新刊のご案内

2022年8月 5日 (金曜日)

実業之日本社文庫8月新刊「悪徳令嬢」8月5日発売!

_350dpi

「悪徳令嬢」 (実業之日本社文庫 700円+税)

スキャンダルに揺れる
大学中枢に突如お嬢が登場!

理事長の大スキャンダルが噂される私立大学。冴えない非常勤講師の僕は、思いがけない理由で理事会中枢に放り込まれる。そこには、学食で居合わせた謎のブロンド令嬢がいた。5年前のアーチェリーの死亡事故、図書館のお宝紛失、騒動のなか上演されるシェイクスピア劇……謎が謎を呼ぶなか、不祥事は思いがけない展開に一!?
一気読み必至のミステリー!(裏表紙の惹句より)

新作は「令嬢モノ」でどうでしょう?と編集から提案があって、考えたものです。
乱歩賞に応募しようと密かに構想を練っていたネタがありまして、それを使えないか(乱歩賞に応募するのは諦めました。推理作協も辞めてしまいましたし)ということで考えていたら、合作作家の片割れ・安達Oの母校・日大で一連のスキャンダルが勃発して……。
第1話を無料配信して、そのあとも鋭意書き進んでいたところ、林真理子さんが日大の新しい理事長に就任するというまったく想定外な展開になりまして……現実がこの小説に追いついてしまった!という感じです。
アクションあり、ミステリーあり、シェイクスピアの考察ありの笑える社会派エンターテインメントになったと自負しております!是非、お読みください!
今回の書店様用POP(手製)は以下のものです。

Img_20220727_0001_20220804123901

書店様用に、書店名を入れる空白を作ったものも用意しました。メールを戴ければプリント用の高解像度PDFをお送りいたします。


20220804-81933

2022年6月 8日 (水曜日)

徳間文庫「降格警視2」本日発売!

Img_20220528_0001

「降格警視2」

 (徳間文庫 770円+税)

警察関係者が風俗店営業でボロ儲けって、そんなのありかよッ! 私人逮捕が趣味の鋼太郎が墨井署の錦戸警部に噛み付いている。どうも裏には複雑な事情があるらしい……。警察庁の超エリート警視様が、なにをしくじったか、下町の所轄に左遷されてきた。杓子定規な正義感がお節介で人情の濃い住民気質となぜかベストマッチ。反発だか協力だかわからぬうちにあらら、難事件を次々解決!(ゆるくて楽しい新感覚警察小説第二弾)(裏表紙の惹句より)

理屈ばかりが先に立って人情を解さないKYな元エリートが下町の所轄署に降臨! 世話焼きなお節介下町住人が組んで、些細な事件に見えて実は難事件を次々に解決!
アクション満載の痛快社会派エンターテインメント、好評につき第2弾!
是非、お読みください!

今回の書店様用POP(手製)は以下のものです。

Photo_20220608071501

手書きPOPは書店さま店頭用にプリントアウトできる高解像PDFを、ご一報戴ければお送りいたします。ツイッターやFacebookのDMやメールでご連絡ください。書店名を書き込める空白のあるバージョンもございます。

2022年4月15日 (金曜日)

祥伝社文庫新刊「傾国 内閣裏官房」4月15日発売!

9784396348014

「傾国 内閣裏官房」

(祥伝社文庫 820円+税)


重エメーカーの女性秘書が、自宅に血痕を遺して失踪した。防衛や基幹インフラに関わる機密を持ち出した疑いがあるという。
官房副長官より彼女を探し出せとの下命を受けた元女性自衛官上自河レイら裏官房一同は、"不祥事のデパート"とも呼ぶべき中央官庁と、重エメーカーとの黒い関係に行き当たる。
国の存亡を左右する機密の正体とは? 事態はやがて最悪の方向へ……。(裏表紙の惹句より)

昨年10月の「降格警視」から6ヵ月も間が空いてしまいました。今年は、この「傾国 内閣裏官房」を皮切りに、6月、8月と新刊が続く予定です。

異例の長期政権を支えたのは、尋常ではない「ある力」が働いたのでは?
不良官僚の事件や老舗の超名門企業の崩壊などが複雑に絡み合う向こうに、恐るべき「力」の正体が見えてきた……。
アクション満載の痛快社会派エンターテインメントに仕上げることが出来たと自負しております。
是非、お読みください! 今回の書店様用POP(手製)は以下のものです。

Photo_20220415073701

Photo_20220415073702

手書きPOPは書店さま店頭用にプリントアウトできる高解像PDFを、ご一報戴ければお送りいたします。ツイッターやFacebookのDMやメールでご連絡ください。

2021年10月 5日 (火曜日)

徳間文庫10月新刊「降格警視」発売!

Photo_20211005084501

「降格警視」

(徳間文庫 750円+税)


ざっかけないが他人を放っておけない、そんな小舅ばかりが住む典型的な東京の下町に舞い降りたツルならぬ、警察庁の超エリート警視(だった)錦戸准。墨井署生活安全課課長として手腕を奮うが、いつか返り咲こうと虎視眈々。ローカルとはいえ、薬物事犯や所轄内部の不正を着々と解決。そしていま目の前に不可解な一家皆殺し事件が立ちはだかる。わけあり左遷エリートの妄想気味推理炸裂!(裏表紙の惹句より)

 

緊急事態宣言は終了しましたが新型コロナ禍はまだまだ収束していません。不安な毎日が続く昨今ではありますが、5月発売の祥伝社文庫「政商 内閣裏官房」、6月発売の実業之日本社文庫「紳士と淑女の出張食」、8月発売の光文社文庫「悪漢記者/天国と地獄」に引き続き、徳間文庫10月新刊「降格警視」をお届けします。本日、10月5日より、順次店頭に並びます。

 

理屈ばかりが先に立って人情を解さないKYな元エリートと、世話焼きなお節介オヤジが組んで、小さな事から大きなことまで、次々と事件を解決!

アクション満載の痛快社会派エンターテインメントに仕上げることが出来たと自負しております。

是非、お読みください! 今回の書店様用POP(手製)は以下のものです。

Photo_20211005084502

手書きPOPは書店さま店頭用にプリントアウトできる高解像PDFを、ご一報戴ければお送りいたします。ツイッターやFacebookのDMやメールでご連絡ください。

2021年8月 7日 (土曜日)

8月新刊「悪漢記者/天国と地獄」発売中です!

Img_20210807_0002

「悪漢記者/天国と地獄」

(光文社文庫 800円+税)

 

ヒマネタが一転、特ダネスクープに!! 「週刊超真相」の佐久間が体験取材している最中、超高級シニアレジデンスが占拠された。格差に憤怒する侵入犯たちは、元医師、元警官、元過激派など多士済々。「宝の山かよ!」と、佐久間が取材を進めると、施設の若い職員たちも、ある計画を企てていた。「人生一発逆転!」を目論んだ彼らの行く末は。成就か!? 破滅か!?(裏表紙の惹句より)

新型コロナ禍はまだまだ収束せず、不安な毎日が続く昨今ではありますが、5月発売の祥伝社文庫「政商 内閣裏官房」6月発売の実業之日本社文庫「紳士と淑女の出張食」に引き続き、光文社文庫8月新刊として「悪漢記者/天国と地獄」をお届けします。

ますます広がる格差の中で、人生に詰まった男たちが世間にショックを与えようと思いついた起死回生・人生大逆転の方法とは、超高級老人ホームを乗っ取ることだった?
アクション満載の痛快社会派エンターテインメントに仕上げることが出来たと自負しております。

是非、お読みください! 

今回の書店様用POP(手製)は以下のものです。

Pop_20210807135101

2021年6月13日 (日曜日)

5月6月は安達瑶の新作、揃い踏み!

5月6月と新刊が続きました。

Img_5880_20210613102401


5月新刊は祥伝社文庫「政商 内閣裏官房」です。
『読みました!面白かったです、相変わらずヒロインが最高です。残念なのは届いて1日で読んじゃったので続きが早く読みたい事ですね』
『ゆっくり読むはずが読み始めたらテンポが良くて面白くってとまらず読みました!』
などなど、嬉しい読後感を頂戴しています。

究極の体制内反体制チームに入ったスーパーヒロインが、政権に入り込んで私腹を肥やし日本を歪めていく「政商」をぶった斬ります。日本を壊した張本人を追い詰めてその悪事を暴く、痛快アクションです。

Img_20210508_0002_20210613102501

 

6月新刊は実業之日本社文庫「紳士と淑女の出張食堂」です。
『昨日Amazonで届いて直ぐ読み終える、安達さんのヒロインはいつもめちゃくちゃで可愛い。軽いタッチで読みやすく面白いページターナー、読まなきゃいけない本は沢山あって積読なのに、つい先に読んじゃうのは何故?と考えると、コンビで共作してるせいか映像が浮かびやすいんですね。マンガだったらこんなタッチとかドラマならこんなキャスティングと考えつつ読むのが楽しい』
などなど、これまた嬉しい読後感を頂戴しております。

会社をクビになり彼にもフラれた元OKが、超高級ゆえに経営危機に瀕したケータリング会社をなんとか立て直そうとするけれど、 お客からは矢のような無理難題が! ヒロインが奮闘努力するグルメ・コメディです。

Img_20210604_0001_20210613102601

社会派サスペンスとグルメ・コメディというまったくテイストの違うこの2作品、お手にとって是非、読んでみてください。
全国の書店で絶賛発売中です!

Img_5852_20210613102401

2021年6月 4日 (金曜日)

6月新刊「紳士と淑女の出張食堂」6月4日発売!

Img_20210604_0001

「紳士と淑女の出張食堂」(実業之日本社文庫 792円)

大騒動の真っ只中に

絶品料理をお届けします

会社はクビ、彼氏にもフラれた居間野ヒロミは、ひょんなことから超高級ケータリング料理店で働くことになった。ヤクザの謝恩会、超低予算の政治パーティ、秘境集落の冠婚葬祭、骨肉の争いの親族会食──舞い込む奇妙な依頼に応えて出張し料理を作れば、いつのまにやら大騒動に巻き込まれることに!

ユーモアとグルメが大盤振る舞いの全5話。(裏表紙の惹句より)

新型コロナ禍はまだまだ収束せず、ワクチン接種は始まった2021年の初夏。5月新刊の祥伝社文庫「政商 内閣裏官房」に引き続き、6月4日、実業之日本社文庫から「紳士と淑女の出張食」をお届けします。

クビになったダメOL・ヒロミを救ってくれたメートル・ドテルの「こうしろう」が属する超高級ケータリング会社はこのご時世、パーティや会食が激減して窮地に陥っていた。それを知ったヒロミは「知ったからには知らん顔は出来ない!」と、ひと肌脱ぐことに……しかしお客からは矢のような無理難題が。これをなんとかしなきゃ、俺たちに明日はない!

「内閣裏官房」シリーズとは打って変わった、グルメ・コメディです!

是非、お読みください!
今回の書店様用POP(手製と版元作成)は以下のものです。

Pop_20210606151101
Img_20210520_0001_20210604084101

手書きPOPは書店さま店頭用にプリントアウトできる高解像PDFを、ご一報戴ければお送りいたします。ツイッターやFacebookのDMやメールでご連絡ください。

2021年5月11日 (火曜日)

新刊「政商 内閣裏官房」5月11日発売!

Img_20210508_0002

「政商 内閣裏官房」

(祥伝社文庫 750円+税)

新政権が発足し官房副長官の首がすげ替えられても、政府にとって使い勝手の良い裏組織”内閣裏官房”は存続していた。彼らは新副長官の命令一下、ある民間施設で発生した怪死を穏便に”処理”すべく急行する。現場は、新政権とも繋がりの深い企業が要人を接待するために設けた”迎賓館”だった! 自衛隊出身の武闘派女子上自河レイらが権力者の悪を糾す、痛快シリーズ第二弾!(裏表紙の惹句より)

新型コロナ禍がいっこうに収束しないまま2021年の初夏を迎えましたが……新刊です。
祥伝社文庫5月新刊「政商 内閣裏官房」は、新シリーズの第2弾です。前作は読者の方々から大好評を持って迎えられました。心から感謝致します。
総理官邸にある忘れられた部局「内閣裏官房」。政権のトラブルを解決して政権を守る立場であるにもかかわらず、不正がどうしても許せず政権に面従腹背しつつ「さまざまな社会悪」を正していく「体制内反体制」な面々の活躍を、武闘派の新人である若手女性の目を通して描いていきます。
今回はズバリ、政権に入り込んで私腹を肥やし日本を歪めていく「政商」をぶった斬ります。「政商」のムチャクチャな遣り口に家族を失い人生を狂わされた女性を救い、日本をも救おうとする「内閣裏官房チーム」の活躍を、お色気とアクション満載の痛快社会派エンターテインメントとして描ききったと自負しております。是非、お読みください!
今回の書店様用POP(手製と版元作成)は以下のものです。

___20210511083501
Pop_20210511083501

手書きPOPは書店さま店頭用にプリントアウトできる高解像PDFを、ご一報戴ければお送りいたします。ツイッターやFacebookのDMやメールでご連絡ください。

2020年12月31日 (木曜日)

電子書籍「北千住日記」(2019年前半分)発売!

安達瑶の片割れ「安達O」の極私的日常を綴った「北千住日記」(2019年前半分)が電子書籍として発売されました!

41qt3ssarl

 

いつの間にやら「日本でもっとも息の長い合体作家(二人で一人)」になっていた片割れの作家が綴る超・長文日記。北千住に住み、足立区を愛し、ビンボー暇なし貯金なし。その割に3食たらふく食って、悩みがあるようでなくて、しかし確実に老いの兆候はやって来て、それが証拠に朝イチでiPhoneを見ると決まって一日中、目が霞み、さらに歳とともに涙腺が弱くなってテレビを見ていても泣き出してしまう。そんなしょぼい男が日々の暮らしを事細かく綴った2019年前半の日記。総字数36万字、リアルな文庫に落とし込むと600ページ。永井荷風の日記『断腸亭日乗』に匹敵、とは誇大広告ですが、プライベート全開の面白日記文学が誕生。(編集者の手になる自虐的惹句です)

 

誤字脱字や事実誤認を編集担当が丁寧にチェックしてくれました。編集者の存在は本当に偉大です!

すべての電子出版・ネット記事も、編集者の手が入ってきちんとしたものになることを願っております。

この日記は、内容はともあれ、その意味では編集者の功績大なのであります。

 

宜しければ、以下のサイトで……。

honto

https://honto.jp/ebook/pd-series_B-MBJ-20215-123354117-001-001.html

amazon

https://amzn.to/3hvUNxf

紀伊國屋書店

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-08-EK-0943276

楽天ブックス

https://books.rakuten.co.jp/rk/71e396b841a630ae892c814490b5b1db/?l-id=search-c-item-text-01

ebook japan

https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/619841/

コミックシーモア

https://www.cmoa.jp/title/1101296884/

2020年12月18日 (金曜日)

WEB連載「紳士と淑女のデリバリー食堂」始まりました!

ウェブジェイノベルで、連載が始まりました!

太っ腹な実業之日本社さんのサイトで、無料で読めます。

我々・安達瑶の新境地かも。

ユーモアと絶品料理でこの世を明るくする、グルメ×コメディ×ミステリーです!

是非、ご一読ください。

来年、文庫としてまとまる予定です。

Det_209

上記画像をクリックして、ウェブジェイノベルへどうぞ!

より以前の記事一覧

安達瑶の本

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト