDFにして税理士の先生に送ったり、Kindle電子出版の短編集第3弾「特攻!両国国技館」のリリースが万全のカタチでなされたので、その宣伝をSNSに書き込んだり、この日記ブログの新刊リストに組み込んだりと、いろいろ。

Sf1_20240211094101

 気功のせいか、凄く眠くなってきた。

 小田原のような、東京からある程度距離があって、その地域の中核都市で交通の便がいい街って、魅力的だなあ。宇都宮もそうだし高崎もそう。千葉の鴨川や館山は都市としては小さいけど、とても魅力的だねえ。

 「情報7デイズ」を途中まで観て風呂に入り、「人生最高レストラン」を観る。男のグループって、ジャニーズ事務所以外のものはジャニーズ事務所が潰してきたけど、EXILEだけはその難を逃れたのはあまりに路線が違うからか?DA PUMPも潰されなかったけど。

 ところで、東京藝大で開催されるらしい「大吉原展」、江戸時代の吉原が「文化人が集まって最先端の文化を創り出したユートピア」みたいなコンセプトでやると知って、電通の軽薄な宣伝マンが考えそうなコンセプトだなあと思っていたら、猛批判。さすがに藝大側は慌てて軌道修正。尖がった宣伝文句で注目させようとしたのかもしれないが、今の時代に「吉原がユートピアだった」って、無知蒙昧にもほどがあるだろう。

 0時9分、就寝。

 

今朝の体重:85.40キロ

本日の摂取カロリー:2262kcal

本日の消費カロリー:252kcal/5919歩+自転車+500kcal(気功・太極拳)

2024年2月10日 (土曜日)

Kindle版「特攻!両国国技館」発売!

Sf1_20240210210201

「特攻! 両国国技館/安達瑶SF官能短編小説集3 安達瑶SF官能小説短編集」 (安達ノベルス) Kindle版

 

*Kindle Unlimitedにご加入なら無料で読めます!*

安達瑶の初期SF官能短編小説集第3弾です。あちこちの小説誌やアンソロジーに書いたものを収録しました。ヒネリの利いた佳作であると自負しています。

「官能」ではありますが、ディープなものではなく、SF的なヒネリをお楽しみください。今回は「航空パニック」も入っております。

続巻を予定しております。乞うご期待!

 

*収録作品*

電脳美女・マウスでイカせて……OA音痴いやパソコン恐怖症で強度の『キーボード・アレルギー』な中間管理職・西田が、社の秘密プロジェクト『絶対成功パソコン独習システム』のテスターに選ばれてしまった!帰宅した彼の部屋に鎮座するパソコンに電源を入れると、ディスプレイに現れた美女が、彼をじっと見つめて話しかけてきた。それはアダルトゲームなのだが、ゲームでやったことと同じ事が現実でも起きるとは……。

詐欺師兵助……天才詐欺師を自認する兵助が国際線パイロットに扮して二股詐欺の場所に選んだのは成田にある超最新鋭で最先端のホテルだったが……ハインラインもビックリの展開が!

特攻! 両国国技館……官能と航空パニックが奇跡の合体!大相撲ハワイ巡業より帰国する駱駝(らくだ)山部屋の関取が大挙して乗り込んだジャンボ機がハイジャックされ、狂気の犯人は機を両国国技館に突っ込せようとするも、CAの大活躍で傷ついたジャンボ機をなんとか京葉道路に着陸させようとする……「エアポート」シリーズも真っ青の、航空パニック巨編!

 

Amazon Kindleのみでの発売です。こちらからどうぞ。

Kindle unlimitedご加入ならば無料、ご加入でなれば 300円です。

第4弾や未発表長編小説や連作短編集も発刊を予定しております。乞うご期待!

2月9日/第2章構成と書き始め・快楽亭高座録音マスタリング・巨星墜つ

 7時30分起床。

 iPhoneでニュースを読んだせいか、朝から目がショボつく。

 晴れ。

 目の調子よくない。足腰腕の調子ヨシ。体調ヨシ。Mac mini、OSのアップデートあって快調。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシは牛乳、8枚切りのトースト、ゆで卵、コーヒー。

 

 第1章を修正してから第2章に入ろうと思っているが、相方からチェックファイルが届くまでの間に、第2章の構成を考えることにする。章割りはしてあるが、構成は常に変動する。

 昼過ぎに一応、整理がついたので、相方に送る。第1章の改稿メモ付き。

 

 外に出て、「富士そば」でミニカツ丼と盛りそばのセットを食べ、喫煙所で一服して、明日の通院のためにATMでお金を下ろして、帰宅。

 

 時間が空いてしまった。こういう時は、やっておくべきコトを済ますことにする。手をつけていなかった、快楽亭の1月27日の毒演会の録音を編集・マスタリング。今回の録音の発売はゴールデンウィークのつもりだから急ぎませんと師匠に言われているが、CD-Rに焼いておかないとなんだか不安なのだ。データって何時如何なる理由で使えなくなるか判ったものではないという不安がある。まあ、万が一のためのバックアップは取ってあるのだが。

 「犯人は誰だ!?」と「道具屋退院篇」の2席。会場の関係か、あまりステレオ感がないのだが、メーター的にはきっちりステレオになっている。

 CD-Rに焼き、MacとCDプレーヤーで再生して無事完成。いつでもCD製造会社に送れるが、今回はどうするか、なんだか師匠との連絡係みたいになっている(とおれが勝手に思っている)榎園監督に連絡して、まだ待ってくださいとの返答を得る。

 

 第2章、アタマから書き始めることにする。予定よりかなり遅れているし。

 

 夕食は、冷凍餃子を焼く。羽根つきで巧く焼けたが……味はやっぱりお店には勝てない。それは仕方がないか。もっと美味しいメーカーもあるだろうけど。ご飯小と、キャベツの千切り山盛りと。

 食後、19時のニュースを観ていると、「小澤征爾死去」の速報が。病気を押して舞台に上がってデュトワを称えたりしている姿を観て、ゆっくり休んでいて欲しいと思っていたのだが……。

 ニュースのあと、「ザワつく!金曜日」を一部観る。鍋料理の第1位を当てないゲーム。そりゃ第1位は「すき焼き」だろ。「すき焼き」を鍋料理に入れない考え方もあるようだけど。続いて「マツコ&有吉 かりそめ天国」を観る。U字工事はほんと、栃木愛が凄いなあ。というか、栃木ネタに特化して大成功。彼らの喋りを聞いていると、宇都宮に移住したくなる。落雷と豪雨が凄いイメージがあるんだけど、キレイな街だよね。

 その時、月曜に予定されている青汁宅配の女性から電話。明日配達させて貰えないかという打診。月曜は連休だから。しかし手持ちのカネが足りるかと財布を確認。昼間にお金を下ろしておいてよかった。しかしこういう連絡は昼間にして欲しいなあ。

 

 21時以降のニュースで、小澤征爾の偉業を詳報。ブザンソン指揮コンクールでいきなり優勝して世界に飛び出して、カラヤンとバーンスタインの両方に師事したという経歴は異色も異色だろう。当時クラシック界の最大のライバルと言われていたこの2人に師事するなんて!日本的な「師匠と弟子」の関係ではないだろうが、終生この2人とは友好関係を保ったのは大きかっただろう。しかし、それは小澤征爾の音楽と人間性の賜物。音楽のことを語り出したら止まらなくなって、その熱意に誰もが感動して支援を申し出たり、という比類なき「人間力」。これはもう、モーツァルト級の「音楽の神に愛された人」としか言いようがない。おれの愛聴する小澤さんの録音は、新旧の「春の祭典」とフォーレの作品集。オペラの「カルメン」もよかった。

 小澤さんが「日本を棄てた」のは例の「N響ボイコット事件」だが、これについては小澤さんも遅刻癖があったり勉強が足りなかったりした、と反省の弁を述べているが、日本の「楽壇」との決別があったから欧米での武者修行の旅が続いて、欧米の超一流オケの客演の常連になり、ボストンやウィーン国立歌劇場の音楽監督になって揺るぎない名声を勝ち得たのだ。

 心から、合掌。

 

 仕事に戻り、第2章を少し書く。

 AmazonKindleから電子書籍発売の連絡が来たが、直したところが直っていないので、再度修正。また発売し直し。まあ急いでいないから納得する形になるまで修正する。

 

 風呂に入る。

 芦原妃名子さんの死については、ずっと重く考え続けている。人間が死を選ぶについては、いろんな事が一気に重なってしまったからだろう……。と、書くと物凄く軽くなってしまうが、いろいろ考えた事を書くのは止めておく。

 23時36分、就寝。

 

今朝の体重:85.75キロ

本日の摂取カロリー:1950kcal

本日の消費カロリー:65kcal/1709歩+自転車

2024年2月 9日 (金曜日)

2月8日/指定券争奪戦&第1章送稿

 7時30分起床。

 晴れ~快晴。

 洗っておいた洗濯物を干す。凄く寒い。

 目の調子ヨシ。足腰腕の調子ヨシ。体調ヨシ。Mac mini少々不安定だが再起動して安定。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシは牛乳、6枚切りのトースト、ゆで卵、コーヒー。

 

 今日は10時に、五能線を走る「リゾートしらかみ」(金土日のみ運行)の指定券が発売される。JR東日本の平日乗り放題キップ「旅せよ平日!JR東日本たびキュン♥早割パス」を使って日帰りで「リゾートしらかみ」に乗るためには、3月8日、それも秋田→青森の「5号」一択。逆だと帰路の乗り換えが9分しかなくて極めてリスキー。同じ事を考えている鉄道ファンは山ほどいるはず。

 あんまり早く「えきねっと」に入ると肝心の10時に弾かれそうなので、9時50分にログイン。しかし二重認証を求められてメールでパスコードが届いて、なんとか9時55分には「リゾートしらかみ」の予約ページにたどり着けた。あとは10時ジャストに予約開始ボタンを押すだけだ……。

 10時になってボタンをクリックしようとしたが、「発券開始」状態にならない。あ、これはページのリロードが必要なのだと慌ててリロード。座席の選択画面で、海側の「AとB」の2列が空いているところを探すが、表示された「3両目」にはない。4両目に移って空席を探したいが……ここで画面がフリーズ。ウチのMac miniのせいではなく、「えきねっと」のサーバーがアクセス殺到で処理出来なくなったのだ。予約画面から出て再度入ったりしているウチに、「リゾートしらかみ5号」は満席になってしまった。完敗。

 この事を旧Twitterでボヤいたら、「みどりの窓口の『10時打ち』」で見事にゲットしたという書き込みが。事前に必要事項を入力しておいてもらって、10時ジャストにエンターキーを押して貰う。これをやって貰うには、その「みどりの窓口」係員と親しくなっていなければダメなのでは、と思ったが、そうでもないらしい。乗り鉄マニアは多いから、そういう頼みも多いのだろう。

 教訓。どうしても取りたいキップは、みどりの窓口で買うべし!北千住駅にはもうないが、日暮里・松戸・上野にはある。窓口の少ないところでは迷惑だろうが、上野のようにたくさん窓口がある駅では大丈夫だろう……。

 チケット争奪戦に敗退して、おおいに虚脱感。しばらくして悔しさが湧いてきたが……こればかりは仕方がない。「旅せよ平日!JR東日本たびキュン♥早割パス」を使って、三陸鉄道に乗るプランに切り替えよう。こちらは条件は緩い(「リゾートしらかみ」のような特別列車は走っていない)ので、行き帰りの新幹線を予約するだけで乗れる。

 気持ちを切り替えて、三陸鉄道ツアーの乗り換えを調べてみる。

 

 仕事開始!「内閣裏官房6」の第1章、昨日書ききれなかった部分を書いて、アタマに遡って修正が必要な箇所に手も入れて、なんとかアゲて、相方に送る。

 

 14時ごろに外出して、北千住東口の「珍来」に久々に行り、炒飯と三本餃子を食べる。珍来の炒飯は量が多いし、美味い。

Img_8426

 スーパーで牛乳やメンチカツなどを買い、斜向かいのペット用品店でくーたんのご飯を買い、喫煙所で一服して、帰宅。

 

 洗濯物を取り込み、相方に送ったのと同じファイルを祥伝社担当O氏にも「まだ修正していません」とお断りを付記して送る。

 

 去年の夏から、新刊が出ない月は「自主電子出版」をやることにした。電子出版から撤退した社から出していたものが宙に浮いているのを再編集して出したり、以前、自費出版してコミケでも売って貰ったもの、そして日記を再編集したものなどを紙の本が出ない月に出してきた。今月は紙の出版がないので、「SF官能短編集」の第3巻を出す。すでに原稿は用意してあって、レイアウトも表紙デザインも出来ている。再確認して縦書きにすると横倒しになる半角数字などを全角に打ち直しただけで、内容には手を加えずに、Kindleで発行操作。去年の12月にやった手順を思い出しながらやる。

 

 夕食は、買ってきた「アジフライ」と「メンチカツ」に、キャベツの千切りとマカロニサラダ、ご飯小、インスタントのしじみ汁。オーブントースターで温め直したアジフライとメンチカツは美味しい。温め直しはオーブントースターを使うのが正解。

 食後「プレバト」を観る。俳句、夏井先生の添削はやっぱり見事。ダメな句でもサマになる。

 

 「セクシー田中さん」の件。やっと小学館がコメントを出し、コミック部門も声明を出し、脚色を担当した脚本家もインスタに書き込んだ。しかし一番の問題のカギを握っているはずの日テレはよそよそしいコメントを出しただけ。

 原作と脚色については、本当にケースバイケースなので、事情を知らないおれは、何も言えないと思っている。しかし、ドラマの制作現場は特殊なことも多いし、間に入る人間が多ければ多いほど「伝言ゲーム」になって誤った内容が伝わっていく……。

 しかし。原作の芦原さんは、原作を守るために出来る限りの事をして、その結果はもっとも悲惨なことになってしまった。その事実は頑としてある。おれがこのドラマを観て感動したのは芦原さんが懸命に脚色に手を入れて原作に引き戻した結果なのだろうと思うと、本当に、心が痛む。

 何も言えないと言いつつ、書いてしまったが。

 

 いろいろ考えていると0時を回ってしまった。風呂に入る元気が失せたので、そのまま0時24分、就寝。

 

今朝の体重:85キロ

本日の摂取カロリー:1860kcal

本日の消費カロリー:57kcal/1461歩+自転車

2024年2月 8日 (木曜日)

2月7日/仕事&通院

 7時44分起床。

 薄曇り~晴れ。

 目の調子ヨシ。足腰腕の調子ヨシ。体調ヨシ。Mac mini朝は不安定だったが再起動したら絶好調。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシは簡単に、ご飯小に目玉焼きを載せてマゼマゼ。それにちりめんじゃこや焼き海苔にキュウリの漬け物に牛乳も。

 

 本日は月イチの内科診察の日。

 10時過ぎに外出し、途中の郵便ポストに税金関係の書類を投函。

 クリニックはさほど混んではいなかった。検尿に採血して順番を待って診察。血糖などの数値、少し良くなったようだ。降圧剤とともに花粉症の薬も処方して貰い、薬局を終えても12時前。

 スーパーに寄って弁当などを買って喫煙所で一服して帰宅。

 

 郵便受けに「Tポイント付きクレカを更新しません」という通知が入っていて、凹む。このクレカ、クレカとしては全然使っていないのでそれは別にいいのだが、Tポイントは積極的に貯めていて、現在8000ポイントくらい貯まっている。使える店でなら1ポイント1円で使えるのだ。サイトを調べると、新たにTポイントカードを作ればポイントは移行出来ると。しかしその詳細がよく判らないので、20秒ごとに10円の問い合わせ電話で聞いてみたが、手間はかかるが移行は出来ると。もしくは3月末までにポイントを使い切るか、ペイペイに交換するか。しかしペイペイのアカウントは更新されないTポイントクレカに連動しているので、消えてしまうかもしれない。一番安全な策を採ろう。それは近所でTポイントカードを作り直すことだ。

 面倒な事が増えた、と激しく凹み、詳しい事は書かずに「凹んだ!」とFacebookに書き込んだら、それを読んで心配したTMさんがソッコーで電話をくれた。訳を話したら「な~んだ」と言うことになったけど。

 しかし、昼は、買ってきた「おにぎりセット」とかき揚げを載せたうどんにしようと思っていたのに食欲が減退してしまい、「おにぎりセット」だけで済ます。おれは単純なので、何かあると即、食欲に影響が出る。我ながら単純だねえ。

 

 仕事開始。「内閣裏官房6」、昨日の続き。書いていて、どうも設定に問題を感じたので、アタマに遡って修正を加えて、先に進む。

 

 それはそうと、サッカー日本代表の森保監督の評価がガタ落ち。ほんの少し前までは「ドイツとスペインを破った神監督!」と崇め奉られていたのに……イラクとイランに負けたらもう「解任か」「次の代表監督この3人が候補」とかの記事が踊る。いやあ、凄い世界だね。おれはサッカーというかフットボールは本当に何も知らないド素人だが、この上げたり下げたりの掌返しの凄さには戦慄する。怖い世界だねえ。

 旧Twitterを見ていたら、気になる書き込みが。東京23区の「区」の英語表記が、「Ku」だったり「Ward」だったり「City」だったりする件。確かにおれも以前から気になっていたのだ。こういう行政的な事は一律の基準がしかるべき。

 調べてみると……

国土交通省国土地理院  地名等の英語表記規程 平成28年28年3月29日 国地達第10号

   (目的) 第1条 この規程は、国土地理院が作成する地図及び地名集に記載する地名及び施設名の英語表記基 準として、標準的な表記方法を定めることを目的とする。

   (市区町村名の英語表記)

  第15条 市区町村名の英語表記は、置換方式によるものとする。市区町村とその英語は次の各号に定めるとおりに行う。

   一 市は表音のローマ字表記の Shi を City にして表記するものとする。

  二 区は表音のローマ字表記の Ku を Ward にして表記するものとする。 ただし、東京23 区は表音のローマ字表記の Ku を City にして表記する。 

 だって。しかし現実には混在しているし、どこかの区に至っては、ロンドンの旧行政区の名称「borough」を使うところだってあるはず。ん?それは東京ではなかったっけ?とにかく、基準はきっちりとは守られていないねえ。

 

 仕事を進める。直せば直すほど、きっちりしてくるので手応えを感じる。

 

 夕食は、昼に食べなかった「かき揚げうどん」。かき揚げをオーブントースターで温めて、うどんに載せる。美味い。店で食うかき揚げうどんと遜色なし。家でそばも食いたいなあ。ご飯小にふりかけとちりめんじゃこも。

 「笑ってコラえて2SP」の前半を見る。藤沢のハンバーガー店、美味そうだったなあ!藤沢には夏になると通うけど、行くのは片瀬海岸だけだもんな。いや、デカいボディボードを背負って街中をウロウロしたくないし、海から上がると疲れているから、片瀬江ノ島駅か鵠沼海岸駅周辺で済ませたいんだよね。

 

 仕事再開。最近は夕食後も仕事が出来るようになったので、午前中が潰れたり、午後に進まなくても夜、挽回出来るようになった。

 

 CMで「だからみんな頑張れみんな頑張れ」という昔懐かし井上陽水の曲「東へ西へ」が流れるが、この歌、嫌い。歌詞を読めば嫌う内容ではないのだが、執拗に「頑張れ」と言われると嫌になる。「おれだって頑張ってるんだよ!」と映画にもなった北澤楽天みたいに怒りたくなる。「私だってね、私なりに頑張っているんですよ」と。

 頑張ってる人に「頑張れ」というな、と言われるようになったけど、たしかにそうだなあ。おれは頑張ってるんだから、いちいちお前に頑張れと言われる謂れはないんだ!と言いたくなるぞ。

 

 明日発売の列車の指定券をネットできっちり取るために、何度も予行演習をする。どういう手順でやれば一番早く手続きが完了するか、指定席を選ぶのに的確な画面に一番早く入るには、とか、空席がある日の分で「予約の練習」をしたりとか、いろいろやっていたら、何度目かのログインで、ログイン出来なくなってしまった。あまりに頻繁にログインとログアウトを繰り返したからだろう。一晩アクセスしないで「ほとぼり」を冷ませば回復するだろう……。

 

 仕事をしたりテレビのニュースを観たりして、風呂に入り、また仕事。

 明日回しにしようと思った部分を書いてしまう。しかしこのブロックはまだ終わらない。明日書き終わって最終確認。

 

 23時52分、就寝。

 

今朝の体重:85.40キロ

本日の摂取カロリー:1740kcal

本日の消費カロリー:141kcal/3183歩+自転車

2024年2月 7日 (水曜日)

2月6日/仕事して誤報を訂正

 7時31分起床。

 雨。

 夜中にトイレに行った時に外を見たら、幹線道路はキレイに除雪されていた。もしくは通行量が多くて自然に解けたのかも。しかしキレイになっていたので道路清掃車が走って雪もキレイにしてくれたのだろう。

 目の調子ヨシ。足腰腕の調子ヨシ。体調ヨシ。Mac miniの調子もヨシ。

 朝のモロモロを済ませるが、映画「M3GAN」の感想を書いて時間がかかった。知り合いの感想を探していろいろ読むと、笑ってしまった、という感想が複数あった。おれも、ホラーとかオカルト映画を観ると笑ってしまうので、その感想には共感するのだが……「M3GAN」に関しては、まったく笑えなかった。スゲえと思って、その分、気持ちが悪かった。いや、映画としては凄い完成度だと思う。

 アサメシは、牛乳、6枚切りのトースト、ゆで卵、コーヒー。

 

 仕事開始。「内閣裏官房6」の第1章。「プロローグ」を直してしまおうかと思ったが、この部分は相方にお願いした方がいいかもしれない、と触らず。数ヵ所にチェックは入れたが。

 「第1章」、書いたところを読み返して、結構手を入れる。

 

 昼は外でラーメンを食べたかったが、雨が降り続いているので、「肉うどん」を作ってみる。濃い目に延ばしためんつゆに砂糖を加え、豚バラ肉と小松菜を入れて煮込み、レンジで温めた冷凍うどんにヒガシマルうどんスープを入れた「素うどん」にトッピング。それにネギをパラパラ。初めて作ったが、なかなか美味く出来た。

Img_8425

 仕事再開。

 頑張って1ブロック終了。

 次のブロックは、熟慮のすえ、次章に回した方が流れがいいと判断。最終ブロックについてはどうしようか、思案。

 

 夕方になって、雨も止んで晴れ間も見えてきた。

 外出してコンビニで夕食用のレトルトのビーフシチューにポテトサラダを買い、郵便局に行ってレターパックを買って、帰宅。

 

 仕事再開。 最終ブロックも次章に回した方がと思ったが、そうするとどんどん先送り的になってしまうので、このブロックは書いてしまうことにするが、流れを考えて、どう書こうか思案。

 

 18時に夕食。レトルトのビーフシチューを温め、ポテトサラダとご飯小で。ビーフシチューは肉が大きくて柔らかくて、なかなか美味い。

 「オモウマい店」を観る。今回は数店を駆け足で紹介。その中でも福岡の「麻婆炒飯と普通の炒飯が同額の店」がとてもユニーク。3月に、この番組で常連のお店が集まってイベントをやるのか~。行ってみたいけど、凄く混みそうだなあ。人混みは大嫌いだからなあ。

 「さんま御殿」を少し観て、mixiを覗いてみると……。

 

「作家同士がお互いを先生と呼ぶのに違和感」という書き込みに呼応して、ある人が、『東宝系の映画監督は「先生」呼びが徹底されて、東宝の前身である“JO”出身の市川崑は自分を「市川先生」と呼ばぬ人間に返事をしませんでした』という、どこでそんなことを聞いたのか、まったくの「誤報」が書かれていた。やり取りを重ねると、どうも複数の人物からの伝聞を組み合わせた誤解のようだったが。

 世の中には誤報が溢れている。おれは、事実と違う報道や書き込みに触れた時は、出来る限り「それは違う」と書き込むようにしている。僅かでも誤報や思い違いを減らしたいから。そういう誤報が残って、妙な伝説とか「間違った史実」と化すのが大嫌いだからだ。

 おれは市川さんの弟子になって東宝撮影所に出入りしていたが、市川さんを「先生」と呼ぶ人は誰もいなかった。市川さんの個人事務所の番頭である録音の大橋さんや編集の長田さんという「最側近」はもちろん、東宝の助監督さんもスタッフも、そして俳優も、誰も先生と呼ばなかった。弟子であるおれこそ「先生」と呼ぶべきだったが、たしか「市川さんは先生と呼ばれるのが好きじゃないから『さん』でいいよ」と言われた記憶があって、ずっと『さん』付けだった。

 東宝は例の東宝争議があったので、スターも監督もスタッフもみんな「同じ東宝の社員」という意識が徹底されていたので、三船さんにも黒澤さんに対しても先生はつけていなかった。それに、東宝の助監督にはプライドやポリシーもあったはずだし。

 プロデューサーの田中友幸さんは市川さんのことを「崑ちゃん」と呼び、黒澤さんはリメイク版の「ビルマの竪琴」のセットに入ってきて「おい、崑!」と呼んだそうだが(助監督の頃、黒澤さんがチーフ、市川さんがセカンドだった関係がそのまんま)たまたまおれはセットを離れていてその場に遭遇しなかったのがとても残念。あ、撮影所の宣伝部にいた「山ちゃん」と呼ばれて親しまれていた名物女性は市川さんのことを「センセ」と唯一呼んでいた記憶がある……。

 とにかく、「市川さんは先生と呼ばれないと無視した」という話は、まったくの間違いであることは書いておく。

 

 仕事に戻るが、第1章の最終ブロックをどう書くか決めて、書き出したが、もうパワー不足。本日は終了。

 

 風呂に入り、汗が引くまで録画した「早起きせっかくグルメ」を観て、0時7分、就寝。

 しかし、いろいろ考え事が脳裏を去来して(この表現は正しいのか?)、なかなか寝付けず。

 

今朝の体重:85.70キロ

本日の摂取カロリー:1945kcal

本日の消費カロリー:33kcal/781歩+自転車

2024年2月 6日 (火曜日)

2月5日/三菱UFJ銀行の電話窓口たらい回し&映画「M3GAN」に驚愕・衝撃&仕事の打ち合わせ&大雪雷

 8時13分起床。

 曇り。

 目の調子ヨシ。足腰腕の調子ヨシ。体調ヨシ。Mac miniも調子ヨシ。

 朝のモロモロを済ませると、9時を回ってしまった。

 アサメシを後回しにして、昨日キャッシュカードが「期限切れ」という理由でATMで使えなかった件を三菱UFJ銀行に問い合わせる。

 まず銀行のサイトからお金がかからない「チャット」機能を使ったが、アサッテな回答しか出ないので、電話で問い合わせる。しかし、長い長い時間待たされたあげく、「この電話では個人情報が扱えない」と違う電話番号を教えられたが、そこは管轄外でまた違う番号を教わったが、それは「3分10円かかる」有料電話。「生きる」に出てくるお役所たらい回しと同じ。今どき、こんなこと役所の窓口でもないぞ。役所はもっと親切になっている。しかも問合せなのに、有料。

 電話の「回答」を待ちながら、「心当たり」を考える。

 支払いの選択肢を多くしておこうと、少し前に「デビット機能付のキャッシュカード」を送って貰い、使わないまましまってあるのだが、もしかして、これか?しかし「従来のキャッシュカードは使えなくなります」という注意書きはどこにもないぞ。デビット機能付のキャッシュカードに同封されていた書類を読み返してもそういう記載はないし。

 しかし……銀行のサイトの分岐をどんどん深掘りしていったら……おれが求める回答が、あった!デビットカード兼用キャッシュカードについてのページの、ツリーで言うと3層目に、小さく書いてあった。デビット機能付のキャッシュカードが送られてきたら、その3ヵ月後に従来のキャッシュカードは使えなくなる、と。昨日がその3ヶ月目だったのか。

 答えが判ったので、ずっと「待機」状態だった電話を切る。待機してもその分電話料金は加算されるんだから。渋滞に巻き込まれてもタクシーのメーターは上がっていくのと同じ(距離と時間併用ですよね?)。電話代と時間を浪費してしまった。

 朝から不快。銀行も金を稼ぐために顧客サービスはどんどん有料になっている。しかし三菱UFJ銀行は硬貨を預けるのに手数料を取らないからまだマシだが。

 

 さて、10時を過ぎて、遅れたアサメシでも……と思っていたら、相方から「マクドナルドでお昼食べませんか」とのお誘い。

 アサメシ代わりにミルクココアを飲んで朝の薬を服用し、髭を剃って、11時過ぎに外出。

 

 まず北千住西口のATMに行って、デビット機能付のキャッシュカードが使えるかどうか試すと……使えた!

 その足で、千住大橋の「ポンテポルタ」にある「マクドナルド」に急ぐ。自転車でも10分かかる。

 店内で相方と落ち合って、ひるまックの「ビッグマック・セット」にする。もう1品足そうかと思ったが、我慢。相方は「復活メニューのチキン」。復活メニューはストローも以前のプラスティックだった。

 ランチを食べながら、相方にいろいろ愚痴をこぼす。そのあと相方は雪に備えての買い出し、おれも喫煙所で一服してからシャンプーと目薬を買って、帰宅。

 

 しばらくすると買い物を終えた相方が到着して、wowowで録画した「M3GAN」を観る。

Rectangle_large_type_2_eb5d14864c3d02328

 いや~完璧に凄い映画だった。しかし、モーレツに不快。怖い。気持ち悪い。しかし、ものすごくよく出来ている。

 今の「ChatGPT」がアンドロイドに搭載されて自律的な学習機能が進化したらこうなるだろう……と思わせる。それをきっちりリアルに描き出す。その超高性能アンドロイド「M3GAN」を作り出した女性エンジニアの設定が絶妙。仕事が大好きで野心家で、およそ母親には向いていないが、しかし冷酷ではなく人間としてきちんとした心を持っている。そのヒロインが交通事故で両親を失った姪を引き取るが、仕事が忙しくて構ってあげられない、ならば、と学生時代に試作したままだった人工知能型ロボットを改良して作り上げたのが「M3GAN」。

 この超高性能アンドロイドの最大の問題は、「ロボット三原則」を搭載していないこと。試作品ということで、そのへんのセキュリティが弱かった。「ロボコップ」でも「ロボット三原則」は変形して搭載されていた。「雇い主を傷つけてはならない」というふうに。今回も「ファーストユーザーを守れ」という原則は搭載されていて、「M3GAN」はそれに忠実に動いて、ファーストユーザーである姪を守るために、なんでもやる。そしてそれはどんどん進化して、命を守るため以外の事までやり遂げようとする……。

 超高性能だから、いろんなパスワードを解析して、地球上のほとんどすべてのコンピューターに侵入してあらゆる知識を蓄えていく「M3GAN」。それは少女の形をした悪魔。開発者のヒロインの命令を拒絶し、自分を守るためにメインスイッチの機能を無効にしてしまう。

 これは、あり得そうだから、怖い。モーレツに怖い。「HAL9000」はディスカバリー号の中だけの話だったし、「ロボコップ」は不正を働く日系企業のボスをやっつけるが……。

 無敵に思われた「M3GAN」の弱点は水。水で電子回路がショートする。これを使ってやっつけるのかと思ったが……映画はもっと壮絶なクライマックスを用意していた!

 いや、本当に凄い。映画として完璧。

 しかし……だからこそ不快。凄い映画だけど、二度と見たくない。この作品は大ヒットして、続篇が作られるそうだが……。

 映画として、実に巧い。「M3GAN」は本物の少女が扮して顔はCGにハメ換えられたそうだが、このアンドロイドに扮した少女に賞をあげたい。とにかく素晴らしい。かなりエグいことまでさせられてすごく可哀想でもあったけど……そういう部分には敏感なハリウッドだから、殺戮シーンは本当のロボットを使ったのかもしれないけど……。

 構成も、登場人物の造形も動機もなにもかも、完璧。穴がない。それだけに、不快極まる。マジで吐き気がしたほど。これはもう、「人工知能に乗っ取られる近未来への生理的嫌悪感」に違いない。

 こういう世の中になったら……おれは山の中に籠って、自然に朽ち果てるか、熊に食べられるかして、死んでいきたいねえ。

 

 そのあと、相方が買ってきたロールケーキを食べて、しばし喋り、「内閣裏官房6」の書けたところまでを相方に見せて、「プロローグ」は完全三人称に書き直すことや、第1章についてもいろいろ打ち合わせて、詰まっていた部分の解答を得た。

 窓外を観ると、雪は積もってきた。

 その中を、相方帰る。

 おれはご飯を炊き、昨日買った「ピーマン肉付けフライ」を温めてキャベツの千切りの大盛とともに。ご飯が美味しいので卵かけご飯にしてもう1膳。それとキュウリの漬け物。

 

 雪はどんどん降って、外の排水管に積もっている。近くの幹線道路もワダチ以外は白い。そして、するどい雷光と雷鳴が!

 ニュースは「首都圏の降雪」。しかしこんなニュース、首都圏以外の人たちにはあんまり興味ないだろう。なのに各局ともトップニュースでえんえんやっている。ひょっとしてこれはローカル扱いで首都圏以外では別のニュースを放送したのかな?

 

 ニュースを観ていて、ウトウトしたので、今日は特に汗もかいていないし寒いし、何故かMac miniの画面が消えたり点いたりするようになった(まさか「M3GAN」が介入したんじゃないだろうな?)ので、Mac miniを再起動させたが状態は変わらないので、仕事はせず、お風呂は省略して、23時22分、就寝。

 しかしやっぱり、寝る前にお風呂に入っておくべきだったと後悔。

 

今朝の体重:86.30キロ

本日の摂取カロリー:2540kcal

本日の消費カロリー:129kcal/3175歩+自転車

2024年2月 5日 (月曜日)

2月4日/予定が狂ったので今日もほぼ仕事のみの1日

 7時55分起床。

 曇り。

 目の調子ヨシ。足腰腕の調子ヨシ。体調ヨシ。Mac miniの調子、再起動したら万全。

 朝のモロモロを済ませていると、くーたんがやって来て「膝に載せろ」とせがむ。日記を書くのを中断して床に座って膝の上に毛布を置いたのに、くーたんはその様子を観ただけで行ってしまった。

 ああ、そういや昨日は節分だった。夕方スーパーに行って売れ残った恵方巻きを安く買ってこようかと思ったが、忘れてしまった。もちろん吉方位に向かって一本食いなんかしない。太巻を食べやすいサイズに切って普通に食べる。節分は「いろんな太巻が買える日」だと思っている。そういや、最近は「恵方巻きの日」は年に何回もあるようだけど。商魂たくましいねホント。

 今日は北山先生の「気功の手当て」の日だったが、北山先生は雨で足元が悪い事を理由に中止を宣言。ちょっと不可解なところがあるのだが、たぶん先生は引っ越しもされてお疲れなんだと思う。先生がお疲れだと気功に要するパワーも不足してしまうだろう。こう書くと先生は否定なさるだろうけど。

 アサメシはご飯小、目玉焼き、インスタントのしじみ汁、タクワン、焼き海苔、牛乳。

 

 仕事開始。「内閣裏官房6」の第1章を引き続き。

 

 明日明後日は雪らしい。買い出しを兼ねて外出。 ATMでお金を下ろそうとしたら「キャッシュカードが期限切れ」で使えない。キャッシュカードが期限切れ?そんなの初めて。明日、問い合わせよう。

 日高屋で「チャーハンと半ラーメン」を食べる。美味い。今は福しんより美味くなった。

Img_8422

 食後、喫煙所で一服してから北千住東口に回って、スーパーで買い物をするが、クーポンを忘れてきてしまった。まあ2月一杯有効だから次に使おう。

 

 帰宅して、仕事再開。本来は気功教室のあと堀切の「ラーメン弁慶」でラーメンを食べる予定で、それを楽しみにしていたのだ。まあ、ラーメンだけを食べに行けばいいのだが……他の用事もないのに食べるためだけに電車賃を使いたくないので、中止。

 ちょっと引っかかる部分が引っかかったまま進まない。それは予習が足りないからだと、あれこれ調べるが、面白く膨らまない。ここはちょっと時間を要する。ならば飛ばして先を書こうとしたが、ここも難しい。

 

 仕事が進まないので、先月分の税金関係の書類を整理。確定申告用の支払い調書も確認。今年は各社、早々と送ってきてくれた。

 

 事務処理を終えて仕事に戻り、いろいろと思案していると、もう18時。

 BSで「光る君へ」を観る。今回の大河は実に面白い。もちろん、本筋がしっかりしているから見応えがあるのだが、「四角い顔のお金持ち」としてザブングル加藤が3秒だけ出てきたのにはビックリして大笑い。こういう感覚が今回の大河にはあって、実に楽しい。脚本にこのセリフがあったので加藤がキャスティングされたのだとか。てっきり加藤に当て書きしたのかと思った。撮影1分、使われたのは3秒、と加藤談。実にゼイタク。しかし面白い。ロバート秋山も貫禄たっぷりな芝居で場を掠うし、この大河はキャスティングに凝っていて、実に楽しい。脇には渋い演技派を揃えているし。

 

 夕食は、相方が「美味しい」と大絶賛した「絹厚揚げ」を買ってきたので、オーブントースターで焼いて、たっぷりの生姜と青ネギで。美味い。もっとカリカリに焼けばよかった。それとご飯小、インスタントのしじみ汁、タクワン、おかず味噌。

 

 「ダーウィンが来た」を観る。ニューヨークのエンパイア・ステート・ビルに住み着いたはやぶさ。「このビルにはキング・コングも来たけど」とビルの管理スタッフ。ずいぶん前から住み着いているらしい。東京でも高層ビルに猛禽類が住んでいる。

 

 仕事に戻るが、あまり進まず。

 

 「原作の脚色」問題、相変わらず、門外漢があれこれ聞きかじりを書き込んでいる。まあ、映画好きドラマ好きはなにか言いたいのだろう。それはいいけど、アサッテな批判を脚本家全体に向けるのは大きな誤りだ。これはもう、何度も書くが「極めてケースバイケース」な問題であって、一般論や原則論では絶対に語れないのだ。例外が多すぎるから、一般論も原則論も成立しないだろう。大昔の脚本家の言葉を持ち出しても、その当時と今では状況がまったく違うのだから、ほとんど参考にはならないのだし。

 それで思い出したのだが、日活アクションの脚本家で後年はアニメの脚本を多く書いたある脚本家のエッセイで「大藪春彦の原作を脚色するのに師匠と旅館に籠ったが、師匠は『原作を1行も使うな』と厳命して吞みに行ってしまった。様子を見に来たプロデューサーが、仕事が進んでいないのに呆れて原作をバンバン使って脚本を書いていき、戻ってきた師匠が『原作を使うなと言っただろう!』と怒るので目から火が出た」と書いていた。原本を探すのが大変なのだが、たしか、その脚本家は山崎忠昭氏で、エッセイは『日活アクション無頼帖』(ワイズ出版 2007年)だったはずだ。小林信彦氏のエッセイでこの本を知って、読んだのだ。探せばどこかにあるはず。

 

 明日は部屋に籠るから風呂は面倒だなあと思いつつ入浴すると実にサッパリ気持ちがいい。やっぱり風呂はイイネ。

 ちょっと仕事をして、0時41分、就寝。

 

今朝の体重:86.45キロ

本日の摂取カロリー:1918kcal

本日の消費カロリー:94kcal/2217歩+自転車

2024年2月 4日 (日曜日)

2月3日/今日もほぼ仕事のみの1日

 7時31分起床。

 快晴。

 洗っておいた洗濯物を干す。

 目の調子ヨシ。足腰腕の調子ヨシ。体調ヨシ。Mac miniの調子絶好調。

 今朝もくーたんを膝の上に乗せて満足するまで撫でて、朝のモロモロを済ませる。

 アサメシは牛乳、卵焼き、ご飯小、インスタントのしじみ汁、タクワン、さつま揚げ、コーヒー。

 

 漫画や小説の映像化問題、つまり「脚色」について、事情が判っていないヒトがあれこれ知ったかぶりを書いていて、相変わらず脚本家を攻撃しているが……愚かのひと言!事情を知らない門外漢はアサッテな事を書くな!と言いたい。

 映像化するには、「原作のまんま」は事実上不可能。だから「脚色」する。この脚色にはそれなりのテクニックが必要で、オリジナル脚本を書くのとはまた別の才能が必要。だからアメリカのアカデミー賞には「オリジナル脚本賞」と「脚色賞」がある。その上で……原作のテーマというか心というかエッセンスは絶対に尊重してほしいというのが原作者の思いだろう。題名とシチュエーションだけ残して、後は換骨奪胎な物になってしまったら、原作者は立つ瀬がない。

 おれも「食えなかった脚本家時代」があって、いろいろ経験した。他人の脚本をリライトしたこともあるし、脚色の経験もある。プロデューサーや監督がバラバラなことを好き勝手言うのをなんとかまとめるのが脚本家の仕事だということを身に染みて経験している。しかしまだ「原作者」の立場になったことがない。だれか映像化してくれ~!

 おれが原作者になった場合、希望は述べるが特に口出しはせず「お手並み拝見」なスタンスになると思う。下手に脚本に関わると無限に時間と労力をとられてヘトヘトになるのは目に見えている。しかし、妙な脚本があがってきたら「映像化はお断りする!」と言ってみたい……。

 いや、こんな根性だと、映像化の話は来ないだろうなあ……。

 

 朝、結構たっぷり食べたので、昼は6枚切りのトーストに、戴き物のソーセージ4本を焼いてマスタードをつけて。それと牛乳とコーヒー。

 

 仕事再開。外に出ないとペースが乱れず、いい感じ。仕事に集中したい時は、ランチは部屋で食うべきか?

 夕方までに1ブロック終える。

 

 18時過ぎに、夕食の支度。ネットで見つけた「サッポロ一番塩ラーメンの無限ゴマ油風ラーメン」を作ってみる。ゴマ油にニンニクみじん切りを入れて香りを出してから豚バラ肉100グラムを入れて炒めて取りだし、そこに水を入れて煮立たせて、キャベツ1/16、小松菜一房、長ネギ1/2を入れてラーメンスープを入れて茹で、しんなりしたらサッポロ一番塩ラーメンの麵を入れて3分。これは「完成のイメージ写真」。

A937edc23ab0e347f49f849d1b8b0db7

 途中でお湯が足りないと思って水を足したら、スープが薄まってしまった感じ。肉や野菜の分量は二人前だがラーメンは一袋なのでバランス悪し。しかし、野菜はたっぷり摂れた。これにご飯小も食べたが、これが多すぎた感じ。

 「青空レストラン」を観ながら食べる。小田原で「レモンライム」を無農薬で育てる農家さん。そのレモンライムを使った料理。

 そのあとNHKニュースを観て、「ブラタモリ」を観る。鎌倉の永福寺。ここは室町時代に消失して再建されず、近年までずっと放置されていたと。こんな広大な土地がずっと放置されていたというのが不思議。その後、鎌倉市などが土地を買い集めて……と解説サイトに書いてあったが、ということは、複数の誰かが永福寺跡の一部分を自分の土地として登記していたということか。どうして再建されなかったのか、放置されていた時はどんな状態だったのかを解説するサイトは見つけられなかった。どうなっていたんだろう?

 「出川哲朗の充電バイクの旅」の最後を観て、「アド街ック天国」は芝。いや~ここは古い街並みが残ってるんだなあ。しかしすぐに「再開発」されてしまいそう……。

  TBS「報道7デイズ」を観る。脚色についての三谷さんの見解はまったくその通り。映像は「時間芸術」だからその中にハメなければならない。それが脚色。原作マンマは不可能だが、如何に原作の心を残すかが勝負。

 

 風呂に入り、「人生最高レストラン」は録画。

 しかし後半は風呂上がりに観る。玉山鉄二って、こんなに愉快な人だったんだ!

 0時11分、就寝。

 今夜は夜中に2度起きてトイレ。最近は朝まで爆睡が多かったんだけど。

 

今朝の体重:86.40キロ

本日の摂取カロリー:2118kcal

本日の消費カロリー:0

2024年2月 3日 (土曜日)

2月2日/ほぼ、仕事のみの1日

 7時58分起床。

 薄曇り。昨日は暖かったが、今朝は寒い。

 目の調子ヨシ。足腰腕の調子ヨシ。体調ヨシ。Mac miniも絶好調。

 朝、ご飯を食べたくーたんは、おれの膝の上でまったりするのが日課になった。午後も、夜も、膝に載せろとせがまれる。朝はいろいろ忙しいのだが、粘り強く鳴くので、根負けする。無視していると僻んで布団に中に入るのもなんだか可哀想だし。おれの愛を確かめるように5分ほどで行ってしまうので、くーたんの要望には従うようにしている。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシは牛乳、6枚切りのトースト、ゆで卵、コーヒー。

 

 昨日の朝日新聞夕刊に、中村勘九郎・七之助兄弟が2月歌舞伎で「 籠釣瓶花街酔醒」を初役で演る、その抱負を述べた記事(←リンク)があった。とても心に残ったのが、十八世中村勘三郎と坂東玉三郎の思い出話。

『「父が初演した時、祖父はもういなかったので、研究に研究を重ねて作っていったんです」と勘九郎。印象的な演技として挙げるのが、満座の中で自分に愛想尽かしをした八ツ橋を切り殺した直後の動きだ。「皆さん刀を見るんですが、うちの父は八ツ橋の顔を見たくなったんですって。これで、永遠に自分のものになるわけじゃないですか。怖い話ですけれど……」

 一方、八ツ橋役で勘三郎と共演を重ねてきた坂東玉三郎からは、彼女は死ぬことで「浮川竹の勤めの身のしがらみやお客、彼氏、ヤクザ者、全てから解放される」という解釈を聞いたという。「父が『顔を見たかった』というのは、おじ様がいたからなんですよね。2人で作り上げた作品なんだな、と思いました」

 七之助の記憶に残るのは、建て替え前の歌舞伎座で、この作品の終演後、楽屋に続く狭い廊下を並んで歩く2人の姿という。「いつも楽しそうに、ずっとしゃべりながら帰ってくるんです。お互いに尊敬し合って、この作品を、役を愛して。2人の思い出が、すごく詰まった作品です」』

 この記事を読んで、泣いた。このコンビは、片岡仁左衛門と坂東玉三郎のコンビと並ぶ素晴らしいもので、かつ、同志的繋がりもあった。だからだろうか……玉三郎ファンの相方は「勘三郎が亡くなって、玉三郎はなんか、歌舞伎への情熱が薄まったんじゃないか」というようなことを言っていたが……事実、大劇場公演からの事実上の引退を表明して、今は中村座公演の演出や指導に回っていたりする。

 我々も、勘三郎が元気な頃は歌舞伎座もコクーン歌舞伎も、快楽亭が中村屋の番頭さんと親しかったのでチケットを取って貰ったりして通ったものだが……亡くなってからは足が止まってしまった。歌舞伎座が新しくなってからは、ほとんど行っていない。

 

 仕事開始。「内閣裏官房6」の第1章。

 知識が曖昧な部分は調べて勉強しながら書き進む。漠然と知っていたとか、聞きかじりでは書けない(当たり前か)。知ってるつもりのことでも、以前から興味を持って調べていたことでなければ、確認したりウラを取ったり。

 

 ネットでは、聞きかじりで怪しげなことを書くヤツが多い。ちょっと調べれば自分の思い違いが判るのに。まあそういうヤツは自分の思い込みだけを真実だと深く信じ込んでいるから、ダメか。バカは死ななきゃ直らないってヤツか。

 それとはちょっと違うが、芦原妃名子さんの痛ましい死を悼むあまり、脚本家全員を敵視するようなことを書き散らす輩もいる。そうではないのだ。あまりにケースバイケースすぎて、一般論や原則論では「脚色」については語れないのだ。しかも門外漢が聞きかじりの知識を振り回しても、話はアサッテの方向に行ってしまう。憤りや悲しみは判るが、その感情のあまり、筋違いの批判や非難を浴びせるのは大きな間違いだ。まずは、担当プロデューサーの発言が欲しいところだが。

 

 USBハブがそろそろ寿命か。端子1つが死んでしまったようだ。USB-Aで接続している周辺機器は多い。どうしてそんなに?とおれ自身が思うほど、多い。ハブを新調するなら端子が10あるモノでなければ。

 サンワサプライやAmazonでUSB-Aのハブを見ると、まあいろいろある。仕事で使っているから、多少高くても信頼性があるものでなければ……しかし多すぎて、どれがいいのかよく判らない。外部電源供給式なのは必須だけど。

 

 今日も14時を過ぎて外出。久々に「武蔵家」の北千住東口店に行って、ラーメンとサービスのご飯。ラーメンは中盛りにすれば良かった。美味い。

Img_8421

 食後、喫煙所で一服して、スーパーに寄ってキャベツなどを買い、ペット用品店にも行って、くーたんのご飯を買って、帰宅。

 

 仕事再開。

 

 が、ふと、3月に乗る予定の「リゾートしらかみ」の予約が取れるのか心配になってきたので、今判っている空席具合を調べてみた。「平日乗り放題チケット」を使って金土日運行の「リゾートしらかみ」に乗ろうとすると、金曜だけがターゲットになる。やっぱり、もっと混むはずの土日には空席があるのに金曜は満席。3月8日分はまだ発売されていないが、たぶん、発売開始と同時に予約が殺到してあっという間に満席になるだろう。みんな、考える事は同じ。おれが思いつく程度のことは、みんな思いつく。

 ではどうするか。五能線沿いの道をレンタカーで走るか?秋田駅で借りて新青森駅で乗り捨てる。時間的にはハマるし、観光地にも寄れるし途中で食事も出来る。もちろんレンタカー代はかかるが。

 もしくは八戸から、「あまちゃん」で有名になり、東日本大震災でずたずたになったけど見事に復活を遂げた「三陸鉄道」に乗るか?調べてみると、三陸鉄道リアス線を全線完乗すると、凄く早い時間に出発して終電で帰京することになる。

 他の観光列車はどれも「食べるために乗る」ものが大半で、チケットもえらく高い。

 相方にどうしよう?とメッセージを送ると「いっそ歌舞伎にする?」との返事。しかし昼の部の三階B席はすでに完売。三階Aも完売。二階席ならあるが……。「再演を待ちましょう」ということになった。七之助は玉三郎の薫陶を受けているし、この「籠釣瓶」は勘三郎の好きな狂言だったから、必ず再演というか、二人の「看板狂言」になるだろうし。

 そしてまた、「三陸鉄道」に乗る場合でも、必ずしも「全線完乗」しなくてもいいのでは、とも思った。そう考えれば、なんとか日帰りの旅程に収まる。

 ま、こういうことをアレコレ考えるのも楽しい。全部中止になるのは悲しいが。

 

 今日は仕事のスイッチが入って夜になっても仕事を続ける。

 

 途中、ニュースを観たり。ドライブレコーダーが捉えた能登半島大地震の映像が恐ろしい。津波で流されたりしていた車から最近やっと取り出された貴重な映像。急に大きく揺れ始めて、道路沿いの家が次々に潰れていく。それはどれほど恐ろしかったことだろう。その上、津波まで。

 リアルタイムで情報が入らないと、「揺れは大きかったけどそんなに被害はないだろう」と楽観的なほうに判断が傾きがちだ。それは阪神大震災で通信網が途絶して被害状況を東京に伝えられなかったので、当時の国土省の役人が「被害軽微」と判断してしまったのと同じだ。現場の映像が入ってきて、やっと「大変なことになった」と慌てたのだ。それは、今回の能登半島大地震のほうがひどかったかもしれない。翌日になって、やっと本格的な情報収集が始まったに等しかったのだから。

 

 20時に、夕食。豚バラ肉とキャベツのタジン鍋。胡麻ダレをポン酢で伸ばしてニンニクを入れて食べる。美味い。ご飯小と、残った味噌汁で。

 

 食後、仕事再開。だいたい夕食を食べると仕事のスイッチは解除されてしまうのだが、今夜は違う。22時くらいまで仕事を続ける。

 

 「報道ステーション」を途中まで観る。羽田事故の日航機側の乗員の証言。そして防止策。

 

 風呂に入ってから、また自然とMacに向かって仕事再開。今夜はなんだか「仕事の虫」になった気分。 

 なんとか1ブロック終えたところで、本日終了。

 

 今夜も遅くなって、0時28分、就寝。

 

今朝の体重:86.75キロ

本日の摂取カロリー:2083kcal

本日の消費カロリー:70kcal/1710歩+自転車

2024年2月 2日 (金曜日)

2月1日/仕事して、幸福の木の花にサヨナラを

 7時54分起床。

 晴れ。暖かい。しかしまだ2月。寒の戻りとかまだ寒いだろうなあ。

 目の調子ヨシ。しかし瞼がピクピクするようになってきた。足腰腕の調子ヨシ。体調ヨシ。Mac miniも絶好調。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシは牛乳、6枚切りのトースト、ゆで卵、ハム&マヨネーズ、コーヒー。

 

 仕事開始。「内閣裏官房6」の第1章。粛々と進行。

 

 昼に外出するが、仕事のきりがいいところまで、とやっていたら14時を過ぎた。

 松屋に入る。まあ松屋はランチタイムを逃がしても大きな違いはない。牛丼のアタマ大盛にお新香セット。なんか以前よりボリュームが減った気がするなあ。丼の開口部が広がったせいでそう感じるのか?

 食後、喫煙所で一服してからスーパーへ。

 買った清酒を、東稲荷に御供えして、1日のお参り。

 

 帰宅して、仕事再開。

 夕方までに1ブロック終える。

 

 3月アタマに予定している「『リゾートしらかみ』に乗るだけの弾丸ツアー」、暗くなってしまうと車窓の眺めがなくなって、せっかく乗りに行く意味がないので、3月アタマの青森の日没時間を調べる。すると、青森から乗る場合だと青森にある名所は明るいウチに見られて秋田に入って日が暮れるが……秋田から新幹線の乗り換え時間が9分しかない。これだと帰りの車中で食べる駅弁を買う時間がない。新青森で2食分買っておくという手もあるが……。

 逆に秋田から「リゾートしらかみ」に乗るコースだと、青森にある名所はギリギリ日没前に通る。この辺りは「夕焼けが絶景」と言われているので、その時間にジャストな旅程になるし、乗り換え時間もたっぷりあるので、駅弁をゆっくり選ぶ余裕も出来る。ただ……みなさん同じように考えるだろうから、このコースは予約を取るのに激戦になりそうだ……。

 てなことを考える。楽しいことを考えないと、人生は辛すぎる。

 

 2月1日。能登大地震から1ヵ月。ニュースでは、やっと、被災された方々の生の声を流し始めた。多くの人がスマホで撮った地震や津波の様子も、徐々に流れるようになってきた。

 災害は、それぞれ様相がまったく違う。阪神淡路大震災と東日本大震災と、今回の能登大震災では状況も違う。

 今回は、道路が盛りあがってめちゃくちゃになっているし、土砂崩れも激しい。ネットで「何もしない口だけの連中」が余計なことばかり書き込んで、初期に最も必要な支援を阻んだり、東日本大震災の時よりもネット民の害が進んだ印象がある。何もしないのなら黙っとけ、と思う。

 大切な人を失った悲しみは如何ばかりか……心から合掌するしかない。東京だって、いずれ同じ事になる。そう思うと、本当に他人事ではないのだ。

 

 夕食は、昨日買ったメンチカツに、今日買って来た「きんぴらゴボウとポテトサラダ」にキャベツの千切り、昨日の味噌汁、ご飯。

 食後、「プレバト」を観る。俳句、今回も夏井先生の添削は鮮やか!

 

 夜になって、幸福の木の花が、ほぼ、満開。

Img_8420

 満開で咲き誇れば、花も本望だろう。とにかく幸福の木の花は、香りがキツい。蜜も垂れるので……ほぼ満開であることを確認して、キッチンばさみを洗って熱湯で消毒して、「ごめんね」と言いながら、花が咲いている枝を切り落としてスーパーの袋に入れて口を閉じる。いやもうほんと、香りが強烈なのだ。

 恩師に「名誉教授就任祝い」をみんなでお金を出し合って送ったが、恩師から「お礼状を出したいが住所が判らない人がいる。調べて貰えないか」との依頼があって、プチ同窓会の幹事のSに訊いていたが、多忙そうな一人を除いて最新の住所が集まった。全員分が揃ってから、恩師にメールしよう。

 ニュースを観る。

 お風呂に入る前に、ゴミ出し。

 入浴して髭を剃り、早々に寝ようと思っていたのに、今夜も遅くなって、0時39分、就寝。

 

今朝の体重:86.70キロ

本日の摂取カロリー:2290kcal

本日の消費カロリー:86kcal/2138歩+自転車

2024年2月 1日 (木曜日)

1月31日/幸福の木の花が咲いた

 7時50分起床。

 快晴。

 目の調子ヨシ。足腰腕の調子ヨシ。体調ヨシ。Mac miniの調子絶好調。

 朝のモロモロを済ませるが、映画の感想を書いていると時間がかかる。「なりすまし人生」ということで考えると、先日亡くなった「桐島聡」が「内田洋」として50年暮らしたことも、考える。この場合は戸籍の交換をしていなかったので、健保も使えず免許も取れず、法的には存在していない状態の人生だった。本名では20年しか生きていなかったのだし。この件も、いろいろと考える。たぶん誰かが書くのだろうが。

 アサメシは、牛乳、6枚切りのトースト、ハムエッグ、コーヒー。

 

 仕事開始。「内閣裏官房6」の第1章。シリーズ第1作で登場したっきりだったキャラを再登場させるので、そのキャラの「復習」をする。

 

 芦原妃名子さんが亡くなった件、いろいろ考えている。「ドラマ化してやる、というテレビ側の高姿勢」が問題になっているが、これもケースバイケース過ぎて一般論では語れない。しかし、筒井康隆先生の公表されている日記に、実名入りで「えらそうな態度で映画化してやるとの話が来たが、なんだかんだで断った」話が出て来る。筒井さんにしてもそいういう扱いをするヤツもいる。

 書店には「映像化作品コーナー」と映画やドラマ化された作品は別扱いされている。我々の場合、ずーっと前に「悪漢刑事」の原作権について某社から版元に問い合わせが来たらしいが、それっきり。ウチにはオレオレ詐欺の電話も来ないしなあ(って、違うか)。

 「映像化」に関しては、一色さんがお書きになる通りだと思う。原作者と脚本家がチョクに話をする方が誤解もなく、判りあえる。間に人が入れば入るほど伝言ゲームになって、ニュアンスも変わって伝わってしまう。現場プロデューサーやテレビ局の編成担当者、演出家、そしてスポンサーの意見や意向もそれぞれあるから、プロデューサーがそれをまとめて原作者と脚本家に対することになると思うが、原作者と脚本家は、きちんと会って意志の疎通をしておくべきだと思う。脚本家も、いろんな要望を受けて、それをまとめなければならないから凄く大変なのだが……だからと言って原作者の意向が無視されることは、あってはならないと考える。映像化を断りたくても、もう製作が始まっていたら、それも出来ないし……。

 いろいろ考えれば考えるほどに、悲しくて取り返しのつかない事件だ。

 それ故、普段はけっこう冷静に旧Twitterに書き込んでいるひとが、かなり「歪んだ正義感」を剥き出しにしたことを書いている。冷静さを失った今の状態では、何かコメントすると「歪んだ正義感」の刃がこっちに向かってくる可能性があるので、まったく反応しないことにする。この人なら、時間が経てば冷静になるだろう……。

 

 昼は外に出て、北千住東口の「福しん」でトリカラ定食。今日限りのクーポンを使ってご飯大盛りにして貰う。

Img_8417

 食後、喫煙所で一服して、スーパーで買い物。今夜は炊きたてご飯にマグロのネギトロを載せて食べよう。

 

 帰宅すると、くーたんが待ちかねていたように膝に乗ってくる。ならばと録画した「第39回俳優祭」を一部観る。この出し物は、ずっと前に、先代の松本幸四郎(現・松本白鴎)が手掛けた「歌舞伎座の怪人」がものすごく面白かった。実演と映画を繋げた「連鎖劇」の趣向で、凄い顔ぶれがザクザク出てくるのも壮観だったし……あれは面白かったなあ。今回は、国立劇場建て替えを記念して、歌舞伎座ではなく国立劇場で。

(*この部分訂正。「歌舞伎座の怪人」は第三十三回(平成16年4月27日)の俳優祭での上演で、総指揮は中村勘九郎(当時)、脚本・監督・音楽は山崎咲十郎(当時)。怪人役が幸四郎だった)

 くーたんは、しばしマッタリすると満足してどこかに行ってしまったので、おれも途中だが観るのを止める。

 

 仕事再開。18時まで。

 

 夕食は、豆腐と油揚の味噌汁を作り、炊きたてご飯にワサビ醤油に入れたネギトロを載せて食べる。美味いのでお代わりしてネギロト1パックを食べてしまう。こういうものは1日置くと味も匂いも悪くなるので、食べきらねば。ネギトロと言いつつネギは入れず。

(*この部分も訂正。「ネギトロ」はマグロのトロでもなく植物の「ネギ」とも無関係でした。正式にはネギを入れるものだとばかり思っておりました)

 食後、「有吉の壁2時間SP」を観る。さがみ湖リゾートプレジャーフォレストでのロケ。ここには一度行ったけど、何かの理由で入場出来なくて(お休みだったのかも)、帰ってきた。しかし、なかなか凄いところなのね。番組もなかなか面白かった。後半の「モノボケ」「歌ネタ」も面白かったし。

 夜になって、幸福の木の花が開花した。この花は夜開く。藤圭子の歌を思い出す。満開ではなく四分咲きだが、香りがかなりキツい。人間でもキツいと感じるから、猫なんか参ってしまうんじゃないか?香水の香りも嫌うんだから。とはいっても、せっかく咲いたんだし、換気扇を回す。以前は大満開で凄く咲いたので、本当に香りと蜜で参ってしまったが。

Img_8419

 風呂に入り、定期購読しているのにほとんど読まなくなった「MacFan」の3月号2月号1月号を読む。定期購読を止めてしまうと、Macの最新情報が系統立てて入ってこなくなるしなあ。しかしあんまり知りたい情報も載ってないしなあ……。

 1時就寝。

 

今朝の体重:86.05キロ

本日の摂取カロリー:2200kcal

本日の消費カロリー:56kcal/1419歩+自転車

« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

安達瑶の本

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト