新刊のご案内

2018年5月 9日 (水曜日)

新刊「悪漢記者」本日発売!

1

「悪漢記者」(光文社文庫 680円+税)

週刊誌の編集部で働いていた佐久間はある記事が原因で他部署に異動になった。三年ぶりに編集部に戻る前日、ネタ元の全国紙記者と会っているところを暴力団員に襲われた佐久間は、そのネタを手土産に復帰する。若い女性の連続殺人事件と自分が編集部を追われることになった記事はどうつながるのか!? かつて「バズーカ」と業界で恐れられた男は真実に迫れるのか──。(裏表紙の惹句より)

光文社文庫の新シリーズは、週刊誌の編集部が舞台です。敏腕で勇み足で『バズーカ』の異名がある編集者・佐久間、イケイケのデスク、元ヤクザの記者・飯島に男社会で揉まれた遣り手の女性編集長・津久井が、闇に葬られそうになっていた巨大スキャンダルを暴き出す!
是非、お読みください!
ちなみに、今回の書店様用POPは以下の2種類です。

B_00001
O_00001

そして……今再び注目されている、自衛隊のイラク派遣。2004年、イラクのサマワで自衛隊に何が起こったのか?!

2016年に世に問うた、ホラー・サスペンス巨編『サマワの悪魔』(光文社文庫)も今一度、是非、お読みください!
00001

2018年4月17日 (火曜日)

旧作ですが、今、あえて、「サマワの悪魔」を!

「サマワの悪魔~県警対自衛隊2」(光文社文庫600円+税)
Samawa_3

2016年10月刊の旧作ですが、今、あえて再び取り上げます!

「戦乱の中東(イラク)から日本に持ち込まれた「絶対悪」

米軍が侵攻した2003年にイラク全土の遺跡と博物館が掠奪され、古代の邪悪な力が解き放たれた……

『日本中の……たくさんの人たちが不幸になる未来が、彼女には見えた』

死の破壊をもたらすオスプレイの行方は?」(安達bのPOPより)

 執筆時には「日報」は公開されていませんでしたが、公刊された「従軍記」などを出来る限り読み込むと、イラクのサマワでは「何か」が起こっていたことは事実です。まったく何もないはずがありません。そんな平和な場所ならば、自衛隊という武装組織が派遣される必要はないのです。

 綿密な資料調べから浮かび上がった「隠された事実」。

 それを元に、壮大なフィクションを作り上げました。

 ミリタリー+オカルト。

 イラクは、何と言っても、「エクソシスト」に登場した悪霊が眠っていた場所なのです!

 掛け値無しの、渾身の問題作です。いろんな読まれかたを期待致します。

 是非、お読みください!

 書店にない場合は、Amazonからどうぞ

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334773672/digitaladachi-22

2017年10月 5日 (木曜日)

新刊「闇猫・冴子/暗黒調書」本日発売!

「闇猫・冴子~暗黒調書」(徳間文庫 680円+税)が本日発売です!

Photo_2

「あのおじさん、凄く……凄く嫌なことを」
教え子の川瀬佳南が意味探な言葉を残して転枚していった。新米小学校教師の羽村克彦はなすすべなく見送るしかなかった。
新興住宅地の住民と旧弊な地元民の対立も露な町で、なにかが起こっている。数ヶ月前にもPTA活動の虐めで自殺者が出ていた。そん折、シングルマザー麻由美が越してきた。垢抜けた美貌に色めき立つ街の男……。悲劇の発端だった。
ダークヒ口イン冴子降臨!(裏表紙の惹句より)


前作から時間が空いてしまった「闇猫・冴子」シリーズの第3弾は、少し趣向を変えまして、夜の世界や裏の世界ではなく……小学校のPTAが舞台!
あまりネタばらししたくないので、裏表紙や帯の文句をご紹介致します。


『ママ友地獄、学校の闇。この街はなにもかもが腐ってる! 美貌&卓抜テクニックの高級デート嬢冴子、その正体は闇の調査人!』


表の社会にも闇はあります。どす黒い人間関係があります。虚栄の市たるPTAに現れた謎の美女が、隠蔽された暗黒を白日の下に晒しあげます!
是非、お読みください!

画面右の著者リストが今現在、不調なので、ここ からAmazonの該当ページに飛べます。


ちなみに、今回の書店様用POPは以下の2種類です。

B_00001
O_00001

2017年8月 4日 (金曜日)

新刊「悪徳探偵〜忖度したいの」本日発売!

実業之日本社文庫「悪徳探偵~忖度したいの♡」(593円+税)が本日発売です!

4408553727_obi

探偵&悩殺美女が町おこしでまさかのスキャンダル勃発!
秋葉原の路地裏にある「BF探偵社」を突然謎の組織が襲った。タダ働きさせられている所員の飯倉は、ヤクザ社長の黒田、巨乳の社長愛人らと北関東の某町へ夜逃げする。黒田たちは廃屋を改造して日帰り温泉やカジノ経営にまで手を出すが、そこには甘い誘惑と、謎の組織の影が……。
エロス、ユーモア、サスペンスと三拍子揃った大好評シリーズ第3弾!(裏表紙の惹句より)


おかげさまで、「悪徳探偵」もご好評を戴き、第3作!
ヘイトスピーチにジェンダー問題、カジノ解禁にもろもろ特区の忖度問題、そしてIT化推進……。時節柄とか世間への配慮に忖度なんぞは一切抜きに、お堅い問題を柔らかく痛快無比に揉みほぐすます!
ブラックな探偵事務所の面々が、今回もいろんな事件を斬りまくり、超ユニークに大解決!
是非、お読みください!時間とお金のご損は決してさせません!

ちなみに、今回の書店様用POPは以下の2種類です。

B_00001
O_00001

そしてこれが、文庫編集部特製のA4パネルです!限られたお店で、ですが書店で対面してくださいませ。
Panel2

2017年6月14日 (水曜日)

「新・悪漢刑事/洋上の饗宴」上下巻、本日発売です!

祥伝社文庫「新・悪漢刑事/洋上の饗宴」が上下巻同時発売!

上巻670円+税、下巻570円+税です。

15_2

 洋上の豪華客船は、密室!
 グレーゾーンの友人の身辺警護を頼まれた佐脇は、アゴ足つきで飲み放題食い放題のお気楽な船旅と洒落込むつもりで愛人とともに豪華客船の客となったが、待ち受けていたのは連続殺人にシージャック、そして生物爆弾……。
 この船の安全は、悪漢刑事・佐脇の肩に掛かってくる。しかし船内には鑑識が不在で監視カメラは不調。捜査は難航を極めるが、事件は意外な方向に進展する!


 おかげさまで大好評の「悪漢刑事」シリーズ第15作は、上下巻の超大作です。
 「事実上の密室殺人」「海洋アクション」「シージャック」と、上下巻にふさわしくネタを詰め込み、官能もたっぷりで最近の社会情勢も折り込んだ、読み応え満点の社会派エンターテインメントです。
 是非、お読みください!

 書店さんに配るPOPもここでご紹介致します。何卒宜しくお願い致します。

Left_3

Right_2

2017年3月15日 (水曜日)

講談社文庫新刊「奈落の花」本日発売!

Photo_2 「奈落の花~堕ちたエリート」(講談社文庫660円+税)

創業者一族令嬢と婚約間近、会社期待のホープ・充彦の密かな趣味はアダルトビデオの鑑賞。偶然遭遇した隠し撮り現場で起きトラブル。その窮地から憧れのAV女優・佑衣を救った充彦は、約束された輝かしい将来と婚約者を捨てて彼女の元へ……。しかし彼女は何者かに拉致されて行方不明に……。何も生まぬ愛に堕ちる充彦に、日本の裏社会の陰謀が大きく口を開けていた……。違いすぎる二人の、愛の行方は?(裏表紙の惹句に加筆)

 講談社文庫初登場です。

 企業サスペンスの裏側にあるのは芸能界の黒い「オキテ」と、日本企業を飲み込もうとしている国際資本の黒い「暗躍」。

 官能味たっぷりの社会派サスペンスです。是非、お読みください!

ちなみに、今作の書店様用に作成したPOPを3種、ご紹介致します。
B_00001
O_00001
Pop
書店で見掛けた節は、是非、手に取ってみてください。

決してご損はさせません。

2016年10月12日 (水曜日)

光文社文庫新刊「サマワの悪魔」本日発売です!

 先月に引き続き、今月も安達の新刊が怒濤の発売!

Samawah

「サマワの悪魔~県警対自衛隊2」(光文社文庫600円+税)

防衛省からの事情聴取を受けに上京していた刑事・溝口の携帯に女からSOSが。彼女は、一等海尉の夫を「諜殺」され行方不明になっていた謎の未亡人。

駆けつけた溝口を待っていたのは胸を切り開かれて死亡している彼女と、もう一人の男の死体!男は自衛官だった。現場に残された謎の血文字と、男の経歴から浮かび上がってきたのは……!?。

サスペンス×エロスの傑作第二弾。(裏表紙の惹句より)

「都心で起きた『人間の仕業とは思えない残忍な連続殺人!

封印された戦慄の事実とは?

邪悪な一人の『人間兵器』が東京を、日本を、そして世界を壊滅させる?

ミリタリー&サスペンス&ホラー

安達瑶、渾身の問題作!!」(安達OのPOPより)

「戦乱の中東(イラク)から日本に持ち込まれた「絶対悪」

米軍が侵攻した2003年にイラク全土の遺跡と博物館が掠奪され、古代の邪悪な力が解き放たれた……

『日本中の……たくさんの人たちが不幸になる未来が、彼女には見えた』

死の破壊をもたらすオスプレイの行方は?」(安達bのPOPより)

POP以上の事はネタバレになってしまって書けません!

掛け値無しの、渾身の問題作です。いろんな読まれかたを期待致します。

是非、お読みください!

2016年9月24日 (土曜日)

角川文庫「妖女の誘惑」本日発売!!

角川文庫「妖女の誘惑~七楽署刑事課長・一ノ瀬和郎」

(680円+税)本日発売です!


Youjo

連続して見つかった3つの白骨死体の真相は!?

心霊スポットと噂される古民家を訪れた刑事課長の一ノ瀬は、取材に来ていた美人リポーターとともに、白骨死体を発見した。なぜか別の廃屋からも白骨が転がり出た!
一ノ瀬は空気の読めないキャリア警視・榊原と再びコンビを組んで事件を追うことに。聞に葬られた美少女失踪事件や地元国会議員との関連が浮上し、なぜか議員妻からの濡れた視線がまとわりつくなか、一ノ瀬は真相に近づいていくが!?……。
官能警察小説シリーズ、第2弾!(裏表紙の惹句より)

白骨のまち、七楽へようこそ!
田舎町は立て続けに発見された白骨のおかげで突然の大騒動に!
23年前の「あの事件」の因縁か?
現職閣僚のスキャンダルが事態をいっそう混乱させて……。
正義一直線のキャリア・榊原警視
現場一筋の苦労人・一ノ瀬警部は、
はたして真相に迫れるか?(安達OのPOP)

現職大臣少女監禁!?
しかしその過去は「なかったこと」に。
「23年前に起きた事件にフタをしてしまった。そのツケが今になって回ってきているのです」
謎の
失踪白骨死体。炎上するネット。地方都市の深い闇
町一番の美少女に、あの夜、何が起きたのか?(安達bのPOPより)

角川文庫第2弾の痛快ミステリー。自信作です。是非、お読みください!

2016年6月 2日 (木曜日)

新刊「悪徳探偵〜お礼がしたいの」本日発売!

Base
「悪徳探偵~お礼がしたいの」(実業之日本社文庫 593円+税)

見習い探偵を待っているのはワルい奴らと甘い誘惑!?

借金の力タに、ブラック企業以上にブラックな探偵社でタダ働きしている飯倉良一。コワモテ社長から無茶ぶりされて潜入するのは、美少女が身を隠すシェアハウス、癒やし系美女が働く日雇い派遣現場等々。そこでは想定外の事件と甘い誘惑が待っていて……。エロス、ユーモスサスペンスが絶妙なハーモニーを奏でる、満足度120%、一気読み必至の痛快シリーズ第2弾!(裏表紙の惹句より)

ブラック派遣会社にブラック出版社

ブラック友人にブラック婚約者

極めつけはブラック士業……

目には目を、ブラックにはブラックを!

悪徳社長に新人探偵、そして才色兼備の最強のスタッフが

5つの痛快無比なソリューションをご提供!

無茶な指令に翻弄される新人探偵・飯倉くんにはムフフな役得アリ! 好評シリーズ第二弾!(安達OのPOP)

「あたしには何もできないけれど……でも、こうしてあげることなら」

業界最悪!? 地獄さながらのハケン現場で出会った天使のような美女……ほか美味しいエピソード全5本!!

「真面目に生きてれば、結構イイことあるッスよ!」

飯倉良一くん(@底辺負け組)のウフフな遍歴第2弾できました♡(安達BのPOP)

月刊「ジェイ・ノベル」に連載した4作+書き下ろしです。

惹句にありますとおり、読み応え抜群の自信作です。

本日発売ですが、どの書店でも間違いなく店頭に並ぶのは明日のようです。

是非とも、お読みください!

2016年2月13日 (土曜日)

新刊「新・悪漢刑事 強欲」出ました!

14a

「新・悪漢刑事 強欲」(祥伝社文庫 660円+税)

押しつけられた猟奇的連続殺人事件の再捜査。
型破りの違法捜査で真実に迫る、最低最悪刑事の帰還!

「あんた……もしかして、最悪の刑事と言われた、あの」
ヤクザが絶句した。あの最低最悪の刑事佐脇が帰ってきたのだ。だが古巣の鳴海署は美人署長の下、人心一新、すべてが変わっていた。
酒に煙草、昔の遣り方をごり押しした佐脇は、山聞の寒村で起きた連続殺人の再捜査を命じられる。現場に向かう佐脇を待っていたのは……。
やりたい放題、傍若無人の横暴捜査が作裂する!(裏表紙の惹句から)

 
大植集落8人殺傷事件!!
村の老人たちにイビリ倒された新参者の犯行?
だが手口と動機に疑問が……。
追加捜査を命じられた
悪漢刑事vs.強欲老人たち
「うるせえ、このクソジジイども!」
横暴捜査、炸烈!(安達bのPOP)


地元の鳴海に戻った佐脇が押しつけられた「再捜査」。
それが山奥の寒村に封印されていた陰湿極まるパンドラの箱を開けてしまった……。
傍若無人の悪漢刑事、
強欲クソ老人を相手に、やりたい放題の大炸烈!(安達OのPOP)


なんか、往年の東映実録シリーズか、カツシンの「悪名」シリーズみたいな装丁で、ド迫力!昭和の香りが新鮮!
佐脇のイメージは、安達Oとしては、新田たつおのマンガ「ビッグマグナム黒岩先生」の黒岩なのですが(あくまでマンガ原作の。映画化されたときは横山やすしだったけれど、あのイメージではまったくありません)、こういう表紙だと、若いときのカツシンでもいいですなあ。「悪名」や「兵隊やくざ」もしくは市川さんが撮った「ど根性物語 銭の踊り」(これは市川崑のコメディ・センス爆発の隠れた大傑作!パロディ満載で腹を抱えて笑った。否定的意見は無視!)のカツシン……。
慣れない東京から、地元・鳴海に戻った佐脇が、フルパワー炸烈! 2月12日発売です! 是非ともお読みください!

安達瑶の本

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト